“悲劇”と“奇跡”を味わった両雄による“デルビー・デッラ・カピターレ”は白熱ドロー!《セリエA》2018.04.16 05:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が15日にスタディオ・オリンピコで行われ、0-0のドローに終わった。

▽直近2連勝でリーグ4位に浮上したラツィオ(勝ち点60)だが、ミッドウィークに敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのザルツブルク戦では1stレグでの4-2のアドバンテージに加え後半立ち上がりに先制点を奪うも、70分過ぎの4分間で3点を失い、最終的に3点差を引っくり返されて敗退する“ザルツブルクの悲劇”を味わった。その“悲劇”から中2日でのデルビーに向けては先発2人を変更。バスタとルイス・アルベルトに代わってマルシッチ、フェリペ・アンデルソンを起用した。

▽一方、3位ローマ(勝ち点60)は直近のリーグ戦で1敗1分けと取りこぼしたうえ、CL準々決勝1stレグで1-4の大敗を喫する厳しい戦いを強いられていた。しかし、ミッドウィークに行われたバルセロナとの2ndレグでは指揮官の3バック変更がハマるなど圧巻のパフォーマンスをみせ、3-0で完勝。2戦合計4-4もアウェイゴール差で上回り、3点差を引っくり返す“オリンピコの奇跡”でCLへの名称変更後初となるベスト4進出を果たした。そのバルセロナ戦からは体調不良のフロレンツィに代わってブルーノ・ペレスを起用した以外、同じメンバーを起用。引き続き[3-4-3]の布陣を採用した。

▽ダービー名物の壮麗なコレオグラフィーが両クルヴァを彩った今季2度目の“デルビー・デッラ・カピターレ”。立ち上がりは“悲劇”を乗り越えようとするホーム扱いのラツィオが非常にアグレッシブな入りを見せる。

▽インモービレとアンデルソンの2トップが積極的に相手最終ラインと駆け引きを試みる。続けてオフサイドにかかったものの、その2トップが相手守備を引き付けると、7分にはボックス内でのインモービレの粘りから2列目の飛び出しを見せたパローロが惜しい形でシュートを放つ。その後も3バックとウイングバックの間や押し下げた最終ラインと中盤の間のスペースを効果的に使い、果敢な攻めを続けていく。

▽一方、時間の経過とともに相手の圧力に慣れ始めたローマはマイボール時は的確にボールを動かして相手陣内までボールを運んでいく。しかし、ゼコが徹底マークに遭うなど前線でなかなかポイントができず、セットプレー以外でボックス内を陥れるようなシーンを作れない。

▽30分過ぎまでは出足の鋭さで勝るラツィオのペースが続くもマノラスを中心に粘り強く守るローマが失点を許さない。すると、前半終盤にかけてはここまで沈黙していたローマの攻撃陣が怒涛の攻めを見せる。37分、左サイドで起点を作ったゼコからパスを受けたナインゴランが反転から絶妙なスルーパスをボックス右に走り込むブルーノ・ペレスに通す。ここでブルーノ・ペレスは丁寧に右足のシュートをファーポストに放つが、これは左ポストを叩く。

▽この直後には中盤でボールを奪ったマノラスがゴール前まで豪快に持ち込んで左サイドのコラロフからゼコを狙った鋭いクロス、さらに右サイドでラドゥの背後を取ったブルーノ・ペレスに決定機。だが、いずれも先制点とはならなかった。

▽試合の入りはラツィオ、半ば以降はローマが主導権を奪い返す白熱の前半を経て試合は後半に突入。後半も立ち上がりはラツィオが圧力をかけていく中、これを冷静にいなして反撃に出るローマは55分、シックを下げてジェンギズ・ユンデルを投入。58分にはそのジェンギズからボックス手前左でパスを受けたゼコがシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。

▽一方、中2日での戦いを強いられたラツィオは59分、アンデルソンとルリッチを下げてL・アルベルトとジョルダン・ルカクを同時投入。すると、この交代をキッカケにルカクとミリンコビッチ=サビッチの左サイドを起点にラツィオの攻撃が活性化。66分にはミリンコビッチ=サビッチの浮き球パスに反応したインモービレがダイレクトシュートも枠の右に外れる。

▽後半もダービーらしい白熱の展開が続く中、互いにアクシデントが発生。74分、筋肉系のトラブルを起こしたマノラスがプレー続行不可能となり、フロレンツィと交代。この交代でローマは4バックにシステムを変える。一方、ラツィオは80分にジェンギズに裏を取られたラドゥがユニフォームを引っ張って倒してしまい、この試合2枚目のカードで退場となった。

▽ここで数的優位を得たローマに流れが傾くかに思われたが、ラツィオもミリンコビッチ=サビッチのキープ力を生かしてマルシッチにあわや先制点という決定機が訪れるなど、引き分け良しとしないアグレッシブな戦いを見せる。そして、試合最終盤にはジェンギズの右クロスにゼコ、ストロートマンの浮き球パスに再びゼコ、ナインゴランの短いラストパスに三度ゼコと続けて3度の決定機を訪れるが、ヘディングシュートが相手GKの好守とクロスバーに阻まれ、劇的な決勝点とはならず。互いの意地がぶつかり合った白熱の首都デルビーはゴールレスドローで決着。当該成績でローマが3位をキープしたものの、勝ち点1差のインテルを含めて熾烈なトップ4争いは最後まで続く様相だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオがフェリペ・アンデルソンの後釜にペドロをリストアップか

▽ラツィオがウェストハムに移籍したブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の後釜としてチェルシーのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲス(30)の獲得を目指しているようだ。イタリア『CalcioNews24』や『Laziopress.it』などが報じている。 ▽ラツィオは15日、ブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンが4200万ポンド(約62億4000万円)と伝えられる高額な移籍金でマヌエル・ペジェグリーニ監督が新指揮官に就任したウェストハムに旅立った。 ▽『CalcioNews24』や『Laziopress.it』によれば、すでにラツィオはフェリペ・アンデルソンの後釜としてバイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベンやアーセナルのコスタリカFWジョエル・キャンベル、レスター・シティのU-21イングランド代表FWデマライ・グレイらをリストアップ。その中で最優先となっているのが、チェルシーで出場機会に恵まれていないペドロだ。 ▽なお、ペドロとの契約を2019年まで残しているチェルシーは、移籍金2500万ユーロ(約33億円)を要求しており、ウェストハムの提示額と開きがあるようだ。 ▽2015年8月にバルセロナからチェルシーに、移籍金3000万ユーロ(当時のレートで約41億5000万円)で加入したペドロ。チェルシーでは在籍2シーズンで公式戦131試合に出場しているが、得点はわずか28ゴールに留まるなど、プレミアリーグで力を発揮できずにいた。 2018.07.20 05:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオのクロアチア人DFプルセがキプロスへ移籍

▽キプロスのオモニア・ニコシアは17日、ラツィオのクロアチア人DFフランジョ・プルセ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ハイデュク・スプリト出身のセンターバックであるプルセは、2014年8月にラツィオへ移籍。しかし、ラツィオでは出場機会を得られず、ブレシアなどへレンタルに出されていた。2018年1月には母国クロアチアのイストラへレンタル移籍し、クロアチアリーグで16試合に出場していた。クロアチア代表としてはこれまでU-16からU-21まで選出されてきた経歴を持っている。 2018.07.18 05:43 Wed
twitterfacebook
thumb

F・アンデルソンに続いてミリンコビッチ=サビッチもロンドンへ?

▽MFフェリペ・アンデルソンをウェストハムに放出したラツィオは、さらに主力をイングランドに売却する可能性がある。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチがチェルシーに行くかもしれないと伝えた。 ▽23歳のミリンコビッチ=サビッチは、複数のビッグクラブが関心を持っている有望株。マンチェスター・ユナイテッドなども興味を持っているが、ここまで具体的なオファーの話はあまりなかった。だが、チェルシーが獲得に動いているという。 ▽セルビア代表の同選手は、2022年までラツィオとの契約がある。シモーネ・インザーギ監督は、DFステファン・デ・フライが移籍し、フェリペ・アンデルソンまで失った今、ミリンコビッチ=サビッチには残ってほしいと願っているものの、クラウディオ・ロティート会長は違う決断をするかもしれない。 ▽2017-18シーズンのセリエAで最後にチャンピオンズリーグ出場権を逃したラツィオ。戦力の維持は難しくなっている。 2018.07.15 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハムが止まらない! F・アンデルソンをクラブ最高額で獲得

▽ウェストハムは15日、ラツィオに所属するブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の獲得を発表した。契約期間は4年。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は4200万ポンド(約62億4000万円)で、今夏にトゥールーズから加入したフランス人DFイッサ・ディオプ(21)の2200万ポンド(約32億5000万円)を上回るクラブ最高額となる。 ▽F・アンデルソンは、かつてマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰されたアタッカー。2013年夏にサントスからラツィオに加入した。2017-18シーズンは公式戦31試合7得点9アシストを記録。公式戦通算で177試合に出場して34得点42アシストの成績を収めた。 ▽マヌエル・ペジェグリーニ新体制のウェストハムは今夏、アーセナルを退団したイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)や、ドルトムントのウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ(28)ら実力者を獲得。新シーズンに向けた積極的な補強が際立っている。 2018.07.15 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のウェストハム、F・アンデルソン加入も秒読み

▽ラツィオに所属するブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)のウェストハム移籍が決定的な様相だ。 ▽イギリス有力メディア『スカイ・スポーツ』によれば、ウェストハムは移籍金3500万ポンド(約51億8000万円)でラツィオと合意。F・アンデルソンは12日夜にロンドン入りしており、13日にもウェストハムのメディカルを受けるという。 ▽F・アンデルソンは、かつてマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰されたアタッカーで、2013年夏にサントスからラツィオ入り。2017-18シーズンは公式戦31試合7得点9アシストを記録した。 ▽ウェストハムは今夏、ドルトムントからウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ(28)を獲得するなど積極補強を敢行。そのウェストハムにとって、フェリペ・アンデルソンは今夏6人目の新戦力となる。 ▽なお、移籍金3500万ポンドは、今夏にトゥールーズから加入したフランス人DFイッサ・ディオプ(21)の2200万ポンド(約32億5000万円)を上回るクラブ最高額。今夏だけでクラブ記録を2度更新することになる。 2018.07.13 17:25 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース