レーティング: シャルケ 2-0 ドルトムント《ブンデスリーガ》2018.04.16 00:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第30節、シャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが15日に行われ、2-0でシャルケが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は欠場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽シャルケ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 フェールマン 6.0
ロイスの直接FKを止めた以外に大きな仕事はなし

DF
17 スタンブリ 6.5
M・フィリップとシュールレを試合から締め出す

29 ナウド 7.0
バチュアイを封殺。ゴール前で壁となった

20 ケフラー 6.0
プリシッチとのマッチアップで勝利

MF
18 カリジウリ 6.0
守備に重点を置きつつ、先制点を演出

8 ゴレツカ 5.5
持ち味のゴール前への推進力は発揮できず

(→マッキーニー 5.5)
ボールホルダーにプレッシャーをかけた

10 ベンタレブ 6.0
バイタルエリアを使わせず

25 アリ 5.5
ドリブルでの仕掛けで多少のアクセントに

28 シェプフ 6.0
左サイドで推進力を発揮

FW
19 ブルクシュタラー 6.0
前線からの守備で勝利に貢献

11 コノプリャンカ 6.5
先制ゴール。果敢にシュートを狙っていた

(→ピアツァ -)

監督
テデスコ 6.5
攻守にドルトムントを凌駕していた

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
立ち上がりのシェプフのミドルシュートを好セーブで凌いだが、ナウドの直接FKは壁の作りが甘かった

DF
26 ピシュチェク 5.0
攻守に凡庸だった

25 パパスタソプーロス 5.5
ゴール前で身体を張る

36 トプラク 5.5
大きなミスはなかった

29 シュメルツァー 5.0
1失点目は彼のボールロストから

(→ゲッツェ -)

MF
11 ロイス 5.5
直接FKでゴールに迫るなど、何度か脅威に

8 シャヒン 5.5
ゲームをコントロールしきれず

19 ダフード 5.0
攻守にどっちつかずだった

(→サンチョ -)

FW
22 プリシッチ 5.0
71分のチャンスを決めたかった

44 バチュアイ 5.0
ナウドの密着マークに苦戦し、シュート1本。試合終了間際に負傷

20 M・フィリップ 5.0
見せ場を作れなかった

(→シュールレ 5.5)
M・フィリップとさほど大差ない出来

監督
シュティーガー 5.0
攻撃面での低調さが顕著

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ナウド(シャルケ)
▽攻守両面で大活躍のナウドを選出。守備面ではクロスボールを跳ね返し、攻撃面ではFKからパワーシュートを叩き込んだ。

シャルケ 2-0 ドルトムント
【シャルケ】
コノプリャンカ(後5)
ナウド(後37)

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケ、マックス・マイヤーの今季限りの退団を明言 「彼は間違いなく今夏に去る」

▽シャルケに所属するドイツ代表MFマックス・マイヤー(22)が今シーズン限りでクラブを退団することが決定した。同クラブでマネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏が公式会見の場で認めた。クラブ公式ツイッターが伝えている。 ▽シャルケの生え抜きMFのマイヤーは2013年にトップチームデビューを飾ると、優れたアジリティとドリブル、パスセンスを武器に2013-14シーズンからレギュラーに定着。今シーズンはドミニコ・テデスコ新監督の下で本来の2列目からアンカーにコンバートされると、鋭いターンや正確な配球を生かして新境地を開いた。 ▽だが、以前からシャルケからのステップアップを希望していたミヤーは今季限りまでとなっていた現行契約を延長する意思を見せず、昨夏から退団の可能性が報じられていた。 ▽その中でハイデル氏は公式会見の場で同選手の退団を認めた。 「マックス・マイヤーは間違いなくこの夏にシャルケを去る。我々はこの状況をプロフェッショナルに対処する。両者の間でいかなる不平不満の言葉は交わされていない」 ▽今回の発言を受けて今夏フリートランスファーでの移籍が可能となるマイヤーには、アーセナルやトッテナムらプレミアリーグ勢に加え、ユベントスやローマなどが獲得に関心を示している。果たしてマイヤーの新天地はどのクラブとなるのか。 2018.04.27 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫不出場のケルン、シャルケに2点差追いつくもドローで残留絶望的に《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節、ケルンvsシャルケが22日に行われ、2-2で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場しなかった。 ▽残留を争うヴォルフスブルク(勝ち点30)やフライブルク(勝ち点30)、マインツ(勝ち点30)が揃って敗れたため、今節での降格は免れた最下位のケルン(勝ち点21)は、大迫が9試合ぶりに先発を外れ、ベンチスタートとなった。 ▽一方、前節ドルトムントとのレヴィア・ダービーを2-0で快勝した2位シャルケ(勝ち点55)は、ミッドウィークに行われたDFBポカール準決勝のフランクフルト戦を0-1と惜敗。決勝進出を逃がした。そのフランクフルト戦のスタメンから5選手を変更。ブルクシュタラーやアリらに代わってエンボロやコノプリャンカ、ディ・サントらがスタメンとなった。 ▽試合は開始5分、シャルケがあっさり先制する。ナウドのスルーパスを受けたコノプリャンカがボックス左に進入。丁寧に中へ折り返すと、エンボロがスライディングシュートで押し込んだ。 ▽失点後も前に出ることなく慎重に試合を進めるケルンに対し、23分にシャルケが突き放す。左サイドのスペースを突いたコノプリャンカがDFをかわしてボックス左に進入。GKホルンとの一対一を制した。 ▽それでも3分後、ケルンが1点を返す。ヘクターのスルーパスをボックス右で受けたビッテンコートがGKフェールマンの守るニアサイドを破った。 ▽前半半ば以降は引き続きシャルケがゴールに迫る。まずは29分、コノプリャンカが右ポスト直撃のシュートを浴びせれば、35分にはコノプリャンカがヘディングシュートで3点目に近づいた。 ▽ハーフタイムにかけても攻勢に出るシャルケはCKからナウドがヘディングシュートでケルンを襲うと、追加タイムにはコノプリャンカがロングカウンターから独走。GKと一対一となるも、チップキックシュートはGKホルンのセーブに阻まれ、シャルケの1点リードで前半を終えた。 ▽後半からエンボロに代えてブルクシュタラーを投入したシャルケは、ケルンにボールを持たせ、カウンターを狙っていく。そしてナウドと守護神フェールマンを軸に凌ぐシャルケは、64分にコノプリャンカに代えてベンタレブを投入。そのシャルケがCKからナウドがゴールに迫り、ケルンに圧力をかけていく。 ▽一方のケルンは79分にコルドバを投入。3枚の交代枠を使い切り、大迫の出番はなくなった。そのケルンは83分、試合を振り出しに戻す。ゴール正面約35mの位置からリッセの放った直接FKが、不規則な動きをしてゴールへ。強烈なシュートがGKフェールマンの手を弾いてゴールに吸い込まれた。 ▽終盤にかけては同点に追いついたケルンが攻勢をかけたが、逆転ゴールを奪うには至らず2-2でタイムアップ。ケルンの残留が絶望的な状況となった。 2018.04.23 02:59 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトが劣勢ながらも2年連続決勝進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝、シャルケvsフランクフルトが18日に行われ、0-1でフランクフルトが勝利し、2年連続決勝進出を決めた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽準々決勝でヴォルフスブルクに勝利したシャルケと、マインツに勝利したフランクフルトの決勝進出を懸けた一戦。 ▽3日前に行われたドルトムントとのレヴィア・ダービーを2-0と快勝したシャルケは、ドルトムント戦のスタメンからコノプリャンカに代えてピアツァのみを変更した。 ▽一方、レバークーゼン戦を1-4と惨敗したフランクフルトは、長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽試合は長谷部とマスカレルを軸にボールを動かすフランクフルトが後方でポゼッションする慎重な入りとなった。 ▽自陣に引いてカウンターを狙うシャルケは13分、FKからケフラーがヘディングシュートで狙うも、叩きつけ過ぎて枠の上に外れる。 ▽引き続きリスクを嫌う慎重な試合展開が続く中32分、再びシャルケに決定機。カリジウリのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かったが、わずかに枠の左に外れた。さらに直後の左CKからブルクシュタラーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。 ▽チャンスを作れないフランクフルトは42分、負傷したK・ボアテングに代えてガシノビッチを投入し、後半へ折り返した。 ▽互いに攻め手を欠く中、52分にまずはシャルケが動く。存在感のなかったピアツァに代えてコノプリャンカを投入した。 ▽すると67分、シャルケに決定機。カリジウリのドリブル突破からボックス内のブルクシュタラーがシュート。しかし、GKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。直後にもコノプリャンカがGKを強襲するシュートを浴びせたシャルケだったが、先制したのはフランクフルト。 ▽75分、左CKからニアサイドのヨビッチが巧みなヒールシュートでゴール右に流し込んだ。逃げ切りたいフランクフルトだったが80分、3分前に投入されていたジェルソン・フェルナンデスがゴレツカの足首にスパイクしてVARの末に一発退場となった。 ▽数的優位となったシャルケが終盤にかけて押し込み続ける中、追加タイム3分にCKの流れからディ・サントがネットを揺らすも、オフェンスファウルを取られてフランクフルトが逃げ切り。2年連続決勝に進出し、バイエルンとタイトルを懸けて戦うこととなった。 2018.04.19 06:14 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケがレヴィア・ダービー快勝で2位を死守《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第30節、シャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが15日に行われ、2-0でシャルケが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は欠場している。 ▽前節ハンブルガーSVに敗れ、連勝が6でストップした2位シャルケ(勝ち点52)は、HSV戦で負傷して今季絶望となったナスタシッチが欠場となった以外は、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、前節シュツットガルト戦をバイエルン戦の大敗を払拭する快勝劇でシャルケに1ポイント差に迫った3位ドルトムント(勝ち点51)は、シュツットガルト戦同様のスタメンで臨んだ。 ▽今季の1stマッチではドルトムントが前半で4点をリードしながらも4-4で引き分ける大乱戦となったダービー。立ち上がりの主導権争いを経て、5分にシェプフのミドルシュートでゴールに迫ったシャルケが流れを引き寄せていく。GKビュルキのファインセーブで先制こそならなかったシャルケだが、攻守にドルトムントを凌駕。敵陣でのプレー時間を増やしていった。 ▽一方、前線でボールが収まらず、劣勢のドルトムントは24分に初めてのチャンスを迎え、ロイスの直接FKでGKフェールマンを脅かした。 ▽前半半ば以降もシャルケが押し込む流れが続いたが、ドルトムントも水際で身体を張り、シュートは打たせない。そんな中45分、ボックス左角でボールを持ったコノプリャンカがシュート。際どかったが、シュートはわずかに枠の右に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半からM・フィリップに代えてシュールレを投入し流れを変えにかかったドルトムントだったが、開始5分にシャルケが順当に均衡を破った。カリジウリがシュメルツァーからボールを奪ってショートカウンターに転じると、持ち上がったカリジウリはコノプリャンカにラストパス。コノプリャンカはボックス内から左足でネットを揺らした。 ▽失点を受けて前がかるドルトムントは66分にようやくロイスが枠内シュートを記録。続く71分には右サイドに流れたロイスのクロスをプリシッチが合わせるチャンスを迎えたが、シュートを枠の上に外してしまう。 ▽ギアを上げて攻勢に出るドルトムントは、ダフードに代えてサンチョを投入。81分にはバチュアイがこの試合自身初のシュートを浴びせるも、シャルケが直後に勝負を決定付けた。ゴール正面で得たFKをナウドが直接狙うと、強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽これで勝負は決し、シャルケが2-0で快勝。7試合ぶりにダービーを制し、2位を死守している。一方、敗れたドルトムントは4位に後退している。 2018.04.16 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第30節プレビュー】2位シャルケと3位にドルトムントによるレヴィア・ダービー開催

▽前節はバイエルンがアウグスブルクに逆転勝利を飾って6連覇を決めた。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは、フランクフルトがホッフェンハイムに引き分けた中、レバークーゼンがライプツィヒに勝利し、4位に浮上している。残り5試合となった迎える第30節は、2位シャルケと3位ドルトムントによるレヴィア・ダービーが開催される。 ▽今季の1stマッチではドルトムントが前半で4点をリードしながらも4-4で引き分ける乱戦となったダービー。前節ハンブルガーSVに敗れ、連勝が6でストップした2位シャルケ(勝ち点52)は、HSV戦では低調な内容での敗戦となった。そのHSV戦ではナスタシッチが負傷して欠場予想となっているが、それ以外に主力で欠場者はいない中、ダービー勝利で2位死守となるか。 ▽一方、前節シュツットガルト戦をバイエルン戦の大敗を払拭する快勝劇でシャルケに1ポイント差に迫った3位ドルトムント(勝ち点51)は、ダービーを制すことができれば2位浮上となる。コンスタントにゴールを重ねるバチュアイと、ケガから復帰したロイスら攻撃陣が、シャルケの守備の要であるナウドを攻略できるかに注目だ。練習に復帰した香川だが、引き続き欠場予想となっている。 ▽今節は4位レバークーゼン(勝ち点48)と、5位フランクフルト(勝ち点46)のCL出場権争いも要注目だ。前節ライプツィヒ戦を4-1の逆転勝利で飾ったレバークーゼンは、ブラントやハフェルツらユース育ちの若手アタッカーが躍動。フランクフルト戦でも彼らの活躍に期待が懸かる。 ▽一方、ホッフェンハイム相手に優勢に試合を運びながらも勝ちきれなかったフランクフルトは、長谷部が引き続きリベロで先発予想。勝利すればCL圏内再浮上となる中、長谷部は最後尾でレバークーゼンの攻撃を封じ込め、チームの勝利に貢献できるか。 ▽レバークーゼンに敗れてCL圏内から6位に後退したライプツィヒは、12位ブレーメンとのアウェイ戦に臨む。そのライプツィヒは木曜日に行われたヨーロッパリーグのマルセイユ戦を2-5で敗れ、ベスト4進出はならなかった。リーグ戦でのCL出場に懸ける中、上位陣が潰し合う今節は勝利してCL圏内再浮上といきたい。 ▽残留争いでは前節、ケルンとマインツが引き分け、両チームの6ポイント差が維持された。その間隙を縫ってHSV(勝ち点22)がシャルケ相手にフントの豪快ミドル弾で3-2と競り勝って16試合ぶりの勝利を飾り、最下位を脱出。残留プレーオフに回れる16位マインツとの勝ち点差を5に縮めた。奇跡の逆転残留へ望みをつないだ中、シャルケ戦でキレのあるドリブルから多くのチャンスを演出した伊藤は、7位ホッフェンハイム(勝ち点43)戦でも引き続き先発予想となっており、活躍が期待される。 ▽見せ場なくマインツ戦を途中交代したケルンの大迫は、10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点36)戦に臨む。マインツとの勝ち点差を縮められず、残留が遠のいた最下位ケルンだが、何も懸かっていないヘルタを下して残留に望みをつなげられるか。 ▽最後にケルンに引き分けて最低限の結果を得た16位マインツ(勝ち点27)は、月曜日に14位フライブルク(勝ち点30)とのホーム戦に臨む。ここ2試合負傷で欠場している武藤は、戦列に復帰することが見込まれている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第30節 ▽4/13(金) 《27:30》 ヴォルフスブルク vs アウグスブルク ▽4/14(土) 《22:30》 シュツットガルト vs ハノーファー レバークーゼン vs フランクフルト ホッフェンハイム vs ハンブルガーSV ヘルタ・ベルリン vs ケルン 《25:30》 バイエルン vs ボルシアMG ▽4/15(日) 《22:30》 シャルケ vs ドルトムント 《25:00》 ブレーメン vs ライプツィヒ ▽4/16(月) 《27:30》 マインツ vs フライブルク 2018.04.13 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース