レーティング:トッテナム 1-3 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》2018.04.15 05:49 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節、トッテナムvsマンチェスター・シティが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 4.5
飛び出しが遅れてPKを与えるなど、安定感を欠くパフォーマンス

DF
2 トリッピアー 5.0
ザネのスピードに苦戦を強いられ、押し込まれる状況が続いた。後半は前に出るもアクセントになれず

6 D・サンチェス 4.5
直近のストーク戦に続いて簡単な縦パスで裏を取られて1失点目に関与。集中力を欠く場面が散見

5 ヴェルトンゲン 6.0
自陣深くでの粘り強い守備に加え、ビハインド後は攻撃的な守備で味方を押し上げた

33 B・デイビス 5.0
不用意なファウルなど、劣勢を強いられた中でフラストレーションの溜まる試合に

MF
11 ラメラ 5.0
気迫のこもったプレーを見せるが、ボールを持ち過ぎるなど冷静さを欠いた

(→ソン・フンミン 5.0)
スペースを消されて持ち味の打開力は活きなかった

15 E・ダイアー 5.5
中盤の守備で奮闘。シンプルな捌きでリズムを作ろうと腐心

23 エリクセン 6.0
ラッキーな形ながらも反撃の狼煙を挙げるゴールで今季10点目。ただ、試合終盤はややキック精度を欠いた

19 デンベレ 6.0
周囲がバタ付く中でも攻守に安定感のあるプレー。その存在がチームに望みを与えた

(→ルーカス・モウラ 5.5)
積極的な仕掛けで見せ場は作った

20 デレ・アリ 5.0
消える場面が多く簡単にボールを失うなど、試合に入り切れなかった

(→ムサ・シッソコ -)

FW
10 ケイン 5.0
前線で孤立する場面が多い中、エリクセンのゴールをお膳立て。ただ、押し込んだ後半に相手センターバックコンビの徹底マークを剥がせず

監督
ポチェッティーノ 5.0
試合の入りで過密日程の相手に圧倒されたことが敗因。引いた相手を崩し切る術もなかった

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
31 エデルソン 6.0
不運な形で失点も勇敢なハイボールの処理など、それ以外は安定していた

DF
2 ウォーカー 6.0
古巣とアウェイ初対戦。色気を出さない堅実なプレーを続け、鋭いクロスから決定機も演出

4 コンパニ 7.0
絶妙なフィードで先制点をアシスト。守備でも好カバーを幾度も見せた

14 ラポルテ 6.0
不運な形で失点に関与。それ以外は攻守に及第点の出来

18 デルフ 6.0
攻撃参加は決して多くなかったが、切り替えの場面で集中した対応を続けた

MF
17 デ・ブライネ 6.0
疲労を窺わせる場面もあったが、気迫のこもった守備と精度の高いパスで存在感

(→ヤヤ・トゥーレ -)

8 ギュンドアン 6.5
PKを決めて前回対戦に続く1ゴール。無難な捌きでリズムを作った

21 シルバ 6.5
質と量を兼ね備えたフリーランで味方に多くの選択肢を提供。プレー精度が高かった

FW
7 スターリング 7.0
貴重なPK奪取にダメ押しの3点目を決めた。フィニッシュに甘さはあったものの、前線で積極的に駆け引きを繰り返して相手守備を揺さぶった

33 ガブリエウ・ジェズス 6.5
ストライカーらしい動き出しから先制点を記録。D・サンチェスを幾度も出し抜いた

(→ベルナルド・シウバ -)

19 ザネ 6.0
持ち味のスピードを攻守両面で披露。後半はさすがにバテた

(→オタメンディ 6.0)
ここ数試合ミスが目立っていたものの、本来の安定したプレーで逃げ切りに貢献

監督
グアルディオラ 6.5
気迫を見せた試合への入りに加え、3バックへの変更による逃げ切りなど的確な采配で見事に勝ち切った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
コンパニ(マンチェスター・シティ)
▽見事なフィードで先制点を演出し、守備ではケインら質の高い攻撃陣を封じ切った頼れるキャプテンをMOMに選出。押し込まれた後半序盤の粘り強い守備が勝利のカギだった。

トッテナム 1-3 マンチェスター・シティ
【トッテナム】
エリクセン(前42)
【マンチェスター・シティ】
ガブリエウ・ジェズス(前22)
ギュンドアン(前25[PK])
スターリング(後27)

コメント

関連ニュース

thumb

シティ、弱冠17歳・ブラジル期待の大型CB獲得に興味? アトレティコ&ローマと争奪戦の可能性

▽マンチェスター・シティが、17歳のブラジル人DFに注目しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽GKエデルソン(24)やFWガブリエウ・ジェズス(21)といった若いブラジル人選手を所有するシティが、次なるブラジルの新星の獲得を狙っている。それはアトレチコ・パラナエンセU-19でプレーするU-20ブラジル代表DFルーカス・ハウター(17)だ。 ▽すでにアトレティコ・マドリーやローマも関心を寄せているルーカス・ハウターだが、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得に興味を示しているとのこと。 ▽伝えられるところによると、来月18歳になるルーカス・ハウターは身長187cmの大型センターバック。その身体能力の高さを生かした空中戦、落ち着いたプレーとボール奪取力に長けており、すでにブラジルで最も優れた若手ディフェンダーの一人と称賛されているようだ。 ▽アトレチコ・パラナエンセU-19ではキャプテンを務めており、すでにトップチームの練習に参加していることが伝えられているが、ブラジル期待の若手DFを巡って争奪戦になる可能性がありそうだ。 2018.04.25 15:28 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタにシティ移籍の可能性? ペップが接近か

▽マンチェスター・シティが、バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得を望んでいるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽今シーズン限りでのバルセロナ退団が濃厚となっているイニエスタは現在、中国移籍が噂されており、重慶当代力帆と天津権健が移籍先として浮上。イニエスタ自身は21日に行われたセビージャとのコパ・デル・レイ決勝後、「去就については、今週発表する」と明かしており、その動向に注目が集まっている。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、ここに来てシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が接近しているとのこと。セビージャ戦でハイパフォーマンスを披露した同選手がトップレベルでまだプレーできると判断しており、再タッグを望んでいるようだ。 ▽また、同メディアはパリ・サンジェルマン(PSG)も獲得へ動いているチームの一つと報道。さらに最近退任を発表したアーセン・ヴェンゲル監督の後任として浮上しているルイス・エンリケ氏が、アーセナルに就任した場合、同クラブも獲得に乗り出す可能性があると見解を示している。 2018.04.25 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、ジョルジーニョに75億円オファーか…話し合いも進行中

▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の獲得に向け、マンチェスター・シティが動きを活性化させているようだ。 ▽イギリス『デイリー・メール』によれば、シティはブラジル代表MFフェルナンジーニョの後継として、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、アーセナルといったプレミアリーグのライバル勢も関心を寄せているジョルジーニョに興味を示しているという。 ▽そのシティは移籍金として、ナポリに5000万ポンド(約75億7000万円)のオファーを提示。さらに、ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏と2度にわたる会談を行い、その席で具体的な話し合いが進められている模様だ。 ▽ナポリの司令塔として高い評価を受けるジョルジーニョは、今シーズンも主力としてプレー。ここまで公式戦35試合に出場して4ゴール4アシストをマークしている。 2018.04.24 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

シティがストーンズを売却か? CBの序列で4番手に…

▽マンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(23)は、今夏シティを退団するかもしれない。イギリス『サン』が報じた。 ▽ストーンズは、2016年8月に移籍金総額5000万ポンド(当時のレートで約66億3900万円)でエバートンから加入した逸材。シティでの1年目はプレミアリーグで27試合に出場していたが、今シーズンはシーズン序盤こそポジションを掴むも、負傷離脱もあり出場機会が減少していた。 ▽さらに、1月にアスレティック・ビルバオから加入したフランス代表DFアイメリク・ラポルテとのポジション争いに敗れ、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディに続くセンターバックとして4番手に序列が下がっていた。 ▽ストーンズとシティの契約は2020年6月まであり、週給は10万ポンド(約1520万円)となるため、獲得できるクラブは限られているだろう。 ▽アーセナルはアーセン・ヴェンゲル監督がストーンズに興味を示していたが、今シーズン限りで退任が決定。後任監督次第ではあるが、センターバックは補強ポイントでもあるため、獲得に乗り出す可能性はあるとされている。 ▽また、リバプールも今冬にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョをバルセロナに売却した資金があるため、ストーンズを狙うかもしれない。しかし、エバートン出身と考えると、難しいと見られている。 ▽イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督はストーンズを評価しており、ロシア・ワールドカップの出場は問題無いと見られている。しかし、年齢を考えれば出場機会が重要であり、新シーズンは新天地に活躍の場を求める可能性は多いようだ。 2018.04.24 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ守護神エデルソン、願望を明かす…「ゴールを決めたい」

▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表GKエデルソンが今シーズンの秘めたる目標を明かした。 ▽エデルソンは、昨夏にベンフィカから加入。フィールドプレーヤー顔負けのビルドアップ能力は、昨シーズンから続いたジョゼップ・グアルディオラ監督のGKに対する悩みを解消させると共にポゼッションスタイルの一翼を担い、プレミアリーグ制覇にも大きく貢献した。 ▽そんなエデルソンに対しては、22日に行われたプレミアリーグ第35節のスウォンジー戦でチームがPKのチャンスを得ると、一部サポーターからキッカーに推す声が飛ぶひと幕も。エデルソン自身も今シーズン中にゴールを決めたい願望があるようだ。 「ペップが僕にPKを蹴りたいか尋ねてきたら、僕はやると答えるよ。ゴールを決めたいんだ」 ▽なお、イギリス『BBC』によれば、プレミアリーグ史において得点をマークしたGKは、GKピーター・シュマイケル、GKブラッド・フリーデル、GKポール・ロビンソン、GKティム・ハワード、GKアスミル・ベゴビッチの5名のみだという。 2018.04.24 10:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース