3トップ揃い踏みのリバプールが完勝! 今季リーグ30点目のサラーがドログバ抜きプレミアのアフリカ人最多得点者に!《プレミアリーグ》2018.04.15 03:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは14日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第34節でボーンマスと対戦し、ホームのリバプールが3-0で快勝した。▽前節、主力を温存したエバートンとの“マージーサイド・ダービー”をゴールレスドローで終えた3位のリバプール(勝ち点67)だが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では優勝候補マンチェスター・シティ相手に連勝を飾り、10年ぶりのベスト4進出を果たした。勢い付くクロップ監督率いるチームは今節、11位のボーンマス(勝ち点38)をホームで迎え撃った。シティ戦からのメンバー変更は1点。CLで出場停止だったヘンダーソンがミルナーに代わって復帰した。

▽1989年4月15日に起きた“ヒルズボロの悲劇”の追悼する厳かな雰囲気の中でスタートしたアンフィールドでの一戦。立ち上がりから果敢な攻めで相手を押し込むリバプールは開始7分に先制点を奪う。ヘンダーソンがボックス手前右で入れたクロスをゴール前のマネが頭で合わす。これはGKベゴビッチにセーブされるが、前にこぼれたボールを今度は右足で蹴り込んだ。

▽マネの開始早々の先制点でリズムよく試合に入ったホームチームはその後もサイドを起点に鋭い攻めを見せる。バイタルエリアで細かくボールを動かし相手の目線を引き付けながらサラーやマネが積極的に背後を狙う。この形からマネやサラーが積極的にシュートを放つが、ボーンマスも守勢の中で粘り強い守備を続ける。

▽前半終盤にかけても圧倒的なボールポゼッションと安定した守備を見せるリバプールがボーンマスを圧倒。35分にはチェンバレンが豪快なミドルシュートを狙うなど、チャンスを作り続けるが、前半のうちに2点目を奪うことはできなかった。

▽後半も引き続き相手陣内でワンサイドゲームを展開するリバプールだが、最後の場面で粘るDFアケにサラーが手を焼くなど、押し込む割になかなか決定的なシーンを作り出すことができない。

▽それでも、攻め続けるホームチームは69分、絶好調のサラーがゴールをこじ開ける。相手陣内右サイドでアーノルドが精度の高いアーリークロスを入れると、これをゴール前に走り込んだサラーが浮き球のヘディングシュートで合わせる。やや前に飛び出していたGKベゴビッチの頭上を越えたボールがゴール左隅に突き刺さった。この得点で出場試合5戦連続ゴールのサラーは今季リーグ戦30ゴールを達成すると共に、チェルシー時代にディディエ・ドログバが残した1シーズンにおけるプレミアリーグのアフリカ人最多得点記録(29点)を抜き単独トップに立った。

▽決定的な2失点目を喫したボーンマスはアイブに代えて投入していたムサに続き失点直後にデフォー、ルイス・クックを下げてウィルソン、サーマンをピッチに送り出す。しかし、この選手交代も試合を好転させることはない。

▽一方、この2点目で勝利に大きく近づいたリバプールは75分過ぎにマネを下げてミルナー、83分にはロブレンを下げてクラバンを投入する。この流れの中で相手の反撃を許すも、ゴスリングの決定機をGKカリウスの好守で凌ぐなど失点を許さない。すると90分、ロングカウンターからチェンバレンのラストパスを受けたフィルミノが相手DFの股間を抜く技ありのシュートで3点目を奪い、3トップ揃い踏み。そして、ボーンマスに3-0の快勝を収めたリバプールがリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。
コメント
関連ニュース
thumb

クロップ熱望…リバプール、冬市場でアザール弟にアタックか

▽リバプールが、ボルシアMGのベルギー代表MFトルガン・アザール(25)に興味を示しているようだ。アイルランド版『ミラー』が『Liga Financial』の記事を引用して伝えている。 ▽リバプールが、T・アザール獲得でポールポジションに立ったという。記事によると、同クラブはレギュラーになり得るトップクラスのアタッカーの補強を目指しており、1月に開かれる移籍市場でオファーを出すと見られている。 ▽T・アザールは2015年に800万ユーロの移籍金でボルシアMGに完全移籍。ユルゲン・クロップ監督が獲得を熱望しているというリバプールが用意している移籍金は契約解除金に近い3000万ユーロ(約38億6000万円)だという。しかし一方で、契約を2020年までとしているベルギー代表は古巣チェルシーへの帰還を望んでいるとも伝えられている。 ▽2014-15シーズンのレンタル移籍を経て完全移籍を果たしたT・アザールは加入してすぐにレギュラーに定着。15-16シーズン以降は背番号「10」を付け攻撃の中心に。今季はここまでリーグ戦14試合で8ゴール7アシストと、兄・エデン顔負けの成績を残している。 2018.12.10 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミア首位リバプール、堅守の立役者ジョー・ゴメスが長期契約締結!

▽リバプールは10日、イングランド代表DFジョー・ゴメス(21)の新契約締結を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、新たな契約期間は5年半となる。 ▽ジョー・ゴメスは2014年にチャールトンでプロデビュー後、2015年夏からリバプールでプレー。現在は全治6週間におよぶ足首骨折で離脱中だが、今シーズンはここまで公式戦18試合に出場するなど飛躍を遂げている。 ▽正式に新契約合意に達したジョー・ゴメスはクラブ公式サイトで「僕はこのクラブが好きだ。ここで学ぶこともプレーすることもね。それを続けることができるようになり嬉しいよ」とコメントしている。 ▽今シーズンのリバプールはここまでプレミアリーグ13勝3分け無敗の首位。ジョー・ゴメスを擁する守備陣はここまで最小の6失点と鉄壁を誇り、優勝争いを演じるチームの大きな原動力になっている。 2018.12.10 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ハットトリックのサラーにクロップのみならず敵将も賛辞「世界最高の1人」

ボーンマス戦でハットトリックを記録したリバプールのモハメド・サラーにユルゲン・クロップ監督と敵将エディー・ハウ監督が賛辞を送った。<br><br>8日に行われたプレミアリーグ第16節でリバプールは敵地でボーンマスと対戦。この試合に先発で出場したサラーは25分、GKが弾いたボールに反応して先制点をマークする。その後も48分、77分に追加点を挙げて、4-0の完勝に大きく貢献した。<br><br>昨シーズンはリーグ得点王に輝くなどセンセーショナルなプレーを見せたサラーだが、今シーズンの序盤は昨シーズンほどの輝きを放てず。しかし、この試合で3ゴールを奪い、得点ランキングトップタイに浮上した同選手の活躍をクロップ監督は手放しで喜んだ。<br><br>「決して完璧な試合ではなかったが、ボーンマス相手にこの結果を得られた意味は大きい。それにモーの活躍は素晴らしかった。2点目の直前は(スティーヴ・クックのサラーに対する)ファウルだったが、サラーのゴールしたいという意思が勝った。インパクトのあるゴールではないが良かった。3点目は驚くべきゴールだった」<br><br>「サラーのゴールへの信念に君たちは驚くべきではない。彼のゴールへの信念は我々にとって必要不可欠なもので、(クックのチャレンジに倒れなかった)彼のプレーは素晴らしかった。あのようなプレーを私は好んでいる」<br><br>また、ハウ監督も圧倒的なパフォーマンスを見せた相手エースを称えた。「サラーは良い状態のようだった。非常にキレがあり、我々の手に負えなかった。彼は世界最高の選手の1人だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.10 05:51 Mon
twitterfacebook
thumb

サラーの今季初ハットトリックでリバプールがボーンマスに快勝!リーグ5連勝でCLナポリ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽リバプールは8日、プレミアリーグ第16節でボーンマスと対戦し、4-0で勝利した。 ▽無敗を続けるリバプールは前節のバーンリー戦は後半に先制点を奪われる展開になったものの、直後のミルナーの同点弾をきっかけに最終的に3-1で快勝を収め4連勝とした。今節のボーンマス戦は、3日後に控える決勝トーナメント進出をかけたチャンピオンズリーグのナポリ戦を睨んでの戦いとなる中、スタメンを前節から5選手変更。サラーやフィルミノが先発に復帰したほか、ミルナーを右サイドバックに起用して望んだ。 ▽5連勝を目指すリバプールが開始からボーンマスを押し込む展開となる中、ゴール前に人数をかけるチェリーズの守備網を掻い潜るには至らない。13分にはゴール正面からのFKをシャキリが直接狙っていったが壁に激突。15分にはシャキリの浮き球パスに反応したサラーがゴール前に飛び出すが、コントロールがうまくいかずノーチャンスに。 ▽一方、ボーンマスはキングを中心に攻撃を組み立てる。22分には敵陣右寄りの位置でボールを受けると一人でドリブル突破。シュートまで持ち込んだが左に外れた。さらに23分には、左サイドからリバプールを攻略。ボックス手前左に攻め込んだスタニスラスの縦パスに抜け出したブルックスが左足でシュートを放ったが、GKアリソンがファインセーブで逃れる。 ▽決定機を作ったボーンマスだが、試合はリバプールが動かす。25分、敵陣中央で後方からパスを受けたフィルミノはワンタッチでサラーに流し、さらにサラーもワンタッチでフィルミノに戻す。ワンツーでマークを外したフィルミノが放ったシュートはGKベゴビッチに弾かれるものの、こぼれ球をサラーが押し込んでネットを揺らした。 ▽失点後、圧力を強めるボーンマスは豊富な運動量でリバプールを押し込む時間帯が続くが、GKアリソンやファン・ダイクが立ちはだかりいい形でシュートで終われない。 ▽1点リードで前半を終えたリバプールは後半開始早々にそのリードを広げる。48分、左サイドでボールを奪ったフィルミノはすぐに敵陣中央のサラーに渡す。サラーはそこからドリブルでボックス左に侵入し、相手のマークを受けながらも左足でゴールに流し込んだ。 ▽65分になり、両チームとも選手交代。リバプールはシャキリとN・ケイタを下げて、マネとララナを投入。ボーンマスはブルックスに代えてムセがピッチに送られた。 ▽68分、リバプールはカウンターから左サイドのロバートソンに展開。敵陣中央のファビーニョに預けて、縦に走り込んだところでもう一度パスを受けて中に折り返す。するとこれがクックの足に当たってオウンゴールに。これでリバプールは3点目を奪った。 ▽さらに77分には、自陣右サイドでのスローインのリスタートからララナが前線のサラーにロングパス。上手く収めたサラーはドリブルで侵攻し、GKも躱してゴールイン。今季初のハットトリックを達成した。 ▽その後は、終盤にララナが頭から出血するアクシデントがあったものの、ボーンマスの反撃を許すことなくリバプールが無失点で相手を退けて試合終了。4-0で快勝し、ナポリ戦に弾みを付けた。 2018.12.08 23:23 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールに痛手…ジョー・ゴメスが足首負傷で長期離脱へ…

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が5日のバーンリー戦で負傷したイングランド代表DFジョー・ゴメスの状態に関して説明した。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 ▽リーグ戦3連勝中で開幕からの無敗を継続するリバプールは5日に行われたプレミアリーグ第15節でバーンリーとアウェイで対戦。前半をゴールレスで終えたチームは後半立ち上がりに相手セットプレーの流れから先制点を許すも、62分にMFジェームズ・ミルナーのゴールで追いつくと、FWロベルト・フィルミノ、FWジェルダン・シャキリが続けてゴールを挙げ、最終的に3-1の逆転勝利を収めた。 ▽見事にリーグ戦4連勝を飾ったリバプールだが、同試合の前半には足首を痛めたジョー・ゴメスがプレー続行不可能となり、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドとの交代でピッチを後にしていた。 ▽同試合後、公式会見に出席したクロップ監督は同選手のケガが深刻なものである可能性を認めた。 「それは足首のケガだ。ジョーは負傷した。そして、恐らく軽いものではないと思う」 「我々は経過を観察する必要があり、現時点でケガの程度はわからない。我々はすでに彼を自宅に帰している」 ▽今季、DFデヤン・ロブレンを押しのけてDFヴィルヒル・ファン・ダイクと共にセンターバックのファーストチョイスとなっているジョー・ゴメスは、ここまでのリーグ戦13試合とチャンピオンズリーグ(CL)全試合に出場。さらに、右サイドバックでもプレー可能な同選手はアーノルドのバックアッパーも担っている。 ▽仮に、足首のじん帯に損傷が見つかれば、最低2~3カ月の離脱が見込まれており、年末に向けて過密日程を戦うリバプールにとって大きな痛手となりそうだ。 2018.12.06 16:39 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース