アーセナル、ニューカッスルに逆転負けでリーグ4試合ぶり黒星《プレミアリーグ》2018.04.15 23:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは15日、プレミアリーグ第34節でニューカッスルとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。

▽現在リーグ戦3連勝中のアーセナル。12日に行われたヨーロッパリーグでもCSKAモスクワを退け準決勝に進出した。今季リーグ戦初の4連勝を目指して戦う今節はCSKAモスクワ戦から6選手を変更。負傷したラムジーやウィルシャーらの代わりに、イウォビやジャカが入り、2列目の左にオーバメヤン、ワントップにラカゼットが起用された。

▽目下リーグ戦3連勝中同士の一戦は14分に動く。最終ラインからのロングボールでオフサイドラインを抜け出したオーバメヤン。見事なトラップで一気にチャンスを迎えると、オーバメヤンのクロスに反応したラカゼットが押し込んでアーセナルが先制した。

▽その後もボールを支配し続けるアーセナルは20分、ボックス内のイウォビが細かいステップから自らシュートを選択。しかしこれはGKの正面に飛んでしまう。

▽なかなかゴールに近づくことができないニューカッスルだったが29分にワンチャンスをモノにする。シェルヴェイの自陣からのロングパスでゲイルがボックス右に侵入すると、一旦外側のイェドリンへ。イェドリンはこれをダイレクトで折り返すと、2列目から飛び出してきたアヨセ・ペレスがニアで合わせ同点とした。

▽39分にアーセナルが得たゴール正面のFKの場面では、一度壁に当たってはね返されるものの、それを拾ったジャカがボックス左に放り込む。これに反応したムスタフィのダイビングヘッドでの折り返しを、チャンバースが合わせるが惜しくも枠へ飛ばず。さらに42分には、敵陣でボールを奪ったラカゼットがジョー・ウィロックに繋げるも、上手く合わせられずチャンスを逸失。結局前半は1-1で折り返した。

▽後半は立ち上がりから互いに攻め手を欠きこう着した時間が続く。そんな中、ニューカッスルはゲイルに代えてスリマニ、アーセナルはジョー・ウィロックを下げてウェルベックを投入。前線の活性化を図った。

▽この交代が功を奏したのはホームチームの方だった。68分、左サイドのスローインから、モンレアルのクリアミスを拾ったスリマニからアヨセ・ペレス、リッチーと繋がると、リッチーがゴール右に蹴り込んでニューカッスルが逆転に成功。

▽その後も、ケネディがクロスバーに当たるシュートを見舞うと、アヨセ・ペレスのシュートがサイドネットを叩くなど、少しずつニューカッスルに流れが傾き始める。

▽試合も終盤に差し掛かった85分には、左サイドのモンレアルのクロスから最後はラカゼットがシュート。しかしこれはサイドネットに引っかかる。途中出場のウェルベックもボックスの外から狙いに行くが相手のブロックに遭う。

▽試合はここで終了。先制したアーセナルだったがニューカッスルに逆転を許しリーグ4試合ぶりの黒星。ニューカッスルはリーグ戦4連勝となった。

コメント

関連ニュース

thumb

リーグ戦65分間の出場にとどまる武藤嘉紀、ベニテスが明かす「先発に必要なこと」

ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は、ここまでなかなか出場機会を得られていないFW武藤嘉紀について言及している。地元メディア『シールズ・ガゼット』がコメントを伝えた。<br><br>武藤は今夏、マインツから950万ポンド(約14億円)で加入。しかし、リーグ戦では先発はなし、いずれも途中出場で、合計65分間の出場にとどまっている。「武藤が先発するためには何が必要か」と記者から問われたベニテス監督はこのように答えた。<br><br>「すべてのトレーニングでコミットメント、情熱、仕事量が見て取れるが、彼はクリスタル・パレス戦でファウルを審判にとってもらえなかったことに不満を言い、待っていた。プレミアリーグは他とは異なることを理解する必要がある。それから努力を続けないとね」<br><br>「1年が必要な選手もいるし、半年が必要な選手もいる。1カ月だけでいい選手もいる。だから新しい選手には常に時間が必要だ。練習で見せているようにポジティブにあり続けてないとね」<br><br>まだ適応に時間がかかっていることを認めたベニテス。武藤はプレミアリーグを理解することが出場機会の確保につながるようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.09.25 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、モドリッチ獲得のチャンスを捨てた過去。理由は…

ニューカッスルは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ獲得のチャンスがありながらも、これをみすみす逃した過去があったようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えた。<br><br>ディナモ・ザグレブで台頭したモドリッチは、2008年の夏にトッテナムに移籍。トッテナムで4シーズン活躍したあと、2012-13シーズンからはレアル・マドリーに在籍している。<br><br>レアル・マドリーではさらに飛躍し、4度のチャンピオンズリーグなどを獲得。そして、今夏に行われたロシア・ワールドカップでは主将としてクロアチアの準優勝に貢献し、大会MVPにも選ばれた。<br><br>そのモドリッチを過去にニューカッスルが獲得するチャンスがあったようだ。『ガーディアン』のダニエル・テイラー記者が、元イングランド代表FWケヴィン・キーガン氏の自叙伝出版に協力した中で得た情報を伝えている。キーガン氏がニューカッスルを率いていた2008年、モドリッチの獲得に近づいていたという。<br><br>「当時、キーガンはルカ・モドリッチの代理人と移籍に関する会談をしていた。当時、モドリッチは22歳だった。キーガンによれば、合意は間近だった。だが、ニューカッスルでプレーするには&ldquo;体重が軽すぎる&rdquo;と判断されたんだ」<br><br>仮にニューカッスルに移籍していたなら、モドリッチのその後の経歴も大きく変わっていたかもしれない。いずれにせよ、ニューカッスルは大物を取り逃がしたことになった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 22:23 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤終盤出場のニューカッスル、C・パレスにゴールレスドローで未勝利続く《プレミアリーグ》

▽ニューカッスルは22日、プレミアリーグ第6節でクリスタル・パレスとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は81分から出場している。 ▽ここまで1分け4敗と未勝利のニューカッスルが、2勝3敗のクリスタル・パレスのホームに乗り込んだ一戦。武藤は引き続きベンチスタートとなった。 ▽ホームチームのクリスタル・パレスに押し込まれる状態が続いたニューカッスルは、ゴールレスで迎えた後半からロンドンに代えてホセルを投入。しかし、その後半もペースを握れず、劣勢が続いた。 ▽そんな中81分、武藤がアヨセ・ペレスに代わって出場した。その武藤は投入直後、自陣でのボールロストからサコーに決定機を許すも、ヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かった。 ▽結局、ホセルと2トップを形成した武藤だったが、見せ場を作れずチームは辛くもドロー。勝ち点1を積み上げたが、未勝利が続いている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルは5戦未勝利もファンは楽観的? 理由の1つに“未知数”武藤嘉紀の存在

ニューカッスル・ユナイテッドのFW武藤嘉紀は依然として&ldquo;未知数&rdquo;であると考えられているようだ。イギリス『クロニクル・ライブ』が伝えた。<br><br>今夏に武藤やサロモン・ロンドンを獲得するなど積極的な補強に動いたニューカッスルだが、5試合を終えて1分け4敗で19位に沈む。もちろん、この成績に失望しているものの、多くのサポーターがまだまだ巻き返しを図れると楽観的に考えているようだ。そして、同メディアでチームの記者を務めるクリス・ウォー氏は「ファンが楽観的でいるべき8つの理由」と題して特集を組んだ。<br><br>その中の1つの理由として武藤が挙げられている。新加入の日本代表FWについて、ウォー氏は「今夏の最も高額な新戦力であるヨシノリ・ムトウは、4試合に途中出場してプレミアリーグで通算56分しかプレーできていない。950万ポンドのFWはストライカーとしてほどんど起用されていないにもかかわらず、イキイキとプレーしている」と言及。<br><br>「しかし、日本代表FWは依然として未知数だ。マインツでとても良いパフォーマンスを見せた彼がイングランドのフットボールに適応できているかはまだわからない。そんな中でも(監督のラファエル)ベニテスは、ムトウがプレミアリーグに適応できればチームのためにゴールとアシストを量産してくれると自信を持っている」<br><br>「それに、ニューカッスルのファンと同様に、対戦チームもムトウの能力についてほどんど知識がない。まだ発揮できていない驚きの一面をそのうちに見せ、マグパイスにポイントをもたらす可能性がある」<br><br>その他にも、今後は上位陣との対戦が減ることや司令塔ジョンジョ・シェルヴィーが復帰間近であること、ロンドンがベニテス監督のシステムに適したストライカーであることもその理由に。また、精彩を欠くケネディの復調や新加入DFフェデリコ・フェルナンデスの成功、昨シーズンの残留争いの経験、さらにベニテス監督が取り乱していないこともポジティブな要因として考えられている。<br><br>ここまで勝利のないニューカッスルは、22日のクリスタル・パレス戦で今シーズン最初の勝ち点3を手にできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.18 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シアラー氏はアーセナルに辛辣! 「良いチームと思っていないからシティやチェルシー相手の負けよりキツい」

▽かつてニューカッスルやブラックバーンで活躍した元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏は古巣ニューカッスルのアーセナル相手の敗戦にショックを受けているようだ。同氏がイギリス『BBC』のサッカー番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』で語った。 ▽開幕4戦未勝利で厳しいスタートを切ったニューカッスルは今季初勝利を目指しプレミアリーグ第5節でアーセナルと対戦。前半はゴールレスの拮抗した展開に持ち込んだものの、後半立ち上がりの2失点によって1-2の敗戦を喫した。 ▽古巣の敗戦に気分を害していたのか、『マッチ・オブ・ザ・デイ』で同試合に関してコメントを求められたシアラー氏は刺激的な語り口で自身の感想を語った。 「今回の敗戦はシティやトッテナム、チェルシー戦の敗戦と比べて個人的にこたえているよ。私はアーセナルを良いチームだとは思っていないからね」 「今日の試合は少しチグハグな内容だった。ニューカッスルの前半の戦い方は悪くなかった。アーセナルの動きはスローで攻撃に意外性もなかった。同時にラカゼットとオーバメヤンの連係もほとんどなかったからね」 「しかし、トレイラの投入が試合を変えた。アーセナルは後半に入ってより良いチームになり、勝利に値したと思っているよ」 ▽今回のシアラー氏の発言は古巣敗戦ゆえの負け惜しみなのか、単純にアーセナル相手なら勝てる可能性が高いと純粋に思っていたのかは不明だが、アーセナルファンにとってはせっかくの3連勝に水を差す発言になったかもしれない。 2018.09.17 22:31 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース