伏兵のゴラッソで10人ヘタフェが連敗ストップ! 柴崎は8試合ぶりの出場機会無し《リーガエスパニョーラ》2018.04.16 03:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、ヘタフェvsエスパニョールが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。▽11位ヘタフェ(勝ち点39)と15位エスパニョール(勝ち点36)の下位対決。現在、連敗中のヘタフェは0-2で敗れたアラベス戦から先発数人を変更。前節、久々の先発となった柴崎はベンチスタートとなった。開始7分に中央を持ち上がったレミが惜しいシュートを放つなど、積極的な入りを見せるホームチーム。その後も素早い攻守の切り替えを生かしてファイルやレミらがフィニッシュに絡んでいく。

▽その後、前半終了間際にはアンヘルがゴールネットを揺らすもその前に味方のアマトが相手DFへのファウルを取られてゴールは認められず。それでも、エスパニョールにシュートを打たせない堅守をこの試合でも見せたヘタフェは0-0で試合を折り返す。

▽すると、後半立ち上がりの54分にホームチーム待望の先制点が生まれる。ボックス手前中央好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールをダミアン・スアレスが右足で蹴り込む。強烈なシュートがゴール左上隅の絶妙なコースを射抜いた。

▽伏兵ダミアン・スアレスのゴラッソで先手を奪ったヘタフェだがこの直後にアクシデント発生。58分と61分に続けて警告を受けたフラミニが退場となり、ここから10人での戦いを強いられる。

▽ピアッティ、グラネロ、セルヒオ・ガルシアと経験豊富な選手を投入したエスパニョールに対して、防戦一方の展開となる中、セルヒオ・モラ、モリーナ、アントゥネスを投入して逃げ切りに入るヘタフェ。このアクセンデントもあり柴崎は8試合ぶりに出場機会無しとなった。

▽試合終盤にかけてはレオ、ジェラール・モレノを起点にアウェイチームの猛攻が続く。だが、数的不利を感じさせない組織的な守備でこのまま逃げ切ったヘタフェが連敗をストップして3試合ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

レアル戦以来の先発果たした柴崎岳、西メディアはプレーリズムの欠如を指摘「快適に見えなかった」

15日のリーガエスパニョーラ第16節、ヘタフェは本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのレアル・ソシエダ戦を1&minus;0で制した。先発出場を果たし、68分までプレーしたMF柴崎岳のスペインメディアにおける評価は、芳しいものではなかった。<br><br>リーガでは第1節レアル・マドリー戦以来となる先発出場を果たした柴崎は、決勝点に絡む活躍を披露。3分、日本代表MFが最終ラインを突破して滑り込みながらシュートを放つと、これは目前のGKモジャに弾かれる。だが、そのこぼれ球を拾ったホルヘ・モリーナがネットを揺らした。柴崎はその後も積極的にプレッシングを仕掛けるなど奮闘を見せたものの、ソシエダの攻勢が続いた後半にMFポルティージョとの後退でピッチから下がっている。<br><br>スペインメディアは、この試合の柴崎に対して辛辣な評価を下した。スペイン『アス』は選手別評価で、出場機会に恵まれていない同選手のプレーリズムの欠如を指摘した。<br><br>「左サイドのスタメンを張るという大きな驚きだった。プレーリズムが欠けており、彼の最高の状態とは程遠い。しっかりと後退して、またそのプレーにはディテールもあったが、快適には見えなかった」<br><br>一方スペイン『マルカ』の採点(3点満点)で、柴崎はチームメート5選手と並び1点の評価。ちなみにヘタフェのほか7選手が2点、1選手が出場時間少なかったため採点なしだった。<br><br>なおヘタフェは12月21日に行われるリーガ次節で、アウェイでのジローナ戦に臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.16 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎が開幕以来の先発出場で決勝点に絡む! ソシエダ下したヘタフェが4戦負けなし《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは15日、リーガエスパニョーラ第16節でレアル・ソシエダをホームに迎え、1-0で勝利。柴崎は、先発して69分までプレーした。 ▽リーグ3試合負けなしの暫定9位ヘタフェと、連敗中の同13位ソシエダによる一戦。柴崎は、第1節レアル・マドリー戦以来となるリーグでのスタメン出場を果たした。また、途中出場を含めても第4節セビージャ戦以来の出番となった。 ▽この日左サイドで先発した柴崎は、早々にゴールに絡んでいく。3分、ソシエダ陣内中央からモリーナが最終ラインの裏にスルーパスを供給し、柴崎が駆け込む。すると、前に出たGKモジャの眼前で放ったシュートはブロックされたが、ルーズボールを拾ったモリーナが無人のゴールに蹴り込み先制点とした。 ▽その後、イジャラメンディを中心としてソシエダがボール支配率を高めていくが、ヘタフェも粘り強い守備で対応。20分にはボックス内でウィリアン・ジョゼが一対一を迎えたが、GKソリアが掻き出して難所を凌ぐ。 ▽徐々に試合がファウルの多い肉弾戦の様相を呈し始める中、柴崎は中足元でボールを受けることができず。35分にはボックス手前左のやや距離があるところからヘディングシュートを放ったが、これは力なく脅威にはならない。 ▽とはいえ、ヘタフェ全体では持ち味の守備力を発揮し、ソシエダに良いシーンを作らせないまま折り返しに持ち込んだ。 ▽1点を追うソシエダは、後半の頭から積極的に攻め込んでいく。しかし、フィリアン・ジョゼをターゲットにしたロングボールは跳ね返され、52分にボックス手前で前を向いたオヤルサバルが供給したラストパスも、味方には合わない。 ▽64分、攻め込まれる展開が続く中、ヘタフェはカウンターからボックス手前中央でFKを獲得。すると、キッカーのアランバッリが右足で直接狙ったが、枠を捉えることができず点差は広げられない。 ▽やや試合がこう着状態となってきた69分、ヘタフェは柴崎との交代でポルティージョを投入。対するソシエダも同じタイミングでサンドロ・ラミレスに代えてヤヌザイを起用し、巻き返しを図っていく。 ▽しかし結局、ヘタフェがそのままソシエダにチャンスを作らせず、1点を守り抜く形で試合が終了この結果、勝利したヘタフェはリーグ4試合2勝2分けと好調を維持している。対するソシエダは、3連敗を喫した。 2018.12.15 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ柴崎岳、ビジャレアルが獲得画策か

▽ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(26)にビジャレアル移籍の可能性が浮上した。スペイン『GOL digital』が報じた。 ▽柴崎は2017年夏、テネリフェからリーガエスパニューラ復帰のヘタフェに移籍。背番号「10」を託され、リーグ戦22試合1得点を記録したが、今シーズンは出場機会が減り、苦しい状況が続いている。 ▽その柴崎に目を光らせているとされるビジャレアルは、今シーズンのここまでリーグ戦3勝5分け7敗の17位。10日にルイス・ガルシア・プラザ氏を新監督に招き、冬に数名の補強も画策している模様だ。 ▽その候補の1人として名前が挙がる柴崎は、来年1月の移籍市場でビジャレアルを去る可能性が高まっている元チリ代表MFマヌエル・イトゥーラ(34)に代わる中盤の選手として、白羽の矢が立ったとみられる。 ▽渦中の柴崎は来年1月のアジアカップに向けた日本代表に。所属先で出番に恵まれていないものの、森保一監督の信頼は厚い。今より出場機会が見込めるのであればビジャレアル行きは悪くない決断だが、果たして…。 2018.12.13 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

15試合ぶり先発の柴崎岳だが…指揮官「常時出ていない選手が試合に入るのは難しい」

4日に行われたコパ・デル・レイ4回戦で先発した柴崎岳だが、インパクトを残すことはできなかったようだ。<br><br>2部コルドバとの第2戦に臨んだヘタフェ。柴崎はリーガ開幕戦以来15試合ぶりに先発したもののボールタッチは少なく。3点目の起点にはなったが、ミスも散見されて大きなインパクトを残せなかった。チームは5-1で勝利し、合計スコア7-2で5回戦へと駒を進めたが、自身が望むボランチで起用された日本代表MFは、勝利に貢献したとは言えないパフォーマンスに終わっている。<br><br>ホセ・ボルダラス監督は試合後に柴崎へ与えた指示について問われ、答えつつも久しぶりの出場では試合に入るのが難しいと語っている。<br><br>「試合途中でシステムを変えたが、また元に戻した。彼にはボールを持ってそこまで速くプレーするな、もしボールを持ち込めるならそうしてくれと伝えた。そういうプレーが上手いからね。私たちのゴールの一つは、そうして生まれたんだ。ガクのように常時出ていない選手が、試合に入り込むのが難しいのは当たり前だ」<br><br>そしてスペイン二大紙の評価は、『マルカ』は2点、『アス』は1点(どちらも3点満点)となっている。<br><br>コルドバとの第1戦以来、5試合ぶりに出場した柴崎。久しぶりに出場機会を得たものの、インパクトは残せず。ヘタフェでは苦戦が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.05 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

柴崎が開幕戦以来の先発となったヘタフェ、アンヘルのハットなどでコルドバに圧勝しベスト16進出《コパ・デル・レイ》

▽ヘタフェは4日、コパ・デル・レイ4回戦2ndレグでコルドバをホームに迎え、5-1で圧勝した。この結果、2戦合計スコア7-2としたヘタフェがベスト16進出を決めた。ヘタフェのMF柴崎岳はフル出場している。 ▽10月31日に敵地で行われた1stレグを2-1で先勝したヘタフェは、柴崎がリーガ開幕節レアル・マドリー戦以来、今季2度目の先発となった。 ▽2部で21位に沈むコルドバに対し、柴崎がフラットな[4-4-2]のボランチでスタートしたヘタフェが仕掛ける展開で立ち上がっていくも、徐々に互角の攻防を強いられてしまう。 ▽それでも18分に先制する。左サイドからのカブレラのクロスがGKのファンブルを誘い、ルーズボールをポルティージョが押し込んだ。 ▽相手GKのミスで先制したヘタフェは自陣に引いて対応しつつ、右サイドのアレホの単騎突破でアクセントを付けていく。そして41分、アンヘルがボックス左に侵入したところでバレンティンに倒され、PKを獲得。このPKをアンヘルが決めてリードを広げた。 ▽2戦合計スコア4-1と突き放したヘタフェは迎えた後半、開始4分にもゴールを挙げる。柴崎がカウンターで持ち上がって前方左のアンヘルへパス。アンヘルのパスをボックス中央で受けたイバニェスが左足でゴールへ流し込んだ。 ▽70分にCKからヘディングシュートを決められたヘタフェだったが、アンヘルが2ゴールを加点してハットトリック達成。2戦合計スコア7-2で勝利し、ベスト16進出を決めている。 ▽その他、同日行われた試合ではバレンシアがエブロに1-0で辛勝し、2戦合計2-1で勝ち上がりを決めている。 2018.12.05 05:22 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース