3トップ揃い踏みのリバプールが完勝! 今季リーグ30点目のサラーがドログバ抜きプレミアのアフリカ人最多得点者に!《プレミアリーグ》2018.04.15 03:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは14日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第34節でボーンマスと対戦し、ホームのリバプールが3-0で快勝した。

▽前節、主力を温存したエバートンとの“マージーサイド・ダービー”をゴールレスドローで終えた3位のリバプール(勝ち点67)だが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では優勝候補マンチェスター・シティ相手に連勝を飾り、10年ぶりのベスト4進出を果たした。勢い付くクロップ監督率いるチームは今節、11位のボーンマス(勝ち点38)をホームで迎え撃った。シティ戦からのメンバー変更は1点。CLで出場停止だったヘンダーソンがミルナーに代わって復帰した。

▽1989年4月15日に起きた“ヒルズボロの悲劇”の追悼する厳かな雰囲気の中でスタートしたアンフィールドでの一戦。立ち上がりから果敢な攻めで相手を押し込むリバプールは開始7分に先制点を奪う。ヘンダーソンがボックス手前右で入れたクロスをゴール前のマネが頭で合わす。これはGKベゴビッチにセーブされるが、前にこぼれたボールを今度は右足で蹴り込んだ。

▽マネの開始早々の先制点でリズムよく試合に入ったホームチームはその後もサイドを起点に鋭い攻めを見せる。バイタルエリアで細かくボールを動かし相手の目線を引き付けながらサラーやマネが積極的に背後を狙う。この形からマネやサラーが積極的にシュートを放つが、ボーンマスも守勢の中で粘り強い守備を続ける。

▽前半終盤にかけても圧倒的なボールポゼッションと安定した守備を見せるリバプールがボーンマスを圧倒。35分にはチェンバレンが豪快なミドルシュートを狙うなど、チャンスを作り続けるが、前半のうちに2点目を奪うことはできなかった。

▽後半も引き続き相手陣内でワンサイドゲームを展開するリバプールだが、最後の場面で粘るDFアケにサラーが手を焼くなど、押し込む割になかなか決定的なシーンを作り出すことができない。

▽それでも、攻め続けるホームチームは69分、絶好調のサラーがゴールをこじ開ける。相手陣内右サイドでアーノルドが精度の高いアーリークロスを入れると、これをゴール前に走り込んだサラーが浮き球のヘディングシュートで合わせる。やや前に飛び出していたGKベゴビッチの頭上を越えたボールがゴール左隅に突き刺さった。この得点で出場試合5戦連続ゴールのサラーは今季リーグ戦30ゴールを達成すると共に、チェルシー時代にディディエ・ドログバが残した1シーズンにおけるプレミアリーグのアフリカ人最多得点記録(29点)を抜き単独トップに立った。

▽決定的な2失点目を喫したボーンマスはアイブに代えて投入していたムサに続き失点直後にデフォー、ルイス・クックを下げてウィルソン、サーマンをピッチに送り出す。しかし、この選手交代も試合を好転させることはない。

▽一方、この2点目で勝利に大きく近づいたリバプールは75分過ぎにマネを下げてミルナー、83分にはロブレンを下げてクラバンを投入する。この流れの中で相手の反撃を許すも、ゴスリングの決定機をGKカリウスの好守で凌ぐなど失点を許さない。すると90分、ロングカウンターからチェンバレンのラストパスを受けたフィルミノが相手DFの股間を抜く技ありのシュートで3点目を奪い、3トップ揃い踏み。そして、ボーンマスに3-0の快勝を収めたリバプールがリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール&イングランド代表に痛手…チェンバレンが長期離脱でW杯欠場が決定…

▽リバプールは25日、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが右ヒザのじん帯損傷と診断されたことを発表した。離脱期間に関する詳細は発表していないものの、今シーズン中の復帰とイングランド代表として臨むロシア・ワールドカップ(W杯)出場が絶望的だと伝えている。 ▽リバプールは24日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでローマとホームゲームを戦い、5-2で勝利した。チェンバレンはこの一戦に先発出場するも15分にスライディングタックルを仕掛けた際に右ヒザを負傷。プレー続行不可能となり、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムとの負傷交代を余儀なくされた。 ▽その翌日にリバプールのメディカルスタッフの下で精密検査を受けた結果、右ヒザのじん帯損傷と診断された。 ▽昨夏、アーセナルからリバプールに加入したチェンバレンは今季ここまでの公式戦42試合に出場し5ゴール8アシストを記録。後半戦に入って重要な主力となっていた中、一足早く今シーズンを終えることになった。また、自身2度目のW杯メンバー入りが期待された中、その夢も潰えることになった。 2018.04.26 02:45 Thu
twitterfacebook
thumb

サラーをリバプールに放出したローマ...売却せざるを得なかった理由とは?

ローマには、昨夏エジプト代表MFモハメド・サラーをリバプールに放出しなければならない理由があったようだ。モンチSD(スポーツディレクター)が明かしている。<br><br>リバプールは24日のチャンピオンズリーグ準決勝第1戦でローマに5-2と快勝した。この試合の主役となったのがサラーだ。サラーは先制ゴールを含む2得点を叩き込み、勝利に大きく貢献した。<br><br>昨夏ローマからリバプールに3700万ポンド(当時約52億円)で加入したサラーは、古巣相手に大活躍した格好だ。なぜ、ローマはエジプト代表MFを放出してしまったのだろうか。ローマのモンチSDはスペイン『オンダ・セロ』で次のように説明している。<br><br>「我々はサラーをどうしても売らなければいけなかった。UEFAの財政管理から逃れるためだ。我々に他の解決法はなかった。サラーは移籍を望んでいたし、我々は彼の売却を余儀なくされていた」<br><br>サラーは今季公式戦47試合で43得点13アシストと爆発している。リバプールはプレミアリーグのタイトルをマンチェスター・シティに譲ったが、サラーにはPFA(プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション)年間最優秀選手賞が与えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 23:06 Wed
twitterfacebook
thumb

終盤にアウェーゴール献上も…クロップは大勝に満足「2つの失点よりも5つの得点」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、終盤に2失点を失ったことよりもチーム全体で5点を奪ったことにポジティブな要素を見いだしている。<br><br>リバプールは24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のファーストレグでローマと対戦した。モハメド・サラーなどの活躍で一時は5点のリードを奪ったホームチームだが、81分にエディン・ゼコに1点を返されると、85分にもディエゴ・ペロッティにPKを決められてしまう。<br><br>最終スコアは5-2とホームで大勝したリバプールだが、80分以降にローマに許した2つのアウェイゴールはセカンドレグの展開に大きな影響を与える可能性もある。事実、準々決勝でバルセロナと対戦したローマは、1-4で迎えたセカンドレグで一挙3点を奪ってアウェイゴールの差で準決勝に進出している。<br><br>リバプールOBのスティーブン・ジェラード氏も、「あの2点でローマに希望を与えてしまった」と終盤の失点に苦言を呈した。<br><br>しかし、指揮官のクロップは試合について「ファンタスティックな結果」と『BTスポーツ』に語り、選手の奮闘をたたえている。<br><br>「80分過ぎまでは本当に完璧な試合だったね。もちろん、5-1とか5-0のほうが良かったけど、それでも5-2は充分に素晴らしい結果だよ。選手たちは本当によくやってくれた」<br><br>終盤の2失点にもポジティブな姿勢を見せるドイツ人指揮官は、2つの失点よりも5つの得点に着目すべきだと主張。チームがさらなる得点のポテンシャルを秘めていると発言して、セカンドレグに弾みを付けた。<br><br>「ローマは我々の攻撃に上手く対処できていなかったね。5得点できるなんて、試合前には予想してなかったよ。けど、我々が多くの得点チャンスを逃してしまったのも事実だ。『準決勝まで来て何を言ってるんだ?』と思われるかもしれないが、私はチームがもっと得点を奪えたと考えているんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールvsローマの裏で悲劇…ローマサポに襲われたリバプールファン男性が危篤に

▽チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsローマの裏で悲劇が起こっていた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽24日に行われたリバプールvsローマ。試合はモハメド・サラーの活躍によりリバプールが5-2で勝利。2006-07シーズン以来となる決勝進出に向けて大きく前進した。 ▽しかし、この試合の裏で悲劇が起こっていた。『デイリー・メール』によれば、試合前に暴徒化したローマサポーターがリバプールファンを襲撃。スポーツパブを襲った一部のサポーターがベルトやハンマーを振り回し、53歳の男性が緊急搬入される事態にまで陥った。 ▽この事件の後、男性を襲ったとされる2人の男は殺人未遂で逮捕。合計9人のサポーターが警察に連行されたという。 ▽事態は収束したものの、病院に搬送された男性は危篤状態に。これを受けリバプールは以下のような公式声明を出している。 「我々の思いは、彼とその家族と共にあります。私たちは彼らに全面的な支援を提供いたします。事件後、クラブは救急サービスと連携しこれを続けていく次第であります」 ▽また、警察は事件の更なる詳細を明らかにするため、フェイスブックやツイッターを通じて目撃情報を提供するよう求めている。 2018.04.25 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

主将ヘンダーソン、勝利を喜ぶも終盤の2失点に「CLの舞台でこのようなことをしていては…」

リバプールのジョーダン・ヘンダーソンは、ローマ戦の終盤に低調なプレーを見せたことを嘆いている。<br><br>24日にアンフィールドで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、リバプールはローマと対戦。35分にモハメド・サラーが先制に成功すると、その後攻撃陣が爆発して後半の途中までに5点のリードを奪う。81分からの短時間でローマに2失点を許すも5-2でリバプールが初戦を制した。<br><br>3点のアドバンテージを持って2戦目を迎えるリバプールが決勝進出の本命という見方が強い。しかし、試合後『BTスポーツ』のインタビューを受けた主将のヘンダーソンは心中穏やかではないようだ。<br><br>「試合を完全にコントロールできたように見えるが、2得点を彼らに与えてしまった。確かに僕たちは良いプレーをして、3点のアドバンテージを持って次の試合に挑めるが、CLの舞台で、このような失点をしてはいけない」<br><br>「でも、この結果をポジティブに捉えるべきだ。今夜は簡単な夜にはならないと分かっていたし、来週の試合も簡単にはいかないだろう。大きな挑戦になるだろうが、次の試合を楽しみにして、彼らに引導を渡せると願っている」<br><br>ローマは先の準々決勝でバルセロナ相手にホームで3点差を追いつき、アウェイゴールの差で準決勝進出を決めている。そのことを踏まえ、ヘンダーソンはローマでの大一番に向け、早くも気を引き締めている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 14:45 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース