宇佐美貴史が芸術弾で今季7得点目! ディッセルドルフは3連敗《ブンデスリーガ2部》2018.04.16 08:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FW原口元気とFW宇佐美貴史の日本代表勢が所属するデュッセルドルフは15日、ブンデスリーガ2部第30節でハイデンハイムのホームに乗り込み、1-3で敗れた。原口と宇佐美は共に先発。宇佐美は51分にシーズン7得点目を記録している。

▽首位に立つデュッセルドルフだが、この試合もピリッとしない。2トップの一角でプレーする原口や左サイドハーフに入った宇佐美が積極的にシュートを放っていくが、23分に先制を許してしまう。

▽それでも、左サイドでボールを受けた宇佐美は51分、対面した相手を小刻みなタッチで揺さぶり、右足インサイドのコントロールショット。弧を描いたシュートがゴール右隅に決まり、デュッセルドルフが追いついた。

▽しかし、ここからハイデンハイムの反撃を受けたデュッセルドルフは56分、79分に立て続けに失点。今シーズン初の3連敗となり、4節を残して2位ニュルンベルクとの勝ち点差が2ポイント差に縮まっている。

ハイデンハイム 3-1 デュッセルドルフ
【ハイデンハイム】
ドブダン(前23)
ドブダン(後11)
クラウス(後34)
【デュッセルドルフ】
宇佐美貴史(後6)

コメント

関連ニュース

thumb

守護神ツィーラー躍動のシュツットガルトvsデュッセルドルフはゴールレス! 宇佐美は今季初出場ならず《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、シュツットガルトvsデュッセルドルフが21日に行われ、0-0のドローに終わった。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽今季初白星を目指すシュツットガルトと、連勝を目指すデュッセルドルフによるフライデーナイト開催の一戦。今季公式戦初出場を目指すデュッセルドルフの宇佐美はベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりから中盤での潰し合いが目立ち、共になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。14分には中央を持ち上がったモラレスが際どいミドルシュートを放ち、ここからはデュッセルドルフの時間が続いていく。 ▽一方、最前線のゴメスまで良い形でボールを運べず、なかなか攻撃に厚みを出せないシュツットガルトもシンプルなアーリークロスやセットプレーを起点に反撃に転じていく。前半終盤にはアコロやゴメスがフィニッシュに絡むも、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、シュツットガルトが押し込む入りを見せるが、最初の決定機はデュッセルドルフに訪れる。50分と52分にいずれも右CKの流れからアイハン、ソボッカがボックス内で決定的な枠内シュートを放つが、GKツィーラーの2つのビッグセーブに阻まれる。 ▽一方、守護神の好守に救われたホームチームは後半に入ってゴメスとニコラス・ゴンサレスの2トップへの変更に加え、57分にアコロを下げてE・トミーを投入したものの、いずれの変化も攻撃の活性化に繋がらない。逆に、相手の鋭いカウンターに晒されるも、62分のピンチはドゥクシュのコントロールシュートを再びGKツィーラーがワンハンドセーブで弾き出す。 ▽その後もデュッセルドルフペースで試合が進む中、互いに交代カードを切っていく。ホームチームはドニス、エズカン、デュッセルドルフはヘニングス、ルケバキオと前線の選手を入れ替えていく。その後、モラレスに決定機が訪れたものの、これもシュツットガルト守護神に阻まれ、試合は0-0のままタイムアップ。 ▽守護神ツィーラーの再三のビッグセーブで勝ち点1を拾ったもののまたしても今季初勝利を逃したホームチームには試合後盛大なブーイングが浴びせられた。一方、連勝を逃したデュッセルドルフだが、3戦負けなしとなった。 2018.09.22 05:29 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史がスタートラインに…フォルトゥナ指揮官「練習している全員が選択肢に入る」

デュッセルドルフに所属する日本代表FW宇佐美貴史はようやくスタートラインに立ったようだ。フリードヘルム・フンケル監督は、15日に行われるブンデスリーガ第3節ホッフェンハイム戦での出場の可能性について言及している。<br><br>今夏、アウクスブルクから再びレンタルでフォルトゥナに戻った宇佐美は、家庭の事情により合流が遅れたことも影響し、今季これまで出場なし。本人もコンディション調整が遅れていることを認めており「他の選手は2回キャンプを行っていたので、いつも練習後も残っています。チームメイトが1回トレーニングする時、僕は2回分しないと」と、懸命に励んでいることを明かしていた。<br><br>そして、代表ウィーク中にはテストマッチに出場した宇佐美は過去に在籍したこともある古巣ホッフェンハイムとの試合で、今季初めてのメンバー入りを果たすことになるかもしれない。フンケル監督はこの一戦に向けた会見で取材陣に「ウサミは選択肢に入るか?」と問われると、頷きながら「現在、練習している全員が選択肢に入っている。ただ、どうするかについては明日の最終調整を終えてから選手たちに伝える」と返している。<br><br>ホッフェンハイム戦でも守備的なアプローチが予想される同監督だが、アタッカーの宇佐美の起用については具体的には明かしていない。しかし、ここからはコンディションではなく、チーム戦術や個人の調子などがメンバー入り・メンバー外の判断材料になると言えるだろう。<br><br>提供:goal.com 2018.09.15 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、テストマッチで高評価…地元紙「次節出場すべきなのは明らか」

フォルトゥナ・デュッセルドルフは7日、3部のKFCユルディンゲン05とテストマッチを行い、1-1と引き分けた。フル出場を果たしたMF宇佐美貴史は、高評価を得ている。地元メディア『WESTDEUTSCHE ZEITUNG』が伝えた。<br><br>昨季後半、デュッセルドルフで見事なパフォーマンスを披露し、ロシア・ワールドカップに日本代表メンバーとして参加した宇佐美。その後、一度は所属元のアウクスブルクへ戻ったものの、今季は再びデュッセルドルフにレンタルで加入した。<br><br>W杯の影響から合流が遅れたため、今季未だ公式戦の出場がない宇佐美だが、ユルディンゲンとのテストマッチにフル出場。クラブ公式ツイッターも「順調な仕上がりを見せた」と伝えるなど、コンディションが上がってきていることを伝えている。<br><br>『WESTDEUTSCHE ZEITUNG』は、「悲惨なテストマッチでのリハーサルが成功したならば、ウサミが次節に出場すべきなのは明らかだ。KFC戦において、日本人ウィンガーは2つのビッグチャンスを得た」と伝え、次節ホッフェンハイム戦には出場すべきとしている。<br><br>本人も「コンディションは上がっています。準備はできた」と語っており、代表ウィーク明け最初の試合での出場へ期待が高まっている。宇佐美は「夢の舞台」と語るブンデスリーガ1部で、活躍を見せることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.08 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

今季出場なしの宇佐美貴史、夢のブンデスリーガで活躍誓う「準備はできた」

今季はいまだ出場機会のないフォルトゥナ・デュッセルドルフMF宇佐美貴史だが、「準備は整った」と意気込みを語っている。ドイツ『エクスプレス』が伝えた。<br><br>昨季後半、デュッセルドルフで見事なパフォーマンスを披露し、ロシア・ワールドカップに日本代表メンバーとして参加した宇佐美。その後、一度は所属元のアウクスブルクへ戻ったものの、今季は再びデュッセルドルフにレンタルで加入した。<br><br>W杯の影響から合流が遅れたため、出場機会のない宇佐美。本人もコンディション調整が遅れているとしつつ、「他の選手は2回キャンプを行っていたので、いつも練習後も残っています。チームメイトが1回トレーニングする時、僕は2回分しないと」と、懸命に励んでいることを明かした。<br><br>そして、代表ウィーク明け後の15日に行われるブンデスリーガ第3節、ホッフェンハイム戦への出場に自信を見せた。<br><br>「コンディションは上がっています。準備はできた。決定は監督がしますが、完璧な試合をしたいですね」<br><br>また、昨季後半はチームメイトとして共闘し、今季はハノーファーへ移籍していった原口元気についてコメント。そして、ドイツ最高峰の舞台でプレーするのが夢だったと明かしている。<br><br>「誰もが、僕はゲンキと一緒に良くなっていったと言います。監督は(去年の)夏に来た時、ウィンターブレイク後にはもっと良くなると言っていました」<br><br>「今はチームメイトと良くコミュニケーションを取っています。ゲンキは今、敵となりました。僕はフォルトゥナにいて、彼はハノーファーにいます」<br><br>「ブンデスリーガは僕の夢です。この舞台でプレーしたい」<br><br>26歳MFは、ついに見つけた&ldquo;理想郷&rdquo;で再び活躍することができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.07 14:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、宇佐美ベンチ外のデュッセルドルフに1-1ドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第2節ライプツィヒvsデュッセルドルフが2日に行われ、1-1で引き分けた。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ入りしなかった。 ▽ドルトムントとの開幕節を1-4と逆転負けしたライプツィヒは、3日前に行われたヨーロッパリーグ・プレーオフでゾリャに劇的勝利を飾って本戦出場を果たした。そのゾリャ戦のスタメンからライプツィヒは大幅に8選手を変更。ヴェルナー、カンプル、イルザンカーのみ引き続きスタメンとなった。 ▽一方、合流の遅れで開幕節のアウグスブルク戦でベンチ外だったデュッセルドルフの宇佐美は引き続き欠場となった。 ▽開始2分にCKからA・ホフマンのヘディングシュートでゴールに迫ったデュッセルドルフが良い入りを見せると、6分にも決定機。サイド攻撃からドゥクシュのシュートが枠を捉えたが、GKグラーチの好守に阻まれた。 ▽立ち上がりのデュッセルドルフの猛攻を凌いだライプツィヒが徐々に押し込む流れとする中、36分にもデュッセルドルフに決定機。カウンターからジーセルマンが決定的なシュートを浴びせた。 ▽なかなかリズムに乗れないライプツィヒは、40分にようやくフォルスベリが初の枠内シュートをマークすると、1分後にはカンプルのシュートのルーズボールをオギュスタンが詰めるもオフサイドに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にデュッセルドルフが先制する。ジーセルマンがDFを引き付けて送ったラストパスをペナルティアーク中央のツィンマーマンがダイレクトで放ったシュートがネットを揺らした。 ▽失点を受けてブルマに代えてサビツァーを投入したライプツィヒが前がかっていくと、68分に追いついた。ムキエレが右サイドから入れたクロスをサビツァーが触ってファーサイドに流れると、オギュスタンが押し込んだ。 ▽70分にもフォルスベリがGKを強襲するシュートを浴びせたライプツィヒだったが、77分にピンチ。ラマンにスルーパスでディフェンスライン裏を突かれてシュートに持ち込まれる。しかし、GKグラーチが好守で凌いだ。 ▽直後、ヴェルナーが個人技で左ポスト直撃のシュートを浴びせたライプツィヒは、79分にはクーニャの豪快なバイシクルシュートでゴールに迫っていく。 ▽終盤、デンメに代えてY・ポウルセンを投入し、攻撃の枚数を増やしたライプツィヒだったが、逆転ゴールを奪うには至らず勝ち点1獲得に留まった。 2018.09.03 00:27 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース