リーグ・アン制覇も退任濃厚のエメリ監督「私の去就に関わらず…」2018.04.16 17:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるウナイ・エメリ監督は、自身の去就に関わらずクラブの計画を信じていることを明かした。イギリス『Four Four Two』が伝えている。▽2位・モナコとの勝ち点差14をつけて首位に立っていたエメリ率いるPSG(勝ち点84)は、15日のリーグアン第33節でモナコ(勝ち点70)と直接激突した。PSGは勝てば2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まる一戦で、攻撃陣が爆発。ロ・セルソとディ・マリアの2ゴールを含む計7発でモナコを圧倒して、リーグ優勝を成し遂げた。

▽2016年6月にPSGの指揮官に就任して初のリーグ・アン制覇となったエメリ監督だが、チャンピオンズリーグでは2年連続でベスト16で敗退していることで、今季限りでの契約満了が濃厚となっている。

▽それでもエメリ監督は、自身の去就に関わらずこのクラブの発展を祈っていることを主張している。

「ヨーロッパで成長するためには、まずリーグ・アンで優勝しなくてはならない」

「フランスではこれまでサンテチェンヌが10回、マルセイユが9回、モナコとナントが8回このリーグを制覇している。そして今日、我々は7回目の優勝を成し遂げた。20年前、PSGがリーグアンで優勝するということはとてつもなく大きなことであった」

「このクラブはより大きく発展するためのアイディアを持っている素晴らしいクラブだ。私個人としてもそれに関わることができてとても幸せだよ」

「フランスで最強のままでいなくてはいけない。そして、国外で成長し続けなくてはいけない」

「私の去就に関わらず、このチームのプロジェクトと成長を信じている」

コメント
関連ニュース
thumb

チアゴ・シウバ、ラビオに寄り添う 「彼は彼の決断を…」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバがフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の決断に理解を示した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 今シーズン限りでPSGとの契約が失効するラビオ。クラブから届いた延長オファーを断り、移籍を志願していることがスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアンテロ・エンリケ氏の逆鱗に触れ、リザーブチーム降格が明らかになった。 そのラビオを巡っては現在、リバプールやトッテナム、アーセナルのイングランド勢が関心を寄せているとみられるが、有力な移籍先としてバルセロナの名前が取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっているところだ。 チアゴ・シウバは9-0の爆勝劇を演じたリーグ・アン第21節のギャンガン戦後、フランス『Telefoot』で渦中のラビオについて問われると、次のように応えたという。 「彼の決断は間違い? 僕はそう思わない」 「彼はクラブの考えより彼自身の決断を選択した」 「彼は良い青年だよ。でも、彼は自分の決断を選んだ。僕らもそれに従わないとね」 「そうとなった今、僕らはラビオなしの中盤と共にプレーしていかないといけない」 2019.01.21 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール、ペレのダイブ批判についに返答「リスペクトするが納得はしない」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールは、ペレからの批判を気に留めていないようだ。フランス『Canal』が伝えた。<br><br>ネイマールはロシア・ワールドカップでのダイブが話題となり、世界中から批判を集めた。ペレも自国のスターについて「過剰演技」として非難。しかし、ネイマールは「ペレの批判は面白いね」と気にする様子を見せない。<br><br>「勝てないとすぐに批判はされるものだ。僕はワールドカップで演技したつもりなんてない。ただファウルを受けていたんだ。今の人々はダイブについてよく話すね。それがネイマールについてであるからだよ。僕はペレの意見をリスペクトするが、納得はしないね」<br><br>また、PSGからの移籍のうわさが絶えないネイマール。あくまでも可能性として何も除外することはなかった。<br><br>「僕が出ていくうわさ? プロになったときからそういったうわさはあるものだ。でも詳細はなにもない。何かあれば話すだろう」<br><br>提供:goal.com 2019.01.21 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニが描く契約満了後の未来図 新たに母国復帰も選択肢に

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(31)がフランス『RMC Sport』で将来に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 カバーニは2013年夏にナポリからPSGに加わり、2016-17シーズンから2年連続でリーグ・アン得点王を受賞。今シーズンもリーグ・アンで14得点を挙げ、得点ランキングで同僚のフランス代表FWキリアン・ムバッペに次ぐ2位につけている。 ただ、そのカバーニの契約は残り18カ月。ナポリ復帰説も飛び出す中、先日に現行契約満了後の現役引退に含みを持たせた。そして、19日に行われたリーグ・アン第21節のギャンガン戦後にも次のように語り、母国復帰の可能性を新たに提示した。 「すごく落ち着いているよ。でも、物事は変化するものさ。何度も話してきたように、僕だけの決断で決められないことなんだ」 「僕とPSGの契約は2020年まで。その契約を全うしたいと思っている。その後に何が起こるかなんてわからない」 「移籍市場について話をすることはできるけど、僕は契約が残っている。そして、その契約を尊重するつもりだ」 「契約満了後の帰国もわからない。でも、それも考えていることは確かさ。僕はもうすぐ32歳。故郷に帰って考えてみるよ」 2019.01.21 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、将来を濁す 「フットボール界で何が起こるかなんて…」

パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)が将来を濁した。スペイン『マルカ』が報じた。 ムバッペは19日にホームで行われたリーグ・アン第21節のギャンガン戦にフル出場。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと共にハットトリックを成し遂げ、9-0の爆勝劇を演じた。 着実にスターダムを駆け上がるムバッペは試合後、長らくレアル・マドリー行きが取り巻く将来について問われると、次のように言及。否定せず、あらゆる可能性に含みを残した。 「すごく良い気分だよ。でも、フットボール界で何が起こるかなんてわからない」 「他のことを考えるタイミングじゃない。まだ2021年まで契約があるのだからね」 2019.01.20 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティ重傷か トゥヘルの見解は…

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの重傷を懸念した。フランス『Canal+』が報じた。 PSGは19日にホームで行われたリーグ・アン第21節でギャンガンと対戦。フランス代表FWキリアン・ムバッペとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの“ダブルハット”達成もあり、9-0で爆勝した。だが、この試合に先発したヴェッラッティは19分に左足首を痛めてピッチを去り、そのまま病院に直行。トゥヘル監督は試合後、ヴェッラッティについて次のように語った。 「良いニュースはない。深刻だと思う。起こり得る最悪の出来事だ。悲しさと嬉しさがある。良いスピリットとクオリティを示して、9-0で勝利したのだからね。だが、マルコ・ヴェッラッティに関しては残念だ。数週間ほど離脱する可能性がある」 PSGは現在、移籍志願のフランス代表MFアドリアン・ラビオがリザーブチームに降格したこともあり、ボランチの陣容が手薄な状況。ヴェッラッティは2月12日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦に間に合うのだろうか。 2019.01.20 08:45 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース