ユナイテッドが最下位WBAに敗戦し、シティの4季ぶりリーグ優勝が決定!《プレミアリーグ》2018.04.16 02:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは15日、プレミアリーグ第34節でWBAとホームで対戦し、0-1で敗れた。

▽前節のマンチェスター・ダービーで鮮やかな3-2の逆転勝利を飾り、マンチェスター・シティの最速優勝を阻止したユナイテッド。そのシティが今節トッテナムに勝利したため、負ければシティの優勝が決まるWBAとの一戦に向けて、前節から2選手を変更。バイリーとリンガードを代えてリンデロフとマタが先発に名を連ねた。

▽試合はリーグ5連勝中のユナイテッドが主導権を握る。ポグバのバイタリティのあるプレーや、サンチェスのアジリティ、マタのアイデアを生かしながら次々とWBAゴールに迫っていく。守ってはGKデ・ヘアが活躍。12分にリバモアに絶好の決定機を許すが、守護神がスーパーセーブを見せゴールを死守。

▽攻め入るユナイテッドは18分、エレーラがボックス内で倒されるが笛は鳴らず。続く19分には、マタのパスからルカク、そのシュートのこぼれ球をサンチェスが押し込みにかかるもGKフォスターに阻まれる。

▽35分には、ディフェンスラインからのパスにルカクが抜け出すが、GKフォスターのタイミング良い飛び出しにシュートが打てず。結局、ユナイテッドは攻め込みながらもなかなか得点が奪えず、前半をゴールレスで終えた。

▽後半頭にエレーラを下げてリンガードを投入したユナイテッド。支配率こそ高いもののほとんどチャンスを作ることができず時間を浪費していく。58分にはポグバに代えてマルシャルをピッチへ。より攻撃重視のメンバーに入れ替えた。

▽後半ここまでシュートらしいシュートが無かったユナイテッドだが66分、マティッチのクロスにルカクが強烈なヘディングシュートを放つ。ゴール左隅を捉えたがGKフォスターがファインセーブ。なかなかゴールを許してもらえない。69分にはリンガードがボックス手前からミドルシュートでトライするも枠を外れる。

▽優勢を保つユナイテッドだが、ゴールが奪えないツケがとうとう回ってくる。73分、WBAの右CKを相手と競り合っていたマティッチが中へ折り返してしまう。するとこのボールにいち早く反応したジェイ・ロドリゲスに頭で押し込まれて失点。試合を優位に進めていたユナイテッドが先制点を奪われる形となった。

▽このままいくと、シティの優勝が決まってしまうユナイテッド。失点直後にA・ヤングを下げてラッシュフォードを投入するが、WBAの堅い守りを崩すことができない。

▽このままユナイテッドはゴールを奪えず試合終了。本拠地オールドトラフォードで最下位相手に敗戦を喫し、この瞬間、シティの4シーズンぶりのリーグ優勝が決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

1Gで勝利に貢献のサンチェス「適応に苦労した分、今日の得点は…」

マンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェスは、得点を奪ってチームの勝利に貢献できたことへの喜びを語った。<br><br>今年1月にアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したサンチェスだが、リーグ戦で2ゴールのみと不振。これを受け、FAカップ準決勝トッテナム戦を前にポール・スコールズ氏は同選手をスタメンから外すように求めていたが、21日の試合では貴重な同点ゴールをマークするなど2-1の逆転勝利に貢献し、自身3度目のFAカップ制覇に王手をかけた。<br><br>試合後、サンチェスは「ビッグクラブに来て、全てが変わってしまったことは、僕にとって本当にハードだった。だから、こうしてチームのために得点を奪えたことにとても幸せを感じている」と新天地での苦戦を認めるも、チームの勝利に貢献できたことを喜んだ。<br><br>「ポール・ポグバから最高のパスが来て、最初はニアサイドを狙おうと思ったけれど、GKの動きが見えてファーサイドのポストを狙ってシュートを打った。GKはバランスを崩して動けなかったね」<br><br>また、恩師であるアーセン・ヴェンゲル監督のアーセナル退任についても言及。「彼はフットボール界のレジェンドだから退任は悲しい。紳士であり、フットボールのマスターである彼は僕に敬意とプロ意識を教えてくれた。昨日、今後の幸運を祈るとメールをした。彼には感謝しかない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェス&エレーラ弾で逆転! スパーズ撃破のユナイテッドが2季ぶり決勝へ《FA杯》

▽FAカップ準決勝マンチェスター・ユナイテッドvsトッテナムが21日、ウェンブリーで行われ、2-1でユナイテッドが勝利した。この結果、ユナイテッドが決勝へ進出した。 ▽準々決勝ではブライトンを退け、優勝した2015-16シーズンぶりに準決勝に進出したユナイテッド。プレミアリーグでは自らの敗戦からライバル・マンチェスター・シティの優勝をアシストしてしまったが、2シーズンぶりのFAカップ制覇に向けて、GKにデ・ヘア、センターバックコンビはジョーンズとスモーリング、中盤にマタやポグバ、前線にはサンチェス、リンガード、ルカクを並べた。 ▽一方、2年連続での準決勝進出となったトッテナムはリーグ戦ここ2試合勝利無しと若干低調気味。今回の大一番には、GKにフォルム、ディフェンスラインにはD・サンチェスやトリッピアー、中盤の底はE・ダイアーとデンベレを並べ、前線ににはケイン。デレ・アリ、ソン・フンミンらをぶつけた。両チームにとって残りのリーグ戦に向けても調子を上げていきたい一戦だ。 ▽2番目の優勝回数を誇るユナイテッド(12回)と、それに次ぐトッテナム(8回)が激突。開始間もなく、ケインがファーストシュートを放ったトッテナムはその勢いのままユナイテッドのゴールを強襲。対してユナイテッドも縦への推進力を前面に出し、両チームともテンション高く試合に入った。 ▽すると10分、早くも試合が動く。最終ラインのD・サンチェスのロングボールで一気に右サイドを攻め込んだエリクセン。ディフェンスとGKの間にグラウンダーのクロスを入れると、トップスピードで飛び込んだデレ・アリがネットを揺らしてトッテナムが先制した。 ▽この失点からひとつギアを上げたユナイテッドは24分、敵陣右サイドでデンベレからボールを奪うと、奪ったポグバがすかさずクロスを供給。このクロスにディフェンスの背後から飛び込んだサンチェスが頭で決めて、スコアを振り出しに戻した。 ▽その後もチャンスを作った両者。前半アディショナルタイムにはE・ダイアーが左ポスト直撃のシュートを放つなど終始ゴールを匂わせる試合展開となった。 ▽迎えた後半、互角の攻防を見せるユナイテッドとトッテナムは、まずはアウェイチームがチャンスを得る。58分、敵陣中央のエリクセンから左のソン・フンミンにボールが渡ると、ソン・フンミンはこれをダイレクトでゴール前のケインへ。ケインはキックフェイントをひとつ入れてシュートに持ち込むが相手に当たり枠を外れてしまう。 ▽そんな中、次に試合を動かしたのはユナイテッドだった。62分、後方からのロングボールをルカクが潰れてサンチェスに繋げると、ボックス左からクロスを選択。グラウンダーのクロスをルカクが触ってコースを変えリンガードがややスルー気味に見送ると、ファーサイドのエレーラがダイレクトで蹴り込みユナイテッドに逆転弾をもたらした。 ▽その後68分にB・デイビスを下げてルーカス・モウラを投入したトッテナムは、73分にエリクセンが敵陣中央から強烈な左足のシュートを浴びせるが、わずかに枠の右に逸れる。 ▽試合も後半アディショナルタイムに入り、トッテナムはD・サンチェスを前線に上げるパワープレーを敢行。だが、その隙を突かれルカクにカウンターでゴール前まで運ばれるという危ないシーンも。 ▽最後はGKフォルムまでもが攻めあがる場面も見られたがゴールを奪うことはできずここで試合終了。逆転したユナイテッドが2-1で勝利し、2シーズンぶりの決勝進出を果たした。 2018.04.22 03:21 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアで飛躍のアンドレアス・ペレイラ、心はユナイテッドに

▽マンチェスター・ユナイテッドからバレンシアへとレンタル移籍中のブラジル人MFアンドレアス・ペレイラだが、心はユナイテッドにあるようだ。『ESPN』が報じた。 ▽アンドレアス・ペレイラは、PSVの下部組織からユナイテッドの下部組織に入団。2015年7月にトップチームへと昇格するも、グラナダ、バレンシアとスペインクラブへのレンタル移籍を続けている。 ▽バレンシアでは、今シーズンのリーガエスパニョーラで21試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。コパ・デル・レイでも6試合に出場するなど、多くの経験を積んでいる。 ▽一部報道では、バレンシアが完全移籍でアンドレアス・ペレイラの獲得を目指しているとされているが、本人はユナイテッドの選手であり続けたいと明かした。 「バレンシアが僕の代理人に接触してきた。そして、僕を買い取りたいと言ってきた。それはお世辞であり、メディアで報道されているようなものではなかった」 「僕がジョゼ・モウリーニョ監督との会談を要求していると言われているけど、僕は何も要求していない」 「バレンシアのマルセリーノ(・ガルシア・トラル)監督は、僕に多くのことを話してくれる。十分理解しているけど、僕はまだマンチェスター・ユナイテッドの選手であり、2020年までオールド・トラッフォードでプレーする。ユナイテッドでね」 「僕はユナイテッドを離れたいと思ったことは、決してないよ」 2018.04.21 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド守護神デ・ヘア、自己最多の無失点試合数をマーク

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)が自己新記録を達成した。『Opta(@OptaJoe)』が伝えている。 ▽デ・ヘアは、18日に行われたプレミアリーグ第35節のボーンマス戦に先発。無失点に抑え込み、チームの勝利に貢献した。これにより、今シーズンの公式戦無失点試合数は21試合に。2015-16シーズンの20試合を上回る自己最多記録を打ち立てた。 ▽デ・ヘアは2011年夏からユナイテッドでプレー。今シーズンも公式戦41試合の出場を誇り、イングランドプロサッカー選手協会(PFA)年間最優秀選手賞候補6名にノミネートされている。 2018.04.21 13:10 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、宿敵ヴェンゲルに賛辞「ヴェンゲルを尊敬している」「フットボール界から去ってもらいたくはない」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督の退任を受けてコメントした。 ▽ヴェンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮官に就任。長きに渡る指導の中では数多くの優秀な選手を育て上げ、2003-04シーズンにはプレミアリーグ史上初の無敗優勝を成し遂げた。これまでプレミアリーグ3回、FA杯7回、コミュニティ・シールド6回の優勝を達成。しかし、近年は成績が低迷し、退任が噂されていた中、20日に今シーズン終了後の退任を発表。22年間の指揮に終止符を打った。 ▽プレミアリーグで共に激しい戦いを繰り広げ、時にはヴェンゲル監督に対して激しい口撃もしてきたモウリーニョ監督は、今回の退任に対して「フットボール界から去ってもらいたくはない」「ヴェンゲル氏を尊敬している」とコメントした。 「私は常に、対戦相手の幸運を願っている。もし彼が今回の決断に納得しているのなら、今後の人生における次のチャプターを楽しみにしているのなら、私も嬉しい。もし彼が悲しみを感じているのなら、私も悲しく思う」 「言うならば、アーセナルはサー・アレックスの時代にクラブの最大のライバルだったチームだ。クラブとして、ミスター・ヴェンゲルに相応しいリスペクトの念を示す」 「繰り返しになるが、彼が決断に満足しているのなら、私も嬉しい。彼にはフットボール界から去ってもらいたくはない」 「(ヴェンゲル監督に対して厳しい言葉をぶつけたこともあったが)後悔云々の話ではない。その質問は、我々と同じサイドにいない人間が頻繁に聞く類のものだ。監督でも選手でもなければ、我々が互いをリスペクトしている形を理解できない。尊敬し合えているように見えなくても、我々は尊敬し合っている」 「選手は互いに攻撃的な行動、暴言によってイエローカードやレッドカードを受ける。それは監督にも当てはまる。ただ、問題を抱えていたような間柄の方が、最終的にはリスペクトし合うと思う」 「過去のことは過去のこと。大事なのは、私がヴェンゲル氏を尊敬していること。私はプロとしての姿勢、キャリアをリスペクトする。常に言っていることだ。記憶は長続きしないが、真のフットボール人は忘れない。私が忘れることもない」 2018.04.21 09:57 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース