伏兵のゴラッソで10人ヘタフェが連敗ストップ! 柴崎は8試合ぶりの出場機会無し《リーガエスパニョーラ》2018.04.16 03:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、ヘタフェvsエスパニョールが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。▽11位ヘタフェ(勝ち点39)と15位エスパニョール(勝ち点36)の下位対決。現在、連敗中のヘタフェは0-2で敗れたアラベス戦から先発数人を変更。前節、久々の先発となった柴崎はベンチスタートとなった。開始7分に中央を持ち上がったレミが惜しいシュートを放つなど、積極的な入りを見せるホームチーム。その後も素早い攻守の切り替えを生かしてファイルやレミらがフィニッシュに絡んでいく。

▽その後、前半終了間際にはアンヘルがゴールネットを揺らすもその前に味方のアマトが相手DFへのファウルを取られてゴールは認められず。それでも、エスパニョールにシュートを打たせない堅守をこの試合でも見せたヘタフェは0-0で試合を折り返す。

▽すると、後半立ち上がりの54分にホームチーム待望の先制点が生まれる。ボックス手前中央好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールをダミアン・スアレスが右足で蹴り込む。強烈なシュートがゴール左上隅の絶妙なコースを射抜いた。

▽伏兵ダミアン・スアレスのゴラッソで先手を奪ったヘタフェだがこの直後にアクシデント発生。58分と61分に続けて警告を受けたフラミニが退場となり、ここから10人での戦いを強いられる。

▽ピアッティ、グラネロ、セルヒオ・ガルシアと経験豊富な選手を投入したエスパニョールに対して、防戦一方の展開となる中、セルヒオ・モラ、モリーナ、アントゥネスを投入して逃げ切りに入るヘタフェ。このアクセンデントもあり柴崎は8試合ぶりに出場機会無しとなった。

▽試合終盤にかけてはレオ、ジェラール・モレノを起点にアウェイチームの猛攻が続く。だが、数的不利を感じさせない組織的な守備でこのまま逃げ切ったヘタフェが連敗をストップして3試合ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

15試合ぶり先発の柴崎岳だが…指揮官「常時出ていない選手が試合に入るのは難しい」

4日に行われたコパ・デル・レイ4回戦で先発した柴崎岳だが、インパクトを残すことはできなかったようだ。<br><br>2部コルドバとの第2戦に臨んだヘタフェ。柴崎はリーガ開幕戦以来15試合ぶりに先発したもののボールタッチは少なく。3点目の起点にはなったが、ミスも散見されて大きなインパクトを残せなかった。チームは5-1で勝利し、合計スコア7-2で5回戦へと駒を進めたが、自身が望むボランチで起用された日本代表MFは、勝利に貢献したとは言えないパフォーマンスに終わっている。<br><br>ホセ・ボルダラス監督は試合後に柴崎へ与えた指示について問われ、答えつつも久しぶりの出場では試合に入るのが難しいと語っている。<br><br>「試合途中でシステムを変えたが、また元に戻した。彼にはボールを持ってそこまで速くプレーするな、もしボールを持ち込めるならそうしてくれと伝えた。そういうプレーが上手いからね。私たちのゴールの一つは、そうして生まれたんだ。ガクのように常時出ていない選手が、試合に入り込むのが難しいのは当たり前だ」<br><br>そしてスペイン二大紙の評価は、『マルカ』は2点、『アス』は1点(どちらも3点満点)となっている。<br><br>コルドバとの第1戦以来、5試合ぶりに出場した柴崎。久しぶりに出場機会を得たものの、インパクトは残せず。ヘタフェでは苦戦が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.05 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

柴崎が開幕戦以来の先発となったヘタフェ、アンヘルのハットなどでコルドバに圧勝しベスト16進出《コパ・デル・レイ》

▽ヘタフェは4日、コパ・デル・レイ4回戦2ndレグでコルドバをホームに迎え、5-1で圧勝した。この結果、2戦合計スコア7-2としたヘタフェがベスト16進出を決めた。ヘタフェのMF柴崎岳はフル出場している。 ▽10月31日に敵地で行われた1stレグを2-1で先勝したヘタフェは、柴崎がリーガ開幕節レアル・マドリー戦以来、今季2度目の先発となった。 ▽2部で21位に沈むコルドバに対し、柴崎がフラットな[4-4-2]のボランチでスタートしたヘタフェが仕掛ける展開で立ち上がっていくも、徐々に互角の攻防を強いられてしまう。 ▽それでも18分に先制する。左サイドからのカブレラのクロスがGKのファンブルを誘い、ルーズボールをポルティージョが押し込んだ。 ▽相手GKのミスで先制したヘタフェは自陣に引いて対応しつつ、右サイドのアレホの単騎突破でアクセントを付けていく。そして41分、アンヘルがボックス左に侵入したところでバレンティンに倒され、PKを獲得。このPKをアンヘルが決めてリードを広げた。 ▽2戦合計スコア4-1と突き放したヘタフェは迎えた後半、開始4分にもゴールを挙げる。柴崎がカウンターで持ち上がって前方左のアンヘルへパス。アンヘルのパスをボックス中央で受けたイバニェスが左足でゴールへ流し込んだ。 ▽70分にCKからヘディングシュートを決められたヘタフェだったが、アンヘルが2ゴールを加点してハットトリック達成。2戦合計スコア7-2で勝利し、ベスト16進出を決めている。 ▽その他、同日行われた試合ではバレンシアがエブロに1-0で辛勝し、2戦合計2-1で勝ち上がりを決めている。 2018.12.05 05:22 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ユムティティ代役にヘタフェDFジェネを注視

▽バルセロナが、ヘタフェに所属するトーゴ代表DFジェネ・ダコナム(26)を注視しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナでは、不動のセンターバックを務めていたユムティティが左ヒザの負傷により離脱し続けている。先日には、保存療法による治療をカタールのドーハで行うことが伝えられており、早期復帰が期待できない状況だ。 ▽そういった状況から、冬の移籍市場でのセンターバックの確保を検討しているバルセロナだが、かねてよりメインターゲットに挙げられているアヤックスDFマタイス・デ・リフト(19)をその時期に獲得することは容易ではない。そのため、代替案として議論されているのがジェネだ。 ▽昨夏にベルギーのシント=トロイデンからヘタフェに加入したジェネは、180cmに満たないサイズながらも圧倒的な身体能力やスピードを武器にリーガ世界屈指のアタッカー陣との一対一にことごとく勝利。さらに、フィジカル能力に長けた選手にありがちな集中力を欠く無謀なプレーも少なく、チームの組織的な守備にも順応しヘタフェのリーグ3位の堅守構築の中心を担った。 ▽1日のリーガエスパニョーラ第14節ヘタフェvsエスパニョールに、バルセロナがスカウトを送り込むことが試合前の報道で伝えられており、先発していたジェネは3-0の完勝に貢献。改めて自身の能力の高さを見せ付けていた。 2018.12.02 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、乾貴士と同僚に!? ベティスが獲得に名乗りか

▽日本代表MF乾貴士が所属するベティスが、ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(26)の引き抜きを画策しているようだ。スペイン『Gol Digital』が伝えた。 ▽柴崎は、2017年7月にテネリフェからヘタフェに入団した。昨シーズンは、ケガにも悩まされながらリーガエスパニョーラに22試合出場。今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)では日本代表のベスト16入りに大きく貢献したが、ヘタフェ加入2年目を迎えた今シーズンは、ここまでリーグ戦出場がわずか2試合と苦しい状況が続いている。 ▽スペイン『Gol Digital』が伝えるところによると、柴崎の来年1月での移籍は決定的。攻撃面での強化を目的とする複数クラブが獲得に動くと見られているが、ロシアW杯を共に戦った乾所属のベティスもその一つだという。 ▽今夏にもベティス率いるキケ・セティエン監督が、クラブに対して獲得を要請していたとされる柴崎。果たしてベティス加入で乾とチームメイトになるのだろうか。 2018.11.29 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ柴崎岳、バレンシア戦で5試合ぶりベンチ外…今季出場3試合のみ

10日のリーガ・エスパニョーラ第12節で、ヘタフェは本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスにバレンシアを迎える。同チームMF柴崎岳は、ベンチ外となった。<br><br>スペイン屈指の強豪を迎えるヘタフェだが、招集メンバーに柴崎の名前はなかった。日本代表MFがベンチ外となったのは5試合ぶり。<br><br>柴崎は今季、リーガで2試合(先発1試合途中出場1試合)、コパ・デル・レイ(途中出場)で1試合の出場にとどまるなど、厳しい日々を過ごしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.10 23:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース