CLレアル・マドリー戦間に合うか…ビダル、ヒザ手術へ2018.04.17 08:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが手術を受けることが判明した。

▽バイエルンは16日、15日のトレーニング中にヒザを痛めたビダルの離脱を発表。ユップ・ハインケス監督は「MRI検査の結果、アルトゥーロのヒザに関節遊離体が見つかった」と述べ、「小規模の関節鏡手術を受けなければならない。彼はしばらく試合を欠場することになる」とチリ人ファイターの戦線離脱を明かしている。

▽ビダルの離脱期間など詳細については明らかにされておらず、ドイツ『ビルト』が報じたところによれば、チャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリー戦を欠場する恐れがあるという。

▽ブンデスリーガ連覇を成し遂げたバイエルンは、17日に行われるDFBポカール準決勝でレバークーゼンと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーorバイエルン、決定権はハメスにあり?

▽バイエルンに、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に付けられている買い取りオプションを行使しない可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ジネディーヌ・ジダン体制下のマドリーで準主力に甘んじていたハメスは昨夏、当時指揮を執っていた恩師カルロ・アンチェロッティ監督の求めに応じてバイエルンへ2年間のレンタル移籍。シーズン途中のユップ・ハインケス監督就任後から徐々に調子を上げると、昨季の公式戦39試合で8ゴール14アシストときっちり結果を残している。 ▽このパフォーマンスを受けて、バイエルンが今夏の段階で4200万ユーロ(約55億1000万円)の移籍金を支払い、完全保有する意向をマドリーに伝えているとも報じられていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン監督が退任を電撃発表。これを受け、ハメスはマドリーへの復帰を希望するようになったという。さらに、マドリー側もFWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍で生じた穴を補うため、同選手を必要としていると伝えられている。 ▽あくまで、ハメスが復帰するためには第一にバイエルンの納得が必要だ。同選手とバイエルンは2019年6月までレンタル契約を結んでおり、買い取りオプションも存在する。そのため、マドリー側が自力で達成可能な交渉ではない。 ▽それでも、マドリーとバイエルンはこれまでに友好的な関係を築いており、マドリー側は取り付く島もないという状況に陥るとは考えていないという。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOも、選手の意思こそが最重要との考えを持っており、マドリー復帰は現実的なプランとして考慮されている、と『マルカ』は伝えている。 ▽バイエルンとマドリーという屈指のビッグクラブから誘いを受けるハメスは、いずれにしても華やかな将来を自身の一存で決定することになりそうだ。 2018.07.15 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリがジョルジーニョ後釜にハビ・マルティネスをリストアップ! アンチェロッティと再タッグか

▽ナポリがチェルシーに移籍したイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の後釜としてバイエルンのスペイン代表MFハビ・マルティネス(29)の獲得を目指しているようだ。ヨーロッパ屈指の著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が『gianlucadimarzio.com』で伝えている。 ▽ナポリは14日、イタリア代表MFジョルジーニョ(26)が5700万ポンド(約84億円)と伝えられる高額な移籍金で前指揮官マウリツィオ・サッリ監督が新指揮官に就任したチェルシーに旅立った。 ▽ナポリはすでにベティスからスペイン人MFファビアン・ルイス(22)を獲得しており、同選手がジョルジーニョの後釜を担う予定だ。その一方で、アトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲスを彷彿とさせる大型レフティはアンカーよりもインサイドハーフに適性があるため、中盤の底でポジショニングと展開力を武器とするジョルジーニョとはややキャラクターが異なる。 ▽その中でディ・マルツィオ氏はナポリのカルロ・アンチェロッティ監督がバイエルン時代に指導したハビ・マルティネスをジョルジーニョの後釜として獲得することをクラブ側にリクエストしているという。ただ、現時点で具体的なアプローチは行われていないようだ。 ▽なお、アンチェロッティ体制のバイエルンではセンターバックでのプレーが多かったハビ・マルティネスだが、昨季途中就任のユップ・ハインケス監督の下では再び本職のアンカーで印象的なパフォーマンスを披露した。ただ、今季から新指揮官に就任するニコ・コバチ監督の下ではポジションを約束されているかは微妙な状況だ。 2018.07.15 15:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ハメス、レアル復帰に加速か…ロペテギ新監督と対話で買い取りオプション取り消しの可能性も

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの去就が不透明となっている。<br><br>ハメスは昨夏、レアル・マドリーから2年のレンタルで加入。バイエルン側に買い取りオプションも付随した状態でチームに加わった。しかし今夏、古巣レアルのジネディーヌ・ジダン監督、クリスティアーノ・ロナウドが去ったため、再び重要な役割を担うことが可能と考え、復帰を望んでいると、スペイン紙『マルカ』によって伝えられた。一方で、ドイツ『シュポルト1』では、今季の残留を決めたとも報じられ、情報が錯綜している状態だ。<br><br>そんな中、ハメスの養父であるフアン・カルロス・レストレポ氏が状況についてコメント。バイエルン残留を予想しながらも、復帰の可能性も否定できないとの見方を示した。<br><br>「ハメスはバイエルンでとても良い扱いを受けている。バイエルンではレギュラーだし、とても目立つように使われている。彼はバイエルンでの契約を続けることになると思うよ。ただ、彼は15日前にレアルの(ジュレン)ロペテギ監督とは話した。ジダンとロナウドが去り、レアルは移り変わりの時だ。もし彼らが呼び戻そうと考えるなら、ハメスの心はレアルにあるし、彼にとっては嬉しいことだろう」<br><br>さらに、コロンビアのジャーナリストで、最初にバイエルンへのレンタル移籍を伝えたとされるハビエル・エルナンデス・ボネット氏によると、代理人のジョルジュ・メンデスが現在ドイツに滞在中。それはバイエルンに買い取りオプションのキャンセルを求める交渉を行っているからだという。<br><br>バイエルンで素晴らしいパフォーマンスを見せたハメスだが、心はあくまでもレアル・マドリーにあり、復帰を望んでいるのかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.14 22:34 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがJ・ボアテング獲得に3500万ユーロのオファーを掲示

▽パリ・サンジェルマン(PSG)がバイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)の獲得に向けて具体的な条件掲示を行ったようだ。『Culture PSG』が伝えている。 ▽ボアテングは、2011年夏にマンチェスター・シティからバイエルンに加入。以降、6度のブンデスリーガ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献してきた。 ▽しかし、先日にイギリス『FourFourTwo』のインタビューで「外国はいつだって興味深い。そう多くのチャンスはないからね。誰もが決断を迫られるものさ。自分が経験を積みたいかどうかを」と語り、国外での新たな挑戦を希望していることを明かしていた。 ▽そのボアテングにはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーに加え、ユベントスやナポリといったビッグクラブが関心を示している模様だ。 ▽しかし、『Culture PSG』が伝えるところによれば、トーマス・トゥヘル新監督率いるPSGがボアテング獲得に向けて3500万ユーロ(約46億円)のオファーを掲示したようだ。 ▽また、PSGはすでにボアテング側にも接触しており、年俸800万ユーロ(約10億5000万円)のオファーを掲示したようだ。 2018.07.14 00:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスがマドリー帰還を希望! 電撃復帰の可否はバイエルン次第

▽レアル・マドリーからバイエルンにレンタル移籍中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)がエル・ブランコ復帰を希望しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ジネディーヌ・ジダン体制下のマドリーで準主力に甘んじていたハメスは昨夏、当時指揮を執っていた恩師カルロ・アンチェロッティ監督の求めに応じてバイエルンへ2年間のレンタル移籍。シーズン途中のユップ・ハインケス監督就任後から徐々に調子を上げると、昨季の公式戦39試合で8ゴール14アシストときっちり結果を残した。 ▽このパフォーマンスを受けて、バイエルンは今夏の段階で4200万ユーロ(約55億1000万円)の移籍金を支払い、同選手を完全保有する意向をすでにマドリー側に伝えているといわれている。 ▽しかし、以前からマドリーの動向を注視していると語ってきたハメスは自身と確執のあったジダン監督の辞任を受け、マドリーへの復帰を希望しているという。また、マドリーの新指揮官に就任したフレン・ロペテギ監督もコロンビア代表MFが十分に戦力になると考えているようだ。さらに、モナコからハメス・ロドリゲスを獲得した張本人であるフロレンティーノ・ペレス会長も同選手の復帰を希望している。 ▽ただ、ハメス・ロドリゲスの復帰はマドリー側が自力で可能なオペレーションではなく、あくまでバイエルン次第の案件だ。前述のように同選手とバイエルンは2019年6月までレンタル契約を結んでおり、買い取りオプションも存在する。さらに、前述の契約には今回のケースを解決するような条項は盛り込まれてないようだ。 ▽そのため、マドリーとしては金銭的なアプローチや選手の譲渡などの策を講じてバイエルン側を納得させる必要がある。果たしてハメス・ロドリゲスのマドリー復帰の願いは叶うのか。 2018.07.13 06:25 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース