3トップ揃い踏みのリバプールが完勝! 今季リーグ30点目のサラーがドログバ抜きプレミアのアフリカ人最多得点者に!《プレミアリーグ》2018.04.15 03:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは14日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第34節でボーンマスと対戦し、ホームのリバプールが3-0で快勝した。▽前節、主力を温存したエバートンとの“マージーサイド・ダービー”をゴールレスドローで終えた3位のリバプール(勝ち点67)だが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では優勝候補マンチェスター・シティ相手に連勝を飾り、10年ぶりのベスト4進出を果たした。勢い付くクロップ監督率いるチームは今節、11位のボーンマス(勝ち点38)をホームで迎え撃った。シティ戦からのメンバー変更は1点。CLで出場停止だったヘンダーソンがミルナーに代わって復帰した。

▽1989年4月15日に起きた“ヒルズボロの悲劇”の追悼する厳かな雰囲気の中でスタートしたアンフィールドでの一戦。立ち上がりから果敢な攻めで相手を押し込むリバプールは開始7分に先制点を奪う。ヘンダーソンがボックス手前右で入れたクロスをゴール前のマネが頭で合わす。これはGKベゴビッチにセーブされるが、前にこぼれたボールを今度は右足で蹴り込んだ。

▽マネの開始早々の先制点でリズムよく試合に入ったホームチームはその後もサイドを起点に鋭い攻めを見せる。バイタルエリアで細かくボールを動かし相手の目線を引き付けながらサラーやマネが積極的に背後を狙う。この形からマネやサラーが積極的にシュートを放つが、ボーンマスも守勢の中で粘り強い守備を続ける。

▽前半終盤にかけても圧倒的なボールポゼッションと安定した守備を見せるリバプールがボーンマスを圧倒。35分にはチェンバレンが豪快なミドルシュートを狙うなど、チャンスを作り続けるが、前半のうちに2点目を奪うことはできなかった。

▽後半も引き続き相手陣内でワンサイドゲームを展開するリバプールだが、最後の場面で粘るDFアケにサラーが手を焼くなど、押し込む割になかなか決定的なシーンを作り出すことができない。

▽それでも、攻め続けるホームチームは69分、絶好調のサラーがゴールをこじ開ける。相手陣内右サイドでアーノルドが精度の高いアーリークロスを入れると、これをゴール前に走り込んだサラーが浮き球のヘディングシュートで合わせる。やや前に飛び出していたGKベゴビッチの頭上を越えたボールがゴール左隅に突き刺さった。この得点で出場試合5戦連続ゴールのサラーは今季リーグ戦30ゴールを達成すると共に、チェルシー時代にディディエ・ドログバが残した1シーズンにおけるプレミアリーグのアフリカ人最多得点記録(29点)を抜き単独トップに立った。

▽決定的な2失点目を喫したボーンマスはアイブに代えて投入していたムサに続き失点直後にデフォー、ルイス・クックを下げてウィルソン、サーマンをピッチに送り出す。しかし、この選手交代も試合を好転させることはない。

▽一方、この2点目で勝利に大きく近づいたリバプールは75分過ぎにマネを下げてミルナー、83分にはロブレンを下げてクラバンを投入する。この流れの中で相手の反撃を許すも、ゴスリングの決定機をGKカリウスの好守で凌ぐなど失点を許さない。すると90分、ロングカウンターからチェンバレンのラストパスを受けたフィルミノが相手DFの股間を抜く技ありのシュートで3点目を奪い、3トップ揃い踏み。そして、ボーンマスに3-0の快勝を収めたリバプールがリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。
コメント
関連ニュース
thumb

ルーニー「悪夢だ」…シティorリバプール、どっちに優勝して欲しい?

MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、マンチェスター・シティの優勝を願っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 エバートンで育ち、マンチェスター・ユナイテッドで世界的なスターの仲間入りを果たしたルーニー。プレミアリーグでの優勝は5回を誇り、栄光のシーズンを何度も過ごした。 しかし、今シーズンのプレミアリーグでは、ユナイテッドでもエバートンでもなく、それぞれの宿敵であるシティとリバプールが優勝争いを繰り広げている。ルーニーにとっては、理想とは程遠い状況だ。 インタビューに応じたルーニーは、「優勝して欲しいのはシティかリバプールか」という究極の問いに対して、以下のように答えている。 「マン・シティがリバプールより良い順位にいることを望むよ。彼ら(リバプール)が勝ち取るのを見るのは耐えられない。それはどんなエバトニアンにとっても悪夢だ」 「2005年に彼らがチャンピオンズリーグで優勝したことを今でも覚えている。彼らは今でもそれを話しているし、(立ち直るのに)あと10年か15年はかかるだろうね」 2019.03.22 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アルベルト・モレーノのラツィオ移籍近づく

リバプールの元スペイン代表DFアルベルト・モレーノ(26)のラツィオ移籍が近づいているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 2014年加入のモレーノは、リバプールでの公式戦出場141試合を数えているが、ここ2、3年は出場機会が激減。今季に至ってはここまで公式戦出場は5試合のみとなっている。 伝えられるところによると、そんなモレーノにラツィオが興味。リバプールとラツィオは過去にMFルーカス・レイバとMFルイス・アルベルトの移籍を成立させた関係を持っており、今回も同様にスムーズな流れで交渉は進行していると見られている。 モレーノに関してはラツィオの宿敵であるローマも獲得に動いていたようだが、先日にモンチSDが退任したことで関心は薄まっているようだ。また、そのモンチ氏が復帰したセビージャはモレーノの古巣であるが、こちらは獲得に動く気配は無いようだ。 2019年6月末でリバプールとの契約が切れるモレーノは、2018年から他クラブとの自由交渉が可能となっている。 2019.03.21 15:37 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、昨夏に続きディバラに関心! 今後数週間で決まる可能性も

リバプールがユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)の獲得に動いているようだ。『TUTTOmercatoWEB.com』が伝えている。 2015年にパレルモから加入して以降、“宝石”とも称される華々しいプレーで攻撃を牽引してきたディバラだが、今シーズンはFWクリスティアーノ・ロナウドというビッグスター加入の影響でビアンコネロでの主役の座を失っている。ここまで公式戦35試合出場も9ゴール6アシストに留まっており、今までの活躍と比べると見劣りしている感じは否めない。 そんな状況からか、ディバラを巡る移籍の噂は後を絶たない。マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリー、バイエルンなどが高額オファーを考慮しているという情報もある中、今回伝えられるところによれば、リバプールも同選手に関心。今後数週間のうちに移籍が成立する可能性があるとまで言われている。 一方で、イタリア『トゥットスポルト』によると、ユベントスはリバプールのFWモハメド・サラーに関心を寄せているようで、移籍金+ディバラ譲渡での獲得を狙っていると伝えられている。 昨夏にも獲得に動いていたことが報じられたリバプールだが、2年越しの獲得に成功するのか、今後の動向に注目が集まる。 2019.03.20 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

君への信頼は揺るがない! ファン・ダイクからサラーへのメッセージ

リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、エースへの信頼を口にしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 リバプールは、プレミアリーグ第30節終了時点で首位マンチェスター・シティを勝ち点1差で追う2位。シーズン当初には首位を走っていたが、リーグ折り返し頃から徐々に勢いが衰え、初の優勝に暗雲が漂っている。 そんな中、少なからず批判を浴びているのがエジプト代表FWモハメド・サラーだ。昨シーズンに公式戦52試合44ゴールという圧倒的な成績でリバプールのエースとしての立場を確固たるものとした同選手は、直近の公式戦7試合では1度もネットを揺らせず。今シーズン全体では公式戦41試合20ゴールを記録しているものの、物足りない数字となっていることは否めない。 しかし、ディフェンスリーダーとしてチームを後方から支え続けているファン・ダイクの、エースへの信頼は揺るがない。しばらく得点が無い現状を心配していないと語った。 「モー(モハメド・サラー)はワールドクラスのプレーヤーだ」 「世間は言いたい放題言えるが、プレミアリーグの全てのチームが彼を仲間にしたがっているように僕は思う。そして、彼と居るのは僕らだし、良いプレーをしていると思う」 「(サラーの)ゴールはすぐ生まれるだろうね。ストライカーはそのこと(得点)で頭の中が一杯になるだろうけど、僕らは彼にいつもこう言ってる。『君には働き続けることだけが必要だ。続けているだけで大丈夫』とね」 「だって、彼は今でも僕らのために沢山のゴールを決めているだろう。僕のように2点だけじゃないんだ! 」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ、フルアムに辛勝も勝ち点3の重要性を強調「シティは多くのポイントを落とさない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、マンチェスター・シティを王座から降ろすために勝ち点を取り続けなくてはならないと主張した。<br><br>17日に行われたプレミアリーグ第31節でリバプールは敵地でフルアムと対戦。26分にサディオ・マネが先制点をマークするも、その後追加点を挙げられず74分に守備陣のミスから同点弾を許す。しかし、81分にマネが獲得したPKをジェームズ・ミルナーが確実に決めて、2-1で辛くも勝利を手にした。<br><br>この勝利で、試合のなかった首位マンチェスター・Cを交わし、リバプールが暫定ながら首位に浮上。ますます熾烈を極めるプレミアリーグの優勝争いについて、クロップ監督は試合後の会見でチームが勝ち点を取りこぼす余裕はもうないと強調した。<br><br>「明らかに、シティが多くのポイントを落とすようなことはない。だから、我々は勝たなければならない。これが我々のやるべきことだ。今日、この試合で勝てたことはとても重要だった。我々にできることは確実にタイトルレースを続けることだ。優勝争いに残りたいという気持ちを今日は見せることができた」<br><br>リバプールの次戦は31日のトッテナム戦。しかし、その間インターナショナルブレイクに入るため、多数の主力が各国代表としてプレーすることになる。そのため、強豪トッテナムとの大一番に向けてクロップ監督は選手たちのコンディションへの不安を口にした。<br><br>「今から最も重要なことは、全員が元気に帰って来ることだ。多くの選手たちが代表での時間を過ごすことになり、帰ってきてすぐにトッテナム戦への準備を始めなければならない。次の試合はとても良いフットボールをする相手との面白い一戦になるだろう」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 17:45 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース