3トップ揃い踏みのリバプールが完勝! 今季リーグ30点目のサラーがドログバ抜きプレミアのアフリカ人最多得点者に!《プレミアリーグ》2018.04.15 03:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは14日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第34節でボーンマスと対戦し、ホームのリバプールが3-0で快勝した。

▽前節、主力を温存したエバートンとの“マージーサイド・ダービー”をゴールレスドローで終えた3位のリバプール(勝ち点67)だが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では優勝候補マンチェスター・シティ相手に連勝を飾り、10年ぶりのベスト4進出を果たした。勢い付くクロップ監督率いるチームは今節、11位のボーンマス(勝ち点38)をホームで迎え撃った。シティ戦からのメンバー変更は1点。CLで出場停止だったヘンダーソンがミルナーに代わって復帰した。

▽1989年4月15日に起きた“ヒルズボロの悲劇”の追悼する厳かな雰囲気の中でスタートしたアンフィールドでの一戦。立ち上がりから果敢な攻めで相手を押し込むリバプールは開始7分に先制点を奪う。ヘンダーソンがボックス手前右で入れたクロスをゴール前のマネが頭で合わす。これはGKベゴビッチにセーブされるが、前にこぼれたボールを今度は右足で蹴り込んだ。

▽マネの開始早々の先制点でリズムよく試合に入ったホームチームはその後もサイドを起点に鋭い攻めを見せる。バイタルエリアで細かくボールを動かし相手の目線を引き付けながらサラーやマネが積極的に背後を狙う。この形からマネやサラーが積極的にシュートを放つが、ボーンマスも守勢の中で粘り強い守備を続ける。

▽前半終盤にかけても圧倒的なボールポゼッションと安定した守備を見せるリバプールがボーンマスを圧倒。35分にはチェンバレンが豪快なミドルシュートを狙うなど、チャンスを作り続けるが、前半のうちに2点目を奪うことはできなかった。

▽後半も引き続き相手陣内でワンサイドゲームを展開するリバプールだが、最後の場面で粘るDFアケにサラーが手を焼くなど、押し込む割になかなか決定的なシーンを作り出すことができない。

▽それでも、攻め続けるホームチームは69分、絶好調のサラーがゴールをこじ開ける。相手陣内右サイドでアーノルドが精度の高いアーリークロスを入れると、これをゴール前に走り込んだサラーが浮き球のヘディングシュートで合わせる。やや前に飛び出していたGKベゴビッチの頭上を越えたボールがゴール左隅に突き刺さった。この得点で出場試合5戦連続ゴールのサラーは今季リーグ戦30ゴールを達成すると共に、チェルシー時代にディディエ・ドログバが残した1シーズンにおけるプレミアリーグのアフリカ人最多得点記録(29点)を抜き単独トップに立った。

▽決定的な2失点目を喫したボーンマスはアイブに代えて投入していたムサに続き失点直後にデフォー、ルイス・クックを下げてウィルソン、サーマンをピッチに送り出す。しかし、この選手交代も試合を好転させることはない。

▽一方、この2点目で勝利に大きく近づいたリバプールは75分過ぎにマネを下げてミルナー、83分にはロブレンを下げてクラバンを投入する。この流れの中で相手の反撃を許すも、ゴスリングの決定機をGKカリウスの好守で凌ぐなど失点を許さない。すると90分、ロングカウンターからチェンバレンのラストパスを受けたフィルミノが相手DFの股間を抜く技ありのシュートで3点目を奪い、3トップ揃い踏み。そして、ボーンマスに3-0の快勝を収めたリバプールがリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

カリウス、昨季CL決勝を振り返り…「S・ラモスには一切謝られていない」

今夏にリバプールからのレンタル移籍でベジクタシュに加入したGKロリス・カリウスが、昨季チャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦について振り返った。<br><br>リバプールが1&minus;3で敗れたあの試合で、後半に信じられないようなミスから失点を重ねたカリウス。同選手は後半開始早々にDFセルヒオ・ラモスの肘が顔面を直撃しており、この一連のプレーで脳震盪を起こした可能性が噂されている。<br><br>ドイツ『ビルト』とのインタビューに応じたカリウスは、実際に脳震盪を起こしたことでミスが生じたのどうかについて、次のように語っている。<br><br>「あの衝突の影響と、自分が犯したミスが関係あったのかは、誰にも分からないことだ。これは言い訳ではなく、一つの説明だよ」<br><br>「セルヒオ・ラモスが、意図して僕をケガさせたのかは分からない。彼だけが知っていることだし、さして重要ではないことだ。ただ、彼は僕に一切謝りを入れていない」<br><br>「検査では、僕が一時的な障害にあったことが示された。普通のコンディションならば、あんなミスを犯すことは難しいとは思うけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.25 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ミスからの成長を約束するカリウス「カーンも2002年からより強くなった」

ベジクタシュのGKロリス・カリウスがドイツ紙『ビルト』のインタビューに応じ、昨シーズンのミスや移籍について語っている。<br><br>カリウスは昨シーズン、リバプールの正守護神としてプレーし、チャンピオンズリーグ決勝進出に貢献。しかし、待ち焦がれたファイナルの舞台は散々たるものになった。カリウスはスローイングのミスでカリム・ベンゼマに先制点を許すと、ガレス・ベイルのミドルシュートをキャッチミスし、ダメ押し弾を浴びた。<br><br>カリウスは「これから100回以上聞かれることになるだろう」と話してこのように続けている。<br><br>「取り消すことはできないし、常に僕の背後に置いている。ただ、オリバー・カーンも2002年のワールドカップ決勝で大きなミスを犯し、強くなった。僕も過去のことを考え続けるより、強くなっていきたい」<br><br>また、リバプールは今夏にローマからGKアリソン・ベッカーを獲得。カリウスはチームを追われる形でベジクタシュへと移籍した。しかし、リバプールのユルゲン・クロップ監督との関係性は決して壊れていないことを明かしている。<br><br>「僕らは素晴らしい関係にある。彼は僕を非難したことがないよ。メディアからの圧力など僕にとっての状況は良くはなかったが、それもフットボールだ。彼は『残っても数試合でプレーできる』と言ったが、僕はナンバーワンになりたかったし、レギュラーとしてプレーしたかった。誰も出て行けとは言わなかったし、リバプールから逃げたわけでもない。人々とは良い関係にあるよ」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ギュンドアン警戒! 「リバプールとチェルシーはすごく強い」

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがリバプールとチェルシーを警戒した。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽プレミアリーグ覇者のシティは、今シーズンのここまで5勝1分け無敗。だが、8月25日に行われた第3節のウォルバーハンプトン戦を引き分けたことが尾を引き、開幕6連勝のリバプールを2ポイント差で追う2位にチェルシーと共に位置する。 ▽ギュンドアンは、王座防衛の戦いに挑むシティのライバルになり得るチームについて、次のように言及した。 「リバプールとは数週間後に対戦する。アンフィールドで僕らの力が試される戦いになるだろうね。リバプールはすごく強いチームだ。それと、チェルシーもね」 「ユナイテッドは、僕らと同じくウルブス戦で勝ち点を落とした。そういったことを踏まえると、今シーズンのウルブスは多くの問題を引き起こすチームかもしれない」 「でも、結局は自分たちの責任さ。とにかく、僕らは今日のような戦いを続けたい。そうすれば、勝利のチャンスもタイトルの可能性もより高まっていくからね」 「連覇の難しさはわかっている。相手は昨シーズン以上に強い。チャンピオンの僕らと対戦するとなれば、ひと泡吹かせようと目の色を変えて立ち向かってくる」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップのところに行った方が…元僚友グロスクロイツがゲッツェに助言

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(26)に恩師ユルゲン・クロップ監督が率いるリバプール移籍を助言する者が現れた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽その人物とは、KFCユルディンゲン05所属の元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツだ。ゲッツェとはドルトムント時代の僚友であり、クロップ監督率いる当時のチームに2度のブンデスリーガ優勝をもたらしたことで知られる。 ▽ゲッツェは、2016年夏にバイエルンからドルトムントに復帰。だが、復帰後もフォームを取り戻せず、ルシアン・ファヴレ監督が就任した今シーズンも十分なプレータイムを得られていない。 ▽その元戦友の現状を心配したグロスクロイツは、ドイツ『スカイ』のインタビューで、自身を選手として最も輝かせた恩師の下に行くことを次のように勧めている。 「今のゲッツェを見ていると、すごく残念だよ」 「キャリアを軌道修正するためにも、冬にも国外に出た方が良いかもしれない」 「それなら、リバプールはうってつけだ。クロップは彼の良き理解者だからね」 2018.09.24 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月24日は、リバプールのCL優勝に貢献した元ノルウェー代表DFのバースデー

◆ヨン・アルネ・リーセ 【Profile】 国籍:ノルウェー 誕生日:1980年9月24日 現役時所属クラブ:リバプール、ローマなど ポジション:DF 身長:185㎝ 体重:77kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月24日は、元ノルウェー代表DFのヨン・アルネ・リーセ氏だ。 ▽母国のオーレスンFKでキャリアをスタートさせたリーセ氏は、モナコを経て2001年夏にリバプールに入団。当初はジェラール・ウリエ監督との対立が報じられベンチを温める時期が続いたものの、2004年に指揮官がラファエル・ベニテス監督に交代してからはレギュラーとして活躍した。 ▽本職は左サイドバックであるものの、チームメイトの負傷の影響により左サイドハーフを務めた2004-05シーズンには9ゴールをマーク。その年にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝ミラン戦にも左サイドハーフとして先発出場してPK戦の末の優勝に貢献していた。 ▽なお、2004-05シーズンのCLでは準決勝のチェルシー戦にも出場しており、ファイナル進出が決まった瞬間には突如ユニフォームを脱衣。興奮のあまり下着までも脱ごうとしていたところを取り押さえられており、当人は当時のことを「危なかった」と回想している。 ※誕生日が同じ主な著名人 マルコ・タルデッリ(元サッカー選手) ファビオ・アウレリオ(元サッカー選手) オリオル・ロメウ(サッカー選手/サウサンプトン) 大本祐槻(サッカー選手/V・ファーレン長崎) 梶山陽平(サッカー選手/アルビレックス新潟) バングーナガンデ佳史扶(サッカー選手/FC東京) 筒井康隆(小説家) KAN(歌手) 田原健一(ギタリスト/Mr.Children) リア・ディゾン(タレント) 杉山セリナ(タレント) 2018.09.24 07:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース