シャルケがレヴィア・ダービー快勝で2位を死守《ブンデスリーガ》2018.04.16 00:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第30節、シャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが15日に行われ、2-0でシャルケが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は欠場している。

▽前節ハンブルガーSVに敗れ、連勝が6でストップした2位シャルケ(勝ち点52)は、HSV戦で負傷して今季絶望となったナスタシッチが欠場となった以外は、現状のベストメンバーを送り込んだ。

▽一方、前節シュツットガルト戦をバイエルン戦の大敗を払拭する快勝劇でシャルケに1ポイント差に迫った3位ドルトムント(勝ち点51)は、シュツットガルト戦同様のスタメンで臨んだ。

▽今季の1stマッチではドルトムントが前半で4点をリードしながらも4-4で引き分ける大乱戦となったダービー。立ち上がりの主導権争いを経て、5分にシェプフのミドルシュートでゴールに迫ったシャルケが流れを引き寄せていく。GKビュルキのファインセーブで先制こそならなかったシャルケだが、攻守にドルトムントを凌駕。敵陣でのプレー時間を増やしていった。

▽一方、前線でボールが収まらず、劣勢のドルトムントは24分に初めてのチャンスを迎え、ロイスの直接FKでGKフェールマンを脅かした。

▽前半半ば以降もシャルケが押し込む流れが続いたが、ドルトムントも水際で身体を張り、シュートは打たせない。そんな中45分、ボックス左角でボールを持ったコノプリャンカがシュート。際どかったが、シュートはわずかに枠の右に外れ、前半をゴールレスで終えた。

▽後半からM・フィリップに代えてシュールレを投入し流れを変えにかかったドルトムントだったが、開始5分にシャルケが順当に均衡を破った。カリジウリがシュメルツァーからボールを奪ってショートカウンターに転じると、持ち上がったカリジウリはコノプリャンカにラストパス。コノプリャンカはボックス内から左足でネットを揺らした。

▽失点を受けて前がかるドルトムントは66分にようやくロイスが枠内シュートを記録。続く71分には右サイドに流れたロイスのクロスをプリシッチが合わせるチャンスを迎えたが、シュートを枠の上に外してしまう。

▽ギアを上げて攻勢に出るドルトムントは、ダフードに代えてサンチョを投入。81分にはバチュアイがこの試合自身初のシュートを浴びせるも、シャルケが直後に勝負を決定付けた。ゴール正面で得たFKをナウドが直接狙うと、強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。

▽これで勝負は決し、シャルケが2-0で快勝。7試合ぶりにダービーを制し、2位を死守している。一方、敗れたドルトムントは4位に後退している。

コメント

関連ニュース

thumb

開幕4連敗シャルケに内紛か…試合中に監督と途中交代FWが口論

シャルケのドメニコ・テデスコ監督とFWフランコ・ディ・サントの試合中の言い争いが物議を醸している。<br><br>シャルケは22日、ブンデスリーガ第4節でバイエルンと対戦。0-2と力負けし、開幕からの4連敗が決まった。そして試合中には問題のシーンもカメラによって映し出されている。<br><br>65分に途中交代となっていたディ・サントがベンチからテデスコ監督に声をかけると、指揮官は振り返って激高。2人は試合中にもかかわらず激しい口論を繰り広げることになった。<br><br>テデスコ監督は試合後に「確かに激しい口論があった。失望している。リスペクトが必要だよ。良いグループであるためにスタイルを維持しなければならない。日曜日に内部で話し合うことになるだろう」とコメントしている。<br><br>また、シャルケの主将であるGKラルフ・フェールマンは「ドメニコは正しい決断を出した。従えないのなら、ペナルティが科せられるだろう」と話した。<br><br>昨季とは打って変わって成績が伴っていないシャルケ。内部の衝突もあり、チームの雰囲気は良くない方向へ進んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスが2戦連発ヘッド弾&PK獲得のバイエルン、連敗のシャルケ下して開幕4連勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、シャルケvsバイエルンが22日に行われ、0-2でバイエルンが勝利した。 ▽前節ボルシアMG戦を1-2と落としてまさかの開幕3連敗スタートとなったシャルケは、チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦では2つのPK献上があった中1-1で引き分けた。そのポルト戦のスタメンから2選手を変更。ベンタレブとセルダルに代えてディ・サントと古巣対決となるルディが先発となった。 ▽対するバイエルンはレバークーゼンに快勝して開幕3連勝とし、CLではベンフィカ相手に2-0と順当勝利を飾った。良い流れを持続している中、ベンフィカ戦のスタメンから4選手を変更。ロッベン、J・ボアテング、ハビ・マルティネス、レナト・サンチェスに代えてミュラー、チアゴ、ジューレ、古巣対決となるゴレツカが先発となった。 ▽3トップに右からハメス・ロドリゲス、レヴァンドフスキ、リベリと並べ、中盤アンカーにチアゴ、インサイドにミュラーとゴレツカを配したバイエルンが立ち上がりから攻勢をかけると9分、キミッヒの右CKからニアサイドのハメス・ロドリゲスがヘディングで叩き込み、あっさり先制する。 ▽ハメス・ロドリゲスのベンフィカ戦に続くヘッド弾で先制したバイエルンは、21分にアラバのミドルシュートで追加点に迫ると、25分にはレヴァンドフスキのスルーパスを受けたハメス・ロドリゲスがGKと一対一となるも、浮かせたシュートはフェールマンにセーブされる。 ▽一方的な展開のバイエルンは続く29分、アラバの直接FKがバーを直撃するなど、ハーフタイムにかけてもシャルケの反撃を許さずに1-0で前半を終えた。 ▽後半もバイエルンが攻勢に出ると、50分に追加点のチャンス。ミュラーのスルーパスをボックス左で受けたリベリの折り返しをハメス・ロドリゲスがプッシュ。しかし、枠の左に外してしまった。 ▽劣勢のシャルケは55分にFKからエンボロがヘディングシュートでゴールに迫ると、58分にはウートがコントロールシュートでオンターゲットを記録した。 ▽それでも63分、バイエルンがPKを獲得する。右サイドで仕掛けたハメス・ロドリゲスがボックス内に侵入したところでシェプフに倒された。これをレヴァンドフスキが決めてリードを2点に広げた。 ▽2点を追う展開となったシャルケはディ・サントに代えてアリを、ウートに代えてブルクシュタラーを投入した。 ▽しかし78分にアラバの直接FKで3点目に迫ったバイエルンは終盤にかけてもシャルケの反撃を許さず2-0で快勝。開幕4連勝とした。一方、敗れたシャルケは開幕4連敗となっている。 2018.09.23 03:24 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第4節プレビュー】久保vs浅野&原口、シャルケvsバイエルン開催

▽前節はバイエルンがレバークーゼンを撃破して開幕3連勝とし、大迫と久保の日本人対決はドロー決着に終わった。迎える第4節は久保ニュルンベルクvs浅野&原口ハノーファーの日本人対決やシャルケvsバイエルン、ホッフェンハイムvsドルトムントのCL出場チーム対決が行われる。 ▽まずは日本人対決から。大迫ブレーメンとの日本人対決を後半追加タイム弾で追いついてドローに持ち込んだ久保のニュルンベルクだが、今季未勝利が続く。開幕3試合連続フル出場中の久保だが、ブレーメン戦ではチームが押し込まれたこともあり、見せ場は作れなかった。そろそろ目に見える結果が欲しいところだが、浅野&原口の代表の先輩の前で移籍後初弾となるか。 ▽一方、ヴェルナーの2発でライプツィヒに打ち負けたハノーファーも未勝利となっている。開幕3試合連続スタメン中の浅野はライプツィヒ戦では幾つかゴールに迫るシーンがあったが決め切れず。前節途中出場の原口は見せ場を作れなかった。こちらもそろそろ移籍後初ゴールが欲しいところだが、久保の前でゴールとなるか。 ▽続いてシャルケvsバイエルン。前節ボルシアMG戦を1-2と落としてまさかの開幕3連敗スタートとなったシャルケは、CLポルト戦では2つのPK献上がありながら1-1で引き分けた。なかなか浮上のキッカケを見出せない中、バイエルンから勝ち点をもぎ取ることはできるか。古巣対決となるルディにも注目だ。 ▽対するバイエルンはレバークーゼンに快勝して開幕3連勝とし、CLではベンフィカ相手に2-0と順当勝利を飾った。良い流れを持続している中、不調の相手を叩いて開幕からの連勝を4に伸ばしたい。こちらは古巣対決となるゴレツカに注目だ。 ▽そして、ホッフェンハイムvsドルトムント。前節はデュッセルドルフに敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCLに臨んだシャフタール戦では逃げ切れず2-2で引き分けた。ドルトムントに勝利して戦績を五分に戻せるか。 ▽一方、アルカセルの移籍後初ゴールなどでフランクフルトに快勝したドルトムントは、CLクラブ・ブルージュ戦では終盤の幸運弾で辛勝した。クラブ・ブルージュ戦で今季初出場を果たした香川は試合の流れを好転させる働きを見せ、ファブレ監督へのアピールに成功している。戦力外に近い形から這い上がりつつある香川だが、ホッフェンハイム戦でも出場のチャンスを得られるか。 ▽その他、2戦連発はならなかったブレーメンの大迫はアウグスブルクとのアウェイ戦を、リーグ戦ではスタメン落ちが続いているものの、ELではDFLスーパーカップ以来となるフル出場を果たしたフランクフルトの長谷部はライプツィヒとのホーム戦を、前節今季初のベンチ入りを果たしたデュッセルドルフの宇佐美はシュツットガルトとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第4節 ▽9/21(金) 《27:30》 シュツットガルト vs デュッセルドルフ ▽9/22(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs フライブルク アウグスブルク vs ブレーメン ヘルタ・ベルリン vs ボルシアMG ホッフェンハイム vs ドルトムント ニュルンベルク vs ハノーファー 《25:30》 シャルケ vs バイエルン ▽9/23(日) 《22:30》 レバークーゼン vs マインツ 《25:00》 フランクフルト vs ライプツィヒ 2018.09.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元アメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズが現役引退

▽元アメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズ(36)が7日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 ▽ドイツ生まれのフィジカルに長けたセントラルMFのジョーンズは、フランクフルトやレバークーゼン、シャルケで活躍後、2014年夏から父親の母国であるアメリカでプレー。ニューイングランド・レボリューション、コロラド・ラピッズ、ロサンゼルス・ギャラクシーでプレーしていた。 ▽2008年2月には母親の母国であるドイツで代表デビューを飾っていたが、2009年6月にアメリカ代表でのプレーを選択。アメリカ代表では通算69試合に出場して4ゴールをマークし、2014年ブラジル・ワールドカップでは4試合に出場して1ゴールを決めていた。 ▽ジョーンズはインスタグラムで次のようにコメントしている。 「18年間のプロキャリアに別れを告げる。次のキャリアをスタートさせるため2~3カ月を要したが、明確なビジョンがある。これまで一緒に戦ってくれた全てのチームメート、監督、スタッフに感謝したい。そして僕を支えてくれた全てのファンにお礼を言いたい」 2018.09.08 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

低調シャルケ、カリジウリのPK失敗も響いて連敗スタート《ブンデスリーガ》

▽シャルケは2日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-2で敗戦した。 ▽開幕節のヴォルフスブルク戦を追加タイム被弾で1-2と競り負け黒星スタートとなったシャルケは、ヴォルフスブルク戦のスタメンから4選手を変更。ブルクシュタラー、アリ、セルダー、出場停止のナスタシッチに代えてエンボロ、コノプリャンカ、ベンタレブ、新戦力のルディを起用した。 ▽開始早々、レキクが足を痛めてディロルスンが投入されたヘルタに対し、3トップに右からエンボロ、ウート、コノプリャンカと並べる[4-3-3]で臨んだシャルケは12分、PKを獲得する。セットプレーの流れからボックス内のグルイッチがハンドを犯した。しかし、キッカーのカリジウリはシュートを枠の左に外してしまう。 ▽すると15分、シャルケはが失点する。マッキーニーがディロルスンに入れ替わられてラストパスを送られると、ボックス中央のドゥダにシュートを決められた。 ▽失点したシャルケが前がかる展開となる中、シャルケは28分にコノプリャンカがカットインシュートを浴びせるも、34分に大ピンチ。ババとS・サネの連係ミスからカルーの独走を許した。だが、GKフェールマンがカルーとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけては互いにチャンスがなく、ヘルタの1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半も前がかるシャルケは、51分にルディに代えてセルダーを投入。さらに57分にはエンボロに代えてブルクシュタラーを投入するも、ヘルタの守備ブロックを全く崩せない状況が続く。 ▽時間だけが経過する中、73分にテデスコ監督は最後のカードを切り、ババに代えてアリを投入した。しかし、最後までヘルタの守備を攻略できず、追加タイム3分のウートの枠内シュートはGKヤルシュテインの好守に阻まれると、試合終了間際にはカウンターを受けてコノプリャンカが決定機を阻止し、一発退場となってしまう。 ▽そして、このプレーで与えたFKをドゥダに直接決められて低調なまま0-2で敗戦。開幕2連敗スタートとなった。一方、勝利したヘルタは2連勝スタートとなっている。 2018.09.03 02:59 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース