“悲劇”と“奇跡”を味わった両雄による“デルビー・デッラ・カピターレ”は白熱ドロー!《セリエA》2018.04.16 05:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が15日にスタディオ・オリンピコで行われ、0-0のドローに終わった。

▽直近2連勝でリーグ4位に浮上したラツィオ(勝ち点60)だが、ミッドウィークに敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのザルツブルク戦では1stレグでの4-2のアドバンテージに加え後半立ち上がりに先制点を奪うも、70分過ぎの4分間で3点を失い、最終的に3点差を引っくり返されて敗退する“ザルツブルクの悲劇”を味わった。その“悲劇”から中2日でのデルビーに向けては先発2人を変更。バスタとルイス・アルベルトに代わってマルシッチ、フェリペ・アンデルソンを起用した。

▽一方、3位ローマ(勝ち点60)は直近のリーグ戦で1敗1分けと取りこぼしたうえ、CL準々決勝1stレグで1-4の大敗を喫する厳しい戦いを強いられていた。しかし、ミッドウィークに行われたバルセロナとの2ndレグでは指揮官の3バック変更がハマるなど圧巻のパフォーマンスをみせ、3-0で完勝。2戦合計4-4もアウェイゴール差で上回り、3点差を引っくり返す“オリンピコの奇跡”でCLへの名称変更後初となるベスト4進出を果たした。そのバルセロナ戦からは体調不良のフロレンツィに代わってブルーノ・ペレスを起用した以外、同じメンバーを起用。引き続き[3-4-3]の布陣を採用した。

▽ダービー名物の壮麗なコレオグラフィーが両クルヴァを彩った今季2度目の“デルビー・デッラ・カピターレ”。立ち上がりは“悲劇”を乗り越えようとするホーム扱いのラツィオが非常にアグレッシブな入りを見せる。

▽インモービレとアンデルソンの2トップが積極的に相手最終ラインと駆け引きを試みる。続けてオフサイドにかかったものの、その2トップが相手守備を引き付けると、7分にはボックス内でのインモービレの粘りから2列目の飛び出しを見せたパローロが惜しい形でシュートを放つ。その後も3バックとウイングバックの間や押し下げた最終ラインと中盤の間のスペースを効果的に使い、果敢な攻めを続けていく。

▽一方、時間の経過とともに相手の圧力に慣れ始めたローマはマイボール時は的確にボールを動かして相手陣内までボールを運んでいく。しかし、ゼコが徹底マークに遭うなど前線でなかなかポイントができず、セットプレー以外でボックス内を陥れるようなシーンを作れない。

▽30分過ぎまでは出足の鋭さで勝るラツィオのペースが続くもマノラスを中心に粘り強く守るローマが失点を許さない。すると、前半終盤にかけてはここまで沈黙していたローマの攻撃陣が怒涛の攻めを見せる。37分、左サイドで起点を作ったゼコからパスを受けたナインゴランが反転から絶妙なスルーパスをボックス右に走り込むブルーノ・ペレスに通す。ここでブルーノ・ペレスは丁寧に右足のシュートをファーポストに放つが、これは左ポストを叩く。

▽この直後には中盤でボールを奪ったマノラスがゴール前まで豪快に持ち込んで左サイドのコラロフからゼコを狙った鋭いクロス、さらに右サイドでラドゥの背後を取ったブルーノ・ペレスに決定機。だが、いずれも先制点とはならなかった。

▽試合の入りはラツィオ、半ば以降はローマが主導権を奪い返す白熱の前半を経て試合は後半に突入。後半も立ち上がりはラツィオが圧力をかけていく中、これを冷静にいなして反撃に出るローマは55分、シックを下げてジェンギズ・ユンデルを投入。58分にはそのジェンギズからボックス手前左でパスを受けたゼコがシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。

▽一方、中2日での戦いを強いられたラツィオは59分、アンデルソンとルリッチを下げてL・アルベルトとジョルダン・ルカクを同時投入。すると、この交代をキッカケにルカクとミリンコビッチ=サビッチの左サイドを起点にラツィオの攻撃が活性化。66分にはミリンコビッチ=サビッチの浮き球パスに反応したインモービレがダイレクトシュートも枠の右に外れる。

▽後半もダービーらしい白熱の展開が続く中、互いにアクシデントが発生。74分、筋肉系のトラブルを起こしたマノラスがプレー続行不可能となり、フロレンツィと交代。この交代でローマは4バックにシステムを変える。一方、ラツィオは80分にジェンギズに裏を取られたラドゥがユニフォームを引っ張って倒してしまい、この試合2枚目のカードで退場となった。

▽ここで数的優位を得たローマに流れが傾くかに思われたが、ラツィオもミリンコビッチ=サビッチのキープ力を生かしてマルシッチにあわや先制点という決定機が訪れるなど、引き分け良しとしないアグレッシブな戦いを見せる。そして、試合最終盤にはジェンギズの右クロスにゼコ、ストロートマンの浮き球パスに再びゼコ、ナインゴランの短いラストパスに三度ゼコと続けて3度の決定機を訪れるが、ヘディングシュートが相手GKの好守とクロスバーに阻まれ、劇的な決勝点とはならず。互いの意地がぶつかり合った白熱の首都デルビーはゴールレスドローで決着。当該成績でローマが3位をキープしたものの、勝ち点1差のインテルを含めて熾烈なトップ4争いは最後まで続く様相だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオが2戦連続のウノゼロで連勝、戦績を五分に戻す《セリエA》

▽ラツィオは16日、セリエA第4節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽前節フロジノーネ戦を辛勝して今季初勝利を手にしたラツィオが、1勝1分け1敗スタートのエンポリのホームに乗り込んだ一戦。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、ラツィオは12分、ルリッチのクロスからミリンコビッチ=サビッチがシュートを浴びせる。しかし、攻撃のギアは上がらず、エンポリに互角の勝負に持ち込まれてしまう。 ▽29分にはアックアーにGKとの一対一の局面を作られたが、ストラコシャが好守で阻止。続く30分にはカプートにネットを揺らされるも、オフサイドに救われた。 ▽流れを掴めないラツィオは、前半追加タイムにCKからワラセのヘディングシュートが右ポストを叩き、前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも後半開始2分、ラツィオが先制する。ルリッチの左クロスをパローロが合わせてネットを揺らした。その後、53分にラドゥが左足太ももを負傷したラツィオは、67分にミリンコビッチ=サビッチを下げてコレアを投入し、追加点を目指す。 ▽なかなか勝負を決め切れないラツィオは終盤の89分、インモービレのシュートのルーズボールをコレアがシュートするが、左ポストを直撃してしまった。 ▽さらに追加タイムにはマルシッチがGKとの一対一を外すと、直後にカプートにゴール至近距離から決定的なシュートを許してしまう。しかし、守護神のストラコシャが左足に当てる好反応のビッグセーブを見せて凌ぎ、逃げ切り。2戦連続のウノゼロで辛勝したラツィオが2勝2敗の五分に戦績を戻している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 03:17 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季12得点のミリンコビッチ=サビッチ「僕の役割に誤解がある」

▽ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが自身の役割を正した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽高さ、強さ、上手さを兼備する中盤として評価を高めるミリンコビッチ=サビッチ。昨シーズンは、セリエAで12ゴールと得点力にもインパクトを残した。 ▽しかし、本人はその得点力の部分において周囲から過度な期待を感じているようだ。セルビアメディア『zurnal.rs』で次のように話した。 「僕の役割に関して、誤解されていることがある。確かにラツィオで多くのゴールを決めているけど、それは僕に求められる役割じゃない。もちろん、チャンスがあれば最大限に生かしたいけどね。セルビアのためにプレーする機会はそう多くない。だから、全ての試合でベストを尽くそうとしているよ」 2018.09.15 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチ残留経緯 代理人「興味深いオファーあったが…」

▽ラツィオに所属するセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の代理人が同選手の残留舞台裏を明かした。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽今夏、欧州有力クラブの関心が取り沙汰され続けたミリンコビッチ=サビッチ。だが、最後まで移籍が実現することはなく、最近になり、ラツィオとの契約延長も囁かれ始めている。 ▽セルビアンスターの代理人を務めるマテヤ・ケジュマン氏は、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でパリ・サンジェルマン(PSG)など複数クラブからオファーが届いたと語った。 「多くのクラブがセルゲイに目を向け、ラツィオに興味深いオファーを提示した。(移籍していたら、)より稼ぐことができたかもれない。フランスから800万ユーロ(約10億2000万円)の年俸が用意されていたのだからね」 「でも、ラツィオは最終的にいかなるオファーも拒否する決断を下した。我々もその決定を受け入れたのさ。彼もローマで幸せを感じていて、移籍を志願したこともなかったからね」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.07 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ミリンコビッチ=サビッチに再関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の冬の移籍市場での獲得を検討しているようだ。『トゥットメルカートウェブ』が伝えた。 ▽今夏にもミリンコビッチ=サビッチの獲得に動いていたと伝えられているユナイテッド。結局移籍は成立しなかったものの、セルビアンスターの獲得をまだあきらめてはいないようだ。 ▽ユナイテッドは以前から、フランス代表MFポール・ポグバ(25)とジョゼ・モウリーニョ監督との不仲説が噂され、現在も関係修復には至っていない模様。そのためポグバ退団は頭に入れておく必要があり、万が一の場合に備えて、ミリンコビッチ=サビッチに照準を絞っておくようだ。 ▽しかし、ミリンコビッチ=サビッチには、多くのビッククラブが関心を寄せていると報じられているうえ、2023年まで契約が残っていることから移籍金は相当な額に上ると予想される。『トゥットメルカートウェブ』によれば、ラツィオは同選手の移籍金として契約解除金の1億5000万ユーロ(約193億円)を要求する見込みだ。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは母国のヴォイヴォディナで2013年にプロデビューを飾った。その後ヘンクを経て、2015年夏にラツィオに加入した。加入初年度は、リーグ戦25試合の出場のみだったが、2016-17シーズンから主力に定着しリーグ戦34試合で4ゴール9アシストを記録。昨シーズンはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストとブレイクをはたしていた。 2018.09.05 18:49 Wed
twitterfacebook
thumb

L・アルベルト弾のラツィオが今季初勝利で連敗ストップ《セリエA》

▽ラツィオは2日、セリエA第3節でフロジノーネをホームに迎え、1-0で勝利した。 ▽前節ユベントス戦を落とし、2連敗スタートとなったラツィオはユベントス戦と同じスタメンで臨んだ。 ▽昇格組のフロジノーネに対し、ラツィオは開始4分にFKからミリンコビッチ=サビッチがネットを揺らすも、VARの末にオフサイドと判定され、ノーゴールとなる。 ▽その後も地力に勝るラツィオが一方的に押し込むと17分、ボックス右のルリッチのクロスをファーサイドのパローロがヘッドで合わせるも、シュートは左ポストに直撃した。 ▽続く25分にはミリンコビッチ=サビッチがインモービレとのワンツーでボックス左に侵入してシュートに持ち込むも枠を捉えきれない。さらに33分、ボックス左に抜け出したルリッチのクロスをファーサイドでフリーとなっていたインモービレが左足で合わせたが、ここも枠を捉えきれなかった。 ▽そして、42分のミリンコビッチ=サビッチのミドルシュートはわずかに枠を外れ、ラツィオは圧倒しながらも前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも迎えた後半、開始4分にラツィオが先制する。サイド攻撃を仕掛けてルーズとなったボールをボックス左のL・アルベルトがボレーで蹴り込んだ。 ▽待望の先制ゴールを手にしたラツィオは敵陣でボールを動かしつつ時間を消化。フロジノーネに付け入る隙を与えず試合を進めていく。 ▽終盤には主力のミリンコビッチ=サビッチ、インモービレ、L・アルベルトを下げる余裕を見せた中、ラツィオが1-0で逃げ切り。連敗を止め、今季初勝利を飾っている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.03 05:31 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース