カンビアッソ、インテル期待の若手に太鼓判「イグアインとイカルディの間」2018.04.17 01:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのレジェンドであるエステバン・カンビアッソ氏が、同胞のFWラウタロ・マルティネスについて語った。イタリア『スカイ』が伝えている。

▽アルゼンチン代表のラウタロ・マルティネスは、今季終了後にインテルに加わることが濃厚と言われている。

▽カンビアッソ氏はインテル期待の若手について、「クオリティは(ゴンサロ・)イグアインに近いものがある。ペナルティエリア外ではピピータ(イグアイン)の方が優れているけどね」と分析。「イグアインと(マウロ・)イカルディの間の選手だと思う」と語った。

▽イカルディのパートナーとして早くもインテルファンが期待を寄せるラウタロ・マルティネス。レジェンドの太鼓判により、ますます注目を高めそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

マウコムはインテルを待つ

▽ボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(21)は、インテルに加入することになりそうだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽その活躍から今夏、マウコムを望むクラブが殺到。これまでにバイエルンやチェルシー、アーセナル、トッテナムといった数々のビッグクラブが獲得レースを繰り広げてきた。一時はトッテナム移籍が近づいたとされている同選手だが、『カルチョメルカート』によれば、代理人であるフェルナンド・ガルシア氏が自身のSNSで「我々はインテルを待っている」と投稿したようだ。 ▽インテルはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)抵触を避けるため何人かの選手売却をしなければならない模様。マウコムのインテル移籍は、ネラズーリの陣容の整理がついてからまとまる形になりそうだ。 2018.07.14 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア代表FWエデルが江蘇蘇寧に移籍

▽中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は13日、インテルのイタリア代表FWエデル(31)を獲得したことを発表した。契約内容は明らかにされていない。 ▽ブラジルのクリシウマでプロキャリアをスタートさせたエデルはエンポリやチェゼーナ、サンプドリアなどを経て2016年1月にレンタルでインテルに加入。同年夏には完全移籍が発表され、2シーズン半で公式戦86試合に出場し14ゴール8アシストを記録した。 ▽昨年11月に2021年まで契約延長したエデルだが、イタリア『カルチョメルカート』によれば、江蘇蘇寧が550万ユーロ(約7億2000万円)の移籍金を支払い獲得。契約は2年半で、年俸520万ユーロ(6億8000万円)受け取るようだ。 2018.07.13 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルFWエデル、中国移籍間近か

▽インテルのイタリア代表FWエデル(31)が、中国移籍に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽エデルの獲得に迫っているのは、蘇寧グループの江蘇蘇寧。中国の移籍市場は閉鎖が目前で、取引の成立を急いでいるところだという。 ▽江蘇蘇寧はエデルに2年間で総額1300万ユーロ(約17億円)という条件を用意。インテルには500万ユーロ(約6億5000万円)が支払われる。 ▽報道によると、エデルは11日の練習を欠席した。移籍決定はまもなくかもしれない。 2018.07.13 00:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯でもインテル&バイエルンのジンクス継続! 1982年以降すべてのW杯決勝に選手を送り込む

ロシアW杯でもインテル&バイエルンのジンクス継続! 1982年以降W杯決勝に選手を送り込む ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の準決勝が終了し、フランス代表とクロアチア代表の決勝進出が決定した。これにより、1982年大会から続いていたインテル&バイエルンのジンクス継続されることになった。フランス『Le Parisien』が伝えている。 ▽1982年のスペイン大会以降、インテルとバイエルンの2チームはW杯決勝に所属選手を送り続けている。そして、ロシアW杯ではバイエルンのMFコランタン・トリッソがフランス代表として、インテルのMFマルセロ・ブロゾビッチ、FWイバン・ペリシッチがクロアチア代表として決勝の舞台に駒を進めることになった。 ▽また、バイエルンはドイツ代表の強さを背景に1982年以降のW杯決勝に所属選手27人を送り出しており、これは最多の記録だ。一方、インテルは16人と効率性の良さが際立つ数字となっている。 ▽なお、最終的に決勝を制してチャンピオンになった選手の数ではバイエルンが12人、インテルが9人とバイエルンがやや優勢だ。 ◆1982年以降のW杯決勝のバイエルンvsインテル一覧 ◆1982年決勝 イタリア 3-1 西ドイツ ▽バイエルン ヴォルフガング・ドレムラー(西ドイツ) パウル・ブライトナー(西ドイツ) カール=ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ) ▽インテル ジュゼッペ・ベルゴミ(イタリア) ガブリオレ・オリアリ(イタリア) アレッサンドロ・アルトベッリ(イタリア) ◆1986年決勝 アルゼンチン 3-1 西ドイツ ▽バイエルン アンドレアス・ブレーメ(西ドイツ) ノルベルト・エデル(西ドイツ) ローター・マテウス(西ドイツ) ディーター・ヘーネス(西ドイツ) ▽インテル カール=ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ) ◆1990年決勝 西ドイツ 1-0 アルゼンチン ▽バイエルン クラウス・アウゲンターラー(西ドイツ) ユルゲン・コーラー(西ドイツ) シュテファン・ロイター(西ドイツ) ▽インテル アンドレアス・ブレーメ(西ドイツ) ユルゲン・クリンスマン(西ドイツ) ローター・マテウス(西ドイツ) ◆1994年決勝 ブラジル 0-0(PK3-2) イタリア ▽バイエルン ジョルジーニョ(ブラジル) ▽インテル ニコラ・ベルティ(イタリア) ◆1998年決勝 ブラジル 0-3 フランス ▽バイエルン ビセンテ・リザラズ(フランス) ▽インテル ロナウド(ブラジル) ユーリ・ジョルカエフ(フランス) ◆2002年決勝 ドイツ 0-2 ブラジル ▽バイエルン オリバー・カーン(ドイツ) イェンス・イェレミース(ドイツ) トーマス・リンケ(ドイツ) ▽インテル ロナウド(ブラジル) ◆2006年決勝 イタリア 1-1(PK5-3) フランス ▽バイエルン ウィリー・サニョル(フランス) ▽インテル マルコ・マテラッツィ(イタリア) ◆2010年決勝 オランダ 0-1 スペイン ▽バイエルン マルク・ファン・ボメル(オランダ) アリエン・ロッベン(オランダ) エドソン・ブラーフハイト(オランダ) ▽インテル ヴェスレイ・スナイデル(オランダ) ◆2014年決勝 ドイツ 1-0 アルゼンチン ▽バイエルン マヌエル・ノイアー(ドイツ) バスティアン・シュバインシュタイガー(ドイツ) トーマス・ミュラー(ドイツ) フィリップ・ラーム(ドイツ) トニ・クロース(ドイツ) ジェローム・ボアテング(ドイツ) マリオ・ゲッツェ(ドイツ) ▽インテル ロドリゴ・パラシオ(アルゼンチン) ◆2018年決勝 フランス vs クロアチア ▽バイエルン コランタン・トリッソ(フランス) ▽インテル マルセロ・ブロゾビッチ(クロアチア) イバン・ペリシッチ(クロアチア) 2018.07.13 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元インテル会長のモラッティ氏、C・ロナウド移籍に「インテルに来てほしかったが…」

▽インテルの元会長であるマッシモ・モラッティ氏が10日、イベントに出席した。その際のコメントをイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽イタリアではこの日、FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍が発表された。 ▽その直前にモラッティ氏は「インテルに行ってくれたら良かったよ」と、ライバルへの移籍を嘆いた。ただ、クラブの補強には満足しており、「これで構わない。我々はすでに強い」とコメント。「ファンの一人としてはトリノ(ユベントスの本拠地)に行くことは望まないが、イタリアサッカー界のためには正直なところ大きな買い物だ」と、歓迎する姿勢を見せている。 2018.07.11 05:47 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース