伏兵のゴラッソで10人ヘタフェが連敗ストップ! 柴崎は8試合ぶりの出場機会無し《リーガエスパニョーラ》2018.04.16 03:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、ヘタフェvsエスパニョールが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽11位ヘタフェ(勝ち点39)と15位エスパニョール(勝ち点36)の下位対決。現在、連敗中のヘタフェは0-2で敗れたアラベス戦から先発数人を変更。前節、久々の先発となった柴崎はベンチスタートとなった。開始7分に中央を持ち上がったレミが惜しいシュートを放つなど、積極的な入りを見せるホームチーム。その後も素早い攻守の切り替えを生かしてファイルやレミらがフィニッシュに絡んでいく。

▽その後、前半終了間際にはアンヘルがゴールネットを揺らすもその前に味方のアマトが相手DFへのファウルを取られてゴールは認められず。それでも、エスパニョールにシュートを打たせない堅守をこの試合でも見せたヘタフェは0-0で試合を折り返す。

▽すると、後半立ち上がりの54分にホームチーム待望の先制点が生まれる。ボックス手前中央好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールをダミアン・スアレスが右足で蹴り込む。強烈なシュートがゴール左上隅の絶妙なコースを射抜いた。

▽伏兵ダミアン・スアレスのゴラッソで先手を奪ったヘタフェだがこの直後にアクシデント発生。58分と61分に続けて警告を受けたフラミニが退場となり、ここから10人での戦いを強いられる。

▽ピアッティ、グラネロ、セルヒオ・ガルシアと経験豊富な選手を投入したエスパニョールに対して、防戦一方の展開となる中、セルヒオ・モラ、モリーナ、アントゥネスを投入して逃げ切りに入るヘタフェ。このアクセンデントもあり柴崎は8試合ぶりに出場機会無しとなった。

▽試合終盤にかけてはレオ、ジェラール・モレノを起点にアウェイチームの猛攻が続く。だが、数的不利を感じさせない組織的な守備でこのまま逃げ切ったヘタフェが連敗をストップして3試合ぶりの白星を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャ戦途中出場の柴崎岳、西メディア「中盤不在でも先発できず失望したはず」

16日のリーガエスパニョーラ第4節、ヘタフェは敵地サンチェス・ピスフアンでセビージャ戦に2&minus;0で勝利した。日本代表MF柴崎岳は、後半途中から出場している。<br><br>プレシーズンから負傷離脱中のMFマルケル・ベルガラほか、フィジカルに問題を抱えながらプレーしてきたMFマウロ・アランバリも招集リストから外れ、ボランチの人材不足で3試合ぶりの先発の可能性が高まっていた柴崎。だがホセ・ボルダラス監督はこの日本代表MFではなく、本職センターバックのDFジェネ・ダコナムをMFネマニャ・マクシモビッチとともに2ボランチとして起用した。<br><br>またもベンチからチームを見守ることになった柴崎だったが61分、前半に2得点を決めたFWアンヘル・ロドリゲスとの交代で出場。4&minus;4&minus;1&minus;1の2列目に位置して、MFエベル・バネガらに積極的にプレッシングを仕掛けることを主な役割としながら、カウンターの起点になるために奮闘していた。だが本来のポジションではないこともあり、そこまでの存在感を発揮できず試合終了を迎えている。<br><br>スペイン『マルカ』の採点(3点満点)で、柴崎はチームメートほか4選手と並んで、チーム最低タイとなる1点となった。またスペイン『アス』の個別評価では、ボランチのポジションでプレーできないその心情を慮られている。<br><br>「チームのボールポゼッションのためにトップ下として出場。慎ましいプレーに終始した。中盤が不在の試合でも先発になれず、確実に失望していたはずだ」<br><br>ヘタフェは次節、本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスにアトレティコ・マドリーを迎える。<br><br>提供:goal.com 2018.09.17 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アンヘルの2発でセビージャを撃破したヘタフェが今季2勝目!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第4節のセビージャvsヘタフェが16日に行われ、0-2でヘタフェが勝利した。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、61分からプレーした。 ▽開幕節以来勝利のないセビージャが、ヘタフェを本拠地サンチェス・ピスファンに迎えた一戦。前節ベティスに惜敗したセビージャは、その試合から先発を3人変更。フランコ・バスケス、アラーナ、メルカドに代えてノリート、アレクシ・ビダル、ニャニョンが先発で起用された。 ▽一方、ここまで1勝1分け1敗のヘタフェは、前節のバジャドリー戦からマタやアレホ、アランバッリに代えてモリーナやアマト、カブレラが先発に。柴崎は3試合連続のベンチスタートとなった。 ▽試合は開始早々にヘタフェがスコアを動かす。3分、バイタルエリア中央でボールを受けたモリーナが反転からスルーパスを供給。このパスでゴール前に抜け出したアンヘルは、冷静に相手GKとの一対一を制してゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したセビージャは、21分に反撃。バネガのパスをボックス左で受けたノリートが縦に切り込みシュート。しかし、これはGKソリアの好守に阻まれた。 ▽その後、セビージャにやや押し込まれる時間が続いたヘタフェだが、38分に追加点を奪う。ボックス右手前でボールを受けたポルティージョがゴール前にラストパスを供給すると、これがセルジ・ゴメスに当たりアンヘルの下へ。アンヘルがこれを左足でダイレクトで流し込み、リードを広げた。 ▽追加点を奪われたセビージャもすぐに反撃。40分、サラビアとのパス交換で右サイドを抜け出したヘスス・ナバスのクロスをボックス中央でアンドレ・シウバが落とすと、最後はノリートがシュート。しかし、このシュートはゴール左に逸れた。 ▽迎えた後半、2点を追うセビージャはノリートとロケ・メサを下げてイェデルとフランコ・バスケスを投入した。 ▽すると50分、相手のゴールキックを中盤のフランコ・バスケスが弾き返すと、アンドレ・シウバもヘディングで相手DFの裏へパス。このボールに抜け出したイェデルがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだが、その前にオフサイドがありVARの末にノーゴールとなった。 ▽後半も押し込まれる展開が続くヘタフェは61分、アンヘルを下げて柴崎を、69分にアマトを下げてフルキエを投入した。対するセビージャは、69分にA・ビダルを下げてプロメスをピッチに送り出した。 ▽その後もセビージャの猛攻を受け続けたヘタフェだが、最後までゴールを許さず試合終了。アンヘルの2ゴールで勝ち切ったヘタフェが、2試合ぶりとなる今季2勝目を飾った。 2018.09.17 05:45 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、ヘタフェ残留の可能性も…ベンフィカ行き拒否で去就は同僚FWの移籍次第に

ヘタフェに所属するMF柴崎岳に残留の可能性が浮上しているようだ。スペイン『カデナ・コぺ』が報じた。<br><br>今夏、ヘタフェは柴崎の売却に前向きと報じられ、ロシア・ワールドカップで活躍を見せた柴崎本人もチャンピオンズリーグに出場できるクラブに移籍する意向を示唆していた。しかしながら、ここまで移籍は実現していない。<br><br>最後にオファーを提示したのはベンフィカであったが、柴崎はポルトガルでのプレーには興味を示していない模様。一方で、チームを率いるホセ・ボルダラス監督はさらなるボランチの獲得を目指しており、そのために選手売却を迫られていることが、『Goal』の取材によって明らかとなった。<br><br>その売却候補に挙がっているのがFWアンヘル・ロドリゲス。ジローナが獲得を目指しており、移籍が実現すれば、資金が確保でき、柴崎の残留は確実となる。逆にアンヘルが残ることになれば、移籍市場閉鎖まで何が起こるか予測は不可能だという。<br><br>なお、ボルダラス監督はアンヘルの残留を望んでいるとされ、柴崎の去就は最後まで揺れることとなりそうだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.31 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎不出場のヘタフェがホーム開幕戦で今季初勝利を飾る!《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは24日、リーガエスパニョーラ第2節でエイバルとホームで対戦し、2-0で勝利した。柴崎はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽19日に行われたリーガ開幕節のレアル・マドリー戦を0-2と完敗したヘタフェは、その一戦から先発を4人変更。柴崎やモリーナ、アマト、カブレラに代わりハイメ・マタ、アンヘル、アレホ、アントゥネスを先発で起用した。 ▽試合が動いたのは18分、ヘタフェは自陣からのロングボールをボックス手前でマタが収めると、ラストパスを供給。このパスを受けたアンヘルがボックス右手前からシュートを放つと、これがゴール右隅に突き刺さった。 ▽先制したヘタフェは、37分にも決定機。ショートコーナーからの左クロスをマタがヘディングシュート。さらに相手GKの弾いたボールをアンヘルが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽迎えた後半は、1点を追うエイバルが立ち上がりから攻勢を続けるも同点ゴールは生まれず。試合はヘタフェリードで終盤に差し掛かる。すると90分、ポルティージョのスルーパスで右サイドを突破したアマトの折り返しをモリーナがゴールに流し込み、ヘタフェが試合を決定づける2点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。ヘタフェがホーム開幕戦で今季初勝利を飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.25 05:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、ワトフォードからフランス人DFフルキエをレンタルで獲得

▽ヘタフェは23日、ワトフォードからフランス人DFディミトリ・フルキエ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽スタッド・レンヌの下部組織出身のフルキエは2011年10月にトップチームデビュー。2013-14シーズンには、グラナダへレンタルで加入すると翌年に完全移籍。グラナダでは主力として4シーズンで公式戦98試合に出場した。 ▽2017年の夏にワトフォードへ移籍を果たすも、昨シーズンはワトフォードでのプレーはなく加入直後にストラスブールへレンタル。ストラスブールでは、右サイドバックを主戦場にリーグ戦16試合に出場していた。 ▽また、フランス代表としてはU-18からU-21に選出されており、これまで通算で44試合に出場している。 2018.08.24 03:55 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース