レーティング:ラツィオ 0-0 ローマ《セリエA》2018.04.16 05:52 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が15日にスタディオ・オリンピコで行われ、。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ストラコシャ 6.0
的確なポジショニングでシュートコースを切り、最後にゼコのヘディングシュートを阻止

DF
27 ルイス・フェリペ 6.5
前に出ていく攻撃的な守備でゼコらに食らいついた

3 デ・フライ 6.0
周囲の味方をうまく使いながら自身は危険なスペースを的確に埋めた

26 ラドゥ 4.5
気迫の守備を続けたが、幾度も裏を取られた挙句に退場…

MF
77 マルシッチ 5.5
周囲を押し出す後方支援を担ったが、試合終盤に果敢な攻撃参加で決定機に絡んだ

16 パローロ 6.0
球際で戦う姿勢を前面に押し出し得意の飛び出しで攻撃のアクセントにもなった

6 ルーカス・レイバ 5.5
早い時間帯のカードによってボールホルダーに対して、タイトに行き切れず。それでも、経験を生かした守備で相手のプレーを限定した

21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5
前半はやや守備に重きを置いたが、後半は空中戦の競り合いや収めるプレーで決定機に絡んだ

19 ルリッチ 5.5
キャプテンとして戦う姿勢を見せたが、徐々にサイドの争いで劣勢に

(→J・ルカク 5.5)
前回対戦に続いて積極的な仕掛けでアクセントに

FW
10 フェリペ・アンデルソン 6.0
体幹の強さと姿勢の良いドリブルでチームに推進力を与えた

(→L・アルベルト 5.5)
アンデルソンとは異なるラストパスやキープ力で攻撃に変化を付けた

17 インモービレ 5.0
裏への意識を見せたが、相手の屈強なセンターバック相手に潰される場面が目立った

(→バストス -)

監督
S・インザーギ 6.0
中2日の難しいコンディションの中で勇敢に戦い、数的不利を背負いながらも最低限の結果を手にした

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 6.0
冷静に背後のスペースをケア。ビルドアップにも積極的に絡んだ

DF
20 ファシオ 6.5
ミリンコビッチ=サビッチとの空中戦やインモービレやアンデルソンとの地上戦でも互角以上に対応

44 マノラス 6.0
読みを利かせた好守備で幾度もチームを救った。筋肉系のトラブルで負傷交代

(→フロレンツィ 5.5)
体調不良を抱えた中、ややいつもに比べて精度を欠いた

5 ファン・ジェズス 6.0
早い時間帯にカードをもらったものの、身体の強さを生かして粘りの対応を続けた

MF
25 ブルーノ・ペレス 6.0
前半の絶好機は決めたかった。ただ、爆発的な走力で幾度か良い攻撃参加を見せた

(→エル・シャーラウィ -)

6 ストロートマン 6.5
攻守の切り替えの意識が高く中盤でうまく相手の攻撃を遅らせた

16 デ・ロッシ 6.0
中盤で攻守に難しい仕事を危なげなくこなした。悪癖の癇癪を起さず、冷静な対応が光った

11 コラロフ 6.0
押し込まれて守備の時間が続くも堅実な守備で貢献

FW
14 シック 5.5
バルセロナ戦同様にハードワークで貢献。しかし、またしても移籍後初のセリエAゴールはならず

(→ジェンギズ・ユンデル 5.5)
勝負を決めることはできなかったが、ジョーカー役としてはまずまずの出来

9 ゼコ 6.0
相手の徹底マークにあった中、ポストプレーで周囲を生かす。惜しむらくは終盤の3連発のいずれかを決めたかった

4 ナインゴラン 6.0
中盤でのバトルで躍動。また、正確なラストパスで幾つかの決定機も創出

監督
ディ・フランチェスコ 5.5
相手の出足の鋭さに苦しむも粘りの守備やアクシデントによる4バック変更など臨機応変に対応

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファシオ(ローマ)
▽両チームを通じて飛びぬけたパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、相手の多彩な攻めを受け切り、攻撃の場面でも貢献を見せたジャッロロッソのコマンダンテをMOMに選出。

ラツィオ 0-0 ローマ
コメント
関連ニュース
thumb

ローマがナチョ獲得に動く? ミリトン加入でチャンス到来

ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(29)に関心を寄せているようだ。『フットボール・イタリア』がスペイン『アス』の情報をもとに伝えている。 昨夏に引き続き、ローマの照準はスペイン代表DFに絞られているようだ。モンチSD(スポーツ・ディレクター)が退団したことで補強方針に多少の変化が予想されるローマだが、ナチョへの関心は変わらず今夏にも獲得に動く可能性が高いという。 ユースからマドリーで過ごすナチョだが、今季は公式戦24試合の出場と、やや物足りない成績となっている。加えて、マドリーが新たにブラジル代表DFエデル・ミリトンを獲得したことで、来季はさらに出場機会を減らす恐れがあることも、ナチョが移籍に動く理由であるとメディアは指摘している。 ナチョの契約は2020年まで。30歳手前にして新たなステップに挑戦することに何ら不思議はない。 2019.03.22 16:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、フランクフルトやリーズも注視するPSVの若手MFロンバイクに興味

ローマが、PSVのU-19オランダ代表MFジャスティン・ロンバイク(19)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じた。 ロンバイクは、PSVのU-21チームに所属しており、中盤の攻撃的なポジションを主戦場としている。PSVのユースで育ち、U-16から世代別のオランダ代表に招集。U-19オランダ代表としては、2017年のユーロにも出場していた。 ローマは、スポーツディレクターを務めていたモンチ氏が退任し、新たにリッキー・マッサーラ氏が就任。ロンバイクはマッサーラ氏の目に留まったようだ。 ロンバイクとPSVの契約は2019年6月に切れるため、フリートランスファーで獲得できる掘り出し物。しかし、PSVも新契約の締結に動いているともされる。 また、ローマ以外にもフランクフルトとリーズ・ユナイテッドが興味を示しているとされ、PSVを含めた獲得競争に出ることになるようだ。 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook
thumb

”イケメンの天才肌”パストーレ、母国帰還か

ローマに所属する元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(29)に母国帰還の可能性が浮上した。アルゼンチン『TNT Sports』が報じた。 パストーレは昨夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からローマに加入。2010-11シーズンのパレルモ以来となるセリエA復帰に湧いたが、ケガやイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの台頭により、ここまで公式戦わずか14試合の出場(3得点1アシスト)にとどまっている。 そのパストーレに対して、アルゼンチン屈指の強豪リーベル・プレートが関心を示しているという。左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったコロンビア代表MFフアン・フェルナンド・キンテーロの穴埋めとして、獲得を検討している模様だ。 なお、パストーレが帰国を決断したとなれば、ウラカンに在籍した2009年以来の母国凱旋となる。フットボール界屈指の“男前ファンタジスタ”の決断はいかに…。 2019.03.19 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、状況次第でマノラス獲得チャンスか

マンチェスター・ユナイテッドがある条件を満たせば、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)を獲得できるかもしれない。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』がイタリア『カルチョメルカート』を情報源に報じた。 その条件とは、チャンピオンズリーグ(CL)に出場できるか否かだ。マノラスはCL出場を重視しているとみられ、現時点でセリエA5位につけるローマが出場圏内のトップ4入りを逃した場合、今シーズン終了後に移籍を望む姿勢だという。 そうなれば、ユナイテッドにマノラスの獲得チャンスが巡ってくる格好。ただ、こちらも現時点でプレミアリーグ4位のアーセナルに2ポイント差の5位という状況であり、この機会を生かすも殺すもユナイテッドの今後次第となる様相だ。 なお、ローマが設定するマノラスの契約解除条項額は推定3600万ユーロ(約45億4000万円)。長らくセンターバック強化を狙うユナイテッドは、その候補の1人として挙がり続けてきたマノラスを獲得できるか。今後に注目だ。 2019.03.19 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベGK、古巣の内情明かす「真のローマ主将はトッティでなくデ・ロッシだった」

ユベントスに所属するGKヴォイチェフ・シュチェスニーが、ポーランドのYouTubeチャンネル『Foot Truck』のインタビューの中で古巣ローマについて語った。<br><br>シュチェスニーは2015年から2シーズンにわたってローマの守護神を務めたが、当時はまだ現役でプレーしていたクラブ生え抜きのレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏について語った。<br><br>「ファンはトッティに夢中になっていたが、クラブにとっては健康的でなかったのかもしれない。上手く行かないときに、彼がウォーミングアップを始めたり、ピッチに入ったりすることで、スタジアムの観衆は目を覚まし、試合が新たにスタートするかのようだった。トッティはクラブのレジェンドだが、その存在はあまりに大きく、チーム全体を凌駕しているようだった」<br><br>だがローマにおいて、真の意味でリーダーの役割を担っていたのは、主将を務めていたトッティではなく、同じくローマ下部組織出身で7歳年下のMFダニエレ・デ・ロッシであったと、ユーヴェGKは振り返る。<br><br>「僕の印象では、チームにおいて、常にデ・ロッシが真のカピターノ(主将)だったと思う。ある種の視点からは、『トッティがいてローマがある』と言えたかもしれない。一方、ダニエレは、まさにロッカールーム内の中心人物だった」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.17 21:10 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース