PSG、モナコ相手に大量7得点を奪い2シーズンぶり7度目のリーグ制覇!《リーグ・アン》2018.04.16 05:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第33節パリ・サンジェルマン(PSG)vsモナコが15日に行われ、7-1でPSGが勝利した。

▽勝ち点差「14」の首位PSG(勝ち点84)と2位のモナコ(勝ち点70)が激突したリーグ・アン頂上決戦。

▽勝てば 2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まるPSG。前節は後半アディショナルタイムのオウンゴールで辛くもサンテチェンヌと引き分けリーグ連勝は9でストップ。クープ・ドゥ・ラ・リーグに続く今季2冠目を獲得すべく、前節から5選手を変更。チアゴ・シウバやダニエウ・アウベス、カバーニ、ドラクスラーらが先発に起用された。

▽一方、逆転優勝はほぼ不可能となったモナコにとって、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得のために少しでも勝ち点を重ねておきたい一戦。前節の勝利でリーグ戦17試合無敗を維持。今節はそのナント戦から3選手を変更。A・トゥーレやラッジ、レマルらがスタメンに入った。

▽試合は優勝が懸かったPSGが積極的な入りを見せる。まずは左サイドのユーリの攻め上がりから、ディ・マリアがボックス内でクロスを受けるがトラップが大きくなってしまいチャンスを逸失。10分には、右サイドのダニエウ・アウベスのクロスのこぼれ球をファーサイドに構えていたカバーニがダイレクトで狙うが惜しくも右に逸れる。

▽徐々にギアを上げていくPSGは14分、ボックス手前でボールを受けたカバーニのヒールパスでモナコの守備陣を置き去りにすると、パスを受けたダニエウ・アウベスのクロスをロ・セルソが押し込んで先制。さらに3分後の17分には、ドラクスラーのスルーパスに抜け出したユーリのクロスからカバーニが打点の高いヘディングシュートを叩き込み追加点を挙げた。

▽立て続けの2失点で集中力が切れかかったモナコ陣営を横目に、PSGは決定的な3点目を奪う。20分、敵陣中央でパスを受けたカバーニがゴールを背に、ディフェンスラインの裏を取るディ・マリアにノールックスルーパス。ディ・マリアはそのままGKとの一対一をループシュートで制し、優勝を一気に手繰り寄せた。

▽止まらないPSGは27分、バイタルエリアでの細かいパス回しからパストーレがボックス左に抜け出すと、右足アウトサイドの見事なクロスでロ・セルソの2点目をアシスト。首位と2位の対決とは思えない点差が開いてしまった。

▽だが、このままでは終われないモナコも38分に反撃。右サイドのA・トゥーレのクロスをR・ロペスがファーで押し込んで1点を返す。

▽PSGの3点リードで迎えた後半、モナコが2点目のチャンスを迎える。50分のPSGが攻め込まれた場面、自陣深くでボールを持ったパストーレがピンチを回避しようとゴール前にパス。しかしこれが更なるピンチに。ゴール前に張っていたR・ロペスがこのボールを奪い、絶好の機会を迎える。DF2人にマークに付かれながらも放ったシュートはGKアレオラの正面に飛んでしまいゴールとはならなかった。

▽その後PSGはモナコの微かな闘志を消滅させる展開を見せる。58分、ダニエウ・アウベスのミドルパスをパストーレが見事なタッチで収めると、ボックス左に侵入してきたディ・マリアにプレゼントパス。ディ・マリアはこれを冷静に沈めてPSGが大量5点目を奪った。

▽76分にはPSGの左CKをファルカオがオウンゴール献上で6点目。さらに87分には、途中出場のエンクンクとパストーレが右サイドを突破すると、パストーレのグラウンダーのクロスをファーでドラクスラーが合わせ7点目をマーク。

▽そして、PSGの大量得点劇はここで幕切れ。ロ・セルソやディ・マリアの2得点の活躍などでPSGが7得点を奪いモナコに大勝。この結果、2シーズンぶり7度目のリーグ優勝を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

新監督を迎えた両者の一戦はバイエルンが逆転勝利でニコ・コバチ監督の初陣を飾る!《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ2018のバイエルンvsパリ・サンジェルマン(PSG)が21日にオーストリアで行われ、3-1でバイエルンが勝利した。 ▽フランクフルトからニコ・コバチ監督を招へいしたバイエルンは、ロッベンやリベリ、ハビ・エルナンデスなど主力を起用。去就が注目されるレヴァンドフスキやチアゴはベンチ外となっている。 ▽一方、ドルトムントからトゥヘル監督を招へいしたPSGは、ティモシー・ウェアやラビオ、ラッサナ・ディアッラのほか、新戦力のGKブッフォンもスタメン入り。ロシア・ワールドカップに出場したネイマールやムバッペ、カバーニらはベンチ外となった。 ▽最初にチャンスを迎えたのはPSG。4分、エンクンクの右CKからボックス中央のラビオが頭で合わせたが、これはGKウルライヒが好セーブ。対するバイエルンは13分、ラフィーニャの折り返しをポール・ウィルが合わせると、当たり損ねのシュートが枠を捉えたがGKブッフォンが右手一本ではじき出した。 ▽試合が動いたのは31分、自陣でパスカットしたリマネのループパスで相手DFの裏に抜け出したウェアが相手DFを背負いながらもボックス内まで侵攻。バランスを崩しながらも冷静にシュートをゴールに流し込み、PSGが先制に先行した。 ▽PSGのリードで迎えた後半、1点を追うバイエルンはリベリ、オリバ・マイアー、スタニシッチを下げてコマンやアラバ、シャバニを投入。すると開始早々の46分、ラフィーニャの右クロスをワグナーがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 ▽決定機を逃したバイエルンだが60分、ロッベンの右CKをゴール前に走り込んだハビ・マルティネスがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻す。 ▽同点とされたPSGは、66分にGKブッフォンを下げてGKデカンを投入。しかし、この交代の直後にバイエルンが追加点を奪う。68分、ジルクゼーがボックス右角付近でL・ディアッラに倒されFKを獲得。これをレナト・サンチェスが壁の横から巻いたシュートで直接ゴールネットに突き刺し、逆転に成功した。 ▽さらにバイエルンは、78分にもコマンのロングパスからカウンター。このボールをボックス右で拾ったニャブリの折り返しを最後はジルクゼーが流し込み、試合を決定づける3点目を決めた。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。新監督を迎えた両チームの一戦はニコ・コバチ監督のバイエルンが勝利を飾った。 バイエルン 3-1 パリ・サンジェルマン 【バイエルン】 ハビ・マルティネス(後15) レナト・サンチェス(後23) ジルクゼー(後33) 【パリ・サンジェルマン】 ウェア(前31) 2018.07.22 01:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ファビーニョが“親友”ムバッペをリバプールに勧誘?「今季はPSGでプレーすると話したけれど…」

リバプールのファビーニョは、モナコ時代のチームメイト、キリアン・ムバッペと再び同じチームでプレーすることを望むと明かした。<br><br>ワールドカップのブラジル代表のメンバーから外れたファビーニョは今夏、2013年からプレーするモナコを離れ、4500万ユーロ(約57億円)でリバプールに移籍。新天地での活躍が期待される同選手は、ロシアでの大会でフランス代表の戴冠に貢献したムバッペとアンフィールドで一緒にプレーしたいと考えているようだ。<br><br>「彼はすでに新シーズンもパリ・サンジェルマンでプレーすると話したが、僕は彼がここにやって来るように説得しようと考えている」<br><br>2016-17シーズン、ファビーニョとムバッペはモナコの17年ぶりのリーグ・アン制覇やチャンピオンズリーグでのベスト4進出など、快進撃の中軸としてチームに貢献。その後、フランス代表FWはパリ・サンジェルマンへと引き抜かれたが、両選手は依然として良い関係を保てているようだ。<br><br>「僕がリバプールに移籍したとき、キリアンは祝福のメッセージを送ってくれた。残念ながら僕には彼のワールドカップでの活躍を祝うチャンスはなかった。フランスが成し遂げたことはファンタスティックで、この2年間ムバッペがプロ選手としてやってきたことも素晴らしい限りだ。チャンスがあれば早いうちに彼を祝福したいね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 16:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ブッフォン加入のPSG、GKコーチもイタリア人に

▽ユベントスを退団したGKジャンルイジ・ブッフォンを獲得したパリ・サンジェルマン(PSG)が、GKコーチにジャンルカ・スピネッリ氏を迎えたことを発表した。 ▽スピネッリ氏は2014年からイタリア代表でコーチを務めており、すでにブッフォンを指導した経験がある人物。最近までアントニオ・コンテ氏のスタッフとして、チェルシーでGKコーチを務めていた。 ▽チェルシーの守護神ティボー・クルトワが信頼を寄せたというGKコーチは、PSGのGK陣をレベルアップさせられるだろうか。 2018.07.21 05:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ご本人登場! “ネイマールチャレンジ”が大盛り上がり

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、自らを揶揄する“ネイマール・チャレンジ”をネタにしている。自身インスタグラム(neymarjr)上に投稿した内容が、スペイン『マルカ』に報じられた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に、ブラジル代表のエースとして臨んだネイマール。大会前には“ネイマールの大会”になるのではないかとも議論されていたが、チームを頂きまで導くことはできず。ベルギー代表に敗れてベスト8で姿を消した。 ▽ネイマールは今大会で2ゴールを記録していたが、国民の期待を満たすことはできず。活躍した場面ではなく、相手と接触した際の審判への過剰なアピールが多く取り上げられ、SNS上には“ネイマール・チャレンジ”と題した叫びながら床を転げ回る動画が溢れている。 ▽当然ながら、そういった動画はネイマールのプレーを揶揄したものであり、選手当人であれば不快に思うようなものだろう。しかし、ネイマールは自ら“ネイマール・チャレンジ”を行い、自身のインスタグラムに動画を投稿した。 ▽動画の中では、子供の集団と共に本人が登場。ネイマールが「飛んで! ヒット! ファール! 」と叫び、子供たちが床を転げ回る様子が撮影されている。その内容を満面の笑みでやり通しているネイマールは、やはり通常とはかなり異なるメンタルを有しているに違いない。 ▽なお、『マルカ』によれば、ネイマールはW杯で14分以上の時間をピッチで転げ回ることに費やしていた模様。PKやFKを貰うために選手が過剰に倒れ込むことは多々あるが、演技であることがこれだけ公となっているネイマールが大げさな演出をする意味は、果たしてどこにあるのだろうか。 2018.07.20 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール、PSG残留を高らかに 「僕は残る」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が残留を宣言した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽現フットボール界におけるベストプレーヤーの1人として注目を集めるネイマール。昨夏にPSG入りを果たしたばかりだが、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに手放したレアル・マドリー行きの噂が後を絶えない。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ後初めて公の場に登場したネイマールは、『Fox Sports』のインタビューで去就について次のように応えたという。 「僕は残る。PSGとの契約もあって、新しい挑戦や高い目標のために、ここを選んだ。移籍なんて考えていない。成功することしかね。次から次に噂が飛び交っているけど、周りのみんなは僕がどれほどPSGのことを考えているのかを知っている」 2018.07.20 12:40 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース