レーティング:トッテナム 1-3 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》2018.04.15 05:49 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節、トッテナムvsマンチェスター・シティが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 4.5
飛び出しが遅れてPKを与えるなど、安定感を欠くパフォーマンス

DF
2 トリッピアー 5.0
ザネのスピードに苦戦を強いられ、押し込まれる状況が続いた。後半は前に出るもアクセントになれず

6 D・サンチェス 4.5
直近のストーク戦に続いて簡単な縦パスで裏を取られて1失点目に関与。集中力を欠く場面が散見

5 ヴェルトンゲン 6.0
自陣深くでの粘り強い守備に加え、ビハインド後は攻撃的な守備で味方を押し上げた

33 B・デイビス 5.0
不用意なファウルなど、劣勢を強いられた中でフラストレーションの溜まる試合に

MF
11 ラメラ 5.0
気迫のこもったプレーを見せるが、ボールを持ち過ぎるなど冷静さを欠いた

(→ソン・フンミン 5.0)
スペースを消されて持ち味の打開力は活きなかった

15 E・ダイアー 5.5
中盤の守備で奮闘。シンプルな捌きでリズムを作ろうと腐心

23 エリクセン 6.0
ラッキーな形ながらも反撃の狼煙を挙げるゴールで今季10点目。ただ、試合終盤はややキック精度を欠いた

19 デンベレ 6.0
周囲がバタ付く中でも攻守に安定感のあるプレー。その存在がチームに望みを与えた

(→ルーカス・モウラ 5.5)
積極的な仕掛けで見せ場は作った

20 デレ・アリ 5.0
消える場面が多く簡単にボールを失うなど、試合に入り切れなかった

(→ムサ・シッソコ -)

FW
10 ケイン 5.0
前線で孤立する場面が多い中、エリクセンのゴールをお膳立て。ただ、押し込んだ後半に相手センターバックコンビの徹底マークを剥がせず

監督
ポチェッティーノ 5.0
試合の入りで過密日程の相手に圧倒されたことが敗因。引いた相手を崩し切る術もなかった

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
31 エデルソン 6.0
不運な形で失点も勇敢なハイボールの処理など、それ以外は安定していた

DF
2 ウォーカー 6.0
古巣とアウェイ初対戦。色気を出さない堅実なプレーを続け、鋭いクロスから決定機も演出

4 コンパニ 7.0
絶妙なフィードで先制点をアシスト。守備でも好カバーを幾度も見せた

14 ラポルテ 6.0
不運な形で失点に関与。それ以外は攻守に及第点の出来

18 デルフ 6.0
攻撃参加は決して多くなかったが、切り替えの場面で集中した対応を続けた

MF
17 デ・ブライネ 6.0
疲労を窺わせる場面もあったが、気迫のこもった守備と精度の高いパスで存在感

(→ヤヤ・トゥーレ -)

8 ギュンドアン 6.5
PKを決めて前回対戦に続く1ゴール。無難な捌きでリズムを作った

21 シルバ 6.5
質と量を兼ね備えたフリーランで味方に多くの選択肢を提供。プレー精度が高かった

FW
7 スターリング 7.0
貴重なPK奪取にダメ押しの3点目を決めた。フィニッシュに甘さはあったものの、前線で積極的に駆け引きを繰り返して相手守備を揺さぶった

33 ガブリエウ・ジェズス 6.5
ストライカーらしい動き出しから先制点を記録。D・サンチェスを幾度も出し抜いた

(→ベルナルド・シウバ -)

19 ザネ 6.0
持ち味のスピードを攻守両面で披露。後半はさすがにバテた

(→オタメンディ 6.0)
ここ数試合ミスが目立っていたものの、本来の安定したプレーで逃げ切りに貢献

監督
グアルディオラ 6.5
気迫を見せた試合への入りに加え、3バックへの変更による逃げ切りなど的確な采配で見事に勝ち切った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
コンパニ(マンチェスター・シティ)
▽見事なフィードで先制点を演出し、守備ではケインら質の高い攻撃陣を封じ切った頼れるキャプテンをMOMに選出。押し込まれた後半序盤の粘り強い守備が勝利のカギだった。

トッテナム 1-3 マンチェスター・シティ
【トッテナム】
エリクセン(前42)
【マンチェスター・シティ】
ガブリエウ・ジェズス(前22)
ギュンドアン(前25[PK])
スターリング(後27)

コメント

関連ニュース

thumb

未完の大器アドリアン・ラビオ、来夏シティに帰還か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)のマンチェスター・シティ帰還の可能性が浮上した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽ラビオはユース時代からPSGに所属。2012年8月にトップチームデビューを果たすも、ほとんど出場機会に恵まれず、そのシーズンの後半はトゥールーズへレンタルしていた。翌シーズンに復帰したが、トッププレイヤー犇めくチームでやはり満足のいくプレーが出来ず、近年では徐々にプレー時間は伸びているものの、PSGからの契約延長オファーを拒否しているとみられている。 ▽ラビオとPSGの契約は今季限り。そこに目を付けたのがシティだ。ラビオは14歳の頃、シティのアカデミーで1年間過ごした経歴を持つ。だが、極度のホームシックだったラビオは、シティの強い説得も虚しく故郷のフランスに戻ってしまったようだ。 ▽『メトロ』によれば、ラビオはかつてシティが自身の慰留に尽力してくれたことに恩義を感じているようで、同クラブとは前向きな交渉を進めていく模様。シティも、今夏にイタリア代表MFジョルジーニョ(現チェルシー)を取り逃がし、中盤の底でパサーに徹する選手を探しているところだ。 ▽来年1月にも交渉の場を持ち、PSGとの契約が切れる来夏加入のための事前契約を結ぶ見込みとのこと。しかしラビオにはバルセロナやユベントスも関心を示しているようで、彼らが1月に獲得に動けば、少しでも移籍金が得られるPSGはそちらの交渉を優先する可能性もあると指摘している。 ▽ラビオは今シーズン、PSGでここまでの公式戦全7試合にフル出場し1ゴール1アシストを記録している。 2018.09.22 14:01 Sat
twitterfacebook
thumb

シティのフランス代表DFメンディが違反点数超過で1年間の運転免許停止

▽マンチェスター・シティに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディが違反点数超過によって1年間の運転免許停止処分と罰金2500ポンド(約36万円)を科された。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽『BBC』が伝えるところによれば、メンディの所有するメルセデス社製の自家用車は今年2月に4度のスピード違反を犯した。2018年4月までヒザを負傷していた同選手が運転していたかは不明だったため、地元警察は車の所有者であるメンディに対して運転者を明らかにするよう求めたものの、同選手がこれに応じなかったため検察に告訴していた。 ▽その後、地元裁判所はこの報告義務を怠った一件に関してメンディに有罪判決を下し、罰金2500ポンドを科した。また、今回の有罪判決によって違反点数が「24」ポイントを超えたことで、1年間の運転免許停止が決定した。 ▽なお、現在左足の第5中足骨を痛めているメンディは直近の公式戦2試合を欠場しており、22日のカーディフ戦に向けた公式会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督は「復帰時期はわからない」とコメントしていた。 2018.09.22 04:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、シティ撃破に貢献のリヨンFWデパイ買戻しへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(24)の買戻しに動くかもしれない。ジョゼ・モウリーニョ監督のコメントを、イギリス『ミラー』が伝えた。 ▽オランダ期待の若手としてPSVで当確を現したデパイは、2015年夏に3100万ポンド(現在のレートで約46億円)の移籍金でユナイテッドに入団。しかし、期待されたパフォーマンスを発揮することができず。リヨンに完全移籍する2017年1月までの在籍1年半で、公式戦53試合7ゴールの成績に留まった。 ▽しかし、リヨン移籍後のデパイは輝きを取り戻し、公式戦74試合28ゴールと爆発。先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節マンチェスター・シティ戦でも決勝点をアシストし、2-1での勝利に大きく貢献した。 ▽また、『ミラー』によると、ユナイテッドはデパイの放出時に買戻し条項を盛り込んでいたという。そのことに関して尋ねられたモウリーニョ監督が、以下のように語った。 「(買戻し条項が付いているのは)彼がポテンシャル的に非常に良い選手だからだ」 「(元ユナイテッド指揮官の)ファン・ハール氏が彼の獲得を決断した時は本当に良くやっていた。ナショナルチームの頃から(ファン・ハール氏は)彼を深く知っていたんだと思う。ワールドカップで最高水準の輝きを放った時、彼はとても若かった」 「オランダで良いプレーをしていた。オランダリーグが(プレミアと)同じではないのは分かっているが、素晴らしい兆候を見せていた。だから、ファン・ハール氏とマンチェスター・ユナイテッドはよく彼を獲得してくれたと思う」 「18ヶ月間では成功できなかったが、彼はとても若い。この才能を完全にコントロールすることはこのクラブにとって重要だと思う。それに、私たちは皆、彼がリヨンでとても、とても上手くやることを願っているし、なぜ戻って来ないんだろうと思っているよ。ここの誰もが彼を好きだからね」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クン・アグエロがシティと2021年まで契約更新!

▽マンチェスター・シティは21日、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(30)と2021年まで契約延長したことを発表した。 ▽2011年にアトレティコ・マドリーから加入したアグエロ。これまで公式戦299試合に出場し、クラブ最多記録の204ゴールをマークしている。同選手は公式サイトで以下のようにコメント。 「契約延長できて嬉しいよ。僕はここに10年間いたいと考えていた。今は7年だけど、この契約が切れるころには10年になってるね。そうなってほしいと願っているよ。これが僕がサインした主な理由さ」 ▽シチズンズで8シーズン目を過ごすアルゼンチン代表ストライカーは、これまでにプレミアで9度のハットトリックを達成。2015年のニューカッスル戦では5得点を挙げる離れ業をやってのけた。また、シティではこれまでに8個のタイトルを獲得。3度のリーグ優勝やEFLカップ優勝に大きく貢献している。 2018.09.21 18:02 Fri
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのラファエウ、シティ撃破後の談話が痛快

▽リヨンに所属する元ブラジル代表DFラファエウの古巣マンチェスター・ユナイテッドに対する愛情は不変だ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ラファエウは、2008〜2015年まで双子の兄であるDF兄のファビオと共にユナイテッドに在籍。右サイドバックとして、3度のプレミアリーグ制覇や、FIFAクラブ・ワールドカップなど数々のタイトルに貢献した。だが、ルイス・ファン・ハール体制2年目の2014-15シーズン終了後、戦力外となり、リヨンに移籍。それ以降、主力としてフランスで再び輝きを取り戻している。 ▽そんなラファエウは、19日にエティハド・スタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節で古巣ユナイテッドの宿敵マンチェスター・シティ戦に先発。元ユナイテッドのオランダ代表FWメンフィス・デパイと共に2-1でシティを退け、チームに下馬評を覆す金星をもたらした。ラファエウは試合後、次のようにコメントしている。 「僕はユナイテッドサポーターだ。誰もが知っていることさ。ここにはシティを倒すために来た。僕自身、ここで負け知らずでね。良かったよ。僕らは一丸になれば、どんな相手にも勝てる。今日の試合で示したとおり、僕らにも質の高い選手がいる。この先も続けていきたいね」 「わからないけど、彼らは僕らのことを過小評価したんじゃないかな。おそらくリーグ・アンでの戦いぶりをビデオで見て、僕らの調子が良くなく、自信がないように感じたんだろね。確かに、良い戦いができていないんだけどさ」 ▽なお、ラファエウが調子の悪さを明かすリヨンは現在、リーグ・アン5試合で2勝1分け2敗の7位。23日に行われる次節、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユをホームに迎え撃つ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 16:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース