ドルトムントに相次ぐ受難…バチュアイが左足首骨折で今季終了か2018.04.16 09:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイに戦線離脱の可能性が浮上した。

▽バチュアイは、15日に行われたブンデスリーガ第30節のシャルケ戦(0-2でドルトムントが敗戦)で終了間際に左足を痛め、担架でピッチを後に。ドイツ『ビルト』によれば、そのバチュアイは病院で検査を受け、左足首骨折で今シーズン終了の恐れがあるという。

▽バチュアイは今冬、アーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと入れ替わる形でチェルシーからレンタル加入。ここまで出場したブンデスリーガ10試合で7ゴール1アシストの活躍を披露するなど、新たな点取り屋として地位を確立しつつあった。

▽なお、シャルケとのダービーで黒星のドルトムントは、チャンピオンズリーグ出場圏内ながらブンデスリーガ4位に後退。21日に行われる次節は、同勝ち点の3位レバークーゼンとのホームゲームとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

やはり香川真司は1月に退団?地元紙がドルトムントのマーケットを予想

ドルトムントMF香川真司は、1月にクラブを去ることになるのだろうか。ドイツ『WAZ』が退団を予想している。<br><br>今夏就任したルシアン・ファーブル監督のもとで苦しむ香川。今季第14節まで終えたブンデスリーガではわずか2試合の出場に留まり、現在はセカンドチームでプレーするなど、指揮官の構想外と見られている。<br><br>そんな香川はスペインへの移籍を希望しているとも言われており、去就に注目が集まっている。『WAZ』は、1月のドルトムントの移籍について「クリスチャン・プリシッチは不可能だが、シンジ・カガワはすでに」とし、ミヒャエル・ツォルクSDの以前のコメントを伝えつつ、1月の退団の可能性は高いとしている。<br><br>「もちろん彼が今の状況に不満を抱いていることを理解できる。望むのなら、前半戦が終わる頃に話し合うことになるだろう」<br><br>『WAZ』はその他、ユリアン・ヴァイグル、セバスティアン・ローデ、ジェレミー・トルヤン、アレクサンダー・イサクらにも移籍の可能性があるとしている。<br><br>今季リーグ戦で無敗を維持し、単独首位に立つドルトムント。その中で出番を失う香川は、やはり1月に退団することになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、控え組躍動で首位通過! 2ゴールのラファエウ・ゲレイロ「最高の夜になった」

▽ドルトムントに所属するポルトガル代表MFラファエウ・ゲレイロが、モナコ戦での2ゴールを喜んだ。UEFA公式サイトが伝えている。 ▽ドルトムントは12日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA最終節でモナコと対戦。首位通過の可能性が残されていた2位・ドルトムントは、直近の試合からスタメン9名を変更してこの一戦に臨んだ。そんな中、この日先発したラファエウ・ゲレイロが15分にボックス右からのM・フィリップの折り返しを流し込み先制点。さらに88分にも勝利を決定づける追加点を奪い、2-0でドルトムントが勝利した。さらに他会場で行われた試合で首位・アトレティコ・マドリーが引き分けたため、ドルトムントの首位通過が決定した。 ▽2ゴールで勝利に導いたラファエウ・ゲレイロは、「最高の夜になった」と歓喜。また、普段の練習からの姿勢が結果につながったことを明かしている。 「最高の夜になったね。最も重要なことは、もし彼らが勝ち点を落として、僕らが勝てば首位通過できるということだった。不運なことに彼らは勝つことができず、僕らが追い抜くことができた」 「監督はターンオーバーをした。ただ、僕らはとても良いスカッドが揃っているし、全員が試合で良いパフォーマンスを見せるため練習からベストを尽くしているんだ」 「今日は普段試合に出ていない選手がプロジェクトを遂行できた。僕らみんなはチャンピオンズリーグのタイトルにできるだけ近づきたいと思っているよ」 2018.12.12 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ラファエウ・ゲレイロの2発でモナコ撃破のドルトムントがGS首位通過を決める!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA最終節のモナコvsドルトムントが11日に行われ、0-2でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ外となっている。 ▽前節のアトレティコ・マドリー戦で敗戦しグループ最下位が決まったモナコ。直近のリーグ戦がパリの大規模デモにより中止となったモナコは、ファルカオやティーレマンス、グリクらを先発で起用した。 ▽一方、今節の結果次第でグループ首位突破の可能性があるドルトムントは、直近に行われたシャルケとの“レヴィア・ダービー”から先発をディアロとアクラフ・ハキミ以外の9人変更。最前線にM・フィリップを置き2列目は右からプリシッチ、ゲッツェ、ラファエウ・ゲレイロと並べた。 ▽ドルトムントは開始早々3分に最初の決定機を迎える。M・フィリップが相手陣内でB・バディアシルのパスをカットすると、こぼれ球を拾ったゲッツェがボックス内まで持ち込みシュート。しかし、これはゴール左に外れた。 ▽高いボールポゼッションで主導権を握るドルトムントは15分、プリシッチのパスでボックス右深くまで駆け上がったM・フィリップの折り返しをラファエウ・ゲレイロが流し込み、先制に成功した。 ▽さらにドルトムントは、33分にも敵陣でのFKのこぼれ球を再び拾ったゲッツェがボックス右にパスを供給すると、ラファエウ・ゲレイロの折り返しにディアロが飛び込んだが、これはゴール左に逸れた。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開となる。追加点の遠いドルトムントは76分にダフードを下げてヴォルフ、79分にM・フィリップを下げてアルカセルをピッチに送り出した。 ▽すると88分、左サイドから仕掛けたプリシッチのクロスをゴール前のアルカセルが落とすと、最後はラファエウ・ゲレイロがゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま0-2でドルトムントが勝利。グループ首位を争うアトレティコ・マドリーが、同時刻開催の試合でクラブ・ブルージュと引き分けたため、当該クラブ間での得失点差で上回るドルトムントがグループ首位通過を決めた。 2018.12.12 07:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョに憧れていたサンチョの今好きな選手は?「相手をからかうプレーは良くないけど…」

▽ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョが、自身のアイドルについて明かした。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽マンチェスター・シティ下部組織出身のサンチョはトップチーム契約を打診されるも、プレー機会を求めて昨夏にドルトムントに完全移籍。加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガで12試合1ゴール4アシストに留まったが、今シーズンはここまで公式戦21試合で6ゴール9アシストを記録している。 また、10月にフル代表デビューを飾るなど、急速に評価を高めている。 ▽そのサンチョは昔からトリックスターが大好きな模様。少年時代は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏に憧れていたことを告白し、現在の好きな選手についてはブラジルが誇るあの選手を挙げた。 「子どもの頃、僕のお気に入りの選手はロナウジーニョだった。それはもう間違いない。彼は偉大な選手でいつも笑顔でプレーしていた」 「今だとネイマールかな。彼は他の選手とは違う。相手をからかうようなプレーは良くないことだけど、彼は自分自身を表現している。そこが大好きなんだ。多くの人たちは自分らしさを出すことに物怖じしないかもしれないが、彼ほど自分らしさを出すことはなかなかできることではないよ」 「人と違うことをすれば目立つ。そして、僕はそれが好きだ。人が異なることは個性であり、ピッチで個性を観ることは毎日できることではないからね」 2018.12.10 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチョ&デラネイ弾でドルトムントがシャルケとのレヴィア・ダービーを制す《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、シャルケvsドルトムントの“レヴィア・ダービー”が8日に行われ、1-2でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節フライブルク戦をロイスのPK弾と試合終了間際のアルカセル弾で2-0と辛勝してリーグ戦4連勝とした首位ドルトムント(勝ち点33)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を控える中、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽昨季、壮絶な4-4の打ち合いを演じた12位シャルケ(勝ち点14)との今季最初のダービー。[4-2-1-3]で臨んだドルトムントは、3トップに右からサンチョ、アルカセル、ラーセン、トップ下にロイスと並べた。そのドルトムントがシャルケにポゼッションを譲る慎重な入りを見せた中、最初のチャンスを生かして7分に先制する。左サイド絞った位置からのロイスの鋭いFKを、デラネイがヘッドで流し込んだ。 ▽先制後、前がかるシャルケをいなすドルトムントは18分、アルカセルがボックス手前左から際どいミドルシュートを浴びせて牽制。 ▽一方、追うシャルケは28分に決定機。CKの流れからゴール前のブルクシュタラーが右足でシュートに持ち込むも、GKビュルキに好守で阻まれた。 ▽前半半ば以降は互角の攻防が続いた中、シャルケは37分にブルクシュタラーが足を負傷してメンディルとの交代を強いられ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半もシャルケがややポゼッションで勝る中、ドルトムントは57分にPKを献上する。クロスのルーズボールをボックス右のアリが拾うとロイスに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをカリジウリが決めて試合を振り出しに戻した。 ▽失点を受けてラーセンに代えてラファエウ・ゲレイロを投入したドルトムントは、74分に勝ち越した。ラファエウ・ゲレイロのパスを受けたサンチョがドリブルでボックス左に侵入。身体を開いてうまくゴール右にシュートを流し込んだ。 ▽再び追う展開となったシャルケはオチプカに代えてコノプリャンカを投入。しかし、85分にラファエウ・ゲレイロのシュートがポストに直撃するなど、3点目に迫ったドルトムントが2-1で逃げ切り。ダービーを競り勝ち、リーグ戦5連勝とした。 2018.12.09 01:32 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース