久保裕也途中出場のヘント、終盤PK献上で完封負け《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》2018.04.15 10:21 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは14日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第3節でスタンダール・リエージュと対戦し、0-1で敗れている。久保は後半35分から途中出場している。

▽前節の首位・クラブ・ブルージュ戦を1-0で勝利して勝ち点差を6に縮めた2位・ヘント。前節未出場の久保は、この日もベンチスタートとなった。

▽3連勝でさらに首位へプレッシャーをかけたいヘントだったが、なかなかゴールを奪えないまま試合は進行。するとヘントは70分に久保を投入する。

▽しかし、89分、ヘントは自陣ボックス内でファウルを取られてしまい、PKを献上。やや大袈裟な倒れ方に対して、ヘントは猛抗議をしたが覆らず。キッカーのエモンドに決められてしまい、0-1で試合終了。ヘントは痛い敗北を喫した。
コメント
関連ニュース
thumb

日本代表FW久保裕也が買い取りOP付きでニュルンベルクにレンタル移籍!

▽ニュルンベルクは19日、日本代表FW久保裕也(24)を、ヘントから1年間のレンタルで獲得したことを発表した。今回の契約には買い取りオプションが付随している。 ▽久保にとってヨーロッパ3チーム目となるニュルンベルク加入を、同クラブで活躍した先人たちの名を挙げて以下のように喜んでいる。 「清武弘嗣や長谷部誠がここでプレーしていたから、ニュルンベルクのことは少し知っている。ブンデスリーガは強力なリーグだけど、このクラブには若くて才能のある選手が揃っている。このチームが目標を達成できる助けとなれることを願っている。とても楽しみ」 ▽2011年に京都サンガでプロデビューを果たした久保は、2013年にスイスのヤングボーイズに移籍。ここでは公式戦137試合で39ゴール15アシストという記録を残し、2017年1月にヘントに活躍の場を移した。シーズン途中の加入ながら、移籍後7試合で5ゴールを記録。昨シーズンは公式戦42試合で11ゴールを記録していた。 2018.08.20 02:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、ニュルンベルクへ 19日にメディカルチェック

▽ヘントに所属するFW久保裕也(24)のニュルンベルク加入が決定的な様相だ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽久保は、19日にもニュルンベルクのメディカルチェックを受ける見通し。ヘントと契約延長に至った後、レンタル料50万ユーロ(約6000万円)のシーズンローンでニュルンベルクに加入するという。 ▽2011年に京都サンガF.C.でプロデビューの久保は、2013年夏にヤング・ボーイズに移籍。2017年冬にヘント入りし、昨シーズンはチームトップのジュピラー・プロ・リーグ11得点をマークした。 ▽だが、今シーズンはリーグ開幕から2試合連続でスタメン出場した後、第3節でベンチスタート。さらに、先のヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグのヤギエロニア戦でも出番がなかった。 ▽ニュルンベルクは、今シーズンからブンデスリーガに復帰した昇格組。25日に行われるブンデスリーガ開幕節でヘルタ・ベルリンのホームに乗り込む。 2018.08.19 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘント・久保裕也がドイツに電撃移籍か?

▽ヘントに所属するFW久保裕也(24)が、ブンデスリーガに挑戦する可能性があるようだ。ベルギー『voetbalkrant』が報じた。 ▽2018-19シーズンのベルギー・ジュピラー・プロ・リーグは7月末に開幕。久保は開幕から2試合で先発したものの、2戦目のズルテ・ワレヘム戦はセントラルミットフィールダーとしてプレーしていた。 ▽しかし、12日に行われた第3節のベベレン戦はベンチスタートとなり、出場機会はなかった。 ▽『voetbalkrant』によると、久保はドイツへの移籍を目指して交渉をしているとのこと。移籍先は、今シーズンからブンデスリーガに復帰したニュルンベルクとなりそうだ。 ▽ニュルンベルクには、MF清武弘嗣やMF長谷部誠、MF金崎夢生が所属した経験がある。久保は、ヘントに1シーズン半在籍し61試合に出場し22ゴールを記録しているものの、ポジションが危うい状況。果たして移籍は実現するだろうか。 2018.08.17 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

久保欠場のヘントが連勝でプレーオフ進出!セビージャやレンジャーズらプレーオフ進出チームが決定!《EL予備予選》

▽ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグの35試合が16日に各地で行われた。 ▽9日に行われた1stレグを先勝した日本代表FW久保裕也の所属するヘント(ベルギー)は、ヤギエロニア(ポーランド)とホームで対戦し、3-1で勝利した。この結果、2戦合計4-1でヘントがプレーオフ進出を決めた。久保はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽試合はヘントが13分にタイウォのゴールで先制に成功する。その後は、一進一退の展開となり前半が終了。1点のリードで後半を迎えたヘントだったが、58分にポスピシルにゴールネットを揺らされ、同点を許す。 ▽ヘントのヴァンデルヘーゲ監督は、67分にヤレムチュク、77分にジョナタン・デビッド、79分にリンボンベとフレッシュな攻撃陣を立て続けに投入。すると84分、アサレのパスを受けたヤレムチュクがドリブルでボックス左まで侵攻。冷静にゴール左隅に流し込み、勝ち越しに成功。さらに89分にはジョナタン・デビッドがゴールネットを揺らし、ヘントが3-1で勝利した。 ▽ホームでの1stレグで先勝したセビージャは、敵地でジャルギリス(リトアニア)と対戦し、5-0で勝利した。試合は開始早々の6分にノリートのゴールでセビージャが先制すると、直後の7分にもサラビアがゴールネットを揺らして追加点。 ▽プレーオフ進出をほぼ確実としたセビージャは、44分にもサラビアが追加点を奪った。後半に入っても攻撃の手を緩めないセビージャは、80分にノリートのパスをボックス左で受けたアラーナが豪快なシュートで追加点。83分にもノリートがゴールネットを揺らし、セビージャが快勝。この結果、2戦合計6-0としたセビージャがプレーオフ進出を決めた。 ▽また、1stレグを3-1と快勝したジェラード監督の率いるレンジャーズは、敵地でマリボル(スロベニア)と対戦し、0-0の引き分けに終わった。この結果、2戦合計3-1でレンジャーズがプレーオフ進出を決めた。同じく敵地での1stレグを先勝したアタランタ(イタリア)は、ホームでハポエル・ハイファ(イスラエル)と対戦し、2-0で勝利した。この結果、2戦合計6-1でアタランタがプレーオフ進出を決めた。その他の予選3回戦1stレグの試合結果は以下の通り。 ◆予選3回戦2ndレグ <span style="color:#FF0000"><b>赤字</b></span>がプレーオフ進出 ※はアウェイゴール差による勝利 ▽8月16日(木) プログレス 2-2(AGG:3-4) <span style="color:#FF0000"><b>ウファ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ラルナカ</b></span> 5-0(AGG:7-0) シュトゥルムグラーツ HJKヘルシンキ 1-4(AGG:1-7) <span style="color:#FF0000"><b>リュブリャナ</b></span> クラヨーヴァ 1-1(AGG:2-4) <span style="color:#FF0000"><b>RBライプツィヒ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>コペンハーゲン</b></span> 2-1(AGG:4-2) CSKAソフィア <span style="color:#FF0000"><b>クルージュ</b></span> 5-0(AGG:7-0) アラシュケルト <span style="color:#FF0000"><b>ミッティラン</b></span> 3-1(AGG:5-1) ザ・ニュー・セインツ クケシ 2-0(AGG:4-5) <span style="color:#FF0000"><b>クタイシ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>モルデ</b></span> 3-0(AGG:3-0) ハイバーニアン <span style="color:#FF0000"><b>スードゥヴァ</b></span> 0-0(AGG:1-0) ユールマラ ジャルギリス 0-5(AGG:0-6) <span style="color:#FF0000"><b>セビージャ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ゼニト</b></span> 8-1(AGG:8-5) ディナモ・ミンスク <span style="color:#FF0000"><b>アポエル</b></span> 3-1(AGG:5-3) ハポエル・ベエルシェバ ルツェルン 1-3(AGG:1-7) <span style="color:#FF0000"><b>オリンピアコス</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>マッカビ・テル・アヴィヴ</b></span> 2-1(AGG:2-1) ピュニク ディナモ・ブレスト 1-0(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>アポロン</b></span> リンツ 2-1(AGG:2-2) <span style="color:#FF0000"><b>ベシクタシュ</b></span>※ <span style="color:#FF0000"><b>アタランタ</b></span> 2-0(AGG:6-1) ハポエル・ハイファ <span style="color:#FF0000"><b>バーゼル</b></span> 1-0(AGG:2-0) フィテッセ <span style="color:#FF0000"><b>ブレンビー</b></span> 2-1(AGG:4-1) スパルタク・スボティツァ <span style="color:#FF0000"><b>デュドランジュ</b></span> 2-2(AGG:4-3) レギア ズリニスキ 1-1(AGG:1-2) <span style="color:#FF0000"><b>ルドゴレツ</b></span> レフ・ポズナニ 1-2(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>ヘンク</b></span> マリボル 0-0(AGG:1-3) <span style="color:#FF0000"><b>レンジャーズ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>FCSB</b></span> 2-1(AGG:2-1) ハイドゥク フェイエノールト 1-1(AGG:1-5) <span style="color:#FF0000"><b>トレンチーン</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ヘント</b></span> 3-1(AGG:4-1) ヤギエロニア <span style="color:#FF0000"><b>パルチザン</b></span> 3-2(AGG:5-3) ノアシェラン <span style="color:#FF0000"><b>ラピド・ウィーン</b></span> 4-0(AGG:5-2) スロヴァン・ブラチスラヴァ <span style="color:#FF0000"><b>ボルドー</b></span> 2-1(AGG:5-2) マリウポリ <span style="color:#FF0000"><b>バーンリー</b></span> 1-0(AGG:1-0) イスタンブールBB リエカ 0-1(AGG:1-2) <span style="color:#FF0000"><b>サルプスボルグ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ローゼンボリ</b></span> 3-0(AGG:5-0) コーク ヴァルル 2-1(AGG:2-2) <span style="color:#FF0000"><b>シェリフ</b></span>※ ブラガ 2-2(AGG:3-3) <span style="color:#FF0000"><b>ゾリャ</b></span>※ ▽8月15日(水) カイラト 1-2(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>シグマ</b></span> 2018.08.17 06:27 Fri
twitterfacebook
thumb

久保欠場のヘントが先勝! ジェラード率いるレンジャーズやセビージャ、ライプツィヒらもプレーオフへ前進《EL予選》

▽ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦1stレグの34試合が9日に各地で行われた。 ▽3回戦から登場の日本代表FW久保裕也の所属するヘント(ベルギー)vsヤギエロニア(ポーランド)は、1-0でヘントが勝利した。久保はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽試合はゴールレスで折り返した後半終盤に動く。85分、ヘントはドリブルで中央突破を試みたドンプのラストパスを受けたジョナタン・デビッドがボックス中央からシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球を再びジョナタン・デビッドが押し込み、1-0で勝利した ▽2回戦を勝ち上がったスティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズ(スコットランド)は、マリボル(スロベニア)とホームで対戦し、3-1で勝利した。レンジャーズは5分にモレロスのゴールで先制。しかし、40分に失点を許し前半は1-1で終了。 ▽後半立ち上がりの50分、レンジャーズはPKを獲得するとタベルニエがこれを決め、勝ち越しに成功。終盤の86分にもラッサナ・クリバリがゴールネットを揺らし、3-1でレンジャーズが先勝した。 ▽同じく2回戦を勝ち上がったセビージャ(スペイン)は、ジャルギリス(りトアニア)とホームで対戦し、1-0で勝利。また、アタランタ(イタリア)は、ハポエル・ハイファ(イスラエル)とアウェイで対戦し、4-1で勝利。ライプツィヒ(ドイツ)は、クラヨーヴァ(ルーマニア)とホームで対戦し、3-1で勝利した。その他の予選3回戦1stレグの試合結果は以下の通り。 ◆予選3回1stレグ ▽8月9日(木) ウファ 2-1 プログレス アラシュケルト 0-2 クルージュ ユールマラ 0-1 スードゥヴァ ハポエル・ハイファ 1-4 アタランタ RBライプツィヒ 3-1 クラヨーヴァ アポロン 4-0 ディナモ・ブレスト ディナモ・ミンスク 4-0 ゼニト シェリフ 1-0 ヴァルル ハポエル・ベエルシェバ 2-2 アポエル ルドゴレツ 1-0 ズリニスキ マリウポリ 1-3 ボルドー シグマ 2-0 カイラト シュトゥルムグラーツ 0-2 ラルナカ クタイシ 5-2 クケシ トレンチーン 4-0 フェイエノールト ヤギエロニア 0-1 ヘント ノアシェラン 1-2 パルチザン CSKAソフィア 1-2 コペンハーゲン ベシクタシュ 1-0 リンツ ヘンク 2-0 レフ・ポズナニ イスタンブールBB 0-0 バーンリー リュブリャナ 3-0 HJKヘルシンキ オリンピアコス 4-0 ルツェルン フィテッセ 0-1 バーゼル ゾリャ 1-1 ブラガ コーク 0-2 ローゼンボリ スパルタク・スボティツァ 0-2 ブレンビー ハイドゥク 0-0 FCSB ハイバーニアン 0-0 モルデ レンジャーズ 3-1 マリボル サルプスボルグ 1-1 リエカ ザ・ニュー・セインツ 0-2 ミッティラン レギア 1-2 デュドランジュ スロヴァン・ブラチスラヴァ 2-1 ラピド・ウィーン セビージャ 1-0 ジャルギリス ▽8月8日(水) ピュニク 0-0 マッカビ・テル・アヴィヴ 2018.08.10 06:55 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース