レーティング:ラツィオ 0-0 ローマ《セリエA》2018.04.16 05:52 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が15日にスタディオ・オリンピコで行われ、。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ストラコシャ 6.0
的確なポジショニングでシュートコースを切り、最後にゼコのヘディングシュートを阻止

DF
27 ルイス・フェリペ 6.5
前に出ていく攻撃的な守備でゼコらに食らいついた

3 デ・フライ 6.0
周囲の味方をうまく使いながら自身は危険なスペースを的確に埋めた

26 ラドゥ 4.5
気迫の守備を続けたが、幾度も裏を取られた挙句に退場…

MF
77 マルシッチ 5.5
周囲を押し出す後方支援を担ったが、試合終盤に果敢な攻撃参加で決定機に絡んだ

16 パローロ 6.0
球際で戦う姿勢を前面に押し出し得意の飛び出しで攻撃のアクセントにもなった

6 ルーカス・レイバ 5.5
早い時間帯のカードによってボールホルダーに対して、タイトに行き切れず。それでも、経験を生かした守備で相手のプレーを限定した

21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5
前半はやや守備に重きを置いたが、後半は空中戦の競り合いや収めるプレーで決定機に絡んだ

19 ルリッチ 5.5
キャプテンとして戦う姿勢を見せたが、徐々にサイドの争いで劣勢に

(→J・ルカク 5.5)
前回対戦に続いて積極的な仕掛けでアクセントに

FW
10 フェリペ・アンデルソン 6.0
体幹の強さと姿勢の良いドリブルでチームに推進力を与えた

(→L・アルベルト 5.5)
アンデルソンとは異なるラストパスやキープ力で攻撃に変化を付けた

17 インモービレ 5.0
裏への意識を見せたが、相手の屈強なセンターバック相手に潰される場面が目立った

(→バストス -)

監督
S・インザーギ 6.0
中2日の難しいコンディションの中で勇敢に戦い、数的不利を背負いながらも最低限の結果を手にした

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 6.0
冷静に背後のスペースをケア。ビルドアップにも積極的に絡んだ

DF
20 ファシオ 6.5
ミリンコビッチ=サビッチとの空中戦やインモービレやアンデルソンとの地上戦でも互角以上に対応

44 マノラス 6.0
読みを利かせた好守備で幾度もチームを救った。筋肉系のトラブルで負傷交代

(→フロレンツィ 5.5)
体調不良を抱えた中、ややいつもに比べて精度を欠いた

5 ファン・ジェズス 6.0
早い時間帯にカードをもらったものの、身体の強さを生かして粘りの対応を続けた

MF
25 ブルーノ・ペレス 6.0
前半の絶好機は決めたかった。ただ、爆発的な走力で幾度か良い攻撃参加を見せた

(→エル・シャーラウィ -)

6 ストロートマン 6.5
攻守の切り替えの意識が高く中盤でうまく相手の攻撃を遅らせた

16 デ・ロッシ 6.0
中盤で攻守に難しい仕事を危なげなくこなした。悪癖の癇癪を起さず、冷静な対応が光った

11 コラロフ 6.0
押し込まれて守備の時間が続くも堅実な守備で貢献

FW
14 シック 5.5
バルセロナ戦同様にハードワークで貢献。しかし、またしても移籍後初のセリエAゴールはならず

(→ジェンギズ・ユンデル 5.5)
勝負を決めることはできなかったが、ジョーカー役としてはまずまずの出来

9 ゼコ 6.0
相手の徹底マークにあった中、ポストプレーで周囲を生かす。惜しむらくは終盤の3連発のいずれかを決めたかった

4 ナインゴラン 6.0
中盤でのバトルで躍動。また、正確なラストパスで幾つかの決定機も創出

監督
ディ・フランチェスコ 5.5
相手の出足の鋭さに苦しむも粘りの守備やアクシデントによる4バック変更など臨機応変に対応

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファシオ(ローマ)
▽両チームを通じて飛びぬけたパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、相手の多彩な攻めを受け切り、攻撃の場面でも貢献を見せたジャッロロッソのコマンダンテをMOMに選出。

ラツィオ 0-0 ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

アリソンの退団決定的もローマFWは強気の姿勢…主力が続々退団も立ち直ってきた過去

ローマに所属するディエゴ・ペロッティはGKアリソンの退団について大きな損失になると認めつつ、クラブは立ち直ることができると主張している。イタリア『スカイ』が報じた。<br><br>アリソンは昨シーズン、セリエA37試合でわずか28失点とチームの堅守に貢献。チャンピオンズリーグの準決勝進出の立役者ともなったが、今夏はリバプール行きが濃厚となっている。6700万ポンド(約98億8000万円)で合意に至っているとも伝えられ、正式発表も間もなくとのこと。<br><br>昨シーズンはモハメド・サラーを失い、さらに今夏はラジャ・ナインゴランの放出が決まったローマにとっては、さらなる主力の流出となる。それでも、ペロッティはクラブがこの苦境にも対処できると話す。<br><br>「アリソンは僕らにとって本当に重要なキーパーだった。多くのセーブでポイントと試合を勝ち取ってくれた。しかし、これがフットボールの世界だ。チームはあらゆる方面で改善のために動いている。シーズンの終わりまでどうなるか見てみよう」<br><br>「確かにアリソンは素晴らしいやつだし、ロッカールームでも強い影響力を持っていたから大きな損失だ。彼が行ってしまうのは残念だけど、人生もそういうものだ。サラーもナインゴランも去ったが、ローマは進み続ける。昨シーズンと同じようにしないとね」<br><br>ローマは主力を放出している一方で、ハビエル・パストーレ、ユースティン・クライファート、ダビデ・サントンなどを獲得している。<br><br>近年はサラーの他にもミラレム・ピャニッチやフランチェスコ・トッティの引退など、多くのスターを失ってきたローマだが、2013-14シーズン以降は4位以下を取ったことがない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アリソンがリバプールへ移動、ローマファンには「ありがとう」

▽ローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)が18日、移籍先のリバプールへ飛び立ったようだ。 ▽ローマのチャンピーノ空港で姿を捉えられたアリソンは、イタリア『スカイ・スポーツ』の直撃を受けて、「ローマファンにありがとうと言いたい。申し訳ないけど、あとでまた話をするよ」とコメント。 ▽今後、21日にリバプールでメディカルチェックを受ける予定となっているようだ。 ▽リバプールはアリソン獲得に向けて、ローマが要求していたGKの史上最高移籍金となる7500万ユーロ(約98億5000万円)をボーナス込みで提示し、ローマが受け入れたと報じられている。 2018.07.19 03:52 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍金98億円でアリソンのリバプール移籍が合意と報道

▽リバプールがローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の獲得で合意に至ったようだ。『スカイ・イタリア』やイギリス『ガーディアン』が報じている。 ▽リバプールはローマが要求していた移籍金7500万ユーロ(約98億5000万円)をボーナス込みで提示し、ローマが受け入れたとのことだ。なお移籍金は2年分割になると報じられている。 ▽2017-18シーズンにローマで正GKの座を掴んだアリソンは、ロシア・ワールドカップでもブラジルの正GKを務めた。 ▽これまでGKの史上最高移籍金は元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがパルマからユベントスに移籍した際の5300万ユーロだったが、リバプールはその額を大きく上回る移籍金を提示した格好だ。 2018.07.18 23:52 Wed
twitterfacebook
thumb

世界と肩を並べる日本が誇る史上最高のプレーヤー・中田英寿

▽サッカー界には数多くのレジェンドが存在する。ブラジルには“神様”と呼ばれるペレ、アルゼンチンには“神の子”と呼ばれるディエゴ・マラドーナ、ドイツには“皇帝”と呼ばれるフランツ・ベッケンバウアー。その他にも、それぞれの国で伝説的な選手として多くを語られる選手が居る。 ▽日本にもレジェンドは存在する。メキシコ・オリンピックの銅メダル獲得に貢献した釜本邦茂、50歳を超えた現在でも現役でプレーを続けている“キングカズ”こと三浦知良。そして、特別な異名こそ無いものの日本サッカー史に名を残したレジェンドが居る。“ヒデ”の愛称で知られる中田英寿だ。 ▽幼いころにサッカーを始めた中田は、U-15日本代表に選出。その後は、全ての年代別日本代表に選出され、U-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)、U-19アジアユース、ワールドユース(現U-20ワールドカップ)、そしてオリンピックと、世代別の国際大会に全て“飛び級”で出場していた。 ▽オリンピックには、19歳の時にアトランタ・オリンピック、そして23歳でシドニー・オリンピックに出場。オーバーエイジではなく、2度出場した珍しい経歴を持つ。Jリーグ入団時も多くのクラブがオファーを出し、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)に入団。国内でその実力を見せつけ、20歳の1997年に日本代表デビューを果たした。 ▽中田は、21歳で1998年のフランス・ワールドカップに出場。司令塔として、中盤でゲームメイクを担っていた中田のプレーは、チームは3連敗で終わったものの、欧州各クラブのスカウトの目に留まった。アーセナルやユベントスなどからも声が掛かっていたが、中田はペルージャを選択し、セリエAに挑戦した。 ▽ペルージャでは、開幕戦のユベントス戦で2ゴールを挙げるセンセーショナルなデビュー。セリエA1年目にして10ゴールを達成し、イタリア国内に大きなインパクトを与えることに。2年目のシーズン途中にはローマへと移籍。その後、日本人として初となるセリエA優勝メンバーとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sega20180711_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽中田は、トップ下のポジションで長年プレーし、相手との駆け引きから生まれるスルーパスを得意としていた。ローマでは、エースであるFWフランチェスコ・トッティとのポジション争いの影響で、ボランチを経験。パルマに移籍してからは3トップの右サイドを任されることも増えた。パルマ時代には、アドリアーノ、アドリアン・ムトゥとのコンビが旋風を巻き起こし、『トリアイナ(三叉の槍)』と称されていた。 ▽ワールドカップでは、1998年のフランス大会に続き、2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会に出場。2002年の日韓大会では、グループステージ第3戦のチュニジア代表戦で、ダイビングヘッドから自身のワールドカップ初ゴールを記録。ドイツ・ワールドカップのブラジル代表戦後、センターサークルで天を仰いだ姿は記憶に残っていることだろう。この大会を最後に、現役を引退した。 ▽類稀なるサッカーセンスを持ち、視野の広さ、フィジカルの強さ、正確なパス、ゲームと読む力と日本サッカー史上最高の選手とも言える中田英寿。そんな中田が、現在好評配信中のサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド(サカつくRTW)』に登場する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>中田英寿が登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> ▽ゲーム内に登場する中田英寿は、“スルーパス”や“ミドルシュート”のスキルを持っており、“光プレイ”と呼ばれるシュートでは、前述のイタリア名門チームを優勝に導いた伝説のミドルシュートが再現されている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sega20180711_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽そんな中田英寿が★5選手として獲得できるスカウトは、7月25日(水)の10時59分まで開催。さらに、『サカつくRTW』にログインするだけで、「★3 中田英寿(ルーキー)」を獲得できるログインボーナスキャンペーンも開催中! この機会に日本を代表するレジェンド中田英寿をぜひ『サカつくRTW』で獲得しよう。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>中田英寿が登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> 2018.07.18 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、ブラジル代表GKアリソン獲得へGK史上最高の移籍金92億円提示か

▽リバプールがローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)獲得に向けてGK史上最高額の移籍金となる7000万ユーロ(約92億3000万円)を提示するようだ。イギリス『BBC』が報じている。 ▽2017-18シーズン、ローマで正GKの座を掴み、ロシア・ワールドカップでもブラジルの正GKを務めたアリソンに対し、リバプールはチャンピオンズリーグ決勝でミスを犯すなど不安定さが目に付くドイツ人GKロリス・カリウスに代わる新守護神として注目。 ▽これまでGKの史上最高移籍金は元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがパルマからユベントスに移籍した際の5300万ユーロだったが、リバプールはその額を大きく上回る7000万ユーロを提示し、ローマの守護神を引き抜く意思を固めているようだ。 ▽なお、アリソンにはレアル・マドリーへの移籍が噂されるベルギー代表GKティボー・クルトワの後釜としてチェルシーも獲得に興味を示しており、一足早くリバプールが動いた格好となっている。 2018.07.18 03:24 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース