アーセナル、ニューカッスルに逆転負けでリーグ4試合ぶり黒星《プレミアリーグ》2018.04.15 23:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは15日、プレミアリーグ第34節でニューカッスルとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。

▽現在リーグ戦3連勝中のアーセナル。12日に行われたヨーロッパリーグでもCSKAモスクワを退け準決勝に進出した。今季リーグ戦初の4連勝を目指して戦う今節はCSKAモスクワ戦から6選手を変更。負傷したラムジーやウィルシャーらの代わりに、イウォビやジャカが入り、2列目の左にオーバメヤン、ワントップにラカゼットが起用された。

▽目下リーグ戦3連勝中同士の一戦は14分に動く。最終ラインからのロングボールでオフサイドラインを抜け出したオーバメヤン。見事なトラップで一気にチャンスを迎えると、オーバメヤンのクロスに反応したラカゼットが押し込んでアーセナルが先制した。

▽その後もボールを支配し続けるアーセナルは20分、ボックス内のイウォビが細かいステップから自らシュートを選択。しかしこれはGKの正面に飛んでしまう。

▽なかなかゴールに近づくことができないニューカッスルだったが29分にワンチャンスをモノにする。シェルヴェイの自陣からのロングパスでゲイルがボックス右に侵入すると、一旦外側のイェドリンへ。イェドリンはこれをダイレクトで折り返すと、2列目から飛び出してきたアヨセ・ペレスがニアで合わせ同点とした。

▽39分にアーセナルが得たゴール正面のFKの場面では、一度壁に当たってはね返されるものの、それを拾ったジャカがボックス左に放り込む。これに反応したムスタフィのダイビングヘッドでの折り返しを、チャンバースが合わせるが惜しくも枠へ飛ばず。さらに42分には、敵陣でボールを奪ったラカゼットがジョー・ウィロックに繋げるも、上手く合わせられずチャンスを逸失。結局前半は1-1で折り返した。

▽後半は立ち上がりから互いに攻め手を欠きこう着した時間が続く。そんな中、ニューカッスルはゲイルに代えてスリマニ、アーセナルはジョー・ウィロックを下げてウェルベックを投入。前線の活性化を図った。

▽この交代が功を奏したのはホームチームの方だった。68分、左サイドのスローインから、モンレアルのクリアミスを拾ったスリマニからアヨセ・ペレス、リッチーと繋がると、リッチーがゴール右に蹴り込んでニューカッスルが逆転に成功。

▽その後も、ケネディがクロスバーに当たるシュートを見舞うと、アヨセ・ペレスのシュートがサイドネットを叩くなど、少しずつニューカッスルに流れが傾き始める。

▽試合も終盤に差し掛かった85分には、左サイドのモンレアルのクロスから最後はラカゼットがシュート。しかしこれはサイドネットに引っかかる。途中出場のウェルベックもボックスの外から狙いに行くが相手のブロックに遭う。

▽試合はここで終了。先制したアーセナルだったがニューカッスルに逆転を許しリーグ4試合ぶりの黒星。ニューカッスルはリーグ戦4連勝となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ベニテスが母国復帰か? 新指揮官探しに奔走するあのクラブが興味

▽ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督(57)が母国に復帰するかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2016年からニューカッスルで指揮を執るベニテス監督。かつては、ヴァジャドリーやオサスナ、テネリフェを指揮。バレンシアでその名を上げると、2015年6月から2016年1月まではレアル・マドリーを率いていた。その他、リバプール、インテル、チェルシー、ナポリと国外クラブも率いている。 ▽ベニテス監督の招へいに動いているとされるのは、レアル・ソシエダだ。3月にエウセビオ・サクリスタン監督を解任し、新シーズンは新監督の招へいを考えているとのことだ。 ▽後任候補リストの中でポールポジションに位置していたのは、エイバルを指揮するホセ・ルイス・メンディリバル監督だったが、交渉に失敗。そこでベニテス監督がリストのトップに立つことになったようだ。 ▽しかし、一方ではソシエダがバスク人としか交渉しないとも報じられており、ベニテス監督のリーガ復帰は実現しないかもしれない。 ▽ベニテス監督はバレンシアを率いていた2001-02、2003-04シーズンに2度のリーガエスパニョーラ制覇を達成。2003-04シーズンはUEFAカップも制している。その他、リバプール時代にはチャンピオンズリーグとFAカップ、チェルシー時代にはヨーロッパリーグも制しており、実績は十分。果たして、来シーズンはどのクラブで指揮を執っているのだろうか。 2018.04.08 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場岡崎のアシストも実らず、ニューカッスルに敗れたレスターがリーグ5試合ぶり黒星《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは6日、プレミアリーグ第33節でニューカッスルとホームで対戦し、1-2で敗れた。レスターのFW岡崎慎司は57分から出場し1アシストを記録した。 ▽岡崎がベンチスタートとなったこの試合。ヴァーディとディアバテが2トップを組んだ8位のレスター(勝ち点43)。先にチャンスを迎えたのは12位のニューカッスル(勝ち点35)だった。3分、右CKを獲得したニューカッスルはケネディのクロスにアヨセ・ペレスがニアで飛び込んでヘディングシュート。だがここはレスター守護神シュマイケルが好セーブを見せる。 ▽試合が動いたのは18分、自陣から縦に早い展開で左サイドを攻め込むと、最後はボックス手前でパスを受けたシェルヴェイがシュート。これがレスターDFチルウェルに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽その後、ほとんどチャンスが作れないレスターは41分、イボーラが足を痛めてチョードリーと交代を余儀なくされてしまう。0-1のまま迎えた後半、57分に岡崎がシンプソンにかわって投入される。 ▽早く追いつきたいレスターは59分に、アドリエン・シウバがボックス手前からミドルシュートを試みるが相手に当たって枠の外へ。直後の60分には岡崎のポストプレーからマフレズがシュート。だがこれも相手に阻まれる。 ▽勢いに乗ってきたかに思われたレスターだが、次のゴールもニューカッスルに許してしまう。75分、ニューカッスルは自陣からルジューヌがボールをクリアすると、前線に残っていたアヨセ・ペレスがこれに反応。ワンタッチで前に出ていたGKシュマイケルの頭上を越えるシュートを流し込みリードを2点に広げた。 ▽嫌な時間帯に2点のビハインドを負ってしまったレスターは83分、グレイの左サイドからのクロスを岡崎がゴール前で落とすと、これをヴァーディが押し込み1点差に詰め寄った。 ▽しかし、これ以上の反撃は実らずレスターが1-2でニューカッスルに敗戦、リーグ戦5試合ぶりの黒星となった。 2018.04.08 02:20 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、“ジョン・テリーの後継者”確保へ!

▽チェルシーが、以前から注視しているニューカッスルのイングランド人DFジャマール・ラッセルズ(24)獲得に3000万ポンド(約44億6000万円)を準備しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽記事によると、新シーズンに向けて守備陣の強化を目指しているチェルシーは、昨年夏に退団した現アストン・ビラの元イングランド代表DFジョン・テリーのような選手を探しているとのこと。そこで、ニューカッスルでキャプテンを務めるラッセルズに白羽の矢を向けたという。 ▽ラッセルズは2014年のニューカッスル加入以降、安定したパフォーマンスを披露してディフェンスリーダーに君臨。チェルシー側は、同選手の統率力と色気を出さない割り切った守備に魅力を感じているそうだ。 ▽また、先月のイギリス『イブニング・スタンダード』の報道によると、チェルシーは現行のサラリーの倍額に近い週給5万ポンド(約740万円)を用意している模様。ラッセルズは昨年10月にニューカッスルとの6年契約にサインしているが、『ミラー』は資金面、野心のどちらをとってもスタンフォード・ブリッジからの誘いを断ることはできないだろう、と結んでいる。 2018.04.01 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

“ザ・マネー”が愛するニューカッスル買収へ

▽ボクシング界のカリスマであるフロイド・メイウェザー・ジュニア(41)がニューカッスル買収に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽プロ通算50戦50勝無敗の大記録を打ち立て、史上初めて無敗のまま5階級を制覇したメイウェザー。これまでに引退と復帰を繰り返しながらも、昨年8月26日にはUFC世界ライト級王者のコナー・マクレガーとスーパーウェルター級12回戦を行い、TKO勝利を収めている。 ▽無類の強さで勝ち星を重ねてきたメイウェザーは、その高額なファイトマネーであらゆるものを手に入れてきた。そういったことを強くアピールする性格から“ザ・マネー(=金の亡者)”とも言われている。 ▽そんな“ザ・マネー”が、自身の資産をサッカー界に投じる準備をしているようだ。 ▽報道によるとメイウェザーは、ニューカッスルと言う都市を好んでいる模様。ニューカッスルを盛り上げるために、サッカークラブを買収する考えがあるようだ。 「誰もが、私が表舞台に戻ってくることを望んでいるだろう。私はニューカッスルを愛している。世界中のどんな都市よりも情熱を感じる街だ」 ▽なお、ニューカッスルのオーナーを務めるマイク・アシュリー会長は、2017年中にクラブを売却する意思を示していた。 ▽これまでに複数の投資家たちが同クラブの買収に動いており、2017年11月には女性投資家であるアマンダ・ステーブリー氏が経営するPCPキャピタル・パートナーズから3億ポンド(当時のレートで約447億1000万円)のオファーを送ったと言われていたが交渉は決裂。現在までニューカッスルの売却問題は解決していない。 2018.03.20 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

カシージャス、ニューカッスルへ?

▽ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)にニューカッスル入りの可能性が浮上した。イギリス『Newcastle Chronicle』が伝えている。 ▽レアル・マドリーで一時代を築いた名GKの1人であるカシージャス。2015年夏からプレーするポルトとの契約が今シーズン限りとなっており、世界の複数クラブが関心を示しているとされる中、既に移籍の意思を固めているという。 ▽『Newcastle Chronicle』によれば、ラファエル・ベニテス監督は、今夏の移籍市場で新たなGK獲得を希望。そこで、ニューカッスルも、指揮官お気に入りのカシージャスとの契約に動く姿勢を強めているとのことだ。 2018.03.09 09:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース