レーティング: シャルケ 2-0 ドルトムント《ブンデスリーガ》2018.04.16 00:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第30節、シャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが15日に行われ、2-0でシャルケが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は欠場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽シャルケ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 フェールマン 6.0
ロイスの直接FKを止めた以外に大きな仕事はなし

DF
17 スタンブリ 6.5
M・フィリップとシュールレを試合から締め出す

29 ナウド 7.0
バチュアイを封殺。ゴール前で壁となった

20 ケフラー 6.0
プリシッチとのマッチアップで勝利

MF
18 カリジウリ 6.0
守備に重点を置きつつ、先制点を演出

8 ゴレツカ 5.5
持ち味のゴール前への推進力は発揮できず

(→マッキーニー 5.5)
ボールホルダーにプレッシャーをかけた

10 ベンタレブ 6.0
バイタルエリアを使わせず

25 アリ 5.5
ドリブルでの仕掛けで多少のアクセントに

28 シェプフ 6.0
左サイドで推進力を発揮

FW
19 ブルクシュタラー 6.0
前線からの守備で勝利に貢献

11 コノプリャンカ 6.5
先制ゴール。果敢にシュートを狙っていた

(→ピアツァ -)

監督
テデスコ 6.5
攻守にドルトムントを凌駕していた

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
立ち上がりのシェプフのミドルシュートを好セーブで凌いだが、ナウドの直接FKは壁の作りが甘かった

DF
26 ピシュチェク 5.0
攻守に凡庸だった

25 パパスタソプーロス 5.5
ゴール前で身体を張る

36 トプラク 5.5
大きなミスはなかった

29 シュメルツァー 5.0
1失点目は彼のボールロストから

(→ゲッツェ -)

MF
11 ロイス 5.5
直接FKでゴールに迫るなど、何度か脅威に

8 シャヒン 5.5
ゲームをコントロールしきれず

19 ダフード 5.0
攻守にどっちつかずだった

(→サンチョ -)

FW
22 プリシッチ 5.0
71分のチャンスを決めたかった

44 バチュアイ 5.0
ナウドの密着マークに苦戦し、シュート1本。試合終了間際に負傷

20 M・フィリップ 5.0
見せ場を作れなかった

(→シュールレ 5.5)
M・フィリップとさほど大差ない出来

監督
シュティーガー 5.0
攻撃面での低調さが顕著

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ナウド(シャルケ)
▽攻守両面で大活躍のナウドを選出。守備面ではクロスボールを跳ね返し、攻撃面ではFKからパワーシュートを叩き込んだ。

シャルケ 2-0 ドルトムント
【シャルケ】
コノプリャンカ(後5)
ナウド(後37)
コメント
関連ニュース
thumb

サンチョ&デラネイ弾でドルトムントがシャルケとのレヴィア・ダービーを制す《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、シャルケvsドルトムントの“レヴィア・ダービー”が8日に行われ、1-2でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節フライブルク戦をロイスのPK弾と試合終了間際のアルカセル弾で2-0と辛勝してリーグ戦4連勝とした首位ドルトムント(勝ち点33)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を控える中、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽昨季、壮絶な4-4の打ち合いを演じた12位シャルケ(勝ち点14)との今季最初のダービー。[4-2-1-3]で臨んだドルトムントは、3トップに右からサンチョ、アルカセル、ラーセン、トップ下にロイスと並べた。そのドルトムントがシャルケにポゼッションを譲る慎重な入りを見せた中、最初のチャンスを生かして7分に先制する。左サイド絞った位置からのロイスの鋭いFKを、デラネイがヘッドで流し込んだ。 ▽先制後、前がかるシャルケをいなすドルトムントは18分、アルカセルがボックス手前左から際どいミドルシュートを浴びせて牽制。 ▽一方、追うシャルケは28分に決定機。CKの流れからゴール前のブルクシュタラーが右足でシュートに持ち込むも、GKビュルキに好守で阻まれた。 ▽前半半ば以降は互角の攻防が続いた中、シャルケは37分にブルクシュタラーが足を負傷してメンディルとの交代を強いられ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半もシャルケがややポゼッションで勝る中、ドルトムントは57分にPKを献上する。クロスのルーズボールをボックス右のアリが拾うとロイスに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをカリジウリが決めて試合を振り出しに戻した。 ▽失点を受けてラーセンに代えてラファエウ・ゲレイロを投入したドルトムントは、74分に勝ち越した。ラファエウ・ゲレイロのパスを受けたサンチョがドリブルでボックス左に侵入。身体を開いてうまくゴール右にシュートを流し込んだ。 ▽再び追う展開となったシャルケはオチプカに代えてコノプリャンカを投入。しかし、85分にラファエウ・ゲレイロのシュートがポストに直撃するなど、3点目に迫ったドルトムントが2-1で逃げ切り。ダービーを競り勝ち、リーグ戦5連勝とした。 2018.12.09 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第14節プレビュー】レヴィア・ダービー開催、久保がバイエルンと対戦

▽前節は首位ドルトムント(勝ち点33)と4位バイエルン(勝ち点24)が順当に勝利し、ライプツィヒが2位ボルシアMG(勝ち点26)との上位対決を制した。そして大迫がバイエルン相手に今季3ゴール目を記録している。迎える第14節、土曜にシャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが開催される。 ▽前節フライブルク戦をロイスのPK弾と試合終了間際のアルカセル弾で2-0と辛勝してリーグ戦4連勝としたドルトムント。火曜にチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を控えるが、勝利した上でアトレティコ・マドリーがクラブ・ブルージュに勝利を逃すことが逆転での首位通過の条件なため、ダービーに勢力を傾けたい状況だ。昨季は壮絶な4-4の打ち合いを演じたダービーだが、12位と低調なシーズンを送っているシャルケ(勝ち点14)を下して更なる首位固めとなるか。 ▽バイエルンは前節ブレーメン戦をニャブリの古巣に対するドッペルパックで逃げ切り勝利を飾り、リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にした。そのバイエルンは久保の15位ニュルンベルク(勝ち点11)とホームで対戦する。水曜には首位通過を懸けたCLアヤックス戦を控えるが、リーグ戦2連勝としてドルトムントを追走できるか。 ▽一方、前節レバークーゼン戦で2試合連続スタメンとなった久保は、水溜まりのピッチにも苦しんで見せ場を作ることができなかった。バイエルン相手に出場のチャンスがあった際には大迫に続くゴールを狙いたい。 ▽今節は大迫と宇佐美の日本人対決が金曜に開催される。前節バイエルン戦で今季3ゴール目を記録した大迫だがチームは1-2と敗戦し、9位に後退した。5試合勝利がない中、今節こそは大迫のゴールで勝利を取り戻して浮上のキッカケを掴みたい。 ▽対する宇佐美は前節マインツ戦で4試合ぶりに先発を外れた中、終盤に出場したものの大きな見せ場を作ることはできなかった。そんな中でチームも敗れて最下位に沈んでいる状況だが、大迫の前でゴールを決めて最下位からの脱出を狙う。 ▽ヴォルフスブルクに1-2と競り負けて8試合ぶりの黒星を喫し、2位浮上のチャンスを逸した5位フランクフルト(勝ち点23)は、7位ヘルタ・ベルリン(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。ヴォルフスブルク戦ではカウンターを狙われて攻守に良さを出せなかったフランクフルトだが、長谷部は守備を修正してチームに勝利を取り戻させることができるか。 ▽最後に原口と浅野が所属する17位ハノーファー(勝ち点9)は、10位マインツ(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。古巣対決となった前節ヘルタ戦では原口が途中出場となった中、見せ場を作れずチームを敗戦から救うことはできなかった。いよいよ降格圏に沈んでしまった中、原口と浅野はチームを勝利に導くゴールで貢献したい。 ◆ブンデスリーガ第14節 ▽12/7(金) 《28:30》 ブレーメン vs デュッセルドルフ ▽12/8(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs ホッフェンハイム フライブルク vs ライプツィヒ バイエルン vs ニュルンベルク レバークーゼン vs アウグスブルク シャルケ vs ドルトムント 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs フランクフルト ▽12/9(日) 《23:30》 マインツ vs ハノーファー 《26:00》 ボルシアMG vs シュツットガルト 2018.12.07 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、セスク獲得ならチャルハノール放出へ

▽ミランが、トルコ代表MFハカン・チャルハノール(24)の放出を検討しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 ▽ミランは、今冬にフラメンゴからブラジル代表MFルーカス・パケタ(21)を、推定移籍金3500万ユーロ(約45億円)での獲得に成功。また、チェルシーの元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の獲得にも動いている。 ▽セスクの獲得に成功した場合、ミランはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触する可能性も。解決策として、チャルハノール放出の選択肢が浮上しているという。その同選手に関しては、ライプツィヒとシャルケが獲得に興味を示しているようだ。 ▽昨シーズンにレバークーゼンから、移籍金2200万ユーロ(約28億円)で加入したチャルハノール。加入初年度から主力として活躍し、公式戦45試合で8ゴール13アシストの数字を残した。今シーズンも15試合に出場し1ゴール7アシストを記録するなど、貢献を続けている。 2018.11.30 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

久保が3試合ぶり先発復帰も10人のニュルンベルク、シャルケとの下位対決に敗れ6試合勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは24日、ブンデスリーガ第12節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-4で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は83分までプレーしている。 ▽前節は逆天王山となったシュツットガルト戦を落とした15位ニュルンベルク(勝ち点10)は、久保が3試合ぶりにスタメンとなった。 ▽14位シャルケ(勝ち点10)に対し、久保が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]のトップ下で先発となったニュルンベルクは6分、FKからブルクシュタラーに決定的なヘディングシュートを許すも、GKマゼニアがファインセーブで凌いだ。 ▽続く8分、アリのミドルシュートもGKマゼニアがセーブしたニュルンベルクは9分、ボックス手前左から久保がミドルシュートでGKを強襲。さらに17分、CKのサインプレーからブルクシュタラーに枠内シュートを打たれたが、ここもGKマゼニアの好守で阻止した。 ▽劣勢の入りとなったニュルンベルクは25分、久保のドリブルでの仕掛けを起点に、ルーズボールを拾ったベーレンスがボックス左から際どいシュートを浴びせる。 ▽しかし26分、浮き球フィードをGKマゼニアが処理しきれず、ルーズボールを拾われたスクルツィブスキに無人のゴールに流し込まれた。 ▽さらに32分、右クロスのルーズボールをアリに押し込まれてシャルケにリードを広げられてしまう。 ▽それでも38分、久保のロングフィードを起点に分厚い攻めを見せると、最後はルーズボールをパラシオスが押し込んで1点を返した。 ▽1-2で迎えた後半、久保が開始直後にミドルシュートを浴びせたニュルンベルクだったが、シャルケの攻勢を受け続けると、67分に退場者を出してしまう。バウアーがアリへのスライディングタックルで2枚目のイエローカードを受けてしまった。 ▽そして70分、右サイドのカリジウリの鋭いアーリークロスをニアサイドのブルクシュタラーにボレーで合わせられて3点目を決められたニュルンベルクは、74分に途中出場のズレリャクが1点差に詰め寄るゴールを決めたものの、84分にスクルツィブスキにゴールを許して2-4で敗戦。シャルケとの下位対決に敗れ、6試合勝利なしとなった。 2018.11.25 04:26 Sun
twitterfacebook
thumb

オーストリア代表、ブルクシュタラーに代わってヤンコを追加招集

▽オーストリアサッカー協会(OFB)は14日、シャルケのFWグイド・ブルクシュタラーに代わってルガーノのFWマルク・ヤンコを追加招集したことを発表した。 ▽ブルクシュタラーは鼠径部を痛めているとのことで代表合流を辞退した。196cmの長身FWであり、これまで代表で28ゴールを決めているヤンコだが、今季のスイス・スーパーリーグでは6試合に出場してノーゴールとなっている。 ▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ3の2位に位置するオーストリアは、15日に行われるボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦、18日に行われる北アイルランド代表戦を連勝すれば首位に浮上でき、逆転でのリーグA昇格を決められる状況となっている。 2018.11.15 01:53 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース