レーティング:トッテナム 1-3 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》2018.04.15 05:49 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節、トッテナムvsマンチェスター・シティが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 4.5
飛び出しが遅れてPKを与えるなど、安定感を欠くパフォーマンス

DF
2 トリッピアー 5.0
ザネのスピードに苦戦を強いられ、押し込まれる状況が続いた。後半は前に出るもアクセントになれず

6 D・サンチェス 4.5
直近のストーク戦に続いて簡単な縦パスで裏を取られて1失点目に関与。集中力を欠く場面が散見

5 ヴェルトンゲン 6.0
自陣深くでの粘り強い守備に加え、ビハインド後は攻撃的な守備で味方を押し上げた

33 B・デイビス 5.0
不用意なファウルなど、劣勢を強いられた中でフラストレーションの溜まる試合に

MF
11 ラメラ 5.0
気迫のこもったプレーを見せるが、ボールを持ち過ぎるなど冷静さを欠いた

(→ソン・フンミン 5.0)
スペースを消されて持ち味の打開力は活きなかった

15 E・ダイアー 5.5
中盤の守備で奮闘。シンプルな捌きでリズムを作ろうと腐心

23 エリクセン 6.0
ラッキーな形ながらも反撃の狼煙を挙げるゴールで今季10点目。ただ、試合終盤はややキック精度を欠いた

19 デンベレ 6.0
周囲がバタ付く中でも攻守に安定感のあるプレー。その存在がチームに望みを与えた

(→ルーカス・モウラ 5.5)
積極的な仕掛けで見せ場は作った

20 デレ・アリ 5.0
消える場面が多く簡単にボールを失うなど、試合に入り切れなかった

(→ムサ・シッソコ -)

FW
10 ケイン 5.0
前線で孤立する場面が多い中、エリクセンのゴールをお膳立て。ただ、押し込んだ後半に相手センターバックコンビの徹底マークを剥がせず

監督
ポチェッティーノ 5.0
試合の入りで過密日程の相手に圧倒されたことが敗因。引いた相手を崩し切る術もなかった

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
31 エデルソン 6.0
不運な形で失点も勇敢なハイボールの処理など、それ以外は安定していた

DF
2 ウォーカー 6.0
古巣とアウェイ初対戦。色気を出さない堅実なプレーを続け、鋭いクロスから決定機も演出

4 コンパニ 7.0
絶妙なフィードで先制点をアシスト。守備でも好カバーを幾度も見せた

14 ラポルテ 6.0
不運な形で失点に関与。それ以外は攻守に及第点の出来

18 デルフ 6.0
攻撃参加は決して多くなかったが、切り替えの場面で集中した対応を続けた

MF
17 デ・ブライネ 6.0
疲労を窺わせる場面もあったが、気迫のこもった守備と精度の高いパスで存在感

(→ヤヤ・トゥーレ -)

8 ギュンドアン 6.5
PKを決めて前回対戦に続く1ゴール。無難な捌きでリズムを作った

21 シルバ 6.5
質と量を兼ね備えたフリーランで味方に多くの選択肢を提供。プレー精度が高かった

FW
7 スターリング 7.0
貴重なPK奪取にダメ押しの3点目を決めた。フィニッシュに甘さはあったものの、前線で積極的に駆け引きを繰り返して相手守備を揺さぶった

33 ガブリエウ・ジェズス 6.5
ストライカーらしい動き出しから先制点を記録。D・サンチェスを幾度も出し抜いた

(→ベルナルド・シウバ -)

19 ザネ 6.0
持ち味のスピードを攻守両面で披露。後半はさすがにバテた

(→オタメンディ 6.0)
ここ数試合ミスが目立っていたものの、本来の安定したプレーで逃げ切りに貢献

監督
グアルディオラ 6.5
気迫を見せた試合への入りに加え、3バックへの変更による逃げ切りなど的確な采配で見事に勝ち切った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
コンパニ(マンチェスター・シティ)
▽見事なフィードで先制点を演出し、守備ではケインら質の高い攻撃陣を封じ切った頼れるキャプテンをMOMに選出。押し込まれた後半序盤の粘り強い守備が勝利のカギだった。

トッテナム 1-3 マンチェスター・シティ
【トッテナム】
エリクセン(前42)
【マンチェスター・シティ】
ガブリエウ・ジェズス(前22)
ギュンドアン(前25[PK])
スターリング(後27)
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、天才フォーデンと2024年まで契約延長!

▽マンチェスタイー・シティは10日、U-21イングランド代表MFフィル・フォーデン(18)と新たに5年半契約を結んだことを発表した。契約は2024年6月までとなる。 ▽8歳の頃からシティに身を置いているフォーデンは指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督もその才能に舌を巻くほどの逸材。注目を集めたのは2017年、同選手はイングランド代表としてU-17ワールドカップに出場し、決勝で2得点を挙げて優勝に大きく貢献した。 ▽トップチームデビューはワールドカップ優勝後の11月、チャンピオンズリーグのフェイエノールト戦で途中出場からデビューを果たした。また、今年9月のEFLカップのオックスフォード戦で初ゴールを挙げるなど、今季はここまで公式戦13試合に出場して1得点2アシストを記録。 ▽グアルディオラ監督に“特別な選手”と言わせるほどの英才は契約延長に「月に飛んで行ってしまうほど嬉しい」と表現。「新契約にサインするのが夢だった」とコメントしている。 2018.12.11 05:19 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、スターリングに人種差別行為のサポーター4人を出禁に…声明を発表

▽チェルシーは10日、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングに対するサポーターの人種差別行為に関する声明を発表した。 ▽チェルシーは8日にプレミアリーグ第16節でシティと対戦した。試合は2-0で勝利したのだが、その試合中に、チェルシーのサポーターからスターリングに対し人種差別的な野次が飛ばされていたことが判明。直後、「必要である最も強い行動を取る」と意思表示をしていたクラブは、今回の声明で以下のような文章を公開した。 「チェルシーFCは、マンチェスター・シティ戦でラヒーム・スターリングに対するサポーターの言動について更なる調査を進める間、4人のサポーターを観戦停止にします」 「現在調査中であり、我々は全身全霊で警察と協力し、集めた情報はすべて警察に預けます」 「チェルシーFCはすべての差別的行為に嫌悪を催します。チケット保持者に何らかの人種差別的行為があった場合、クラブは出禁を含む厳しい制裁を科すことになります。また、刑事告発にも完全にサポートする構えであります」 2018.12.11 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州ビッグクラブが獲得競争繰り広げるデ・ヨング、父親が「バルサ移籍が最良の選択」と発言

欧州のビッグクラブがこぞって獲得を目指すアヤックスMFフレンキー・デ・ヨングの父親が、バルセロナ移籍の可能性をほのめかしている。<br><br>パリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティなども獲得を狙うデ・ヨングだが、同選手の父親であるジョン氏はバルセロナに加わる可能性が高いことを示唆。オランダ『Voetbalprenium』で、次のようにコメントしている。<br><br>「決断を下さなければならない。彼はとても賢しい若者で、春に決断をするはずだ。アヤックスを退団する可能性は95%で、バルサ移籍が最良の選択となるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.10 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

シティが誇る超逸材フォーデン、24時間以内に契約延長か

▽イギリス『テレグラフ』は9日、マンチェスター・シティに所属するU-21イングランド代表MFフィル・フォーデン(18)が24時間以内に契約延長に至ると報じた。 ▽フォーデンは、昨年のU-17ワールドカップで世代別イングランド代表の優勝と大会MVPを獲得。シティの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督からも「特別な選手」として将来に大きな期待がかかる逸材だ。 ▽だが、現行契約は2020年6月まで。そうした状況を受け、ドルトムントやユベントスの関心が取り沙汰されてきたフォーデンだが、残留を希望しているとされ、シティから届いた6年間の新契約にサインする見通しだという。 ▽そのフォーデンは今シーズンのここまで公式戦13試合に出場して1得点2アシストを記録。新契約の期間が報道どおりなら、2024年6月までシティでプレーすることになる。 2018.12.10 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ、堂安律の獲得に“自信”か

▽マンチェスター・シティがフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)の獲得に本腰を入れているという。イギリス『TEAMtalk』が報じた。 ▽昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。日本代表の常連となりつつある中、フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』が新設した“若手版バロンドール”のコパ・トロフィー最終候補10名にも選ばれ、その存在により一層の注目が集まっている。 ▽以前から関心が取り沙汰されるシティは来年1月、その堂安の獲得に動く意向。チェルシーやアーセナル、アトレティコ・マドリー、ドルトムントも目を光らせているとされるが、かつてフローニンへンでプレーした元オランダ代表MFアリエン・ロッベン以来の逸材として評される堂安の獲得に自信を深めている模様だ。 ▽だが、来年1月におけるシティの堂安獲得に向けた動きは、現時点で将来への投資という意味合いが強く、取引が成立に至った場合も引き続きフローニンヘンでプレーさせるプランを考慮しているとのことだ。 2018.12.10 13:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース