元浦和指揮官のブッフバルト氏がHSVのFW伊藤達哉に太鼓判「W杯に行くチャンスがある」2018.04.15 12:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつては浦和レッズで選手、監督として活躍した元ドイツ代表DFギド・ブッフバルト氏が、評価を上げているU-21日本代表FW伊藤達哉について語った。ドイツ『ビルト』が報じた。

▽今シーズン、ハンブルガーSVでブンデスリーガデビューを果たした伊藤。小柄ながら、切れ味鋭いドリブルで攻撃にアクセントをつけ、“リオネル・イトウ”とファンから賞賛されるほどだ。

▽ハンブルガーSVはクラブ史上初の2部降格が迫っているが、評価を高める伊藤は日本代表入りの可能性があるとのこと。ブッフバルト氏も伊藤がワールドカップに出場する可能性は現実的であると語った。

「タツヤはワールドカップに行くチャンスを得ることができると思う」

「ワールドカップでは、一対一を仕掛ける彼の戦い方は武器になる。イトウのような選手は、すべてのチームが必要とする」

▽伊藤は、今シーズンのブンデスリーガで16試合に出場。ここ2試合は先発出場を果たしており、残り4試合で初ゴールが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

「バケモンになっとるやんけ。。」長友佑都、セリエA時代に対峙したライバル・サラーに驚愕

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーに驚愕している。 ▽リバプールは24日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでローマをホームに迎えた。今シーズンローマからリバプールに加わったサラーはこの一戦に先発出場。すると2ゴール2アシストの大活躍でチームの5-2の先勝に貢献した。 ▽サラーがフィオレンティーナやローマに所属していた時、当時インテルで対峙していた長友はツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。サラーの躍動ぶりに驚きを隠せないようだ。 「サラー覚醒しすぎやろ。バチバチ勝負していたのが懐かしい。バケモンになっとるやんけ。。」 2018.04.25 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

来季もデュッセルドルフで日本人ウイングのコンビが見られるか?宇佐美は「残りたいです」と告白

今季終了までのレンタルでデュッセルドルフに加わっているFW宇佐美貴史と原口元気だが、今夏以降も同クラブに残りたいようだ。地元紙『エクスプレス』が報じている。<br><br>昨夏にアウクスブルクから送り出された宇佐美と、今年1月にヘルタ・ベルリンからやってきた原口は、デュッセルドルフの攻撃陣をけん引する存在になっている。2人は第31節のインゴルシュタット戦ではチームの全ゴールに絡む活躍を見せ、3-0の勝利に大きく貢献した。<br><br>その試合について宇佐美は「守備も攻撃も含めてチームとして素晴らしい試合をできたと思います。アグレッシブにいきたいとみんなで話していましたが、それを実行しました。楽しかったです」とコメントした。2ゴールをCKから演出したことについては「それは僕の仕事ですので」と話している。<br><br>入れ替え戦に回る3位と勝ち点差「7」で首位を走るデュッセルドルフは、1部昇格へと前進している。残り3試合に向けて宇佐美は「デュッセルドルフとともにマイスター(リーグ優勝者)になりたいです!」と意気込みを示すと、「そうしたら、ここに残りたいです」とアウクスブルクには戻らず、来シーズンもフリードヘルム・フンケル監督の下でプレーする希望を明かしている。<br><br>また、『エクスプレス』では原口のコメントも紹介されている。「ワールドカップでタカと僕をウィングに置くのも一つのアイデアかもしれませんね。僕たちはおたがいの力を引き出していると思います!」と代表での同時起用の可能性に触れると、デュッセルドルフについては「まずはデュッセルドルフでの3試合が残っていますね。この最高なチームではとても居心地よく、サポーターたちが素晴らしく、街もきれいで気に入っていますよ」と続けた。<br><br>アウクスブルクとは2020年までの契約を残す宇佐美、ヘルタとの契約は2019年までとなっている原口。それぞれ多少の移籍金が発生すると見られるが、2人が居場所を見つけたデュッセルドルフへの完全移籍は実現するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.24 23:58 Tue
twitterfacebook
thumb

長谷部誠に執行猶予付きの4試合出場停止処分…今季のリーグ戦が早くも終了

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は24日、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠への処分を発表した。公式サイトが伝えた。 ▽長谷部は、21日に行われたブンデスリーガのヘルタ・ベルリン戦に先発出場。79分に、ダビー・ゼルケへのヒジ打ち行為で一発退場となっていた。 ▽DFBは、長谷部に対して「相手選手への暴力行為」があったとして4試合の出場停止を下すことを発表。今シーズンのブンデスリーガは残り3試合となっており、長谷部の今シーズンは終了することとなった。 ▽なお、残りの1試合は執行猶予がつくとのこと。2018年12月31日までが執行猶予期間となる。フランクフルトの発表によると、長谷部がフランクフルトに加入した2014年7月からレッドカードを受けたのは初めてとなり、この処分を受け入れるとのことだ。 ▽長谷部は、今シーズンのブンデスリーガで24試合に出場。昨シーズンのヒザの負傷の影響も心配されたシーズンだったが、チームの中心としてプレー。フランクフルトは3試合を残して7位に位置。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位レバークーゼンとは勝ち点差「5」、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位RBライプツィヒとは勝ち点差「1」となっている。 ▽チームとしては、このタイミングで長谷部を欠くことになるのは痛手となり、ロシア・ワールドカップに出場する日本代表としてもキャプテンが公式戦に出場できないという異例の事態に陥った。なお、5月19日に行われるバイエルンとのDFBポカール決勝は出場可能となる。 2018.04.24 20:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ピュエル体制では岡崎慎司の居場所なし?レスター地元記者「10番で必要なプレーではないだろう」

レスターでのFW岡崎慎司の立ち位置は、危うくなっているのかもしれない。地元紙『レスター・マーキュリー』が伝えている。<br><br>9月の段階ですでに公式戦4ゴールを奪うなど、前半戦は好調を維持していた岡崎。しかし、昨年10月にクロード・ピュエル監督が就任すると先発出場の機会が減っていき、負傷の影響もあってレギュラーとは言えない状況となっている。また、指揮官はフォーメーションを4-2-3-1に変更。トップ下の位置で多くの選手を試すようになっている。<br><br>そんな中、『レスター・マーキュリー』のジェームズ・シャープ記者は、「レスターの新しい10番を探せ」と題し、トップ下のポジション争いについて言及。岡崎の状況について以下のように考察している。<br><br>「オカザキは(ジェイミー)ヴァーディの最高の相棒だったが、それはレスターがボールを保持しない以前のスタイルでのことだった。オカザキの野心的なアプローチが相手守備陣悩ませているかは、大きな疑問である。ピュエルのもとで、果たしてそのポジションで必要なことなのだろうか」<br><br>「10番の役割は、ピュエルのポゼッションスタイルが効果的に働くためには不可欠だ。指揮官は、ボールを保持でき、素早い判断と創造性ある選手を望んでいる。そしてもっとも重要なのは、ボールを前進させることができる選手だ」<br><br>ライバルとなり得るFWケレチ・イヘアナチョは前節のサウサンプトン戦で「最初の30分は良かった」とし、MFデマライ・グレイ、FWディアバテは「もっとスペースを必要とする」と評価。MFリヤド・マフレズは「サイドから切り込み、1対1を好んでいる」とし、トップ下が適正ではないとしている。<br><br>そして、「ピュエルにとって10番は非常に重要だ。夏に新たな選手を獲得するだろう」とし、パリ・サンジェルマンMFハテム・ベン・アルファが獲得候補になっているとした。<br><br>ピュエル監督は先日、今季残りの4試合で、来シーズンのために選手を試すことを示唆している。<br><br>「シーズンが終わるまで、様々な選手をプレーさせる。解決策を出す良い機会になるだろう」<br><br>「例えば、オカザキのハードワークについて理解しているし、ケレには良いインテンシティとクオリティがある。様子を見てみよう。多くのオプションがある。面白い試みになる」<br><br>レスターの残り4試合の相手は、クリスタル・パレス、ウェストハム、アーセナル(第31節延期分)、トッテナムと、残留争いやチャンピオンズリーグ出場権を争う強豪チームとの対戦が残っている。<br><br>レスターでの出場機会の少なさもあり、最近では日本代表からも遠ざかっている岡崎。この4試合は、クラブでの生き残り、そしてロシア・ワールドカップ出場へ向け非常に重要なものとなるのは間違いないだろう。<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 08:05 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、フローニンヘンに完全移籍…G大阪に2億6000万円か

▽フローニンヘンは23日、U-20日本代表MF堂安律(19)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2021年までの3年間。オランダ『Telegraaf』によれば、保有権を持つガンバ大阪に買取オプション行使額として200万ユーロ(約2億6000万円)が支払われるとみられる。 ▽MF家長昭博(現・川崎フロンターレ)やFW宇佐美貴史(現・デュッセルドルフ)に続くG大阪下部組織の至宝として期待を集めた堂安は、昨夏に期限付き移籍でフローニンヘンへ。フローニンヘンOBのオランダ代表MFアリエン・ロッベン(現・バイエルン)に並ぶ10代の選手としてエールディビジ歴代3位タイのゴール数をマークするなど、ここまで27試合8ゴール4アシストの成績を収めている。 ▽フローニンヘンでテクニカルマネージャーを務めるロン・ヤンス氏は堂安について、「若くして、全く異なる文化に素早く適応し、信じられないような成長を続けている。シーズンを追うにつれて、チームにとってより重要な存在になっている。彼を褒めたい」とコメントしている。 2018.04.24 07:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース