シティが4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝!2018.04.16 03:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節のマンチェスター・ユナイテッドvsWBAが15日に行われ、0-1でユナイテッドが敗れた。この結果、首位のマンチェスター・シティ(勝ち点87)と2位のユナイテッド(勝ち点71)の勝ち点差が、残り5試合で「16」となり、シティの4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝が決定した。▽ジョゼップ・グアルディオラ体制2年目となった今シーズン。昨季課題となった守備陣に、ベンフィカからブラジル代表GKエデルソン、トッテナムからイングランド代表DFカイル・ウォーカー、モナコからフランス代表DFバンジャマン・メンディ、レアル・マドリーからブラジル代表DFダニーロといった大型補強を敢行。今シーズンのDFにかけた補強費は総額2億ポンドを超え計52カ国の国防費を上回る額を費やしたことは話題になった。

▽そして今季、シティはその大型補強の成功もあってか、稀に見る強さでプレミアの主役に躍り出る。序盤からハイペースで勝ち点を重ねていったシティは第23節でリバプールに敗れるまでリーグ戦20勝2分。第17節のスウォンジー戦での勝利でリーグ新記録となる15連勝も達成した。

▽第33節を終えた時点で獲得した勝ち点は「84」。2位のユナイテッドとは13差あり、結果次第ではシティの優勝の可能性もあった第34節。前節では“マンチェスター・ダービー”の直接対決で敗れ、プレミア最速優勝を逃してしまっていたシティだが、今節はアウェイでのトッテナム戦に3-1で快勝。一方、ユナイテッドがホームで最下位WBAに敗れたため、あと5試合を残した時点で勝ち点差が16に広がったため、シティの4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝が決定した。

▽最速優勝とはいかなかったシティだが、まだまだリーグ記録を塗り替える可能性は残っており、例えばこれまでの最多勝ち点は2004-05シーズンにチェルシーが獲得した「95」だが、残り5試合で最低でも3勝すれば、シティは勝ち点を「96」まで伸ばすことになる。また最多得点は2009-10シーズンのチェルシーの「103」。シティはここまで93得点を挙げており、こちらもまだまだ新記録達成可能な数字だ。

▽なお、シティの残り5試合は、第35節スウォンジー・シティ(H)、第36節ウェストハム(A)、第37節ハダースフィールド(H)、延期分第31節ブライトン(H)、最終節サウサンプトン(A)となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア11月の月間MVPは3G3Aのスターリング! 2016年8月以来2度目の受賞

▽プレミアリーグは12日、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが11月の月間最優秀選手に選出されたことを発表した。 ▽先週末のチェルシー戦で今季リーグ戦初黒星を喫したシティだが、11月に行われたサウサンプトン戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、ウェストハム戦を全勝で終えた。この3試合でスターリングは3ゴール3アシストの大活躍。首位に立つチームを牽引していた。 ▽そして、チームメイトのMFダビド・シルバ、MFレロイ・ザネ、ウェストハムMFフェリペ・アンデルソン、エバートンDFリュカ・ディーニュ、リバプールDFアンディ・ロバートソン、トッテナムMFムサ・シソコらその他の候補者を退けて、2016年8月以来となる2度目の月間MVPを受賞した。 2018.12.12 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ヤヤ・トゥーレ、プレミア復帰を画策?

▽オリンピアコスとの契約を解除した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が、プレミアリーグへの復帰を望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞歴を誇り、世界最高峰のミッドフィルダーとして名を馳せたヤヤ・トゥーレ。今年9月からは、昨シーズン限りでマンチェスター・シティを退団し、2005-06シーズンを過ごした古巣オリンピアコスに復帰していた。 ▽しかし11日、オリンピアコスが契約解除を発表。クラブのリリースでは「互いの合意により」と伝えられていたが、『スカイ・スポーツ』の情報によれば、ヤヤ・トゥーレの契約には「プレーする度に発生する給与」が設定されており、オリンピアコスの財政が圧迫されていたというのが真実のようだ。 ▽退団後の新天地は未だ定まっていないが、既に中国とアメリカのクラブからの誘いを断っている模様。また、ヤヤ・トゥーレは今週末に家族の居るロンドンに戻る予定であり、自身がプレミアでプレーすることは未だ可能だと考えているようだ。 ▽ヤヤ・トゥーレが最後にプレーしたのは、11月9日のヨーロッパリーグ(EL)・グループF第4節デュドランジュ戦(5-1でオリンピアコスが勝利)だ。しかし、「自己管理によりプレーできる状態を維持している」という情報がもたらされたことを、『スカイ・スポーツ』は報告している。 2018.12.12 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

シルバ、シティとの2021年までの契約延長を検討?

▽マンチェスター・シティに所属するスペイン代表MFダビド・シルバ(32)が、契約延長を考慮しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽2010年夏にバレンシアから加入して以来、クラブの核として活躍しているシルバ。ここまでシティでの通算成績は公式戦366試合69アシスト119アシストという数字を記録しており、3度のプレミアリーグ優勝を含む9度のタイトル獲得に大きく貢献し、同クラブを大きな存在に押し上げている。 ▽そんなシルバの契約も現行では2020年6月末まで。当人が「キャリアの終盤に故郷のラス・パルマスでプレーしたい」という願望を度々口にしていることや年齢を鑑みて、これ以上の延長はされないという見方も強まっている。 ▽しかし、『メトロ』によると、体力レベルの落ちないシルバに関して、シティは契約延長を熱望しているという。また、ジョゼップ・グアルディオラ監督が延長すべきだと強く主張しており、上層部はシルバが代表引退を決断するか否かがポイントだと捉えているようだ。 ▽さらに、シルバ当人もクラブでの道を閉ざさず。2021年までの1年間の延長を検討していることが伝えられている。 2018.12.12 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ザネ、新契約締結に前向き「一定のプレー時間が与えられなかったとしても…」

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(22)が、新契約締結に前向きであることを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2016年にシャルケからシティに加入したザネは、昨シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献。しかし、今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でドイツ代表メンバーから外れ、迎えた新シーズンもアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの加入でポジション争いが激化したことで途中出場が増えている。 ▽それでもここまで公式戦6ゴール7アシストを記録しているザネには、10月から新契約の交渉が進められている。『スカイスポーツ』によると、先週にはシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督も「うまくいっている」と明かしていたようだ。 ▽これに対して、ザネもクラブに満足していると語り、新契約にサインする意向を明かした。 「最初にこのクラブに来た時から僕は本当に幸せだよ。監督、そして選手と共にプレーを楽しんでいる」 「彼らはみんな素晴らしいんだ。良い人たちだよ。初日からホームのように感じたんだ。もちろん契約延長も可能さ」 「例え一定のプレー時間が与えられなかったとしても、僕は変わらずこのクラブに残ってプレーすることを幸せに思うよ。ここにいる選手、監督と共に働き続けるよ」 「僕らはみんなどのポジションにも複数人の優れた選手たちがいて、時々ローテーションいけないことを知っている。先発で試合に出れない時はある。それは受け入れなくてはならない。全員に多くのプレッシャーを与える良いものだと思っているよ」 2018.12.12 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

シティが今季MLS最優秀GKを獲得! 加入は来夏に

▽マンチェスター・シティは11日、メジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルーに所属するアメリカ代表GKザック・ステッフェン(23)の完全移籍での獲得を発表した。契約期間は2019年夏から2023年6月30日までの4年となり、それまではレンタルという形でコロンバスに残留する。 ▽なお、コロンバス・クルーは移籍金の詳細に関して明かしていないものの、MLSのGK史上最高額と伝えている。また、イギリス『BBC』は700万ポンド(約10億円)と推定している。 ▽現在、23歳のステッフェンは2014年から2016年までドイツのフライブルクに在籍。だが、トップチームデビューを果たすことはできず、2016年7月にコロンバス・クルーへ完全移籍した。 ▽その後、2017シーズンから同クラブの正GKに昇格したステッフェンは持ち味の身体能力を武器にブレイクを果たすと、今季はMLSベストイレブンとMLS最優秀GKに選出された。 ▽また、アメリカの世代別代表の常連だった同選手は今年初めにフル代表デビュー。同年6月に行われたフランス代表とのフレンドリーマッチでは再三の好守を披露し、1-1のドローに貢献していた。 2018.12.12 04:16 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース