宇佐美貴史が芸術弾で今季7得点目! ディッセルドルフは3連敗《ブンデスリーガ2部》2018.04.16 08:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FW原口元気とFW宇佐美貴史の日本代表勢が所属するデュッセルドルフは15日、ブンデスリーガ2部第30節でハイデンハイムのホームに乗り込み、1-3で敗れた。原口と宇佐美は共に先発。宇佐美は51分にシーズン7得点目を記録している。

▽首位に立つデュッセルドルフだが、この試合もピリッとしない。2トップの一角でプレーする原口や左サイドハーフに入った宇佐美が積極的にシュートを放っていくが、23分に先制を許してしまう。

▽それでも、左サイドでボールを受けた宇佐美は51分、対面した相手を小刻みなタッチで揺さぶり、右足インサイドのコントロールショット。弧を描いたシュートがゴール右隅に決まり、デュッセルドルフが追いついた。

▽しかし、ここからハイデンハイムの反撃を受けたデュッセルドルフは56分、79分に立て続けに失点。今シーズン初の3連敗となり、4節を残して2位ニュルンベルクとの勝ち点差が2ポイント差に縮まっている。

ハイデンハイム 3-1 デュッセルドルフ
【ハイデンハイム】
ドブダン(前23)
ドブダン(後11)
クラウス(後34)
【デュッセルドルフ】
宇佐美貴史(後6)

コメント

関連ニュース

thumb

1部昇格のデュッセルドルフがシュツットガルトからツィンマーマンを獲得

▽デュッセルドルフは16日、シュツットガルトから元U-20ドイツ代表MFマティアス・ツィンマーマン(26)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年6月30日までとなる。 ▽ツィンマーマンは、カールスルーエの下部組織出身で、ボルシアMGやグロイター・フュルト、ザントハウゼンなどでプレー。2015年7月にシュツットガルトへと移籍すると、2016年7月にトップチームへ昇格していた。 ▽ブンデスリーガではこれまで21試合に出場し1ゴール、ブンデスリーガ2部では96試合に出場し2ゴール4アシストを記録していた。 ▽また、世代別のドイツ代表経験は豊富で、U-15からU-20までプレー。通算で47試合に出場している。 2018.07.17 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯決勝進出のクロアチア代表DFロブレンの弟・ダボルがデュッセルドルフに加入

▽2018-19シーズンからブンデスリーガに昇格するフォルトゥナ・デュッセルドルフは11日、ディナモ・ザグレブからU-19クロアチア代表FWダボル・ロブレン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年までの5年間となる。 ▽ロブレンは、クロアチアの名門であるディナモ・ザグレブの下部組織出身。順調にキャリアを積むと、2017年7月にレンタル移籍でデュッセルドルフへと加入した。デュッセルドルフでは、ブンデスリーガ2部で14試合に出場し1ゴール2アシストを記録。チームの昇格に貢献していた。 ▽なお、世代別のクロアチ代表に選出され続けているロブレンは、リバプールに所属すクロアチア代表DFデヤン・ロブレンの実弟。 2018.07.12 09:58 Thu
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、3億強の宇佐美貴史から1億弱の伊東純也にシフトか

▽デュッセルドルフは、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得から完全撤退したのかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、ブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した日本代表FW原口元気と宇佐美。しかし、前者はハノーファー移籍が決まり、後者においても交渉の行き詰まりが取り沙汰されている。ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前から続く交渉に依然として進展がない模様だ。 ▽また、ドイツ『キッカー』によれば、宇佐美の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。そこで代役として名前が挙がったのが、Jリーグ屈指のドリブラーである柏レイソルのFW伊東純也(25)であり、移籍金は100万ユーロ(約1億3000万円)程度だという。 2018.07.10 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ1部昇格のデュッセルドルフ、原口元気代役に“柏のスピードスター”FW伊東純也を指名

▽デュッセルドルフが、柏レイソルに所属する日本代表FW伊東純也(25)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『RP ONLINE』が伝えている。 ▽新シーズンで6年ぶりにブンデスリーガを戦うデュッセルドルフは、6月にハノーファーへ移籍した日本代表MF原口元気(27)の代役として伊東を指名したという。同メディアは伊東が『Jリーグベストプレーヤーの1人』であると紹介しており、現在リーガエスパニョーラのクラブも獲得に動こうとしていることを伝えている。 ▽ヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた伊東は、2016年に柏へ完全移籍。快速を武器にJリーグ屈指の右サイドハーフへと成長し、2017年12月のEAFF E-1サッカー選手権では日本代表にも選出され、北朝鮮代表戦でデビュー。さらに、2017年のJリーグ優秀選手賞も受賞した。今シーズンはここまで公式戦22試合6ゴール12アシストを記録している。 2018.07.09 08:33 Mon
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフがフランクフルトのU-21ドイツ代表MFバルコクをレンタルで獲得

▽フランクフルトは20日、U-21ドイツ代表MFアイメン・バルコク(20)がブンデスリーガに昇格したデュッセルドルフへレンタル移籍することを発表した。期間は1年間となる。なお、フランクフルトはバルコクとの契約を2021年まで延長している。 ▽188cmの長身でテクニックに優れた攻撃的MFのバルコクは、U-16からU-21までドイツ代表に選出されてきた経歴を持つ。モロッコにルーツをもつ同選手は、2013年夏にフランクフルトへ加入。フランクフルトでは公式戦29試合に出場して2ゴール3アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガで9試合に出場していた。 ▽デュッセルドルフのフリードヘルム・フンケル監督はバルコクの獲得について次のように語っている。 「彼はまだ若いが、すでにブンデスリーガでの経験を有しており、力強いプレーをもったMFだよ。良いテクニックと精力的なプレーを見せているね。来季はうちでさらなる飛躍を見せてくれることだろう。まだまだ彼には大きな伸び代がある」 2018.06.20 22:05 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース