今季プレミア昇格第1号はウルブス! 2011-12以来の復帰に《チャンピオンシップ》2018.04.15 15:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部)第43節のフルアムvsブレントフォードが14日に行われ、1-1のドローに終わった。この結果、残り3試合となった3位フルアム(勝ち点82)と勝ち点10差が付いた首位ウォルバーハンプトン(勝ち点92)のプレミアリーグ昇格が決定した。▽2011-12シーズンにプレミアリーグ最下位でチャンピオンシップ降格となったウルブス(ウォルバーハンプトンの愛称)は、その翌シーズンにはチャンピオンシップを23位で終えて2シーズン連続の降格で一時3部にあたるフットボールリーグ1に転落。それでも、2013-14シーズンを首位で終えて1年でのチャンピオンシップ復帰を果たした。

▽その後の3シーズンでは7位、14位、15位と中位に甘んじていたものの、2016年に中国の民営投資会社『復星集団』による買収が行われると、ビジネスパートナーである世界屈指の代理人ジョルジュ・メンデス氏のつてを生かして、今季からバレンシアやポルトを率いたヌーノ・エスピリサント新監督を招へい。さらにポルトガル代表MFルーベン・ネヴェスやFWジオゴ・ジョッタ、FWベニク・アフォベらMFアルフレド・エンディアイエなど積極補強を敢行し、今季ここまで28勝6敗8分けという堂々の数字で2011-12以来のプレミア復帰を果たした。

▽なお、15日にホームでのバーミンガム戦を控えるウルブスは同節での勝利でチャンピオンシップ優勝に王手をかけることになる。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー新指揮官候補にウルブズ監督が浮上

ウォルバーハンプトンを率いるヌーノ・エスピリト・サント監督(45)が、チェルシーの新たな指揮官候補に浮上している。『ミラー』が報じた。 往々にして、チェルシーの指揮官問題はほぼ毎シーズン訪れる。今季から指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督も例外ではなく、イタリアで功績を上げた緻密な戦略家もプレミアリーグへの順応に苦しみ、現在逆境に立たされている。 今季開幕から公式戦18試合無敗というこの上ないスタートを切ったチェルシーだが、昨年末あたりから陰りを見せ始め、今年に入ったリーグ戦では、アウェイで1勝しか挙げられず、順位も6位に落としてしまった。 ファンやサポーターからの批判も多く、サッリ監督のスタイルを否定する声もチラホラ。そんな中ではやはり監督交代の噂が出てくるのも当然で、これまでにユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督や、レアル・マドリーに再任したジネディーヌ・ジダン監督の名前が候補に挙がっていた。 そして今回、新たな候補として浮上したのがヌーノ監督だ。2012年に母国のリオ・アヴェで監督業をスタートさせたポルトガル人指揮官は、2014年夏に就任したバレンシアでは1年目にリーグ4位に導いた。2016年夏から1年間ポルトで指揮を執った後、ウルブズには2017年夏に就任。そのシーズンにチームをチャンピオンシップ(イングランド2部相当)優勝に導き、7シーズンぶりにプレミアリーグ復帰を果たした。 その手腕はプレミアでも通用し、30試合を終えた時点で現在リーグ7位。昨年9月には月間最優秀監督賞を初受賞した。今回噂が上がっているチェルシーとは、第15節のホーム戦では2-1で勝利。今月10日に行われた第30節では、最後の最後に追いつかれたもののアウェイ戦で1-1という試合を演じた。 確かな手腕を発揮するヌーノ監督。チェルシーは、サッリ監督がリーグ4位以内もしくはヨーロッパリーグ優勝という結果を残せなければ、1年で解任する可能性があるが、来季は誰がベンチに座っているのだろうか。 2019.03.22 15:58 Fri
twitterfacebook
thumb

FAカップ準決勝の対戦カード決定! シーズン4冠目指すマン・シティの相手は?

FAカップ準決勝の組み合わせ抽選が17日に行われ、シーズン4冠を目指すマンチェスター・シティの対戦相手がブライトン&ホーヴ・アルビオンに決定した。 今週末に行われた準々決勝では優勝候補筆頭のシティがチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーと対戦。格下相手に2点を先行される厳しい展開を強いられるも、微妙な2つの判定にも助けられて3-2の逆転勝利を飾った。 対するブライトンはシティと同様にチャンピオンシップのミルウォールと対戦。こちらも格下相手に2点を先行されたが、88分と後半アディショナルタイムの連続ゴールで追いつき延長戦に持ち込むと、最終的にPK戦を5-4で制して逆転突破を決めている。 また、もう1つの準決勝のカードは絶好調のマンチェスター・ユナイテッドを破る番狂わせを起こしたウォルバーハンプトンと、クリスタル・パレスとの接戦をモノにしたワトフォードに決定。 なお、準決勝の2試合は4月6日と7日にいずれもウェンブリー・スタジアムで行われる予定だ。 ◆FAカップ準決勝 ▽4/6.7 マンチェスター・シティ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン ワトフォード vs ウォルバーハンプトン 2019.03.18 02:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルブズが11年ぶり準決勝進! 敗れたユナイテッドはスールシャール体制初の連敗《FAカップ》

マンチェスター・ユナイテッドは16日、FAカップ準々決勝でウォルバーハンプトンと対戦し、1-2で敗れた。 スールシャール暫定監督の下、好調を続けるユナイテッド。先日のチャンピオンズリーグではフランス王者パリ・サンジェルマン相手に敵地でのセカンドレグで奇跡の逆転突破を決めた。ところが、直近のアーセナル戦では0-2で敗れ、スールシャール体制下初のリーグ戦黒星を喫した。 その敗戦を引きずりたくない今回のウルブズ戦。主なスタメンは、GKロメロ、右サイドバックにダロト、中盤はポグバ、エレーラ、マティッチ、前線3枚はラッシュフォード、マルシャル、リンガードとなり、マルシャルは先月2日のフルアム戦以来の先発出場となった。 互いに慎重な入りを見せた試合のファーストシュートは10分に生まれる。ボックス手前右から打ったシュートは左に外れたが、13分にもラッシュフォードがミドルシュートを放ったユナイテッドがリズムを作り始める。 一方、ウルブズは28分、右CKのサインプレーからルベン・ネヴェスがボックス手前からシュート。ゴール前を固めるユナイテッド守備陣の間を縫って枠に飛んだが、GKロメロにキャッチされた。 その後はやや膠着状態が続いたが、42分のユナイテッドのCKの場面で、ボールを奪ったウルブズがカウンターを発動。センターサークルからのネヴェスのスルーパスを受けたジョッタが絶好のゴールチャンスを迎えたが、シュートはGKロメロにブロックされた。 ゴールレスで迎えた後半、いきなりユナイテッドにチャンスが訪れる。46分、ダロトのパスを受けたラッシュフォードがドリブルでボックス右に侵攻。右足でシュートを放ったが、枠を外れる結果に。 前半からのシュート数では勝っているウルブズ。だが、立ちはだかるのはGKロメロ。54分に右CKをヒメネスが頭で合わせ枠に飛ばしたが、ロメロがファインセーブ。58分のコウチーニョの強烈なミドルシュートもロメロの守備範囲だった。 そんなロメロの牙城を崩したのは70分のことだった。右サイドからのクロスが撥ね返されたウルブズは逆サイドのコウチーニョから一旦攻撃を仕切り直す。コウチーニョは、ユナイテッドが守備を固めるボックス内にドリブルで飛び込み、DFを引き付けてヒメネスに送る。ヒメネスも相手に囲まれながらも粘り強くボールをキープ。そして、素早く反転して強引にシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さり、ウルブズが試合を動かした。 歓喜に沸くモリニュー・スタジアム。さらにその6分後、スタジアムは更なる歓声に包まれた。76分のユナイテッドのCKの場面。跳ね返したウルブズはジョッタがセンターサークルからドリブルで持ち上がると、最後はショーのチェックを振り切ってボックス左からゴールを決めた。 絶体絶命となったユナイテッドは86分にマタとマクトミネイを同時投入。5分の後半アディショナルタイムの中でラッシュフォードが1点を返したが、焼け石に水。試合は2-1でウルブズが制し1997-98シーズン以来の準決勝進出。ユナイテッドはスールシャール体制下初の公式戦連敗を喫した。 2019.03.17 06:51 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、アザールの後半AT弾でウルブス相手のシーズンダブル逃れるもホームで痛恨のドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第30節、チェルシーvsウォルバーハンプトンが10日にスタンフォード・ブリッジで行われ、1-1のドローに終わった。 トッテナム、フルアムとのダービーで連勝を飾り上位との勝ち点差を詰めてきた1試合未消化の6位チェルシー。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16初戦でもホームでディナモ・キエフに3-0で快勝。そのディナモ・キエフ戦で温存したアザールやイグアイン、カンテらを復帰させて臨んだ今節は、前回対戦で敗れた7位のウォルバーハンプトンをホームで迎え撃った。 守備時に5バックで守るアウェイのウルブスに対していつも通りボールを保持しながら相手を押し込んでいくチェルシー。序盤はアスピリクエタの攻撃参加を生かしながら右サイドから幾度かチャンスボールをゴール前に供給していくが、イグアインのフィニッシュがことごとく相手守備陣のブロックに遭うなど決定機には至らない。 その後も守備的なアウェイチームを前に圧倒的なボール支配率を見せるホームチームだったが、自陣深くでブロックを構える相手の堅守に完全に攻めあぐねてしまう。なかなかフィニッシュまで持ち込めない中、幾度かネヴェスを起点としたロングカウンターに晒されるが、ここはDFダビド・ルイスを中心に冷静な対処を見せ、決定機を作らせない。 結局、ゴールレスで折り返した試合は後半も大きな変化はなし。前半同様にチェルシーが相手陣内で手数をかけた攻撃を続けるが、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。すると56分、相手のカウンターの場面で守備の人数はいたものの、ラウール・ヒメネスとジョッタの2トップのコンビプレーでボックス内まで運ばれると、ヒメネスに浮き球のシュートを決められて痛恨の先制点を献上した。 ホームで先制を許す厳しい状況に陥ったチェルシーはコバチッチ、ペドロ、ジョルジーニョに代えてロフタス=チーク、ハドソン=オドイ、ウィリアンと続けて攻撃的なカードを切っていく。この交代で中盤の底にロフタス=チーク、カンテを置き2列目に右からハドソン=オドイ、アザール、ウィリアンを置く攻撃的な[4-2-3-1]の布陣に変更。 ここから猛攻を仕掛けていくが、きっちり中央を締める相手に対してアザールやハドソン=オドイが仕掛けるスペースがなくセットプレー以外でなかなかシュートまで持ち込めない。87分にはウィリアンが強烈なシュートを枠の右隅へ飛ばすが、相手GKルイ・パトリシオの好守に阻まれる。 このままウルブスにシーズンダブルを許すと思われたチェルシーだったが、最後の最後にエースがチームを救う。92分、左CKの場面でショートコーナーでウィリアンからボックス手前左でパスを受けたアザールがカットインから右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール前の密集を抜けてゴール右下隅の完璧なコースに決まり、ホームチームが土壇場で追いついた。 しかし、追いついたホームチームに逆転するまでの時間は残っておらず、ウルブス相手のシーズンダブルこそ逃れたチェルシーだが、ホームで勝ち点1奪取にとどまる痛恨の勝ち点逸となった。 2019.03.11 01:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルブスのモロッコ代表MFサイスが2021年まで契約延長

ウォルバーハンプトンは21日、モロッコ代表MFロマン・サイス(28)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 フランス出身の守備的MF兼センターバックであるサイスは、2016年8月にアンジェからウルブスに加入。ウルブスではこれまで公式戦87試合に出場して6ゴール2アシストを記録。昨季は主力としてプレミアリーグ昇格に貢献していた。そして今季はここまでプレミアリーグ13試合に出場して2ゴールを挙げている。 モロッコ代表としてはこれまで30試合に出場し、ロシア・ワールドカップでは2試合に出場していた。 プレミアリーグで現在7位と好位置に付けるウルブスでは今月、主力のアイルランド代表DFマット・ドハーティ、イングランド人DFコナー・コーディとも契約を更新していた。 2019.02.21 23:30 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース