本田圭佑、2戦連発で後期7ゴール目! 1G1Aの活躍でパチューカ連勝に貢献《リーガMX》2018.04.15 11:02 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW本田圭佑が所属する9位・パチューカは日本時間15日、リーガMX後期(クラウスーラ)第15節で2位・サントス・ラグーナと対戦し、3-1で勝利。本田はフル出場を果たして1ゴール1アシストを記録している。

▽前節2ゴールを記録して5試合白星に貢献した本田は、先発出場。そのパチューカは8分、左サイドからのクロスにファーサイドで本田が競り合うも、頭で合わせることができない。11分には自身を起点とした攻撃からこぼれ球を拾い、ボックス左手前からミドルシュートを放つも、今度は相手DFのブロックに遭う。

▽それでもパチューカは25分、最終ラインから持ち運んだゴンザレスの縦パスをボックス左手前で受けた本田が中央に切れ込みながら左足を振り抜き、ゴール左上へと突き刺した。

▽先制点を奪ったパチューカはさらに31分、ハーフウェイラインを越えたあたりでボールを受けた本田が相手DFの背後へスルーパス。ボックス左へ抜け出したエリック・アギーレが冷静にゴールへ流し込み、パチューカが2-0と相手を突き放す。

▽2点を先行したパチューカだが、上位を走るサントス・ラグーナの反撃を受ける。39分、ワンツーパスでジャニニーにボックス内への侵攻を許し、ゴールネットを揺らされた。

▽2-1でリードして試合を折り返したパチューカは後半、攻勢を強めるサントス・ラグーナにやや押し込まれる展開となる。

▽それでも我慢の時間を耐え抜いたパチューカは86分、後方からの縦パスに左サイドを抜け出したサガルが中央へグラウンダーのパス。走り込んでいたパラシオスが右足で合わせ、左ポストを叩いてゴールへ流し込んだ。

▽3-1とリードを広げたパチューカは、その後しっかりとサントス・ラグーナの攻撃を凌いで試合終了。本田の1ゴール1アシストの活躍で勝利を収めたパチューカが連勝を飾った。

パチューカ 3-1 サントス・ラグーナ
【パチューカ】
本田圭佑(前25)
エリック・アギーレ(前31)
パラシオス(後41)
【サントス・ラグーナ】
ジャニニー(前39)

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑、終盤決定機も3戦連発ならず…パチューカはPO進出へ手痛いドロー《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間22日、リーガMX後期(クラウスーラ)第15節でケレタロと対戦し、0-0で引き分けた。本田はフル出場している。 ▽前節のサントス・ラグーナ戦で本田の1ゴール1アシストの活躍もあり、3-1で勝利してリーグ戦連勝を飾った8位・パチューカ。プレーオフ進出圏内に入ったことで下位相手にしっかりと勝ち点を奪いたい試合だ。 ▽しかし、序盤は下位相手に押し込まれる展開に。33分にはパチューカがボックス右外でFKを獲得。これをキッカーの本田がニアサイドへ絶妙なクロスを送り、味方がヘディングで合わせるも、相手GKの好守に阻まれた。 ▽後半に入ると、パチューカが攻勢を強める。74分、敵陣中央左でFKを獲得。キッカーの本田が意表をついてゴールを狙うもゴール左外へと外れる。さらに82分には本田がボックス右から中央へ切れ込み左足を振り抜いたが、相手GKにパンチングで防がれた。 ▽後半は敵陣へ迫る回数が増加したものの、ゴールが遠いパチューカ。それでも90分にビッグチャンスが訪れる。味方のスルーパスに抜け出した本田がボックス右に侵攻し、GKのポジションを見てループシュートを選択。しかし、わずかにゴール上へと外れた。 ▽結局試合はゴールレスで終了。パチューカはプレーオフ進出へ手痛いドローを喫した。 ケレタロ 0-0 パチューカ 2018.04.22 09:17 Sun
twitterfacebook
thumb

現地メディアがパチューカ本田圭佑を称賛「今季加入選手で最大のハイライト」

今シーズン、ミランを去った本田圭佑はリーガMXのパチューカに新天地を求めた。後期リーグではここまで7ゴールを決めており、メキシコ挑戦1年目から結果を残した形となったが、現地メディアも本田の活躍に賛辞を贈っている。北米大手メディア『ESPN』は「今季最もインパクトを残した補強」として本田について次のように報じた。<br><br>「元ミランの選手は、リーガMXでも最高のアシスト役と言えるだろう。彼はここまで後期リーグで15ゴールに絡む仕事を披露している。ゴールだけでも彼はすでに前期と合わせ13ゴールを決めており、この移籍は成功と言える」<br><br>「31歳の日本人選手が残した数字は、今季メキシコリーグに加わったMFの中で最も好成績。その中でマテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)だけが本田に次ぐ内容」<br><br>2017年夏にリーガMXに加入した選手としては「マテウス・ウリベ、フェリペ・モラ、エネル・バレンシア、マウロ・フォルミカ、エドガー・メンデスなどが2017年、メキシコに到着した。その中でも本田はこの世代のハイライトの一つ」と紹介し、本田のパチューカ加入は&ldquo;成功例&rdquo;だったと強調している。<br><br>その一方、同じく『ESPN』では本田について「1年で契約満了となり、メキシコリーグを去るだろう」という展望も掲載している。ロシア・ワールドカップ終了後、18-19シーズンにどのユニフォームを身に着けているのか、本田の去就にも注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑へ止まぬ称賛の声…パチューカ指揮官も絶賛「子どもたちのお手本」

パチューカFW本田圭佑への称賛が止まらない。クラブ指揮官や各国メディアから賛辞の声が届いている。<br><br>ミランとの契約満了に伴い、今季からリーガMXに活躍の舞台を移した本田。序盤戦は負傷に苦しむ時期などもあったが、徐々に進化を発揮。特に2018年に入ってからは、後期リーグで7ゴールを挙げるなど、絶好調を維持している。<br><br>そんな本田に、ディエゴ・アロンソ監督も満足しているようだ。メキシコ『am』は、日本代表FWが1ゴール1アシストの活躍を見せたサントス・ラグーナ戦後の指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「(本田を)愛しているよ。国際的な選手である彼の最大限の努力は、子どもたちのお手本になっている」<br><br>また『blasting news』も、本田を「パチューカの心臓」と讃えている。<br><br>「ケイスケ・ホンダは、未だチームの心臓であり肺である。この7ゴール7アシストを記録する日本代表は、今季のベストプレーヤーの1人である」<br><br>そして、31歳のFWが昨季までプレーしていたイタリアのメディアも、本田の活躍を伝えた。『TUTTO mercato WEB』は、本田の写真とともに「ケイスケ・ホンダがネットを揺らし、パチューカはプレーオフ進出のために重要な勝利を挙げた」と報じている。<br><br>後期リーグも残り2試合となったところで、プレーオフ進出圏内の8位につけるパチューカ。クラブを引っ張る本田は、チームをプレーオフに導くことは出来るだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.18 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の活躍を地元メディアも絶賛「まさしくゴラッソ…勝利の夜を演出」

現地時間14日に行われたパチューカvsサントス・グラーナの一戦は、3-1でパチューカが勝利を収めた。この試合では25分に本田圭佑が鮮やかなミドルシュートで先制ゴールを決め、その6分後にはロングスルーパスで追加点をお膳立てするなど1ゴール1アシストの活躍を見せている。<br><br>この活躍を受け、メキシコメディアも賛辞の内容で本田の活躍を伝えた。<br><br>地元メディア『excelsior』は「本田がパチューカを勝利に導く」との見出しで、「1万1000キロ離れた日本から大きな注目を集めた一戦で、多くの日本人は本田の活躍を目の当たりにすることができた。彼はゴールとアシストで、3-1の勝利に貢献した」と報じた。<br><br>『メディオティエンポ』は「本田が素晴らしいプレーを披露し、勝利の夜を演出した。この日本人が決めた得点は、まさしく&ldquo;ゴラッソ&rdquo;だった」と紹介している。<br><br>メキシコ版『AS』はパチューカの公式メディアが公開した本田のゴール動画を引用し、次のように伝えている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.15 15:13 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が2発! 快勝のパチューカも5試合ぶり白星《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間7日、リーガMX後期(クラウスーラ)第14節でプエブラFCのホームに乗り込み、6-2で勝利した。本田は2試合ぶりのスタメン。23分と51分にゴールを記録している。 ▽本田をトップ下起用したパチューカは23分、アギーレが左サイドからドリブル。全力疾走でゴール前に駆け上がった本田がボールを受けると、ボックス左から左足シュートをニア側に決め、パチューカが先制した。 ▽リードして迎えた38分、パチューカが再びロングカウンター。グティエレスの持ち運びからロングランのパラシオスが右足シュートをゴール右下に決め切り、パチューカがプエブラFCを突き放した。 ▽ゴールを重ねるパチューカは、後半開始早々の47分、パラシオスが味方とのワンツーで中央を攻略。ボックス左のスペースから左足シュートを放つと、これがゴールマウスに吸い込まれ、パチューカが3点目を手にした。 ▽続く51分、本田がこの試合2ゴール目。味方とのパス交換でバイタルエリアのフリースペースに抜け出した本田が左足を振り抜く。これがゴール左下に決まり、パチューカが後半開始早々に試合の行方を決した。 ▽64分にチュマセロのミドルシュートを浴びたパチューカだが、66分にパラシオスが個人技からハットトリックを達成。その後も失点を喫したが、後半アディショナルにパラシオスが自身4点目でたたみかけた。 ▽本田のリーグ戦初の1試合2得点の活躍もあり、パチューカは5試合ぶりの勝利を手にしている。 プエブラFC 2-6 パチューカ 【プエブラFC】 チュマセロ(後19) カバリーニ(後27) 【パチューカ】 本田圭佑(前23) パラシオス(前38) パラシオス(後2) 本田圭佑(後6) パラシオス(後21) パラシオス(後45+2) 2018.04.07 10:55 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース