14戦無敗スパーズにシーズンダブルのシティが優勝に再王手! 明日の試合でユナイテッド敗戦で優勝決定も《プレミアリーグ》2018.04.15 05:48 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第34節、トッテナムvsマンチェスター・シティが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-1で勝利した。

▽昨年12月16日に行われた第18節で今回の対戦相手シティに1-4の大敗を喫して以降、プレミアリーグになってからのクラブ記録である14戦無敗を継続する絶好調の4位トッテナム(勝ち点67)。現在、6連勝中のチームはシティ相手にリベンジを果たすと共にトップ4フィニッシュに向けて勝ち点3を目指した。2-1で競り勝った前節のストーク・シティ戦から先発4人を変更。両サイドバックをオーリエ、ローズからトリッピアー、ベン・デイビスに入れ替え、ワニャマ、ソン・フンミンに代わってエリック・ダイアー、ラメラを起用した。

▽一方、史上最速優勝に王手をかけた前節の宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームで2点差を引っくり返されるまさかの逆転負けを喫した首位シティ(勝ち点84)は、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でもリバプール相手に連敗を喫して無念のベスト8敗退。公式戦3連敗と今季最も厳しい時期を過ごすチームは、難敵トッテナム相手のアウェイゲームで連敗ストップと共に優勝再王手を狙った。リバプール戦からは先発3人を変更。出場停止のフェルナンジーニョに代わってギュンドアンを起用したほか、オタメンディに代えてコンパニ、ベルナルド・シウバに代わってデルフを起用。また、変則的な3バックから[4-3-3]のシステムに戻した。

▽日程面で圧倒的に不利なシティが積極的な試合への入りを見せる。開始3分には右サイドでシルバとパス交換したスターリングがボックス右から柔らかなクロスを供給。これをボックス左でフリーのザネが狙いすました左足ダイレクトボレーで合わすが、これは惜しくも左ポストを叩く。さらに畳みかけるアウェイチームはフリーマンのシルバが両サイドに流れて数的優位を作りつつ、積極的に前線の選手にクサビを入れながら厚みのある攻撃を展開。8分と9分にはスターリング、デ・ブライネと続けて際どいミドルシュートを放った。

▽その後も相手のプレスをいなすパスワーク、素早いネガティブトランジションでホームチームに何もさせない完璧な試合運びを見せるシティ。すると、この良い流れの中で立て続けにゴールが生まれる。22分、最終ラインでボールを受けたコンパニが相手ハイラインの背後へ絶妙なフィードを通すと、DFダビンソン・サンチェスを振り切ってゴール前に抜け出したガブリエウ・ジェズスがGKとの一対一を制して先制点を奪取。続く25分には左サイドで裏へ飛び出したスターリングがボックスギリギリの微妙な位置でGKロリスに倒されると、主審はシティのアドバンテージを取って流した後にPKを宣告。これをキッカーのギュンドアンがGKの逆を突くシュートできっちり決め切った。

▽大敗した前回対戦の再現かのように厳しい試合展開を強いられたトッテナムは相手が一息ついた30分過ぎからようやく反撃に転じていく。31分にはラメラがファーストシュートを放つと、その後は高い位置を取り始めたサイドバックのクロスから攻め手をうかがう。

▽すると、前半終了間際の42分にはセットプレーの二次攻撃からケインの短いスルーパスに抜け出したゴール前のエリクセンが右足シュート。これがDFラポルテのスライディングブロックに遭うも、跳ね返りがエリクセンの脛に当たって無人のゴールへ吸い込まれた。そして、ラッキーな形で1点を返したトッテナムが1点ビハインドでハーフタイムに突入した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半はシティの運動量低下、トッテナムのプレスの勢いが強まり、ホームチームが押し込む展開が続く。決定機こそ作れないものの、セカンドボールの回収と相手の切り替えのパスを奪って攻撃に厚みを加えるトッテナムはデレ・アリがゴール前でチャンスに絡むシーンを増やしていく。

▽一方、後半に入って厳しい状況が続くシティだが、64分にギュンドアンのスルーパスにジェズスが完璧に抜け出すなど、相手のハイラインの背後を狙うシンプルな攻撃から試合を決定付ける3点目を狙う。この決定機直後にはザネを下げてオタメンディを投入し、[3-5-2]の守備的な布陣に変更する。一方、トッテナムはこのタイミングでラメラを下げてソン・フンミンをピッチに送り出した。

▽この選手交代をキッカケに試合が動きを見せそうな気配が漂う中、一歩先に出たのはシティ。71分、右サイド深くでウォーカーが入れた低弾道の高速クロスをGKロリスが弾き出すと、これをボックス中央で回収したスターリングがロリスをかわしてシュートもトリッピアーの決死のブロックに防がれる。しかし、この流れの中で得た2つ目の右CKでファーに流れたボールをジェズスがニアポストを狙ってシュート。これはロリスに阻まれるも今度はスターリングがきっちりこぼれ球を蹴り込んだ。

▽痛恨の3失点目を喫したトッテナムはデンベレ、デレ・アリを下げてルーカス・モウラ、ムサ・シッソコを続けて投入。ルーカス・モウラの鋭い仕掛けで幾度かチャンスを作りかけるが、先日のユナイテッド戦を教訓にソリッドな守備を続けるシティの守備をこじ開けられない。後半アディショナルタイムにはセットプレーの流れからルーカス・モウラが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKエデルソンがセーブ。結局、試合はこのままシティの3-1でタイムアップを迎え、公式戦の連敗を「3」でストップしたシティが優勝に再王手。翌日に行われるWBA戦で2位ユナイテッドが敗戦した場合、今節で優勝を決めることになった。一方、トッテナムはシティにシーズンダブルを喫して2018年リーグ戦初黒星となる15試合ぶりの敗戦となった。

コメント

関連ニュース

thumb

シティ、弱冠17歳・ブラジル期待の大型CB獲得に興味? アトレティコ&ローマと争奪戦の可能性

▽マンチェスター・シティが、17歳のブラジル人DFに注目しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽GKエデルソン(24)やFWガブリエウ・ジェズス(21)といった若いブラジル人選手を所有するシティが、次なるブラジルの新星の獲得を狙っている。それはアトレチコ・パラナエンセU-19でプレーするU-20ブラジル代表DFルーカス・ハウター(17)だ。 ▽すでにアトレティコ・マドリーやローマも関心を寄せているルーカス・ハウターだが、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得に興味を示しているとのこと。 ▽伝えられるところによると、来月18歳になるルーカス・ハウターは身長187cmの大型センターバック。その身体能力の高さを生かした空中戦、落ち着いたプレーとボール奪取力に長けており、すでにブラジルで最も優れた若手ディフェンダーの一人と称賛されているようだ。 ▽アトレチコ・パラナエンセU-19ではキャプテンを務めており、すでにトップチームの練習に参加していることが伝えられているが、ブラジル期待の若手DFを巡って争奪戦になる可能性がありそうだ。 2018.04.25 15:28 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタにシティ移籍の可能性? ペップが接近か

▽マンチェスター・シティが、バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得を望んでいるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽今シーズン限りでのバルセロナ退団が濃厚となっているイニエスタは現在、中国移籍が噂されており、重慶当代力帆と天津権健が移籍先として浮上。イニエスタ自身は21日に行われたセビージャとのコパ・デル・レイ決勝後、「去就については、今週発表する」と明かしており、その動向に注目が集まっている。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、ここに来てシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が接近しているとのこと。セビージャ戦でハイパフォーマンスを披露した同選手がトップレベルでまだプレーできると判断しており、再タッグを望んでいるようだ。 ▽また、同メディアはパリ・サンジェルマン(PSG)も獲得へ動いているチームの一つと報道。さらに最近退任を発表したアーセン・ヴェンゲル監督の後任として浮上しているルイス・エンリケ氏が、アーセナルに就任した場合、同クラブも獲得に乗り出す可能性があると見解を示している。 2018.04.25 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、ジョルジーニョに75億円オファーか…話し合いも進行中

▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の獲得に向け、マンチェスター・シティが動きを活性化させているようだ。 ▽イギリス『デイリー・メール』によれば、シティはブラジル代表MFフェルナンジーニョの後継として、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、アーセナルといったプレミアリーグのライバル勢も関心を寄せているジョルジーニョに興味を示しているという。 ▽そのシティは移籍金として、ナポリに5000万ポンド(約75億7000万円)のオファーを提示。さらに、ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏と2度にわたる会談を行い、その席で具体的な話し合いが進められている模様だ。 ▽ナポリの司令塔として高い評価を受けるジョルジーニョは、今シーズンも主力としてプレー。ここまで公式戦35試合に出場して4ゴール4アシストをマークしている。 2018.04.24 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

シティがストーンズを売却か? CBの序列で4番手に…

▽マンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(23)は、今夏シティを退団するかもしれない。イギリス『サン』が報じた。 ▽ストーンズは、2016年8月に移籍金総額5000万ポンド(当時のレートで約66億3900万円)でエバートンから加入した逸材。シティでの1年目はプレミアリーグで27試合に出場していたが、今シーズンはシーズン序盤こそポジションを掴むも、負傷離脱もあり出場機会が減少していた。 ▽さらに、1月にアスレティック・ビルバオから加入したフランス代表DFアイメリク・ラポルテとのポジション争いに敗れ、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディに続くセンターバックとして4番手に序列が下がっていた。 ▽ストーンズとシティの契約は2020年6月まであり、週給は10万ポンド(約1520万円)となるため、獲得できるクラブは限られているだろう。 ▽アーセナルはアーセン・ヴェンゲル監督がストーンズに興味を示していたが、今シーズン限りで退任が決定。後任監督次第ではあるが、センターバックは補強ポイントでもあるため、獲得に乗り出す可能性はあるとされている。 ▽また、リバプールも今冬にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョをバルセロナに売却した資金があるため、ストーンズを狙うかもしれない。しかし、エバートン出身と考えると、難しいと見られている。 ▽イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督はストーンズを評価しており、ロシア・ワールドカップの出場は問題無いと見られている。しかし、年齢を考えれば出場機会が重要であり、新シーズンは新天地に活躍の場を求める可能性は多いようだ。 2018.04.24 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ守護神エデルソン、願望を明かす…「ゴールを決めたい」

▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表GKエデルソンが今シーズンの秘めたる目標を明かした。 ▽エデルソンは、昨夏にベンフィカから加入。フィールドプレーヤー顔負けのビルドアップ能力は、昨シーズンから続いたジョゼップ・グアルディオラ監督のGKに対する悩みを解消させると共にポゼッションスタイルの一翼を担い、プレミアリーグ制覇にも大きく貢献した。 ▽そんなエデルソンに対しては、22日に行われたプレミアリーグ第35節のスウォンジー戦でチームがPKのチャンスを得ると、一部サポーターからキッカーに推す声が飛ぶひと幕も。エデルソン自身も今シーズン中にゴールを決めたい願望があるようだ。 「ペップが僕にPKを蹴りたいか尋ねてきたら、僕はやると答えるよ。ゴールを決めたいんだ」 ▽なお、イギリス『BBC』によれば、プレミアリーグ史において得点をマークしたGKは、GKピーター・シュマイケル、GKブラッド・フリーデル、GKポール・ロビンソン、GKティム・ハワード、GKアスミル・ベゴビッチの5名のみだという。 2018.04.24 10:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース