ユナイテッドが最下位WBAに敗戦し、シティの4季ぶりリーグ優勝が決定!《プレミアリーグ》2018.04.16 02:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは15日、プレミアリーグ第34節でWBAとホームで対戦し、0-1で敗れた。

▽前節のマンチェスター・ダービーで鮮やかな3-2の逆転勝利を飾り、マンチェスター・シティの最速優勝を阻止したユナイテッド。そのシティが今節トッテナムに勝利したため、負ければシティの優勝が決まるWBAとの一戦に向けて、前節から2選手を変更。バイリーとリンガードを代えてリンデロフとマタが先発に名を連ねた。

▽試合はリーグ5連勝中のユナイテッドが主導権を握る。ポグバのバイタリティのあるプレーや、サンチェスのアジリティ、マタのアイデアを生かしながら次々とWBAゴールに迫っていく。守ってはGKデ・ヘアが活躍。12分にリバモアに絶好の決定機を許すが、守護神がスーパーセーブを見せゴールを死守。

▽攻め入るユナイテッドは18分、エレーラがボックス内で倒されるが笛は鳴らず。続く19分には、マタのパスからルカク、そのシュートのこぼれ球をサンチェスが押し込みにかかるもGKフォスターに阻まれる。

▽35分には、ディフェンスラインからのパスにルカクが抜け出すが、GKフォスターのタイミング良い飛び出しにシュートが打てず。結局、ユナイテッドは攻め込みながらもなかなか得点が奪えず、前半をゴールレスで終えた。

▽後半頭にエレーラを下げてリンガードを投入したユナイテッド。支配率こそ高いもののほとんどチャンスを作ることができず時間を浪費していく。58分にはポグバに代えてマルシャルをピッチへ。より攻撃重視のメンバーに入れ替えた。

▽後半ここまでシュートらしいシュートが無かったユナイテッドだが66分、マティッチのクロスにルカクが強烈なヘディングシュートを放つ。ゴール左隅を捉えたがGKフォスターがファインセーブ。なかなかゴールを許してもらえない。69分にはリンガードがボックス手前からミドルシュートでトライするも枠を外れる。

▽優勢を保つユナイテッドだが、ゴールが奪えないツケがとうとう回ってくる。73分、WBAの右CKを相手と競り合っていたマティッチが中へ折り返してしまう。するとこのボールにいち早く反応したジェイ・ロドリゲスに頭で押し込まれて失点。試合を優位に進めていたユナイテッドが先制点を奪われる形となった。

▽このままいくと、シティの優勝が決まってしまうユナイテッド。失点直後にA・ヤングを下げてラッシュフォードを投入するが、WBAの堅い守りを崩すことができない。

▽このままユナイテッドはゴールを奪えず試合終了。本拠地オールドトラフォードで最下位相手に敗戦を喫し、この瞬間、シティの4シーズンぶりのリーグ優勝が決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

ウェストハムがアルナウトビッチ放出を容認か ユナイテッド関心も本人は…?

▽ウェストハムは、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(29)を表出する構えのようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽今夏積極的な補強を見せているウェストハム。先月、クラブ史上最高額でトゥールーズからフランス人DFイッサ・ディオプを獲得したかと思えば、今月15日にラツィオのブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンをそれを上回る4200万ポンド(約62億4000万円)で獲得。ほかにもドルトムントからウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ、アーセナルを退団したイングランド代表MFジャック・ウィルシャーら即戦力候補となる選手らを次々と獲得している。 ▽そんなウェストハムが今度は余剰戦力の整理に動くようだ。アルナウトビッチは2017年夏に当時クラブ史上最高額の移籍金2000万ポンド(当時のレートで約28億8000万円)でストーク・シティから加入。2017-18シーズンはリーグ戦31試合に出場し11ゴール6アシストを記録し、クラブの年間最優秀選手に選ばれた。 ▽しかし、ウェストハムがフェリペ・アンデルソンを獲得したことでアルナウトビッチは放出候補に。『カルチョメルカート』によれば、マンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せているようだが、同選手はローマ移籍を希望しているようだ。 2018.07.17 17:50 Tue
twitterfacebook
thumb

A・サンチェス、アメリカ遠征不参加に…脱税による有罪判決でビザが発給されず

マンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェスが、ビザ発給に問題が生じたためチームのアメリカ遠征に帯同できなかったようだ。<br><br>今冬にアーセナルからユナイテッドに加入したサンチェス。新シーズンを前に行われるクラブのアメリカツアーに帯同する予定だったが、アメリカ政府からビザが発給されず、イングランドに残ることが決まった。<br><br>スペインの税務当局は、バルセロナに在籍していた2012年から2013年にかけてにサンチェスが100万ユーロ(当時約1億3000万円)を脱税したとして告発。そして今年2月、サンチェスに対して懲役16カ月の有罪判決が確定した。スペインの法律により収監は免れたものの、アメリカの法律では詐欺罪の有罪を受けた者に対してビザは発給されない。<br><br>サンチェスはアメリカ遠征に帯同するために、弁護士とともにビザ申請に動いていたが、その過程は予想以上に長く、結局プレーシーズンが始まるまでに間に合わなかった。<br><br>ユナイテッド、このアメリカツアーで20日にクラブ・アメリカと、22日にアースクエイクスと対戦。その後、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でACミラン、リヴァプール、レアル・マドリーとの試合を控えている。<br><br>8月10日のプレミアリーグ開幕戦まで1カ月を切った重要な時期に、主力のサンチェスの離脱はジョゼ・モウリーニョ監督率いるチームにとって大きな痛手になりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.17 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ブリントの5季ぶりアヤックス復帰に合意

▽マンチェスター・ユナイテッドは16日、オランダ代表DFダレイ・ブリント(28)のアヤックス復帰に合意したことを発表した。詳細についての発表は後日行われるとのこと。 ▽ブリントは2014年夏、アヤックスからオランダ代表で師弟関係を築いたルイス・ファン・ハール前監督のユナイテッドに加入した。 ▽ユナイテッド加入後は守備的ポジションなら複数こなせる万能ぶりを発揮。だが、ジョゼ・モウリーニョ監督就任の2016年夏以降、出番を減らしている。 ▽なお、ユナイテッド在籍4年間で公式戦141試合6得点10アシストを記録。2017-18シーズンは17試合に出場し、1得点2アシストの成績を収めた。 2018.07.17 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、レビッチ獲得へ約65億円準備か W杯では母国の準優勝に貢献

▽マンチェスター・ユナイテッドが、フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(24)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2017-18シーズンに公式戦28試合9ゴール3アシストを記録していたレビッチは、クロアチア代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に6試合出場。グループステージ第2節のアルゼンチン代表戦のゴールをはじめ、同国史上初の決勝進出に貢献した。 ▽伝えるところによると、ユナイテッドはレビッチの獲得を検討しており、4400万ポンド(約65億円)のオファーを提示する準備をしているという。6月にはユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(22)が移籍を希望していることを代理人が明かしており、一時はユナイテッドがインテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(29)とのトレード案も模索していることが伝えられてきた。 ▽ペリシッチに関しては獲得への交渉を継続しているようだが、果たして移籍は実現するだろうか…。 2018.07.16 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「ユナイテッドが獲得に動くことを願う」ファーディナンド氏が“バロンドール候補”19歳ムバッペを絶賛

元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏は、フランス代表のワールドカップ制覇に貢献した19歳のキリアン・ムバッペを称えた。<br><br>15日に行われたワールドカップ決勝戦でフランス代表はクロアチア代表と対戦。4-2でフランス代表が勝利した一戦に先発で出場したムバッペは、3-1で迎えた65分にミドルシュートを突きさすなどフランス代表の20年ぶりの優勝に貢献した。そして、今大会で4得点を挙げた同選手は最優秀若手選手賞にも輝いている。<br><br>19歳のムバッペの大活躍を受け、ファーディナンド氏はイギリス『BBC』でリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの牙城を崩す存在だと称賛し、古巣のマンチェスター・ユナイテッドが同選手の獲得を目指してほしいと話した。<br><br>「彼は今後数年間にわたってバロンドールを獲得するであろう選手だ。それに彼はポール・ポグバとも素晴らしい連携を持っているから、私の古巣が彼を追いかけることを願っている」<br><br>一方で、ワールドカップ制覇に貢献したポグバについても「特に後半にポグバは多くをもたらした」と賛辞。シーズン中はメディアやファンからたたかれるも今大会では「責任感を持って、多くの難敵に立ち向かった。時にネガティブなことをエネルギーに変え、ここまでのし上がった」と、持っている能力を存分に発揮したと語り、同選手のこれからの活躍はジョゼ・モウリーニョ監督次第と続けた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.16 11:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース