デ・ブライネ、ペップに契約延長を促す2018.04.17 14:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは、ジョゼップ・グアルディオラ監督(47)との時間をさらに積み重ねることを願っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽グアルディオラ監督は、2016年夏にシティの指揮官に就任した。初年度はプレミアリーグで3位に終わりチャンピオンズリーグ出場権を獲得するに留まったが、2年目となった今シーズンは序盤から他のクラブを圧倒。リーグ新記録の15連勝を達成し、15日にはシティに4シーズンぶり5度目のプレミア優勝をもたらした。

▽かつて率いたバルセロナ時代にはシャビ・エルナンデス(現アル・サッド)、バイエルン時代にはフィリップ・ラーム氏らを重用して才能を十分に引き出したグアルディオラ監督。『テレグラフ』によると、シティではデ・ブライネが『新境地』に引き上げられたと感じており、指揮官の契約延長を促しているようだ。

▽先日のイギリス『ミラー』の報道によると、シティは既に現行契約が2019年6月までとなっているグアルディオラ監督と契約延長に向けた話し合いを進めており、シーズン終了前の契約延長交渉完了を目指している模様。延長期間は2020年6月までの1年間で、年俸は1500万ポンド(約22億円)になる見込みであることも伝えられている。

▽また、デ・ブライネは「昨年や、ここ2年間で若い同年代の選手が加入したのは偶然ではない。僕らはグループとして一緒に築くことを目指すよ」と語り、今の体制でさらに向上していく自信があることを示した。

▽デ・ブライネは、グアルディオラ監督の下でチームのキーマンとして扱われており、今シーズンはここまで公式戦48試合11ゴール20アシストを記録。リーグ最高の選手の1人であることに疑いの余地を抱かせないまでに成長を遂げている。

コメント

関連ニュース

thumb

シティがCL敗戦払拭するゴールショー! 300試合達成のアグエロ弾にマフレズが待望の初弾!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、カーディフvsマンチェスター・シティが22日にカーディフ・シティ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが5-0で快勝した。 ▽昨季王者シティはリーグ戦で4勝1分けと好スタートを切ったものの、今季チャンピオンズリーグ(CL)の初陣となったリヨン戦ではホームで1-2の敗戦を喫し、まさかの今季公式戦初黒星となった。バウンスバックが求められる中2日での一戦では今季初白星を目指す昇格組カーディフのホームに乗り込んだ。 ▽CLではベンチ入り禁止だったグアルディオラ監督はこの試合に向けて先発3人を変更。ストーンズ、シルバ、ガブリエウ・ジェズスに代わってオタメンディ、ザネ、アグエロが起用した。なお、今週に2021年までの新契約にサインしたばかりのアグエロはこれがシティでの通算300試合目となった。 ▽強い雨が降りしきる中でスタートしたウェールズでの一戦は戦前の予想通り、圧倒的にボールを保持するシティが押し込む展開に。ザネとスターリングの両翼を起点にアグエロらを狙った低く鋭いクロス、中央でのコンビプレーで打開を図るアウェイチームだが、中央を固める相手の守備をこじ開けるまでには至らず。 ▽それでも、慌てずに攻勢を続けるシティは32分、ハーフスペースでボールを受けて前を向いたギュンドアンから絶妙な縦パスを受けたボックス右のベルナルド・シウバが丁寧に中へ折り返すと、これをアグエロが右足ダイレクトでゴール右隅に蹴り込み、自身の300試合出場を祝うシティでの205点目を記録した。 ▽エースの先制点で勢いづくシティは畳みかける攻めを見せる。35分には右CKの場面で右サイドのザネが左足で入れた低いクロスをボックス右のベルナルド・シウバが巧みなバックヘッドでゴール左隅の絶妙なコースに流し込む。さらに前半終了間際の44分には高い位置でのボール奪取からスターリングとのパス交換でうまくシュートコースを作ったギュンドアンがゴール右上隅に見事なミドルシュートを突き刺し、前半を3-0のスコアで終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半、カーディフDFペリティエルが着地の際に肩を痛めて負傷交代を強いられるアクシデントに見舞われたが、後半も試合展開に大きな変化はなし。ザネがポスト直撃のシュートで4点目に迫るなど余裕の試合運びを見せる。 ▽その後、61分に殊勲のアグエロを下げてマフレズを投入したシティはそのマフレズが早速仕事を果たす。67分、左サイドのスペースに飛び出したギュンドアンからの丁寧なグラウンダーの折り返しをワンタッチで合わせ、待望の移籍後初ゴールを奪う。 ▽この4点目で完全に試合を決定付けたシティはギュンドアン、フェルナンジーニョを下げてフォーデン、ストーンズを続けて投入。ストーンズを中盤起用するなど、今後に向けたテストを試みていく。それでも、流れを渡さないアウェイチームは89分、マフレズが得意の左足のシュートでトドメの5点目を奪い、敵地で5-0の圧勝。CLリヨン戦での敗戦を見事に払拭したシティが開幕からの無敗を継続している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 00:58 Sun
twitterfacebook
thumb

未完の大器アドリアン・ラビオ、来夏シティに帰還か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)のマンチェスター・シティ帰還の可能性が浮上した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽ラビオはユース時代からPSGに所属。2012年8月にトップチームデビューを果たすも、ほとんど出場機会に恵まれず、そのシーズンの後半はトゥールーズへレンタルしていた。翌シーズンに復帰したが、トッププレイヤー犇めくチームでやはり満足のいくプレーが出来ず、近年では徐々にプレー時間は伸びているものの、PSGからの契約延長オファーを拒否しているとみられている。 ▽ラビオとPSGの契約は今季限り。そこに目を付けたのがシティだ。ラビオは14歳の頃、シティのアカデミーで1年間過ごした経歴を持つ。だが、極度のホームシックだったラビオは、シティの強い説得も虚しく故郷のフランスに戻ってしまったようだ。 ▽『メトロ』によれば、ラビオはかつてシティが自身の慰留に尽力してくれたことに恩義を感じているようで、同クラブとは前向きな交渉を進めていく模様。シティも、今夏にイタリア代表MFジョルジーニョ(現チェルシー)を取り逃がし、中盤の底でパサーに徹する選手を探しているところだ。 ▽来年1月にも交渉の場を持ち、PSGとの契約が切れる来夏加入のための事前契約を結ぶ見込みとのこと。しかしラビオにはバルセロナやユベントスも関心を示しているようで、彼らが1月に獲得に動けば、少しでも移籍金が得られるPSGはそちらの交渉を優先する可能性もあると指摘している。 ▽ラビオは今シーズン、PSGでここまでの公式戦全7試合にフル出場し1ゴール1アシストを記録している。 2018.09.22 14:01 Sat
twitterfacebook
thumb

シティのフランス代表DFメンディが違反点数超過で1年間の運転免許停止

▽マンチェスター・シティに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディが違反点数超過によって1年間の運転免許停止処分と罰金2500ポンド(約36万円)を科された。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽『BBC』が伝えるところによれば、メンディの所有するメルセデス社製の自家用車は今年2月に4度のスピード違反を犯した。2018年4月までヒザを負傷していた同選手が運転していたかは不明だったため、地元警察は車の所有者であるメンディに対して運転者を明らかにするよう求めたものの、同選手がこれに応じなかったため検察に告訴していた。 ▽その後、地元裁判所はこの報告義務を怠った一件に関してメンディに有罪判決を下し、罰金2500ポンドを科した。また、今回の有罪判決によって違反点数が「24」ポイントを超えたことで、1年間の運転免許停止が決定した。 ▽なお、現在左足の第5中足骨を痛めているメンディは直近の公式戦2試合を欠場しており、22日のカーディフ戦に向けた公式会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督は「復帰時期はわからない」とコメントしていた。 2018.09.22 04:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、シティ撃破に貢献のリヨンFWデパイ買戻しへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(24)の買戻しに動くかもしれない。ジョゼ・モウリーニョ監督のコメントを、イギリス『ミラー』が伝えた。 ▽オランダ期待の若手としてPSVで当確を現したデパイは、2015年夏に3100万ポンド(現在のレートで約46億円)の移籍金でユナイテッドに入団。しかし、期待されたパフォーマンスを発揮することができず。リヨンに完全移籍する2017年1月までの在籍1年半で、公式戦53試合7ゴールの成績に留まった。 ▽しかし、リヨン移籍後のデパイは輝きを取り戻し、公式戦74試合28ゴールと爆発。先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節マンチェスター・シティ戦でも決勝点をアシストし、2-1での勝利に大きく貢献した。 ▽また、『ミラー』によると、ユナイテッドはデパイの放出時に買戻し条項を盛り込んでいたという。そのことに関して尋ねられたモウリーニョ監督が、以下のように語った。 「(買戻し条項が付いているのは)彼がポテンシャル的に非常に良い選手だからだ」 「(元ユナイテッド指揮官の)ファン・ハール氏が彼の獲得を決断した時は本当に良くやっていた。ナショナルチームの頃から(ファン・ハール氏は)彼を深く知っていたんだと思う。ワールドカップで最高水準の輝きを放った時、彼はとても若かった」 「オランダで良いプレーをしていた。オランダリーグが(プレミアと)同じではないのは分かっているが、素晴らしい兆候を見せていた。だから、ファン・ハール氏とマンチェスター・ユナイテッドはよく彼を獲得してくれたと思う」 「18ヶ月間では成功できなかったが、彼はとても若い。この才能を完全にコントロールすることはこのクラブにとって重要だと思う。それに、私たちは皆、彼がリヨンでとても、とても上手くやることを願っているし、なぜ戻って来ないんだろうと思っているよ。ここの誰もが彼を好きだからね」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クン・アグエロがシティと2021年まで契約更新!

▽マンチェスター・シティは21日、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(30)と2021年まで契約延長したことを発表した。 ▽2011年にアトレティコ・マドリーから加入したアグエロ。これまで公式戦299試合に出場し、クラブ最多記録の204ゴールをマークしている。同選手は公式サイトで以下のようにコメント。 「契約延長できて嬉しいよ。僕はここに10年間いたいと考えていた。今は7年だけど、この契約が切れるころには10年になってるね。そうなってほしいと願っているよ。これが僕がサインした主な理由さ」 ▽シチズンズで8シーズン目を過ごすアルゼンチン代表ストライカーは、これまでにプレミアで9度のハットトリックを達成。2015年のニューカッスル戦では5得点を挙げる離れ業をやってのけた。また、シティではこれまでに8個のタイトルを獲得。3度のリーグ優勝やEFLカップ優勝に大きく貢献している。 2018.09.21 18:02 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース