ドルトムントがダービーで負傷したバチュアイのシーズン終了の可能性を発表、骨折は回避2018.04.17 03:03 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは16日、ベルギー代表FWミッチー・バチュアイが今季残り4試合を欠場する可能性が高いと発表した。

▽バチュアイは15日に行われたブンデスリーガ第30節シャルケとのダービーマッチで試合終盤、DFバンジャマン・スタンブリのタックルを受けて左足首を負傷していた。当初は骨折の疑いもあったが、ドルトムントによればワールドカップへの出場には影響を及ぼさないとのことだ。

▽今冬の移籍市場でチェルシーからレンタルで加入したバチュアイは、リーグ戦10試合の出場で7ゴール1アシストを記録し、アーセナルに移籍したFWピエール=エメリク・オーバメヤンの穴を埋める活躍を見せていた。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す4位ドルトムントにとっては、痛いバチュアイの離脱となった。

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司、今季初先発も地元紙は厳しい評価「爪痕を残そうとトライしたが…」

今季初先発を飾ったドルトムントMF香川真司だが、ドイツ国内の評価は少々厳しいものになっている。地元紙『WAZ』が伝えた。<br><br>22日のブンデスリーガ第4節で、ホッフェンハイムと対戦したドルトムント。前半終了間際に失点すると、76分にはアブドゥ・ディアロが一発退場となって数的不利に陥る。しかし84分、クリスティアン・プリシッチが同点弾を挙げ、敵地でなんとか引き分けに持ち込んでいる。<br><br>ここまでリーグ戦ではベンチ外の続いていた香川だが、18日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節クラブ・ブルーシュ戦で途中出場を果たし、好パフォーマンスを披露。ホッフェンハイム戦では、今季初出場を果たした。<br><br>しかし、目立った活躍を出来ずに70分に途中交代に。『WAZ』は「4.5」と、チームワースト3位のやや厳しい評価を下している。<br><br>「3試合のリーグ戦ベンチ外からのシーズンデビュー戦。爪痕を残そうとトライしたが、大半はスペースを生み出せなかった。ゴール手前8mのビッグチャンスがあったが、逃してしまった」<br><br>ライバルのMFマリオ・ゲッツェがベンチ外となった一戦で、好パフォーマンスを見せることができなかった香川。次節ニュルンベルク戦では、先発の座を手にすることができるのだろうか。<br><br>なお、最高評価は同点弾のプリシッチと守護神ロマン・ビュルキの「2」に。最低評価は、MFマフムド・ダフードとFWマリウス・ヴォルフの「5.5」となっている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2018.09.23 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

香川が今季初先発のドルトムント、10人になりながらも追いつきホッフェンハイムにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイムvsドルトムントが22日に行われ、1-1で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司は70分までプレーしている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場クラブ同士の一戦。前節デュッセルドルフ戦を1-2と敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCL戦となった3日前のシャフタール戦を2-2の引き分けに持ち込まれた。そのシャフタール戦のスタメンから2選手を変更。サライとノルトヴェイトに代えてツバーとビカクチッチを起用した。 ▽一方、前節フランクフルト戦を3-1と快勝して2勝1分けスタートとしたドルトムントは、4日前に行われたCLクラブ・ブルージュ戦を1-0と辛勝。そのドルトムントはブルージュ戦のスタメンから3選手を変更。ゲッツェ、ヴァイグル、サンチョに代えて香川、プリシッチ、ダフードを起用した。ブルージュ戦で途中出場し今季初出場を果たした香川は、リーグ戦初先発となった。 ▽[4-3-3]のトップ下に香川、3トップに右からプリシッチ、ヴォルフ、ロイスと並べたドルトムントが立ち上がりから押し込む展開で推移する。 ▽しかし、シュートチャンスを作れずにいると、18分にホッフェンハイムに決定機。N・シュルツの左サイドからのクロスをビッテンコートがダイレクトでプッシュ。だが、GKビュルキのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もボールを持つドルトムントに対し、手数をかけない攻撃でゴールに迫っていたホッフェンハイムが44分に先制する。ショートカウンターに出た流れから最後はルーズボールを拾ったボックス中央のジョエリントンが左足でゴール左に流し込んだ。 ▽後半開始4分にクラマリッチが決定的なシュートを浴びせたホッフェンハイムは、このプレーで得た左CKから加点しかける。ショートコーナーを使って、左クロスをビカクチッチがヘディングシュートでゴール右に流し込んだ。しかし、VARの末にショートコーナーを受けた選手がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。 ▽55分にはジョエリントンの左足ミドルが左ポストに直撃して救われたドルトムントは、直後に香川に決定機。右サイドを突破したプリシッチのクロスを左足ボレーで合わせたが、シュートを枠の左に外してしまった。 ▽60分にダフードとヴォルフに代えてデラネイとサンチョを投入したドルトムントは、サンチョが左ウイングに入り、ロイスが最前線に入った。さらに70分、香川に代えてM・フィリップを投入したドルトムントだったが、75分にロングボールに抜け出したクラマリッチをディアロが手を使って止めて一発退場となってしまう。 ▽敗色濃厚のドルトムントだったが84分、同点に追いつく。ボックス左に抜け出したロイスの折り返しをプリシッチが押し込んだ。 ▽追いつかれたホッフェンハイムは終了間際、N・シュルツの左クロスをゴールエリア右のベルフォディルが合わせたシュートは枠の上に外れ、直後にタイムアップ。10人となったドルトムントが引き分けに持ち込んでいる。 2018.09.23 00:48 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司、次節でのベンチ入りが決定的に!戦遠征に帯同、ライバルのゲッツェはメンバー外に

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、ついに今季リーグ戦初出場を迎えることになるかもしれない。遠征メンバーの一員として21日、ホッフェンハイムへと向かった。<br><br>ルシアン・ファーヴレ新監督の下ではDFBポカール1回戦に続きリーグ戦開幕3試合もメンバーに含まれず、苦境に立たされていた香川。18日に行われたチャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦には途中出場を果たすも、今後の起用については不透明のままとなっていた。<br><br>だが、香川はどうやらこの一戦で見せたプレーでファーヴル監督へのアピールに成功したようだ。ここに来て、現地時間22日のブンデスリーガ第4節ホッフェンハイム戦に向けたメンバー入りが濃厚となった。試合前日にドルトムント空港でスタッフやほかのチームメートとともに搭乗口に向かう姿を見せている。<br><br>なお、ドイツ『ルールナハリヒテン』『キッカー』など複数メディアによると、これまでリーグ戦ではベンチ入りしていたMFマリオ・ゲッツェ、そしてユリアン・ヴァイグルはメンバーから外れたとのこと。CL戦は筋肉系の問題で欠場していた新加入FWパコ・アルカセルも帯同せず。その一方で、MFトーマス・デラネイはメンバーに復帰したという。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.22 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

好きな選手は「香川!」と即答…“兄貴分”がSNSで言及、リヴァプール移籍消滅の逸話も

ドイツ3部、KFCユルディンゲン05に所属する元ドイツ代表ケビン・グロスクロイツのSNSに注目が集まっている。<br><br>グロスクロイツは21日、ドルトムント在籍経験のあるレジェンドたちとの写真を『Instagram』に投稿し「ブラジル人たちと香川真司」というメッセージを添えている。そこにはグロスクロイツ本人のほか、かつてドルトムントで得点王のタイトルを獲得したマルシオ・アモローゾ、ボランチのチンガ、長年サイドバックとしてチームを支えたDFデデといったブラジル人メンバー数人に、香川真司が加わっている写真だった。<br><br>また、この投稿の前には、グロスクロイツはファンからの質問にSNSを通して返すという一幕も。<br><br>同選手は&ldquo;(恩師ユルゲン・クロップの率いる)リバプールからオファーがあったの?&rdquo;という質問に対して、『Instagram』のストーリー機能を使用し「オファーは確かにあった」と返信。プレミアリーグへの移籍が実現しなかったことを明かしている。<br><br>また、グロスクロイツはドルトムントファンからの送られた多数の質問にも答えており&ldquo;好きな選手は?&rdquo;というお題には「カガワだ! アイツのInstagramは謎めいているよね」と、香川であると答えている。<br><br>1988年生まれ、現在30歳のグロスクロイツは地元ドルトムントの下部組織育ちで、アーレン在籍期間を経てドルトムント復帰後はトップチームの主軸に定着。2010年からドルトムントに在籍している香川を弟のように可愛がり、現在に至るまで香川とは密に連絡を取り合っている&ldquo;兄貴分&rdquo;としても知られる。<br><br>グロスクロイツは2016年からガラタサライ、シュトゥットガルト、ダルムシュタットを渡り歩き、現在はドイツ3部のKFCユルディンゲン05に在籍している。同選手はドルトムントへの愛を公言しており、退団後も度々シグナル・イドゥナ・パルクへと足を運んでいた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.21 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント監督、CL白星スタートに満足…注目のゲッツェや香川のプレーには触れず

ドルトムントは18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループAのクラブ・ブルージュ戦で、苦しみながらも1-0と勝利した。ルシアン・ファブレ監督は敵地での勝利に満足を示すも、MFマリオ・ゲッツェや香川真司については言及しなかった。<br><br>この試合には4-2-3-1を採用したファブレ監督だが、これまでリーグ戦での起用を見送っていたゲッツェをトップ下に配置。前線にマルコ・ロイスを置き、負傷明けのユリアン・ヴァイグルをアクセル・ヴィツェルと組ませたが、上手く機能せず。特に前半は相手に複数のチャンスを許すなど苦戦を強いられた。<br><br>この展開に、62分には香川をゲッツェの代わりに投入。するとファイナルサードでのプレーがよりスムーズに。そして同じく途中出場のクリスチャン・プリシッチが85分に挙げたゴールが決勝点となり、ドルトムントはCLで白星スタートを切っている。<br><br>試合後、勝利を収めたことには「満足している」と切り出したスイス人指揮官は「オーケーだったが、素晴らしくはなかった」とコメント。ドイツ『シュポルト1』が伝えたコメントによれば、マハムド・ダフードを称賛したようだ。<br><br>「動きが少な過ぎた。なかなか解決策を見出せなかったため、チャンスをあまりつくり出せなかった。我々のゴールは少しばかりラッキーだったが、モー・ダフード(マハムド・ダフード)は正しい瞬間にパスを出している。こういうプレーでこのような結果を呼び込むこともあるんだ。勝利を収めたのは大きいが、過度な期待を寄せるのは避けたい。我々のチームは若いからね」<br><br>ファブレ監督はこの試合に関してドイツで特に騒がれているゲッツェについては言及せず。自身の下で公式戦初出場を迎えた香川のプレーに触れることもなかったが、ポジション上のライバルと見られる2人の今後の扱いに注目したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 12:25 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース