アーセナル、ニューカッスルに逆転負けでリーグ4試合ぶり黒星《プレミアリーグ》2018.04.15 23:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは15日、プレミアリーグ第34節でニューカッスルとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。▽現在リーグ戦3連勝中のアーセナル。12日に行われたヨーロッパリーグでもCSKAモスクワを退け準決勝に進出した。今季リーグ戦初の4連勝を目指して戦う今節はCSKAモスクワ戦から6選手を変更。負傷したラムジーやウィルシャーらの代わりに、イウォビやジャカが入り、2列目の左にオーバメヤン、ワントップにラカゼットが起用された。

▽目下リーグ戦3連勝中同士の一戦は14分に動く。最終ラインからのロングボールでオフサイドラインを抜け出したオーバメヤン。見事なトラップで一気にチャンスを迎えると、オーバメヤンのクロスに反応したラカゼットが押し込んでアーセナルが先制した。

▽その後もボールを支配し続けるアーセナルは20分、ボックス内のイウォビが細かいステップから自らシュートを選択。しかしこれはGKの正面に飛んでしまう。

▽なかなかゴールに近づくことができないニューカッスルだったが29分にワンチャンスをモノにする。シェルヴェイの自陣からのロングパスでゲイルがボックス右に侵入すると、一旦外側のイェドリンへ。イェドリンはこれをダイレクトで折り返すと、2列目から飛び出してきたアヨセ・ペレスがニアで合わせ同点とした。

▽39分にアーセナルが得たゴール正面のFKの場面では、一度壁に当たってはね返されるものの、それを拾ったジャカがボックス左に放り込む。これに反応したムスタフィのダイビングヘッドでの折り返しを、チャンバースが合わせるが惜しくも枠へ飛ばず。さらに42分には、敵陣でボールを奪ったラカゼットがジョー・ウィロックに繋げるも、上手く合わせられずチャンスを逸失。結局前半は1-1で折り返した。

▽後半は立ち上がりから互いに攻め手を欠きこう着した時間が続く。そんな中、ニューカッスルはゲイルに代えてスリマニ、アーセナルはジョー・ウィロックを下げてウェルベックを投入。前線の活性化を図った。

▽この交代が功を奏したのはホームチームの方だった。68分、左サイドのスローインから、モンレアルのクリアミスを拾ったスリマニからアヨセ・ペレス、リッチーと繋がると、リッチーがゴール右に蹴り込んでニューカッスルが逆転に成功。

▽その後も、ケネディがクロスバーに当たるシュートを見舞うと、アヨセ・ペレスのシュートがサイドネットを叩くなど、少しずつニューカッスルに流れが傾き始める。

▽試合も終盤に差し掛かった85分には、左サイドのモンレアルのクロスから最後はラカゼットがシュート。しかしこれはサイドネットに引っかかる。途中出場のウェルベックもボックスの外から狙いに行くが相手のブロックに遭う。

▽試合はここで終了。先制したアーセナルだったがニューカッスルに逆転を許しリーグ4試合ぶりの黒星。ニューカッスルはリーグ戦4連勝となった。
コメント
関連ニュース
thumb

リッチーの土壇場ボレー弾でニューカッスルが敵地でドロー…武藤は13試合ぶりにプレー《プレミアリーグ》

日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは、16日にプレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、2-2の引き分けに終わった。武藤は82分からプレーした。 13位ニューカッスル(勝ち点34)が、12位のボーンマス(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。前節エバートンとの打ち合いを制したニューカッスルは、その試合から先発を3人変更。武藤は2試合ぶりのベンチ入りとなった。 試合は序盤から一進一退の攻防を繰り広げる。すると10分、ボーンマスはJ・キングのパスをボックス左手前で受けたフレイザーがそのままボックス内まで侵入しシュート。しかし、このシュートは右ポストに弾かれた。 膠着状態が続く一戦が動いたのは前半アディショナルタイム。ニューカッスルはボックス左手前でアルミロンがアイブに倒されFKを獲得。このFKをロンドンが直接ゴール左に突き刺した。 1点リードで前半を終えたニューカッスルだったが、後半開始早々に失点する。47分、右CKをボックス内で競り合ったF・フェルナンデスがアケを引き倒しPKを献上。これをJ・キングが確実に決めた。 開始早々の同点弾で主導権を握ったボーンマスは81分、途中出場のソランケが相手ボックス手前でボールを奪うと、ボックス内で相手DF4人を引きつけラストパスを供給。これをボックス中央に走り込んだJ・キングがゴールに流し込み、ホームチームが逆転に成功した。 逆転を許したニューカッスルは、82分にアルミロンを下げて武藤を、83分にディアメを下げてシェルヴェイをピッチに送り出す。すると、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。 後半アディショナルタイム4分、ルジューヌのパスを右サイド高い位置で受けたイェドリンがダイレクトで折り返すと、ファーサイドのリッチーが強烈なボレーシュートをゴールネットに突き刺し、ニューカッスルが土壇場で食らいつく。 結局、試合は2-2のままタイムアップ。リッチーの土壇場弾でドローに持ち込んだニューカッスルが、敵地で勝ち点1を獲得した。 2019.03.17 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ベニテスとの延長交渉決裂の場合リヨン指揮官を強襲か

日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは、ラファエル・ベニテス監督(58)との契約延長交渉が決裂した場合、リヨンのブルーノ・ジェネジオ監督(52)を招へいする考えのようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がフランス『レキップ』の記事を引用して伝えている。 数多くの欧州トップクラブを指揮してきたベニテス監督は、2016年3月にニューカッスルとの3年契約にサインし、新監督に就任。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格を経験しながらも、続投しチームを1年でプレミア復帰に導くと、昨季はプレミアリーグ10位で残留に貢献。今季も第30節終了時点で13位と残留を射程に収めてる。 ベニテス監督の手腕を評価するニューカッスルのフロントは、今シーズン限りで契約満了を迎える同監督に1年の延長オファーを提示。しかし、ベニテス監督はオーナーがクラブの売却を試みているこのタイミングは契約に適していないとし、態度を保留していた。 『レキップ』によれば、ニューカッスルはベニテス監督との契約延長交渉が決裂した場合、リヨンのジェネジオ監督を後任候補のポールポジションに置いているようだ。 2015年12月24日にリヨンの監督に就任したジェネジオ監督は、約3年間で公式戦174試合を指揮し94勝36分け44敗と好成績を収めており、今季もここまでリーグ・アン28試合終了時点で勝ち点50(14勝8分け6敗)を獲得しチャンピオンズリーグ圏内の3位に位置している。 2019.03.16 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤同僚MFアルミロン、アーセナルのオファーを断っていた! その理由とは

ニューカッスルに所属するパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(25)の代理人が、今冬の取引を明かしている。パラグアイのラジオ『ABC Cardinal』で語られた内容を、イギリス『メトロ』が伝えた。 今冬の移籍市場でアトランタ・ユナイテッド(MLS)からニューカッスルに完全移籍し、日本代表FW武藤嘉紀の同僚にもなったアルミロン。契約期間は2024年6月30日までの5年半で、移籍金がクラブ史上最高額の2000万ポンド(約28億4000万円)であることが話題となった。 母国のセッロ・ポルテーノでキャリアをスタートさせたアルミロンは、アルゼンチンのアトレティコ・ラヌスを経て2017年初めにアトランタに入団。すると、2度に渡りリーグのオールスターに選出され、10番を背負った昨シーズンには公式戦38試合13ゴール13アシストの活躍でMLSカップ優勝に貢献した。 将来的なスター候補として今冬にはプレミアの複数クラブからの関心が聞こえていたが、その中にはアーセナルからのオファーもあったようだ。代理人を務めるダニエル・カンポス氏が語っている。 「ミゲル・アルミロンにはマンチェスター・ユナイテッドからの関心もあったが、彼らがオファーを出すことは無かった」 「アーセナルとサウサンプトンはローンを打診してきた。だが、私たちはローンを敬遠したよ」 最終的には獲得に漕ぎ着けることが出来たものの、今冬にはMFデニス・スアレスの獲得をローンでバルセロナに打診したことにより、交渉難航が伝えられていたアーセナル。水面下に沈んでいたオペレーションにおいても、苦しいやり取りがあったようだ。 2019.02.27 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

アジア杯から復帰後も出番ない武藤嘉紀に指揮官「本当に一生懸命やっているが…」

ニューカッスル・ユナイテッドのラファエル・ベニテス監督は、武藤嘉紀を起用しない理由について口を開いた。<br><br>1月から日本代表としてアジアカップ2019に出場した武藤。大会が終わり、2月上旬にニューカッスルに復帰したものの、以降出番がなく、11日のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦、23日のハダースフィールド・タウン戦ではベンチからも外れている。<br><br>そんな中、昨夏にマインツから950万ポンド(当時約14億円)で獲得した武藤をメンバーに入れないことについてベニテス監督は、日本代表FWは出番が来ることを辛抱強く待つ必要があると語っている。イギリス『シールズ・ガゼット』が伝えた。<br><br>「彼はトレーニングでよくやっている。彼はとてもポジティブで、いつも本当に一生懸命やっている。しかし、彼はチームに入るためにハードワークを続けなくてはならない」<br><br>「今、私が抱えている問題は、チームに入れない選手たちからプレッシャーを掛けられていることだ。可哀そうだとは思うが、18人しか選手を選ぶことができない。だから、何人かの選手たちは出番が来ることを待たなくてはならない」<br><br>ニューカッスルは、26日にホームでのバーンリー戦を迎える。この試合で武藤は1月2日のマンチェスター・ユナイテッド戦以来となる出場を果たすことができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.26 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀に強力なライバル?ニューカッスル、史上最高額でブラジル人FW獲得か

ニューカッスルFW武藤嘉紀に、新たに強力なライバルが出現するのかもしれない。ドイツ『Sport1』が伝えている。<br><br>昨夏マインツを退団し、およそ900万ポンド(約13億円:当時)でニューカッスルへと加入した武藤。憧れのプレミアリーグ挑戦を果たしたが、ここまで出場は12試合、先発出場は5試合にとどまっている。最近では代表戦合流もあり、6試合出番なしに終わっている。<br><br>初挑戦のイングランドで苦しむ武藤だが、来夏には強力なライバルが出現するのかもしれない。『Sport1』によると、ニューカッスルはホッフェンハイムFWジョエリントン獲得に近づいているという。<br><br>昨季までローンに出されていたジョエリントンだが、今季はユリアン・ナーゲルスマン監督の下でポジションを勝ち取り、公式戦28試合に出場。10ゴール8アシストを記録するなど、上位をねらうチームで欠かせない存在となっている。<br><br>『Sport1』によると、そんな22歳のブラジル人FWに対し、ニューカッスルは6000万ユーロ(約75億円)もの移籍金を用意しているという。これはクラブ史上最高額の移籍金となるようだ。来週中にも交渉は成立すると報じている。<br><br>一方で『ビルト』は、ライプツィヒがジョエリントン獲得をねらっていると報じている。来季ナーゲルスマン監督就任が決定している中、指揮官の愛弟子を引き抜きたい考えのようだ。<br><br>もしニューカッスル移籍が事実であれば、武藤にとって強力なライバルが加わることになる。<br><br>提供:goal.com 2019.02.24 14:15 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース