今季プレミア昇格第1号はウルブス! 2011-12以来の復帰に《チャンピオンシップ》2018.04.15 15:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部)第43節のフルアムvsブレントフォードが14日に行われ、1-1のドローに終わった。この結果、残り3試合となった3位フルアム(勝ち点82)と勝ち点10差が付いた首位ウォルバーハンプトン(勝ち点92)のプレミアリーグ昇格が決定した。

▽2011-12シーズンにプレミアリーグ最下位でチャンピオンシップ降格となったウルブス(ウォルバーハンプトンの愛称)は、その翌シーズンにはチャンピオンシップを23位で終えて2シーズン連続の降格で一時3部にあたるフットボールリーグ1に転落。それでも、2013-14シーズンを首位で終えて1年でのチャンピオンシップ復帰を果たした。

▽その後の3シーズンでは7位、14位、15位と中位に甘んじていたものの、2016年に中国の民営投資会社『復星集団』による買収が行われると、ビジネスパートナーである世界屈指の代理人ジョルジュ・メンデス氏のつてを生かして、今季からバレンシアやポルトを率いたヌーノ・エスピリサント新監督を招へい。さらにポルトガル代表MFルーベン・ネヴェスやFWジオゴ・ジョッタ、FWベニク・アフォベらMFアルフレド・エンディアイエなど積極補強を敢行し、今季ここまで28勝6敗8分けという堂々の数字で2011-12以来のプレミア復帰を果たした。

▽なお、15日にホームでのバーミンガム戦を控えるウルブスは同節での勝利でチャンピオンシップ優勝に王手をかけることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア昇格のウルブス、今夏ウィルシャーをフリーで獲得か

▽来季のプレミアリーグ昇格を決めているウォルバーハンプトンが、アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)の獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽現在チャンピオンシップ(イングランド2部相当)でトップを走り、来季のプレミアリーグ昇格を決めているウルブス。2011-12シーズンぶりのプレミアで戦えるチームを構成するために、まずは今季限りでアーセナルとの契約が切れるウィルシャーを狙いに行くようだ。 ▽これまで伝えられているところでは、ウィルシャーに対してアーセナル側は減俸の新契約を提示したとされており、さすがに選手も合意は渋っている様子だった。しかし、イギリス『インデペンデント』の最新の報道によれば、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は契約延長に自信を持っている様子だ。 「我々は彼に留まって欲しいと思っている。オファーは長期契約になるだろう。彼がサインしてくれることを願っているよ」 「選手に居てもらうためにはクラブは適した態度を取らなければならない。我々は上手くやっていると思うよ」 ▽このように語るヴェンゲル監督だが、果たしてウィルシャーは新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。 2018.04.19 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがウルブスからルベン・ネヴェス獲得か! 代わってタリスカがウルブスへ?

▽リバプールがポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(21)の獲得に動いているようだ。イギリス『エクスプレス』がポルトガル人著名ジャーナリストのレポートを引用して伝えている。 ▽ポルトの下部組織出身のネヴェスは、2014年に17歳の若さでトップチームデビュー。2015-16シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節のマッカビ・テルアビブ戦で大会史上最年少記録となる18歳と221日でキャプテンマークを巻くなど、同クラブの今後を背負って立つ逸材として知られていた。 ▽しかし、ポルトがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触する恐れに直面して昨夏、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のウォルバーハンプトンにクラブ史上最高額の1580万ポンド(約24億1000万円)で完全移籍。今季はバレンシアやポルトを率いたヌーノ・エスピリト・サント新監督の下、ここまでのリーグ戦39試合に出場し6ゴールを記録するなど、現在チャンピオンシップ首位ですでにプレミアリーグ復帰を決めたウルブスの主力として活躍している。 ▽ポルトガル人著名ジャーナリストのマーカス・アウベス氏は17日、自身のSNSを通じてポルト時代からネヴェスの獲得に関心を示してきたリバプールが今夏の移籍市場で同選手の獲得に動いていると主張。今季限りでの退団が濃厚なドイツ代表MFエムレ・ジャンの後釜としてリストアップしているようだ。 ▽ウルブスとしては来シーズンのプレミア復帰に向けてネヴェスの流出を避けたい構えだが、すでに同選手の後釜としてベンフィカからベシクタシュにレンタル移籍中のブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)をリストアップしている模様だ。 ▽なお、ネヴェスの代理人は世界屈指の代理人ジョルジュ・メンデス氏が務めている。そして、同氏は2016年に中国の民営投資会社『復星集団』がウルブスを買収した際に手引きを行ったビジネスパートナーでもあり、同選手の移籍において主導権を握っている。 2018.04.19 00:01 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース