マルセイユ酒井宏樹の加入後初ゴールを同僚が祝福「試合中だけど泣きそうになった」2018.04.15 11:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マルセイユのマキシム・ロペスが、ライプツィヒ戦で加入後初ゴールを挙げた酒井宏樹を祝福した。

12日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグでマルセイユはホームにライプツィヒを迎えた。初戦を0-1で落としたマルセイユだが、後半アディショナルタイムの酒井のゴールなどで5-2と勝利し、2試合合計5-3で準決勝進出を決めた。

酒井のダメ押しゴールをアシストしたM・ロペスはフランスメディア『レキップ』のインタビューで同選手のバースデーゴールを称賛している。

「直前のコーナーキックの場面ではピンチに立たされていたが、あの5点目で試合は決まった。ヒロキが得点を奪った時、試合中だったけれど涙が出そうになった。実際には出なかったけれど、泣きたいと思った。それにヒロキにとって最高の誕生日だ。ロッカールームで彼をもう一度祝福するよ」

リュディ・ガルシア監督も「彼の誕生日であり、ヒロキが(マルセイユで)初ゴールを決めた日にもなった。それによって余裕ができたし、我々としても嬉しかったよ」とコメントするなど酒井の加入後初ゴールを称える声が絶えない。

ヨーロッパリーグベスト4にコマを進めたマルセイユは、南野拓実が所属するザルツブルクと決勝進出を懸けて激突する。


提供:goal.com

コメント



ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース