ロシアW杯出場を逃した元伊代表指揮官のヴェントゥーラ氏がウディネーゼ監督に?2018.04.16 22:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア代表を率いながらも、ロシア・ワールドカップ出場を逃したジャンピエロ・ヴェントゥーラ氏だが、セリエAクラブを率いることになるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

▽ヴェントゥーラ氏は、カリアリやサンプドリア、ナポリ、エラス・ヴェローナ、トリノなどイタリアのクラブで監督を務め、2016年7月からはアントニオ・コンテ監督(現チェルシー監督)の後任としてイタリア代表監督に就任していた。

▽ロシア・ワールドカップ欧州予選を戦っていたが、グループを2位で終了。プレーオフではスウェーデン代表と対戦したものの、2戦合計で敗れ、ワールドカップ出場を逃していた。

▽そんなヴェントゥーラ氏が監督に就任する可能性があるクラブは、古巣でもあるウディネーゼ。ミランなどで活躍したマッシモ・オッド監督が指揮を執っているものの、14日に行われたカリアリ戦で敗戦。これで9連敗となり解任される可能性が高いという。

▽残留が確定していない状況のウディネーゼは、後任としてヴェントゥーラ氏を考えているとのこと。2001-02シーズンにロイ・ホジソン監督の後任としてウディネーゼを指揮したが、結局14位でフィニッシュしていた。今回も率いることとなれば、どこまで復調することができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ウディネーゼのブラジル人DFサミルが2023年まで契約延長

▽ウディネーゼは12日、ブラジル人DFサミル(23)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽フラメンゴでプロデビューを飾った左利きのセンターバックであるサミルは、2016年1月にウディネーゼへ完全移籍。即ヴェローナにレンタルに出されたが、昨季はウディネーゼに復帰してセリエAで31試合に出場して2ゴールを記録し、主力として活躍していた。今季も開幕から3試合フル出場を続けている。 ▽世代別の代表としてはU-21までブラジル代表に招集されていた経歴を持っている。 2018.09.13 04:45 Thu
twitterfacebook
thumb

“ウディネーゼの英雄”ディ・ナターレ、母国クラブにスタッフ入り

▽セリエBに在籍するスペツィアは4日、元イタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレ氏(40)がスタッフ入りしたことを発表した。 ▽ディ・ナターレ氏は、1996年にエンポリでプロキャリアをスタートした後、セリエBに降格した2003-04シーズン終了後にウディネーゼへ完全移籍。すると、2009-10シーズンからは2年連続セリエA得点王に。その後もセリエAで得点を量産してきたウディネーゼのレジェンドは、2015-16シーズン終了後に現役を退いた。 ▽クラブの発表によると、ディ・ナターレ氏は、クラブのコンサルタントやトップチームの技術スタッフとしての役割を担うようだ。 ▽スペツィアは、マケドニア代表FWゴラン・パンデフや現在インテルを指揮するルチアーノ・スパレッティ監督が現役時代に在籍していたクラブ。現在はここまでセリエB第2節終了時点で現在1勝1敗で6位に位置しており、セリエA初昇格を目指す。 2018.09.05 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがW杯出場の2選手獲得! イラク代表DFアリ・アドナンはアタランタへ

▽ウディネーゼは17日、ナイジェリア代表DFウィリアム・トルースト=エコング(24)とポーランド代表FWウカシュ・テオドルチク(27)、イタリア人MFマルコ・ダレッサンドロ(27)の獲得を発表した。 ▽オランダ人とナイジェリア人のハーフであるトルースト=エコングはオランダのフローニンヘンでキャリアをスタート。その後、ヘントを経て昨シーズンはトルコのブルサシュポルでプレー。昨季はリーグ戦34試合に出場していた。なお、ウディネーゼには330万ユーロ(約4億2000万円)での完全移籍となるようだ。 ▽一方、テオドルチクは母国のポロニア・ワルシャワ、レフ・ポズナン、ウクライナのディナモ・キエフを経て2016年にアンデルレヒトに加入。180cm後半の長身とフィジカルに長けたターゲットマンは同クラブで通算93試合に出場し45ゴールを挙げる活躍を見せたが、チームの強化方針の変更に伴い、700万ユーロ(約8億8000万円)といわれる移籍金でウディネーゼに加入することになった。 ▽なお、トルースト=エコングとテオドルチクはいずれもロシア・ワールドカップに出場していた。 ▽また、ローマの下部組織出身のウインガーのダレッサンドロはアタランタから買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。 ▽なお、ダレッサンドロ獲得オペレーションと並行してウディネーゼからイラク代表DFアリ・アドナン(24)がアタランタに買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入することが決定した。 2018.08.18 05:07 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ウディネーゼ主将DFダニーロを買取義務付きレンタルで獲得

▽ボローニャは16日、ウディネーゼからブラジル人DFダニーロ・ランジェッラ(34)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。なお、ボローニャによれば、ある条件が満たされた場合、買い取る義務が発生する契約だという。 ▽母国のパウリスタで2003年にプロデビューしたダニーロは、アトレチコ・パラナエンセやパルメイラスでのプレーを経て、2011年の夏にウディネーゼへ移籍。ウディネーゼでは、加入初年度からセンターバックのレギュラーとしてプレー。 ▽2016-17シーズンからはキャプテンを務めるなど、これまで在籍7シーズンで公式戦282試合に出場し11ゴール3アシストをマーク。昨シーズンもセリエAで32試合に出場していた。 2018.08.17 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格フロジノーネがウディネーゼのアイスランド代表MFハルフレドソンを獲得

▽セリエAに昇格したフロジノーネは7月31日、ウディネーゼのアイスランド代表MFエミル・ハルフレドソン(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は発表されていない。 ▽2016年1月にヴェローナからウディネーゼに移籍したレフティーのセントラルMFであるハルフレドソンは、ウディネーゼで公式戦61試合に出場して4アシストを記録。2017-18シーズンはセリエAで19試合に出場していた。アイスランド代表としてはこれまで66試合に出場。ロシア・ワールドカップでは2試合にフル出場していた。 2018.08.01 01:32 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース