川島永嗣フル出場で10試合ぶり白星に貢献! メスもレンヌに逆転勝利で残留へ大きな勝ち点3《リーグ・アン》2018.04.15 09:48 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは14日、リーグ・アン第33節でレンヌと対戦し、2-1で勝利した。川島はフル出場している。

▽前節リヨンに0-5で大敗して9試合未勝利の最下位・メス(勝ち点22)は、5位・レンヌ(勝ち点47)のホームに乗り込んだ。試合は27分、ボックス右からのグルキュフのクロスをブリゴーに押し込まれてメスが先制点を許してしまう。

▽0-1で試合を折り返すと、ここからメスが反撃に出る。52分、ボックス右外のドセビのクロスをファーサイドに走り込んだルーが頭で合わせ、試合を振り出しに戻す。

▽さらにメスは57分、中盤でのボール奪取からショートカウンターを発動。3人が短くつないで敵陣への迫った攻撃は、最後ルーが押し込んで2-1とメスが逆転に成功する。

▽その後、上位を走るレンヌに押し込まれる展開となったが、メスはこの1点を死守。2-1で10試合ぶり白星を飾り、勝ち点を25に。自動降格圏外の18位・リールとの勝ち点差を4まで縮めている。

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表GK川島永嗣は引き続きリーグ・アンでプレーか? 複数クラブが興味

▽日本代表としてロシア・ワールドカップでも4試合でゴールを守ったGK川島永嗣(35)。所属のメスはリーグ・ドゥへと降格したが、川島はリーグ・アンでプレーが続けられるかもしれない。『フランス・フットボール』が報じた。 ▽川島は、2016年8月にダンディー・ユナイテッドからメスへと加入。加入当時は第3GKとしての位置付けだったが、シーズン終盤に出場機会を確保。2017-18シーズンはリーグ・アンで30試合に出場し、正GKのポジションを確保した。しかし、チームは2部に降格。川島もメスとの契約が満了を迎え、フリーとなっている。 ▽『フランス・フットボール』によると、川島にはリーグ・アンの複数クラブがコンタクトを取っているとのこと。トゥールーズやディジョンが興味を示していた。また、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユも第2GKのヨアン・プレに退団の可能性があるため、注視していたとのこと。しかし、プレは先日2020年までマルセイユとの契約を延長したため、可能性は低くなりそうだ。 ▽現時点では所属クラブがない川島だが、ワールドカップやリーグ・アンでのプレーで獲得を目指すクラブはあるようだ。 2018.07.24 10:48 Tue
twitterfacebook
thumb

マインツ、メスからU-21フランス代表DFニアカテを獲得

▽マインツは7日、メスからU-21フランス代表DFムサ・ニアカテ(22)を獲得した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽2014年に18歳でリーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するヴァランシエンヌでプロデビューしたニアカテ。10代の頃から将来を嘱望されるDFは、ヴァランシエンヌでの3シーズンで公式戦76試合に出場。この活躍が認められ、昨夏にはリーグ・アンのメスへ完全移籍。 ▽メスでも、レギュラー奪取に成功したニアカテは、昨季リーグ戦35試合を含む公式戦38試合に出場した。また各年代のフランス代表に選出されてきたニアカテは、今年3月にU-21フランス代表デビューを飾ると、これまで3試合に出場している。 ▽マインツ加入の決まったニアカテは、公式サイトで以下のように語った。 「サンドロ・シュヴァルツ監督とロウベン・シュレーダーSDは、マインツでのプロジェクトを丁寧に説明してくれた。僕はマインツで自分自信を成長させて、クラブやサポーターが楽しいシーズンを過ごせるための助けになりたいと思っているよ」 2018.07.08 02:35 Sun
twitterfacebook
thumb

GK川島永嗣、ガーナ戦で一番大切なのは「主導権を握った攻守」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は29日、翌30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて試合会場の日産スタジアムで最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、GK川島永嗣(メス/フランス)がミックスゾーンでメディア陣による質疑に応答。ガーナ戦に向けては「自分たちが主導権を握ること」を重要視した。 <span style="font-weight:700;">◆GK川島永嗣</span>(メス/フランス) <span style="font-weight:700;">──ガーナ戦に向けては</span> 「一番大切なのは自分たちが主導権を握って、守備も攻撃もやることだと思います。システムが変わったからといって、相手に合わせて守備的にいくとかではなく、自分たちが追い込んで奪いにいくとかそういうイメージを持つことが大事だと思います」 <span style="font-weight:700;">──これまでの経験をチームにどのように還元したいか</span> 「ある意味良い経験もあれば、悔しい経験もしています。両面を経験している分、両方伝えていくこともできます。今回は新しいメンバーにもなってきますけど、若い選手たちにそういうところは伝えていければとは思います。僕だけでなく、そういうことができる選手は他にもいるので、そういう選手たちが良い意味で引っ張っていけるようにしていきたいです」 2018.05.29 23:58 Tue
twitterfacebook
thumb

GK川島永嗣、日本代表の最後方は「3人でレベルを上げて支えていきたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、GK川島永嗣(メス/フランス)が取材に応対。GKのレギュラー争いについて選ばれた3人で「日本のGKのレベルを上げて支えていきたい」とGK全体で支えていくことを誓った。 <span style="font-weight:700;">◆GK川島永嗣</span>(メス/フランス) <span style="font-weight:700;">──合流して</span> 「みんな何かをしたいという気持ちで今いると思います。今日来たばかりなので、自分たちがこれからどうやっていくかは監督から話があると思いますけど、一人一人が自覚を持っていく中でチームの状況を考えすぎるのではなく、一人一人が持っている能力を発揮することが大切なことだと思います」 <span style="font-weight:700;">──3バックシステムを考えているという話も西野朗監督からあったが</span> 「この状況の中で心配がない人は逆にいないと思います。ただ、この状況に立たされ、限られた時間の中で、自分たちは最大の結果を求めるために努力しなくてはいけません。コミュニケーションを取るだけではなく、自分たちが勝っていくために何が必要なのかを本音で言い合わなくてはいけないといけません。そういうことが大事になると思います」 <span style="font-weight:700;">──選手同士の話し合いも増やしていくということか</span> 「話し合えば解決する問題ではないと思います。話した上でどれだけピッチの上で表現できるかだと思います。コミュニケーションの意味はそこじゃないかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がやってきたことも生かすと西野朗監督は言っていたが</span> 「選手の視点からすると、監督それぞれのやり方がありますけど、自分たちがどういったレベルでプレーしなくてはいけないかという基準は変わりません。そういう基準を持って進んでいかなくてはいけない。そういった根本的なベースの中で、監督がどういったことをやるかということが付け加わっていくのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──GK組にはケガ人もいるが</span> 「ニュースは観てました。でも2人も元気そうですし、若いので大丈夫だと思います(笑)」 <span style="font-weight:700;">──GK中村航輔(柏レイソル)と話したか</span> 「話しました。こういうことが起きてもそこまで重症にならなくて良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">──GKの競争について</span> 「ケガとか関係なく、ここに3人が選ばれている以上は自分たちが後ろを支えていくという思いがなくてはいけません。誰が出る、出ないとかではなく、3人で日本のGKのレベルを上げて支えていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ大会のようにやっていくには</span> 「経験がある選手は多いと思いますけど、答えはないと思います。それを自分たちが探し求め続けなくては答えはありません。経験の中で自分たちがどうやってまとまっていくか、チームの方向性を持ってやっていくかは大切ですけど、高いレベルを求めて一人一人が成長することが勝っていくことにつながると思います。簡単にチームがまとまるという風に考える必要はありませんし、それぞれが自分たちの力を発揮してチームの力に変えていくということが強いグループになっていくということだと思います」 2018.05.25 23:58 Fri
twitterfacebook
thumb

川島所属のメス、2部降格を受けてアンツ監督を解任…

▽日本代表GK川島永嗣の所属するメスは16日、フレデリック・アンツ監督(51)の解任を発表した。 ▽今シーズン、開幕から極度の成績不振に陥り、第10節終了時点で1勝9敗の最下位に低迷していたメスは、昨年10月にフィリップ・ヒンシュベルガー前監督の解任を発表。 ▽そして、これまでル・マンやル・アーヴル、バスティアの監督を歴任。昨季途中までモンペリエを指揮していたアンツ監督を2年契約で招へい。だが、チームは一時復調の気配を見せたものの、最終的に6勝23敗8分けの最下位で来シーズンの2部降格が決定した。なお、アンツ監督は今週末に行われる最終節のボルドー戦までチームを率いる。 2018.05.17 01:27 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース