トッテナム、ムサ・デンベレ売却準備?2018.04.17 09:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは今シーズン終了後、ベルギー代表MFムサ・デンベレ(30)を手放す可能性があるようだ。

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で主力の地位を確立するムサ・デンベレ。イギリス『ミラー』によれば、現行契約が来シーズンで満了を迎えるが、延長交渉が難航しているという。

▽そのため、トッテナム側も移籍金が見込める来夏での売却を視野。同時に、後釜として、バルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスと、アタランタのイタリア代表MFブライアン・クリスタンテをリストアップしている模様だ。

▽なお、渦中のムサ・デンベレは先日、母国メディアに対して、ベルギー代表の一員として控えるロシア・ワールドカップ終了までトッテナムとの契約延長交渉を保留する考えを明かしている。

▽対人プレーと推進力が魅力のムサ・デンベレは、2012年夏からトッテナムでプレー。2014年からトッテナムの指揮を執るポチェッティーノ監督から重宝されており、今シーズンもここまで公式戦36試合の出場をマークしている。
コメント
関連ニュース
thumb

デレ・アリがスパーズでの通算50ゴール達成! 初ゴールのレスターから再び節目のゴールを奪取

▽トッテナムは8日に行われたプレミアリーグ第16節でレスター・シティとのアウェイゲームを2-0で勝利した。同試合でチーム2点目を記録したイングランド代表MFデレ・アリがトッテナムでの通算50ゴールを達成した。 ▽前節、サウサンプトン相手に快勝したトッテナムは6戦無敗のレスターのホームに乗り込んだ。エースFWハリー・ケイン、司令塔のMFクリスティアン・エリクセンらをベンチスタートにした中、前半終了間際のFWソン・フンミンの見事な左足のミドルシュートで先制に成功。迎えた後半の58分にはソン・フンミンからの左クロスをデレ・アリがダイビングヘッドで合わせ、2点目を奪取。その後、FW岡崎慎司らを投入したレスターの反撃を無失点で凌ぎ、リーグ2連勝を飾った。 ▽なお、2015-16シーズンにMKドンズからトッテナムに加入したデレ・アリは、在籍3シーズン半で公式戦160試合に出場し49ゴールを記録。そして、161試合目となったこの試合では奇しくもトッテナムでの初ゴールを記録したレスターを相手に節目の50ゴールを挙げた。 2018.12.09 14:38 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のレスター、トッテナムに敗れ7戦ぶり黒星《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、レスター・シティvsトッテナムが8日に行われ、2-0でトッテナムが勝利した。レスターの岡崎は79分から途中出場した。 ▽現在9位のレスター(勝ち点22)はここ6試合無敗を継続。ラニエリ監督との古巣対戦となった前節のフルアム戦は、マディソンのゴールで追いついてドロー決着となった。今節は、前節からスタメンを4選手選手変更。エバンスやグレイ、イボーラ、リカルド・ペレイラが先発に名を連ねた。岡崎はベンチスタートとなっている。 ▽対して3位のトッテナム(勝ち点33)は前々節のアーセナル戦の敗戦から、前節のサウサンプトン戦の勝利で見事にバウンスバック。連勝を目指す今節は、3日後に控えるチャンピオンズリーグのバルセロナ戦を睨みつつ、前節のスタメンから5選手変更。ヴェルトンゲンやオーリエ、B・デイビス、デレ・アリらが起用された。 ▽序盤は互角の戦いが続く。まずは7分にレスターのエンディディがボックスの外からシュートを試みる。トッテナムも幾度か深い位置まで攻め込むものの、レスターの堅い守備を崩しきれない場面が増えていく。 ▽前半も終盤に入り、ここまで両チーム合わせて3本しかシュートがない試合はアディショナルタイムに動く。ボックス手前左でオーリエからパスを受けたソン・フンミンが中央に切り込んで左足一閃。強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さりトッテナムが先制した。 ▽前半は前線が停滞していたトッテナムだが、後半は早々にソン・フンミンが2本のシュートを放つなど、追加点の匂いを漂わせる展開に。対してレスターも53分、グレイが右サイドからカットインし、左足でシュート。ゴール左下を突いたが、GKロリスがセーブ。 ▽レスターは56分、イヘアナチョとイボーラを下げて、ゲザルとオルブライトンを同時投入。システムを変えて打開を試みる。 ▽しかし、それから2分後の58分、トッテナムは攻撃に出ようとしたレスターにカウンターを発動。左サイドに開いたソン・フンミンにボールが渡り、ボックス左から右足でクロスが上がる。これにオフサイドラインギリギリで飛び出したデレ・アリがダイビングヘッドで押し込みトッテナムに追加点が生まれた。 ▽デレ・アリのトッテナムでの50ゴール目が決まったその後は、ルーカス・モウラに代えてエリクセン、ソン・フンミンに代えてケインを投入。さらに78分には、オーリエが足を痛めてウォーカー=ピータースと交代。レスターも81分にメンディを下げて岡崎をピッチへ送り出した。 ▽試合終盤にかけてレスターがボールを持つ時間帯が続く。88分に、岡崎はマディソンのクロスに飛び込むが惜しくも合わず。89分にはカウンターからゲザルがシュートに持ち込むがGKロリスの正面に。 ▽試合はここで終了。敗れたレスターはリーグ戦7試合ぶり黒星となった。トッテナムはリーグ戦2連勝でバルセロナ戦に臨む。 2018.12.09 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、ユナイテッド行きの噂に即言及「知らない」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督(46)が、マンチェスター・ユナイテッドからの関心を斬り捨てている。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽2014年からトッテナムで指揮を執り、今ではタイトルを狙える位置にまでクラブを押し上げたポチェッティーノ監督。今シーズンもプレミアリーグ第15節終了時点で3位に付けており、同じロンドンのアーセナルやチェルシーに勝るとも劣らない優勝候補だ。 ▽当然ながら、ポチェッティーノ監督の手腕は各所で高く評価されており、今夏にはレアル・マドリー行きも噂された。先日には、不振に喘ぐマンチェスター・ユナイテッド指揮官、ジョゼ・モウリーニョ監督の後釜候補筆頭とも報じられたが、そのことを問われたポチェッティーノ監督当人は「トッテナムで幸せだ」と強調している。 「(その動きは)知らない」 「最も重要なことは、私がここでとても幸せだということだ。トッテナムが私に価値を与えてくれているんだと思う」 「答えは分からないが、トッテナムでは私たちの仕事が評価されていると感じるし、ここで幸せだ」 「ダニエル・レヴィ(会長)が契約を5年間延長したのは、彼がこの船を、このクラブを管理するのに私たちが最適な人物だと信じたからだ。その認識は私たちにとって大きい」 「周囲の人々が語ることに耳を傾ける必要はない。私たちはナイスガイだし、(戦術を批判されようと)フットボールに関するアイデアだって多分いくつか持ってる」 2018.12.08 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョ解任条件はCL出場逸? 後任候補筆頭はポチェッティーノか

▽マンチェスター・ユナイテッドが、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(46)を引き抜くことを画策しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用して、イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督政権3年目に突入し、開幕直後の連敗や直近のプレミアリーグ4試合勝ち無しなど、苦戦が続くユナイテッド。その影響もあり、プレミアリーグ第15節終了時で6勝5分け4敗の8位に低迷しており、首位マンチェスター・シティと勝ち点は「18」も離れている。また、モウリーニョ監督は、フランス代表MFポール・ポグバとのピッチ内外での関係悪化が騒がれており、多くの問題を抱えている状況だ。 ▽そのため、モウリーニョ監督解任の意向が報じられているユナイテッドだが、解任時の違約金が高額なため踏み切ることはできていない。しかし、『サン』によると、同監督の契約にはある条項が存在。それは「チャンピオンズリーグ(CL)を逃した場合に契約を解除できる」というものだ。 ▽なお、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃した場合、ユナイテッドはポチェッティーノ監督の招へいに動くようだ。ユナイテッド首脳陣は、来夏の同監督引き抜きに4000万ポンド(約57憶5000万円)を払う方向で合致したという。 ▽しかし、ポチェッティーノ監督は今年5月に2023年までの契約延長をしたばかりだ。また、モウリーニョ監督がユナイテッド指揮官に就任する前にもオファーがあったが、拒否していたようだ。 ▽さらに、ポチェッティーノ監督に対してはレアル・マドリーも関心を寄せていることが報じられている。そのため、来夏にはユナイテッドかマドリーのいずれかを選ぶこともできるだろうと推測されている。 2018.12.07 20:24 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官が激走クロップへ謎の“ライバル心”「私のほうが間違いなく速い」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、リバプールのユルゲン・クロップ監督へ&ldquo;ライバル心&rdquo;を燃やしているようだ。『オムニスポーツ』が伝えている。<br><br>2日に行われたプレミアリーグ第14節で、エバートンとの&ldquo;マージーサイド・ダービー&rdquo;に臨んだリバプール。試合はスコアレスのまま終了するかと思われたが、ラストプレーでディボック・オリギがネットを揺らし、リバプールが劇的勝利を収めた。<br><br>この決勝点が決まった際、興奮が抑えきれないクロップ監督は試合終了前にもかかわらずピッチ内へとダッシュ。GKアリソンと熱い抱擁を交わしていた。<br><br>これについて会見で問われたポチェッティーノ監督は、「私だって走ったよ。あの時ならね」とコメント。そして、クロップ監督へ謎の&ldquo;ライバル心&rdquo;を燃やしている。<br><br>「(クロップと競争してみたい?)彼にチャンスはないね。私のほうが間違いなく速いからだ」<br><br>現役時代、アルゼンチン代表としてワールドカップも経験しているポチェッティーノ監督は、現在46歳。5つ年上のドイツ人指揮官には、負けられないと感じているようだ。<br><br>なお、クロップ監督は試合後に「感情を抑えられなかった」と反省。イングランドサッカー協会(FA)は「不適切な行為があった」として処分を科すことを決定している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.06 22:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース