伏兵のゴラッソで10人ヘタフェが連敗ストップ! 柴崎は8試合ぶりの出場機会無し《リーガエスパニョーラ》2018.04.16 03:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、ヘタフェvsエスパニョールが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。▽11位ヘタフェ(勝ち点39)と15位エスパニョール(勝ち点36)の下位対決。現在、連敗中のヘタフェは0-2で敗れたアラベス戦から先発数人を変更。前節、久々の先発となった柴崎はベンチスタートとなった。開始7分に中央を持ち上がったレミが惜しいシュートを放つなど、積極的な入りを見せるホームチーム。その後も素早い攻守の切り替えを生かしてファイルやレミらがフィニッシュに絡んでいく。

▽その後、前半終了間際にはアンヘルがゴールネットを揺らすもその前に味方のアマトが相手DFへのファウルを取られてゴールは認められず。それでも、エスパニョールにシュートを打たせない堅守をこの試合でも見せたヘタフェは0-0で試合を折り返す。

▽すると、後半立ち上がりの54分にホームチーム待望の先制点が生まれる。ボックス手前中央好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールをダミアン・スアレスが右足で蹴り込む。強烈なシュートがゴール左上隅の絶妙なコースを射抜いた。

▽伏兵ダミアン・スアレスのゴラッソで先手を奪ったヘタフェだがこの直後にアクシデント発生。58分と61分に続けて警告を受けたフラミニが退場となり、ここから10人での戦いを強いられる。

▽ピアッティ、グラネロ、セルヒオ・ガルシアと経験豊富な選手を投入したエスパニョールに対して、防戦一方の展開となる中、セルヒオ・モラ、モリーナ、アントゥネスを投入して逃げ切りに入るヘタフェ。このアクセンデントもあり柴崎は8試合ぶりに出場機会無しとなった。

▽試合終盤にかけてはレオ、ジェラール・モレノを起点にアウェイチームの猛攻が続く。だが、数的不利を感じさせない組織的な守備でこのまま逃げ切ったヘタフェが連敗をストップして3試合ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

マタ&モリーナが2発! ヘタフェが5位アラベスとの上位対決を完勝で制す!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第20節、ヘタフェvsアラベスが18日に行われ、ヘタフェが4-0で完勝した。ヘタフェのMF柴崎岳はアジアカップ参戦中のため欠場している。 後半戦のスタートとなる6位ヘタフェ(勝ち点28)と5位アラベス(勝ち点32)の上位対決。立ち上がりからホームチームのヘタフェがアラベスに圧力をかける展開で推移した試合。互いに守備意識が高く、シュートに持ち込めない状況が続いたが、32分にヘタフェがPKを獲得した。 マリパンが自陣ボックス内でルーズボールをカットして持ち上がろうとしたところでクリストーフォロにプレッシャーをかけられると、思わずスライディングタックルで倒してしまった。このPKをマタが決めてヘタフェが先制した。 ヘタフェが1点をリードして迎えた後半開始1分、モリーナのゴラッソでリードを広げる。ボックス手前左でボールを持ったモリーナが思い切りよく右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。 さらに55分、ヘタフェが突き放す。ロングスローをマタが落とすと、ゴールエリア左に走り込んだモリーナが蹴り込んだ。モリーナの2ゴール目が決まって余裕の展開となったヘタフェはその後、自陣に引いてアラベスの攻撃を封じていく。 終盤、80分にアンヘルがGKを強襲するシュートを浴びせたヘタフェは、88分に右サイドからのクリストーフォロのFKをニアサイドのマタが流し込んで4-0とし完勝。上位対決を制し、アラベスとの勝ち点差を1に縮めている。 2019.01.19 06:49 Sat
twitterfacebook
thumb

スアレスのゴラッソとメッシ弾でバルセロナが好調ヘタフェに逃げ切り勝利で5連勝! 《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第18節、ヘタフェvsバルセロナが6日に行われ、1-2でバルセロナが勝利した。ヘタフェのMF柴崎岳は欠場している。 2週間前に行われた前節ジローナ戦を引き分け、リーガ5戦負けのない7位ヘタフェ(勝ち点25)は、柴崎がアジアカップ参戦のため欠場となった。 一方、セルタに2-0と勝利してリーガ4連勝中の首位バルセロナ(勝ち点37)は、コウチーニョと体調不良のブスケッツがベンチスタートとなって、負傷明けのセルジ・ロベルトが先発となった。そしてバレンシアから獲得したムリージョがベンチ入りした。 フラットな[4-4-2]を採用したバルセロナは2トップにメッシとスアレス、中盤右にビダル、左にデンベレ、センターにラキティッチとアルトゥールを並べた。 そのバルセロナがボールを持つ展開で立ち上がるも、9分にピンチ。マタにボレーでネットを揺らされたが、ゴール前でアンヘルがラングレを倒していたとしてノーゴールとなった。 助かったバルセロナは20分に先制する。アルトゥールの浮き球パスのルーズボールに反応したメッシがゴールエリア左に詰めて押し込んだ。 先制後、メッシの絶妙なスルーパスからスアレスが決定機を迎えたバルセロナは、26分にCKの流れからピケに追加点のチャンス。しかし、アルトゥールの折り返しをゴール前のピケがダイレクトで合わせたシュートはGKにセーブされた。 それでも攻め込み続けたバルセロナは39分に突き放す。FKの流れから浮き球のルーズボールをペナルティアーク右のスアレスがボレー。完璧に捉えたシュートがゴール右に突き刺さった。 スアレスのゴラッソで加点したバルセロナだったが、41分にアランバッリに左ポスト直撃のシュートを浴びると、43分に1点差に詰め寄られる。ポルティージョの左クロスをファーサイドのアンヘルに折り返され、最後はマタに押し込まれた。 2-1で迎えた後半、開始4分にアンヘルに決定的なシュートを許したバルセロナは、54分にメッシがGKを強襲するシュートを浴びせるも、59分にCKからカブレラに決定的なヘディングシュートを許すなど、主導権を握りきれない。 67分にはディフェンスライン裏に抜け出したマタにGKテア・シュテーゲンもかわされ万事休すかと思われたが、マタがシュートを枠の上に外して救われた。 試合をコントロールしきれないバルセロナはビダルに代えてブスケッツを投入。すると76分、メッシがデンベレのスルーパスを受けてGKと一対一に。しかし、ソリアにセーブされてしまった。 続く83分にもメッシのミドルシュートをGKソリアに阻まれたバルセロナだったが、2-1で逃げ切り。5連勝としたバルセロナは2位アトレティコ・マドリーとのポイント差を5に広げている。 2019.01.07 06:36 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガで苦闘する乾貴士&柴崎岳…スペイン紙「W杯後、円の価値が下がっている」

今季リーガエスパニョーラでプレーする二人の日本人選手、ベティスMF乾貴士とヘタフェMF柴崎岳だが、どちらも十分な出場機会を得られていない。スペインのスポーツ紙『アス』が「ワールドカップ後、円の価値が下がっている」との見出しで、両者の現状を取り上げている。<br><br>この『アス』の記事は「リーガで円の価値は下がっている。乾貴士はベティスで、ここ最近に少ししか出場機会を得られておらず、ヘタフェの柴崎岳はもっと少ない」との書き出しから始められ、両者の出場試合数を紹介している。<br><br>柴崎はリーガで、開幕節のレアル・マドリー戦で先発出場を果たしたものの、その後にはセビージャ戦で28分間、レアル・ソシエダ戦で68分間出場したのみ。その一方で、昨夏にエイバルからベティスに加わった乾は744分の出場時間を得ているものの、ここ最近の11試合では2試合の出場にとどまっており、『アス』は「彼のチームでの重要性は、エイバルにいた3年間とはまったく異なる」との見解を示した。<br><br>『アス』はまた、両選手がロシア・ワールドカップで活躍したことも取り上げつつ、「二人ともあの甘い時間が、あの努力が、リーガと折り合いを見せていない」とも記している。<br><br>柴崎と乾は現在、それぞれ所属チームを離れてアジアカップに臨む日本代表に参加中。同大会で調子を取り戻し、スペインメディアに「円高」をアピールしてもらいたいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.05 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位・ウエスカがMF柴崎岳をロックオン!? しかしクラブ側には心配な点も…

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(26)に対して、ウエスカが獲得を狙っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 柴崎は2017年夏、テネリフェからリーガエスパニューラ復帰のヘタフェに移籍。背番号「10」を託され、リーグ戦22試合1得点を記録したが、今シーズンは出場機会が減り、苦しい状況が続いている。 その柴崎に今シーズン1部に昇格したウエスカが注目。現在勝ち点8で最下位に沈んでおり、後半戦の巻き返しに向けて白羽の矢を立てたという。 しかし、同メディアは柴崎が出場機会に恵まれていないにも関わらず、日本代表に選出されていることから移籍金が低額ではないことを指摘。また、5日から行われるAFCアジアカップUAE2019への出場もウエスカへの合流を遅らせ、フィットや強化に時間に要すと問題視している。 2019.01.03 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、冬の市場で柴崎岳を売却か…移籍先はドイツのクラブ?

スペインのラジオ局『ラディオ・マルカ』はヘタフェが日本代表MF柴崎岳の売却を目指すことを報じた。<br><br>『ラディオ・マルカ』編集長のラファ・サンウキージョ氏は、同局の番組でヘタフェがこの冬に柴崎、MFロベルト・イバニェスの売却を目指すことを伝えた。また、その番組に出演したスポーツ紙『マルカ』のヘタフェ番フアンカル・ナバセラーダ記者は、柴崎の去就に関して、ドイツのクラブに移籍する可能性が高いとの見解を示している。<br><br>柴崎は2017年夏にテネリフェからヘタフェに加入。2017-18シーズン序盤にはバルセロナ戦で鮮烈なボレーシュートを決めるなど活躍を披露したが、同試合で中足骨を骨折して、それを機にベンチ要員となることが常となっていた。<br><br>ホセ・ボルダラス監督率いるヘタフェは典型的な堅守速攻のチームで、柴崎のプレースタイルには適応しないことも指摘され続けてきた。日本が誇るプレーメーカーは果たして、この冬に新天地へ向かうことになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 08:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース