ビルバオがU-21スペイン代表MFコルドバと2022年まで契約延長2018.04.17 00:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは16日、U-21スペイン代表MFイニゴ・コルドバ(21)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。

▽左ウイングを主戦場に2列目を得意とするアタッカーのコルドバは、今季の8月にリーガデビュー。ここまでリーグ戦では24試合(先発は15試合)に出場して1ゴール。ヨーロッパリーグでは9試合(先発は5試合)に出場し、準主力として活躍している。

▽また、U-17からスペイン代表に選出されているコルドバは、現在はU-21チームに選ばれており、将来を嘱望されている。

コメント

関連ニュース

thumb

ビルバオがシガンダ監督との契約を今季限りで解消… リーガで14位と低迷

▽アスレティック・ビルバオは10日、ホセ・アンヘル・シガンダ監督(51)との契約を今季限りで解消することを発表した。シガンダ監督はビルバオと2019年6月30日まで契約を結んでいた。 ▽2017年5月に2年契約で古巣ビルバオの指揮官に就任したシガンダ監督だったが、リーガエスパニョーラでは36試合を消化した時点で14位とふるわず、ヨーロッパリーグではラウンド16でマルセイユに敗れていた。 ▽現役時代にオサスナとビルバオでストライカーとして活躍したスペイン代表歴のあるシガンダ氏は、リーガエスパニョーラで381試合に出場して111ゴールをマーク。監督としてはオサスナなどで指揮を執った経歴を持っていた。 2018.05.10 23:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ビルバオがユナイテッドの放出候補・エレーラを連れ戻しか

▽アスレティック・ビルバオが、かつてチームに在籍したマンチェスター・ユナイテッドのMFアンデル・エレーラを連れ戻す考えがあるようだ。スペイン『エル・コレオ』が報じた。 ▽2011年7月からビルバオでプレーしていたエレーラは、2014年7月にユナイテッドへと移籍。今シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し2アシストを記録。チャンピオンズリーグでは6試合に出場していた。 ▽古巣であるビルバオは、エレーラに復帰の意思を確認したとのこと。移籍金を支払うことは決定したようで、ユナイテッドの合意が得られれば獲得に動くとのことだ。 ▽ユナイテッドは今夏人員整理をすると見られており、エレーラもそのリストの1人とのこと。DFダレイ・ブリント、DFクリス・スモーリング、DFルーク・ショー、MFマルアン・フェライニ、MFフアン・マタ、FWアントニー・マルシャルも放出候補と見られ、引退するMFマイケル・キャリックもその1人だ。 ▽エレーラは、ビルバオで公式戦128試合に出場し11ゴール20アシストを記録していた。 2018.04.25 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ジョレンテ、2013年以来のビルバオ復帰か

▽トッテナムに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(33)がビルバオ復帰を示唆した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ビルバオでプロキャリアをスタートさせたジョレンテは、ユベントス、セビージャ、スウォンジーを経て、昨夏から2年契約でトッテナム入り。だが、プレミアリーグでわずか1試合の先発にとどまっており、地位を確立できずにいるのが実情だ。 ▽『ミラー』によれば、そんなジョレンテに対して、古巣ビルバオが興味を示している模様。その件について問われたジョレンテは、次のように語り、2013年以来の古巣復帰に含みを持たせた。 「ビルバオは僕の家。彼らがオファーをくれるのなら、復帰も起こり得る」 「僕にとって、忘れることのできないクラブだ。素晴らしい時間を過ごした。ビルバオは、常に僕の心の中でも特別な場所にあるクラブさ」 「彼らが僕に戻ってくるよう求めてきたら、それについて考えないといけない」 2018.04.24 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

R・ガルシア、横暴な審判の存在訴える「次戦に出られないと脅され、何もなかったと言わなければならない」

アスレティック・ビルバオMFラウール・ガルシアが、横暴な審判の存在を訴えた。<br><br>23日のリーガエスパニョーラ第34節、アスレティックは本拠地サン・マメスにレバンテを迎え、1&minus;3で試合を落とした。この試合でアスレティックのゴールを決めたR・ガルシアは、この試合をスペインで放送した『Gol』のフラッシュインタビューに応じたが、その場でルイス・ムヌエラ主審のレフェリングが、横暴なものであったとの考えを口にした。<br><br>「自分たちが主役になることを望み、僕たちのプレーを許さない人たちが存在する。試合を戦っていると、次の一戦に出られなくなるぞと脅してきて、(抗議せずに判定を)飲み込まなくてはならない。そうやって自分の中で消化して、試合後には『何もなかったよ』と言わなければならないんだ」<br><br>R・ガルシアその一方で、アスレティック敗戦の責任が、審判ではなくチーム自体にあることも強調している。<br><br>「もちろん現実を見なければならない。僕たちは適切なレベルになく、すべきプレーを見せられなかった。だから、こうした状況に陥っているわけだよ。ゴールについて? 何も意味がない。結局、勝てなければ価値を持つことなんてないんだ」<br><br>アスレティックは今季、第34節までを9勝13分け4敗で終えて14位に位置するなど低迷。このレバンテ戦終了後には、「シガンダ出て行け!」とファンは監督の解任を要求した。<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグマッチで好守を連発...レアル・マドリー戦で輝いたスペイン代表GKケパ

アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表GKケパ・アリサバラガが、レアル・マドリー戦で輝きを放った。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>マドリーは18日のリーガエスパニョーラ第33節でアスレティックと対戦。先制ゴールを許す苦しい展開で、87分にFWクリスティアーノ・ロナウドが同点ゴールを決めて辛くも1-1で引き分けた。この試合で好守を連発したのが、1月の移籍市場でマドリーが狙っていたケパである。<br><br>ケパはシーズン前半戦のリーガ第14節マドリー戦(0-0)に続き、好セーブでチームを救った。今季マドリーを176分間無失点に抑え、その間48本のシュート、76本のクロスを浴び、ポスト直撃のシュートが3本あった。しかしながら傷を最小限に抑え、アスレティックの勝ち点獲得に貢献している。<br><br>マドリー移籍に失敗したケパだが、その後アスレティックと2025年まで契約延長を行った。ケパはマドリー戦後、「ただの1試合だった。(サンティアゴ)ベルナベウでプレーしたことがなかったから、そういう意味で楽しみにしていたよ。僕はアスレティックと契約を延長した。9歳の頃から、このクラブにいるんだ。幸せだよ」と語っている。<br><br>逃した魚は大きかったのか。ジネディーヌ・ジダン監督は熟考を迫られるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 23:09 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース