PSG、モナコ相手に大量7得点を奪い2シーズンぶり7度目のリーグ制覇!《リーグ・アン》2018.04.16 05:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第33節パリ・サンジェルマン(PSG)vsモナコが15日に行われ、7-1でPSGが勝利した。

▽勝ち点差「14」の首位PSG(勝ち点84)と2位のモナコ(勝ち点70)が激突したリーグ・アン頂上決戦。

▽勝てば 2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まるPSG。前節は後半アディショナルタイムのオウンゴールで辛くもサンテチェンヌと引き分けリーグ連勝は9でストップ。クープ・ドゥ・ラ・リーグに続く今季2冠目を獲得すべく、前節から5選手を変更。チアゴ・シウバやダニエウ・アウベス、カバーニ、ドラクスラーらが先発に起用された。

▽一方、逆転優勝はほぼ不可能となったモナコにとって、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得のために少しでも勝ち点を重ねておきたい一戦。前節の勝利でリーグ戦17試合無敗を維持。今節はそのナント戦から3選手を変更。A・トゥーレやラッジ、レマルらがスタメンに入った。

▽試合は優勝が懸かったPSGが積極的な入りを見せる。まずは左サイドのユーリの攻め上がりから、ディ・マリアがボックス内でクロスを受けるがトラップが大きくなってしまいチャンスを逸失。10分には、右サイドのダニエウ・アウベスのクロスのこぼれ球をファーサイドに構えていたカバーニがダイレクトで狙うが惜しくも右に逸れる。

▽徐々にギアを上げていくPSGは14分、ボックス手前でボールを受けたカバーニのヒールパスでモナコの守備陣を置き去りにすると、パスを受けたダニエウ・アウベスのクロスをロ・セルソが押し込んで先制。さらに3分後の17分には、ドラクスラーのスルーパスに抜け出したユーリのクロスからカバーニが打点の高いヘディングシュートを叩き込み追加点を挙げた。

▽立て続けの2失点で集中力が切れかかったモナコ陣営を横目に、PSGは決定的な3点目を奪う。20分、敵陣中央でパスを受けたカバーニがゴールを背に、ディフェンスラインの裏を取るディ・マリアにノールックスルーパス。ディ・マリアはそのままGKとの一対一をループシュートで制し、優勝を一気に手繰り寄せた。

▽止まらないPSGは27分、バイタルエリアでの細かいパス回しからパストーレがボックス左に抜け出すと、右足アウトサイドの見事なクロスでロ・セルソの2点目をアシスト。首位と2位の対決とは思えない点差が開いてしまった。

▽だが、このままでは終われないモナコも38分に反撃。右サイドのA・トゥーレのクロスをR・ロペスがファーで押し込んで1点を返す。

▽PSGの3点リードで迎えた後半、モナコが2点目のチャンスを迎える。50分のPSGが攻め込まれた場面、自陣深くでボールを持ったパストーレがピンチを回避しようとゴール前にパス。しかしこれが更なるピンチに。ゴール前に張っていたR・ロペスがこのボールを奪い、絶好の機会を迎える。DF2人にマークに付かれながらも放ったシュートはGKアレオラの正面に飛んでしまいゴールとはならなかった。

▽その後PSGはモナコの微かな闘志を消滅させる展開を見せる。58分、ダニエウ・アウベスのミドルパスをパストーレが見事なタッチで収めると、ボックス左に侵入してきたディ・マリアにプレゼントパス。ディ・マリアはこれを冷静に沈めてPSGが大量5点目を奪った。

▽76分にはPSGの左CKをファルカオがオウンゴール献上で6点目。さらに87分には、途中出場のエンクンクとパストーレが右サイドを突破すると、パストーレのグラウンダーのクロスをファーでドラクスラーが合わせ7点目をマーク。

▽そして、PSGの大量得点劇はここで幕切れ。ロ・セルソやディ・マリアの2得点の活躍などでPSGが7得点を奪いモナコに大勝。この結果、2シーズンぶり7度目のリーグ優勝を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール、ついに松葉杖不要に!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールは、松葉杖が不用になったようだ。 ▽ネイマールは2月25日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という重傷を負った。そんな中、ネイマールは先日、「あと1カ月くらいは必要。でも順調に回復している」と語っていた。 ▽負傷から約6週間。ついにネイマールは自力で歩けるようになったようだ。インスタグラム(neymarjr)のストーリーで、両足をつけて歩く姿を撮影した動画と共に「バイバイ松葉杖! もういらない」とキャプチャをつけて投稿している。 2018.04.22 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG退任が濃厚のエメリ監督、ソシエダとの合意報道を否定「残しているタイトルに集中している」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるウナイ・エメリ監督(46)は19日、自身のツイッターで来季の去就について他のクラブと交渉は行っていないと主張した。 ▽PSGは、15日に行われたリーグ・アン第33節で2位モナコ(勝ち点70)との直接対決を戦い、7-1で勝利。この結果、PSGは2年ぶり7度目のリーグ制覇を成し遂げた。 ▽2016年6月にPSGの指揮官に就任して初のリーグ・アン制覇となったエメリ監督だが、チャンピオンズリーグ(CL)では2年連続のベスト16敗退に終わっており、今季限りでの契約満了が濃厚となっていた。 ▽それに伴い、レアル・ソシエダが来季の指揮官としてエメリ監督を招へいすることを画策しており、一部メディアでは既に合意に至っているとの報道も伝えられていた。 ▽しかし、エメリ監督はこれを否定。自身のツイッターで以下のようにコメントした。 「ここ数日間で色々な情報が出回っているが、私は来季の去就について他のクラブと交渉していない。そして、私はいまパリ・サンジェルマンの監督として残しているタイトルの獲得に集中しているんだ」 2018.04.20 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「私がPSGにいたら…」デュガリー氏、優勝懸かった一戦でオンラインポーカーをしていたネイマールを批判

▽かつてミランやバルセロナでプレーした元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールを批判した。『EURO SPORT』が伝えている。 ▽2位・モナコとの勝ち点差14をつけて首位に立っていたPSG(勝ち点84)は、15日のリーグアン第33節でモナコ(勝ち点70)と直接激突した。PSGは勝てば2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まる一戦に、攻撃陣が爆発。ロ・セルソとディ・マリアの2ゴールを含む計7発でモナコを圧倒して、リーグ優勝を成し遂げた。 ▽2月に右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という負傷を負ったネイマールは、この時母国のブラジルで自宅療養中。しかし、同メディアによるとネイマールは試合中、自宅のテレビでPSGの試合を観戦しながら、オンラインポーカーを楽しんでいる様子をSNSで投稿していたようだ。 ▽これに対してデュガリー氏は、ネイマールが優勝が決定するかもしれない瞬間に立ち会わなかったことに疑問を抱いているようだ。 「どうして彼はタイトルが懸かった一戦でチームメイトと共に居なかったのか? 彼はリーダーという役割が与えられた。それなのに勝利を分かち合うこともしないのか」 「PSGはそれを受け入れることはできるのだろうか? 私がPSGにいたらとても怒っているだろうね」 2018.04.19 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア王者ペップ・シティ、今夏大暴れか

▽今シーズンのプレミアリーグ王者に輝いたマンチェスター・シティが今夏、さらなる大型補強を敢行する可能性があるようだ。 ▽近年のストーブリーグを賑わせ続けるシティ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じたところによれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏の移籍市場で新たに3名のタレントに目を光らせているという。 ▽その3名とは、バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(26)、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)、そして、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)だ。 ▽ただし、グアルディオラ監督の主要ターゲットは、チアゴ・アルカンタラとムバッペ。2億ポンド(約304億2000万円)の資金を生かして、ロシア・ワールドカップ開催を考慮し、早期に補強を進めたい意向を示している模様だ。 2018.04.18 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、カゼミロ獲得に266億準備か?! ネイマールとトレードの可能性も

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロ(26)獲得に乗り出すようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽2013年に母国のサンパウロからレアル・マドリーに移籍したカゼミロは、2014年にポルトにレンタル移籍した。成長を果たしてレアル・マドリーのトップチームに復帰すると、2016年に就任したジネディーヌ・ジダン監督の下でレギュラーを勝ち取り、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、アトレティコ・マドリー戦では傑出したパフォーマンスを披露。昨シーズンのCL決勝ユベントス戦でもミドルシュートで勝ち越し点を決め、今やクラブで最も欠かせない選手の1人として称賛を集めている。 ▽攻撃的な選手が多いレアル・マドリーの中で数少ない守備的MFとして活躍を続けるカゼミロには、これまでマンチェスター・ユナイテッドから関心を抱かれていることが取り沙汰されていた。今回の『アス』の報道によると、欧州最大の資金力を誇るPSGまでもが手を挙げているようだ。 ▽PSGは、MFマルコ・ヴェッラッティは別として、ベテランMFチアゴ・モッタや若手MFロ・セルソの代わりとなる中盤の選手を探している。クラブのスポーツディレクターであるアンテーロ・エンリケ氏が、かつてポルトでカゼミロとともに仕事をしていた縁もあり、白羽の矢が立っているようだ。 ▽レアル・マドリー側はカゼミロとの契約延長を目指しており、近いうちに好条件の新契約を締結する予定だという。しかし、PSG側が同選手の契約解除金2億ユーロ(約266億円)を払う用意をしているとも伝えられており、そのような巨額なオファーであればレアル・マドリー側が一考する可能性もあるだろう。 ▽それでも、PSGが2億ユーロ(約266億円)の支払いを躊躇する場合、ブラジル代表FWネイマール(26)を取引材料にする可能性もあるという。ネイマールの周囲にはかねてよりレアル・マドリー移籍の噂が噴出しており、今後の動向に注目が集まる。 2018.04.18 15:00 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース