14戦無敗スパーズにシーズンダブルのシティが優勝に再王手! 明日の試合でユナイテッド敗戦で優勝決定も《プレミアリーグ》2018.04.15 05:48 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節、トッテナムvsマンチェスター・シティが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-1で勝利した。

▽昨年12月16日に行われた第18節で今回の対戦相手シティに1-4の大敗を喫して以降、プレミアリーグになってからのクラブ記録である14戦無敗を継続する絶好調の4位トッテナム(勝ち点67)。現在、6連勝中のチームはシティ相手にリベンジを果たすと共にトップ4フィニッシュに向けて勝ち点3を目指した。2-1で競り勝った前節のストーク・シティ戦から先発4人を変更。両サイドバックをオーリエ、ローズからトリッピアー、ベン・デイビスに入れ替え、ワニャマ、ソン・フンミンに代わってエリック・ダイアー、ラメラを起用した。

▽一方、史上最速優勝に王手をかけた前節の宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームで2点差を引っくり返されるまさかの逆転負けを喫した首位シティ(勝ち点84)は、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でもリバプール相手に連敗を喫して無念のベスト8敗退。公式戦3連敗と今季最も厳しい時期を過ごすチームは、難敵トッテナム相手のアウェイゲームで連敗ストップと共に優勝再王手を狙った。リバプール戦からは先発3人を変更。出場停止のフェルナンジーニョに代わってギュンドアンを起用したほか、オタメンディに代えてコンパニ、ベルナルド・シウバに代わってデルフを起用。また、変則的な3バックから[4-3-3]のシステムに戻した。

▽日程面で圧倒的に不利なシティが積極的な試合への入りを見せる。開始3分には右サイドでシルバとパス交換したスターリングがボックス右から柔らかなクロスを供給。これをボックス左でフリーのザネが狙いすました左足ダイレクトボレーで合わすが、これは惜しくも左ポストを叩く。さらに畳みかけるアウェイチームはフリーマンのシルバが両サイドに流れて数的優位を作りつつ、積極的に前線の選手にクサビを入れながら厚みのある攻撃を展開。8分と9分にはスターリング、デ・ブライネと続けて際どいミドルシュートを放った。

▽その後も相手のプレスをいなすパスワーク、素早いネガティブトランジションでホームチームに何もさせない完璧な試合運びを見せるシティ。すると、この良い流れの中で立て続けにゴールが生まれる。22分、最終ラインでボールを受けたコンパニが相手ハイラインの背後へ絶妙なフィードを通すと、DFダビンソン・サンチェスを振り切ってゴール前に抜け出したガブリエウ・ジェズスがGKとの一対一を制して先制点を奪取。続く25分には左サイドで裏へ飛び出したスターリングがボックスギリギリの微妙な位置でGKロリスに倒されると、主審はシティのアドバンテージを取って流した後にPKを宣告。これをキッカーのギュンドアンがGKの逆を突くシュートできっちり決め切った。

▽大敗した前回対戦の再現かのように厳しい試合展開を強いられたトッテナムは相手が一息ついた30分過ぎからようやく反撃に転じていく。31分にはラメラがファーストシュートを放つと、その後は高い位置を取り始めたサイドバックのクロスから攻め手をうかがう。

▽すると、前半終了間際の42分にはセットプレーの二次攻撃からケインの短いスルーパスに抜け出したゴール前のエリクセンが右足シュート。これがDFラポルテのスライディングブロックに遭うも、跳ね返りがエリクセンの脛に当たって無人のゴールへ吸い込まれた。そして、ラッキーな形で1点を返したトッテナムが1点ビハインドでハーフタイムに突入した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半はシティの運動量低下、トッテナムのプレスの勢いが強まり、ホームチームが押し込む展開が続く。決定機こそ作れないものの、セカンドボールの回収と相手の切り替えのパスを奪って攻撃に厚みを加えるトッテナムはデレ・アリがゴール前でチャンスに絡むシーンを増やしていく。

▽一方、後半に入って厳しい状況が続くシティだが、64分にギュンドアンのスルーパスにジェズスが完璧に抜け出すなど、相手のハイラインの背後を狙うシンプルな攻撃から試合を決定付ける3点目を狙う。この決定機直後にはザネを下げてオタメンディを投入し、[3-5-2]の守備的な布陣に変更する。一方、トッテナムはこのタイミングでラメラを下げてソン・フンミンをピッチに送り出した。

▽この選手交代をキッカケに試合が動きを見せそうな気配が漂う中、一歩先に出たのはシティ。71分、右サイド深くでウォーカーが入れた低弾道の高速クロスをGKロリスが弾き出すと、これをボックス中央で回収したスターリングがロリスをかわしてシュートもトリッピアーの決死のブロックに防がれる。しかし、この流れの中で得た2つ目の右CKでファーに流れたボールをジェズスがニアポストを狙ってシュート。これはロリスに阻まれるも今度はスターリングがきっちりこぼれ球を蹴り込んだ。

▽痛恨の3失点目を喫したトッテナムはデンベレ、デレ・アリを下げてルーカス・モウラ、ムサ・シッソコを続けて投入。ルーカス・モウラの鋭い仕掛けで幾度かチャンスを作りかけるが、先日のユナイテッド戦を教訓にソリッドな守備を続けるシティの守備をこじ開けられない。後半アディショナルタイムにはセットプレーの流れからルーカス・モウラが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKエデルソンがセーブ。結局、試合はこのままシティの3-1でタイムアップを迎え、公式戦の連敗を「3」でストップしたシティが優勝に再王手。翌日に行われるWBA戦で2位ユナイテッドが敗戦した場合、今節で優勝を決めることになった。一方、トッテナムはシティにシーズンダブルを喫して2018年リーグ戦初黒星となる15試合ぶりの敗戦となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ギュンドアン警戒! 「リバプールとチェルシーはすごく強い」

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがリバプールとチェルシーを警戒した。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽プレミアリーグ覇者のシティは、今シーズンのここまで5勝1分け無敗。だが、8月25日に行われた第3節のウォルバーハンプトン戦を引き分けたことが尾を引き、開幕6連勝のリバプールを2ポイント差で追う2位にチェルシーと共に位置する。 ▽ギュンドアンは、王座防衛の戦いに挑むシティのライバルになり得るチームについて、次のように言及した。 「リバプールとは数週間後に対戦する。アンフィールドで僕らの力が試される戦いになるだろうね。リバプールはすごく強いチームだ。それと、チェルシーもね」 「ユナイテッドは、僕らと同じくウルブス戦で勝ち点を落とした。そういったことを踏まえると、今シーズンのウルブスは多くの問題を引き起こすチームかもしれない」 「でも、結局は自分たちの責任さ。とにかく、僕らは今日のような戦いを続けたい。そうすれば、勝利のチャンスもタイトルの可能性もより高まっていくからね」 「連覇の難しさはわかっている。相手は昨シーズン以上に強い。チャンピオンの僕らと対戦するとなれば、ひと泡吹かせようと目の色を変えて立ち向かってくる」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、レロイ・ザネを注視…シティの設定価格は190億超!

▽ユベントスがマンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(22)に目を光らせているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長は、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得に成功したが、早くもその後釜探しに着手。別ポジションになるが、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サビッチのほか、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペと共に候補の1人として、レロイ・ザネを注視しているという。 ▽しかし、ユベントスはレロイ・ザネ獲得に向けた動きは、近々にというわけではない様子。今夏にC・ロナウド獲得に大金を投下した直後に、シティの1億5000万ユーロ(198億3000万円)に及ぶ高額な価格設定に応じることは難しく、来夏以降の獲得挑戦を視野に入れているとのことだ。 ▽レロイ・ザネは、2016年夏にシャルケからシティに加入。ロシア・ワールドカップ出場こそ逃したが、移籍2年目の昨シーズンのプレミアリーグで32試合10得点の活躍を披露するなど、切れ味鋭いウィンガーとして評価を高めた。今シーズンになり、ジョゼップ・グアルディオラ監督との軋轢も取り沙汰されるが、果たして…。 2018.09.24 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「正真正銘のレジェンドだ」ペップ、シティ通算300試合出場達成のアグエロに賛辞

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、300試合出場を達成したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを“レジェンド”と褒め称えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽シティは22日、プレミアリーグ第6節でカーディフと対戦。今週2021年までの新契約にサインしたばかりのアグエロは先発に名を連ねて、シティでの通算300試合出場を達成した。それだけに留まらず、32分にはベルナルド・シウバの折り返しを蹴り込んで、自身の300試合出場を祝うゴールで先制点を奪取。この日は61分までプレーし、チームも5-0と快勝した。 ▽試合後、指揮官のペップは、通算300試合出場を達成したアグエロに賛辞。これからの活躍にも期待を寄せている。 「彼は正真正銘のレジェンドだ」 「彼がこのクラブで成し遂げてきたことはとても重要なことだ。このクラブに長く在籍し、活躍し続けてくれることを願っているよ」 2018.09.23 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

シティがCL敗戦払拭するゴールショー! 300試合達成のアグエロ弾にマフレズが待望の初弾!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、カーディフvsマンチェスター・シティが22日にカーディフ・シティ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが5-0で快勝した。 ▽昨季王者シティはリーグ戦で4勝1分けと好スタートを切ったものの、今季チャンピオンズリーグ(CL)の初陣となったリヨン戦ではホームで1-2の敗戦を喫し、まさかの今季公式戦初黒星となった。バウンスバックが求められる中2日での一戦では今季初白星を目指す昇格組カーディフのホームに乗り込んだ。 ▽CLではベンチ入り禁止だったグアルディオラ監督はこの試合に向けて先発3人を変更。ストーンズ、シルバ、ガブリエウ・ジェズスに代わってオタメンディ、ザネ、アグエロが起用した。なお、今週に2021年までの新契約にサインしたばかりのアグエロはこれがシティでの通算300試合目となった。 ▽強い雨が降りしきる中でスタートしたウェールズでの一戦は戦前の予想通り、圧倒的にボールを保持するシティが押し込む展開に。ザネとスターリングの両翼を起点にアグエロらを狙った低く鋭いクロス、中央でのコンビプレーで打開を図るアウェイチームだが、中央を固める相手の守備をこじ開けるまでには至らず。 ▽それでも、慌てずに攻勢を続けるシティは32分、ハーフスペースでボールを受けて前を向いたギュンドアンから絶妙な縦パスを受けたボックス右のベルナルド・シウバが丁寧に中へ折り返すと、これをアグエロが右足ダイレクトでゴール右隅に蹴り込み、自身の300試合出場を祝うシティでの205点目を記録した。 ▽エースの先制点で勢いづくシティは畳みかける攻めを見せる。35分には右CKの場面で右サイドのザネが左足で入れた低いクロスをボックス右のベルナルド・シウバが巧みなバックヘッドでゴール左隅の絶妙なコースに流し込む。さらに前半終了間際の44分には高い位置でのボール奪取からスターリングとのパス交換でうまくシュートコースを作ったギュンドアンがゴール右上隅に見事なミドルシュートを突き刺し、前半を3-0のスコアで終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半、カーディフDFペリティエルが着地の際に肩を痛めて負傷交代を強いられるアクシデントに見舞われたが、後半も試合展開に大きな変化はなし。ザネがポスト直撃のシュートで4点目に迫るなど余裕の試合運びを見せる。 ▽その後、61分に殊勲のアグエロを下げてマフレズを投入したシティはそのマフレズが早速仕事を果たす。67分、左サイドのスペースに飛び出したギュンドアンからの丁寧なグラウンダーの折り返しをワンタッチで合わせ、待望の移籍後初ゴールを奪う。 ▽この4点目で完全に試合を決定付けたシティはギュンドアン、フェルナンジーニョを下げてフォーデン、ストーンズを続けて投入。ストーンズを中盤起用するなど、今後に向けたテストを試みていく。それでも、流れを渡さないアウェイチームは89分、マフレズが得意の左足のシュートでトドメの5点目を奪い、敵地で5-0の圧勝。CLリヨン戦での敗戦を見事に払拭したシティが開幕からの無敗を継続している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 00:58 Sun
twitterfacebook
thumb

未完の大器アドリアン・ラビオ、来夏シティに帰還か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)のマンチェスター・シティ帰還の可能性が浮上した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽ラビオはユース時代からPSGに所属。2012年8月にトップチームデビューを果たすも、ほとんど出場機会に恵まれず、そのシーズンの後半はトゥールーズへレンタルしていた。翌シーズンに復帰したが、トッププレイヤー犇めくチームでやはり満足のいくプレーが出来ず、近年では徐々にプレー時間は伸びているものの、PSGからの契約延長オファーを拒否しているとみられている。 ▽ラビオとPSGの契約は今季限り。そこに目を付けたのがシティだ。ラビオは14歳の頃、シティのアカデミーで1年間過ごした経歴を持つ。だが、極度のホームシックだったラビオは、シティの強い説得も虚しく故郷のフランスに戻ってしまったようだ。 ▽『メトロ』によれば、ラビオはかつてシティが自身の慰留に尽力してくれたことに恩義を感じているようで、同クラブとは前向きな交渉を進めていく模様。シティも、今夏にイタリア代表MFジョルジーニョ(現チェルシー)を取り逃がし、中盤の底でパサーに徹する選手を探しているところだ。 ▽来年1月にも交渉の場を持ち、PSGとの契約が切れる来夏加入のための事前契約を結ぶ見込みとのこと。しかしラビオにはバルセロナやユベントスも関心を示しているようで、彼らが1月に獲得に動けば、少しでも移籍金が得られるPSGはそちらの交渉を優先する可能性もあると指摘している。 ▽ラビオは今シーズン、PSGでここまでの公式戦全7試合にフル出場し1ゴール1アシストを記録している。 2018.09.22 14:01 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース