FC東京MF内田宅哉が左肩関節脱臼で全治約6週間…ルヴァン杯仙台戦で負傷2018.04.16 17:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は16日、MF内田宅哉が左肩関節脱臼と診断されたことを発表した。全治は約6週間。

▽内田は4日に行われたYBCルヴァンカップグループステージ第3節のベガルタ仙台戦で先発。しかし、62分に途中交代していた。

▽FC東京下部組織出身の内田は、2017年にトップチーム昇格。今シーズンはここまでU-23チームとして、明治安田生命J3リーグに2試合、YBCルヴァンカップには3試合出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

リンス、長谷川健太監督と再タッグ! 甲府からFC東京へ期限付き移籍

▽FC東京は5日、ヴァンフォーレ甲府からブラジル人FWリンス(30)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年7月5日から2019年1月1日まで。背番号は「13」に決定している。 ▽2014年から2015年までガンバ大阪でプレーしていたリンスはその後、母国のフィゲイレンセやポンチ・プレったでのプレーを経て、2017年8月にヴァンフォーレ甲府に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで16試合5得点を記録していた。 ▽G大阪時代に指導を受けていた長谷川健太監督が指揮するFC東京への加入が決定したリンスは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC東京 「新たな挑戦のため移籍を決めました。チームの目標を達成できるように最大限の努力をし、結果に貢献出来るように精一杯頑張りたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府でプレーする事ができ、全ての関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯です。 約1年間に渡りプレーさせて頂き、沢山の経験をしました。この積み重ねた想いは消えることはありません。 一時的にチームを離れることになりますが、今季ここまで上手く結果を出すことが出来ず、サポーターの皆様には大変申し訳なく思います。しかし、これからもお互いに頑張り続けることが大切だと思います。ヴァンフォーレ甲府の幸運を願っています。本当にありがとうございます」 ▽また、甲府の佐久間悟代表取締役GMは、以下のようにコメントしている。 「過密日程でもあり、また負傷者も多数出ている中、クラブの中心選手であるリンス選手が移籍してしまうこととなり残念です。クラブとしては次の選手登録期間に向けて選手補強をする予定です」 2018.07.05 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京の元日本代表DF丸山祐市、名古屋へ完全移籍「成長した姿を魅せられるように」

▽名古屋グランパスは4日、FC東京から元日本代表DF丸山祐市(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽丸山は2012年に明治大学から入団。2014年には湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経験した。復帰した2015年に明治安田生命J1リーグで20試合に出場すると、同年8月に日本代表に初選出。2016年10月にはロシア・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選のオーストラリア代表戦で途中出場してA代表デビューを飾った。その後もクラブでは主力としてプレーし続けていたが、今シーズンはここまでJ1リーグ9試合、YBCルヴァンカップ3試合、天皇杯1試合の出場にとどまっていた。 ▽名古屋への完全移籍が決定した丸山は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆さん、初めまして丸山祐市です。まず始めに、僕を必要としてくれた風間監督をはじめ、スタッフ・関係者の皆さまに感謝しています。今回シーズン途中の移籍ということで、非常に難しい判断ではありましたが、名古屋グランパスの熱意に押され決断致しました。風間監督が目指しているサッカーに1日も早く順応できるよう頑張りたいと思います。また、チームの現状を変えられるように、自分の100%の力を出して戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「この度、名古屋グランパスに移籍することになりました。シーズン途中にチームを離れることを大変申し訳なく思っています。また優勝できる可能性のある中での、移籍は大変難しい決断でした。この半年間を振り返ると、チームが好調を維持している中で、僕自身このままでいいのか、不安や迷いなどの想いが強くありました。たくさん悩み、考え抜いた中で、新しい環境でチャレンジし、一選手としてもっと成長したいと思い移籍を決めました」 「東京でプロ生活をスタートして、東京のアカデミーを含めた9年半、東京の選手としてプレーできた誇り、味の素スタジアムでプレーできた喜び、数え切れないほどの、たくさんの経験をさせてもらいました。今の自分があるのも、これまで僕に関わっていただいた監督、スタッフ、選手、関係者のみなさんのおかげだと思っています」 「チームが良い時も悪い時も、味の素スタジアムでは勿論、遠いアウェイの地でも、熱い応援で後押し・勇気をくれたファン・サポーターのみなさまには感謝の言葉しかありません。FC東京の丸山祐市ではなくなりますが、成長した姿を魅せられるように頑張ります。9年半、ありがとうございました」 2018.07.04 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京のFW前田遼一が負傷、全治4週間

▽FC東京は29日、FW前田遼一の負傷離脱を発表した。 ▽前田は、23日のトレーニング中に負傷。左腹斜筋筋損傷、肋軟骨損傷で全治4週間の見込みだ。 ▽36歳の前田はここまで明治安田生命J1リーグ13試合に出場。7月11日に行われる次戦、天皇杯3回戦のアルビレックス新潟と対戦する。 2018.06.29 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京選手会長のDF吉本一謙、期限付きで福岡へ! 「今の自分にはチャレンジすることが必要」

▽アビスパ福岡は22日、FC東京に所属するDF吉本一謙(30)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月31日まで。背番号は「29」に決定した。同契約中、FC東京との全公式戦に出場することはできない。 ▽FC東京生え抜きの吉本は2007年にトップチーム昇格。その後、FC岐阜と水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、2013年からFC東京に復帰した。だが、長谷川健太監督就任の今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで出番なし。Jリーグカップ戦5試合の出場にとどまった。 ▽選手会長という役割を担いながらシーズン途中で出場機会を求めて福岡に活躍の場を求めることになった吉本。両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「FC東京から期限付き移籍加入した吉本一謙です。今まで自分が経験してきたことの全てをアビスパ福岡のためにささげ、アビスパ福岡、ファン・サポーター、福岡の街を愛し、みなさんに愛される選手になれるよう体を張って熱く戦います。応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「今年は試合に出てプレーで貢献することがなかなか出来ず、こうして選手会長というチームをまとめる立場でシーズン途中に移籍することについて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。東京のアカデミーに12歳で入ってから、背番号4番でキャプテンマークを巻いてシャーレを掲げることが夢だった自分は、東京で優勝したい気持ちが強くありました。こうして優勝を狙える順位の中で移籍することを本当に悩みましたが、今の自分にはチャレンジすることが必要だと思い、決断しました」 「東京に在籍したこの期間、誰よりも東京を、そしてグランドがある地元・小平を愛していた自信があります。今回、期限付き移籍しますが、東京が、サッカー選手としてはもちろん一人の人間として僕を育ててくれたクラブであることは永遠に変わりません。そんな人生の半分以上を共に歩んできた愛する東京がリーグ優勝することを心から願っています。ファン・サポーターのみなさま、関係者のみなさま、怪我をして苦しい時や本当につらい時も支えていただき、ありがとうございました」 2018.06.22 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月6日は、日本代表に期待を抱かせた“怪物ストライカー”のバースデー!

◆平山相太 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1985/6/6 現役時代ポジション:FW クラブ:ヘラクレス、FC東京、ベガルタ仙台 身長:190㎝ 体重:85kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月6日は、元日本代表FW平山相太氏だ。 ▽“怪物ストライカー”と称され、恵まれた身長と優れた得点能力が眩いスポットライトを浴びたのは、国見高校時代のことだ。全国高校サッカー選手権で2大会連続の得点王に輝き、3年間で計17得点を奪った。高校卒業後は、Jリーグだけでなく欧州クラブからもオファーが届いたと囁かれているが、筑波大学に進学する道を選ぶ。その後、2005年夏にエールディビジのヘラクレスと契約を結んだ平山氏は、デビューの場となった試合で途中出場し、わずか2分で得点を記録。さらに終盤にもセットプレーから得点を奪い、チームの逆転勝利の立役者となった。 ▽そのシーズン、8ゴールでチーム内得点王に輝き、2006年冬にはFIFA選出の「ベスト・ヤング・プレーヤー・オブ・ワールドカップ2006」にノミネートされる。しかし、2006-07シーズンに監督交代に伴い出場機会を減少させるとホームシックを理由として帰国。FC東京に入団した。 ▽FC東京で徐々にポストプレーヤーとしての技術を磨いた平山氏は、2010年に日本代表デビュー。アジアカップ最終予選イエメン戦に途中出場し、日本代表史上2人目となるデビュー戦ハットトリックを決めた。 ▽2017年、FC東京からベガルタ仙台に移籍した平山氏は、早々に長期の療養が必要なケガを負うことに。丸1年を棒に振ると、2018シーズンが始まるタイミングで「度重なるケガ」を理由に引退を発表した。 ※誕生日が同じ主な著名人 アンソニー・イエボア(元サッカー選手) ミカエル・クローン=デリ(サッカー選手/デポルティボ) カッシオ(サッカー選手/コリンチャンス) ユリアン・グリーン(サッカー選手/グロイター・フュルト) ティーラシン(サッカー選手/サンフレッチェ広島) ヘイス(サッカー選手/北海道コンサドーレ札幌) 駒井善成(サッカー選手/北海道コンサドーレ札幌) 野津田岳人(サッカー選手/ベガルタ仙台) 葛西紀明(スキージャンプ選手) 斎藤佑樹(野球選手) ピエール・コルネイユ(劇作家) 本因坊秀策(囲碁棋士) フェルディナント・ブラウン(物理学者) デイヴィッド・スコット(宇宙飛行士) 中尾ミエ(歌手) スティーヴ・ヴァイ(ギタリスト) 菊地英二(ドラム/THE YELLOW MONKEY) アヒト・イナザワ(ドラマー/NUMBER GIRLなど) ヤノマサシ(ドラマー/POLYSICS) 豊本明長(お笑い芸人/東京03) 2018.06.06 07:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース