ユナイテッドが最下位WBAに敗戦し、シティの4季ぶりリーグ優勝が決定!《プレミアリーグ》2018.04.16 02:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは15日、プレミアリーグ第34節でWBAとホームで対戦し、0-1で敗れた。

▽前節のマンチェスター・ダービーで鮮やかな3-2の逆転勝利を飾り、マンチェスター・シティの最速優勝を阻止したユナイテッド。そのシティが今節トッテナムに勝利したため、負ければシティの優勝が決まるWBAとの一戦に向けて、前節から2選手を変更。バイリーとリンガードを代えてリンデロフとマタが先発に名を連ねた。

▽試合はリーグ5連勝中のユナイテッドが主導権を握る。ポグバのバイタリティのあるプレーや、サンチェスのアジリティ、マタのアイデアを生かしながら次々とWBAゴールに迫っていく。守ってはGKデ・ヘアが活躍。12分にリバモアに絶好の決定機を許すが、守護神がスーパーセーブを見せゴールを死守。

▽攻め入るユナイテッドは18分、エレーラがボックス内で倒されるが笛は鳴らず。続く19分には、マタのパスからルカク、そのシュートのこぼれ球をサンチェスが押し込みにかかるもGKフォスターに阻まれる。

▽35分には、ディフェンスラインからのパスにルカクが抜け出すが、GKフォスターのタイミング良い飛び出しにシュートが打てず。結局、ユナイテッドは攻め込みながらもなかなか得点が奪えず、前半をゴールレスで終えた。

▽後半頭にエレーラを下げてリンガードを投入したユナイテッド。支配率こそ高いもののほとんどチャンスを作ることができず時間を浪費していく。58分にはポグバに代えてマルシャルをピッチへ。より攻撃重視のメンバーに入れ替えた。

▽後半ここまでシュートらしいシュートが無かったユナイテッドだが66分、マティッチのクロスにルカクが強烈なヘディングシュートを放つ。ゴール左隅を捉えたがGKフォスターがファインセーブ。なかなかゴールを許してもらえない。69分にはリンガードがボックス手前からミドルシュートでトライするも枠を外れる。

▽優勢を保つユナイテッドだが、ゴールが奪えないツケがとうとう回ってくる。73分、WBAの右CKを相手と競り合っていたマティッチが中へ折り返してしまう。するとこのボールにいち早く反応したジェイ・ロドリゲスに頭で押し込まれて失点。試合を優位に進めていたユナイテッドが先制点を奪われる形となった。

▽このままいくと、シティの優勝が決まってしまうユナイテッド。失点直後にA・ヤングを下げてラッシュフォードを投入するが、WBAの堅い守りを崩すことができない。

▽このままユナイテッドはゴールを奪えず試合終了。本拠地オールドトラフォードで最下位相手に敗戦を喫し、この瞬間、シティの4シーズンぶりのリーグ優勝が決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

ランパード率いるダービーが敵地でユナイテッド撃破! GKロメロ退場のユナイテッドは土壇場で追いつくもジャイキリ許す…《EFLカップ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは25日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティとオールド・トラフォードで対戦し、2-2で90分間の戦いを終えた。しかし、その後行われたPK戦を7-8で終え、3回戦での敗退となった。 ▽直近のリーグ戦ではホームでウォルバーハンプトン相手に引き分けたユナイテッド。同じホームでバウンスバックが求められる今季EFLカップ初戦では、モウリーニョ監督のチェルシー時代の教え子、フランク・ランパード新監督が率いるダービーと対戦した。モウリーニョ監督は教え子との一戦に向けてリンガード、ルカクを除く9人を変更。負傷明けのフィル・ジョーンズやエレーラに加え、新戦力のジオゴ・ダロト、マルシャルらが起用された。 ▽試合は開始直後にいきなり動く。3分、左サイドで縦に仕掛けたマルシャルがボックス付近で横パスを送ると、ルカクがスルーしたボールをリンガードがワンタッチでゴール右に走り込むマタに繋ぐと、最後はスペイン人MFが得意の左足のダイレクトシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽ユナイテッドらしからぬ複数人がイメージを共有する見事な崩しで先手を奪ったが、直後にはダービーの決定機。6分、左サイドのマウントから守備ラインを切り裂く斜めのスルーパスが出ると、これをゴール右でフリーのベネットがシュートするが、ここはGKロメロがビッグセーブで阻む。 ▽冷や汗をかいたユナイテッドだったが、ここから気持ちを引き締め直すと9分にマタ、12分にルカクと続けて2点目に迫る。その後はダービーの攻勢に遭い、やや中盤で落ち着かない展開が続くも果敢な仕掛けを見せたマルシャルの左サイドを起点に幾度もチャンスを創出。だが、ルカクが再三の決定機を逃すなど、前半のうちにリードを広げることはできなかった。 ▽迎えた後半、立ち上がりからダービーの攻勢に晒されたユナイテッドはGKロメロのこの試合2度目のビッグセーブでピンチを凌ぐも流れを掴めない。すると59分、ボックス手前で与えたFKをリバプールからレンタル加入中のハリー・ウィルソンに左足の見事なブレ球シュートで決められ、同点に追いつかれてしまう。 ▽この失点を受けてモウリーニョ監督は63分、リンガード、エレーラを下げてフェライニ、フレッジを同時投入する。しかし、直後の67分には裏へ抜け出したウィルソンのシュートをボックス外で手を使って阻んだGKロメロにレッドカードが掲示され、数的不利を背負うことに。この退場でマタを下げてユナイテッドデビューのベテランGKリー・グラントをピッチに送り込んだ。 ▽ここから試合は一進一退の攻防を見せるが、数的優位と勢いで勝るダービーが徐々に流れを掴んでいく。すると85分、波状攻撃からマウントが左足のミドルシュートを際どいコースに飛ばす。これはGKグラントがビッグセーブで阻むが、こぼれ球に反応した途中出場のマリオットが頭で押し込み、ついにダービーが試合を引っくり返す。 ▽格下相手にホームでの負けは許されないユナイテッドはフェライニとルカクのフィジカルを生かしたパワープレーで反撃を開始するが、完全に守りに入った相手守備を崩し切れない。それでも、諦めないホームチームは試合終了間際の95分、右サイドのジオゴ・ダロトが入れたクロスをフェライニが頭で合わせ、土壇場で劇的な同点ゴールを奪った。 ▽そして、2-2でタイムアップを迎えた一戦の勝敗の行方はPK戦に委ねられることに。ダービーの先攻でスタートしたPK戦は互いにキッカーが際どいコースに決め続け、共に7人連続で成功。しかし、8人目で先攻ダービーのキッカー、キーオが冷静に決めたのに対して、後攻ユナイテッドはフィル・ジョーンズの右を狙ったシュートがGKカーソンのセーブに遭い、ここで試合は決着。ランパード率いるダービーが恩師モウリーニョ率いるユナイテッド相手に敵地オールド・トラフォードでジャイアントキリングを達成した。 2018.09.26 06:32 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがポグバの代理主将権限剥奪! ウルブス戦での戦術批判が影響か…

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がフランス代表MFポール・ポグバからゲームキャプテンの権限を剥奪したようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽今季のユナイテッドは昨季限りで現役を退いたマイケル・キャリック氏に代わって、以前からゲームキャプテンを務めることが多かったMFアントニオ・バレンシアが正式にチームキャプテンに就任した。だが、プレシーズンのケガによって離脱が続いていた同選手に代わって、ここまでの公式戦6試合ではポグバが代理のゲームキャプテンを務めていた。 ▽だが、ポグバはオールド・トラフォードで行われた直近のウォルバーハンプトン戦後に、モウリーニョ監督の守備的な戦術を批判する趣旨の以下のコメントをしていた。 「ホームゲームでは攻めて攻めて攻めまくるべきだ。それがオールド・トラフォードというものだ。僕たちはホームチームであり、ウルブスよりはるかに良いプレーをするべきなんだ。僕たちは攻めるためにここにいる。ユナイテッドが攻めに攻めているとき、相手は怯えていると思う。ウルブス戦は僕たちのミステイクだった」 「昨シーズンにトッテナムやリバプール、チェルシー、アーセナル相手にやったように、とにかく攻めてプレスを掛けていくべきだ。そうすれば試合はより簡単になる」 ▽後にポグバは自身のSNSでこの発言がメディアによって誤って報じられたと主張したが、以前から不仲説が流れるモウリーニョ監督はこの発言を問題視。そして、25日に行われたトレーニングの際に、ポグバ本人とその他の選手の前で同選手から代理キャプテンの権限を剥奪する決定を伝えたようだ。 2018.09.26 02:11 Wed
twitterfacebook
thumb

エレーラはユナイテッド残留を希望! …バルサから関心も

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)に、クラブを退団する意思はないようだ。大手『ESPN』が報じている。 ▽ユナイテッドとの契約を今シーズン限りとしているエレーラ。2014年夏にアスレティック・ビルバオからユナイテッド入りし、2016-17シーズンにはクラブの年間最優秀選手賞にも輝いたが、現在では出場機会を減らしており退団も噂されている状態だ。 ▽そういった状況にある同選手に関して、イギリス『サン』は先日、バルセロナが興味を示していると報道。現在バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督が、エレーラの在籍最終年にビルバオ指揮官を務めていたという縁もあり、来年夏のフリーでの獲得を狙っているという。 ▽しかし、今回の『ESPN』の情報によると、エレーラ当人はユナイテッド残留を望んでいる模様。とはいえ、今シーズンここまでプレミアリーグ2試合(先発は1度)という出場機会の少なさが契約延長を迷わせる要因になっているそうだが、ジョゼ・モウリーニョ監督はチャンスを与えるのだろうか。 2018.09.25 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ノエル、授賞式でユナイテッドをチクリ! サラーは思わずニヤリ…デ・ヘアは?

▽元オアシスのノエル・ギャラガー氏が、またもマンチェスター・ユナイテッドを“口撃”した。スペイン『アス』が報じている。 ▽マンチェスター・シティの大ファンとして知られるノエル氏は、24日にロンドンで行われたザ・ベストFIFAアワード2018に、プレゼンターとして出席。最も印象的なゴールを決めた選手に与えられる『プスカシュ賞』の受賞者が、リバプールFWモハメド・サラーだと発表する役目を担った。 ▽つまり、今回の授賞式には運営側の人間として参加している。しかし、そういった立場でもそのロックンロールな人柄に歯止めがかかるわけもなく、挨拶の際にユナイテッドにチクりとジョークを浴びせた。 「偉大なフットボーラーとして知られている選手たちと同じ部屋に居られるのは、素晴らしいことだ」 「もちろん、マンチェスター・ユナイテッドの選手が少数なのも最高だ」 ▽この発言を受けて、優勝を争うライバルであるサラーは思わずニヤリ。ユナイテッドの守護神を務めるGKダビド・デ・ヘアが顔をしかめる様子が、カメラに抜かれている。 2018.09.25 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネの回復力は常人離れ! マルティネス監督「ギフトを備えている」

▽ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、マンチェスター・シティに所属する同国代表MFケビン・デ・ブライネの回復状況について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽シティで完全無欠の創造者に君臨するデ・ブライネ。今シーズンも活躍に期待がかかるが、8月中旬のトレーニングで右ヒザ靭帯を痛めており、「復帰までに2カ月半〜3カ月ほど」と同クラブのジョゼップグアルディオラ監督は明かしていた。 ▽それでも先日、当人は「まだ3〜5週間ほどかかるけど、よくなりつつある」 と、11月11日にホームで行われる第12節のマンチェスター・ユナイテッド戦には間に合うだろうとコメント。それを裏付けるように、24日のザ・ベストFIFAアワード2018の会場に現れたマルティネス監督が楽観的な観測を示した。 「どれだけ長く離脱するかが問題だが、報告はとてもポジティブだ。ほかのプレーヤーたちの負傷時よりも、かなり早くピッチでの彼(ケビン・デ・ブライネ)を見ることになるはずだ。彼はさらにフレッシュにさえなっているかもしれない」 「予定表はまだ無いが、ケビン(・デ・ブライネ)は出来るだけ早くフットボールのピッチに立ちたいと願っているし、彼はほかの選手たちよりも早く回復できるギフトを備えているんだ」 2018.09.25 14:55 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース