PFA年間最優秀選手賞の候補者6名発表…プレミア制覇のシティから最多3名2018.04.16 10:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドプロサッカー選手協会(PFA)は、2017-18シーズンのプレミアリーグ年間最優秀選手賞の候補者6名を発表した。▽PFA加盟のプレミアリーグや下部リーグでプレーする選手を対象にした最も輝いた1名を選出する同賞。今シーズンは、プレミアリーグ制覇のマンチェスター・シティから最多の3名が選出された。

▽また、若手対象のU-23PFA年間最優秀選手候補(シーズン開幕時、23歳以下)においても、優勝のシティから最多3名が選ばれるなど6名がノミネート。受賞者の発表は4月22日に予定されている。

◆PFA年間最優秀選手賞候補者
GKダビド・デヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
MFダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)
MFリロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)
FWモハメド・サラー(リバプール)
FWハリー・ケイン(トッテナム)

◆U-23PFA年間年間最優秀選手賞候補者
GKエデルソン(マンチェスター・シティ)
DFライアン・セセニョン(フルハム)
FWハリー・ケイン(トッテナム)
FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
FWリロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)
FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
コメント
関連ニュース
thumb

ウエスカ、シティからベネズエラ代表MFエレーラをレンタル! 昨年11月の日本代表戦にも出場

ウエスカは16日、マンチェスター・シティからベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 10代半ばからベネズエラ国内で将来を嘱望される逸材の1人と評されたエレーラは2017年2月にシティに完全移籍で加入。その後、すぐさまシティの姉妹クラブのニューヨーク・シティFCに武者修行に出されて2シーズンで公式戦38試合に出場していた。 また、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017でベネズエラ代表の3位入賞にキャプテンとして大きく貢献した逸材セントラルMFはフル代表でもここまで9試合に出場し1ゴールを記録。昨年11月に行われた国際親善試合の日本代表戦でもプレーしていた。 2019.01.17 00:07 Thu
twitterfacebook
thumb

バランス悪すぎない!? ヤヤ・トゥーレ選出のベストイレブンにファンも困惑

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が選んだベストイレブンのバランスが悪すぎると話題になっている。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 バルセロナやマンチェスター・シティで世界最高峰のミッドフィルダーとして名を馳せたヤヤ・トゥーレ。昨シーズン限りでマンチェスター・シティを退団し、昨年9月からは古巣オリンピアコスに復帰していたが、同年12月11日にオリンピアコスが契約解除を発表。現在は新天地を模索している状況だ。 そのヤヤ・トゥーレは、14日に『Monday Night Football』に出演。番組内では、同選手が共にプレーしたことがある選手の中で選んだベストイレブンが紹介されたのだが、「ストライカーが多すぎる」「今まで見てきたこういうベストイレブンで最悪だ」「ヤヤは大好きだが、監督はやらないほうが良い…」「監督をやってくれ。俺はシーズンチケットを買うぞ」「5歳の子どもが選んだようなチームだ」と多くのファンが困惑する結果に。一体、どんなベストイレブンなんだろうか…。 ◆ヤヤ・トゥーレ選出ベストイレブン GK エデルソン DF ヴァンサン・コンパニ ラファエル・マルケス カルレス・プジョール MF アンドレス・イニエスタ レロイ・ザネ セルヒオ・アグエロ リオネル・メッシ ティエリ・アンリ FW サミュエル・エトー ディディエ・ドログバ 2019.01.16 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「フェルナンジーニョの完璧な後継者になる可能性」…海外メディアがシティ経由蘭行きの板倉滉に注目

『FOXスポーツ』がU-22日本代表DF板倉滉(21)の才能を高く評価している。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。 仙台でクラブ初の天皇杯決勝進出、U-21日本代表ではAFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される板倉は、15日にマンチェスター・シティへの完全移籍が決定。同日にはフローニンヘンへのレンタル移籍が発表された。 『FOXスポーツ』は、板倉を「センターバックもそつなくこなす守備的ミッドフィルダー」と紹介。現在シティが長きに渡ってブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の後釜探しに苦戦していることを指摘し、板倉がオランダで成功を収めることができれば、フェルナンジーニョの「完璧な後継者になるかもしれない」とポテンシャルを高く評価している。 フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は最近、板倉を「中盤で起用することを考えている」とコメント。シティ復帰は厳しい道のりだが、東京五輪での成功や日本代表を目指す板倉にとって大きな挑戦になりそうだ。 2019.01.16 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

板倉滉の電撃的なシティ経由蘭行き、実現の背景とは…

フローニンヘン上層部がU-22日本代表DF板倉滉(21)のマンチェスター・シティを経由した加入の舞台裏を明かした。オランダ『RTV Noord』が報じた。 川崎フロンターレの育成機関で育った板倉は2015年にトップチーム昇格。昨年、ベガルタ仙台にレンタル移籍した。そして、プレミアリーグ王者のシティが14日、完全移籍で獲得。その後、2020年夏までフローニンヘンにレンタル移籍することが決まった。 フローニンヘンのマネージング・ディレクターを務めるハンス・ナイラント氏は、電撃的な板倉加入の背景について次のようにコメント。やはりイングランドでプレーするのに必要な労働許可書の問題が要因だったという。 「(移籍の背景? )あるとき、マンチェスター・シティ側からアプローチを受けた。彼をここでプレーさせられるかどうかの問い合わせでね。理由は堂安(律)の存在だろう。シティも彼をどこかに行かせる必要があった。労働許可書がないからね」 また、フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は、板倉の起用プランについて言及。守備的MFとしての立ち回りを推測した。 「(板倉について?) 彼は仙台でセンターバックを主戦場にプレーしてきたが、我々は中盤センターの選手として考えている。彼は上背があるが、より多くのボールに絡むことを好む守備的MFだ。彼自身も中盤の選手だと思っている」 フローニンヘンは現在、板倉と各世代別代表でも同僚だった日本代表MF堂安律が在籍。今シーズンはエールディビジ前半戦終了時点で4勝3分け10敗の15位に低迷している。 2019.01.15 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「またいつの日か等々力で」川崎F、DF板倉滉のシティ移籍を正式発表! 今季はフローニンヘンでプレー

川崎フロンターレは15日、DF板倉滉(21)がマンチェスター・シティに完全移籍することを発表した。 また、14日にフローニンヘンが同選手のレンタルでの獲得を発表。イギリスの労働許可証取得の条件をクリアできないことからフローニンヘンに武者修行に出ることが決定している。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 シティへの完全移籍が決定した板倉は、川崎Fの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、プレミアリーグのマンチェスター・シティFC(Manchester City Football Club)に完全移籍することになりました」 「今回の移籍に際して、快く送り出していただきました川崎フロンターレの関係者の皆様に感謝いたします。人生の半分以上をフロンターレで過ごし、サッカーはもちろん、人としてもたくさんのことを学ぶことが出来ました!僕に関わってくれた方々、応援してくれた方々には本当に感謝しています!フロンターレでの出会い、経験は僕の宝物です。なかなか等々力で活躍した姿を見せることが出来ず悔しい思いもありますが、さらに成長して、またいつの日か等々力でプレー出来れば幸せです! 本当にフロンターレが大好きです!」 「昨年プレーさせていただいたベガルタ仙台では、プロになり初めてコンスタントに試合に出場することができ、たくさんの熱い声援をいただくなかプロサッカー選手としてもっともっと成長したい!という気持ちがより一層高まりました。仙台での1年間は最高の経験でした、忘れません!」 「初めての海外でのプレーなので、色々あると思います。厳しい環境に身を置いて、がむしゃらに突き進んで行きたいと思っていますので引き続き応援よろしくお願いいたします」 2019.01.15 09:15 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース