ビルバオがU-21スペイン代表MFコルドバと2022年まで契約延長2018.04.17 00:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは16日、U-21スペイン代表MFイニゴ・コルドバ(21)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。

▽左ウイングを主戦場に2列目を得意とするアタッカーのコルドバは、今季の8月にリーガデビュー。ここまでリーグ戦では24試合(先発は15試合)に出場して1ゴール。ヨーロッパリーグでは9試合(先発は5試合)に出場し、準主力として活躍している。

▽また、U-17からスペイン代表に選出されているコルドバは、現在はU-21チームに選ばれており、将来を嘱望されている。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセロ、CR7流出惜しむ声を意に介さず

▽レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが、ビルバオ戦のドローについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第4節で難所サン・マメスに乗り込み、1-1でビルバオと引き分けた。これにより、開幕からの連勝が「3」でストップしている。 ▽試合の中では多くのチャンスを迎えていたが、決め切ることができず。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したことによる決定力不足が指摘されている。 ▽試合後のインタビューに応じたマルセロは、ファンが退団したスターを惜しむのは初めてではないと主張した。 「僕らはこの試合のことを忘れて、次の試合について考える必要がある」 「勝利がフェアな結果だっただろうね。彼らより多くのチャンスを迎えたけど、ゴールが生まれなかった」 「ファンはラウール(・ゴンサレス)やジズー(ジネディーヌ・ジダン)も回顧していた。…クリスティアーノ(・ロナウド)だけではないよ」 2018.09.16 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場イスコ弾で追いつくもレアル・マドリー、サン・マメスでドローに終わり開幕からの連勝がストップ《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第4節でビルバオとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節レガネス戦を4-1と快勝して開幕3連勝としたレアル・マドリーは、翌水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦を控える中、カゼミロがベンチスタートとなった以外はベストメンバーを送り込んだ。 ▽クロースを中盤のアンカーに据えたレアル・マドリーが圧力をかける入りとなるも、ビルバオのタイトなプレスの前になかなかシュートには持ち込めない。 ▽そんな中30分にボックス右からアセンシオが強烈なシュートを浴びせてGKウナイ・シモンを脅かすも、32分にビルバオに先制を許す。デ・マルコスがスルーパスを受けてボックス右まで侵入して折り返すと、イニャキ・ウィリアムズが合わせたシュートのルーズボールをムニアインが蹴り込んだ。 ▽先制されたレアル・マドリーは38分、モドリッチが左足ミドルで同点ゴールに迫るも、GKウナシ・シモンに阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からセバージョスに代えてカゼミロを投入したレアル・マドリーは、59分にベイルの直接FKがGKを強襲し、ルーズボールをセルヒオ・ラモスが詰めるも、ウナシ・シモンの好守に阻まれる。 ▽ギアが上がりきらなかったことから、61分にはモドリッチに代えてイスコを投入したレアル・マドリーは64分、そのイスコが結果を出す。クロースのフィードに反応したベイルがゴールライン右から右足で折り返すと、イスコがヘッドで流し込んだ。 ▽勢い付くレアル・マドリーは68分、ロングボールに抜け出したアセンシオが絶妙なトラップからシュートに持ち込んだが、ここもGKウナシ・シモンのファインセーブに阻まれてしまう。 ▽その後、ベイルに代えてL・バスケスを投入したレアル・マドリーは、イニャキ・ウィリアムズに代えてサン・ホセを投入して守備を締めにかかったビルバオを終盤にかけても押し込んだが、逆転弾は生まれず1-1でタイムアップ。難所サン・マメスで引き分けに終わり、開幕からの連勝が3でストップした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.16 05:51 Sun
twitterfacebook
thumb

イニャキ、彼女との“痴話喧嘩”をネタに脅迫される

▽ビルバオのスペイン人FWイニャキ・ウィリアムズが脅迫被害に遭ったようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ビルバオの下部組織出身のイニャキは、2014年にトップチームに昇格して以来着実に成長。その快足を武器に頼れるベテランFWアリツ・アドゥリスの隣でプレーし、昨シーズンも公式戦52試合10ゴール8アシストを記録した。今年1月にはビルバオとの契約を2025年夏まで延長し、今となってはチームにとって欠かせない選手だ。 ▽そんな地元でのスターであるイニャキは、この夏にガールフレンドと共にビルバオの祭りに参加。そして、公衆の面前でそのガールフレンドと激しい口論になってしまい、どうやらその様子を撮影した人物から脅迫を受けたようだ。 ▽ウィリアムズは第一に、公共の場で口論を繰り広げてしまったことを謝罪。また、既にその様子の動画は拡散されてしまっているが、それについて脅迫を受けていたことを明かし、以下のように法的手段に出ると表明した。 「事態が法的代理人の手にあることを公にする。私たちの望みに反して録画が公開され、脅迫が試みられた」 ▽拡散されている動画を視聴する限り、イニャキが暴力に訴えている様子はなく、いわゆる“痴話喧嘩”の範疇だろう。その場に居合わせていた第三者の悪意には、災難だったと言わざるを得ない。 2018.08.25 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ビルバオの37歳FWアドゥリス、太もも負傷で1カ月離脱

▽ビルバオの元スペイン代表FWアリツ・アドゥリスが太ももの負傷により約1カ月戦列を離れるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽アドゥリスは20日に行われたリーガエスパニョーラ開幕節のレガネス戦で先発。70分までプレーしたが、右足太ももを痛めて交代していた。 ▽同メディアによれば1カ月はプレーできないとのことで、次節ウエスカ戦を筆頭にラージョ戦、インターナショナル・マッチウィーク明けのレアル・マドリー戦も欠場見込みとなった。37歳とベテランながらも昨季もリーガエスパニョーラで9ゴールを挙げ、エースとしての働きを続けるアドゥリスの早々の離脱はビルバオにとって痛手となりそうだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.22 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

クルトワ後釜確保! チェルシー、移籍金GK史上最高額103億円でケパ獲得!

▽チェルシーは8日、ビルバオからスペイン代表GKケパ・アリザバラガ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は7年間。移籍金については明かされていてないが、スペイン『マルカ』によると、ケパの契約解除金は8000万ユーロ(約103億円)であり、GK史上最高額とのこと。 ▽ケパは、ビルバオの下部組織出身で、2014年7月にトップチームに昇格。ポンフェラディーナやレアル・バジャドリーへのレンタル移籍を経験し、2016年6月に復帰。昨シーズンのリーガエスパニョーラでは30試合に出場し7度のクリーンシートを達成した。昨年11月にはスペインデビューも果たしている。 ▽チェルシーへの加入が決定したケパは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「大きな決断だった。キャリアにおいても、人生においてもね。これまでの歴史やチームメイト、街、プレミアリーグ、さまざま面で惹かれたんだ。チェルシーのようなクラブから信頼してもらえて、また移籍が叶って嬉しいよ」 ▽また、クラブディレクターを務めるマリナ・グラノフスカイア氏は、以下のようにケパの加入を喜んだ。 「ケパのような選手をクラブに迎え入れたかった。実際に加入してくれて本当に嬉しい。これまで既にキャリアも積んでいるし、チェルシーでのさらなる活躍に期待している。長期契約はクラブの信頼の証。さらに素晴らしいキャリアが待っていると信じている」 ▽ベルギー代表GKティボー・クルトワ(27)のレアル・マドリーへの移籍の噂が絶えず、今夏新たな守護神探しに奔走していたチェルシー。同日、同選手のマドリー移籍合意が発表され、チェルシーも無事に後釜を確保する形となった。 2018.08.09 08:25 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース