“悲劇”と“奇跡”を味わった両雄による“デルビー・デッラ・カピターレ”は白熱ドロー!《セリエA》2018.04.16 05:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が15日にスタディオ・オリンピコで行われ、0-0のドローに終わった。▽直近2連勝でリーグ4位に浮上したラツィオ(勝ち点60)だが、ミッドウィークに敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのザルツブルク戦では1stレグでの4-2のアドバンテージに加え後半立ち上がりに先制点を奪うも、70分過ぎの4分間で3点を失い、最終的に3点差を引っくり返されて敗退する“ザルツブルクの悲劇”を味わった。その“悲劇”から中2日でのデルビーに向けては先発2人を変更。バスタとルイス・アルベルトに代わってマルシッチ、フェリペ・アンデルソンを起用した。

▽一方、3位ローマ(勝ち点60)は直近のリーグ戦で1敗1分けと取りこぼしたうえ、CL準々決勝1stレグで1-4の大敗を喫する厳しい戦いを強いられていた。しかし、ミッドウィークに行われたバルセロナとの2ndレグでは指揮官の3バック変更がハマるなど圧巻のパフォーマンスをみせ、3-0で完勝。2戦合計4-4もアウェイゴール差で上回り、3点差を引っくり返す“オリンピコの奇跡”でCLへの名称変更後初となるベスト4進出を果たした。そのバルセロナ戦からは体調不良のフロレンツィに代わってブルーノ・ペレスを起用した以外、同じメンバーを起用。引き続き[3-4-3]の布陣を採用した。

▽ダービー名物の壮麗なコレオグラフィーが両クルヴァを彩った今季2度目の“デルビー・デッラ・カピターレ”。立ち上がりは“悲劇”を乗り越えようとするホーム扱いのラツィオが非常にアグレッシブな入りを見せる。

▽インモービレとアンデルソンの2トップが積極的に相手最終ラインと駆け引きを試みる。続けてオフサイドにかかったものの、その2トップが相手守備を引き付けると、7分にはボックス内でのインモービレの粘りから2列目の飛び出しを見せたパローロが惜しい形でシュートを放つ。その後も3バックとウイングバックの間や押し下げた最終ラインと中盤の間のスペースを効果的に使い、果敢な攻めを続けていく。

▽一方、時間の経過とともに相手の圧力に慣れ始めたローマはマイボール時は的確にボールを動かして相手陣内までボールを運んでいく。しかし、ゼコが徹底マークに遭うなど前線でなかなかポイントができず、セットプレー以外でボックス内を陥れるようなシーンを作れない。

▽30分過ぎまでは出足の鋭さで勝るラツィオのペースが続くもマノラスを中心に粘り強く守るローマが失点を許さない。すると、前半終盤にかけてはここまで沈黙していたローマの攻撃陣が怒涛の攻めを見せる。37分、左サイドで起点を作ったゼコからパスを受けたナインゴランが反転から絶妙なスルーパスをボックス右に走り込むブルーノ・ペレスに通す。ここでブルーノ・ペレスは丁寧に右足のシュートをファーポストに放つが、これは左ポストを叩く。

▽この直後には中盤でボールを奪ったマノラスがゴール前まで豪快に持ち込んで左サイドのコラロフからゼコを狙った鋭いクロス、さらに右サイドでラドゥの背後を取ったブルーノ・ペレスに決定機。だが、いずれも先制点とはならなかった。

▽試合の入りはラツィオ、半ば以降はローマが主導権を奪い返す白熱の前半を経て試合は後半に突入。後半も立ち上がりはラツィオが圧力をかけていく中、これを冷静にいなして反撃に出るローマは55分、シックを下げてジェンギズ・ユンデルを投入。58分にはそのジェンギズからボックス手前左でパスを受けたゼコがシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。

▽一方、中2日での戦いを強いられたラツィオは59分、アンデルソンとルリッチを下げてL・アルベルトとジョルダン・ルカクを同時投入。すると、この交代をキッカケにルカクとミリンコビッチ=サビッチの左サイドを起点にラツィオの攻撃が活性化。66分にはミリンコビッチ=サビッチの浮き球パスに反応したインモービレがダイレクトシュートも枠の右に外れる。

▽後半もダービーらしい白熱の展開が続く中、互いにアクシデントが発生。74分、筋肉系のトラブルを起こしたマノラスがプレー続行不可能となり、フロレンツィと交代。この交代でローマは4バックにシステムを変える。一方、ラツィオは80分にジェンギズに裏を取られたラドゥがユニフォームを引っ張って倒してしまい、この試合2枚目のカードで退場となった。

▽ここで数的優位を得たローマに流れが傾くかに思われたが、ラツィオもミリンコビッチ=サビッチのキープ力を生かしてマルシッチにあわや先制点という決定機が訪れるなど、引き分け良しとしないアグレッシブな戦いを見せる。そして、試合最終盤にはジェンギズの右クロスにゼコ、ストロートマンの浮き球パスに再びゼコ、ナインゴランの短いラストパスに三度ゼコと続けて3度の決定機を訪れるが、ヘディングシュートが相手GKの好守とクロスバーに阻まれ、劇的な決勝点とはならず。互いの意地がぶつかり合った白熱の首都デルビーはゴールレスドローで決着。当該成績でローマが3位をキープしたものの、勝ち点1差のインテルを含めて熾烈なトップ4争いは最後まで続く様相だ。
コメント
関連ニュース
thumb

終了間際の同点ゴールに喜び過ぎたサンプMFサポナーラ、ファンにパンツずらされ尻丸出しに…

▽8日に行われたセリエA第15節のラツィオvsサンプドリアで、サンプドリアMFリッカルド・サポナーラのゴールセレブレーションが話題となっている。 ▽1-1で迎えた後半アディショナルタイム。試合終了間際の追加タイム4分にラツィオがPKを獲得する。これをFWチーロ・インモビーレが決めてラツィオの勝利かに思われたのだが、PKを決める際のVARによりさらなる追加タイムが設けられていた。後半アディショナルタイムも10分になろうかというところで、サンプドリアは最終ラインからゴール前にロングボールを送ると、FWダヴィド・コフナツキが頭で逸らしたところをサポナーラがカンフーキックで劇的同点ゴールを決めた。 ▽話題となっているのはその後のこと。ゴールに大喜びしたサポナーラは上のユニフォームを脱ぎ、さらに下も脱いでファンのいるスタンドにダイブ。パンツ一丁になったサポナーラをファンは取り囲み、中には白いブリーフを下げようとする者も。もみくちゃにされたサポナーラは尻を丸出しにされるも、前方の大事な部分は守り抜いたようだ。 ▽当然サポナーラにはイエローカード。他になにか大切なものを失ったように思えるが、同選手は試合後に「素晴らしかった。ファンと喜びを分かち合えてよかったよ。誰かが僕のパンツをずらそうとしていたけど、あんなゴールを決めた後なんだ。こんなもんだよ」と意に介していない様子だった。 2018.12.10 04:34 Mon
twitterfacebook
thumb

インモービレの追加タイムPK弾もラツィオ、ラストプレー被弾浴びて10人のサンプに痛恨ドロー《セリエA》

▽ラツィオは8日、セリエA第15節でサンプドリアをホームに迎え、2-2で引き分けた。 ▽前節、最下位キエーボに痛恨の引き分けに終わってここ3試合ドローの5位ラツィオ(勝ち点24)が、10位サンプドリア(勝ち点19)をホームに迎えた一戦。 ▽立ち上がりから押し込んだラツィオの最初のシュートは16分。パトリックが左クロスにボレーで合わせたが枠の上に外れてしまった。 ▽すると21分に一瞬の隙を突かれて失点する。ムルルの左クロスをファーサイドのクアリアレッラに蹴り込まれた。 ▽その後は拙攻を続けたラツィオがサンプドリアの守備の前に全くチャンスを作れず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽低調な前半を終えて迎えた後半、ラツィオが猛攻を仕掛けていく。まずは50分、スルーパスに反応してボックス右に走り込んだパトリックがダイレクトでシュート。しかし、GKの正面だった。 ▽直後にもボックス左で仕掛けたルリッチがGKを強襲するシュートを浴びせたラツィオが攻勢を強めると、2枚代えを敢行。カイセドとバデリに代えてコレアとカタルディを起用した。 ▽その直後にもインモービレのスルーパスを受けたボックス右のパローロが決定的なシュートを浴びせ、サンプドリアを自陣に張り付けていく。 ▽そして、71分には見事なロングカウンターを発動。インモービレとコレアの関係でゴール前までボールを持ち運び、コレアがボックス左へ侵入。しかし、シュートはGKアウデーロにセーブされてしまった。 ▽それでも79分に試合を振り出しに戻す。右CKをニアのパローロが逸らし、ゴール前のアチェルビが押し込んだ。 ▽押せ押せのラツィオは85分に逆転のチャンス。しかし、ルリッチの左クロスをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチがヘッドで合わせるも枠の左に外してしまった。 ▽それでも、ベレシュインスキが退場して10人となったサンプドリアに対し、試合終了間際の追加タイム4分、ラツィオがPKを獲得する。ボックス手前左で得たFKをL・アルベルトが直接狙うと、壁に入っていたアンデルセンの手にボールが当たったとしてVARの末にPKとなった。 ▽このPKをインモービレが決めてラツィオが勝利するかに思われたが、VARの判定によって追加タイムが延長されていた同10分、ロングボールをゴール前に送られると、コフナツキにヘッドで逸らされ、最後はサポナーラにカンフーキックでゴールへ流し込まれた。 ▽直後にタイムアップとなり、ラツィオは痛恨のドロー。勝利目前で4試合連続引き分けに終わってしまった。 2018.12.09 06:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、インモービレ弾で追いつくも最下位キエーボに痛恨ドロー《セリエA》

▽ラツィオは2日、セリエA第14節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節ミラン戦をコレアの劇的弾で引き分けに持ち込んだ4位ラツィオ(勝ち点23)が、最下位キエーボ(勝ち点1)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽3日前に行われたヨーロッパリーグのアポロン戦を主力を温存して0-2と敗れたラツィオは、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、ルリッチといった主力がスタメンとなった。 ▽前節ナポリ戦をドローに持ち込んだ最下位キエーボ(勝ち点1)に対し、徐々にポゼッションを高めていったラツィオは17分、最初のシュートを放つ。ゴール正面の位置からバデリがミドルシュートを浴びせた。 ▽しかし24分、一瞬の隙を突かれて失点する。ビルサのスルーパスでペリッシエルにボックス中央に侵入され、シュートを流し込まれた。 ▽失点したラツィオは34分、右クロスをコレアが頭で合わせるも枠を捉えきれない。さらに36分、ミリンコビッチ=サビッチのパスを受けたパローロがボックス左に侵入してシュートに持ち込んだがわずかに枠の上に外れ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽後半からDFのラドゥに代えてFWのカイセドを投入したラツィオは、攻めあぐねていた中、54分に決定機。コレアが仕掛けてボックス左に侵入しラストパス。インモービレがダイレクトで放ったシュートが枠の左を捉えたが、GKソレンティーノのファインセーブに阻まれた。 ▽ここから攻勢を強めたラツィオは66分に試合を振り出しに戻す。バイタルエリアでの細かなパス交換からコレアのパスを受けたインモービレがボックス中央からゴール左に蹴り込んだ。 ▽さらに76分、ボックス左に侵入したインモービレが左足を振り抜くと、シュートは右ポストを直撃。その後もバデリのミドルシュートなど逆転ゴールに迫ったラツィオだったが、1-1でタイムアップ。痛恨のドローに終わっている。 2018.12.03 04:04 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: ラツィオ 1-1 ミラン《セリエA》

▽セリエA第13節、ラツィオvsミランが25日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181126_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 前半のチャルハノールのシュートをうまく弾いた DF 13 ワラセ 5.5 後半のヘディングシュートが入っていれば… 33 アチェルビ 5.5 ビルドアップでも貢献 26 ラドゥ 5.0 失点場面ではスペースを与えてしまった (→カイセド -) MF 77 マルシッチ 5.0 前半序盤は打開できていたが、徐々に消える 16 パローロ 5.5 まずまずゴール前に絡めていた 25 バデリ 6.0 ポゼッションの中心に 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 試合から消えることなくゴール前のシーンに顔を出していた (→J・ルカク 5.5) 左サイドから打開を図った 19 ルリッチ 5.0 攻守にさほど目立たたず FW 10 L・アルベルト 5.5 シュートシーンに顔を出した (→コレア 6.0) なかなか試合に入れていなかったが、最後に大仕事 17 インモービレ 5.5 ゴールに迫れてはいたが、ドンナルンマの牙城を崩せず 監督 S・インザーギ 5.5 試合内容を考えれば引き分けは妥当だった ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181126_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 6.0 前半のインモービレのシュートと後半のワラセのシュートを鋭い反応で止めてみせた DF 20 アバーテ 5.5 前半はインモービレとミリンコビッチ=サビッチの侵攻に苦戦も徐々に慣れる 17 サパタ 5.5 急造3バックをまとめていたが、最後の失点に関与 68 R・ロドリゲス 6.0 センターバックでも安定したプレーぶり MF 2 カラブリア 6.0 要所でオーバーラップして先制点アシスト 79 ケシエ 6.0 なかなか攻撃に絡めなかったが、先制点をマーク 14 バカヨコ 5.5 守備に専念もやや消極的か 11 ボリーニ 5.5 ハードワークを続け、1本惜しいシュートも FW 8 スソ 6.0 アイデアあるパスで先制点を演出 63 クトローネ 5.0 試合に絡めなかった 10 チャルハノール 5.5 仕掛けのプレーで何度かアクセントに 監督 ガットゥーゾ 5.5 主力不在の中、徹底した守備からの一撃で勝利をもぎ取ったかに思われたが… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ドンナルンマ(ミラン) ▽勝利していれば尚良かったが、それでも好セーブを連発してチームを勝利に導きかけた点を評価。 ラツィオ 1-1 ミラン 【ラツィオ】 コレア(後49) 【ミラン】 ケシエ(後33) 2018.11.26 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

後半AT弾のラツィオがミランの逃げ切りを許さずドロー決着《セリエA》

▽セリエA第13節、ラツィオvsミランが25日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽代表ウィーク前の前節サッスオーロ戦を攻め手を欠いて1-1の引き分けに終わった4位ラツィオ(勝ち点22)は、4日後に行われるヨーロッパリーグ(EL)では既に決勝トーナメント進出を決めている中、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、パローロといった主力をスタメンで起用した。 ▽一方、前節ユベントス戦では古巣対決に燃えるイグアインがPK失敗に加え、退場する空回りがあって0-2と敗れて連勝が3で止まった5位ミラン(勝ち点21)は、イグアインが出場停止で不在となった上、代表戦でディフェンスリーダーのロマニョーリが負傷とケガ人も続出する中、スソやチャルハノールら現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽アバーテとR・ロドリゲスの本職サイドバックを3バックの両サイドに据えたミランに対し、ラツィオがポゼッションする展開で立ち上がっていくと、14分にバデリが際どいミドルシュートを浴びせた。 ▽劣勢のミランは16分、スソの右クロスが流れたルーズボールをボックス左で拾ったチャルハノールが右ポスト直撃のシュートを放ってラツィオを脅かした。 ▽その後もラツィオが押し込む流れが続くと、28分にミリンコビッチ=サビッチがネットを揺らすも、ラストパスを出したインモービレのポジションがオフサイドでノーゴールとなった。 ▽ハーフタイムにかけてもラツィオが押し込む展開が続く中、42分にゴールエリア左のインモービレがボレーシュート。しかし、GKドンナルンマの好守によりゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半立ち上がり、L・アルベルトとミリンコビッチ=サビッチのシュートでゴールに迫ったラツィオが引き続き攻勢をかける中、ミランはボリーニがGKストラコシャを強襲するシュートを浴びせ牽制する。 ▽引き続きラツィオがボールを持つ展開が続くと、71分に決定機。左サイドからのFKにワラセが頭で合わせたシュートが枠を捉える。しかし、GKドンナルンマのファインセーブに阻止された。 ▽すると78分、ミランが一瞬の隙を突いて先制する。スソの浮き球パスでボックス右まで侵入したカラブリアがマイナスに折り返すと、ボックス手前右のケシエがダイレクトで放ったシュートがゴール左に吸い込まれた。 ▽失点を受けてラドゥに代えてカイセドを投入したラツィオは89分、インモービレがボックス左に侵入してシュートに持ち込むも、ここもGKドンナルンマに止められ、万事休すかと思われた試合終了間際の追加タイム4分、劇的な同点弾が生まれる。ロングボールのクリアボールを拾ったコレアがボックス手前からハーフボレーをゴール左下に蹴り込んだ。このまま1-1で終了。上位対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 2018.11.26 04:04 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース