森岡亮太ベンチスタート…アンデルレヒト、クラブ・ブルージュ撃破《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》2018.04.16 08:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトは15日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第3節でクラブ・ブルージュをホームに迎え、1-0で勝利した。森岡は64分からピッチに立っている。

▽リーグ優勝プレーオフ1勝1敗同士の一戦は、ゴールレスで迎えた後半に動く。アンデルレヒトは52分、セットプレーからテオドルシュクのゴールで生まれ、先制した。

▽64分に森岡を起用したアンデルレヒトは81分にディアビの一発を浴びたかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の恩恵を受けて失点を回避する。

▽結局、クラブ・ブルージュの反撃を耐え凌いだアンデルレヒトが前節に続く白星で連勝を飾っている。

アンデルレヒト 1-0 クラブ・ブルージュ
【アンデルレヒト】
テオドルシュク(後7分)

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアの元ベルギー代表MFバッカリが森岡所属のアンデルレヒトへ移籍

▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは3日、バレンシアの元ベルギー代表MFザカリア・バッカリ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約の詳細は発表されていない。 ▽168cmの小柄なアタッカーであるバッカリは、左ウイングを主戦場とするプレーヤー。PSVでプロデビューを飾った後、2015年夏にバレンシアへ移籍したが、バレンシアではレギュラーの座を掴めず、2017-2018シーズンはデポルティボへレンタルに出されていた。そのデポルティボではリーガエスパニョーラで23試合に出場したものの、チームを降格から救う働きはできなかった。 ▽ベルギー代表としてはU-15から選出され、2013年10月にA代表デビュー。これまで2試合の出場歴があるが、2015年10月以降選出されていない。 2018.07.04 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エジプト代表MFトレゼゲ、インテル移籍を宣言!

▽トルコのカスムパシャに所属するエジプト代表MFマフムード・ハッサン・トレゼゲ(23)がインテル移籍を公言した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽母国アル・アハリでプロデビューを果たし、これまでベルギーのムスクロンやアンデルレヒトでプレーしてきたトレゼゲ。今季はレンタルでカスムパシャに活躍の場を移し、リーグ戦31試合に出場し、13ゴール7アシストを記録した。 ▽得意ポジションはウイングでロシア・ワールドカップでも左ウイングでグループステージの全3試合に出場。チームは全敗だったが印象的なプレーを見せた。 ▽『カルチョメルカート』によれば、トレゼゲは「僕はおそらくミラノに行く。その後パルマへ向かうよ。1シーズンはレンタルになるだろうね」と公言。23歳のエジプト代表アタッカーはインテル移籍後、2018-19シーズンはパルマで武者修行を積むようだ。 ▽なお、“トレゼゲ”という名前は本名ではなく、顔立ちが似ているとされる元フランス代表のダビド・トレゼゲに由来してる。 2018.06.30 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

現地紙「新たな森岡を望んでいる」森岡亮太が古巣ベフェレンに残したインパクトとは?

2017-18シーズン、森岡亮太はベルギーのワースラント・ベフェレンに加入し、ジュピラー・リーグ初挑戦ながら大ブレイクを果たし、加入から半年でアンデルレヒトにステップアップを果たした。ワースラント・ベフェレンにとって、森岡退団の影響は大きかったようだ。<br><br>ベルギーメディア『voetbalnieuws』は「ワースラント・ベフェレンは新しい森岡を待ち焦がれている」という見出しで、次のように報じた。<br><br>「ベフェレンはシーズン序盤から健闘を見せ、一時は5位まで浮上。しかし、指揮官後退や主軸を引き抜かれた影響もあり、その後失速していった。最終的にはレギュラーシーズンを12位で終え、ヨーロッパリーグ・プレーオフではA組の5位という結果に。これはまさに&ldquo;失望のシーズン&rdquo;になったと言える」<br><br>その一方で、18-19シーズンからクロアチア出身の有望株カルロ・ルリッチを獲得したことについて触れ、「この22歳の青年はセリエAのサンプドリアにも在籍した。森岡亮太がベフェレンを高みに導いたように、クラブ側は日本人MFと同じシナリオを望んでいる」と紹介。新司令塔ルリッチが、森岡のような活躍をしてくれることに期待を寄せた。<br><br>森岡は17-18シーズンの前半戦、ワースラント・ベフェレンでリーグ戦24試合出場、7ゴール11アシストの成績を残した。この活躍を受けてアンデルレヒトに引き抜かれる運びとなったが、ワースラント・ベフェレンにとって、半年間在籍した森岡の活躍ぶりは&ldquo;突出した成功例&rdquo;として記憶されているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.02 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「ヨーロッパの地で精一杯プレーをしたので後悔は無い」日本代表落選の森岡亮太、ブログ開設と共に心境を明かす

▽アンデルレヒトに所属する日本代表MF森岡亮太が、ブログを開設し、シーズン終了の報告と共に、落選した日本代表への思いを綴っている。 ▽2017年6月にポーランドのシロンスク・ヴロツワフからベルギーのべベレンに加入した森岡は、ジュピラー・プロ・リーグで第24節までに7ゴール11アシストを記録。この活躍が認められ、2018年1月に名門アンデルレヒトに移籍すると、背番号10を託されることに。移籍後はリーグ戦6試合で3ゴール3アシスト、その後のプレーオフでは10試合3ゴール1アシストという成績を残すなどステップアップを果たした1年間を過ごした。 ▽また、シーズン中には日本代表にも選出。2017年11月10日のブラジル代表戦、14日のベルギー代表戦、2018年3月23日のマリ代表戦の親善試合3試合に出場した。しかし、今月18日に発表された30日のキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に向けた日本代表メンバーに選出されなかった。 ▽シーズンを終えた森岡は自身のオフィシャルブログを開設。今シーズン終了を報告した後、日本代表への思いを明かした。 「アメーバブログデビューをシーズン終了とともに飾ります」 「2017-18シーズンはベルギーにて1シーズンを終了致しました。ポーランドよりベルギーに移籍し、ベルギー国内でも半年で移籍するという激動のシーズンでした」 「ベルギーに移籍し、暮らす環境は非常に良くなりました。ベフェレンは文字通り正にベルギー人が多く、非常に暮らしやすく、ブリュッセルは他の大都市にもれず多国籍の文化に触れることができ刺激の多い楽しい生活を送っております」 「当初ベフェレンもアンデルレヒトも加入した際の監督をはじめ、チームメイト、スタッフのサポートは素晴らしく、その歓迎モードに後押しされるよう、ベフェレンの快進撃さらにはアンデルレヒトでのプレーに繋がったのではと思います」 「サポートしてくれた会長、CEOやサポーターにも感謝しております」 「また、ベルギー在住の日本人コミュニティーには家族一同、本当に助けられ感謝しております。異国の地で、第一子の息子が生まれたばかりで不安なことも多々ありましたが、ピッチ外でのストレスが少なかったことは、家族を含め周りの方々のおかげです」 「大きな怪我もなく、今シーズンは43試合に出場しカップ戦を含め、15得点/15アシストで無事終えることが出来ました」 「来シーズンも引き続き皆様のサポートをよろしくお願い申し上げます」 「日本代表に関しては、全て監督の判断ですし、ヨーロッパの地で精一杯プレーをしたので後悔は無いです。勿論入らなかったのは残念ですが、W杯での日本代表の活躍を祈願、応援しております」 2018.05.23 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

久保の今季11点目でヘントが王者クラブ・ブルージュを撃破! 最終戦黒星のアンデルレヒトはCL出場権を逃す…《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表FW久保裕也の所属するヘントは20日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ最終節でクラブ・ブルージュと対戦し、1-0で勝利した。久保はフル出場、28分に今季11ゴール目を記録した。 ▽MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトとの日本人対決に臨んだ前節を1-0で勝利した4位ヘント(勝ち点36)が、首位クラブ・ブルージュ(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。久保は左ウイングで3試合連続の先発出場となった。 ▽試合が動いたのは28分、ヘントが自陣でFKを獲得すると素早いリスタートを受けたサムエル・ジゴットが前線へロングパス。これに反応した久保がワントラップでボックス右に侵入し、飛び出したGKの脇を抜くシュートを流し込んだ。 ▽後半に入っても試合は一進一退の攻防が繰り広げられる。ヘントは、試合終盤の81分にギオルギ・チャクヴェタゼ、88分にランゲロ・ヤンガ、94分にシグール・ルーステッドを投入し、試合をクローズ。 ▽結局、ヘントが久保の今季11点目のゴールを守り抜き1-0で勝利。シーズンを4位で終了したヘントは、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場を懸けてELプレーオフの勝者と対戦する。 ▽また、同時刻開催となったアンデルレヒトvsゲンクは1-2でゲンクが勝利した。アンデルレヒトの森岡は85分までプレーした。 ▽逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を狙うアンデルレヒトだったが、35分に左クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前で拾ったドリエス・ウォーテルスにミドルシュートをゴール左に決められ、ゲンクに先制を許す。 ▽反撃に出たいアンデルレヒトだったが、直後の36分にもディウメルシ・ヌドンガラのパスを受けたレアンドロ・トロサルドにボックス左から侵入されると、巧みな切り返しでウロシュ・スパイッチがかわされ、シュートをゴール右隅に流し込まれた。 ▽2点を追うアンデルレヒトは、後半から猛攻に出ると53分にピーター・ゲルケンスのパスで右サイドを突破したアレクシス・サレマーカーズのクロスをウカシュ・テオドルチクがヘディングで叩き込み、1点を返した。 ▽同点ゴールを狙うアンデルレヒトは、その後も猛攻を仕掛けたが、ゲンク守備陣の堅い守りを崩し切れず。試合は1-2で終了。今季最終戦に敗れたアンデルレヒトは、逆転でのCL出場権獲得はならなかった。 ◆ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ最終節 結果 ▽5/20(日) アンデルレヒト 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ゲンク</span> クラブ・ブルージュ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヘント</span> シャルルロワ 0-0 スタンダール・リエージュ 2018.05.21 03:35 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース