レーティング:ラツィオ 0-0 ローマ《セリエA》2018.04.16 05:52 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が15日にスタディオ・オリンピコで行われ、。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ストラコシャ 6.0
的確なポジショニングでシュートコースを切り、最後にゼコのヘディングシュートを阻止

DF
27 ルイス・フェリペ 6.5
前に出ていく攻撃的な守備でゼコらに食らいついた

3 デ・フライ 6.0
周囲の味方をうまく使いながら自身は危険なスペースを的確に埋めた

26 ラドゥ 4.5
気迫の守備を続けたが、幾度も裏を取られた挙句に退場…

MF
77 マルシッチ 5.5
周囲を押し出す後方支援を担ったが、試合終盤に果敢な攻撃参加で決定機に絡んだ

16 パローロ 6.0
球際で戦う姿勢を前面に押し出し得意の飛び出しで攻撃のアクセントにもなった

6 ルーカス・レイバ 5.5
早い時間帯のカードによってボールホルダーに対して、タイトに行き切れず。それでも、経験を生かした守備で相手のプレーを限定した

21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5
前半はやや守備に重きを置いたが、後半は空中戦の競り合いや収めるプレーで決定機に絡んだ

19 ルリッチ 5.5
キャプテンとして戦う姿勢を見せたが、徐々にサイドの争いで劣勢に

(→J・ルカク 5.5)
前回対戦に続いて積極的な仕掛けでアクセントに

FW
10 フェリペ・アンデルソン 6.0
体幹の強さと姿勢の良いドリブルでチームに推進力を与えた

(→L・アルベルト 5.5)
アンデルソンとは異なるラストパスやキープ力で攻撃に変化を付けた

17 インモービレ 5.0
裏への意識を見せたが、相手の屈強なセンターバック相手に潰される場面が目立った

(→バストス -)

監督
S・インザーギ 6.0
中2日の難しいコンディションの中で勇敢に戦い、数的不利を背負いながらも最低限の結果を手にした

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 6.0
冷静に背後のスペースをケア。ビルドアップにも積極的に絡んだ

DF
20 ファシオ 6.5
ミリンコビッチ=サビッチとの空中戦やインモービレやアンデルソンとの地上戦でも互角以上に対応

44 マノラス 6.0
読みを利かせた好守備で幾度もチームを救った。筋肉系のトラブルで負傷交代

(→フロレンツィ 5.5)
体調不良を抱えた中、ややいつもに比べて精度を欠いた

5 ファン・ジェズス 6.0
早い時間帯にカードをもらったものの、身体の強さを生かして粘りの対応を続けた

MF
25 ブルーノ・ペレス 6.0
前半の絶好機は決めたかった。ただ、爆発的な走力で幾度か良い攻撃参加を見せた

(→エル・シャーラウィ -)

6 ストロートマン 6.5
攻守の切り替えの意識が高く中盤でうまく相手の攻撃を遅らせた

16 デ・ロッシ 6.0
中盤で攻守に難しい仕事を危なげなくこなした。悪癖の癇癪を起さず、冷静な対応が光った

11 コラロフ 6.0
押し込まれて守備の時間が続くも堅実な守備で貢献

FW
14 シック 5.5
バルセロナ戦同様にハードワークで貢献。しかし、またしても移籍後初のセリエAゴールはならず

(→ジェンギズ・ユンデル 5.5)
勝負を決めることはできなかったが、ジョーカー役としてはまずまずの出来

9 ゼコ 6.0
相手の徹底マークにあった中、ポストプレーで周囲を生かす。惜しむらくは終盤の3連発のいずれかを決めたかった

4 ナインゴラン 6.0
中盤でのバトルで躍動。また、正確なラストパスで幾つかの決定機も創出

監督
ディ・フランチェスコ 5.5
相手の出足の鋭さに苦しむも粘りの守備やアクシデントによる4バック変更など臨機応変に対応

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファシオ(ローマ)
▽両チームを通じて飛びぬけたパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、相手の多彩な攻めを受け切り、攻撃の場面でも貢献を見せたジャッロロッソのコマンダンテをMOMに選出。

ラツィオ 0-0 ローマ
コメント
関連ニュース
thumb

9人のカリアリにラストプレー被弾のローマ、痛恨ドローでディ・フランチェスコ解任必至か《セリエA》

▽ローマは8日、セリエA第15節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽前節インテル戦を2度のビハインドを負いながらも引き分けに持ち込んだ7位ローマ(勝ち点20)は、引き続きディ・フランチェスコ監督の首が危うく負傷者を多数抱える中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽ここ3試合引き分けている13位カリアリ(勝ち点16)に対し、[4-2-1-3]で臨んだローマは3トップに右からジェンギズ、シック、クライファート、トップ下にザニオーロを起用した。 ▽そのローマが立ち上がりから押し込むと、3分にザニオーロが際どいミドルシュートを浴びせる。そして、良い入りを見せたローマが14分に先制した。右クロスをクライファートが丁寧に後方に落とし、ペナルティアーク中央のクリスタンテが左足ミドルでゴール左へ叩き込んだ。 ▽先制後もジェンギズのボレーシュートでゴールに迫ったローマは、20分にもクリスタンテがミドルシュートでカリアリを脅かしていく。 ▽前半半ばからハーフタイムにかけてカリアリの反撃を受けたローマだったが、41分に突き放した。ゴール正面で得たFKをコラロフが直接狙うと、壁に当たってディフレクトしたボールがゴール右に決まった。 ▽そして45分のD・ファリアスのボックス左からのシュートをGKオルセンが防いで前半を2点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半開始7分、ローマはルーズボールを拾ったボックス左のザニオーロが強烈なシュートでGKを強襲。続く61分にもザニオーロがボックス右から右足で際どいシュートを浴びせて主導権を渡さない。 ▽後半半ば過ぎから守勢に回るローマは、クライファートに代えてDFのルカ・ペッレグリーニを投入。しかし84分に1点を返される。右CKからジョアン・ペドロにヘッドでフリックされ、ファーサイドのイオニタに頭で押し込まれた。 ▽試合終了間際、決定機を逸したカリアリはファラーゴとスルナが退場するアクシデントに見舞われ、ローマがこのまま逃げ切るかに思われた。ところが追加タイム5分、スルーパスに抜け出したサウにGKとの一対一を制されてまさかのドロー。9人のカリアリにゴールを許し、勝利を掴み損ねてしまった。 2018.12.09 04:08 Sun
twitterfacebook
thumb

出場機会減のヴァイグル、ローマにレンタルか

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(23)にローマ行きの可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2015年夏に1860ミュンヘンからドルトムントに加入して間もなく定位置の座を掴み取り、新たな注目株として名を轟かせたヴァイグル。だが、今シーズンは、ルシアン・ファブレ新監督の下で出場機会を減らしており、ブンデスリーガ3試合の出場にとどまっている。 ▽そのヴァイグルを巡っては現在、ミランが動向を追っているとされるが、本命はチェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスだという。そうした中で、ヴァイグルを狙うローマは来年1月の獲得に向け、既に代理人と接触した模様だ。 ▽なお、ドルトムントは2021年まで契約を残しているヴァイグルを手放すとなれば、レンタル移籍を検討しているとみられる。 2018.12.08 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマMFペッレグリーニ、太ももの負傷でさらに1カ月の離脱

▽ローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが太ももの負傷でさらに1カ月戦列を離れるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽ローマでトップ下のレギュラーに定着しつつあるペッレグリーニは、11月24日に行われたセリエA第13節ウディネーゼ戦で右足太ももを負傷。公式戦ここ2試合を欠場し、復帰が近いかと思われていたが、再び同箇所を痛めたとのことだ。 ▽復帰までには3~4週間の離脱が見込まれており、年内には復帰できない可能性が濃厚となった。ローマは年内、7位と苦戦しているセリエAではユベントス戦を含む5試合を控えている。 2018.12.07 04:16 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル指揮官スパレッティ、終了間際に退場処分も「主審の判定は正しい」

インテル指揮官のルチアーノ・スパレッティは、2日のローマ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、自身の見解を示した。<br><br>インテルは2日、セリエA第14節でローマと敵地で対戦。FWケイタ・バルデおよびFWマウロ・イカルディのゴールで2度にわたってリードを奪ったが、ホームのローマに追いつかれて2-2のドローに終わり、首位ユベントスとの差は11ポイントに広がった。<br><br>35分、ペナルティエリア内でDFダニーロ・ダンブロージオがMFニコロ・ザニオーロを倒したかに見えたが、ジャンルカ・ロッキ主審はPKを認めず、波紋を呼んだ。また試合終盤には、スパレッティ自身が抗議により退場処分を命じられたが、インテル指揮官は主審を支持した。<br><br>「ザニオーロの場面は疑わしいと聞いた。いずれにせよ見直すべきだったと思う。だがそれなら私は終了間際のイカルディに対する(コスタス)マノラスのシーンも追加するべきだ。ロッキは素晴らしい試合をしたように思う。私の退場処分についても正しかった。私は興奮した態度をとってしまったので、私を遠ざけたのは正しい。判定を上手く処理していた。この引き分けは両チームの利益にならないと耳にしたが、私の考えでは両チームにとって有益だ」<br><br>続いてスパレッティはFWラウタロ・マルティネスに話題を移した。選手の父親がSNS上で監督批判を繰り出して注目を集めていたが、「父親のツイートにショックを受けていた。彼自身が父親に削除するよう依頼したようだ。クラブの者も同席するべきなので(副会長のハビエル)サネッティも呼んでロッカールーム内で話し合った。私だけでなく、チーム全体にも謝罪をしてくれた」と明かしている。<br><br>提供:goal.com 2018.12.03 18:04 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣インテルとの初対戦で躍動の新星ザニオーロをトッティ氏が称賛

▽ローマでディレクター職を務める元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏が2日に行われたセリエA第14節のインテル戦を振り返った。クラブ公式サイトがイル・プリンチペのコメントを伝えた。 ▽現在、7位に低迷する崖っぷちのローマは3位のインテルをホームに迎えた。試合は互いに決定機を作り合う一進一退の攻防となった中、インテルが37分にFWケイタ・バルデのゴールで先制。迎えた後半、ローマはMFジェンギズ・ウンデルのゴールで追いつくも66分にはFWマウロ・イカルディに再び勝ち越しゴールを許す。それでも、74分にはDFアレクサンダル・コラロフのPKで追いつき試合は2-2のドローに終わった。 ▽エースFWエディン・ジェコ、チーム得点王のFWステファン・エル・シャーラウィ、キャプテンのMFダニエレ・デ・ロッシ、MFロレンツォ・ペッレグリーニなど多くの主力選手を欠く中、崖っぷちのチームを救ったのは19歳のイタリア代表MFニコロ・ザニオーロだった。 ▽今夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入したトレクァルティスタは、古巣との初対決で躍動。190cm近い大型レフティは懐深いボールキープや力強い持ち上がり、繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークとローマ攻撃陣を見事にけん引した。 ▽同試合後、ザニオーロのパフォーマンスに関する質問を受けたトッティ氏も若武者のパフォーマンスを称賛している。 「今日の彼は円熟味のあるベテランのようなプレーを見せた。とてもシンプルに快適にプレーをしていた。自身の才能を遺憾なく発揮したと思う。彼は爆発力があり強さと良い技術を持っている。この若者はトッププレーヤーに必要なすべてを持っている。ただ、ただこういった発言を面と向かって彼に言いたくはない。それによって彼の進むべき方向が変わってしまうことを望まないからね」 ▽また、トッティ氏は勝ち点3奪取という結果こそ得られなかったものの、多くの負傷者がいる中でチームが見せたパフォーマンスに一定の評価を与えている。 「今日は開かれたゲームだった。2つの良いチームがゴールを奪い合い、4つのゴールと多くのチャンスを作り合った。ポスト直撃のシュートやPK判定は除いて素晴らしいゲームだったと思う」 「今日は我々が見たいローマの姿を見せることができていた。それは今後我々が築いていくベースになり得るものだ。今日のようなパフォーマンスをもっと多くの試合で見せられることを願っている」 2018.12.03 14:32 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース