ビルバオがU-21スペイン代表MFコルドバと2022年まで契約延長2018.04.17 00:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは16日、U-21スペイン代表MFイニゴ・コルドバ(21)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。▽左ウイングを主戦場に2列目を得意とするアタッカーのコルドバは、今季の8月にリーガデビュー。ここまでリーグ戦では24試合(先発は15試合)に出場して1ゴール。ヨーロッパリーグでは9試合(先発は5試合)に出場し、準主力として活躍している。

▽また、U-17からスペイン代表に選出されているコルドバは、現在はU-21チームに選ばれており、将来を嘱望されている。
コメント
関連ニュース
thumb

ウィリアムズの驚愕50m独走弾含む2発でビルバオが連勝! セビージャは10戦ぶりの黒星…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第19節、アスレティック・ビルバオvsセビージャが13日にサン・マメス・バリアで行われ、ホームのビルバオが2-0で快勝した。 奇しくもコパ・デル・レイ5回戦の2試合を挟んでの3連戦となった3位のセビージャ(勝ち点33)と、17位のビルバオ(勝ち点19)によるリーガ前半戦最終戦。前節、アトレティコ・マドリーと引き分けて無敗継続も2位浮上のチャンスを逸したセビージャだが、ビルバオとの3連戦初戦となった10日のコパでは3-1で先勝。そして、今節ではそのままビルバオに滞在して敵地での連戦に臨んだ。 共に直近のコパから大幅なターンオーバーで臨んだ一戦。試合はコパでのリベンジを狙うホームのビルバオが立ち上がりからセビージャを押し込んでいく。17分にはコルドバが最初の決定機に絡むと、23分には若きエースが魅せる。コルドバのスルーパスに抜け出したイニャキ・ウィリアムズが快足を飛ばしてボックス内まで運んでボックス左45度から絶妙な右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺した。 敵地で先制を許す苦しい入りとなったセビージャはすぐさま反撃を開始。左サイドのエスクデロとサラビアのコンビを起点に幾度となく相手ゴール付近に侵入すると、32分にはベン・イェデルのパスに抜け出したサラビアに決定機もここはシュートコースが甘く相手GKのセーブに遭う。その後、前半終盤にかけて拮抗した状況が続く中、43分にはビルバオに追加点のチャンス。ボックス手前中央の好位置で得たFKを名手ベニャトが直接右足で狙うが、このシュートは枠の左に外れた。 ビルバオの1点リードで折り返した試合は前半半ばからの流れを引き継ぎ球際でバチバチとやり合う激しい展開が続く。互いに中盤で潰し合う場面が目立ちなかなか決定機を作れない中、アンドレ・シウバやウィリアムズが個人技でフィニッシュまで持ち込む。 こう着状態を脱したい両チームのベンチは後半半ばに動きを見せる。1点リードのビルバオはデ・マルコスを下げてアラベスから今冬2年半ぶり復帰のイバイ・ゴメスを投入。対するセビージャはロケ・メサを下げてバルセロナから加入したばかりのムニルをデビューさせる。 この選手交代で徐々に試合に動きが出てきた中、84分にビルバオのスピードスターが再び魅せる。ハーフウェイライン手前で縦パスを受けたウィリアムズはワンタッチでスペースにボールを流してDFとスプリント競争に持ち込むと、驚異的な加速力でDFを抜き去り飛び出したGKまでかわして無人のゴールへ流し込む、50メートル独走の圧巻のソロゴールを決め切った。 この2点目で試合を決めたビルバオはセビージャの反撃をきっちりクリーンシートで凌ぎ切って2-0の完勝。コパでのリベンジを果たすと共に残留争い脱出に向けて貴重なリーガ連勝を飾った。一方、ウィリアムズの個人技にしてやられたセビージャは第9節バルセロナ戦以来となる10戦ぶりの黒星を喫した。 2019.01.14 02:22 Mon
twitterfacebook
thumb

アラベスFWイバイ・ゴメスが2年半ぶりにビルバオに復帰

ビルバオは10日、アラベスのスペイン人FWイバイ・ゴメス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年半となっている。 2011年にビルバオの下部組織からトップチームに昇格したウインガーのイバイ・ゴメスは、2016年夏にビルバオからアラベスに完全移籍。アラベスでは公式戦92試合に出場して17ゴール11アシストを記録し、同クラブの2シーズン連続での残留に貢献していた。今季もここまでリーガエスパニョーラで18試合に出場して3ゴール2アシストと、4位と躍進しているアラベスの主力としてプレーしていた。 ビルバオでは公式戦通算145試合に出場し17得点を記録していたイバイ・ゴメス。17位と残留争いに巻き込まれている古巣を救う働きが期待される。 2019.01.10 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ビルバオのルーマニア代表DFガネアが2部のヌマンシアへレンタル移籍

ビルバオは9日、ルーマニア代表DFクリスチャン・ガネア(26)がヌマンシアに今季終了までのレンタルで移籍することを発表した。 幼少期にバスクで育ち、マジョルカの下部組織に在籍していた経歴を持つガネアは、ウイングからサイドバックをカバーできる左サイドのスペシャリスト。今季、ルーマニアのヴィトルルからビルバオに加入したガネアだったが、リーガエスパニョーラ1試合、コパ・デル・レイ1試合の出場に終わっていた。 ヌマンシアは20試合を終えたセグンダ(リーガエスパニョーラ2部)で14位となっている。 2019.01.10 03:17 Thu
twitterfacebook
thumb

ビルバオFWアドゥリスのPKが“新たな発明”と話題に…助走一切なし、右足引いて、すぐ振り抜きゴール

アスレティック・ビルバオに所属するFWアリツ・アドゥリスのPKキックが話題となっている。<br><br>22日のリーガ・エスパニョーラ第17節ビルバオvsバジャドリー(1-1)の45分、ビルバオがPKを獲得すると、キッカーのアドゥリスはまさに意表を突くキックを披露。来年2月に38歳となる老獪なFWは、右足を大きく引いたかと思えば、それを一気に振ってボールを叩いた。驚いたGKの突差の横っ飛びもむなしく、ボールは枠内右に収まっている。<br><br>スペインメディアの中には、この一切ステップがないPKキックを、パネンカ(チップキック)などに続く新たな発明と報じているところもある。なおアドゥリスは試合後、そのキックを予め練習していたことを明かした。<br><br>「PKはフットボールにおいて特別な瞬間だ。驚きを与えられるよう試みないとね」<br><br>「しっかりできるように、前から準備していたことだった。そのアクションを確実に実行できるようにしていたんだ。今日、それによって相手を驚かせることができたし、そうなればゴールになって然るべきなんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.24 01:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、デ・マルコスとバレンシアガの契約を2021年まで延長

▽ビルバオは14日、元スペイン代表MFオスカル・デ・マルコス(29)と、スペイン人DFミケル・バレンシアガ(30)の契約を共に2021年6月30日まで延長したことを発表した。共にこれまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2010年にアラベスからビルバオに移籍した右サイドを主戦場とするデ・マルコスは、今季ここまでリーガエスパニョーラで14試合に出場して1ゴール1アシストを記録。ビルバオでは通算367試合に出場して32ゴール41アシストをマークしている。 ▽一方、2008年にレアル・ソシエダから移籍した左サイドバックのバレンシアガはビルバオでこれまで公式戦238試合に出場。ただ、今季は太ももの負傷もあってここまでリーガで4試合の出場に留まっている。 2018.12.15 03:02 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース