CL目指すミランと逆転スクデット目指すナポリの上位対決はゴールレスドロー《セリエA》2018.04.16 00:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ミランvsナポリが15日にサン・シーロで行われ、0-0のドローに終わった。

▽前節サッスオーロ戦を1-1の引き分けに持ち込むのが精いっぱいだった6位ミラン(勝ち点52)は、3試合勝利から見放され、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いからほぼ脱落した。それでも、CL出場権獲得へわずかな望みを残すためにも難敵ナポリ相手の勝ち点3が必須。その重要な一戦に向けては先発4人を変更。出場停止のボヌッチ、負傷のロマニョーリに代わってムサッキオ、サパタが起用されたほか、アバーテとクトローネに代わってカラブリア、カリニッチが先発入りした。

▽対する2位ナポリ(勝ち点77)は前節キエーボ戦を終盤の2ゴールで逆転勝利し、ユベントスとの4ポイント差を維持して逆転スクデット獲得へ望みをつないだ。今節は出場停止のマリオ・ルイに代わってマッジョが起用された以外、ベストメンバーが起用された。

▽立ち上がりから積極的な入りを見せたミランは4分、ボックス手前でスソからパスを受けたボナヴェントゥーラが枠の右隅を捉えたシュートを放つが、これはGKレイナの好守に阻まれる。さらに11分には右サイドのスソからのクロスをゴール前にタイミング良く入ってきたカリニッチが頭で合わせるが、枠に飛ばせない。

▽相手の出足の鋭さにやや面食らったナポリだが、時間の経過とともにボールを保持してヒサイ、ハムシク、インシーニェの左サイドのトライアングルで起点を作りながら決定機を演出していく。16分にはインシーニェのパスからゴール左に抜け出したメルテンスが確度のないところからシュートを狙うが、これはGKドンナルンマのセーブに遭う。さらに押し込んでいく中でハムシクやインシーニェが果敢にシュートを狙っていく。

▽前半半ばから終盤にかけてはナポリペースが続くものの、ミランも要所で鋭いカウンターを仕掛けて応戦。35分にはナポリのインシーニェが左サイドで細かいタッチの仕掛けを見せてボックス左からループ気味のコントロールシュートを狙うが、これは枠の右へ。直後の39分には右CKの二次攻撃からボックス手前のチャルハノールがゴール前の密集をすり抜ける強烈なミドルシュートを放つが、GKレイナが見事な反応でストップ。こぼれ球をムサッキオがゴールに蹴り込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。互いに幾つか決定機を作り合った前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、開始直後の47分にナポリがいきなりゴールへ迫る。インシーニェとのパス交換でゴール左に飛び出したハムシクが左足を振り抜くが、これは惜しくも枠の右に外れる。

▽ここから試合はよりヒートアップしていくかに思われたが、互いに攻守の切り替えと守備陣の集中力が高く、それを上回るような攻撃を仕掛けることができない。その中交代選手で流れを変えたいナポリは66分にメルテンス、ハムシクを下げてジエリンスキ、ミリクのポーランド代表コンビを同時投入。対してミランはカリニッチ、ボナヴェントゥーラを下げてアンドレ・シウバ、ロカテッリを続けてピッチに送り出した。

▽しかし、この選手交代によって試合はよりこう着。試合終盤まで互いにほとんど決定機を作れない。それでも、後半アディショナルタイム、ナポリにこの試合最大の決定機が訪れる。右サイドからログが入れたクロスをニアのインシーニェが頭でフリック。これをファーでフリーのミリクがワントラップから左足でシュートするが、枠の右を捉えたシュートはGKドンナルンマの圧巻の反応ではじき出し、劇的な決勝点とはならなかった。

▽そして、CL目指すミランと逆転スクデット目指すナポリの上位対決は痛み分けのゴールレスで終了。第34節の直接対決を前に少しでも勝ち点差を詰めたかったナポリだが、数時間後にサンプドリア戦を戦うユベントスの結果次第で勝ち点差が「6」に開く可能性が出てきた。

コメント

関連ニュース

thumb

ブッフォン、ユベントス同僚との不仲を否定「僕が主将である限りそういう問題は起こらない」

ユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンは、チームメートであるDFメディ・ベナティアとの間に問題がないことを強調している。<br><br>ユベントスは22日に行われたセリエA第34節でナポリと対戦した。ホームでの天王山で0-1と敗れ、首位ユベントスと2位ナポリとの勝ち点差は1ポイントまで縮まっている。<br><br>一部報道では、この試合中にブッフォンとベナティアが激しい言い合いになったと伝えられている。だがブッフォンはそういった憶測を一蹴している。スペイン『ムンド・デポルティボ』がコメントを伝えた。<br><br>「試合に敗れた時のお決まりの噂話だ。僕たちの団結や自信を失わせようとしているのだろう」<br><br>「(チームメートと)意見が食い違うことがあるのは、当然だ。それだけさ。僕はこの17年間で敗戦を一人のチームメートのせいにしたことはない。僕がキャプテンである限りそういう問題は起こらない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリがベルギークラブを買収? 会長が「若手成長の場」として検討中

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、新たなクラブを買収しようとしているようだ。イタリア『Radio Kiss Kiss Napoli』が伝えている。 ▽1人のオーナーが複数クラブを持つことは珍しいことではなく、ウディネーゼを所有するポッツォ・ファミリーもかつてはワトフォードとグラナダを所有していた。 ▽デ・ラウレンティス会長が買収を試みているのは、ベルギー2部のクラブとのこと。どのクラブか、名前は明らかにされていない。 ▽ベルギークラブの買収は、若手の有望な選手がナポリに加入する前に、成長する場として利用したい狙いがあるという。 ▽世界的なネットワークを見れば、マンチェスター・シティも入っているシティ・グループがある。アメリカにはニューヨーク・シティFC、オーストラリアにはメルボルン・シティ、そして日本には横浜F・マリノスが同じグループだ。さらに、スペインのジローナのカブも44%保有している。 ▽玄人好みの選手を集め、今シーズンはスクデット争いも繰り広げているナポリ。デ・ラウレンティス会長の野望は止まらない。 2018.04.25 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

逆転スクデット狙うナポリ、ラスト2節の「同時開催」を要求

▽ナポリがレガ・カルチョにセリエA最後の2節の同時開催を要求した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽現地時間22日に行われたセリエAでナポリは首位ユベントスとの直接対決に1-0で勝利し、勝ち点差を1まで縮めた。逆転スクデットに望みが出てきたあと、ナポリは日程で有利不利が生まれることは避けたいと考えている。 ▽最終節の同時開催はほぼ確実なセリエAだが、レギュレーションでは第37節のキックオフ時間がナポリとユベントスでずれる可能性がある。そこでナポリは、正式な開催日時発表の前にリーグ側に同時刻開催を要求した。 ▽ユベントスは28日にインテルと対戦したあと、第36節はボローニャ戦、第37節はローマ、最終節がヴェローナとなっている。ナポリはフィオレンティーナ、トリノ、サンプドリア、クロトーネの順で対戦だ。 2018.04.25 22:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリの新守護神はユーロ2016の優勝GKか…すでに大筋合意との報道も

今夏の移籍市場を前に、ナポリGK陣は入れ替わりが確実視されている。すでにスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナはミランへ移籍合意したとされ、ブラジル人GKラファエウは契約満了間近となっている。<br><br>そうした中、ナポリは新守護神としてスポルティングのポルトガル代表GKルイ・パトリシオと交渉を進めており、すでに契約は大筋合意に至っていると地元メディア『AREANAPOLI』で報じられている。<br><br>これまでナポリはGKマッティア・ペリンに関心を示していたとされるが、昨年から2度にわたって長期離脱を余儀なくされたことから、移籍話は立ち消え。そこで、ユーロ2016でポルトガルの優勝に貢献したルイ・パトリシオにターゲットを切り替え、交渉を進めているという。一時はレヴァークーゼンのドイツ代表GKベルント・レノと交渉しているとの報道もあったが、現時点ではルイ・パトリシオが本命となっているようだ。<br><br>1988年生まれ、現在30歳のルイ・パトリシオはスポルティングの生え抜きで、2006年のトップデビュー以来、同チーム一筋のキャリアを貫いていた。もしナポリへの移籍が決まった場合、初の国外移籍となる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.25 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、ジョルジーニョに75億円オファーか…話し合いも進行中

▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の獲得に向け、マンチェスター・シティが動きを活性化させているようだ。 ▽イギリス『デイリー・メール』によれば、シティはブラジル代表MFフェルナンジーニョの後継として、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、アーセナルといったプレミアリーグのライバル勢も関心を寄せているジョルジーニョに興味を示しているという。 ▽そのシティは移籍金として、ナポリに5000万ポンド(約75億7000万円)のオファーを提示。さらに、ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏と2度にわたる会談を行い、その席で具体的な話し合いが進められている模様だ。 ▽ナポリの司令塔として高い評価を受けるジョルジーニョは、今シーズンも主力としてプレー。ここまで公式戦35試合に出場して4ゴール4アシストをマークしている。 2018.04.24 11:20 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース