今季アトレティコ退団の“エル・ニーニョ”、クラブ史上5人目のリーガ100ゴール!2018.04.16 09:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節でレバンテを本拠地ワンダ・メトロポリターノに迎え、3-0で勝利した。この試合に出場した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがメモリアルゴールを記録している。

▽先日に今シーズン限りでのアトレティコ・マドリー退団を発表したフェルナンド・トーレス。レバンテ戦の58分から出場すると、2点リードの77分に右からのクロスをゴール前で右足のボレーシュートで叩き込み、試合を決定付ける3点目をマークした。

▽これにより、“エル・ニーニョ”フェルナンド・トーレスは今シーズンのリーガエスパニョーラ3ゴール目(21試合に出場)。『Opta(@OptaJose)』によれば、アトレティコ・マドリーでのリーガエスパニョーラ通算100得点達成は、クラブ史上5人目となる。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル戦を控えるシメオネ、ヴェンゲル後任の可能性を否定「誰とも話していない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督はアーセン・ヴェンゲル監督の後任としてアーセナル就任のうわさを否定した。<br><br>20日、ヴェンゲル監督は22年間率いてきたアーセナルからの退任を発表。これを受け、多くの指揮官の名が後任候補として挙がっており、シメオネ監督はその中の一人として考えられている。しかし、26日に行われるヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグのアーセナル戦前の会見で「アーセナルの誰とも話をしていない。私はアトレティコでの仕事を愛している」とフランス人指揮官の後任となることを否定した。<br><br>さらに、ヴェンゲル監督について「彼は素晴らしいコーチであり、プロフェッショナルで、アーセナルのような非常に偉大なクラブでこれまで長期間政権を築けるだけの手腕を持っている。私のような若手コーチは彼から多くのことを学びたい」と賛辞を送った。<br><br>また、ハムストリングスの負傷から復帰したジエゴ・コスタの起用について明言を避けたシメオネ監督は、アーセナルのキーマンとしてメスト・エジルの名前を挙げている。<br><br>「彼は信じられないほどの視野を持っている。彼がアーセナルのペースを握っていて、彼が素早いプレーを求めるならそのようにチームの舵を切れる選手だ」<br><br>そして、アーセナル戦に向けて「アーセナルがめっぽう強いこのスタジアムで精神的に負い目を感じることなく選手たちがプレーできることを願っている。ファイナル行きをつかむために勇気が必要だ」と意気込みを語った。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.26 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】ヴェンゲル退任発表のガナーズが決勝進出を懸けて優勝候補アトレティコと初対決!《アーセナルvsアトレティコ・マドリー》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグ、アーセナルvsアトレティコ・マドリーが日本時間26日28:05にアーセナル・スタジアムでキックオフされる。初顔合わせとなったアーセナルとアトレティコの優勝候補2チームによる、事実上の決勝戦の第1ラウンドだ。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)敗退組CSKAモスクワとの準々決勝を2戦合計6-3で制したアーセナルは、クラブ史上初のEL制覇と来季CL出場権獲得へまた一歩近づいた。しかし、国内リーグでは前々節のニューカッスル戦で公式戦8試合ぶりの敗戦を喫すると、20日には22年間クラブを率いてきたヴェンゲル監督の今季限りでの退任が発表され、クラブに激震が走った。それでも、直近のウェストハムとのダービーでは一時追いつかれながらも終盤のゴールラッシュで4-1の大勝。フランス人指揮官に有終の美を飾らせようと、チームは再び一丸となった姿勢を見せている。 ▽一方、スポルティング・リスボンとの準々決勝を1勝1敗で終えるも2戦合計2-1で逃げ切りベスト4進出を果たしたアトレティコ。だが、勤続疲労や選手層の薄さが目立つチームは、国内リーグ前々節のレアル・ソシエダ戦で0-3の完敗を喫すると、前節のベティス戦もゴールレスドローで終え2戦未勝利。この結果、リーガ逆転優勝の可能性はほぼゼロとなった。そのため、新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの最初のシーズンを良い形で終えるためにもクラブ史上3度目のEL制覇は必須だ。 ▽共にヨーロッパのコンペティションの常連同士ながら公式戦では初対決となる。唯一、2009年のエミレーツカップで対戦した際にはアーセナルが2-1で勝利している。また、両チームに在籍した古巣対戦の選手もおらず、非常にフレッシュな顔合わせとなる。その一方で、アーセナルでは元レアル・マドリーMFエジル、チェルシーでは元チェルシーのFWジエゴ・コスタ、FWトーレス、DFフィリペ・ルイスとかつてライバルチームに在籍したプレーヤーもいる。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【4-2-3-1】</div> ▽アーセナル予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チェフ DF:ベジェリン、ムスタフィ、コシエルニー、モンレアル MF:ラムジー、ジャカ MF:エジル、ウィルシャー、ウェルベック FW:ラカゼット 負傷者:MFカソルラ、ムヒタリアン、エルネニー、ウィルシャー、エジル 出場停止者:FWオーバメヤン ▽レギュレーションの問題でオーバメヤンが登録メンバー外となり引き続き欠場する。負傷者に関してはカソルラ、ムヒタリアンに加えて、直近のウェストハム戦で負傷したエルネニーの欠場が確定。また、ウィルシャーやエジルのコンディションも危ぶまれる。 ▽システムは局面によってジャカがアンカーに近い立ち位置を取る[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。もちろん、2トップのアトレティコ対策として[3-4-3]のオプションもあるが、勝利が求められるホームでの初戦だけにヴェンゲル監督がサプライズを行う可能性は低い。前線の構成に関してはウィルシャーやエジルの状態次第でイウォビが代役を担うことになる。 <div style="text-align:center;">◆アトレティコ・マドリー◆ 【4-4-2】</div> ▽アトレティコ・マドリー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:オブラク DF:ヴルサリコ、サビッチ、ゴディン、リュカ MF:コレア、トーマス、サウール、コケ FW:ガメイロ、グリーズマン 負傷者:DFフィリペ・ルイス、フアンフラン、FWジエゴ・コスタ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはフィリペ・ルイスとフアンフランのベテランサイドバックが共に欠場する。その一方で、筋肉系のトラブルで直近3試合を欠場したジエゴ・コスタは遠征メンバー入りを果たしており、復帰の可能性を残す。 ▽ジエゴ・コスタの先発起用が難しいため、オプションの[4-1-4-1]の可能性はなく[4-4-2]の採用が濃厚だ。注目は中盤のメンバー構成とグリーズマンの相棒。アウェイ仕様でより守備的に戦うならば、コレア(ビトロ)に代えてガビを起用する“クアトロ・ピボーテ”も考えられる。また、前線でよりタメを作ることを考えれば、ガメイロではなく高さと強さのトーレスを起用するはずだ。 ★注目選手 ◆アーセナル:FWアレクサンドル・ラカゼット<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アーセナルの注目プレーヤーは、昨夏加入が内定していた意中のクラブと対峙するラカゼットだ。昨夏、アトレティコ移籍がクラブ間、個人ともに内定していたラカゼットだったが、FIFAからの補強禁止処分の影響で移籍は破談に終わり、新天地はアーセナルとなった。そのアーセナルではシーズン序盤こそ結果を残せたものの、その後は低迷するチームと共に自身も思うように結果を残せず。それでも、ヒザの手術から復帰して以降の公式戦6試合では6ゴールを挙げる活躍を見せており、レギュレーションの問題でオーバメヤンを起用できないELではエースストライカーの役目を担う。盟友グリーズマンを含め本来チームメートになるはずだったアトレティコの面々を相手にきっちり仕事を果たしたい。 ◆アトレティコ・マドリー:FWアントワーヌ・グリーズマン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180425_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アトレティコの注目プレーヤーはグリーズマンだ。今季もアトレティコのエースとして活躍するグリーズマンだが、シーズンを通してパフォーマンスに波がある。今シーズンのリーガでは前半戦19試合で5ゴールと得点力不足に苦しんだ一方、後半戦に入ってからは2度のハットトリック(1試合は4ゴール)を含む14ゴールを記録している。ただ、直近の公式戦5試合では3ゴールを記録しているものの、試合毎のパフォーマンスのばらつきが目立っており、ややエースとして信頼感にかける状態だ。今回の一戦に向けては頼れる相棒、ジエゴ・コスタの不在が予想されており、前線で孤立を強いられる可能性が高い。その中でガメイロやコレアと連携しながら少ない決定機を確実に決め切る勝負強さが求められる。 2018.04.26 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオがデ・フライ後釜にアトレティコの闘将をリストアップ!

▽ラツィオがアトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)をリストアップしているようだ。イタリア『La Repubblica』が報じている。 ▽ラツィオでは今季限りで契約が満了するオランダ代表DFステファン・デ・フライ(26)が契約延長交渉に応じず、今季終了後にフリートランスファーでインテルに加入することが既定路線となっている。そのため、同クラブはデ・フライに代わる新たなディフェンスリーダーの確保が急務となっている。 ▽現在、ラツィオがその有力候補としてリストアップしているのは、2010年から8年間にわたってアトレティコの最終ラインを支えてきたゴディンだという。ゴディンとアトレティコの現行契約は2019年までとなっており、より安価な移籍金で獲得が可能な模様だ。 ▽アトレティコの実質的なキャプテンであり、ディエゴ・シメオネ監督との厚い信頼関係を考えれば、ゴディンの獲得は決して簡単なオペレーションとはいえない。しかし、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得可能な位置にいるラツィオとしては百戦錬磨のベテランDFを何とか迎え入れたいところだ。 ▽なお、ラツィオにはウルグアイ代表のチームメートであるDFマルティン・カセレスが在籍しており、“セレステ(ウルグアイ代表の愛称)”の同僚を同じチームカラーである“ビアンコセレスティ(ラツィオの愛称)”に勧誘するよう、すでにクラブ側から働きかけがあるかもしれない。 2018.04.26 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

名将の年俸トップ5は? 仏誌が発表

▽フランス『フランス・フットボール』が、高額年俸を受け取っている名将たちのトップ5を発表した。 ▽現在最も多くの年俸を受け取っているのがマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督だ。昨シーズンから赤い悪魔の指揮を執るポルトガル人指揮官は今年1月に2020年まで契約を延長。その際に200万ユ―ロ増加の年俸2600万ユ―ロ(約34億5000万円)の契約を結んだようだ。 ▽それに次ぐのが中国代表マルチェロ・リッピ監督だ。2016年10月に広州恒大から中国代表に籍を移した元イタリア代表監督の年俸は2300万ユ―ロ(30億5000万円)とのこと。中国バブルの恩恵を受け取っている形だ。 ▽3番目は、意外(?)にも思えるかもしれないが、ディエゴ・シメオネ監督となっている。アトレティコ・マドリーで7シーズン目を迎えているアルゼンチン人監督は、昨年9月に2020年まで契約を延長。現在は2200万ユ―ロ(約29億2000万円)もの年俸になっており、後に続くジネディーヌ・ジダン監督やジョゼップ・グアルディオラ監督を凌ぐ報酬を受け取っている。 ▽レアル・マドリーのジダン監督とマンチェスター・シティのグアルディオラ監督は、それぞれ年俸2100万ユ―ロ(約27億9000万円)と2000万ユ―ロ(約26億6000万円)となっている。今季シティをプレミアリーグ優勝に導いたグアルディオラ監督に関しては契約延長も囁かれており、新契約ではモウリーニョ監督を超える額を受け取ることも予想される。 2018.04.24 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

すべてを勝ち取ったF・トーレスだが…アトレティコでのタイトル獲得に燃える「ELを争えることは特権」

今季限りでアトレティコ・マドリーを退団するFWフェルナンド・トーレスが、準決勝まで進出しているヨーロッパリーグ優勝に意欲を燃やした。<br><br>EURO(2回)、ワールドカップ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグの国際タイトルをすべて手中に収めた唯一の選手であるF・トーレスだが、移籍前、復帰後合わせて10シーズン在籍しているアトレティコでは、リーガ2部優勝しか達成していない。<br><br>やはり、心のクラブでのタイトル獲得には、並々ならぬ意欲があるのだろう。22日のリーガ・エスパニョーラ第34節、本拠地ワンダ・メトロポリターノでのベティス戦後(0-0)に会見に出席したエル・ニーニョ(F・トーレスの愛称、子供の意)は、今季唯一獲得可能なタイトルとなったヨーロッパリーグについて、次のように語った。<br><br>「過去のことではなく、ここから最後までに、どういったことが起こるのかを考えたい。僕たちは、皆が期待を抱える重要な大会に臨んでいる。あと2試合で、決勝まで到達できるんだよ。これがアトレティコで獲得する最初のタイトルになるかもしれない。僕にとって、それが最も大切だ」<br><br>アトレティコがヨーロッパリーグ準決勝で対戦する相手は、アーセン・ヴェンゲル監督の退任が決定したアーセナルだ。<br><br>「アーセナルは知られたチームで、僕たちは彼らがどんなプレーするか、イングランドでどんなパフォーマンスを見せているかを把握している。誰もがプレーすることを望む試合だね。ヨーロッパリーグのタイトルを争えるのは、特権だと思っている」<br><br>後半の途中から出場してリーガ1部通算100ゴール目を決めたレバンテ戦、ハーフタイムからピッチに立ったレアル・ソシエダ戦、そしてフル出場を果たしたベティス戦と、F・トーレスは退団発表直後から出場機会を増やしている。<br><br>「この数週間には満足している。良い感覚を得られているし、出場時間だって増えた。チームメートを助ける機会を得られることこそ、僕を幸せにしてくれる。試合を終える度に、アトレティコで過ごす日々が日一日と減っていく。でも、今は前よりも良い状況にある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.24 04:40 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース