レーティング: シャルケ 2-0 ドルトムント《ブンデスリーガ》2018.04.16 00:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第30節、シャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが15日に行われ、2-0でシャルケが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は欠場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽シャルケ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 フェールマン 6.0
ロイスの直接FKを止めた以外に大きな仕事はなし

DF
17 スタンブリ 6.5
M・フィリップとシュールレを試合から締め出す

29 ナウド 7.0
バチュアイを封殺。ゴール前で壁となった

20 ケフラー 6.0
プリシッチとのマッチアップで勝利

MF
18 カリジウリ 6.0
守備に重点を置きつつ、先制点を演出

8 ゴレツカ 5.5
持ち味のゴール前への推進力は発揮できず

(→マッキーニー 5.5)
ボールホルダーにプレッシャーをかけた

10 ベンタレブ 6.0
バイタルエリアを使わせず

25 アリ 5.5
ドリブルでの仕掛けで多少のアクセントに

28 シェプフ 6.0
左サイドで推進力を発揮

FW
19 ブルクシュタラー 6.0
前線からの守備で勝利に貢献

11 コノプリャンカ 6.5
先制ゴール。果敢にシュートを狙っていた

(→ピアツァ -)

監督
テデスコ 6.5
攻守にドルトムントを凌駕していた

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
立ち上がりのシェプフのミドルシュートを好セーブで凌いだが、ナウドの直接FKは壁の作りが甘かった

DF
26 ピシュチェク 5.0
攻守に凡庸だった

25 パパスタソプーロス 5.5
ゴール前で身体を張る

36 トプラク 5.5
大きなミスはなかった

29 シュメルツァー 5.0
1失点目は彼のボールロストから

(→ゲッツェ -)

MF
11 ロイス 5.5
直接FKでゴールに迫るなど、何度か脅威に

8 シャヒン 5.5
ゲームをコントロールしきれず

19 ダフード 5.0
攻守にどっちつかずだった

(→サンチョ -)

FW
22 プリシッチ 5.0
71分のチャンスを決めたかった

44 バチュアイ 5.0
ナウドの密着マークに苦戦し、シュート1本。試合終了間際に負傷

20 M・フィリップ 5.0
見せ場を作れなかった

(→シュールレ 5.5)
M・フィリップとさほど大差ない出来

監督
シュティーガー 5.0
攻撃面での低調さが顕著

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ナウド(シャルケ)
▽攻守両面で大活躍のナウドを選出。守備面ではクロスボールを跳ね返し、攻撃面ではFKからパワーシュートを叩き込んだ。

シャルケ 2-0 ドルトムント
【シャルケ】
コノプリャンカ(後5)
ナウド(後37)

コメント

関連ニュース

thumb

元アメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズが現役引退

▽元アメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズ(36)が7日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 ▽ドイツ生まれのフィジカルに長けたセントラルMFのジョーンズは、フランクフルトやレバークーゼン、シャルケで活躍後、2014年夏から父親の母国であるアメリカでプレー。ニューイングランド・レボリューション、コロラド・ラピッズ、ロサンゼルス・ギャラクシーでプレーしていた。 ▽2008年2月には母親の母国であるドイツで代表デビューを飾っていたが、2009年6月にアメリカ代表でのプレーを選択。アメリカ代表では通算69試合に出場して4ゴールをマークし、2014年ブラジル・ワールドカップでは4試合に出場して1ゴールを決めていた。 ▽ジョーンズはインスタグラムで次のようにコメントしている。 「18年間のプロキャリアに別れを告げる。次のキャリアをスタートさせるため2~3カ月を要したが、明確なビジョンがある。これまで一緒に戦ってくれた全てのチームメート、監督、スタッフに感謝したい。そして僕を支えてくれた全てのファンにお礼を言いたい」 2018.09.08 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

低調シャルケ、カリジウリのPK失敗も響いて連敗スタート《ブンデスリーガ》

▽シャルケは2日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-2で敗戦した。 ▽開幕節のヴォルフスブルク戦を追加タイム被弾で1-2と競り負け黒星スタートとなったシャルケは、ヴォルフスブルク戦のスタメンから4選手を変更。ブルクシュタラー、アリ、セルダー、出場停止のナスタシッチに代えてエンボロ、コノプリャンカ、ベンタレブ、新戦力のルディを起用した。 ▽開始早々、レキクが足を痛めてディロルスンが投入されたヘルタに対し、3トップに右からエンボロ、ウート、コノプリャンカと並べる[4-3-3]で臨んだシャルケは12分、PKを獲得する。セットプレーの流れからボックス内のグルイッチがハンドを犯した。しかし、キッカーのカリジウリはシュートを枠の左に外してしまう。 ▽すると15分、シャルケはが失点する。マッキーニーがディロルスンに入れ替わられてラストパスを送られると、ボックス中央のドゥダにシュートを決められた。 ▽失点したシャルケが前がかる展開となる中、シャルケは28分にコノプリャンカがカットインシュートを浴びせるも、34分に大ピンチ。ババとS・サネの連係ミスからカルーの独走を許した。だが、GKフェールマンがカルーとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけては互いにチャンスがなく、ヘルタの1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半も前がかるシャルケは、51分にルディに代えてセルダーを投入。さらに57分にはエンボロに代えてブルクシュタラーを投入するも、ヘルタの守備ブロックを全く崩せない状況が続く。 ▽時間だけが経過する中、73分にテデスコ監督は最後のカードを切り、ババに代えてアリを投入した。しかし、最後までヘルタの守備を攻略できず、追加タイム3分のウートの枠内シュートはGKヤルシュテインの好守に阻まれると、試合終了間際にはカウンターを受けてコノプリャンカが決定機を阻止し、一発退場となってしまう。 ▽そして、このプレーで与えたFKをドゥダに直接決められて低調なまま0-2で敗戦。開幕2連敗スタートとなった。一方、勝利したヘルタは2連勝スタートとなっている。 2018.09.03 02:59 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケ、バイエルンから移籍金約20億円でドイツ代表MFルディ獲得!

▽シャルケは27日、バイエルンからドイツ代表MFセバスティアン・ルディ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間で背番号は「13」になる見込みだ。なお、移籍金については明かされていないが、ドイツ『キッカー』によると1600万ユーロ(約20億円)とのこと。 ▽シュツットガルト下部組織出身のルディは、2003年8年にトップチーム昇格。その後、ホッフェンハイムを経て、2017年7月にバイエルンへ加入した。昨シーズンは公式戦35試合1ゴール5アシストを記録したものの、途中出場が多く主力の座を確保するには至らなかった。 ▽シャルケへの加入が決定したルディは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「クラブが進むだろう道を信じているし、その一部になりたいと思う。そしてシャルケの雰囲気とファンをとても楽しみにしている」 ▽また、ドメニコ・テデスコ監督は、ルディ獲得への喜びを以下のように語っている。 「セバスティアンを獲得し、ここシャルケで我々が進むべき道を共に歩めることを嬉しく思う。大変賢いプレーをし、技術的にも優れ、既に国際舞台でその能力を証明している選手を獲得することができた。そのクオリティーの高さと豊富な経験で、彼は若い選手の多いこのチームを更に充実させ、我々の助けになると確信している」 2018.08.28 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

左SB受難のアーセナルはメンディル獲得まであと一歩だった…獲得したシャルケSDも認める

▽今夏リールからシャルケに加入したモロッコ代表DFハムザ・メンディル(20)だが、アーセナル行きにあと一歩のところまで迫っていたようだ。ドイツ『sport.de』が報じた。 ▽リール、そしてモロッコ代表で左サイドバックを務めるメンディルは、17日にシャルケへの完全移籍が発表。2023年6月30日までの5年契約を結んでいる。 ▽しかし、今夏シャルケよりも獲得に迫っていたのはアーセナル。しかし、労働許可の問題が解決できずに移籍手続きが間に合わず、破談となっていた。シャルケのクリスチャン・ハイデルSD(スポーツ・ディレクター)もその可能性を認めており、「彼はアーセナルに行っていたと思う」とコメントしている。 ▽アーセナルは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツがシーズン開幕前に負傷し全治10週間と診断。開幕戦で左サイドバックとして出場したU-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが腓骨骨折で最大8週間の離脱。第2節で復帰を果たしたものの、スペイン代表DFナチョ・モンレアルも負傷しており、アーセナルは左サイドバックの補強を検討。メンディル獲得は願ってもいないものだった。 ▽しかし、今シーズンのプレミアリーグはシーズン開幕前に移籍市場が閉鎖。その結果、アーセナルはメンディルの獲得を諦めざるを得ない結果となった。一方のシャルケは、そのルールのお陰でメンディル獲得に成功。移籍期間のリーグ間差が出る結末となった。 2018.08.21 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケ、インテルで構想外のポルトガル代表10番獲得に関心?

▽シャルケがインテルに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽先のロシア・ワールドカップでもポルトガル代表の10番として全4試合に出場したジョアン・マリオ。一方、クラブでは2016年夏からインテルに所属しているものの、目立った活躍は披露できず。昨冬には、ウェストハムにレンタル移籍。 プレミアリーグ13試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 ▽伝えられるところによると、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は今シーズンもジョアン・マリオを戦力として考えておらず、売却を希望しているとのこと。そんな中、シャルケが同選手のローンでの獲得に関心を寄せているが、インテル側は買取オプションを付帯させたいようだ。 ▽現在日本代表MF乾貴士が所属するベティスやセビージャも関心を示していることが伝えられているが、ポルトガル代表10番の新天地は果たしてどこになるのだろうか。 2018.08.19 15:05 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース