PSVが2季ぶり24度目のリーグ制覇…アヤックス戦快勝《エールディビジ》2018.04.16 07:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽PSVが2017-18シーズンのエールディビジを制覇した。

▽首位のPSVは15日、エールディビジ第31節で2位のアヤックスをホームに迎えた。試合は一方的な展開となる。23分にガストン・ペレイロのゴールで先制したPSVは、続く38分にルーク・デ・ヨングが追加点。54分にスティーブン・ベルフワインがダメ押しの3点目を決め、PSGがアヤックスに3-0の快勝を収めた。

▽これにより、アヤックスとの勝ち点差を10ポイントに広げたPSVは、3節を残してエールディビジを制覇。2シーズンぶり24度目のリーグ優勝となる。

PSV 3-0 アヤックス
【PSV】
ガストン・ペレイロ(前23)
ルーク・デ・ヨング(前38)
スティーブン・ベルフワイン(後9)
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、フランクフルトやリーズも注視するPSVの若手MFロンバイクに興味

ローマが、PSVのU-19オランダ代表MFジャスティン・ロンバイク(19)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じた。 ロンバイクは、PSVのU-21チームに所属しており、中盤の攻撃的なポジションを主戦場としている。PSVのユースで育ち、U-16から世代別のオランダ代表に招集。U-19オランダ代表としては、2017年のユーロにも出場していた。 ローマは、スポーツディレクターを務めていたモンチ氏が退任し、新たにリッキー・マッサーラ氏が就任。ロンバイクはマッサーラ氏の目に留まったようだ。 ロンバイクとPSVの契約は2019年6月に切れるため、フリートランスファーで獲得できる掘り出し物。しかし、PSVも新契約の締結に動いているともされる。 また、ローマ以外にもフランクフルトとリーズ・ユナイテッドが興味を示しているとされ、PSVを含めた獲得競争に出ることになるようだ。 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、PSVの若きオランダ代表アタッカーに興味か…すでにクラブに接触とも

マンチェスター・ユナイテッドがオランダ代表FWステフェン・ベルグヴィン(21)の獲得に興味を抱いているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 PSV下部組織出身のベルグヴィンは、2014年にトップチーム昇格。2016-17シーズンから徐々に出場機会を増やし、昨シーズンはエールディビジ32試合8ゴール11アシストを記録してブレイク。今シーズンもここまで同リーグで17試合9ゴール8アシストとハイパフォーマンスを披露している。 今回、伝えられるところによると、ユナイテッドは20日に行われたエールディビジ第18節のエメンvsPSVにスカウトを派遣。すでにPSVにも接触しているようだ。 PSVはベルグヴィンの価値を2700万ポンド(約39億円)と評価。現在、リバプールやトッテナム、バイエルン、インテルといった欧州複数クラブが同選手に注目しており、若きオランダ人アタッカーの獲得に向けて争奪戦になる可能性がありそうだ。 2019.01.27 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンがPSVの"NEWロッベン"に関心か…ユナイテッドら複数クラブと争奪戦も

バイエルンが、PSVに所属するオランダ代表FWステフェン・ベルグヴィン(21)の獲得に興味を示しているようだ。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 バイエルンで長年両ウイングを務めている元フランス代表MFフランク・リベリ―(35)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)。しかし、2選手とも今シーズン限りでの退団が有力と各紙が報道しており、クラブが後釜獲得に動いていることも伝えられている。 今回伝えられるところによれば、バイエルンはPSVでブレイク中のベルグヴィンに興味を示しているようだ。しかし、インテルやマンチェスター・ユナイテッド、レバークーゼンも熱視線を送っているという。 2011年にアヤックスユースからPSVユースに移ったベルグヴィンは、2014年にトップチームに昇格。ドリブルを武器に、2016-17シーズンから徐々に出場機会を増やすと、翌年のエールディヴィジでは、32試合で8ゴール11アシストとブレイクを果たした。右利きながら"NEWロッベン"と評されるオランダ代表ドリブラーは、今シーズンもここまでリーグ戦17試合で9ゴール8アシストと圧巻のパフォーマンスを見せている。 ベルグヴィンの現行契約は2022年までであり、PSVはクラブレコードの移籍金での放出を希望している模様。これまでの最高額は2015年にユナイテッドに移籍したメンフィス・デパイであり、金額は3400万ユーロ(現在のレートで約42億5000万円)だ。また、ベルグヴィン当人は冬の移籍は考えていないと表明しており、今年夏の争奪戦が予想される。プレー時間の確保を重視していることも伝えられる中、バイエルンは競争を制することができるのだろうか。 2019.01.26 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、PSVからDFイジマ=ミランを獲得!

ベシクタシュは6日、PSVからフランス人DFニコラ・イジマ=ミラン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ヴァランシエンヌでプロキャリアをスタートした189cmのセンターバックは、モナコでのプレーを経て2014年にPSVへレンタル移籍で加入。その翌シーズンには完全移籍で正式にオランダ屈指の強豪の一員に。在籍期間を通じて公式戦130試合に出場し6ゴールを記録も、今季は首位を走るチームの中でリーグ戦1試合の出場にとどまっていた。 なお、ベシクタシュでは今冬にポルトガル代表DFペペら一部主力が退団しており、イジマ=ミランには同選手の後釜としての働きが求められる。 2019.01.07 16:56 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ロサーノ獲得レースをリードか

チェルシーが、PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)獲得競争をリードしているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)で切れ味鋭いドリブルで注目を集めたロサーノ。特に初戦の前回王者ドイツ代表戦では別格のパフォーマンスを披露し、決勝ゴールまで決めてみせた。 そして、最注目株として迎えた今シーズンもここまで公式戦27試合15ゴール8アシストを記録。大会直後に噂された複数ビッグクラブからの関心は現在でも継続して囁かれている。 今回の報道によると、中でも本命になり得ると伝えられているのがチェルシーだ。ロサーノ獲得に向けて、今冬に3900万ユーロ(約48億円)を支払う用意ができているという。また、その他ではミランとナポリが対抗に挙げられている。 チェルシーは先日、同じウイングタイプのアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチをドルトムントから獲得したことを発表。同選手に関して、今シーズン中はレンタルでドルトムントに残すことも伝えられているが、もしロサーノを射止められた場合にはすぐにトップチームに合流させるつもりでいるようだ。 2019.01.04 14:15 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース