かつてFC東京に所属していた元チュニジア代表FWラサッドが心室細動で意識不明に2018.04.16 20:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は16日、スペイン3部のトレドに所属するFWラサッド・ハッセン・ヌイウィが14日の練習中に心室細動により意識を失い、病院に搬送されたことをお知らせした。▽クラブは公式サイトで「このたび、以前FC東京に所属していたラサッド選手が、4/14(土)の練習中に心室細動により意識を失い、病院に搬送されました。現在集中治療室で、原因を調べるための様々な検査やそれに伴う治療を行っています。一日も早いご回復を心よりお祈りしております」と伝えている。

▽元チュニジア代表のラサッドは、これまでデポルティボやセルティックFCアロウカなどでプレーし、2015年4月に練習参加を経てFC東京入り。5月に加入を発表し、公式戦4試合出場。1stステージ限りの短期契約であったため、6月末には退団し、母国チュニジアのクラブ・アフリカンを経てトレドに加入していた。
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京が永井謙佑や橋本拳人、東慶悟ら5選手と契約更新!

▽FC東京は10日、元日本代表FW永井謙佑(29)、MF橋本拳人(25)、MF内田宅哉(20)、MF鈴木喜丈(20)、MF東慶悟(28)の契約更新を発表した。 ▽永井は2017年からFC東京に加わり、今シーズンは明治安田生命J1リーグ32試合に出場して5得点。2012年にFC東京のアカデミーから昇格した橋本は27試合1得点を記録した。 ▽内田と鈴木はそれぞれ2017年にFC東京の下部組織からトップチーム昇格。共にFC東京U-23が主戦場であり、内田はトップチームで1試合、鈴木は出番なしに終わった。 ▽東は2013年に大宮アルディージャから完全移籍加入。今シーズンは全34試合に出場して4得点をマークした。 ▽FC東京は今シーズンから長谷川健太監督が指揮。J1リーグ14勝8分け12敗の6位に終わった。 2018.12.10 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京がU-23タイ代表MFジャキットの期限付き期間満了を発表「大きな成長を感じることができた1年半」

▽FC東京は8日、U-23タイ代表MFジャキット(21)の期限付き移籍期間満了を発表した。 ▽ジャキットは、バンコク・ユナイテッドから2017年7月に期限付き移籍で加入。しかし、トップチームでの出場は1度もなかった。明治安田生命J3リーグを戦うFC東京U-23では、2シーズンで33試合に出場し2得点を記録。今シーズンは22試合に出場し、1得点を記録していた。ジャキットはクラブを通じてコメントしている。 「まず、FC東京でプレーするチャンスをいただいたことに、感謝しています。自分でも大きな成長を感じることができた1年半でした。ファン・サポーター、チームメイト、スタッフのみなさんにいつも支えてもらいました。僕がここまで頑張ることができたのはみなさんのおかげです」 「主にJ3でのプレーとなりましたが、名前を呼んで応援してくれたことが何よりも力になりました。タイに戻っても、"ジャキットが東京でプレーして良かった"と多くのタイの人たちに思ってもらえるように、成長した姿を見せたいと思います。ありがとうございました」 2018.12.08 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京がチーム得点王FWディエゴ・オリヴェイラを柏から完全移籍で獲得「みなさんの期待に応えられるように」

▽FC東京は6日、柏レイソルから期限付き移籍していたFWディエゴ・オリヴェイラ(28)が完全移籍で加入することを発表した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">JリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽ディエゴ・オリヴェイラは、2016年に柏に加入。1年目は明治安田生命J1リーグで30試合に出場し12得点を記録すると、2017年も27試合で5得点を記録していた。 ▽今シーズンはFC東京へと期限付き移籍すると、J1で32試合に出場しチーム最多の13得点を記録。ルヴァンカップでは1試合に出場、天皇杯では3試合に出場し5得点を記録していた。 ▽ディエゴ・オリヴェイラは両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「来シーズンも東京でプレーを出来るチャンスをいただき、とても嬉しく思います。東京に加入したときに、みなさんが私のことを温かく迎え入れてくれて、信頼をしてくれたおかげでチームに貢献することができ、感謝しています。また東京のユニフォームを着て、早くピッチに立ちたいです。全てにおいて、みなさんの期待に応えられるように頑張ります」 ◆柏レイソル 「柏レイソルには、私が日本に来るチャンスをいただいたことを大変感謝しています。在籍中には、ファン・サポーター、選手、チーム関係者のみなさんと素晴らしい時間を過ごせたこと、温かく受け入れてくださったことを感謝するとともに、この先も忘れることはありません。これからより一層チームが発展することを祈っています。みなさん、ありがとうございました」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">JリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.12.06 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京、FW前田遼一との契約満了を発表「熱い応援を忘れません」

▽FC東京は5日、FW前田遼一(37)との契約満了を発表した。 ▽兵庫県出身の前田は、2000年に暁星高校よりジュビロ磐田に加入し、プロキャリアをスタート。なお、高校時代には、特別指定選手としてヴェルディ川崎に所属していた。2005年からはリーグ戦で3年連続2桁得点を記録し、2009年から史上初の2年連続得点王に輝き、ベストイレブンにも選出されている。ザッケローニ率いる日本代表では、レギュラーに定着し、ブラジルワールドカップ出場に貢献した。 ▽FC東京には2015年に加入。4シーズン目となった今シーズンは、トップチームでの成績は明治安田生命J1リーグ18試合1ゴール、ルヴァンカップ1試合の出場に留まった。また、U-23チームとして出場した明治安田生命J3リーグでは、8試合3ゴールを記録している。 ▽前田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW前田遼一 「このたび、チームを離れることになりました。東京のファン・サポーターのみなさんの熱い応援を忘れません。東京での経験をこれからのサッカー人生に活かしていきたいと思います。4年間ありがとうございました」 2018.12.05 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和、ホーム最終戦でFC東京下し天皇杯へ! 今季引退の平川忠亮は終盤出場《J1》

▽明治安田生命J1リーグ最終節の浦和レッズvsFC東京が、12月1日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2で浦和が勝利した。 ▽最終節をホームで迎えた6位浦和(勝ち点48)は、1-2で敗れた前節湘南ベルマーレ戦のスタメンからGK西川、橋岡、阿部、岩波以外の7名を変更。5日に天皇杯準決勝鹿島アントラーズ戦を控える中で大きくメンバーを入れ替え、3バックに槙野、阿部、岩波、中盤に柏木、青木、萩原、橋岡、柴戸、前線にアンドリュー・ナバウト、李を起用した。また、今シーズン限りでの現役引退を発表した平川はベンチスタートとなった。 ▽対して、ここ2試合勝ちのない5位FC東京(勝ち点50)は、0-2で敗北した前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを1名のみ変更。米本に代えて、永井を起用した。 ▽試合開始早々の2分、FC東京がショートカウンターを発動させ長いからボックス手前右の大森にパスが渡る。しかし、大森が放ったシュートは枠を外れ、その後は浦和がボールを握る展開が続く。 ▽すると9分、浦和ボールの左CKでキッカーを務めたのは柏木。左足のクロスが供給されると、上手い動き出しでFC東京DFのマークを剥がした李が中央でヘディングシュートを放ち、ファーに流し込んだ。 ▽反撃に出るFC東京は19分、細かい連係からボックス左の東が中央に折り返し、中央に飛び込んだディエゴ・オリヴェイラが合わせる。しかし、枠を捉えることはできず。逆に、GK林がファインセーブで阻んだものの22分にアンドリュー・ナバウトがボックス手前中央から強烈なミドルシュートを放つなど、浦和が追加点に迫っていく。 ▽それでも36分に再びFC東京にチャンス。高萩がピッチ中央付近でボールを奪い自らドリブルで持ち上がる。しかし、4対3の数的優位の中で選んだボックス手前からのミドルシュートは枠を捉えず。 ▽試合は、浦和が1-0でリードして折り返すこととなったが、後半開始早々の46分にFC東京のエースがアウェイサポーターの期待に応える。右サイドでボールをキープした東がボックス中央にパスを送ると、待ち構えていたディエゴ・オリヴェイラが迷わずシュート。ゴール右隅を捉え、試合を振り出しに戻した。 ▽しかし、直後の48分に浦和が左サイド浅い位置でFKを獲得。キッカーの柏木が素早く蹴り込むと、ゴール前の柴戸が押し込み再びリードする展開に。また、これが柴戸にとってのJリーグ初ゴールとなっている。 ▽その後、逆転を目指すFC東京が猛攻をかけるが、なかなか枠内にシュートを飛ばすことができない。62分にはボックス内まで入り込んだ室屋が狙ったが、ミートさせることができず。 ▽すると68分、浦和がさらにリードを広げる。GK西川からのロングフィードに反応したアンドリュー・ナバウトが、頭で前方に落としてボックス右に侵攻。マイナス方向への折り返しを、走り込んだ李が確実に沈めた。 ▽2点差とされたFC東京は、直後に永井に代えて前田を投入。さらに、78分に大森、太田に代えて、リンス、小川を起用して巻き返しを図る。 ▽すると、試合終了間際の87分、ディエゴ・オリヴェイラが右サイドに展開すると駆け上がってきた室屋からのクロスが上がる。うまく浦和DFの背後に潜り込んだ前田が頭で合わせ、点差を1点に縮める。 ▽浦和は、89分に柏木に代えて平川を投入。功労者の最後のJリーグ出場に、埼玉スタジアムは歓声で包まれた。 ▽試合は、直後に終了。この結果、ホーム最終節で白星を飾った浦和は5位でフィニッシュし、天皇杯鹿島戦に臨むことに。対するFC東京は連敗を喫し6位で今シーズンのJリーグを終えた。 2018.12.01 16:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース