PSG、モナコ相手に大量7得点を奪い2シーズンぶり7度目のリーグ制覇!《リーグ・アン》2018.04.16 05:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第33節パリ・サンジェルマン(PSG)vsモナコが15日に行われ、7-1でPSGが勝利した。▽勝ち点差「14」の首位PSG(勝ち点84)と2位のモナコ(勝ち点70)が激突したリーグ・アン頂上決戦。

▽勝てば 2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まるPSG。前節は後半アディショナルタイムのオウンゴールで辛くもサンテチェンヌと引き分けリーグ連勝は9でストップ。クープ・ドゥ・ラ・リーグに続く今季2冠目を獲得すべく、前節から5選手を変更。チアゴ・シウバやダニエウ・アウベス、カバーニ、ドラクスラーらが先発に起用された。

▽一方、逆転優勝はほぼ不可能となったモナコにとって、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得のために少しでも勝ち点を重ねておきたい一戦。前節の勝利でリーグ戦17試合無敗を維持。今節はそのナント戦から3選手を変更。A・トゥーレやラッジ、レマルらがスタメンに入った。

▽試合は優勝が懸かったPSGが積極的な入りを見せる。まずは左サイドのユーリの攻め上がりから、ディ・マリアがボックス内でクロスを受けるがトラップが大きくなってしまいチャンスを逸失。10分には、右サイドのダニエウ・アウベスのクロスのこぼれ球をファーサイドに構えていたカバーニがダイレクトで狙うが惜しくも右に逸れる。

▽徐々にギアを上げていくPSGは14分、ボックス手前でボールを受けたカバーニのヒールパスでモナコの守備陣を置き去りにすると、パスを受けたダニエウ・アウベスのクロスをロ・セルソが押し込んで先制。さらに3分後の17分には、ドラクスラーのスルーパスに抜け出したユーリのクロスからカバーニが打点の高いヘディングシュートを叩き込み追加点を挙げた。

▽立て続けの2失点で集中力が切れかかったモナコ陣営を横目に、PSGは決定的な3点目を奪う。20分、敵陣中央でパスを受けたカバーニがゴールを背に、ディフェンスラインの裏を取るディ・マリアにノールックスルーパス。ディ・マリアはそのままGKとの一対一をループシュートで制し、優勝を一気に手繰り寄せた。

▽止まらないPSGは27分、バイタルエリアでの細かいパス回しからパストーレがボックス左に抜け出すと、右足アウトサイドの見事なクロスでロ・セルソの2点目をアシスト。首位と2位の対決とは思えない点差が開いてしまった。

▽だが、このままでは終われないモナコも38分に反撃。右サイドのA・トゥーレのクロスをR・ロペスがファーで押し込んで1点を返す。

▽PSGの3点リードで迎えた後半、モナコが2点目のチャンスを迎える。50分のPSGが攻め込まれた場面、自陣深くでボールを持ったパストーレがピンチを回避しようとゴール前にパス。しかしこれが更なるピンチに。ゴール前に張っていたR・ロペスがこのボールを奪い、絶好の機会を迎える。DF2人にマークに付かれながらも放ったシュートはGKアレオラの正面に飛んでしまいゴールとはならなかった。

▽その後PSGはモナコの微かな闘志を消滅させる展開を見せる。58分、ダニエウ・アウベスのミドルパスをパストーレが見事なタッチで収めると、ボックス左に侵入してきたディ・マリアにプレゼントパス。ディ・マリアはこれを冷静に沈めてPSGが大量5点目を奪った。

▽76分にはPSGの左CKをファルカオがオウンゴール献上で6点目。さらに87分には、途中出場のエンクンクとパストーレが右サイドを突破すると、パストーレのグラウンダーのクロスをファーでドラクスラーが合わせ7点目をマーク。

▽そして、PSGの大量得点劇はここで幕切れ。ロ・セルソやディ・マリアの2得点の活躍などでPSGが7得点を奪いモナコに大勝。この結果、2シーズンぶり7度目のリーグ優勝を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマール、トゥヘル監督との関係に言及…「彼のために命を懸けて戦う」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールは、フランス『Canal+』でトーマス・トゥヘル監督との関係について語った。<br><br>昨夏からPSGの指揮を執るトゥヘル監督は、就任当時こそ監督としての手腕を高く評価されるも、マン・マネジメント面での能力に懐疑的な見方もされていた。2017年、ドルトムントでは人間関係の問題で解任されたことも伝えられた同監督に対しては、「PSGのようなスター軍団を扱えるのだろうか」と疑問符を投げかける声も少なくなかった。<br><br>その中でも最も注目されたのが、2017年夏にバルセロナから2億2200万ユーロ(当時約290億円)の史上最高額で加入したネイマールとの関係。PSGでの成功はその関係にも懸かっていると言っても過言ではないかもしれないが、ネイマールは次のように話している。<br><br>「最初に話をしてから、僕には彼に対する強い愛情が生まれた。そして監督に対してこのような強い愛情を感じれば、ピッチの上では彼のために命を懸けて戦うものだ。彼のために、勝利に向けてベストを尽くして見せる」<br><br>「お互いリスペクトの気持ちが強い友情関係がある。僕は彼のことを監督としてリスペクトし、話す必要がある場合には話をする」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.21 23:50 Mon
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバ、ラビオに寄り添う 「彼は彼の決断を…」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバがフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の決断に理解を示した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 今シーズン限りでPSGとの契約が失効するラビオ。クラブから届いた延長オファーを断り、移籍を志願していることがスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアンテロ・エンリケ氏の逆鱗に触れ、リザーブチーム降格が明らかになった。 そのラビオを巡っては現在、リバプールやトッテナム、アーセナルのイングランド勢が関心を寄せているとみられるが、有力な移籍先としてバルセロナの名前が取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっているところだ。 チアゴ・シウバは9-0の爆勝劇を演じたリーグ・アン第21節のギャンガン戦後、フランス『Telefoot』で渦中のラビオについて問われると、次のように応えたという。 「彼の決断は間違い? 僕はそう思わない」 「彼はクラブの考えより彼自身の決断を選択した」 「彼は良い青年だよ。でも、彼は自分の決断を選んだ。僕らもそれに従わないとね」 「そうとなった今、僕らはラビオなしの中盤と共にプレーしていかないといけない」 2019.01.21 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール、ペレのダイブ批判についに返答「リスペクトするが納得はしない」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールは、ペレからの批判を気に留めていないようだ。フランス『Canal』が伝えた。<br><br>ネイマールはロシア・ワールドカップでのダイブが話題となり、世界中から批判を集めた。ペレも自国のスターについて「過剰演技」として非難。しかし、ネイマールは「ペレの批判は面白いね」と気にする様子を見せない。<br><br>「勝てないとすぐに批判はされるものだ。僕はワールドカップで演技したつもりなんてない。ただファウルを受けていたんだ。今の人々はダイブについてよく話すね。それがネイマールについてであるからだよ。僕はペレの意見をリスペクトするが、納得はしないね」<br><br>また、PSGからの移籍のうわさが絶えないネイマール。あくまでも可能性として何も除外することはなかった。<br><br>「僕が出ていくうわさ? プロになったときからそういったうわさはあるものだ。でも詳細はなにもない。何かあれば話すだろう」<br><br>提供:goal.com 2019.01.21 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニが描く契約満了後の未来図 新たに母国復帰も選択肢に

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(31)がフランス『RMC Sport』で将来に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 カバーニは2013年夏にナポリからPSGに加わり、2016-17シーズンから2年連続でリーグ・アン得点王を受賞。今シーズンもリーグ・アンで14得点を挙げ、得点ランキングで同僚のフランス代表FWキリアン・ムバッペに次ぐ2位につけている。 ただ、そのカバーニの契約は残り18カ月。ナポリ復帰説も飛び出す中、先日に現行契約満了後の現役引退に含みを持たせた。そして、19日に行われたリーグ・アン第21節のギャンガン戦後にも次のように語り、母国復帰の可能性を新たに提示した。 「すごく落ち着いているよ。でも、物事は変化するものさ。何度も話してきたように、僕だけの決断で決められないことなんだ」 「僕とPSGの契約は2020年まで。その契約を全うしたいと思っている。その後に何が起こるかなんてわからない」 「移籍市場について話をすることはできるけど、僕は契約が残っている。そして、その契約を尊重するつもりだ」 「契約満了後の帰国もわからない。でも、それも考えていることは確かさ。僕はもうすぐ32歳。故郷に帰って考えてみるよ」 2019.01.21 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、将来を濁す 「フットボール界で何が起こるかなんて…」

パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)が将来を濁した。スペイン『マルカ』が報じた。 ムバッペは19日にホームで行われたリーグ・アン第21節のギャンガン戦にフル出場。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと共にハットトリックを成し遂げ、9-0の爆勝劇を演じた。 着実にスターダムを駆け上がるムバッペは試合後、長らくレアル・マドリー行きが取り巻く将来について問われると、次のように言及。否定せず、あらゆる可能性に含みを残した。 「すごく良い気分だよ。でも、フットボール界で何が起こるかなんてわからない」 「他のことを考えるタイミングじゃない。まだ2021年まで契約があるのだからね」 2019.01.20 10:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース