PFA年間最優秀選手賞の候補者6名発表…プレミア制覇のシティから最多3名2018.04.16 10:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドプロサッカー選手協会(PFA)は、2017-18シーズンのプレミアリーグ年間最優秀選手賞の候補者6名を発表した。▽PFA加盟のプレミアリーグや下部リーグでプレーする選手を対象にした最も輝いた1名を選出する同賞。今シーズンは、プレミアリーグ制覇のマンチェスター・シティから最多の3名が選出された。

▽また、若手対象のU-23PFA年間最優秀選手候補(シーズン開幕時、23歳以下)においても、優勝のシティから最多3名が選ばれるなど6名がノミネート。受賞者の発表は4月22日に予定されている。

◆PFA年間最優秀選手賞候補者
GKダビド・デヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
MFダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)
MFリロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)
FWモハメド・サラー(リバプール)
FWハリー・ケイン(トッテナム)

◆U-23PFA年間年間最優秀選手賞候補者
GKエデルソン(マンチェスター・シティ)
DFライアン・セセニョン(フルハム)
FWハリー・ケイン(トッテナム)
FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
FWリロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)
FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
コメント
関連ニュース
thumb

サウールがシティ移籍に近づく! 今夏100億円で加入か

マンチェスター・シティがアトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(24)の獲得に迫っているようだ。『ESPN』が伝えている。 今夏の移籍市場でブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜獲得を最優先事項としているシティ。昨夏、今冬にはイタリア代表MFジョルジーニョやブラジル代表MFフレッジ、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得に相次ぎ失敗しており、これ以上の補強失敗は許されないところだ。 そして、シティが今夏に獲得を目指しているのが、強靭なフィジカル、テクニック、戦術眼を併せ持つリーガ屈指の万能型MFのサウールだ。 2017年7月に異例の9年契約をアトレティコと結んだサウールだが、ここ2シーズンでクラブが期待外れのシーズンを送っていることもあり、今夏ワンダ・メトロポリターノを離れることを考慮しているという。 また、アトレティコもチーム内のサラリー高騰や旧スタジアム跡地の売却の遅れの影響によって深刻な財政難に陥っており、主力放出に踏み切る情勢だ。 そのサウールに関しては中盤の世代交代を目指すバルセロナが強い関心を示しているが、『ESPN』はシティ移籍の可能性が濃厚だと主張している。 なお、アトレティコはサウールの移籍金として1億2000万ユーロ(約151億円)を求めていると言われているが、最終的には8000万ユーロ(約101億円)程度で獲得が可能だという。 2019.03.21 02:02 Thu
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ監督、過密日程の後半戦に向けて「選手全員が必要になる」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、シーズン後半に向けて「選手全員が必要になる」と口にした。<br><br>マンチェスター・Cはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でシャルケを下し、準々決勝に進出。さらにFAカップの準々決勝ではスウォンジー・シティに勝利し、準決勝進出を決めた。プレミアリーグにおいても、1試合消化が少ない状態で首位リバプールに2ポイント差の2位につけており、シーズン終盤は過密日程の中、厳しい戦いに臨むこととなった。<br><br>ペップはこの後半戦に向けて、全員の力が必要と強調した。<br><br>「いつも我々は厳しくトレーニングして、できる限り上手く何度もプレーすることを求めている。それが選手全員がプレーする唯一の方法なんだ。我々がここまで来れたのは、たった11、12、13人のおかげではなく、全員のおかげということを忘れてはならない」<br><br>「全員がチームに貢献してくれて、それが大きな力になった。4月の日程は、かなり厳しい。だから選手全員が必要になるんだ」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップで物議のVARにモイーズが物申す! 英国の“EU離脱”と比較し持論を展開

マンチェスター・ユナイテッドやエバートンを指揮したデイビッド・モイーズ氏が、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に関しての持論を展開した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 欧州の各リーグやFIFAが主催する大会で近年導入が進んでいるVARだが、プレミアリーグではまだ導入されておらず、2019-20シーズンからの導入が決定。今シーズンはFAカップで導入されている。 16日に行われたFAカップ準々決勝では、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドではVARが導入されていたものの、スウォンジーvsマンチェスター・シティの一戦ではスタジアムに設備がなく導入されていなかった。 さらに、逆転につながったシティの2ゴールは疑惑の判定とされ、VARが導入されていれば認められていないものであったとの見解が強い状況。ジョゼップ・グアルディオラ監督も謝罪するなど、VARに関しての問題がここにきて出ている状況だ。 この件を踏まえ、モイーズ氏はVARについてコメント。イギリスで大きな話題となっている、“EU離脱”を持ち出して語った。 「イギリスの全員がVARに対して完全に納得するとは思わない。決断を下すのに時間がかかりすぎると感じる。そして、それがいつ起こるのか、我々はハッキリとわかっているとは思わない」 「間違いを見たときは、それは非常に簡単なことだと思う。『VARを取り入れて、決定を下しましょう』というのは簡単だ」 「しかし、VARでは、正しいとは思えない多くの決定が出ていると思う。現時点では、Brexit(ブレグジット=イギリスのEU離脱)と同じぐらい悪いものだろう」 2019.03.18 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ準決勝の対戦カード決定! シーズン4冠目指すマン・シティの相手は?

FAカップ準決勝の組み合わせ抽選が17日に行われ、シーズン4冠を目指すマンチェスター・シティの対戦相手がブライトン&ホーヴ・アルビオンに決定した。 今週末に行われた準々決勝では優勝候補筆頭のシティがチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーと対戦。格下相手に2点を先行される厳しい展開を強いられるも、微妙な2つの判定にも助けられて3-2の逆転勝利を飾った。 対するブライトンはシティと同様にチャンピオンシップのミルウォールと対戦。こちらも格下相手に2点を先行されたが、88分と後半アディショナルタイムの連続ゴールで追いつき延長戦に持ち込むと、最終的にPK戦を5-4で制して逆転突破を決めている。 また、もう1つの準決勝のカードは絶好調のマンチェスター・ユナイテッドを破る番狂わせを起こしたウォルバーハンプトンと、クリスタル・パレスとの接戦をモノにしたワトフォードに決定。 なお、準決勝の2試合は4月6日と7日にいずれもウェンブリー・スタジアムで行われる予定だ。 ◆FAカップ準決勝 ▽4/6.7 マンチェスター・シティ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン ワトフォード vs ウォルバーハンプトン 2019.03.18 02:51 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ格下相手に危機一髪…! 2点ビハインドから途中出場アグエロの3ゴールに絡む活躍で逆転突破《FAカップ》

マンチェスター・シティは16日、FAカップ準々決勝でスウォンジー・シティと対戦し、3-2で勝利した。 大会では対戦相手に恵まれ続けているシティは5回戦ではリーグ2(イングランド4部)のニューポート・カウンティを4-1で下し準々決勝進出。その試合も含めて現在公式戦10連勝中。直近のチャンピオンズリーグではシャルケに7-0で圧勝しベスト8へ駒を進めた。 シティのスタメンにはデルフが左サイドバックでおよそ2カ月ぶりの出場に。前線の3枚はマフレズ、ジェズス、ザネが起用された。 試合は大方の予想通り、シティが主導権を握る展開に。いとも簡単にスワンズのバイタルエリアに攻め入るシティは13分、ザネの左からのクロスをベルナルド・シウバがダイレクトシュート。丁寧に合わせたシュートはGKノードフェルトがファインセーブで凌いだ。 試合が動いたのは20分。動かしたのはホームのスワンズだった。右サイドへの展開から、C・ロバーツがデルフの背後を取ってボックスに侵入。簡単に裏を取られてしまったデルフはたまらずスライディングタックルで対応したが、C・ロバーツの足に掛かってPKを献上。これをグライムスが決めて、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のスワンズがプレミア王者から先制する意外な試合展開となった。 だが、サプライズはここで終わらない。20分、スワンズはGKから丁寧にボールを繋ぐ攻撃を展開。左サイドでパスを受けたダニエル・ジェームズはドリブルで中央に侵攻し、ボックス手前のN・ダイアーへ。ダイアーはダイレクトでボックス左に走り込むセリナにスルーパスを送ると、セリナは右足ダイレクトでゴール右に見事なコントロールシュートを突き刺し、リードを2点に広げた。 逆転を目指すシティは後半頭からトップギアでスワンズゴールに迫る。ザネ、ベルナルド・シウバ、ギュンドアンらが立て続けにシュートを見舞うが、スワンズは身体を張った守りで失点を紙一重で防ぐ。 そんな中57分にシティはデルフとザネを下げてジンチェンコとスターリングを投入。さらに64分にはマフレズに代わりアグエロがピッチに送られ、これで3枚の交代カードを切った。 するとアグエロが絡んでゴールが生まれる。69分、右からのクロスをシュートに繋げたアグエロは、こぼれ球をもう一度拾って左のベルナルド・シウバへ展開。ボックス左からダイレクトで放たれたベルナルド・シウバのシュートは、右のサイドネットに突き刺さった。 グアルディオラ監督の采配はさらなる好影響をもたらす。78分、ボックス右でドリブルで縦に仕掛けたスターリングがカーター=ヴィッカーズに倒されPKを獲得。キッカーを務めたアグエロのシュートは左ポストを弾いたが、ボールはGKノードフェルトの背中に当たってオウンゴールに。これでシティが同点に追いついた。 流れが傾いてきたシティ。83分にはカウンターからジェズスがヘディングシュート。GKノードフェルトがはじき出すと、さらにアグエロが畳み掛けるが、再びノードフェルトが身体を放り出しビッグセーブ。 このまま引き分けると再試合となるが、シティはそれを許さなかった。試合終了間際の89分、左サイドのベルナルド・シウバのクロスをアグエロがダイビングヘッドで合わせて逆転の3点目。2点ビハインドの逆境を引っくり返したシティが4分のアディショナルタイムも乗り切り、準決勝に進出した。 2019.03.17 04:22 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース