超ワールドサッカー

欧州カップ戦出場目指すインテルとアタランタの一戦は痛み分け《セリエA》2018.04.15 05:46 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは14日、セリエA第32節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、0-0に終わった。▽前節トリノ戦を敗戦し、6試合ぶりの黒星を喫してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したインテル(勝ち点59)は、ブロゾビッチが出場停止となった中、ボルハ・バレロを先発で起用。さらにカンドレーバをベンチスタートとし、サントンを起用した。

▽ヨーロッパリーグ(EL)出場権を争う9位アタランタ(勝ち点48)に対し、システムを合わせて3バックで臨んだインテルが立ち上がりから押し込まれると、5分にピンチ。クリスタンテのスルーパスに抜け出したA・ゴメスにボックス内からシュートを許したが、わずかに枠を外れて助かった。

▽その後もアタランタの勢いに防戦一方のインテルは、19分にもスルーパスに抜け出したバロウにボックス内から決定的なシュートを許したが、ここはGKハンダノビッチが凌いだ。

▽続く24分にはフロイラーのドリブル突破を許してシュートに持ち込まれたインテルは、31分にも左CKからバロウのヘディングシュートが左ポストを直撃。劣勢のインテルは直後のカウンターからペリシッチがようやく枠内シュートを記録すると、42分にはカウンターからペリシッチがボックス右からシュートを浴びせるも、枠の左に外れてゴールレスで前半を終えた。

▽迎えた後半も攻守の切り替えの早い一進一退の攻防で立ち上がっていくと、インテルは61分に左サイドからカットインしたサントンのミドルシュートでゴールに迫る。

▽アタランタの運動量が落ちてきたことで、流れを引き寄せるインテルは71分にもビッグチャンス。しかし、イカルディのポストプレーからボックス中央のラフィーニャがシュートに持ち込んだが、枠の上に外してしまう。

▽チャンスを逸したラフィーニャに代えてエデルを投入したインテルは、81分にそのエデルが直接FKでGKベリシャを強襲。終盤にかけてもインテルがゴールに近づくと、86分にはエデルの右クロスにペリシッチがヘディング。しかし、わずかに枠の左に外れた。

▽結局、互いにゴールに迫りながらも決定力を欠いた一戦はゴールレスで決着。痛み分けに終わっている。

コメント

関連ニュース

thumb

今夏インテル加入のL・マルティネス、出場減も諦めず「常に準備が整っている」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが出場機会の増加を望んでいる。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽今夏にラシン・クラブ(アルゼンチン1部)から2100万ユーロ(現在のレートで約27億円)でインテルに加入したL・マルティネス。背番号「10」を背負うなど期待されていたが、ここまでの公式戦7試合に出場に留まっている。また、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディや元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランからスタメンの座を奪うことはできず、先発出場はわずか3試合のみにとどまっている。 ▽しかし、L・マルティネスはその苦境を認めつつも現状を打破するために諦めないことを明確にした。 「僕はインテルではあまりプレーしてはいないが、常に準備が整っているように努力はしている」 「もっとプレーをしたいけど、次の試合に向けて可能な限り最善の方法で準備するために、ここでトレーニングをする。僕にとってはここにいることが夢であって、ここならいつでも楽しめる」 ▽また、L・マルティネスはアルゼンチン代表でも夢見ていることがあると語っている。 「僕は、コパ・アメリカ(優勝)はワールドカップと同じくらい夢見ている。最高のものだよ」 2018.11.13 16:59 Tue
twitterfacebook
thumb

思わぬ大敗にインテル指揮官スパレッティ「集中力が持たないし、デュエルで負けすぎ」

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティは、11日のアタランタ戦終了後、『DAZN』のインタビューに応じ、敗戦の弁を述べた。<br><br>インテルは11日、セリエA第12節で難敵アタランタとアウェイで対戦。8分に先制点を奪われると、1度は主将FWマウロ・イカルディのPKで同点に追いついたが、立て続けに得点を許し、1-4で敗れた。インテルは順位を3位に落とし、首位ユベントスとの差は9ポイントに広がった。スパレッティは格下のチームに大敗したことで苦言を呈している。<br><br>「長時間にわたって集中力を維持することができない。これは以前からの問題だ。相手に対して注意を欠き、数メートルのスペースをプレゼントしてしまう。アタランタのように調子が良く、思い切りの良いチームが相手だとすべてが難しくなる」<br><br>「イカルディのゴールで試合は良い方向へと傾いたが、デュエルで負けることが多すぎた。アタランタは勢いを維持していたのに対し、我々は試合半ばで一旦盛り返したが、両者に勝機がある中でまたパフォーマンスが下がってしまった」<br><br>またスパレッティは、アタランタの両サイドから繰り広げられる攻撃を封じることができなかったことを課題として挙げたほか、後半アディショナルタイムに退場処分を受けたMFマルセロ・ブロゾヴィッチについて言及した。<br><br>「向こうの2人のウインガーには広いスペースがあった。このスペースを上手くカバーしなければならなかった。ブロゾヴィッチ? 私はファウルを見ていないが、良いプレーができていないときは感情的になってしまうものだ。だが主審の判定は大げさに思えた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.12 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタに4失点惨敗のインテル、リーグ戦連勝が7でストップ《セリエA》

▽インテルは11日、セリエA第12節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、1-4で惨敗した。 ▽前節ジェノア戦を5-0と圧勝してリーグ戦7連勝とした2位インテル(勝ち点25)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦ではイカルディの恩返し弾で1-1の引き分けに持ち込んだ。そのバルセロナ戦のスタメンから3選手を変更。ナインゴラン、デ・フライ、ヴルサリコに代えてガリアルディーニ、ミランダ、ダンブロージオを起用した。 ▽3連勝中と好調な10位アタランタ(勝ち点15)に対し、立ち上がりから劣勢を強いられたインテルは、4分にピンチ。D・サパタのミドルシュートが枠を捉え、ここはGKハンダノビッチがファインセーブで凌ぐ。さらにルーズボールに詰めたハテボエルのゴール至近距離からのシュートもハンダノビッチが防いだ。 ▽しかし、アタランタの勢いを止められず9分に先制される。イリチッチのパスを受けたボックス左のゴセンズに仕掛けられてクロスを上げられると、ファーサイドのハテボエルに押し込まれた。 ▽その後も10分にダンブロージオのクリアボールがポストに直撃するなどひやりとさせられたインテルは、22分にもピンチ。D・サパタの左クロスからファーサイドでフリーのイリチッチが押し込むだけだったが、ミートできず救われた。 ▽劣勢が続くインテルは31分にもCKの流れからゴセンズにボレーシュートを浴びると、36分にもD・サパタにボックス左から決定的なシュートを許してしまう。 ▽さらに前半終盤の44分、浮き球パスに抜け出したボックス右のイリチッチにゴール至近距離からシュートを打たれるも、ここもGKハンダノビッチがビッグセーブで凌いだ。続く45分にもトロイに再びゴール至近距離からボレーシュートを打たれたが、またも守護神ハンダノビッチがビッグセーブで立ち塞がり、圧倒的劣勢を何とか1失点で凌ぎ、前半を終えた。 ▽後半からヴェシーノに代えてボルハ・バレロを投入したインテルは、開始10秒にPKを獲得する。相手GKベリシャのキックミスをボックス内で拾ったポリターノがクロスを入れると、マンチーニのハンドを誘った。 ▽このPKをイカルディが決めて試合を振り出しに戻したインテルがポゼッションを高める流れで後半は推移したが、63分に勝ち越される。 ▽左サイドからのイリチッチのFKをマンチーニにヘッドで叩きこまれてしまう。失点を受けてポリターノに代えてケイタを投入したインテルだったが、アタランタに渡った流れを取り戻すことができずに時間が経過していく。 ▽そして88分、左サイドからのイリチッチのFKをディムスティにヘッドで流し込まれ、万事休す。追加タイムにはブロゾビッチが2枚目のイエローカードを受けたインテルは、A・ゴメスにミドルシュートを叩きこまれて4失点惨敗。リーグ戦連勝が7でストップした。 2018.11.11 22:44 Sun
twitterfacebook
thumb

「何も心配しないでくれ!」契約延長難航報道のシュクリニアル、遅れている事情を説明

▽インテルに所属するスロベニア代表DFミラン・シュクリニアル(23)が、契約延長を示唆している。イタリア『メディアセット』が伝えた。 ▽シュクリニアルは、2017年7月にサンプドリアからインテルに加入した。昨シーズンはセリエA38試合に出場し、欠かせない選手としてチームの7シーズンぶりチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献。今シーズンもここまで公式戦13試合に出場し、守備の要として活躍している。 ▽そんなシュクリニアルには最近マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、バルセロナといったビッグクラブが関心を抱いているとされ、インテルは同選手との契約を2022年まで残しているものの、流出阻止に向けて新契約を準備しているとされている。しかし最近シュクリニアルの給与に関して、双方にズレが生じていることから交渉が難航しているとの報道が伝えられた。 ▽それでも今回シュクリニアルは自身の新契約について問われると、過密日程の影響から話し合いの場を設けることができていないだけだと説明し、新契約締結に前向きな姿勢を見せている。 「新契約についてかい? 今は中3日での試合が続いているからなかなか話し合う時間がないだけなんだ。だから僕の契約については何も心配しないでくれ」 2018.11.10 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、ハンダノビッチの後継者をリストアップ

▽インテルが、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(34)の後釜の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽2012年夏にウディネーゼからインテルに加入し、守護神として公式戦260試合に出場するなどインテルの最後尾を支え続けているハンダノビッチ。同選手とインテルの契約は2021年まで残っており、ハイパフォーマンスを維持している。しかし、年齢は34歳というベテランの域に差し掛かっており、インテルも後継者をリストアップしているようだ。 ▽そこで、インテルが白羽の矢を立てたのがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(25)とイタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ(24)の2人だという。 ▽アレオラは、今シーズンここまで公式戦9試合に出場しているが、PSGとの現行契約は今シーズン限りであり、同クラブとの契約延長には至っていない。そのため、来夏にはフリーでの獲得が可能になる。 ▽クラーニョは今シーズンここまで公式戦9試合に出場し、好パフォーマンスを披露。イタリア代表に選出されるなど高い評価を受けている。しかし、今年2月にカリアリとの2022年6月末までの新契約にサインしており、オペレーションは簡単ではなさそうだ。 2018.11.09 19:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース