長友佑都が10試合連続先発! ガラタサライ首位返り咲き《トルコ・スーパーリーグ》2018.04.16 10:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライは15日、トルコ・スーパーリーグ第29節でイスタンブール・バシャクシェヒルをホームに迎え、2-0で勝利した。長友は10試合連続のフル出場を果たしている。

▽1ポイント差でひしめく2位ガラタサライと首位イスタンブール・バシャクシェヒルとの直接対決は、ゴールレスで迎えた後半に動く。

▽60分に味方とのワンツーで右サイドを突破したマリアーノがゴールを決め、ガラタサライが先制する。

▽続く終了間際の90分には、かつてアーセナルなどでプレーしたアデバヨールのオウンゴールで追加点を手にした。

▽イスタンブール・バシャクシェヒルを下したガラタサライは、2試合ぶりの白星。首位返り咲きを果たしている。

ガラタサライ 2-0 イスタンブール・バシャクシェヒル
【ガラタサライ】
マリアーノ(後15)
OG(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

CLに心躍らせた長友佑都「サッカー選手にとって夢の舞台。本当に幸せ」

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、久々のチャンピオンズリーグ(CL)で胸を躍らせていたようだ。<br><br>ガラタサライは18日、CLグループステージ第1節でロコモティフ・モスクワと対戦。長友はフル出場を果たし、3-0の完勝に大きく貢献した。長友は「久しぶりのチャンピオンズリーグで気合いも入っていました」と特別なモチベーションがあったことを明かしている。<br><br>「CLのアンセムは鳥肌が立ちました。6年ぶりぐらいだったので、最高の雰囲気のスタジアムで最高の戦いができたと思います。この雰囲気は世界でもなかなか味わえない。この10年間プロとしてやってきていますけど、この雰囲気はどこのクラブ、どこの会場に行ってもない、素晴らしい雰囲気だと思います」<br><br>「大きな誇りを持って戦えるし、サッカー選手にとって夢の舞台で、こういう舞台に立って仕事ができるのは本当に幸せです。もちろん得点も狙っていったし、アシストもしたかったけど、チームが3-0で勝ったというのは最高のスタートが切れたと思います」<br><br>なお、ガラタサライは次節、アウェーでポルトと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 02:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「6年ぶりのアンセムは鳥肌」長友佑都、2012年以来のCL帰還に興奮

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、CLの舞台に帰還したことに興奮している。 ▽ガラタサライは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節でロコモティフ・モスクワと対戦。2012年3月以来にCLのピッチに立った長友はフル出場でチームの3-0の勝利に貢献した。 ▽試合後、長友佑都は自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。6年ぶりのアンセムに鳥肌が立ったことを明かした。 「CL初戦、3-0の勝利で最高のスタート。6年ぶりのアンセムは鳥肌たった。この場所で仕事ができることに大きな幸せを感じる」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のガラタサライがホームで3発完勝スタート! シャルケvsポルトはドロー決着…《CL》

▽日本代表DF長友佑都の所属するガラタサライは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節でロコモティフ・モスクワと対戦し、3-0で勝利した。長友はフル出場を果たしている。 ▽3大会ぶりのCL出場となるトルコ王者のガラタサライは、3トップにアクババ、デルディヨク、ガリー・ロドリゲスを並べた[4-3-3]の布陣を採用。長友は左サイドバックで先発に名を連ねている。 ▽一方、14大会ぶりの出場となるロシア王者のロコモティフ・モスクワは、ファルファンを最前線に置いた[5-4-1]の布陣で試合に臨んだ。 ▽試合は早い時間にホームチームが動かす。9分、バイタルエリア左でボールを受けたG・ロドリゲスがカットインから右足を振り抜くと、グラウンダーの強烈なシュートが相手GKの手を弾き飛ばしゴールネットに突き刺さった。 ▽先制を許したロコモティフの反撃は21分、ボックス左から侵入したマヌエル・フェルナンデスの縦パスに反応したアレクセイ・ミランチュクの折り返しをファルファンがダイビングヘッドで狙ったが、これはGKムスレラがセーブ。 ▽さらに29分には、左CKのこぼれ球をデニソフが繋ぎクビルクベリアがダイレクトシュート。しかし、これはゴール前のフェルナンドが頭でクリアした。 ▽迎えた後半は一進一退の展開が続いたが、再びホームチームがスコアを動かす。66分、ボックス左手前でアクババがM・フェルナンデスに倒されFKを獲得。このFKをデルディヨクが直接ゴール左隅に突き刺し、待望の追加点を奪った。 ▽リードを広げたガラタサライは、87分にエンディアイエがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場。数的不利になるも攻め続けるガラタサライは、後半アディショナルタイム4分にボックス内でアクババがGKギリョルメに倒され、PKを獲得。これを途中出場のイナンが確実に沈め、勝負あり。ガラタサライが3大会ぶりのCL初戦を完勝で飾った。 ▽また、同日に行われたグループD第1節のシャルケvsポルトは、1-1の引き分けに終わった。この試合、先にチャンスを迎えたのはポルトだった。12分、アレックス・テレスのロングスローがナウドのハンドを誘発しPKを獲得。しかし、A・テレスのPKは読み勝ったGKフェールマンがファインセーブ。 ▽ゴールレスで迎えた後半、シャルケが自陣からのロングカウンターでスコアを動かす。64分、セルダーのロングパスに抜け出したマッキーニーがボックス右手前からクロスを供給。これを逆サイドでフリーのエンボロが冷静に飛び出したGKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したポルトだが74分、ボックス内でボールを受けたマレガがナウドに倒され、この試合2度目のPKを獲得。このPKはオタビオがゴール右隅に沈めた。 ▽その後も両チーム最後までゴールを目指したが、スコアは動かず、試合は0-0で終了した。痛恨のPKで勝利を逃したシャルケは10月3日のグループD第2節でロコモティフとのアウェイ戦に臨み、ポルトはガラタサライをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループD展望】地味な組み合わせで長友ガラタサライにチャンス

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループDでは今大会最も地味な組が生まれてしまった。ポット1最弱のロコモティフ・モスクワのグループにビッグクラブが入らず、まるでELを思わせるかのような組み合わせとなった。予想は非常に困難だが、CL常連のポルトを首位通過、2位にDF長友佑都のガラタサライとしてみた。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:ポルト ○対抗:ガラタサライ △連下:シャルケ ☆大穴:ロコモティフ・モスクワ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆3年連続ベスト16入りのチャンス~ポルト~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_40_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年連続CLベスト16に進出し、5季ぶりにポルトガル王者に返り咲いたポルトを首位通過の本命とした。8季連続本戦出場の常連は、このグループにおいては最も経験値の高いクラブだ。主力ではDFダロットとDFリカルド・ペレイラが抜けたものの、GKカシージャスやFWアブバカル、MFエクトル・エレーラにMFダニーロといった主軸が残留しており、昨季の戦力を維持できている。堅実な戦いを志向する2季目のセルジオ・コンセイソン監督の下、3年連続でのグループステージ突破を目指す。 <span style="font-weight:700;">◆長友が高みに導く~ガラタサライ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季後半、長友の加入によって上昇気流に乗り、3季ぶりにトルコ王者に返り咲いたガラタサライを2位通過と予想した。ロシア・ワールドカップでも活躍した長友を完全移籍で獲得したチームは、名将テリム監督の下、元マンチェスター・シティのMFフェルナンドや元ポルトのDFマイコン、元セビージャのDFマリアーノとブラジル人プレーヤーが長友と共に守備を締める。大崩れしなければ突出したクラブのいないグループだけに、抜け出すのは十分可能だ。 <span style="font-weight:700;">◆青年指揮官が初のCL参戦~シャルケ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_42_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽33歳の青年指揮官であるテデスコ監督に率いられた昨季、ブンデスリーガで2位と躍進し、4季ぶりにCL出場を果たしたシャルケ。望外な結果を手にした中、主力ではMFマックス・マイヤー、MFゴレツカ、DFケフラーと若手有望株がクラブを去った。一方、FWウートやMFルディ、DFサリフ・サネといったブンデスリーガで実績のある面々を補強。ただ、選手層は厚いとは言えず、3試合を消化したブンデスリーガでは3連敗と、早くも青年指揮官の手腕が問われることになる。 <span style="font-weight:700;">◆ロシア王者の意地を見せられるか~ロコモティフ・モスクワ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_43_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽最下位予想としてしまったが、実力伯仲のグループなだけに14年ぶりにロシア王者に輝いたロコモティフ・モスクワも突破の可能性はあるだろう。ロシア代表FWスロロフを軸としたチームは、ペルー代表MFファルファン、クロアチア代表DFチョルルカと各ポジションに実力者を擁している。さらに今夏、元ドイツ代表DFヘヴェデスとポーランド代表MFクリホヴィアクを獲得し、戦力はアップ。ガラタサライ、シャルケであれば、十分に出し抜けそうだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月12日は、日本最高の左サイドバック!平愛梨をアモーレに持つスーパーサイヤ人

◆長友佑都 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1986年9月12日 クラブ:ガラタサライ ポジション:DF 身長:170㎝ 体重:68㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月12日は、日本代表DF長友佑都だ。 ▽愛媛県で生を受けた長友。今でこそインテルやガラタサライで成功を収めた、歴史を見ても日本代表屈指の左サイドバックだが、実は遅咲きのサッカー選手だったようだ。 ▽高校時代には親元を離れ強豪東福岡高校に進学するものの、目立った成績を収められず、大学からのオファーはなし。仕方なく指定校推薦で明治大学に進学しサッカー部に入団した。しかし、椎間板ヘルニアが発症し試合に出られない日々が続いた。それでも挫けることなくリハビリや、今では長友の代名詞ともなった「体幹」を鍛え上げ、復帰後にレギュラーを奪取。大学選抜やユニバーシアード代表にも選ばれるほどの選手に成長した。 ▽そして2008年、大学卒業を待たずしてFC東京に入団。その後の活躍は言わずもがなで、同年5月に初招集された日本代表として2010年には初めてワールドカップの舞台に立った。大会後、イタリアのチェゼーナからオファーを受け期限付きで移籍。すると2011年1月、チェゼーナへの完全移籍と共に、強豪インテルへのレンタル移籍が決定。2011-12シーズンからは完全移籍でインテル入りし、2013-14シーズンにはキャプテンを任されるまでになった。 ▽さらのその翌シーズンの11月のミラノ・ダービーではミランの本田圭佑と初の日本人対決が実現。日本サッカー界においてメモリアルデーとなった。 ▽現在はトルコのガラタサライでプレー。今年1月にインテルからレンタルしいきなり優勝に貢献。シーズン終了後に完全移籍が発表され、今季2シーズン目を過ごしている。 ▽私生活でも充実ぶりを発揮し、女優やモデル業で活躍する平愛梨と2017年に結婚。今年2月には第一子の誕生も報告された。また、ロシア・ワールドカップの際には、開幕前に金髪に挑戦。本人曰く「スーパーサイヤ人になってチームを救い」とのこと。この効果もあってか、日本代表は下馬評を覆してベスト16進出。日本中から称賛の声が集まった。 ※誕生日が同じ主な著名人 トーマス・ムニエ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) ジャネリ・インビュラ(サッカー選手/ラージョ・バジェカーノ) 岡本夏生(タレント) 丸山茂樹(プロゴルファー) 三船美佳(女優) 水本裕貴(サッカー選手/サンフレッチェ広島) 小手川宏基(サッカー選手/大分トリニータ) 2018.09.12 07:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース