森岡亮太ベンチスタート…アンデルレヒト、クラブ・ブルージュ撃破《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》2018.04.16 08:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトは15日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第3節でクラブ・ブルージュをホームに迎え、1-0で勝利した。森岡は64分からピッチに立っている。

▽リーグ優勝プレーオフ1勝1敗同士の一戦は、ゴールレスで迎えた後半に動く。アンデルレヒトは52分、セットプレーからテオドルシュクのゴールで生まれ、先制した。

▽64分に森岡を起用したアンデルレヒトは81分にディアビの一発を浴びたかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の恩恵を受けて失点を回避する。

▽結局、クラブ・ブルージュの反撃を耐え凌いだアンデルレヒトが前節に続く白星で連勝を飾っている。

アンデルレヒト 1-0 クラブ・ブルージュ
【アンデルレヒト】
テオドルシュク(後7分)

コメント

関連ニュース

thumb

「モリオカの復帰は?」現地メディアがアンデルレヒトの課題指摘し、不遇の森岡亮太に期待

ベルギーメディア『voetbalkrant』が、アンデルレヒトMF森岡亮太の可能性に期待を寄せている。<br><br>森岡は今シーズン、プレシーズンにコンディション調整で出遅れると、開幕からメンバーを外れ、ここまで出場機会が訪れたのは1試合のみ。昨シーズンはベルギー1年目ながら素晴らしい活躍を見せたが、ここ3試合はメンバー外となっている。<br><br>他方、アンデルレヒトはその3試合で1分け2敗と不調気味。同メディアはアンデルレヒトの創造性不足を指摘し、「森岡の復帰は?」と見出しを打って記事を展開している。ハイン・ヴァーゼブリュック監督はトップ下を置かず、サイドの選手を走らせてクロスからチャンスを作ることを狙っているが、ここまで良い結果を生んでいることは少ないと指摘。その解決策が「クリエイティブな選手を置くこと」とし、森岡に再びチャンスを与えることを提言している。<br><br>ファンはピーター・ゲルケンスの活躍に期待しているが、チャンスメイカータイプではないとし、古典的なプレーメーカーである森岡に注目したベルギーメディア。指揮官はシステム変更を検討することになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.18 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

森岡亮太、アンデルレヒトで再びベンチ外…今夏の移籍に現実味

アンデルレヒトのMF森岡亮太がジュピラーリーグ第5節にして再びメンバーから外れることとなった。<br><br>アンデルレヒトは26日、リーグ戦第5節でクラブ・ブリュージュと対戦。前節のムスクロン戦にて今シーズン初出場を飾っていた森岡だが、この一戦ではベンチ外。なお、チームは1-2と敗れ、開幕から続く連勝がストップしている。<br><br>森岡は今夏、プレシーズンにてコンディション不良が報じられ、アンデルレヒトで構想外に。一方で、開幕節ではベンチ外となったものの、以降はメンバー入り。前節出場機会を得たことからも、再びハイン・ヴァンハーゼブルック監督が戦力に数え始めたと思われた。<br><br>しかし、ここに来てメンバー外となったことで、今夏の退団の可能性が強まっている。以前よりアントワープやトルコのブルサスポルが興味を示していると伝えられるだけに、移籍市場が閉まるまでに移籍を決断することになるかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.27 00:27 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡亮太のブルサスポル行きは消滅へ…アンデルレヒト残留が有力と現地報道

これまでアンデルレヒトからの移籍話が浮上していた森岡亮太だが、残留の線が有力となりつつあるようだ。<br><br>ベルギー『voetbal24』は「トルコのブルサスポルから森岡獲得に向け打診があったものの、移籍の動きは停滞している」と伝えている。<br><br>「合意に至っているとの話もあったが森岡のトルコ行きは家族の反対もあり、奇妙ながらも収束しつつある」<br><br>記事では「森岡は今後、アンデルレヒトでのプレーに全力で取り組む必要がある」と続け、今後もジュピラー・リーグでプレーする見通しであることを強調した。<br><br>また、同記事では「森岡の残留はアンデルレヒトにとって良いことだと思うか?」というアンケートも行っており、YES60%、NO40%という比率になっている。<br><br>森岡は今季、第4節ムスクロン戦で途中出場したものの、それまで出場機会に恵まれていなかった。26日には第5節クラブ・ブルージュ戦が控えており、次節以降も出番はあるのか、今後の巻き返しが期待されるところだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.24 06:49 Fri
twitterfacebook
thumb

クラブが売却を進める森岡亮太はトルコ行きか

▽去就が不透明な状態が続いているアンデルレヒトのMF森岡亮太だが、クラブは今夏の移籍市場で売却したい意向のようだ。ベルギー『Het Nieuwsblad』が報じた。 ▽2017-18シーズンの途中にベベレンからアンデルレヒトへと加入した森岡。ベベレンでは、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し7ゴール11アシストと大活躍。そのプレーぶりが認められ、2018年1月にアンデルレヒトへと加入した。 ▽アンデルレヒトでもリーグ戦6試合に出場し3ゴール3アシストを記録。プレーオフに進んだチームでも10試合に出場し3ゴール1アシストと結果を残していた。 ▽しかし、今シーズンに入り森岡のチームでの立場に変化が。ポジションを失うと、プレシーズンマッチでも出場機会が与えられず、チームの構想外に。開幕から2試合はメンバー外となると、第4節のムスクロン戦で途中出場を果たしていた。 ▽それでも、チームは森岡を売却したい意向で、トルコのブルサシュポルが獲得に動いているとのこと。完全移籍での獲得も望んでおり、レンタル移籍での獲得を望むベルギーのアントワープやズルテ・ワレヘム、オーステンデよりも良いオファーだとクラブは考えているようだ。 ▽結果を残しながらも監督の信頼を得られなかった森岡。クラブに残る選択肢は余り残されておらず、ベルギー国内へのレンタル移籍か、トルコ行きが濃厚のようだ。 2018.08.21 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがW杯出場の2選手獲得! イラク代表DFアリ・アドナンはアタランタへ

▽ウディネーゼは17日、ナイジェリア代表DFウィリアム・トルースト=エコング(24)とポーランド代表FWウカシュ・テオドルチク(27)、イタリア人MFマルコ・ダレッサンドロ(27)の獲得を発表した。 ▽オランダ人とナイジェリア人のハーフであるトルースト=エコングはオランダのフローニンヘンでキャリアをスタート。その後、ヘントを経て昨シーズンはトルコのブルサシュポルでプレー。昨季はリーグ戦34試合に出場していた。なお、ウディネーゼには330万ユーロ(約4億2000万円)での完全移籍となるようだ。 ▽一方、テオドルチクは母国のポロニア・ワルシャワ、レフ・ポズナン、ウクライナのディナモ・キエフを経て2016年にアンデルレヒトに加入。180cm後半の長身とフィジカルに長けたターゲットマンは同クラブで通算93試合に出場し45ゴールを挙げる活躍を見せたが、チームの強化方針の変更に伴い、700万ユーロ(約8億8000万円)といわれる移籍金でウディネーゼに加入することになった。 ▽なお、トルースト=エコングとテオドルチクはいずれもロシア・ワールドカップに出場していた。 ▽また、ローマの下部組織出身のウインガーのダレッサンドロはアタランタから買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。 ▽なお、ダレッサンドロ獲得オペレーションと並行してウディネーゼからイラク代表DFアリ・アドナン(24)がアタランタに買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入することが決定した。 2018.08.18 05:07 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース