元浦和指揮官のブッフバルト氏がHSVのFW伊藤達哉に太鼓判「W杯に行くチャンスがある」2018.04.15 12:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつては浦和レッズで選手、監督として活躍した元ドイツ代表DFギド・ブッフバルト氏が、評価を上げているU-21日本代表FW伊藤達哉について語った。ドイツ『ビルト』が報じた。

▽今シーズン、ハンブルガーSVでブンデスリーガデビューを果たした伊藤。小柄ながら、切れ味鋭いドリブルで攻撃にアクセントをつけ、“リオネル・イトウ”とファンから賞賛されるほどだ。

▽ハンブルガーSVはクラブ史上初の2部降格が迫っているが、評価を高める伊藤は日本代表入りの可能性があるとのこと。ブッフバルト氏も伊藤がワールドカップに出場する可能性は現実的であると語った。

「タツヤはワールドカップに行くチャンスを得ることができると思う」

「ワールドカップでは、一対一を仕掛ける彼の戦い方は武器になる。イトウのような選手は、すべてのチームが必要とする」

▽伊藤は、今シーズンのブンデスリーガで16試合に出場。ここ2試合は先発出場を果たしており、残り4試合で初ゴールが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

豪メディアが本田圭佑のAリーグ加入に期待「決まればデル・ピエロ以来のビッグネーム」

パチューカを退団し、次の所属先が未定となっている日本代表MF本田圭佑。同選手の新天地は、オーストラリアになる可能性が高まっているようだ。<br><br>オーストラリアのAリーグは集客力の向上のため、サラリーキャップ制の制限を受けずに年俸を設定できる、マーキープレーヤー(marquee player)を各クラブ1人獲得可能となっている。この枠を適用してAリーグ側は本田圭佑の獲得に動いていていたことは以前から報じられていた。地元メディア『ROAR』によると、メルボルン・ビクトリーが本田の獲得に向けて動いており、マーキープレーヤーとして迎え入れるべく接触しているという。<br><br>記事では「ビクトリーが本田と契約を結ぶことができれば、アレッサンドロ・デル・ピエロがシドニーFCと契約を結んだ2012年以来のビッグネームとなるだろう」と紹介し、本田のAリーグ挑戦に期待を寄せている。<br><br>ロシア・ワールドカップ終了後、本田は「次のW杯はない」と代表引退を示唆。その後、次なる所属先は未定のままで、自身の去就について明言はしていないが、オーストラリアに新天地を求める可能性は十分にあるものとみられる。<br><br>だが、本田は昨年、突如リーガMXのパチューカと契約を結んでサッカー界を驚かせただけに、全くノーマークの&ldquo;サプライズ発表&rdquo;を再びチョイスする展開もありそうだ。果たして本田圭佑は新シーズン、どのユニフォームを身にまとうのか、引き続きその動向が注目される。<br><br>提供:goal.com 2018.07.20 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の新天地、現時点で豪有力 現地メディア報道

▽日本代表FW本田圭佑(32)のオーストラリア行きが決定的な様相だ。オーストラリア『Sydney Morning Herald』が報じた。 ▽本田は代理人を通して、ここ数カ月間にわたってメルボルン・ビクトリーと交渉。あとは、数百万ドルのマーキープレーヤー契約が結べるかどうかを残すのみだという。 ▽そのため、本田の代理人は、並行してオーストラリアサッカー協会とも会談。メルボルン・ビクトリーに獲得資金の補助を認めるよう交渉を行っているとみられる。 ▽本田は今年6月に契約満了に伴い、パチューカを退団。代表キャリアの集大成に位置付けたロシア・ワールドカップ(W杯)が終わり、今後の動向に注目が集まっている。 2018.07.20 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀にニューカッスル&ウェストハム関心か マインツSDは早期決着求む

▽マインツは、日本代表FW武藤嘉紀(26)に早期の去就決着を求めているようだ。ドイツ『LigaInsider』が『ビルト』の情報をもとに伝えた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いが終わり、今夏の去就に注目が集まる武藤。マインツとの契約は、2019年6月30日までとなっている。伝えられるところによれば、プレミアリーグのニューカッスルとウェストハムの2クラブが関心を示しているという。 ▽マインツでスポーツディレクターを務めるルーベン・シュレーダー氏は、「W杯が終わるまで、彼らはテレビの前に座っていた。ヨシと代理人は、早く決断してほしいという我々の希望を理解している」と話したという。 ▽以前から将来的なプレミアリーグ行きを希望しているとみられてきた武藤。果たして、その願いは叶うのだろうか。 2018.07.18 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター地元紙が岡崎慎司のW杯を総評…中でもセネガル戦の働きを絶賛「これが我々のシンジだ」

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティの地元メディア『レスターシャー・ライブ』は、ロシア・ワールドカップに出場した所属選手の活躍を総評した。<br><br>6月14日に開幕し、1カ月にわたり全64試合が行われた今夏のワールドカップ。多くの名勝負が繰り広げられた今大会にレスターからは、岡崎をはじめイングランド代表のベスト4進出に貢献したハリー・マグワイア、ジェイミー・ヴァーディ、デンマーク代表のカスパー・シュマイケルら10選手が出場した。<br><br>その中で同メディアは、10選手それぞれの総評と将来的な展望について解説。日本代表のノックアウトステージ進出に貢献した岡崎に対して、グループリーグ2戦目のセネガル代表戦での同点ゴール時の働きを高く評価した。<br><br>日本代表の9番を背負って今大会をプレーした岡崎について「シーズン終盤の数試合にケガにより欠場し、ワールドカップ出場が危ぶまれていたシンジ・オカザキだったが、初戦と2戦目には途中交代で出場した」とコンディション不良を乗り越えてワールドカップの舞台に立ったと言及。<br><br>続けて「セネガル戦では、ゴールキーパーに倒されても瞬時にこぼれ球に反応して身体を投げ出し、ケイスケ・ホンダの同点ゴールを演出する重要な役割を演じた」と評価。そして「これが我々のシンジだ」とワールドカップでもリーグ戦同様に献身的なプレーを見せた同選手を称賛した。<br><br>3試合目には先発で出場するも負傷により途中交代し、大逆転負けを喫したベルギー代表とのラウンド16には出場しなかった岡崎の今後に対して、同メディアは「新加入のジェームス・マディソンとともに(クロード)ピュエルのプランに入っている。彼がこれからもチームへの献身を望むなら、オカザキはこれ彼も君たちの選手だ」と締めくくった。<br><br>提供:goal.com 2018.07.18 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツ2部ケルン、昨季デュッセルドルフ1部昇格の立役者・宇佐美貴史獲得を検討か

▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エキスプレス』が伝えている。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。 ▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。 2018.07.17 11:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース