シティが4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝!2018.04.16 03:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節のマンチェスター・ユナイテッドvsWBAが15日に行われ、0-1でユナイテッドが敗れた。この結果、首位のマンチェスター・シティ(勝ち点87)と2位のユナイテッド(勝ち点71)の勝ち点差が、残り5試合で「16」となり、シティの4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝が決定した。

▽ジョゼップ・グアルディオラ体制2年目となった今シーズン。昨季課題となった守備陣に、ベンフィカからブラジル代表GKエデルソン、トッテナムからイングランド代表DFカイル・ウォーカー、モナコからフランス代表DFバンジャマン・メンディ、レアル・マドリーからブラジル代表DFダニーロといった大型補強を敢行。今シーズンのDFにかけた補強費は総額2億ポンドを超え計52カ国の国防費を上回る額を費やしたことは話題になった。

▽そして今季、シティはその大型補強の成功もあってか、稀に見る強さでプレミアの主役に躍り出る。序盤からハイペースで勝ち点を重ねていったシティは第23節でリバプールに敗れるまでリーグ戦20勝2分。第17節のスウォンジー戦での勝利でリーグ新記録となる15連勝も達成した。

▽第33節を終えた時点で獲得した勝ち点は「84」。2位のユナイテッドとは13差あり、結果次第ではシティの優勝の可能性もあった第34節。前節では“マンチェスター・ダービー”の直接対決で敗れ、プレミア最速優勝を逃してしまっていたシティだが、今節はアウェイでのトッテナム戦に3-1で快勝。一方、ユナイテッドがホームで最下位WBAに敗れたため、あと5試合を残した時点で勝ち点差が16に広がったため、シティの4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝が決定した。

▽最速優勝とはいかなかったシティだが、まだまだリーグ記録を塗り替える可能性は残っており、例えばこれまでの最多勝ち点は2004-05シーズンにチェルシーが獲得した「95」だが、残り5試合で最低でも3勝すれば、シティは勝ち点を「96」まで伸ばすことになる。また最多得点は2009-10シーズンのチェルシーの「103」。シティはここまで93得点を挙げており、こちらもまだまだ新記録達成可能な数字だ。

▽なお、シティの残り5試合は、第35節スウォンジー・シティ(H)、第36節ウェストハム(A)、第37節ハダースフィールド(H)、延期分第31節ブライトン(H)、最終節サウサンプトン(A)となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ペップの思い届くか…スターリングの延長交渉、依然難航

▽マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)の契約更新が難航を極めている。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽2015年夏にリバプールからシティ入りしたスターリングの現行契約は、2020年まで。両者の延長交渉が長らく取り沙汰されてきたが、依然として話し合いの終着地点が見えてこない。 ▽その延長交渉は、現在も継続中。前向きな話し合いが続けられているみられるシティだが、最低でも週給22万ポンド(約3200万円)を求めるスターリング側と金額面で隔たりが生じているという。 ▽この件について、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は先日、「私は、この先も彼と一緒にいることを望む。この意見はクラブにも共有済みさ。あとはクラブと代理人次第だ」と話している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

3発快勝もパフォーマンスに不満のペップ、名将が怒りを覚える時は…

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チームのパフォーマンスに怒り心頭だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは15日、フルアムとホームで対戦し、3-0で快勝。4勝1分けで3位につけている。 ▽連覇を目指すチームとして、まずまずのスタートを切ったシティ。3年目を迎えるグアルディオラ監督だが、チームのパフォーマンスに不満の様子。しかし、名将ならではの一歩上をいく要求を選手たちに出しているようだ。 「私が反感を覚えるのは、単純なミスをした時だ。つまりは、私の手に負えない時だよ」 「シンプルなボールを持っている時、余計なパスをしたり、無駄にかわそうとする。そして彼らはミスパスをする。その時、私は彼らを怒る。そして、彼らには何度も話をしている」 「彼らがゴールやアシストをミスした場合、私は気にしない。彼らがドリブルし、ボールを失うことは問題ではない」 「ただ、ボールをコントロールし、シンプルにパスをする。彼らがそれをミスした場合は…土曜日の試合は多くの場面で見られたので、改善できるということを示すつもりだ」 2018.09.17 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

フルアム戦でアグエロが負傷交代…ペップ「足首を痛めた。ただ、リスクを回避した」

▽マンチェスター・シティは15日、プレミアリーグ第5節でフルアムをホームに迎え、3-0で快勝した。だが、同試合でFWセルヒオ・アグエロが足首を痛めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝える。 ▽開幕3勝1分けと無敗をキープするシティは昇格組フルアムをホームで迎え撃った一戦で3-0の快勝を収めた。だが、同試合でMFダビド・シルバ、FWラヒーム・スターリングの2ゴールをお膳立てした後にFWガブリエウ・ジェズスとの交代で後半序盤にピッチを去ったアグエロが負傷していたようだ。 ▽同試合後、公式会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督はエースFWの状態に関して以下のように説明している。 「彼は足首を痛めた。違和感を抱えたまま前半を終えて、後半もそのままプレーしていた。もちろん、プレーを続けることはできたが、我々はリスクを冒したくなかった」 「リヨン戦でプレー可能かって? 我々は明日状態を確認するつもりだ」 ▽幸いにもアグエロの交代が予防措置だったことが判明したが、来週ミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグ(CL)、グループステージ初戦のリヨン戦で起用可能かは微妙なところだ。 2018.09.16 15:42 Sun
twitterfacebook
thumb

今季初先発のザネ弾などでシティがフルアムに3発快勝《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは15日、プレミアリーグ第5節でフルアムをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽代表ウィーク前に行われた前節ニューカッスル戦をウォーカーのスーパーミドル弾で2-1と競り勝って3勝1分けとしたシティは、翌水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦を控える中、ザネとオタメンディが今季初スタメンとなり、負傷で代表戦を辞退したスターリングが先発となった。 ▽[4-1-4-1]で臨んだシティは2列目に右からスターリング、ベルナルド・シウバ、ダビド・シルバ、ザネと並べ、最前線にアグエロが入った。そのシティは開始2分にあっさり先制する。インターセプトしたフェルナンジーニョがボックス左まで持ち上がり、クロスボールをザネが押し込んだ。 ▽ザネの今季初ゴールで先制したシティはさらに14分、B・シルバのパスでボックス右まで抜け出したスターリングがシュートを浴びせるも、GKの股間に当たったシュートはバーを叩いた。それでも21分、B・シウバが右サイドゴールライン際で粘って中にパスを送ると、アグエロがシュート。ルーズとなったボールをD・シルバが蹴り込んでシティが追加点を挙げる。 ▽劣勢のフルアムは30分、シュールレがGKエデルソンを強襲するシュートを浴びせるも、前半終盤にかけてもザネやスターリングがゴールに迫ったシティが主導権を握り、前半を2点のリードで終えた。 ▽迎えた後半開始2分、シティが決定的な3点目を挙げる。右サイドでドリブルを仕掛けたアグエロがボックス右まで侵入してクロスを送り、ゴール前でフリーとなっていたスターリングが押し込んだ。 ▽アグエロをお役御免とし、ガブリエウ・ジェズスを投入したシティは、59分にフェルナンジーニョがミドルシュートでゴールに迫るなど、フルアムを圧倒し続ける。 ▽74分にはスターリングもお役御免としたシティが終盤にかけてもフルアムに流れを渡さず3-0で快勝。今季4勝目を挙げている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.16 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、過去にシメオネと語らい合った内容を明かす「私のスタイルは好きじゃないと言われた」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、自身と異なる哲学を有するアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督について語った。<br><br>パスサッカーを実践するグアルディオラ監督と、堅守速攻をアイデンティティーとするシメオネ監督。両者は相容れない二人のようにも思えるが、グアルディオラ監督はそうした哲学の違いも歓迎しているようだ。<br><br>スペイン『Beinスポーツ』の番組でホルヘ・バルダーノ氏と対談したグアルディオラ監督は、バルセロナ指揮官時代にシメオネ監督と会話した内容を明かしている。<br><br>「シメオネはアトレティコを率いる前にバルサの練習を見に来た。魅了されたね。私たちはフットボールについて語らい合った。彼は『これ(バルサのプレー)は好きじゃない。自分は感動しない』と言い、私は『いや、素晴らしいね』と返した。そういうことなんだよ」<br><br>「私のチームは私が望むようにプレーし、チョロ(シメオネ監督の愛称)のチームは彼が望むようにプレーする。そうやって扱うべこことなんだよ。その後、人々が判断をすればいい」<br><br>提供:goal.com 2018.09.15 18:59 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース