14戦無敗スパーズにシーズンダブルのシティが優勝に再王手! 明日の試合でユナイテッド敗戦で優勝決定も《プレミアリーグ》2018.04.15 05:48 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節、トッテナムvsマンチェスター・シティが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-1で勝利した。

▽昨年12月16日に行われた第18節で今回の対戦相手シティに1-4の大敗を喫して以降、プレミアリーグになってからのクラブ記録である14戦無敗を継続する絶好調の4位トッテナム(勝ち点67)。現在、6連勝中のチームはシティ相手にリベンジを果たすと共にトップ4フィニッシュに向けて勝ち点3を目指した。2-1で競り勝った前節のストーク・シティ戦から先発4人を変更。両サイドバックをオーリエ、ローズからトリッピアー、ベン・デイビスに入れ替え、ワニャマ、ソン・フンミンに代わってエリック・ダイアー、ラメラを起用した。

▽一方、史上最速優勝に王手をかけた前節の宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームで2点差を引っくり返されるまさかの逆転負けを喫した首位シティ(勝ち点84)は、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でもリバプール相手に連敗を喫して無念のベスト8敗退。公式戦3連敗と今季最も厳しい時期を過ごすチームは、難敵トッテナム相手のアウェイゲームで連敗ストップと共に優勝再王手を狙った。リバプール戦からは先発3人を変更。出場停止のフェルナンジーニョに代わってギュンドアンを起用したほか、オタメンディに代えてコンパニ、ベルナルド・シウバに代わってデルフを起用。また、変則的な3バックから[4-3-3]のシステムに戻した。

▽日程面で圧倒的に不利なシティが積極的な試合への入りを見せる。開始3分には右サイドでシルバとパス交換したスターリングがボックス右から柔らかなクロスを供給。これをボックス左でフリーのザネが狙いすました左足ダイレクトボレーで合わすが、これは惜しくも左ポストを叩く。さらに畳みかけるアウェイチームはフリーマンのシルバが両サイドに流れて数的優位を作りつつ、積極的に前線の選手にクサビを入れながら厚みのある攻撃を展開。8分と9分にはスターリング、デ・ブライネと続けて際どいミドルシュートを放った。

▽その後も相手のプレスをいなすパスワーク、素早いネガティブトランジションでホームチームに何もさせない完璧な試合運びを見せるシティ。すると、この良い流れの中で立て続けにゴールが生まれる。22分、最終ラインでボールを受けたコンパニが相手ハイラインの背後へ絶妙なフィードを通すと、DFダビンソン・サンチェスを振り切ってゴール前に抜け出したガブリエウ・ジェズスがGKとの一対一を制して先制点を奪取。続く25分には左サイドで裏へ飛び出したスターリングがボックスギリギリの微妙な位置でGKロリスに倒されると、主審はシティのアドバンテージを取って流した後にPKを宣告。これをキッカーのギュンドアンがGKの逆を突くシュートできっちり決め切った。

▽大敗した前回対戦の再現かのように厳しい試合展開を強いられたトッテナムは相手が一息ついた30分過ぎからようやく反撃に転じていく。31分にはラメラがファーストシュートを放つと、その後は高い位置を取り始めたサイドバックのクロスから攻め手をうかがう。

▽すると、前半終了間際の42分にはセットプレーの二次攻撃からケインの短いスルーパスに抜け出したゴール前のエリクセンが右足シュート。これがDFラポルテのスライディングブロックに遭うも、跳ね返りがエリクセンの脛に当たって無人のゴールへ吸い込まれた。そして、ラッキーな形で1点を返したトッテナムが1点ビハインドでハーフタイムに突入した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半はシティの運動量低下、トッテナムのプレスの勢いが強まり、ホームチームが押し込む展開が続く。決定機こそ作れないものの、セカンドボールの回収と相手の切り替えのパスを奪って攻撃に厚みを加えるトッテナムはデレ・アリがゴール前でチャンスに絡むシーンを増やしていく。

▽一方、後半に入って厳しい状況が続くシティだが、64分にギュンドアンのスルーパスにジェズスが完璧に抜け出すなど、相手のハイラインの背後を狙うシンプルな攻撃から試合を決定付ける3点目を狙う。この決定機直後にはザネを下げてオタメンディを投入し、[3-5-2]の守備的な布陣に変更する。一方、トッテナムはこのタイミングでラメラを下げてソン・フンミンをピッチに送り出した。

▽この選手交代をキッカケに試合が動きを見せそうな気配が漂う中、一歩先に出たのはシティ。71分、右サイド深くでウォーカーが入れた低弾道の高速クロスをGKロリスが弾き出すと、これをボックス中央で回収したスターリングがロリスをかわしてシュートもトリッピアーの決死のブロックに防がれる。しかし、この流れの中で得た2つ目の右CKでファーに流れたボールをジェズスがニアポストを狙ってシュート。これはロリスに阻まれるも今度はスターリングがきっちりこぼれ球を蹴り込んだ。

▽痛恨の3失点目を喫したトッテナムはデンベレ、デレ・アリを下げてルーカス・モウラ、ムサ・シッソコを続けて投入。ルーカス・モウラの鋭い仕掛けで幾度かチャンスを作りかけるが、先日のユナイテッド戦を教訓にソリッドな守備を続けるシティの守備をこじ開けられない。後半アディショナルタイムにはセットプレーの流れからルーカス・モウラが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKエデルソンがセーブ。結局、試合はこのままシティの3-1でタイムアップを迎え、公式戦の連敗を「3」でストップしたシティが優勝に再王手。翌日に行われるWBA戦で2位ユナイテッドが敗戦した場合、今節で優勝を決めることになった。一方、トッテナムはシティにシーズンダブルを喫して2018年リーグ戦初黒星となる15試合ぶりの敗戦となった。

コメント

関連ニュース

thumb

GKジョー・ハート、シティのプレシーズンツアーにメンバー入り

▽マンチェスター・シティの元イングランド代表GKジョー・ハート(31)が、クラブのプレシーズンツアーに帯同することが分かった。 ▽シティは17日、アメリカへのプレシーズンツアーに向けたメンバー28名を発表した。メンバーにはロシア・ワールドカップに出場した選手らはほとんど含まれておらず、若手を中心にDFバンジャマン・メンディやDFアイメリク・ラポルテ、MFレロイ・ザネに今夏新加入のMFリヤド・マフレズらがメンバー入りを果たした。 ▽そんな中、イギリス『スカイ・スポーツ』は、GKジョー・ハートに注目。2006年夏に加入した同選手はこれまで公式戦348試合に出場しているが、近年ではGKクラウディオ・ブラーボやGKエデルソンの加入により居場所を追われてトリノやウェストハムにレンタルしていた。 ▽シティとの契約が2019年6月30日まで残っているため、今回のメンバー入りは当然のものなのだが、指揮官ジョゼップ・グアルディオラはエデルソンに全幅の信頼を寄せ、セカンドGKもブラーボと、ハートが出場する余地はほとんどないように思える。全くチャンスがないわけではないが、このまま飼い殺しされるぐらいならば移籍した方が同選手のためではあるが…。 2018.07.17 22:29 Tue
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョ逃したシティ、コバチッチを注視

▽マンチェスター・シティが、レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)獲得を検討しているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョの獲得を目指してきたシティ。6月上旬には、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「我々はシティのリーダーたちと良い関係を築けている」とコメントしたことで、契約間近とみられていた。 ▽しかし現在では、ナポリ前指揮官のマウリツィオ・サッリ監督がチェルシー行きが確定的と見られており、教え子のジョルジーニョも同クラブへの移籍が濃厚と伝えられている。一転して振られた形となったシティは、ジョルジーニョ以外の候補者の検討を迫られている。 ▽そういった中で挙がっているのが、コバチッチだ。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が昨シーズンを通してコバチッチを追跡しており、高い評価を下しているという。また、コバチッチ本人も6月下旬にマドリーからの移籍希望を表明していた。 ▽マドリーとコバチッチの契約は2021年まで残っており、契約解除金は3億ユーロ(約394億円)。そのため、マドリーが法外の移籍金を要求する可能性も否定できない。しかし、もしコバチッチに移籍許可が下りれば、競合しているとされるチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドよりも、シティが有力だろうと記事は伝えている。 2018.07.14 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

マフレズ、マンCでの激しいポジション争いにも自信アリ…ペップの指導にもワクワク

マンチェスター・シティに加入したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、苛烈なポジション争いを覚悟しつつ、重要な役割を担うと誓っている。<br><br>先日、マフレズはレスターから6000万ポンド(約89億円)でシティ移籍が決まった。古巣レスターへの感謝の言葉を残し、ステップアップを喜んだが、シティにはサイドに多くのタレントが在籍しており、激しいポジションが予想される。それでも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でさらなるブレイクを果たせると信じているという。<br><br>「(どのようにフィットするかという疑問があるが?)全くそんなことは考えていないね。もちろん彼らは素晴らしいことを成し遂げた。信じられないプレミアリーグ記録も打ち立てたが、その問題については考えないよ。自分に自信があるし、このチームをもっと良くしたいと思う」<br><br>また、ペップの下でチームできることにはワクワクしているようだ。<br><br>「ペップは多くのことを勝ち取り、このクラブの歴史を作ってきた最高の指揮官だ。彼とともに働きたかったし、このクラブでプレーしたかった。何もためらわなかったよ。彼が僕を欲しがってくれたんだからね」<br><br>提供:goal.com 2018.07.13 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・C移籍のマフレズが古巣への感謝を綴る「全てのレスターファンへ、ありがとう」

マンチェスター・シティ移籍が決まったアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(27)は、古巣レスター・シティへ感謝のメッセージを綴った。<br><br>2015-16シーズンにレスターの奇跡のプレミアリーグ制覇に大きく貢献するも、昨夏から退団の希望を明らかにするなどマフレズはトップクラブへの移籍を望んでいた。そして10日、今冬から興味を持つシティがクラブレコードを更新する6000万ポンド(約89億円)で同選手の獲得を発表した。<br><br>シティ移籍が発表されてから一夜明けた11日、マフレズは自身のツイッターでレスターへの感謝を述べた。<br><br>「全てのレスターファンへ、僕たちはいくつもの素晴らしい記憶と歴史を共に築いてきた。下馬評を覆してのプレミアリーグ優勝は君たちの最高のサポートなしでは成し遂げられなかった。このクラブに入った直後から僕を迎え入れてくれて、信頼し、励ましてくれた君たち全員に感謝したい」<br><br>「それにこの数年間、僕の人生の一部となったチームメイト、スタッフ、クラブの全員にも感謝したい。今は先に進む時が来た。でも、僕はここでの時間を忘れることはない。ありがとう、ありがとう、ありがとう」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.12 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがクラブレコードの約88億円で念願のマフレズを獲得

▽マンチェスター・シティは10日、レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年までの5年間で、移籍金はイギリス複数メディアによると、シティのクラブレコードである6000万ポンド(88億6000万円)とのことだ。 ▽フランス生まれのマフレズは右ウイングを主戦場とするレフティーのテクニシャン。2014年1月にル・アーブルからレスターに加入し、レスターでは公式戦166試合に出場して49ゴール36アシストをマーク。2015-16シーズンにはプレミアリーグで37試合に出場して17ゴールを挙げてレスターを初優勝に導く原動力となっていた。 ▽今冬にもシティから再三オファーを受けながらもレスターの強硬な姿勢により移籍が決まらなかった経緯のあるマフレズは、シティの公式サイトで次のように述べた。 「ペップ・グアルディオラ監督の下、素晴らしいサッカーをするシティに加入できたことを嬉しく思っている。外から見ていて、素晴らしいサッカーだと思った。攻撃的サッカーを実践しており、僕にとっては完璧な環境だ。昨季のシティのパフォーマンスは、エクセレントだった。これから先も成功できると思うし、僕自身もペップ監督の下、向上できると信じている」 ▽なお、これまでのシティの移籍金最高額はフランス代表DFアイメリック・ラポルテを獲得する際にかかった5700万ポンドとなっていた。 2018.07.11 06:06 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース