ミラン、ローマの点取り屋を夏のトップターゲットに?2018.04.17 08:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(32)にミラン移籍の可能性が浮上した。

▽今冬にチェルシー移籍の可能性が取り沙汰されたものの、最終的にローマ残留を決断したゼコ。今シーズン終了後もチェルシーのアタックが予想されているが、そこにミランも加わる見通しだという。

▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、ミランでスポーツ・ディレクターを務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏は、ローマで絶対的な点取り屋に君臨するゼコの獲得を来夏の最優先事項に定めた模様だ。

▽ただ、もちろんのこと、ローマに放出の意思はない。既にミランから打診を受けたとみられるローマだが、高額に設定された適切なオファーが届かない限り、ゼコを放出しない意向とされている。
コメント
関連ニュース
thumb

イブラ、ミラン復帰はなし! ミランSDがLAギャラクシー残留を明かす

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)のミラン復帰は破談に終わったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズンからプレーするメジャーリーグ・サッカー(MLS)でも驚異的な得点力を発揮し、27試合22ゴール10アシストと大活躍したイブラヒモビッチ。年間ベストイレブンや新人賞にも選出され、衰え知らずのゴールゲッターには、古巣ミランが半年間のオファーを準備していることが伝えられていた。 ▽イブラヒモビッチも「興味はある」と語るなど、ミラン復帰への可能性を閉ざさずにいたが、今回同選手は残り1年の契約を残すLAギャラクシーへの残留を決断したようだ。ミランのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が明かした。 「イブラヒモビッチはミランに戻ってこない。彼はLAギャラクシーとの契約を守ることを口にした」 「我々は彼を連れ戻すことを考えていた。彼もそれについて考えてはいたが、契約を守り、MLSに留まることになる」 「彼は最初からLAギャラクシーが自身の状態に満足してくれているなら残ると言っていた。そして、彼らはイブラヒモビッチに満足している」 「素晴らしい物語になりそうで、こちらからも強い意志を示したが、それは叶わなかった」 2018.12.10 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月10日は、今季ユーべからミランにレンタル移籍のアルゼンチン代表FW

◆ゴンサロ・イグアイン 【Profile】 国籍:アルゼンチン 誕生日:1987/12/10 クラブチーム:ミラン ポジション:FW 身長:186㎝ 体重:89㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月10日はミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインをご紹介。 ▽生まれがフランスのイグアインは産後まもなくアルゼンチンへ。プロサッカー選手であった父・ホルヘの影響もあり、アルゼンチンの名門・リーベルプレートへ入団。2005年にプロデビューを果たした。イグアインの転機は2006-07シーズン途中にレアル・マドリー。加入当初はウイングだったが、ファン・ニステルローイの負傷離脱によってセンターFWにポジションを移すと、在籍6年半で264試合に出場し122ゴールを記録。3度のリーグ制覇などに大きく貢献した。 ▽その後、2013-14シーズンナポリに活躍の場を移すと、2015-16シーズンに36ゴールで66年ぶりのセリエAの得点記録を更新。しかし、その翌年ユベントスに“禁断の移籍”をしたことで反発を生むことに。それでもユベントスでは2シーズンエースとして君臨。今シーズンはミランにレンタル移籍で加入し、ここまで公式戦14試合7ゴール3アシストを記録している。 ▽アルゼンチン代表で活躍するイグアインだが、生まれがフランスということもあり、2006年に一度フランス代表から招集を受けた。だがそれを辞退し、2009年にペルーとのワールドカップ予選に出場しアルゼンチン代表デビューを飾った。さらにその試合で代表初ゴールとなる先制点をマーク。以降、これまで公式戦75試合に出場し31ゴールを記録しているが、今夏のロシア・ワールドカップ以降、招集外が続いている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ネヴェン・スボティッチ(サッカー選手/ドルトムント) 大前元紀(サッカー選手/大宮アルディージャ) 相馬崇人(元サッカー選手) 坂本九(歌手) 桂文珍(落語家) 藤原寛(テレビプロデューサー) クロちゃん(お笑い芸人/安田大サーカス) 2018.12.10 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イグアイン出停から復帰のミラン、ドンナルンマ活躍もトリノにゴールレスドロー《セリエA》

▽ミランは9日、セリエA第15節でトリノをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節パルマ戦を幸運なPK弾で逆転勝利した4位ミラン(勝ち点25)は、4日後にヨーロッパリーグ決勝トーナメント進出を懸けたオリンピアコス戦を控える中、イグアインが2試合の出場停止から復帰し、アバーテが引き続きセンターバックでの起用となった。 ▽6位トリノ(勝ち点21)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだミランは2トップにイグアインとクトローネ、中盤右にスソ、左にチャルハノールを配した。 ▽そのミランがトリノのハイプレスを受ける立ち上がりとなると、5分にピンチ。左クロスに合わせたファルケのゴール至近距離からのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKドンナルンマがビッグセーブで凌いだ。 ▽その後もハイプレスを受けるミランは17分にもピンチ。ボックス左まで侵入したリンコンのクロスをベロッティにボレーで合わせられ、ひやりとさせられた。 ▽序盤のピンチを凌いだミランがイグアインのポストプレーを起点に反撃を窺うと33分、イグアインとクトローネが立て続けにシュートを浴びせていったが、クトローネの枠を捉えたシュートはGKグリクにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけても主導権を握りきれなかったミランは41分にイグアインのボールロストからベロッティにコントロールシュートを許すも、ここもGKドンナルンマが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もペースを掴めず、膠着状態が続くミランは、71分にチャルハノールに代えてカスティジェホを投入。攻撃を活性化させると、終盤の81分にチャンス。カスティジェホのパスを受けたスソがボックス右に侵入して右足でシュートしたが、枠を捉えきれなかった。 ▽さらに87分、ビッグチャンス。FKの流れからゴール前で混戦となり、ボックス中央のクトローネがルーズボールを拾ってシュート。しかし、枠の右に外してしまった。結局、ミランはスコアを動かせずにゴールレスドロー。勝ち点1を積み上げるに留まった。 2018.12.10 06:31 Mon
twitterfacebook
thumb

18歳の“新ピルロ”は「夢中になるほどのガットゥーゾファン」…トナリ母が明かす

アンドレア・ピルロ氏の後継者とされるMFサンドロ・トナリが、ミラン指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾのファンであったことが明らかになった。トナリの母マリアロザリアさんが、イタリアラジオ局『ラディオ・キスキス』のインタビューで明かした。<br><br>セリエBブレシアで活躍を見せる18歳のトナリは、同じくブレシアが輩出した地元出身のスター、ピルロ氏の後継者として注目を集め、11月にはロベルト・マンチーニ率いるイタリア代表の初招集を受けた。すでにユヴェントスやインテル、ナポリ、ミランなどビッグクラブが熱視線を送る中、母親が選手の素顔を明かしている。<br><br>「小さい頃はガットゥーゾに憧れていたわ。子供の頃から非常に影響を受けていた。本当に憧れていて、テレビで彼を見ているときは夢中になっていたわ」<br><br>トナリがミランのファンであることは知られているが、自身と風貌が似ており、比較の対象となっているピルロ氏ではなく、その親友である現ミラン指揮官ガットゥーゾのファンであったと母親は説明した。<br><br>また将来については、「サンドロはイタリアに残りたいみたい」と明かし、イタリア国内で移籍先を模索することを希望していると話した。果たして今後、&ldquo;新ピルロ&rdquo;が敬愛するガットゥーゾの下でプレーするチャンスはやって来るのか、その動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.07 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチのミラン復帰はなし!? LAギャラクシーが年俸アップへ

▽ミランへの復帰が報じられるロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)だが、LAギャラクシーに残留する可能性も十分にあるようだ。スウェーデン『Expressen』の報道を基に『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽今シーズンからプレーするMLSで、27試合22ゴール10アシストと大活躍したイブラヒモビッチ。年間ベストイレブンや新人賞に選出されており、そのパフォーマンスは衰えを知らない。 ▽そのイブラヒモビッチに対し、古巣ミランが200万ユーロ(約2億5600万円)のサラリーで半年間のオファーを準備していると報じられていた。 ▽しかし、イブラヒモビッチの夫人や子供2人がアメリカでの生活を気に入っていること、LAギャラクシーが給料の増額を考慮していることから残留に傾いているようだ。 ▽イブラヒモビッチは現在、『デジグネイティッド・プレーヤー・ルール』(特別指定選手制度)の枠の関係で、LAギャラクシーでは格安の年俸120万ユーロを受け取っているが、同メディアによると600万ユーロを受け取っている元メキシコ代表ジョバニ・ドス・サントスを放出することでイブラヒモビッチにDP枠を適用し、給料を増額させる意思があるとのことだ。 2018.12.06 01:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース