レーティング:ミラン 0-0 ナポリ《セリエA》2018.04.16 00:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ミランvsナポリが15日にサン・シーロで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 7.0
終始安定したゴールキーピングを披露し、土壇場のミリクの決定機阻止で勝ち点1をもたらした

DF
2 カラブリア 5.5
インシーニェに押し込まれて我慢の試合に。なかなかスソを攻撃面でサポートできず

22 ムサッキオ 6.0
ボヌッチの代役として守備では粘り強い対応が光った

17 サパタ 6.5
ゲームキャプテンとして急造最終ラインを冷静に統率。対人守備で安定感を見せた

68 R・ロドリゲス 6.5
正確なクロスや的確なカバーリングと攻守に質の高いパフォーマンス

MF
79 ケシエ 6.5
豊富な運動量とダイナミックなプレーで抜群の存在感

21 ビリア 6.0
急造最終ラインを意識してか、いつも以上にバイタルエリアのケアを意識した

5 ボナヴェントゥーラ 5.5
立ち上がりに惜しいシュートを放つなど、2列目から虎視眈々とゴールチャンスを窺う。守備の切り替えも申し分なし

(→ロカテッリ -)

FW
8 スソ 5.5
いつも通り右サイドで攻撃の起点に。ただ、後半はなかなか攻撃に絡めなかった

7 カリニッチ 5.5
前線で身体を張ったが、やや孤立して決定的な仕事はできず

(→アンドレ・シウバ 5.0)
カリニッチ以上に見せ場を作れず…

10 チャルハノール 5.5
強烈なミドルシュートで見せ場は作ったが、逆サイドの攻め上がりが少なく得意のサイドチェンジから攻撃に変化を与えられず

監督
ガットゥーゾ 5.5
主力センターバック不在の中でナポリの強力攻撃陣を封じた。ただ、攻撃面は迫力不足だった

▽ナポリ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 レイナ 6.0
来季加入も噂される渦中の相手に対して、2つの好セーブなど見せ場を作った

DF
11 マッジョ 5.5
ビッグマッチでチャンスを得て攻守に堅実なプレーを見せた

33 アルビオル 6.0
安定したビルドアップとタイトな守備で及第点以上の出来

26 クリバリ 6.0
立ち上がりこそビルドアップでバタついたが、その後は攻守に安定感を見せた

23 ヒサイ 5.5
堅実な守備で穴を空けず。ただ、攻撃面でもっとハムシクとインシーニェをサポートしたかった

MF
5 アラン 5.5
シンプルな捌きと強度の高い守備。ゴール前に飛び出す意識も見せた

(→ログ -)

8 ジョルジーニョ 6.0
質の高いポジショニングとパスで攻撃のリズムを作った

17 ハムシク 5.5
前半はインシーニェと良い絡みを見せたが、シュートの精度を少し欠いた

(→ジエリンスキ 5.5)
最低限の仕事はこなしたが、攻撃面のアイデアをやや欠いた

FW
7 カジェホン 5.0
立ち上がりこそフィニッシュに絡んだが、得意のラインブレイクはなかなか見せられず

14 メルテンス 5.5
相手センターバックの集中した対応に遭い、なかなか決定的な形を作れず

(→ミリク 5.0)
最後の決定機は決めたかった。出し手の問題もあるが、なかなかうまく攻撃に絡めず

24 インシーニェ 6.5
質の高い動き出しと精度の高い仕掛けで唯一の攻め手に

監督
サッリ 5.5
固定メンバーの影響か、全体的に動きが重かった。また、選手交代で流れを失い、逆転スクデットに向けて痛恨の取りこぼし

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ドンナルンマ(ミラン)
▽19歳49日で史上最年少でのセリエA100試合出場。ボヌッチとロマニョーリ不在の最終ラインをうまく後方から動かし、最後はミリクの至近距離からシュートをビッグセーブで阻むなど見事な存在感だった。

ミラン 0-0 ナポリ
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール戦に向け主力温存のナポリ、躍動ウナス弾やミリクの2発などで快勝《セリエA》

▽ナポリは8日、セリエA第15節でフロジノーネをホームに迎え、4-0で快勝した。 ▽前節アタランタ戦を途中出場ミリクの決勝弾で2-1と競り勝った2位ナポリ(勝ち点32)は、3日後にリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)を控える中、メルテンスやカジェホン、GKオスピナら一部主力をベンチスタートとし、長期離脱明けのGKメレトとグラムが先発となった。 ▽19位フロジノーネ(勝ち点9)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは、2トップにインシーニェとミリク、中盤右にウナス、左にジエリンスキ、センターにハムシクとアランを起用した。 ▽立ち上がりからナポリが押し込む展開で推移すると、7分にあっさり先制する。CKの流れからインシーニェの丁寧なパスをボックス左のジエリンスキが左足ダイレクトでグラウンダーのシュートをゴール右に突き刺した。 ▽先制後もナポリが主導権を握り、ウナスの単騎突破からチャンスを窺っていくも、シュートチャンスを作るには至らない。それでも40分、ゴール正面約25mの位置からウナスが強烈なミドルシュートを叩き込んで加点。余裕の展開となった前半を2点のリードで終えた。 ▽迎えた後半開始3分、インシーニェがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせたナポリは、直後にもグラムのボレーシュートで3点目に迫っていく。 ▽その後も流し気味にプレーするナポリが敵陣で試合を進めると、69分にダメを押した。右CKからニアサイドのミリクがヘッドで流し込んだ。 ▽余裕のナポリはリバプール戦に向けてインシーニェ、ハムシクを下げていく。そして84分にはグラムの左クロスをミリクが決めて4-0。圧勝でリバプール戦に弾みを付けている。 2018.12.09 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ミリク弾でアタランタに競り勝ったナポリが首位ユベントスを追走!《セリエA》

▽ナポリは3日、セリエA第14節でアタランタと対戦し、2-1で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦を勝利し、決勝トーナメント進出に王手をかけたナポリは、その試合と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々に動く。ナポリは2分、メルテンスのパスで相手DFの裏に抜け出したインシーニェがボックス右手前まで侵攻しクロスを供給。相手GKとDFの間を抜けたボールを逆サイドから走り込んだファビアン・ルイスが左足で流し込んだ。 ▽先制したナポリは、23分にもアランの浮かせたパスでゴール前に抜け出したインシーニェがダイレクトボレーで合わせたが、これはオフサイドの判定となった。 ▽後半は立ち上がりからアタランタが攻勢に出ると56分、ゴセンズの左クロスをニアでリゴーニがボレーシュート。これが右へ流れると、ファーサイドのハテボエルがヘディングで折り返し、最後はD・サパタがゴールに流し込んだ。 ▽同点とされたナポリは、77分にファビアン・ルイス、マクシモビッチを下げてジエリンスキとヒサイを投入。さらに82分には、メルテンスを下げてミリクピッチに送り出した。すると85分、左サイドでボールを受けたマリオ・ルイがシュート性のクロスを供給。ニアサイドに走り込んだミリクが、ワントラップから浮き球をボレーシュートで叩き込み、ナポリが勝ち越しに成功した。 ▽このゴールが決勝点となり、2-1で試合終了。ミリク弾で競り勝ったナポリが、公式戦11試合無敗と好調を維持している。 2018.12.04 07:24 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、超高額オファーを拒否られる…モウリーニョも苦言

▽ナポリは、マンチェスター・ユナイテッドからの超高額オファーを断ったようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽シーズン開幕前からセンターバック不足に悩んでいるユナイテッド。ジョゼ・モウリーニョ監督も希望し続けた通り、今冬に補強に動くようだ。 ▽その中で、ユナイテッドはナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)をターゲットにしたとのこと。1億300万ユーロ(約132億3200万円)の高額オファーを出したようだ。 ▽しかし、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長はこのオファーを拒否したとのこと。これを受け、モウリーニョ監督は選手の移籍金高騰に怒りを示した。 「狂った金額に向かっていくならば、マーケットにチャンスはない。あるいは、次のレベルの選手に興味を示したとしても、まだまだ狂った金額のままだ」 「ただ、次のレベルが人々が言い、そして私が同意するレベルでなければ、マンチェスター・ユナイテッドが獲ることはない」 2018.12.01 12:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、リバプールを警戒「アンフィールドは恐ろしい。まるでライオンの巣穴」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューの中で指揮官のカルロ・アンチェロッティを称えたほか、チャンピオンズリーグ(CL)リバプール戦へ向けて警戒を強めた。<br><br>11月28日、ナポリのスタディオ・サンパオロで行われたCLのツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)戦に3-1で勝利し、パリ・サンジェルマンやリバプールと同居するグループCの首位に立ったナポリだが、最終節にアンフィールドで行われるリバプール戦で決勝トーナメントへの切符を争う。デ・ラウレンティス会長はナポリ指揮官に信頼を寄せつつ、リヴァプールを警戒した。<br><br>「アンチェロッティとは5年前から連絡を取り合っている。彼がやって来て、すべて私が予感していた通りになった。彼は最高の人物であり、何も証明する必要はない。ベンチで嘆く監督を見るたびに私も頭がおかしくなりそうだが、彼は違う。彼の場合、チームが指示に従わないときだけだろう。ゆったりとした穏やかな人で周囲にも落ち着きを与える」<br><br>「リバプール戦?すべてが起こりうると思うが、サッカーの大舞台であるアンフィールドで行われるというのは恐るべきことだ。本当にライオンの巣穴に行くようなものだからね。だが(決勝T進出できるかは)もう1つのスタジアムで行われる同グループの試合結果にもよる。だが我々が目指すのはたった1つ、勝利だけだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.01 08:05 Sat
twitterfacebook
thumb

“ナポリの象徴”ハムシク、2年前にドルトムント移籍に近づいていた

▽ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)が、2016年にドルトムント移籍に近づいていたことを告白した。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ▽2007年6月にブレシアからナポリに加入したハムシク。昨シーズンにはクラブ歴代最多得点者に。ナポリ在籍12年目を迎えた今シーズンには今月6日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節のパリ・サンジェルマン戦に出場して「513」に出場数を伸ばしてクラブ歴代最多出場記録保持者となるなど、今やナポリの象徴として君臨している。 ▽しかし、そんなハムシクにもナポリ退団に近づいたことはあったようだ。以下のように明かしている。 「僕はドルトムントと交渉していたし、移籍に近づいていたよ。これは本当のことさ」 「ただ、交渉はスムーズに進まなくてね。僕を獲得する前に彼らが何人か選手を売却しなくてはならないと話したんだ。その影響で8月まで長引いた。その時、僕はすでにナポリで新シーズンに向けた準備をしていたし、退団したくなかったんだ」 2018.11.29 11:20 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース