ネイマール、カバーニとの軋轢を認める…「緊張と摩擦があった」2018.04.16 09:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールがシーズン当初に取り沙汰されたウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの軋轢を認めた。スペイン『マルカ』が報じている。

▽昨夏にバルセロナから史上最高額で加入したネイマール。新天地パリでも好パフォーマンスを披露したが、カバーニとのPKキッカーを巡った対立構図も明るみとなり、両者の関係性に多くの注目を集めた。

▽母国メディア『TV Globo』でインタビューを受けたネイマールは、そのカバーニとの不仲説について次のように言及している。

「人々は、事実より盛り気味に話している。でも、カバーニとの間に緊張と摩擦があったことは間違いない」

「だけど、僕らはすぐに和解した。一件から3日後、僕らは話し合ったんだ。解決すべきだった。個人の問題としてね」

「報道は大げさだ。その方が売れるからね。でも、それはすべきじゃない。集中力に悪影響だからだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

バルサがラビオ獲得に大きな前進! “タフな交渉人”の母親説得で個人間合意!

▽バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得に大きな前進を見せたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽10代後半頃からラビオに関心を示していたバルセロナは、先日にゼネラル・マネージャーのペップ・セグラ氏と強化担当のエリック・アビダル氏がPSG関係者と交渉を行い、今季限りでPSGと契約満了となる同選手に関して4000万ユーロ(約52億5000万円)前後での移籍成立に向けて大筋で合意に至ったという。 ▽また、“タフな交渉人”と知られるラビオの実母にして代理人のヴェロニク・ラビオ女史との間ではアビダル氏が交渉にあたり、個人間での合意を取り付けた模様だ。 ▽バルセロナのラビオ獲得オペレーションが順調に進んでいる一方、PSGのオーナーを務めるナセル・アル・ケラフィ氏は同選手との契約延長に未だ自信を示しているようだ。 2018.07.19 15:03 Thu
twitterfacebook
thumb

モッタがPSGのU-19チーム監督に就任

▽パリ・サンジェルマンは18日、元イタリア代表MFチアゴ・モッタ氏(35)をU-19チームの監督に任命したことを発表した。 ▽ブラジル出身でバルセロナやインテル、PSGにイタリア代表で活躍したレフティーのプレーメーカーであるモッタは、昨季限りで現役を引退。それから2カ月も満たないうちに指導者として新たなスタートを切ることとなった。 ▽インテル時代には3冠(チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリア)を達成し、PSGでは国内タイトルを計14個獲得するなど勝者のメンタリティーを持つモッタは、PSGでどのような指導者キャリアを築いていくのだろうか。 2018.07.19 02:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ代理人がパリへ…選手はまだ決断せず

▽ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチの将来が不透明だ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同選手の代理人がパリに向かったことを報じている。 ▽昨年夏にミランの一員になったボヌッチは、クラブの将来に不安を感じて1年でミランを去るかもしれない。そんな同選手に強い関心を示しているのがパリ・サンジェルマン(SPG)だ。 ▽代理人のアレッサンドロ・ルッチ氏はすでにPSGの首脳陣と会った模様。金銭面についても見通しは明るいようだ。ただ、ボヌッチ自身は最終決定の返答に時間を要求しているという。 ▽ボヌッチはまず、ミランに下されたヨーロッパリーグ出場権のはく奪という処分についてスポーツ仲裁裁判所がどのような判断を下すのかを待っているようだ。 2018.07.18 23:59 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ゲデス獲得へ会長&オーナー&CEOが団結

▽バレンシアのアニル・マーシー会長が、昨シーズンまでレンタルで加入していたポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)の買い取りに意欲を示している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽パリ・サンジェルマン(PSG)からのレンタルでバレンシアに加入したゲデスは、昨シーズンの公式戦40試合6ゴール11アシストを記録。数字以外の部分でも目を見張るパフォーマンスを披露し、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献していた。 ▽当然ながら、バレンシアはチームに完全にフィットしたゲデスの獲得を早くから画策。しかし、以前の報道によるとPSG側はゲデスに最高8000万ユーロ(約105億円)の市場価値が生じると判断しており、最終的に5000万ユーロ(約66億円)前後での獲得を狙うバレンシアからしてみれば、かなり高額だ。バレンシアとの良好な関係を崩したくないPSGは、4000万ユーロ(約53億円)から交渉の席につく考えを示しているそうだが、難航は免れないだろう。 ▽それでも、『マルカ』の17日の記事によると、マーシー会長がマテウ・アレマニーCEO、オーナーを務めるピーター・リムとトリノで会談を持ち、ゲデスをトップターゲットに据えることを確認したという。 ▽また、マーシー会長は会談直後と見られる16日に自身ツイッターアカウント(@anilmurthy1903)を更新し、「私たちは、ピーター・リムと仕事をしている。彼はどの会話、どのミーティングでも、同じようにバレンシアの未来に対する責任感を示してくれる人物だ」と投稿。資金面に影響を及ぼすリム氏と、ポジティブなすり合わせが行えたことを示唆している。 2018.07.18 14:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、アレックス・サンドロOUTでダルミアンINへ

▽ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが確実となったようだ。一方でマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の加入が決まると、イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 ▽ユベントスで不動の左サイドバックとして地位を築くアレックス・サンドロだが、同メディアによれば、ボーナス込みの移籍金5000万ユーロ(約65億8000万円)でユベントスはPSGと合意。アレックス・サンドロとは、年俸500万ユーロ(約6億6000万円)の5年契約で合意に達しているとのことだ。 ▽一方で2019年6月にユナイテッドとの契約が切れ、ほぼ戦力外扱いのダルミアンの移籍金は1800万ユーロ(約23億7000万円)で、年俸250万ユーロの4年契約で合意に近づいていると報じている。 2018.07.18 02:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース