超ワールドサッカー

ビルバオがU-21スペイン代表MFコルドバと2022年まで契約延長2018.04.17 00:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは16日、U-21スペイン代表MFイニゴ・コルドバ(21)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。▽左ウイングを主戦場に2列目を得意とするアタッカーのコルドバは、今季の8月にリーガデビュー。ここまでリーグ戦では24試合(先発は15試合)に出場して1ゴール。ヨーロッパリーグでは9試合(先発は5試合)に出場し、準主力として活躍している。

▽また、U-17からスペイン代表に選出されているコルドバは、現在はU-21チームに選ばれており、将来を嘱望されている。

コメント

関連ニュース

thumb

ビルバオDFユーリ、3試合の出場停止

▽ビルバオのスペイン人DFユーリ・ベルチチェが3試合の出場停止処分を受けた。 ▽今季、パリ・サンジェルマンからビルバオに加入した左サイドバックのベルチチェは、ここまでリーガエスパニョーラで12試合すべてにフル出場して1ゴールを記録していた。しかし、10日に行われたアトレティコ・マドリー戦 (2-3で敗戦)後に一発退場を宣告されていた。 ▽リーガエスパニョーラで17位に沈むビルバオは今後、ヘタフェ、レバンテ、ジローナ戦を戦うが、不動の左サイドバックを欠くことになった。 2018.11.14 23:47 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド延長交渉も…今季契約満了のエレーラにアトレティコ&ビルバオが注視

▽アトレティコ・マドリーとアスレティック・ビルバオが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『AS』の情報を引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽今シーズン限りでユナイテッドとの契約が満了になるエレーラ。ユナイテッドがエレーラとの新契約締結交渉を行っていることを、マンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が先日に伝えていた。 ▽しかし、来年1月までに契約延長に至らなければ、他クラブがフリーでの獲得交渉を行うことが可能に。そうなった場合は、アトレティコと古巣ビルバオが交渉に動くという。 ▽2011年にサラゴサからビルバオに加入したエレーラは、公式戦通算128試合で11ゴール20アシストを記録。この活躍が認められ、2014年にユナイテッド移籍を果たした。加入後は、初年度からプレミアリーグ26試合で6ゴール4アシストを記録しており、2016-17年シーズンにはファンが選ぶ年間最優秀選手賞にも選出された。今シーズンはここまでの公式戦8試合に出場している。 2018.11.13 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴディンが劇的逆転決勝弾!アトレティコがビルバオとの壮絶な点の取り合いを制す!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第12節でビルバオとホームで対戦し、3-2で勝利した。 ▽ここまで5勝5分け1敗で4位に付けているアトレティコ。直近のチャンピオンズリーグのドルトムント戦では2-0で快勝し、前回対戦の借りを返しグループステージ突破を大きく手繰り寄せた。リーグ戦2試合ぶりの勝利を目指す今節は、ドルトムント戦からカリニッチに代わりジエゴ・コスタが先発となった。 ▽試合の主導権はアトレティコが握る。8分に、ボックス手前右からのグリーズマンのクロスをフィリペ・ルイスが頭で折り返し、ゴール前にジエゴ・コスタが飛び込むが、足が届く前にボールはGKイアゴ・エレリンの手の中へ。 ▽20分には、トーマスの縦パスをボックス右で受けたグリーズマンが反転してS・アリアスに落とすと、ボックス右端から左足を振り抜く。しかし右ポストの外に流れてしまう。 ▽ここまでアトレティコペースだったものの、36分にビルバオがワンチャンスをモノにする。味方のパスで右サイドを抜けたスサエタのクロスをサン・ホセがシュート。これはGKに弾かれクロスバーを叩くものの、そのこぼれ球をイニャキ・ウィリアムズが押し込んで先制。 ▽リードを許したアトレティコはハーフタイムにジエゴ・コスタを下げてビトロを投入して後半に臨んだ。56分にはモンテーロを下げてジェウソン・マルティンスをピッチに送り攻勢を強める。 ▽だが、チャンスを作ったのはビルバオ。58分、ボックス右に侵攻したウナイ・ヌニェスの折り返しをイニャキ・ウィリアムズが合わせる。ゴール前フリーで絶好機だったが、アトレティコGKオブラクがファインセーブ。 ▽するとその後、守護神の好プレーに応えるかのように、アトレティコは同点に追いつく。62分、敵陣左サイドでボールを待ったトーマスは、ゆっくり内側に運びチェックが来ないとみるや、ボックス手前左から右足を一閃。これがゴール左上に突き刺さり、アトレティコが同点に追いついた。 ▽ところがその2分後、自陣でボールを奪われたアトレティコは、ムニアインのスルーパスからイニャキ・ウィリアムズに最終ラインを突破される。ゴディンが必死に戻ったがお構いなしにゴール右に流し込みビルバオが再び勝ち越した。 ▽しかし、アトレティコは逃がさなかった。80分に得た左CKで、トーマスがクロスを入れると、競り勝ったロドリゴ・エルナンデスが頭で流し込みまたもや同点に追いついた。 ▽白熱した試合を見せる両チーム。試合はこれで終わりではなかった。後半アディショナルタイム、敵陣中央でFKを得たアトレティコはトーマスがボックス右に展開。サウールが折り返したところをグリーズマンがフリック。その先に居たのがゴディンだった。ゴディンは頭で押し込んでゴールを祝福。ビルバオはオフサイドを主張したもののVARはオンサイドと判断しゴールが認められた。 ▽点の取り合いとなった試合は、アトレティコが劇的ゴールを決めて逆転勝利。ここまでわずか1勝のビルバオは4敗目を喫した。 2018.11.11 04:33 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがビルバオの10番に関心! 今冬か来夏フリーでの獲得目指すか

▽リバプールがアスレティック・ビルバオに所属する元スペイン代表FWイケル・ムニアイン(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽近年のレサマ最高傑作として2009年にクラブ史上最年少となる16歳7ヶ月11日でのトップチームデビューを飾ったムニアインは、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションをこなせる万能型のアタッカー。 ▽キャリアを通じて両ヒザの前十字じん帯断裂に見舞われた一方、卓越したテクニック、アジリティ、創造性、決定力を高いレベルで兼備する天才型のアタッカーは、ビルバオ一筋のキャリアの中で公式戦357試合に出場し51ゴールを記録している。また、今季はチームが苦境に立たされている状況でも9試合4ゴールの数字を残している。 ▽現在、愛するクラブで背番号10を背負うムニアインだが、クラブとの契約は今季終了までとなっており、生まれ育ったクラブへの忠誠とプレーヤーとしてのキャリアアップという葛藤に悩まされているようだ。 ▽その中で『マルカ』が伝えるところによれば、今冬に格安の移籍金での獲得あるいは来夏にフリーで獲得可能なムニアインの下には国内外の有力クラブがすでに関心を示しているという。そして、その有力クラブのうちのひとつがリバプールのようだ。 ▽今夏、FWロベルト・フィルミノ、FWサディオ・マネ、FWモハメド・サラーのバックアップとして獲得したFWジェルダン・シャキリが期待通りの活躍を見せているリバプールは、同じく前線で複数のポジションをこなせるムニアインを新たなバックアップの1人として考えているようだ。 ▽なお、現時点でビルバオとの契約延長の可能性が高いと思われるムニアインには、リバプールと同様にナポリも強い関心を示しているようだ。 2018.11.01 00:37 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで出番減のエレーラ、ビルバオ復帰を希望か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表アンデル・エレーラ(29)に、ビルバオ復帰の可能性が浮上した。イギリス『サン』の情報をもとにイタリア『トゥットメルカート』伝えた。 ▽今シーズン限りでユナイテッドの契約が切れるエレーラは、未だ契約延長には至ってはいない。ジョゼ・モウリーニョ監督は経験を持つ選手である点を評価し慰留を希望しているそうだが、プレミアリーグでの起用は今シーズンここまで2試合(プレー時間68分)のみ。優先順位はMFフレッジやMFマルアン・フェライニ、MFスコット・マクトミネイを下回るとも指摘されている。 ▽こういった状況から、エレーラは契約延長を考慮せず。来年1月の移籍も考慮しているという。そして、その中でも有力候補に挙げられているのが古巣のビルバオだ。『トゥットメルカート』は、これが“より具体的な”選択肢であることを伝えている。 ▽2011年にサラゴサからビルバオに加入したエレーラは公式戦通算128試合で11ゴール20アシストを記録。この活躍が認められ、2014年にユナイテッド移籍を果たした。加入初年度からプレミアリーグ26試合で6ゴール4アシストを記録しており、2016-17年シーズンではファンが選ぶ年間最優秀選手賞に選出されていた。 2018.10.09 22:25 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース