大迫フル出場も最下位ケルン、逆転負けで残留絶望的に《ブンデスリーガ》2018.04.15 02:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ケルンは14日、ブンデスリーガ第30節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。

▽前節マインツとの残留争いを1-1で引き分け、6ポイント差を縮められず最下位に戻ったケルン(勝ち点21)は、マインツ戦を見せ場なく途中交代した大迫が先発となった。

▽10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点36)に対し、大迫が[4-1-4-1]の右インサイドMFで先発したケルンは、自陣に引いてヘルタにポゼッションを譲っていく。そんな中12分、大迫がヘディングシュートでオンターゲットを記録するも、22分にS・ツォラーが負傷し、コルドバが投入される。

▽25分にはイビセビッチにGKホルンとの一対一の局面を作られるも、凌いだケルンは29分に先制する。ホルンのゴールキックをコルドバが頭で後方に逸らし、ボックス中央に侵入したビッテンコートがGKとの一対一を制した。

▽ハーフタイムにかけても自陣に引いてヘルタの攻撃を受け止めたケルンは、42分に追加点のチャンス。ショートカウンターに転じてビッテンコートがボックス左ゴールライン際からクロス。これを大迫が合わせにかかるも、その前でDFにカットされてしまった。

▽ケルンが1点をリードして迎えた後半、開始4分に試合を振り出しに戻される。CKの流れからゼルケにシュートを叩き込まれた。

▽さらに53分、プラッテンハールトのミドルシュートをゴール前のゼルケに合わせられ、一気に逆転されてしまった。

▽あっさりリードを許して以降、コルドバにボールを当てて打開を図ったケルンだったが、全くチャンスを作れず試合は終盤へ。そんな中87分にコルドバが相手DFからボールを奪ってショートカウンター。チップキックシュートを放ったが、GKにセーブされ、1-2のまま敗戦。最下位を脱出できず、残留が絶望的となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ヘクターに続き守護神ホルンが降格間近ケルンに男気残留! 「ケルンは僕のクラブであり家」

▽ケルンは26日、ドイツ人GKティモ・ホルン(24)が2部降格時に他クラブへの移籍が可能となる契約条項を行使せず、来シーズンも残留することを発表した。 ▽ドイツのフル代表デビューこそ果たしていないものの、ブンデスリーガ屈指の若手GKであるホルン。リバプールなどプレミア勢や国内の上位クラブが獲得に関心を示していると言われていたが、先日に新契約にサインしたキャプテンのドイツ代表DFヨナス・ヘクター(27)に続き、愛するケルンに残留する道を選んだ。 ▽ホルンは今回の重大な決断に際して、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「FCケルンは僕のクラブであり家なんだ。だから、クラブの描く展望が正しいと思ったなら、一緒にその道を歩むことができると常に言ってきた」 「確かに、今は非常に難しいシーズンを送っている。だけど、クラブは今後のシーズンに向けて何とか良い状況を作り出して野心的な目標も持っている。それは僕にとって重要なことであり、クラブが成功への道を取り戻すために全力を尽くすつもりだ」 ▽また、ケルンのマネージング・ディレクターを務めるアルミン・フェー氏は生え抜きの守護神の決断を喜んでいる。 「ティモはこのクラブで育ってファーストチームに昇格を果たし、チームのリーダーに成長した。彼はこのクラブのために生きており、同じ道を共に歩んでいく準備をしてくれている」 「仮に降格が決定した場合、我々の目標は次のシーズンに昇格を果たすことだ。ティモがクラブへの情熱、野心、ゴールキーパーとしてのクオリティを我々のために捧げてくれることを心から嬉しく思う。同時に彼は我々の目標を成し遂げるために積極的な役割を担ってくれるはずだ」 ▽9歳からケルンに在籍するホルンは2012-13シーズンにトップチームデビュー。以降、ここまでの公式戦202試合に出場するなど、ケルンが誇る若き守護神だ。 ▽現在、ケルンは第31節終了時点で残留圏内の16位フライブルクと勝ち点8差の最下位に低迷しており、残り3節での逆転残留の可能性は絶望的だ。それでも、ヘクターに続き若き守護神の残留宣言は今後のクラブの未来を明るく照らしてくれることだろう。 2018.04.27 01:10 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫勇也はケルンの放出候補の1人か…独誌が2部降格時に移籍する選手を予想

日本代表FWの大迫勇也は今夏に新クラブに移籍することになるかもしれない。ドイツ誌『キッカー』では、同選手をケルンが放出候補と考える1人として挙げられている。<br><br>2部行きが現実味を増すケルンだが、先日にはMFマルコ・ヘーガーが2部降格時に行使可能となる契約解除条項を放棄したことを伝えると、週明けにはDFヨナス・ヘクターと2023年までの新契約を交わしたことを発表。さらに正守護神のティモ・ホルンも新契約を結ぶ運びとなっており、アルミン・フェーGM(ゼネラルマネジャー)は現在、MFレオナルド・ビッテンコートの慰留に努めているとされている。<br><br>しかし、その一方で残したい選手全員に2部行きを求めることは不可能に近い。また、クラブとしては移籍金による収入も必要であるため、複数の選手を手放すことになる。『キッカー』によると、今夏に契約が満了となるDFドミニク・マローやFWクラウディオ・ピサーロのほか、DFドミニク・ハインツやフレデリク・セーレンセン、パヴェル・オルコウスキーやルーカス・クリュンター、そして大迫がその放出候補だという。<br><br>大迫は今年2月、地元紙『エクスプレス』のインタビューで「ケルンが2部に降格したらすぐに出ていくのでしょうか?」との質問に対し、「いいえ! 僕はケルンでの4年間をとても大切に思っていますし、ここは居心地が良いので」と返答していた。だが、クラブは一定の移籍金が提示されれば、同選手の退団を受け入れるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 19:22 Thu
twitterfacebook
thumb

心配するな! ポドルスキ、降格間近のケルン残留決断のヘクターに「レーブはきっと評価してくれる」

▽ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、古巣ケルンに所属するドイツ代表DFヨナス・ヘクターの決断を称えた。ドイツ『RPオンライン』が伝えている。 ▽ドイツ代表でもポジションを確保しているヘクター。今季序盤戦に負った足首のじん帯断裂から復帰して以降、キャプテンとしてチームを支え続けているが、ケルンはブンデスリーガで第31節終了時点に位置しており、逆転残留の可能性が絶望的となっている。 ▽ヘクターにはクラブの2部降格時に700~800万ユーロ(約9億1000~10億5000万円)といわれる金額で他クラブへの移籍が可能となるオプションを設定されており、この状況にキャプテンの退団は不可避と思われていた。そんな中、同選手は23日に2023年6月までの新契約を締結した。 ▽このヘクターの並外れたクラブへの忠誠心に、ポドルスキは称賛。また、たとえ2部に落ちたとしてもドイツ代表への影響はないと主張している。 「これは素晴らしい決断だ。この行動がドイツ代表に影響することはない。私はドイツ代表のヨアヒム・レーブを知っているが、きっと評価してくれるはずだよ」 2018.04.26 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ポドルスキ、2部行き決心のヘクターを絶賛…「ケルンにとって最高に頼もしいメッセージ」

ドイツ代表DFヨナス・ヘクターは先日、2部降格が決定的となっているケルンとの契約を延長した。ヴィッセル神戸の主将で、かつて自身もケルンとともに2部へと向かったことがあるFWルーカス・ポドルスキが、その決心をたたえている。<br><br>ポドルスキは2003-04シーズンにケルンのトップチームに昇格し、ファーストシーズンで10ゴールを決めるなど活躍した。翌夏からドイツのA代表にも呼ばれるようになり、ユーロ2004に出場すると、クラブとともに2部で過ごしながらも代表チームに定着した。<br><br>そんな経験を持つポドルスキだが、現ドイツ代表で左SBとしてプレーするヘクターがケルンに残る決断を下したことを喜んでいる様子。ドイツ紙『エクスプレス』で、次のようなコメントを残している。<br><br>「僕たちのFCにとって最高に頼もしいメッセージだ!このクラブは2部でも魅力的だということ。僕も、ブンデスリーガでデビューシーズンを過ごしたあと、同じように感じたんだ。当時、ケルンに残るために複数のオファーを断ったよ。このヘクターの決断は最高だね」<br><br>ヘクターの代表キャリアに関しては心配していないようだ。<br><br>「これによってヨアヒム・レーブの下で問題を抱えることはないと思う。僕は監督を知っているが、彼はその姿勢を評価するだろう」<br><br>ポドルスキの見解では、レーブ監督は選手たちのクラブへの忠誠心も評価対象としているとのこと。前回ワールドカップ後、代表で36試合と最多キャップを記録するヘクターは、2部であろうとパフォーマンスをコンスタントに出し続ければ、今後も代表から外されることはないと見ているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 23:58 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也に国内移籍の可能性か…ブレーメンが興味を抱くケルン選手の1人は日本人FW?

ブレーメンは来シーズンに向けて、日本人選手の獲得を考えているのだろうか。地元紙『ヴェーザー・クリーア』が、クラブがケルンに所属する日本代表FW大迫勇也に興味を抱いている可能性を指摘した。<br><br>22日に行われたブンデスリーガ第31節で、ケルンはシャルケをホームに迎えて2-2で引き分けている。ケルンの2部降格がより現実味を増す結果となったこの試合を、今シーズンには両チームとの対戦はもう控えていないブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督とフランク・バウマンSD(スポーツ・ディレクター)が観戦していた。<br><br>『ヴェーザー・クリーア』によれば、2人がこの日ラインエネルギー・シュターディオンに足を運んだ目的は選手のスカウティング以外考えられないという。また来季のチャンピオンズリーグ出場権をほぼ手中に収めているシャルケの選手を獲得するのは難しいとみられることから、降格が濃厚となっているケルンのメンバーを視察するためだったのではないか、と伝えられている。<br><br>そうなると、最も関心を抱いている可能性が高いプレーヤーたちは誰になるのだろうか。記事ではDFドミニク・ハインツやMFレオナルド・ビッテンコート、MFサリフ・エズジャン、そしてシャルケ戦では出番がなかった大迫の名前がリストアップされ、日本代表FWは次のように紹介された。<br><br>「彼はマックス・クルーゼと並んだ攻撃的ポジションに向いているかもしれない。27歳の日本人は技術的に優れており、インテリジェントなプレーをするアタッカー。ブレーメンの攻撃で人事の入れ替えがあった場合、&ldquo;サポート役&ldquo;としてなかなか期待できるだろう」<br><br>地元紙が報じるブレーメンの興味は憶測に過ぎない。だが、ケルンの2部行きが決定すれば、それぞれの選手を取り巻く去就報道が過熱するのも確かだ。そんな中、大迫が現横浜FC取締役会長の奥寺康彦氏以来となるブレーメン所属の日本人選手になる可能性にも注目したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 22:48 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース