ドルトムントに相次ぐ受難…バチュアイが左足首骨折で今季終了か2018.04.16 09:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイに戦線離脱の可能性が浮上した。

▽バチュアイは、15日に行われたブンデスリーガ第30節のシャルケ戦(0-2でドルトムントが敗戦)で終了間際に左足を痛め、担架でピッチを後に。ドイツ『ビルト』によれば、そのバチュアイは病院で検査を受け、左足首骨折で今シーズン終了の恐れがあるという。

▽バチュアイは今冬、アーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと入れ替わる形でチェルシーからレンタル加入。ここまで出場したブンデスリーガ10試合で7ゴール1アシストの活躍を披露するなど、新たな点取り屋として地位を確立しつつあった。

▽なお、シャルケとのダービーで黒星のドルトムントは、チャンピオンズリーグ出場圏内ながらブンデスリーガ4位に後退。21日に行われる次節は、同勝ち点の3位レバークーゼンとのホームゲームとなる。

コメント

関連ニュース

thumb

ブンデス初弾のサンチョが1G2Aと躍動! ロイスもドッペルパックのドルトムントがレバークーゼン粉砕で3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節、ドルトムントvsレバークーゼンが21日に行われ、4-0でドルトムントが快勝した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節シャルケとのレヴィア・ダービーを0-2と完敗し、4位に後退したドルトムント(勝ち点51)は、新エースとなっていたバチュアイが今季絶望濃厚のケガを負ってしまった。そのバチュアイを欠く攻撃陣は3トップに右からプリシッチ、M・フィリップ、サンチョと並べた。 ▽一方、前々節のライプツィヒ戦に続いてフランクフルトを撃破し、CL出場権を争うライバルを連破して3位に浮上したレバークーゼン(勝ち点51)は、4日前に行われたDFBポカール準決勝ではバイエルンと対戦し、2-6と惨敗した。勢いを挫かれた格好だが、バイエルン戦のスタメンから5選手を変更。ハフェルツやベララビがベンチスタートとなってアラリオやベイリーらが先発となった。 ▽立ち上がりから押し込んだドルトムントが9分にゲッツェのミドルシュートでゴールに迫ると、12分に決定機。ロイスのスルーパスを受けたサンチョがGKと一対一となったが、今季リーグ戦初出場のエーズカンに止められてしまった。 ▽それでも1分後、右サイドをプリシッチが打開してラストパスを受けたサンチョがボックス左から、今度はGKとの一対一を決めきってドルトムントが先制した。 ▽サンチョのブンデス初ゴールでリードしたドルトムントは、バイエルン戦の大敗を引きずるような重い入りとなったレバークーゼンを尻目に主導権を握り続ける。そして、34分に追加点に迫った。ロングボールをM・フィリップが落とし、ボックス中央に走り込んだロイスがボレーシュートで豪快にゴールへ蹴り込んだ。しかし、VARの末にM・フィリップのポジションがオフサイドだったとしてゴールは取り消された。 ▽それでも37分、ドルトムントがPKを獲得する。プリシッチがボックス右に進入したところでレトソスに倒された。ところが、キッカーのロイスが枠の左を狙ったシュートはGKエーズカンに止められ、前半を1点のリードで終えた。 ▽終始劣勢を強いられたレバークーゼンは後半からベイリーに代えてハフェルツを投入。そのレバークーゼンが前がかる入りとなったが、55分にドルトムントがリードを広げた。ヴァイグルの縦パスをゲッツェがダイレクトで叩くと、このパスに抜け出したロイスがボックス左に進入。GKエーズカンをかわしてネットを揺らした。 ▽2-0としたドルトムントは63分に勝負を決定付ける。ロングボールをサンチョがうまく処理して左サイドを突破。ラストパスを受けたボックス中央のM・フィリップが難なくゴールへ蹴り込んだ。 ▽その後、ベララビを投入して3枚の交代カードを使い切ったレバークーゼンだったが、79分にドルトムントがダメを押す。ダフードが持ち上がって左サイドへ展開。サンチョが受け、右足でふわりとクロスを上げるとファーサイドのロイスがヘディングで決めた。 ▽このまま4-0でドルトムントが快勝。レバークーゼンをかわして3位に浮上している。 2018.04.22 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯出場に向けてアピールが必須のゲッツェだが…ドルトムント指揮官「我々の目標はCL」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)での出場を逃すことになるかもしれない。ペーター・シュテーガー監督は、選手の個人的な目標を優先することはできないと強調した。<br><br>ブラジル大会の決勝でアルゼンチン相手に決勝点を挙げたゲッツェは、そのゴールによりドイツの英雄に。それでも、そんな彼はその4年後の大会ではドイツ代表メンバー入りも果たせない可能性が高まっている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は先月の国際親善試合に向けて、選外の選手について「クラブでのパフォーマンスを通じてアピールしなければならない」と話していた。だが、ここ数試合でゲッツェはそのために必要な出場機会すら確保できていない状況が続いている。<br><br>21日に行われるブンデスリーガ第31節でレヴァークーゼンとの上位対戦に臨むドルトムント。この試合に向けた会見で、シュテーガー監督はゲッツェについて問われると、次のように返答した。<br><br>「クラブにとっても、ものすごく重要な試合となる。私はクラブ側の人間で、我々の目標は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ることにある。しかし、それは必ずしも彼がプレーしないということを意味するわけではない」<br><br>「(ゲッツェが)準備できていて、パフォーマンスを出せれば、この話に関しては勝者しかいない。様子を見よう。それぞれの選手が個人的な目標を持ち、それが彼らのモチベーションの基盤になることは理解している。だが、我々にとって大事なのはCL出場権を手にすることだ」<br><br>ドイツ誌『キッカー』の予想では、FWミヒー・バチュアイの負傷離脱により、マルコ・ロイスが最前線に置かれる可能性が高いとのこと。そうすると、ゲッツェが2列目に入るかもしれないが、オーストリア人指揮官はここ2試合は数分間しかプレーしなかった同選手を先発起用するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

監督業を長く続けるつもりはない? クロップ「ベンチで死にたくはない」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、自身の将来について明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2001年にマインツで監督業をスタートさせたクロップは、2008-09シーズンにドルトムントの監督に就任。ブンデスリーガ連覇やDFBポカール優勝などを成し遂げて2015年10月にリバプールの監督に就任し、2016年7月には2022年までの長期契約を締結させた。 ▽今シーズン現時点でプレミアリーグで3位、チャンピオンズリーグではチームを10年ぶりに準決勝進出へ導いているクロップ監督だが、長く監督業を続ける考えは抱いていないようだ。また、来シーズンからの指揮が決定したフランクフルトのニコ・コバチ監督と共に浮上していたバイエルンの監督就任の噂については真っ向から否定している。 「私は他の監督と比べて、早くキャリアを終えるかもしれない」 「監督業というのはとてもハードな仕事だ。私は監督としてベンチで死にたくない。リバプールでの仕事を終えたら、1年間は休みを取ることは家族と約束している」 「(バイエルン指揮官就任の可能性について)私は契約の中には、途中で退任するというという条項を含めたことはない。仮にバイエルンが本当に私に興味を持っていたとしてもそれはありえないことだね」 「リバプールとはあと4年間の契約が残されている。私はそれに満足している」 「これまでマインツとドルトムントで素晴らしい時間を過ごした。戻るとしたらそのどちらかになるだろう。ただ、それが必ずしも監督としてという訳ではないけどね」 2018.04.21 11:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第31節プレビュー】4位ドルトムントvs3位レバークーゼン開催

▽前節はシャルケがドルトムントとのレヴィア・ダービーを制して2位を死守。そして、レバークーゼンがフランクフルトとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを制し、3位に浮上した。迎える第31節は、4位ドルトムントvs3位レバークーゼンのCL出場権争いが開催される。 ▽前節シャルケ戦を攻守両面で凌駕されて0-2と完敗し、4位に後退したドルトムント(勝ち点51)は、新エースとなっていたバチュアイが今季絶望濃厚のケガを負ってしまった。5位ライプツィヒとは4ポイント差ある状況だが、得点源を失った中で勝ち点を積み上げ、CL圏内を確固たるものにできるか。練習に復帰している香川はだが、引き続き欠場予想となっている。 ▽一方、前々節のライプツィヒ戦に続いてフランクフルトを撃破し、CL出場権を争うライバルを連破したレバークーゼン(勝ち点51)は、ドルトムントを抜いて3位に浮上。しかし、火曜日に行われたDFBポカール準決勝ではバイエルンと対戦し、2-6と惨敗した。勢いを挫かれた格好だが、フランクフルト戦でハットトリックを決めたフォラントをはじめ、ブラントやハフェルツ、ベイリーら活きの良いアタッカー陣がドルトムントも凌駕できるかに注目だ。 ▽日本人が所属するケルンとハンブルガーSVは今節にも降格の可能性がある。まずは最下位に沈むケルン(勝ち点21)から。2位シャルケ(勝ち点55)とホームで対戦するケルンは今節勝利を逃し、14位ヴォルフスブルク(勝ち点30)、15位マインツ(勝ち点30)、16位フライブルク(勝ち点30)が揃って勝ち点を積み上げた場合、5シーズンぶりの降格が決まる。前節ヘルタ・ベルリン戦では中盤インサイドでプレーした大迫だったが守備に追われ、攻撃面で見せ場は作れなかった。ダービーで攻守に渡る大活躍を見せたナウド擁するシャルケ相手にケルンは残留の望みをつなぐ勝利を手にできるか。 ▽続いてクラブ史上初の降格が迫る17位HSV(勝ち点22)。16位フライブルク(勝ち点30)との残留争いに臨むHSVは前節ホッフェンハイムに完敗。前々節シャルケ戦の勝利をつなげることができなかった。酒井高も失点に絡み、チームの足を引っ張る格好となってしまった。ヴォルフスブルク、マインツと立て続けに残留を争うライバルに敗れて4連敗となっているフライブルクを下し、残留に希望を見いだせるか。なお、酒井高は負傷で欠場予想。伊藤はスタメン予想となっている。 ▽そのほか、フライブルクに勝利し、7試合ぶりの白星を飾って残留圏内の15位に浮上したマインツ(勝ち点30)は、11位アウグスブルクとのアウェイ戦に臨む。ここで勝利できれば残留決定となるが、武藤は引き続き負傷欠場予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第31節 ▽4/20(金) 《27:30》 ボルシアMG vs ヴォルフスブルク ▽4/21(土) 《22:30》 ライプツィヒ vs ホッフェンハイム ハノーファー vs バイエルン シュツットガルト vs ブレーメン フランクフルト vs ヘルタ・ベルリン ハンブルガーSV vs フライブルク 《25:30》 ドルトムント vs レバークーゼン ▽4/22(日) 《22:30》 アウグスブルク vs マインツ 《25:00》 ケルン vs シャルケ 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、間も無く復帰か? ついに全体練習に合流

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が全体練習に復帰したようだ。 ▽香川は2月中旬に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で左足首を負傷。当初は3月中での復帰の可能性が伝えられていたが、ここまで戦列からは放れていた。 ▽そんな中、12日に地元紙『ルールナハリヒテン』は、香川が10日にドルトムントの練習場を訪れて、ランニングメニューなどの個人トレーニングを再開したことを伝えていた。すると迎えた20日、香川がついに全体練習に合流した模様。ドルトムント公式ツイッター(@BVB)は、香川の練習している写真と共に「おかえり!」とツイート。多くのファンから歓迎のリプライも集まっている。 ▽戦列復帰へ大きな一歩を踏み出した香川。シーズン中での復帰、そしてロシア・ワールドカップ出場を目指す日本の10番の復帰はもう間も無くだ。 2018.04.20 13:05 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース