アーセナル、ニューカッスルに逆転負けでリーグ4試合ぶり黒星《プレミアリーグ》2018.04.15 23:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは15日、プレミアリーグ第34節でニューカッスルとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。▽現在リーグ戦3連勝中のアーセナル。12日に行われたヨーロッパリーグでもCSKAモスクワを退け準決勝に進出した。今季リーグ戦初の4連勝を目指して戦う今節はCSKAモスクワ戦から6選手を変更。負傷したラムジーやウィルシャーらの代わりに、イウォビやジャカが入り、2列目の左にオーバメヤン、ワントップにラカゼットが起用された。

▽目下リーグ戦3連勝中同士の一戦は14分に動く。最終ラインからのロングボールでオフサイドラインを抜け出したオーバメヤン。見事なトラップで一気にチャンスを迎えると、オーバメヤンのクロスに反応したラカゼットが押し込んでアーセナルが先制した。

▽その後もボールを支配し続けるアーセナルは20分、ボックス内のイウォビが細かいステップから自らシュートを選択。しかしこれはGKの正面に飛んでしまう。

▽なかなかゴールに近づくことができないニューカッスルだったが29分にワンチャンスをモノにする。シェルヴェイの自陣からのロングパスでゲイルがボックス右に侵入すると、一旦外側のイェドリンへ。イェドリンはこれをダイレクトで折り返すと、2列目から飛び出してきたアヨセ・ペレスがニアで合わせ同点とした。

▽39分にアーセナルが得たゴール正面のFKの場面では、一度壁に当たってはね返されるものの、それを拾ったジャカがボックス左に放り込む。これに反応したムスタフィのダイビングヘッドでの折り返しを、チャンバースが合わせるが惜しくも枠へ飛ばず。さらに42分には、敵陣でボールを奪ったラカゼットがジョー・ウィロックに繋げるも、上手く合わせられずチャンスを逸失。結局前半は1-1で折り返した。

▽後半は立ち上がりから互いに攻め手を欠きこう着した時間が続く。そんな中、ニューカッスルはゲイルに代えてスリマニ、アーセナルはジョー・ウィロックを下げてウェルベックを投入。前線の活性化を図った。

▽この交代が功を奏したのはホームチームの方だった。68分、左サイドのスローインから、モンレアルのクリアミスを拾ったスリマニからアヨセ・ペレス、リッチーと繋がると、リッチーがゴール右に蹴り込んでニューカッスルが逆転に成功。

▽その後も、ケネディがクロスバーに当たるシュートを見舞うと、アヨセ・ペレスのシュートがサイドネットを叩くなど、少しずつニューカッスルに流れが傾き始める。

▽試合も終盤に差し掛かった85分には、左サイドのモンレアルのクロスから最後はラカゼットがシュート。しかしこれはサイドネットに引っかかる。途中出場のウェルベックもボックスの外から狙いに行くが相手のブロックに遭う。

▽試合はここで終了。先制したアーセナルだったがニューカッスルに逆転を許しリーグ4試合ぶりの黒星。ニューカッスルはリーグ戦4連勝となった。
コメント
関連ニュース
thumb

武藤欠場のニューカッスルを後半AT弾で下したウルブズ、チェルシー戦から2連勝!《プレミアリーグ》

▽武藤嘉紀が所属するニューカッスルは9日、プレミアリーグ第16節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-2で敗れた。武藤は出場しなかった。 ▽現在3勝4分け8敗で15位に位置するニューカッスル。第11節のワトフォード戦で初勝利を挙げると、その勢いのまま3連勝を収めたもののここ2試合は再び白星から遠ざかっている。3試合ぶりの勝利を目指す今節は、前節のエバートン戦からスタメンを3人変更。アジョセ・ペレスやクラーク、リッチーらが起用された。武藤はベンチスタートとなった。 ▽試合を動かしたのは前節にチェルシーを逆転で下したウルブズ。17分、右サイドのエウデル・コスタが左足でクロスを送ると、ジョッタがゴール前で胸トラップ。そのまま冷静にゴールに流し込んだ。 ▽しかし、ニューカッスルもやり返す。22分にロンドンのFKがクロスバーに直撃すると、その流れのままロンドンが右サイドからクロスを供給。これをニアでアジョセ・ペレスが頭で逸らすように流し込み、すぐに同点に追いついた。 ▽後半からF・フェルナンデスを下げてマンキージョを投入したニューカッスルは、51分にクラークが惜しいヘディングシュートを放つなど良い入りを見せた。しかし57分に、ジョッタに背後を取られたイェドリンがユニフォームを引っ張って倒してしまう。するとこれが決定機阻止と見なされ一発退場の判定に。残り時間を10人で戦うことになってしまった。 ▽数的有利のウルブズは61分に2選手を同時交代。75分にはカウンターからその交代で入ったヒメネスがボックス左に侵入しシュートを放つがクロスバーを直撃する。80分にも自陣ゴール前からカウンターを発動。左サイドをヒメネスが一気に駆け抜けゴール前にクロスを送る。ここに飛び込んだ途中出場のギブス=ホワイトはスルー。後ろからドハーティがシュートを放ったが、ゴール左を突いたシュートはGKドゥブラフカのビッグセーブに防がれた。 ▽ニューカッスルは終盤に差し掛かり、ロンドンを下げてホセル、アツを下げてケネディを投入。この時点で3枚の交代枠を使い切ったため、武藤の出場の機会はなくなった。 ▽攻勢を強めたいニューカッスルだがチャンスなく時間が経過。このまま終わるかに思われたが後半アディショナルタイムに試合が動いた。自陣でボールを奪ったウルブズはすぐにジョッタにボールを渡す。ジョッタは敵陣中央をドリブルで切り裂くと、ヒメネスのフリーランを囮にしながらボックス左からシュートまで持ち運ぶ。このシュートはGKにセーブされたものの、こぼれ球をドハーティが頭で押し込んで土壇場で勝ち越しに成功した。 ▽その後まもなく試合終了の笛。数的不利から試合を覆せなかったニューカッスルはこれでリーグ戦3試合未勝利。ウルブズは前節のチェルシー戦に続き2連勝を収めた。 2018.12.10 03:04 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀所属のニューカッスル、1月移籍市場開幕までに売却へ…オーナー「交渉はかなり進んでいる」

武藤嘉紀が所属するニューカッスル・ユナイテッドのオーナー、マイク・アシュリー氏は、2019年1月までにクラブを売却したいと話した。<br><br>クラブへの投資の少なさにサポーターから批判を浴びてきたアシュリー氏は10月、ニューカッスル売却の意思があるものの、買い手がついていないと明かしていた。そんな中、3日に『スカイスポーツ』の番組に出演した同オーナーは、来冬の移籍市場が始まるこの1カ月の間にクラブが他人の手に渡る可能性が十分にあると言及した。<br><br>「1月の移籍市場が始まるまでに売却したい。現実的かって?十分に可能性がある。現実的なんてとても強いワードだ。ただ、この調子で交渉を進めていき、成立すると願っている。交渉は今までにないぐらいに進んでいる」<br><br>また、1月の移籍市場で補強資金を拠出できる買い手以外は受け付けてないというアシュリー氏は「正しい買い手にクラブを売却したい。そうなればみんながハッピーだ」とコメントした。<br><br>提供:goal.com 2018.12.04 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、下部組織出身のMFロングスタッフ2022年まで契約延長

▽ニューカッスルは3日、MFシーン・ロングスタッフ(21)と2022年6月30日までの新契約を結んだことを発表した。 ▽ニューカッスルの下部組織出身のロングスタッフは、2016年にプロ契約を結ぶと2017年1月にスコットランドのキルマーノックにレンタル移籍。昨シーズンはリーグ1(イングランド3部)のブラックプールにレンタル移籍で加入すると、公式戦45試合に出場し9ゴール6アシストを記録。 ▽今夏に復帰ニューカッスルでは、リザーブチームにあたるニューカッスルU-23を中心にプレーしているが、8月29日に行われたカラバオカップ2回戦のノッティンガム・フォレスト戦でトップチームデビュー。プレミアリーグでも4試合にベンチ入りしている。 ▽チームを率いるラファエル・ベニテス監督は、ロングスタッフとの契約延長について以下のようにコメントしている。 「初めのトレーニングをシーンを観たときから大きな可能性を持つ若者であると分かっていた。だから今回の契約延長にはとても満足しているよ」 「彼は優れた選手になる質と才能を持ち合わせているし、とても勤勉だ。そして学ぶことを熱望しているね。私は、彼のような地元出身の若者が活躍するところを見ることがファンの幸せにつながると思っているよ」 2018.12.04 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベニテス「即戦力の補強は難しい」冬の移籍市場を前に、悲観的な見解を示す

ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が、冬の移籍市場で補強に動くことを示唆しつつも、見通しが厳しいとの見解を示した。<br><br>イギリス『デイリー・メール』はベニテスの言葉を次のように報じている。<br><br>「(移籍市場の)1月にどう動くか、とても難しい状況となっている。それはお金の面ではなく、しっかりとクラブに適合する選手を獲得できるかどうかの問題だ」<br><br>「状況を劇的に変えられるトップクラスの即戦力は、チャンピオンズリーグに出場していたり、トップチームに所属しているものだ。だからこそ、彼らを引き抜くことはとても困難だろうね。現状、我々の選択肢は多くない。その中でも適正な補強ができそうであれば、すぐさま動く必要があるだろう」<br><br>ニューカッスルは冬の移籍市場でアトランタ・ユナイテッドに在籍するパラグアイ代表の攻撃的MF、ミゲル・アルミロンの獲得を狙っていると報じられている。だが負傷者が続出していることもあり、その優先度を変えざるを得ない状況となっているようだ。<br><br>今シーズン、ニューカッスルは10月までリーグ戦未勝利の状態が続いていた。だが、11月に入って第11節ワトフォード戦、第12節ボーンマス戦と2連勝を飾り、26日の第13節バーンリー戦でリーグ戦3連勝を狙う。<br><br>現有戦力ではFW武藤嘉紀、MFジョンジョ・シェルヴィ、DFジャマール・ラッセルズなどが次節出られるか微妙な状況にあるという。前節、2勝目を記録してリーグ14位に浮上したニューカッスルは、ここからさらに巻き返すことができるのか。ここまで1ゴールに留まっている武藤嘉紀の奮起とともに、今後の躍進が期待されるところだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.27 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルFW武藤嘉紀の独占インタビューが「DAZN」で配信…移籍やプレミアリーグを語る

▽スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」では、22日(木)よりニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀の独占インタビュー「POINT OF NO RETURN」の配信を開始した。 ▽日本代表としても活躍し、ロシア・ワールドカップにも出場した武藤。今シーズンは、初めて海外挑戦を果たしたブンデスリーガのマインツから、プレミアリーグのニューカッスルへと移籍。新たな挑戦をスタートさせている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">DAZNが武藤嘉紀に迫る!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽開幕から途中出場を続けた武藤は、第8節のマンチェスター・ユナイテッド戦で初先発すると、0-1で迎えた10分にプレミアリーグ初ゴールを記録。その後も試合に出場し続けている。 ▽「POINT OF NO RETURN」では、プレミアリーグの印象や初ゴールを記録したユナイテッド戦、さらにはニューカッスルへの移籍やサッカー観について武藤が語っている。今回は一部を抜粋して紹介する。 <div class='news-inner-video' style='display:none;text-align:center;' data-name='dazn_lite_video_20181123' data-src='https://d00030400.gamecity.ne.jp/cws/lite/ad/20181123_dazn/DAZN_Muto_PONR_30sec2.mp4?1' data-poster='https://d00030400.gamecity.ne.jp/cws/lite/ad/20181123_dazn/DAZN_Muto_PONR_30sec2.png?1' data-href='https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innewsvideo_muto'></div> ──マンチェスター・ユナイテッド戦でのプレミアリーグ初ゴールについて 「もう喜びすぎてあんまりゴールの瞬間を覚えていないんですよね。体が勝手に反応したというか、やっぱり危機的状況にあったから。自分も8試合目でやっと回ってきたスタメンのチャンス。これを逃したら今シーズン僕にチャンスは回ってこないと思っていたのでかなり危機的状況だった。それに自分の本能が勝手に体を動かしたんじゃないかって思っています」 「やっぱり普通のゲームとは違いました。それは試合が終わったあとに感じた。日本代表で初めて点を取ったあとぐらい色々な方からメールをいただきました。そのぐらいやっぱりすごいことだったんだなって感じました。でも自分にとっては単なる一試合。もちろんここで点を取ったら世界が注目している。モウリーニョも解任かというときだったので。ここで決めれば世界が武藤という選手に注目してくれる。もう高ぶりに高ぶっていました。だけど、それで体が固くなるというより、内側が熱く外側はクールにっていうのを体現できたのかな」 「やっぱりそれは色んな舞台を経験してきたから。逆にいうと気持ちが入りすぎてW杯とかは内側も熱く、外側も固くなってしまっていて、それに自分でも失望しました。そういう経験があったからこそ、あの時自分らしいプレーができたのかなと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181123_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ──プレミアリーグとブンデスリーガの違い 「(プレミアリーグは)まずファールを取らない。ドイツで学んだのは倒れろ。こっちでは、けがもするし、ファールももらえない。ドイツではゴールで近い位置でのファールももらえたんですけど、こっちではそれもファールにならないし。(ベニテス)監督も会見で言っていてそこは直ぐに変えないといけないと思いました」 「(プレミアリーグの選手は)強い。そんなに大差があるわけではないんですけど。でもほんの少しプレミアリーグの方がスピードとフィジカルは、より高いのかなというふうには感じていますね」 ──プレミアリーグについて 「やっぱりドイツでやっていて、ブンデスリーガも世界最高峰だと思いますけど、選手も話すんですよね、プレミアに行きたいとか。金いいだろとか。僕もみんなに言われました。でもそうじゃなくて、ブンデスリーガの選手でも行きたい。色んな世界中の人が見ているじゃないですかプレミアリーグを。あそこでプレーしたらどれだけワクワクするんだろうって気持ちもあったし。ドイツで3年間やって、何かしら安心感が出ちゃっている。ポジションも取れるだろう。自分は試合に出られるって思ってしまうところがあって。だからこそ自分が厳しい環境に身を置かないといけない。そうじゃないと成長できないなって思ったので決意しましたね」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181123_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ──ニューカッスルへの移籍について 「一度昨シーズンの冬にもオファーがあって。でもその時はマインツも状況が悪くて絶対に無理だというふうになって進まなかったんですけど、マインツを残留させることが成功したので気持ち的にも完全に頭が切り替わったというか」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">独占インタビューの全容は「DAZN」で!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.11.23 14:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース