トッテナム、ムサ・デンベレ売却準備?2018.04.17 09:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは今シーズン終了後、ベルギー代表MFムサ・デンベレ(30)を手放す可能性があるようだ。

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で主力の地位を確立するムサ・デンベレ。イギリス『ミラー』によれば、現行契約が来シーズンで満了を迎えるが、延長交渉が難航しているという。

▽そのため、トッテナム側も移籍金が見込める来夏での売却を視野。同時に、後釜として、バルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスと、アタランタのイタリア代表MFブライアン・クリスタンテをリストアップしている模様だ。

▽なお、渦中のムサ・デンベレは先日、母国メディアに対して、ベルギー代表の一員として控えるロシア・ワールドカップ終了までトッテナムとの契約延長交渉を保留する考えを明かしている。

▽対人プレーと推進力が魅力のムサ・デンベレは、2012年夏からトッテナムでプレー。2014年からトッテナムの指揮を執るポチェッティーノ監督から重宝されており、今シーズンもここまで公式戦36試合の出場をマークしている。

コメント

関連ニュース

thumb

韓国代表FWソン・フンミンが2017年の“ベスト・オブ・アジア”に選出…3度目の受賞

中国の『タイタンスポーツ』による&ldquo;Best Footballer in Asia&rdquo;が発表され、トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、最多得票で2017年度の1位に選ばれた。同選手はこれで2014年、2015年に続き3度目の受賞となる。<br><br>ソンは今シーズン、トッテナムで左ウイングとして活躍し、プレミアリーグではチーム躍進の立役者に。一方でラウンド16でユヴェントスに敗れたものの、チャンピオンズリーグでも決勝トーナメント進出に貢献していた。<br><br>この賞は2013年に創設され、アジアサッカー連盟(AFC)に属する国のメディア、ジャーナリストたちによって投票されるもの。過去に2013年は本田圭佑、2016年は岡崎慎司が受賞している。ちなみにAFCによる「アジア年間最優秀選手賞」とは異なるサッカーアワード。<br><br>なお、2017年の得票ポイントは1位ソン・フンミン(トッテナム)が「157」、2位オマル・フリービーン(アル・ヒラル)が「127」、3位ラファエル・シルバ(武漢卓爾)が「57」だった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ジョレンテ、2013年以来のビルバオ復帰か

▽トッテナムに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(33)がビルバオ復帰を示唆した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ビルバオでプロキャリアをスタートさせたジョレンテは、ユベントス、セビージャ、スウォンジーを経て、昨夏から2年契約でトッテナム入り。だが、プレミアリーグでわずか1試合の先発にとどまっており、地位を確立できずにいるのが実情だ。 ▽『ミラー』によれば、そんなジョレンテに対して、古巣ビルバオが興味を示している模様。その件について問われたジョレンテは、次のように語り、2013年以来の古巣復帰に含みを持たせた。 「ビルバオは僕の家。彼らがオファーをくれるのなら、復帰も起こり得る」 「僕にとって、忘れることのできないクラブだ。素晴らしい時間を過ごした。ビルバオは、常に僕の心の中でも特別な場所にあるクラブさ」 「彼らが僕に戻ってくるよう求めてきたら、それについて考えないといけない」 2018.04.24 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズがクォン・チャンフンに関心か! ソン・フンミンとの韓国代表コンビ結成?

▽トッテナムがディジョンに所属する韓国代表MFクォン・チャンフン(23)に関心を示しているようだ。フランス『Mercato365』が伝えている。 ▽『Mercato365』が伝えるところによれば、トッテナムのスカウトはボルシアMGやフライブルクなどブンデスリーガ勢が関心を寄せる、クォン・チャンフンを視察するため先週末に行われたディジョンvsリヨンをスタジアムで観戦していたという。 ▽韓国の水原三星でプロキャリアをスタートしたクォン・チャンフンは、2017年1月にディジョンに完全移籍で加入。右ウイングを主戦場に個での打開力に優れるレフティは、今季ここまでのリーグ・アンで9ゴール2アシストを記録。また、2015年にデビューを果たした韓国代表ではここまで16試合に出場し4ゴールを挙げている。 ▽なお、トッテナムではこれまでDFイ・ヨンピョ、FWソン・フンミンと2人の韓国人選手がプレーしている。 2018.04.23 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、FA杯敗退に傷心「クラブのためなら別な人間の下でも」

▽トッテナムは21日、FAカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し1-2で敗戦した。同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は今回の敗退に大きなショックを受けたようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽2008年以来のタイトル獲得を目指すトッテナムは、試合序盤にMFデレ・アリのゴールで先制に成功。しかし、24分にMFムサ・デンベレの不用意な自陣でのボールロストからFWアレクシス・サンチェスに同点ゴールを許すと、後半序盤にはMFアンデル・エレーラに逆転ゴールを許して1-2の敗戦を喫した。そして、トッテナムはFAカップ準決勝で8連敗という、クラブとしての勝負弱さを改めて露呈してしまった。 ▽試合後、公式会見に臨んだポチェッティーノ監督は珍しく弱気な姿勢を見せた。 「トッテナムにはより多くの時間を必要としている。それは私の下でか、あるいは別の人物の下でだ。個人的にクラブにとって理想的な哲学を開発し、発展させることに重点を置くのがとても重要だと思う」 「もちろん、我々は準決勝に到達し、チャンピオンズリーグでも競争力を示し、プレミアリーグでもトップ4を争う競争力を持っている」 「ただ、それだけでは十分ではないんだ。我々はタイトルに近い存在だとみなされているが、結局のところそれ以上に近づくことはできていない」 「我々が次のレベルに到達するには競争力を身に付けるのではなく、勝つ必要があるんだ」 「ここ4年、我々は非常に良いスカッドを構築しているが、勝者のメンタリティを得るにはより多くの時間が必要なんだ」 ▽2014年のトッテナム指揮官就任以降、着実にチームを成長させてきたポチェッティーノ監督だが、チャンピオンズリーグ(CL)や国内リーグで更なる成功を目指して臨んだ今季はCLユベントス戦での敗退や昨季を下回る4位に甘んじるなど、苦戦が続く。それだけに、自身を含めたクラブの将来に少なからず不安を感じ始めたのかもしれない。 2018.04.22 18:58 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝進出を喜ぶも…モウリーニョが見据える先はPL2位フィニッシュ

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、FAカップ制覇よりもリーグ2位フィニッシュが重要と考えているようだ。<br><br>21日に行われたFAカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドはトッテナムと対戦。トッテナムに先制点を許したマンチェスター・ユナイテッドだが、アレクシス・サンチェス、アンデル・エレーラの得点で逆転勝利を収め、2年ぶりの決勝進出を決めている。<br><br>異なる2クラブでFAカップ制覇を成し遂げれば、史上3人目の快挙達成となるモウリーニョ監督。しかし、試合後「今、私が考えていることは、リーグ戦を2位で終えるために最低でも2つの勝利と1つの引き分けが必要ということだ」と、リーグ戦を良い順位で終えることに専念したいと語った。<br><br>「2位で終え、スパーズ、リバプール、チェルシー、アーセナルよりも良い成績を収められれば、成功のシーズンだったといえる。目標としていた勝ち点80を超える81を獲得できれば、十分に成功だ。これは昨シーズンよりも多くのポイントを奪い、多くの試合に勝利し、多くのゴールを挙げ、失点を減らし、トップチームよりも良い成績で終えたことを意味する」<br><br>「FAカップのファイナルで勝つための努力をしなければならないが、たったの1試合でチームの良し悪し、選手の良し悪し、監督の良し悪し、そしてシーズンの良し悪しが決まるとは思えない」<br><br>試合については、「選手たちは勝利に値した。スパーズのようなチーム相手にこのような戦いができたことは、とても重要だ。両チームともに力強いスタートを切り、最初は彼らが中盤を支配し、先制点を奪った。しかし、選手たちはその後良いプレーを見せ、得点を奪った。後半も頭を使い、組織的に、そして自信を持ち、落ち着いて試合をコントロールできた」と称賛している。<br><br>決勝にコマを進めたマンチェスター・ユナイテッドは、5月19日にチェルシーとサウサンプトンの勝者と対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.22 17:44 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース