PSG、モナコ相手に大量7得点を奪い2シーズンぶり7度目のリーグ制覇!《リーグ・アン》2018.04.16 05:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第33節パリ・サンジェルマン(PSG)vsモナコが15日に行われ、7-1でPSGが勝利した。

▽勝ち点差「14」の首位PSG(勝ち点84)と2位のモナコ(勝ち点70)が激突したリーグ・アン頂上決戦。

▽勝てば 2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まるPSG。前節は後半アディショナルタイムのオウンゴールで辛くもサンテチェンヌと引き分けリーグ連勝は9でストップ。クープ・ドゥ・ラ・リーグに続く今季2冠目を獲得すべく、前節から5選手を変更。チアゴ・シウバやダニエウ・アウベス、カバーニ、ドラクスラーらが先発に起用された。

▽一方、逆転優勝はほぼ不可能となったモナコにとって、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得のために少しでも勝ち点を重ねておきたい一戦。前節の勝利でリーグ戦17試合無敗を維持。今節はそのナント戦から3選手を変更。A・トゥーレやラッジ、レマルらがスタメンに入った。

▽試合は優勝が懸かったPSGが積極的な入りを見せる。まずは左サイドのユーリの攻め上がりから、ディ・マリアがボックス内でクロスを受けるがトラップが大きくなってしまいチャンスを逸失。10分には、右サイドのダニエウ・アウベスのクロスのこぼれ球をファーサイドに構えていたカバーニがダイレクトで狙うが惜しくも右に逸れる。

▽徐々にギアを上げていくPSGは14分、ボックス手前でボールを受けたカバーニのヒールパスでモナコの守備陣を置き去りにすると、パスを受けたダニエウ・アウベスのクロスをロ・セルソが押し込んで先制。さらに3分後の17分には、ドラクスラーのスルーパスに抜け出したユーリのクロスからカバーニが打点の高いヘディングシュートを叩き込み追加点を挙げた。

▽立て続けの2失点で集中力が切れかかったモナコ陣営を横目に、PSGは決定的な3点目を奪う。20分、敵陣中央でパスを受けたカバーニがゴールを背に、ディフェンスラインの裏を取るディ・マリアにノールックスルーパス。ディ・マリアはそのままGKとの一対一をループシュートで制し、優勝を一気に手繰り寄せた。

▽止まらないPSGは27分、バイタルエリアでの細かいパス回しからパストーレがボックス左に抜け出すと、右足アウトサイドの見事なクロスでロ・セルソの2点目をアシスト。首位と2位の対決とは思えない点差が開いてしまった。

▽だが、このままでは終われないモナコも38分に反撃。右サイドのA・トゥーレのクロスをR・ロペスがファーで押し込んで1点を返す。

▽PSGの3点リードで迎えた後半、モナコが2点目のチャンスを迎える。50分のPSGが攻め込まれた場面、自陣深くでボールを持ったパストーレがピンチを回避しようとゴール前にパス。しかしこれが更なるピンチに。ゴール前に張っていたR・ロペスがこのボールを奪い、絶好の機会を迎える。DF2人にマークに付かれながらも放ったシュートはGKアレオラの正面に飛んでしまいゴールとはならなかった。

▽その後PSGはモナコの微かな闘志を消滅させる展開を見せる。58分、ダニエウ・アウベスのミドルパスをパストーレが見事なタッチで収めると、ボックス左に侵入してきたディ・マリアにプレゼントパス。ディ・マリアはこれを冷静に沈めてPSGが大量5点目を奪った。

▽76分にはPSGの左CKをファルカオがオウンゴール献上で6点目。さらに87分には、途中出場のエンクンクとパストーレが右サイドを突破すると、パストーレのグラウンダーのクロスをファーでドラクスラーが合わせ7点目をマーク。

▽そして、PSGの大量得点劇はここで幕切れ。ロ・セルソやディ・マリアの2得点の活躍などでPSGが7得点を奪いモナコに大勝。この結果、2シーズンぶり7度目のリーグ優勝を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG主将DFチアゴ・シウバがCLナポリ戦を欠場か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバが、24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループ第3節ナポリ戦を欠場が濃厚のようだ。フランス『ル・パリジャン』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、チアゴ・シウバは金曜日のトレーニングでハムストリングを負傷したようで、20日に行われたリーグ・アン第10節のアミアン戦(5-0でPSGが勝利)も欠場。23日に行われたトレーニングにも参加していなかったという。 ▽現在、グループCで2位(1勝1敗)に位置するPSGは、24日にグループC首位で元指揮官であるカルロ・アンチェロッティ監督の率いるナポリとの首位攻防戦に臨む。 2018.10.24 01:25 Wed
twitterfacebook
thumb

移籍希望から一転、ラビオPSG残留へ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の残留が近づいているようだ。フランス『Le10Sport』が伝えた。 ▽PSGとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるラビオ。トーマス・トゥヘル監督はラビオを不可欠な存在と位置付けていたものの、ラビオ側が契約延長のオファーを3度断っており、交渉が難航していた。 ▽この状況を受け、ラビオを注視していたバルセロナやマンチェスター・シティといったビッククラブが触手を伸ばしていると、移籍が取り沙汰されている。 ▽しかし、ここに来て状況が一転。フランス『カナル・プリュス』の記者であるオリヴィエ・タラロン氏がPSGのナセル・アル・ケライフィ会長のコメントを伝え、「我々はラビオの契約延長に自信を持っている。今後数週間は見守る必要がある。依然、契約期間については議論している。多分、3年間となるだろう」とラビオの契約延長が濃厚になったことを報じた。 ▽PSG下部組織出身のラビオは、2012年トップチームデビュー。加入当初こそ、有力タレントがひしめくチームで満足いくプレーができなかったが、近年では徐々にプレー時間が増加。今シーズンはここまでリーグ・アンでは、9試合で2ゴールを記録している。 2018.10.23 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

お騒がせ男ネイマール、復帰否定直後に煽る「今僕はバルセロナ」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が、バルセロナ復帰報道に絡めたジョークをSNS上に投稿した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約288億円)でバルセロナからPSGに移籍し、チームのエースに君臨するネイマール。しかし、古巣の宿敵であるレアル・マドリー移籍や、バルセロナ復帰が既に取り沙汰されている。 ▽とはいえ、先日には自身を取り巻く移籍の噂を否定する動画をSNS上に投稿。「テレポートは使えない」と述べ、パリに居ながらにしてバルセロナにも存在することはできないという趣旨の、加熱する報道に対する皮肉を発していた。 ▽それによりバルセロナ復帰を完全否定していたネイマールだが、今度はSNS上に「今、僕はバルセロナに居るよ」と語っている動画を投稿。週末にバルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールの下を訪れたことを明かしつつ、復帰を匂わせて再び世間を騒がせている。 2018.10.22 09:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アーノルド、過去の“意外な? ”難敵を明かす「CR7よりもネイマールよりも…」

▽リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレキサンダー=アーノルドが、これまでの対戦で苦労した相手について語っている。イギリス『タイムズ』でのインタビューを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨シーズン、リバプールの右サイドバックとして大ブレイクを果たしたアーノルド。クラブのチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に貢献し、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも準決勝進出の躍進を果たしたイングランド代表の一員となった。 ▽著しい成長を続けるアーノルドが、『タイムズ』のインタビューで「最も難しかったアタッカー」について語り、ある意外な名前を挙げた。 「(ウィルフリード・)ザハが最も難しかったと言えるだろう」 「身体能力だ。ボールを彼から奪うことができない。タックルするのが難しくて、速く、スキルフルで得点できる。それらを備えいる試合の勝者だ」 「ネイマールや(クリスティアーノ・)ロナウドはとても知的なプレーヤーで、人々は彼らのやり口を知っているね。様々な動きをする。だが、彼らが僕らに対してボールを多く握ったことはない」 「明らかにザハはロナウドやネイマールのレベルにはない。しかし、僕にとっては多分ザハが一番難しかった」 ▽今夏、クリスタル・パレスとの契約を2020年6月30日まで延長したコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ。一時はマンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍を果たし、復帰後もチェルシーなどへの関心が盛んに報じられた人気銘柄だ。今シーズンは、ここまでプレミアリーグ7試合に出場し、3ゴール1アシストを記録している。 2018.10.21 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

エメリ告白…絶好調・ラカゼットは「PSG時代から獲得を考えていた選手」

▽アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督が、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(27)について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2017年夏にクラブレコードとなる移籍金5200万ポンド(現在のレートで約76億円)でリヨンからアーセナルに加入したラカゼット。パリ・サンジェルマン(PSG)からウナイ・エメリ監督が就任した今シーズンは、プレミアリーグ開幕3試合でベンチスタートと将来に不安がよぎるスタートだった。しかし、第4節から先発出場を果たすと、同試合を含めた直近5試合で4ゴール2アシストを記録。リーグ戦6連勝の立役者となっている。 ▽そんな中、PSG時代に師弟関係にあったウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、ブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペら強力攻撃陣とラカゼットとの比較を求められたエメリ監督がコメント。すると、PSG時代にラカゼットの獲得を希望していたことを明かした。 「彼らとは異なるタイプの選手だし、比較することはとても難しいよ」 「ただ、一つ例をあげるとすれば、私がPSGに就任した時からラカゼットの獲得を考えていた。彼のクオリティ、特徴が好きでね。周りの人にも『この選手はPSGでプレーするだけのクオリティがある』と言っていたんだ。しかし、彼はリヨンにいたから話し合いの場を設けたり、サインすることは簡単ではなかった」 「昨シーズンは彼にとってプレミアリーグでの初のシーズンだった。リーグ・アンとは違うものであり、ポジションもリズムも違った。メンタルの問題ではない。彼は素晴らしいメンタリティを持っている。多くのチャンスをゴールに結びつけることができ、とても効果的だ」 「ただ、彼にはプレミアリーグ、そしてこのリズムにより適応し、継続してもらう必要がある。我々は今シーズン彼がもうワンステップ上のレベルに達すると思っている。我々はとても幸せだ。しかし、あえて伝えることがあるとすれば、『歩みを止めるな』ということだね」 「トレーニングでも試合でも止まってはならない。最高のパフォーマンスを見つけ、それを続けなくてはならない。90分どの瞬間もね。彼は今それをしているところだよ」 2018.10.21 20:30 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース