大分の連勝は「4」でストップ…横浜FCとドローで首位浮上ならず《J2》2018.04.15 17:25 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J2リーグ第9節の8試合が15日に行われた。

▽2位の大分トリニータは、10位につける横浜FCのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。

▽前半は、イバをターゲットにしてシンプルに攻撃する横浜FCが優勢に試合を進行。26分には、中里がボックス内で倒されてPKを獲得し、キッカーのイバがGK高木に触られながらもネットを揺らした。

▽リードを得て試合を折り返した横浜FCだったが、後半に入ると大分が巻き返す。53分、馬場からのパスを受けた星が、中央に折り返す。ファーに流れた松本が右足で蹴り込み、スコアをイーブンに戻した。

▽再び盛り返したい横浜FCは、68分にチャンスを迎える。レアンドロ・ドミンゲスがドリブルで長い距離を駆け上がり、途中出場のジョン・チュングンにスルーパスを通す。そこからイバを経由し、ボックス左の佐藤にボールが渡る。しかし、佐藤が放ったシュートはGK高木に阻まれた。

▽その後も一進一退の攻防が続いたが、最後の場面で両GKが立ちはだかり、スコアは動かず。結局、1-1のスコアのまま終了の笛を聞くこととなった。この結果、大分の連勝は「4」でストップすることに。対する横浜FCは、4戦勝ちなしとなっている。

◆明治安田生命J2リーグ第9節 結果
▽4/15(日)
ロアッソ熊本 0-0 東京ヴェルディ
モンテディオ山形 1-0 京都サンガF.C.
FC岐阜 0-0 徳島ヴォルティス
栃木SC 2-1 アルビレックス新潟
水戸ホーリーホック 1-0 ツエーゲン金沢
大分トリニータ 1-1 横浜FC
カマタマーレ讃岐 1-1 愛媛FC
ジェフユナイテッド千葉 3-2 FC町田ゼルビア

▽4/14(土)
ヴァンフォーレ甲府 0-1 松本山雅FC
アビスパ福岡 2-0 レノファ山口FC
大宮アルディージャ 1-1 ファジアーノ岡山

コメント

関連ニュース

thumb

大宮のMF金澤慎、GK加藤有輝が負傷…ともに19日のトレーニング中

▽大宮アルディージャは24日、MF金澤慎、GK加藤有輝の負傷を発表した。 ▽金澤は、19日のトレーニングで負傷。右下腿部肉離れと診断され、全治は約6週間とのことだ。加藤有は、金澤と同じ19日のトレーニング中に負傷。右肩関節脱臼と診断され、全治は約5カ月とのことだ。 ▽金澤と加藤有は、ともに今シーズンの公式戦に出場していなかった。 2018.04.24 16:13 Tue
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】日曜のJ2取材は町田で多くの新鮮な発見

▽22日は、J2のFC町田ゼルビアvsレノファ山口FCの試合を取材した。今シーズンから山口の監督に就任した霜田正浩氏は旧知の間柄ながら、なかなか山口まで取材に行くことは難しい。そこで町田ならと取材を思い立った。 ▽カードとしても上位争いをしている2チームだけに悪くはない。といったところで、ヴァイッド・ハリルホジッチ元監督が来日し、27日に記者会見を開くという。霜田氏は技術委員時代にハリルホジッチ元監督を招へいした当事者だ。このためJ2にしては異例とも言えるスポーツ紙の記者が集結した。誰もがハリルホジッチ元監督について霜田監督からコメントを引き出したかったのだろう。 ▽残念ながら試合後の記者会見では、町田の広報から「質問は今日の試合に関してのみお願いします」というガードがあり、帰り際に「ハリルとは電話で話しました」と聞くのが限界だった。 ▽さて、町田である。埼玉に近い板橋区から車で約2時間弱。やはり遠い。中央高速の府中インターまで、空いていれば40分もかからないが、インターを降りてからの一般道が長い。一度、神奈川県に入り、再び東京都に入る。電車なら小田急線の鶴川駅からバスかタクシーと、アクセスに悩まされるスタジアムでもある。 ▽しかしながら時間に余裕を持って到着したため、町田名物のピリ辛と甘い豚角煮のトッピングされた「YASS(ヤッス)カレー」を堪能した。2012年のJリーグ・スタジアムグルメ大賞に輝いた一品だ。そして晴天のグルメ広場では、カレーを食べながら特設ステージで地元・町田出身の7人組のコーラスグループ、『Machida Girls′Choir(まちだガールズクワイア)』の歌声も楽しめた。オリジナル曲もあれば、懐かしいキャンディーズや松田聖子の歌もある。 ▽ステージ後方では町田のユニホームを着た男性サポーターが熱い声援を送り、ステージ終了後はグッズを購入したファンと記念撮影に興じている。これはこれで、町田にJリーグが根付いていることを感じたし、関係者の努力の賜物でもあるだろう。 ▽試合は前半の町田の猛攻をしのいだ山口が先制。しかし後半立ち上がりに町田のFW杉森考起が同点弾を冷静に決める。しかし山口は後半25分にPKから再びリードを奪い、その後の町田の猛攻を跳ね返して2-1の勝利を収めた。 ▽といったところで、町田の同点ゴールを決めた杉森の名前を覚えているファンは少ないのではないだろうか。名古屋グランパスの下部組織出身で、17歳でプロ契約を結んだのはクラブ史上初。それよりも、14年ブラジル・ワールドカップ(W杯)でトレーニーとして参加した選手と紹介した方が「ああ、そんな選手もいたね」と思い出すかもしれない。 ▽ブラジルW杯では坂井大将(現アルビレックス新潟)とともにトレーニングパートナーに選ばれ、大会直前合宿から本大会まで帯同。イトゥーのキャンプ地では紅白戦要員に借り出されたり、チームの全体練習終了後は霜田技術委員とマンツーマンで指導を受けたりしていた。 ▽W杯のトレーニングパートナーに選ばれるのだから、将来を嘱望された選手でもあるだろう。しかし彼らがその後、アンダーカテゴリーの代表チームに名を連ねたものの、日本代表の一員になることはなく現在に至っている。ここらあたりもサッカーというチームスポーツの難しさかもしれない。指導者との出会い、チームとの出会いで環境は激変するからだ。 ▽霜田監督に会うのが目的の取材だったが、現場には様々な驚きや新鮮な発見がある。やはり試合はライブで見るに限る。そう、改めて感じたJ2取材の日曜日だった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.04.24 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

徳島DF広瀬陸斗が入籍 「責任感を持ち成長していきたい」

▽徳島ヴォルティスは23日、DF広瀬陸斗(22)の入籍を発表した。 ▽広瀬は、2014年の水戸ホーリーホック入団を経て、2015年から徳島でプレー。今シーズンはケガの影響もあり、ここまで出番がない。 ▽入籍発表を受け、広瀬はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「このたび、4月に入籍致しました。より一層、プロサッカー選手として、人間として責任感を持ち成長していきたいと思います。現在は怪我で離脱中ですが、しっかり怪我を治してまた皆さんの前で元気な姿を見せられるように、そしてチームに貢献出来るように頑張ります。引き続き、応援よろしくお願い致します」 2018.04.23 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】鹿島DF昌子やG大阪DFファビオらが出場停止

▽Jリーグは23日、明治安田生命J1リーグ第10節、明治安田生命J2リーグ第11節、明治安田生命J3リーグ第8節の出場停止選手を発表した。 ▽今回J1で出場停止となるのは、川崎フロンターレ戦で退場となった鹿島アントラーズDF昌子源に加え、いずれも累積警告によって名古屋グランパスMFワシントン、ガンバ大阪DFファビオ、サガン鳥栖DFチョン・スンヒョン(鄭昇炫)の4選手。 ▽また、J2では水戸ホーリーホックDF福井諒司、栃木SCのDF菅和範、同MFヘニキ、ロアッソ熊本のMF中山雄登の4選手。先週末試合がなかったJ3ではすでに発表された3選手が出場停止となる。今回発表されたJリーグ出場停止選手は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ第10節 vsヴィッセル神戸(4/25) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFワシントン</span>(名古屋グランパス) 明治安田生命J1リーグ第10節 vs清水エスパルス(4/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DFファビオ</span>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ第10節 vs湘南ベルマーレ(4/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DFチョン・スンヒョン(鄭昇炫)</span>(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ第10節 vs川崎フロンターレ(4/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF福井諒司</span>(水戸ホーリーホック) 明治安田生命J2リーグ第11節 vs京都サンガF.C.(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF菅和範</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsモンテディオ山形(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFヘニキ</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsモンテディオ山形(4/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF中山雄登</span>(ロアッソ熊本) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsファジアーノ岡山(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF藤原拓也</span>(アスルクラロ沼津) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsガイナーレ鳥取(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWレオナルド</span>(ガイナーレ鳥取) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsアスルクラロ沼津(4/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FW安藤瑞季</span>(セレッソ大阪U-23) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsAC長野パルセイロ(4/28) 今回の停止:1試合停止 2018.04.23 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

苦戦続く大宮が異例の声明…「「ONE」勝利のために、熱いご声援で選手への後押しを」

▽大宮アルディージャは23日、「ファン・サポーターの皆さまへ」と題し声明を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽昨シーズンは明治安田生命J1リーグで最下位に終わり、J2へと降格した大宮。今シーズンは優勝候補にも挙げられながら、ここまで3勝2分け5敗で15位に位置している。 ▽開幕戦こそ、同じ降格組のヴァンフォーレ甲府に勝利するも、その後の4試合未勝利。第6節のアビスパ福岡戦で2勝目を上げるも、3戦未勝利となっていた。また、22日に行われたアルビレックス新潟戦では、今シーズン初となるアウェイ白星&無失点試合を達成。アウェイでの勝利は、昨年6月のサンフレッチェ広島戦以来となっていた。 ▽クラブは、森正志代表取締役社長の声明を発表。厳しい戦いが続く中で、今シーズンのチームスローガンでもある「ONE」を掲げ、チームとして結果求めていくと誓った。 「いつも大宮アルディージャに熱いご声援を頂戴し、誠にありがとうございます。明治安田生命J2リーグは昨日の試合で開幕から10節を終了いたしました。今シーズンもファン・サポーターの皆さまにはチームに対して多大なるご声援、ご期待をいただいているにも関わらず、結果につなげることができず、ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。10節を終えたこのタイミングで、クラブからファン・サポーターの皆さまにチームの現状と今後についてご説明させていただきたいと存じます」 「まずは昨日も遠方のアウェイゲームにも関わらず、多くのファン・サポーターの皆さまには新潟の地で熱く選手たちを後押ししていただき、久しぶりにアウェイで勝利することができました。クラブを代表して心より御礼申し上げます」 「この結果、明治安田生命J2リーグ10節終了時点で3勝2分5敗勝点11、15位という状況にあります。チームの掲げた優勝してJ1復帰という目標からは大変厳しい状況が続いております。この状況はクラブとしても強く認識しており、石井監督をはじめチームスタッフ、選手、また強化スタッフは勝利のため日々考え、チームとしての連携や戦術を成長、成熟させるべく、チーム一丸となってトレーニング内容などを工夫し次の試合に向け集中したトレーニングをしております。詳しい取り組みの内容は、戦術に関わることもありお話できませんが、その取り組みは練習や試合の中で徐々に積み重ねられており、結果につながっていくことと信じています。昨日の試合では結果だけでなく内容面での成長、成熟が感じられるシーンが見られましたが、まだまだ改善されなければならないポイントはあります。さらなる努力を続けこの兆しを結果という確かな形にしていかなければならないと考えております」 「今シーズンを迎えるにあたり、前回戦った2015年のJ2リーグよりレベルは上がっており決して簡単では無いということは想定していましたが、10試合を戦い改めてその厳しさを感じているところではあります。しかし、今後チームの連携面での成長・成熟をより進め、チームとクラブが、ファン・サポーターの皆さま、ご支援いただいている皆さまと一つになり、一試合一試合を必死に戦うことで、今後勝点を積み上げ、必ずや上位に追いついていけるものと信じております。私はクラブの代表として、残りリーグ戦32試合、J2リーグ優勝という目標達成に向け、石井監督、選手、スタッフを様々な面でしっかり支えていく所存です」 「昨日の勝利をしっかり次につなげることが大切であるということは言うまでもありません。次節は4月28日の明治安田生命J2リーグ 東京ヴェルディとのホームゲームとなります。どうか皆さまNACK5スタジアム大宮にて「ONE」勝利のために、熱いご声援で選手への後押しを心よりお願いいたします」 ▽なお、大宮は28日に行われる第11節で、今シーズン無敗の東京ヴェルディをホームに迎える。 2018.04.23 12:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース