“悲劇”と“奇跡”を味わった両雄による“デルビー・デッラ・カピターレ”は白熱ドロー!《セリエA》2018.04.16 05:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が15日にスタディオ・オリンピコで行われ、0-0のドローに終わった。

▽直近2連勝でリーグ4位に浮上したラツィオ(勝ち点60)だが、ミッドウィークに敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのザルツブルク戦では1stレグでの4-2のアドバンテージに加え後半立ち上がりに先制点を奪うも、70分過ぎの4分間で3点を失い、最終的に3点差を引っくり返されて敗退する“ザルツブルクの悲劇”を味わった。その“悲劇”から中2日でのデルビーに向けては先発2人を変更。バスタとルイス・アルベルトに代わってマルシッチ、フェリペ・アンデルソンを起用した。

▽一方、3位ローマ(勝ち点60)は直近のリーグ戦で1敗1分けと取りこぼしたうえ、CL準々決勝1stレグで1-4の大敗を喫する厳しい戦いを強いられていた。しかし、ミッドウィークに行われたバルセロナとの2ndレグでは指揮官の3バック変更がハマるなど圧巻のパフォーマンスをみせ、3-0で完勝。2戦合計4-4もアウェイゴール差で上回り、3点差を引っくり返す“オリンピコの奇跡”でCLへの名称変更後初となるベスト4進出を果たした。そのバルセロナ戦からは体調不良のフロレンツィに代わってブルーノ・ペレスを起用した以外、同じメンバーを起用。引き続き[3-4-3]の布陣を採用した。

▽ダービー名物の壮麗なコレオグラフィーが両クルヴァを彩った今季2度目の“デルビー・デッラ・カピターレ”。立ち上がりは“悲劇”を乗り越えようとするホーム扱いのラツィオが非常にアグレッシブな入りを見せる。

▽インモービレとアンデルソンの2トップが積極的に相手最終ラインと駆け引きを試みる。続けてオフサイドにかかったものの、その2トップが相手守備を引き付けると、7分にはボックス内でのインモービレの粘りから2列目の飛び出しを見せたパローロが惜しい形でシュートを放つ。その後も3バックとウイングバックの間や押し下げた最終ラインと中盤の間のスペースを効果的に使い、果敢な攻めを続けていく。

▽一方、時間の経過とともに相手の圧力に慣れ始めたローマはマイボール時は的確にボールを動かして相手陣内までボールを運んでいく。しかし、ゼコが徹底マークに遭うなど前線でなかなかポイントができず、セットプレー以外でボックス内を陥れるようなシーンを作れない。

▽30分過ぎまでは出足の鋭さで勝るラツィオのペースが続くもマノラスを中心に粘り強く守るローマが失点を許さない。すると、前半終盤にかけてはここまで沈黙していたローマの攻撃陣が怒涛の攻めを見せる。37分、左サイドで起点を作ったゼコからパスを受けたナインゴランが反転から絶妙なスルーパスをボックス右に走り込むブルーノ・ペレスに通す。ここでブルーノ・ペレスは丁寧に右足のシュートをファーポストに放つが、これは左ポストを叩く。

▽この直後には中盤でボールを奪ったマノラスがゴール前まで豪快に持ち込んで左サイドのコラロフからゼコを狙った鋭いクロス、さらに右サイドでラドゥの背後を取ったブルーノ・ペレスに決定機。だが、いずれも先制点とはならなかった。

▽試合の入りはラツィオ、半ば以降はローマが主導権を奪い返す白熱の前半を経て試合は後半に突入。後半も立ち上がりはラツィオが圧力をかけていく中、これを冷静にいなして反撃に出るローマは55分、シックを下げてジェンギズ・ユンデルを投入。58分にはそのジェンギズからボックス手前左でパスを受けたゼコがシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。

▽一方、中2日での戦いを強いられたラツィオは59分、アンデルソンとルリッチを下げてL・アルベルトとジョルダン・ルカクを同時投入。すると、この交代をキッカケにルカクとミリンコビッチ=サビッチの左サイドを起点にラツィオの攻撃が活性化。66分にはミリンコビッチ=サビッチの浮き球パスに反応したインモービレがダイレクトシュートも枠の右に外れる。

▽後半もダービーらしい白熱の展開が続く中、互いにアクシデントが発生。74分、筋肉系のトラブルを起こしたマノラスがプレー続行不可能となり、フロレンツィと交代。この交代でローマは4バックにシステムを変える。一方、ラツィオは80分にジェンギズに裏を取られたラドゥがユニフォームを引っ張って倒してしまい、この試合2枚目のカードで退場となった。

▽ここで数的優位を得たローマに流れが傾くかに思われたが、ラツィオもミリンコビッチ=サビッチのキープ力を生かしてマルシッチにあわや先制点という決定機が訪れるなど、引き分け良しとしないアグレッシブな戦いを見せる。そして、試合最終盤にはジェンギズの右クロスにゼコ、ストロートマンの浮き球パスに再びゼコ、ナインゴランの短いラストパスに三度ゼコと続けて3度の決定機を訪れるが、ヘディングシュートが相手GKの好守とクロスバーに阻まれ、劇的な決勝点とはならず。互いの意地がぶつかり合った白熱の首都デルビーはゴールレスドローで決着。当該成績でローマが3位をキープしたものの、勝ち点1差のインテルを含めて熾烈なトップ4争いは最後まで続く様相だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオ、飛躍の夏へ…夏の補強資金は潤沢!?

▽ラツィオが上位定着を目指している。来シーズンに向けた移籍市場に大金を投じる準備があるようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽これによると、ラツィオがスポーツ・ディレクターのイグリ・ターレ氏に託す予算は6500万ユーロ(約86億円)。これを補強に使えるという。 ▽ラツィオは経営が安定しており、4500万ユーロ(約60億円)の利益がある。これにヨーロッパリーグ出場による収益が加わり、大きな投資をする準備が整ったようだ。 ▽ラツィオは現在、セリエAで4位。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場も夢ではない。クラブはさらなる成長を目指している。 2018.04.26 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、スペインで苦戦する“天才”ガンソ獲得を画策か

▽ラツィオが、セビージャに所属する元ブラジル代表MFガンソ(28)の獲得を狙っているようだ。イタリア『tuttomercatoweb』が伝えている。 ▽2016年7月にサンパウロからセビージャに加入したガンソ。しかし、加入初年度を公式戦16試合3ゴール3アシストで終えると、今シーズンは公式戦11試合4ゴール3アシスト。成績としては悪くないが、出場機会を得ることができず、リーグ戦に至っては1月6日のリーガエスパニョーラ第18節以降、ベンチ入りすらもない苦しい状況が続いている。 ▽2021年までセビージャとの契約を残しているが、退団の見方が強まっているガンソ。そんな同選手に対して、ラツィオが獲得を画策しており、すでにセビージャ側に接触しているようだ。移籍金については1000万ユーロ(約13億円)と見られているが、ラツィオはレンタルでの獲得も検討しているとのこと。 ▽同メディアはガンソに対しては、グレミオやサントスといった国内クラブの他、トルコのフェネルバフチェも獲得に興味を示していると伝えている。 2018.04.26 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオがデ・フライ後釜にアトレティコの闘将をリストアップ!

▽ラツィオがアトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)をリストアップしているようだ。イタリア『La Repubblica』が報じている。 ▽ラツィオでは今季限りで契約が満了するオランダ代表DFステファン・デ・フライ(26)が契約延長交渉に応じず、今季終了後にフリートランスファーでインテルに加入することが既定路線となっている。そのため、同クラブはデ・フライに代わる新たなディフェンスリーダーの確保が急務となっている。 ▽現在、ラツィオがその有力候補としてリストアップしているのは、2010年から8年間にわたってアトレティコの最終ラインを支えてきたゴディンだという。ゴディンとアトレティコの現行契約は2019年までとなっており、より安価な移籍金で獲得が可能な模様だ。 ▽アトレティコの実質的なキャプテンであり、ディエゴ・シメオネ監督との厚い信頼関係を考えれば、ゴディンの獲得は決して簡単なオペレーションとはいえない。しかし、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得可能な位置にいるラツィオとしては百戦錬磨のベテランDFを何とか迎え入れたいところだ。 ▽なお、ラツィオにはウルグアイ代表のチームメートであるDFマルティン・カセレスが在籍しており、“セレステ(ウルグアイ代表の愛称)”の同僚を同じチームカラーである“ビアンコセレスティ(ラツィオの愛称)”に勧誘するよう、すでにクラブ側から働きかけがあるかもしれない。 2018.04.26 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

インモービレのドッピエッタなど4発圧勝のラツィオが4位死守《セリエA》

▽ラツィオは22日、セリエA第34節でサンプドリアをホームに迎え、4-0で快勝した。 ▽前節フィオレンティーナとの大乱戦を4-3で制して4位をキープしたラツィオ(勝ち点64)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を死守したい中、前節2ゴールの活躍を見せたL・アルベルトが出場停止となり、フェリペ・アンデルソンが代役に起用された。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を狙う8位サンプドリア(勝ち点51)に対し、2トップのインモービレとフェリペ・アンデルソンを軸にラツィオが押し込む展開で推移していく。そんな中19分、内転筋を痛めていたパローロがプレー続行不可能となってJ・ルカクが左サイドに投入された。 ▽その後も攻勢に出るラツィオは23分、FKの流れからルーカス・レイバがダイビングヘッドで狙うも枠を捉えきれない。29分にはバレットの強烈なボレーシュートが枠を捉えたが、GKストラコシャがセーブすると、32分に先制した。分厚い攻めを見せ、左サイドからのラドゥのアーリークロスをミリンコビッチ=サビッチがダイビングヘッドで押し込んだ。 ▽先制後も攻め手を緩めないラツィオは37分にフェリペ・アンデルソンとインモービレが立て続けに枠内シュートを浴びせれば、42分にはマルシッチのミドルシュートがGKヴィヴィアーノを強襲。そして直後のCKから追加点を奪いきる。フェリペ・アンデルソンの左CKからファーサイドのデ・フライがヘディングで突き刺した。 ▽後半開始3分にミリンコビッチ=サビッチのミドルシュートで3点目に迫ったラツィオだったが、前がかるサンプドリアを受け止める展開で試合を進めていく。自陣に引いて守備を固めるラツィオは、クアリアレッラを投入してきたサンプドリアに付け入る隙を与えない。 ▽そのままラツィオが試合をクローズしていくと、終盤に得点ランクトップを走るインモービレが2ゴールを叩き込んで勝負を決定付けた。まずは85分、右サイドのスペースを突いたミリンコビッチ=サビッチのクロスにインモービレが合わせて3-0とすると、続く88分にはナニのインターセプトからボックス左に進入したインモービレがGKとの一対一を制して4-0とした。 ▽今季のゴール数を29まで伸ばしたインモービレのドッピエッタで試合を締め括った ラツィオが圧勝し、3位ローマを同勝ち点で追走。4位を死守している。 2018.04.23 00:06 Mon
twitterfacebook
thumb

熾烈なCL出場権争いは続く! ローマが4戦ぶり勝利、ラツィオはヴィオラとの10人同士の殴り合い制す《セリエA》

▽セリエA第33節、ローマvsジェノアがスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。 ▽前節、宿敵ラツィオとの“デルビー・デッラ・カピターレ”をゴールレスドローで終えた3位ローマ(勝ち点61)は、リーグ戦3戦未勝利と足踏みが続く。前日に行われた試合でインテル(勝ち点63)が勝利したため、暫定4位に転落したディ・フランチェスコ監督率いるチームは4戦ぶりの勝利を目指して12位ジェノア(勝ち点38)をホームで迎え撃った。ラツィオ戦からは6選手を変更。負傷のマノラスに代えてフロレンツィが復帰したほか、中盤はゴナロン、ジェルソン、ペッレグリーニと控えメンバーが並び、前線はゼコとジェンギズ・ユンデル、エル・シャーラウィが起用され、システムは[4-3-3]となった。 ▽立ち上がりから押し気味に試合を運ぶローマはフロレンツィとジェンギズの右サイドで攻撃を組み立てて、中央のゼコ、左サイドのエル・シャーラウィのところで仕留めにかかる。ジェンギズやエル・シャーラウィが積極的にフィニッシュに絡んでいく中、早い時間帯に先制点を奪う。 ▽17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのコラロフがゴール右のスペースへ絶妙なボールを落とす。これに反応したジェンギズが身体ごとネットに飛び込む左足のワンタッチシュートで流し込んだ。 ▽ジェンギズのゴールでリードを手にしたローマはその後も球際の勝負で優位性を保ちながらやや前に重心を置いたジェノアに対して、ゼコのキープ力を生かしたカウンターから追加点のチャンスを窺う。25分にはボックス手前右でジェルソンからパスを受けたゼコがシュートを狙うが、これはGKペリンの正面を突く。その後は相手のカウンターから幾度か背後を取られかかるが、GKアリソンを中心とした粘り強い守備で凌いだ。 ▽ローマの1点リードで折り返した試合は、後半も早い時間帯に動く。52分、右CKの場面でキッカーのコラロフが左足インスウィングの鋭いボールを入れると、これをニアサイドでクリアを試みたDFズカノビッチのオウンゴールを誘った。 ▽この2点目で勝利に近づくローマだが、メデイロス、ロッシと攻撃的なカードを切ってきたジェノアに対して受けに回る。すると61分、ジェルソンの中盤でのボールロストからパンデフのスルーパスに抜け出したラパドゥーラに1点を返される。 ▽この失点をキッカケにバタ付き始めるローマはジェルソンを下げてマノラスを投入し、3バックに変更。さらにジェンギズとエル・シャーラウィを下げてシック、ストロートマンの投入で高さと中盤の守備を強化する。この交代で流れを取り戻したホームチームは試合終盤にフロレンツィとゼコに3点目の絶好機が訪れるも、これを決め切れない。それでも、何とかリードを守り切って2-1の勝利。苦しみながらも4戦ぶりの勝利を収めたローマが3位キープに成功した。 ▽また、同日行われた第33節、フィオレンティーナvsラツィオは、アウェイのラツィオが4-3で逆転勝利した。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す7位フィオレンティーナ(勝ち点51)と、CL出場権獲得を目指す4位ラツィオ(勝ち点61)の上位対決。前節、格下SPAL相手のゴールレスドローで連勝が「6」でストップしたフィオレンティーナは先発2人を変更。サポナーラ、ベナッシに代わってジウ・ディアス、エイセリックが起用された。一方、前節のローマ戦を同じくゴールレスドローで終えたラツィオは先発2人を変更。出場停止のラドゥに代わってカセレス、ルリッチに代わってジョルダン・ルカクが入った。 ▽試合は立ち上がりから波乱の展開に。開始7分にインモービレのシュートをボックス外で手を使って防いだフィオレンティーナGKスポルティエッロがいきなり一発退場。だが、14分にはキエーザに裏抜けを許したラツィオMFムルジャが後方から倒してしまい、決定機阻止でこちらも一発退場。試合開始15分あまりで10人ずつの戦いを強いられた。 ▽すると、ムルジャのファウルで得たFKの場面でキッカーのヴェレトゥが見事な右足シュートで決め切り、フィオレンティーナが先制。さらに31分にも再びヴェレトゥがPKを決めてドッピエッタを達成。だが、負けられないラツィオも39分にボックス手前で得たFKをL・アルベルトが壁を越える鋭いシュートで決めると、前半終了間際の45分にはL・アルベルトの右CKをニアに飛び込んだカセレスが頭で合わせ、前半のうちに2点差を追いついた。 ▽前半同様に後半も激しさを増す試合は54分にフィオレンティーナが勝ち越す。高い位置でボールを奪ったヴェレトゥが鮮やかなドリブルでゴール左に持ち込んで左足のシュートをファーに流し込んでトリプレッタ達成。しかし、諦めないラツィオは70分、3失点目に絡んだフェリペ・アンデルソンがペナルティアーク付近からのミドルシュートで同点ゴールを奪取。さらに、その3分後の73分にはショートカウンターから右サイドでマルシッチが斜めに入れたグラウンダークロスをゴール前に飛び込んだL・アルベルトがスライディングで流し込み、この試合初めて試合を引っくり返した。 ▽その後も激しい攻防が続いた試合だったが、ラツィオの4-3でタイムアップ。10人同士の壮絶な打ち合いを制したラツィオがCL出場権争いに踏みとどまった。 2018.04.19 06:06 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース