伏兵のゴラッソで10人ヘタフェが連敗ストップ! 柴崎は8試合ぶりの出場機会無し《リーガエスパニョーラ》2018.04.16 03:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、ヘタフェvsエスパニョールが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽11位ヘタフェ(勝ち点39)と15位エスパニョール(勝ち点36)の下位対決。現在、連敗中のヘタフェは0-2で敗れたアラベス戦から先発数人を変更。前節、久々の先発となった柴崎はベンチスタートとなった。開始7分に中央を持ち上がったレミが惜しいシュートを放つなど、積極的な入りを見せるホームチーム。その後も素早い攻守の切り替えを生かしてファイルやレミらがフィニッシュに絡んでいく。

▽その後、前半終了間際にはアンヘルがゴールネットを揺らすもその前に味方のアマトが相手DFへのファウルを取られてゴールは認められず。それでも、エスパニョールにシュートを打たせない堅守をこの試合でも見せたヘタフェは0-0で試合を折り返す。

▽すると、後半立ち上がりの54分にホームチーム待望の先制点が生まれる。ボックス手前中央好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールをダミアン・スアレスが右足で蹴り込む。強烈なシュートがゴール左上隅の絶妙なコースを射抜いた。

▽伏兵ダミアン・スアレスのゴラッソで先手を奪ったヘタフェだがこの直後にアクシデント発生。58分と61分に続けて警告を受けたフラミニが退場となり、ここから10人での戦いを強いられる。

▽ピアッティ、グラネロ、セルヒオ・ガルシアと経験豊富な選手を投入したエスパニョールに対して、防戦一方の展開となる中、セルヒオ・モラ、モリーナ、アントゥネスを投入して逃げ切りに入るヘタフェ。このアクセンデントもあり柴崎は8試合ぶりに出場機会無しとなった。

▽試合終盤にかけてはレオ、ジェラール・モレノを起点にアウェイチームの猛攻が続く。だが、数的不利を感じさせない組織的な守備でこのまま逃げ切ったヘタフェが連敗をストップして3試合ぶりの白星を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

柴崎の同僚から岡崎同僚に? レスターがヘタフェDFジェネに関心

▽レスター・シティがヘタフェに所属するトーゴ代表DFジェネ・ダコナム(26)の獲得に動いているようだ。イギリス『Leicestershire Live』が伝えている。 ▽元ドイツ代表DFロベルト・フートの退団などもあって今夏センターバックの補強を目指すレスターは、昨季ヘタフェで圧巻のパフォーマンスを披露した26歳DFの獲得に関心を示しているようだ。 ▽昨夏、ベルギーのシント=トロイデンから加入したジェネは、180cmに満たないサイズながらも圧倒的な身体能力やスピードを武器にリーガ世界屈指のアタッカー陣との一対一をことごとく制した。さらに、フィジカル能力に長けた選手にありがちな集中力や無謀なプレーも少なく、チームの組織的な守備にも順応しヘタフェのリーグ3位の堅守に大きく貢献した。 ▽そのジェネに関してヘタフェと2023年まで契約が残っており、契約解除金は3500万ユーロ(約46億5000万円)に設定されている。しかし、2000万ユーロ(約26億5000万円)前後の条件でヘタフェは放出を容認する見込みだ。 ▽なお、ジェネにはレスターと同様に今夏フランス人DFクレマン・ラングレがバルセロナに旅立ったセビージャも獲得に興味を示しているようだ。 2018.07.18 17:31 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがバレンシアからセルビア代表MFマクシモビッチを獲得

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは16日、バレンシアのセルビア代表MFネマニャ・マクシモビッチ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの6年間で、移籍金は550万ユーロ(約7億2000万円)とのことだ。 ▽2017年夏にカザフスタンのアスタナからバレンシアに移籍したセントラルMFを本職に右MFでもプレー可能なマクシモビッチは2017-18シーズン、リーガエスパニョーラで15試合に出場、コパ・デル・レイで6試合に出場していた。 ▽セルビア代表としてはこれまで5試合に出場。ロシア・ワールドカップには候補メンバーまでは選出されていたが、最終メンバーには残れなかった。 ▽新シーズン、ヘタフェに残留することになった場合、レギュラー獲りを目指す柴崎にとっては新たなライバルの加入となった。 2018.07.17 03:44 Tue
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、女優・真野恵里菜さんと入籍! 真野さんがブログで報告

▽ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が、女優の真野恵里菜さんと入籍した。真野恵里菜さんが16日に自身のオフィシャルブログで「皆様へご報告」の文字が記された画像と共に報告している。 『皆様へご報告』 「応援してくださっている皆様 お世話になっている皆様へ」 「私事で大変恐縮ですが、この度、かねてよりお付き合いをさせていただいておりました柴崎岳さんと今月入籍致しましたことを、ご報告させていただきます」 「昨年より様々な言葉が飛び交ってしまい、皆様には沢山の混乱やご迷惑、ご心配をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。お互いの仕事を尊重し合い、お互いの家族を大切に想い、結婚までの道のりを二人でひとつひとつ経て、夫婦となれた時に皆様へお伝えしたいと思っておりましたので、本日この場でのご報告とさせていただきました」 「多くは語らずひたむきに努力し続ける彼はとても素敵で、私もたくさん刺激をもらっています。そんな彼の力になれるように、そしてこれから始まる夫婦生活にたくさんの笑顔が溢れるように、私にできること、たくさんのことを学びながら日々精進してまいります」 「至らない点も多々あるかと思いますが、どうか温かく見守っていただけますと幸いです。2018.7.16 真野恵里菜」 ▽柴崎は2011年に青森山田高校から鹿島アントラーズに入団。6年間プレーした後、スペインに渡り、テネリフェを経て、2017年7月にヘタフェに加入した。ロシア・ワールドカップ(W杯)では日本代表の中心としてチームのベスト16入りに貢献、評価を高めた。 ▽真野さんは2006年6月に「ハロー! プロジェクト」のオーディションに合格し、2009年3月に「乙女の祈り」でソロ歌手としてメジャーデビュー。2013年2月にハロー!プロジェクトを卒業後は女優としても活躍し、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でブレイクした。 2018.07.16 10:20 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯で活躍の柴崎岳、テネリフェ元同僚がステップアップ期待「もっと良いクラブでやれる才能ある」

ヘタフェMF柴崎岳のテネリフェ時代のチームメートMFアイトール・サンスは、日本代表MFがより高いレベルでプレーすることを願った。<br><br>テネリフェのキャプテンを務めるMFアイトール・サンスは、2016&minus;17シーズン後半戦に同クラブに在籍した柴崎の才能を絶賛する人物。柴崎がテネリフェに在籍していた当時にも、「柴崎は信じられないようなクオリティーを持った選手」「テネリフェに彼の銅像をつくるべき」と話すなどしていた。<br><br>アイトール・サンスは柴崎のワールドカップでの活躍を見守っていた様子で、2018&minus;19シーズンにはもっとレベルの高いクラブに移籍すべきとの見解を示している。<br><br>「彼は僕の心をつかんだ選手だ。テネリフェ加入初日から最後の日まで、素晴らしい振る舞いを見せていた。彼のワールドカップでの活躍を祝福したい」<br><br>「彼には、より高いレベルでやれるだけの才能がある」<br><br>なお柴崎には現在、ドルトムントやミランからの興味が噂されており、一方で柴崎の起用法に困るヘタフェは売却を検討しているという。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.14 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎所属のヘタフェがセビージャからGKダビド・ソリア獲得! グアイタ後釜に

▽ヘタフェは13日、スペイン人GKダビド・ソリア(25)の完全移籍に関して所属元のセビージャと合意に至ったことを発表した。同選手はメディカルチェックを受診した後、2022年6月30日までの4年契約にサインする予定だ。 ▽アトレティコ・マドリー、レアル・マドリーの下部組織を経てセビージャに加入したソリアはリザーブチームを経て2015年にトップチームに昇格。以降は第3GKや第2GKの立場に甘んじていたものの、昨季は守護神セルヒオ・リコの不振を受けて、キャリアハイとなる公式戦20試合に出場。チャンピオンズリーグでは準々決勝バイエルン戦の2試合に出場していた。 ▽なお、ヘタフェでは昨季リーガ3位となる33失点の堅守を支えたスペイン人GKビセンテ・グアイタ(31)が今夏クリスタル・パレスに移籍していたため、ソリアがその後釜を担うことになる。 2018.07.14 06:41 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース