武藤欠場のマインツ、残留を争うフライブルクに勝利し残留圏内の15位に浮上《ブンデスリーガ》2018.04.17 05:56 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツは16日、ブンデスリーガ第30節でフライブルクとホームで対戦し、2-0で勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は欠場している。

▽前節ケルンとの残留争いを引き分けて6試合勝利のない16位マインツ(勝ち点27)は、武藤が負傷により4試合連続欠場となった。

▽3ポイント差の15位フライブルク(勝ち点30)との残留争い。マインツがボールを持つ時間を増やす中、19分にチャンス。FKからディアロがボレーシュートでゴールに迫った。前半半ば以降もマインツがボールを握る展開となったが、シュートシーンを生み出すには至らず前半をゴールレスで終えたかに思われた。

▽しかし前半終了間際、ブロシンスキのクロスがボックス内のDFの手に当たったプレーでマインツがアピール。VARの末にマインツにPKが与えられ、これをデ・ブラシスが決めてマインツが1点をリードして後半へ折り返した。

▽その後半、マインツが主導権を握る展開が続くと、67分にセルダーがボレーシュートでフライブルクをけん制。そして79分、待望の追加点を奪う。GKシュウォローのミスパスをクアイソンがカットし、最後はデ・ブラシスが無人のゴールに流し込んだ。

▽終盤、ペテルゼンのボレーシュートがポストに直撃するピンチがあったものの、マインツが2-0で勝利。7試合ぶりの白星を飾ってフライブルクを得失点差でかわし、残留圏内の15位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤嘉紀がマインツ1部残留争いのキーマンに…前節での実戦復帰は「勇気づけ」と現地紙

マインツの残留争いにおいて、負傷明けのFW武藤嘉紀がキーマンとなるかもしれない。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。<br><br>マインツはブンデスリーガ第31消化時点、勝ち点30で15位に位置する。自動降格圏の17位ハンブルガーSVに5ポイントの差をつけているものの、勝ち点では入れ替えプレーオフに回る16位フライブルクと並んでいる。また第32節RBライプツィヒ戦、第33節ドルトムント戦と今後上位チームとの対戦を控え、残留争いは最終節までにもつれ込む可能性も高いと見られる。<br><br>そんな状況に置かれるマインツだが、ここ最近の6試合ではMFパブロ・デ・ブラシスしかゴールを挙げておらず、攻撃における課題が浮き彫りになっているところだ。一方、筋肉系の負傷で3試合欠場を強いられていた武藤が戦列に復帰し、前節アウクスブルク戦(0-2)では終盤に途中出場を果たしている。『ビルト』によれば、武藤の復帰は「マインツを勇気づけた」という。<br><br>マインツのロウヴェン・シュレーダーSD(スポーツディレクター)は同紙で、「彼はあの試合をうまく消化できた。よいシグナルだ」と武藤の状態は良好であることを示唆した。複数の主力組選手が離脱中のチームだが、サンドロ・シュワルツ監督はFWのポジションではRBライプツィヒ戦で今シーズン7ゴールをマークしチーム得点王でもある武藤を先発起用する流れとなっているようだ。<br><br>今夏にプレミアリーグへの移籍を望んでいるとも報じられる武藤。残り3試合となった今シーズン、マインツを残留に導く活躍に期待したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 21:46 Wed
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のマインツは敵地で連勝ならず… 勝利のアウグスブルクは1部残留を決める《ブンデスリーガ》

▽FW武藤嘉紀の所属するマインツは22日、ブンデスリーガ第31節でアウグスブルクと対戦し、0-2で敗戦した。武藤は79分からプレーしている。 ▽前節のフライブルク戦で7試合ぶりに勝ち点3を獲得した15位マインツ(勝ち点30)が、11位アウグスブルク(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。太ももの負傷で3試合ベンチ外だったマインツの武藤はベンチスタートとなった。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される中、先にチャンスを迎えたのはホームチームだった。29分、リヒターのパスをボックス中央手前で受けたフィンボガソンが相手DFを引き付け、ノールックでボックス左にパス。これを受けたグレゴリッチュがプレスに来た相手DFを冷静にかわし、ゴール右隅にシュートを流しこんだ。 ▽先制点で勢いづくアウグスブルクは、32分にもヒンテレッガーのロングフィードを右サイドのスペースで受けたシュミットが折り返しを供給すると、ニアサイドに走り込んだリヒターがヒールシュートで合わせたが、これはGKアトラーが好セーブで凌いだ。 ▽迎えた後半も、先にチャンスを迎えたのはアウグスブルクだった。50分、ドリブルで持ち上がったリヒターのラストパスを受けたボックス中央で受けたフィンボガソンが飛び出したGKをチップキックでかわすも、これは守備に戻ったラツァにクリアされた。 ▽反撃に出たいマインツは53分、ペナルティアーク左でボールを受けたセルダーが強烈なミドルシュートでアウグスブルクゴールに迫るも、これは枠の左に外れる。同点ゴールを狙うマインツは、51分にウジャー、68分にマキシム、79分に武藤と攻撃的な選手を投入した。 ▽すると88分、中盤でボールを受けたガバミンがロングボールをゴール前に供給。これを武藤はヘディングで合わせたが、ボールはGKヒッツのセーブに防がれた。 ▽その後も前がかりになってゴールを目指すマインツだったが、後半アディショナルタイムにロングカウンターからフィンボガソンにダメ押し弾を決められてしまい万事休す。 ▽その直後に試合はタイムアップを迎え、マインツは0-2で敗戦。一方、5試合ぶりの勝利を飾ったアウグスブルクは、勝ち点を40に伸ばし、1部残留を決めた。 2018.04.23 00:45 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀は残留争いの大一番で復帰か…指揮官「彼がいたほうが望ましい」

筋肉系の負傷でここ3試合欠場していたマインツFW武藤嘉紀だが、21日に控えている次節アウクスブルク戦で復帰する可能性が高まっている。ドイツメディア『ビルト』は「マインツはまだFW陣に問題を抱えている」という見出しで、武藤嘉紀を大きく紹介した。<br><br>記事では「日本代表FWは筋肉の問題によってここ3試合不在だった。だが、彼は順調にトレーニングを消化しており、日曜には出場できるかもしれない」と伝えている。<br><br>また、マインツ指揮官サンドロ・シュワルツは、前節2ゴールで勝利に貢献したMFデ・ブラシスに賛辞を贈りつつも、「やはり武藤と(エミル)ベルグレーンがいたほうが望ましい」と続け、FWを本職としている選手の復帰を待ち望んでいることを明かした。<br><br>前節、マインツは攻撃陣が手薄になったことからMFロビン・クアイソンを前線で起用していたように、FW陣の負傷離脱に悩まされていた。だが、ここまでリーグ戦7ゴールと、チーム内得点王の武藤が復帰となればマインツにとって朗報と言える。<br><br>ここまでリーグ戦30試合を消化し、勝ち点30の15位に沈んでいるマインツ。次節は勝ち点で並ぶ16位アウクスブルクとの1部残留をかけた大一番となる。負けられない一戦だけに、武藤の活躍が期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

マインツ戦で珍事…VARによりハーフタイム中にPKが与えられる

▽16日に行われたブンデスリーガ第30節マインツvsフライブルクの中で行われた、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による判定が物議を醸している。イギリス『BBC』が報じた。 ▽試合ではFW武藤嘉紀の欠場したマインツが2-0で勝利し、7戦ぶりに白星。残留を争うライバルであるフライブルクに競り勝ち、15位に浮上して降格圏から脱出した。 ▽物議を醸しているのは、この試合の重要な分岐点となった前半終了間際の一連の場面だ。DFブロシネツキのクロスがボックス内でフライブルクDFの手に当たったものの、そのまま前半が終了。しかし、ハーフタイム中にVARに確認したグイド・ウィンクマン主審は、ロッカールームに引き上げていた選手たちを呼び戻してPKスポットを指差し、マインツに貴重な先制点が与えられることとなった。 ▽これに関して、フライブルクのスポーツディレクターは「あれは苦味を残す」と発言。ハーフタイム中には、『ユーロ・スポーツ』に対して「重い気持ちで受け入れる」と語った。また、不満を覚えた観客により大量のトイレットペーパーがピッチに投棄されていた。 ▽『BBC』は、VARにより遺恨が残りかねない今回の一件の問題点が、テクノロジーではなくプロセスにあると指摘。VARの審判員が判定にどのようなプロセスで関わっているのかは不明だが、明白に決定が覆る場合は確実に主審に伝えなければならないと主張した。 2018.04.17 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

降格圏脱出を目指すケルンvsマインツは痛み分けのドロー決着…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第29節のケルンvsマインツが7日にライン・エネルギエ・シュタディオンで行われ、1-1の引き分けに終わった。ケルンのFW大迫勇也は69分までプレー。マインツのFW武藤嘉紀はケガのため欠場した。 ▽前節のホッフェンハイム戦で0-6と惨敗を喫した17位ケルン(勝ち点20)は、その試合から先発を3人変更。シモン・ツォラーとリッセ、マローに代えてテローデとクレメンス、クランターをスタメンで起用した。一方、前節のボルシアMG戦でゴールレスドローに終わった16位マインツ(勝ち点26)は、その試合から先発を1人変更。ベルに代えてバログンを先発で起用した。 ▽降格圏脱出を目指す両者の一戦は、マインツが先にチャンスを迎える。5分、ラツァのパスを受けたエツナリがボックス右まで持ち上がると、切り返しで相手DFをかわしシュート。しかし、これはGKホルンの好セーブに阻まれた。 ▽対するケルンは7分、大迫のパスを左サイド高い位置で受けたビッテンコートのクロスをヘクターがヘディングでゴール右隅に流し込み、先制に成功した。勢いづくケルンは、16分にも高い位置でのボール奪取から決定機。クレメンスのパスを受けた大迫が、ペナルティアーク手前から狙ったが、これは相手GKの正面に飛んだ。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、互いにゴールネットは揺らせず、前半は1-0で終了した。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのはケルン。48分、クランターのパスでボックス右深くに侵入したクレメンスの折り返しをテローデが合わせたが、シュートはGKアトラーがファインセーブ。 ▽ピンチを凌いだマインツは50分、右サイドをオーバーラップしたG・ドナーティのクロスをファーサイドから走り込んだデ・ブラシスがヘディングシュート。右ポストの内側を叩いたボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽勝ち越しを狙うマインツは69分、ベルグレーンを下げてクアイソンを投入。対するケルンも、69分に大迫を下げてピサーロをピッチに送り出した。この交代で先にチャンスを迎えたのはマインツ。 ▽72分、エツナリのパスを受けたクアイソンがボックス左から侵入。カットインからシュートを狙ったが、相手DFに当たったボールは左ポストを直撃。対するケルンは75分、ビッテンコートの左クロスからピサーロがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKが好セーブ。 ▽試合は膠着状態のまま終盤に突入すると、マインツは試合終了間際の98分に決定機。クアイソンとのワンツーでボックス右から進入したガバミンが折り返しを供給すると、ゴール前に走り込んだクアイソンが合わせたが、これもGKホルンに防がれた。 ▽直後に試合終了のホイッスル。降格圏に沈む両者の一戦は、1-1の痛み分けに終わった。 2018.04.08 02:06 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース