レーティング:バルセロナ 2-1 バレンシア《リーガエスパニョーラ》2018.04.15 01:13 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 テア・シュテーゲン 6.0
PKストップならず。自作自演もあったが、安定したゴールセービングで相手攻撃陣の前に立ちはだかった

DF
20 セルジ・ロベルト 6.0
チームのボールの失い方が悪く前半はゲデスに前を向かれて仕掛けられる場面が目立った。それでも、後半はきっちり盛り返す

(→N・セメド -)

3 ピケ 6.0
早い時間帯にカードをもらったことで、我慢の対応を強いられた。それでも、後半立ち上がりに見事なゴールカバーでチームを救った

23 ユムティティ 6.5
後半立ち上がりの痛恨スリップなどやや疲労の色が見えたが、決勝点となる今季初ゴールを記録

18 ジョルディ・アルバ 6.5
古巣相手に積極的な攻撃参加でチャンスに絡む。被カウンター時も快足を生かして味方を助けた

MF
14 コウチーニョ 6.5
絶妙なパスで2点をアシスト。不得手な右サイドでの起用もアタッキングサードでアイデアを見せた

(→デンベレ -)
痛恨のPK献上

15 パウリーニョ 5.5
球際の強さを見せていたが、ややポジショニングに難がありプレッシャーをかけ切れない場面も

5 ブスケッツ 6.0
満身創痍の中でも堅実なプレーを攻守に披露。後半は攻撃面でも良い絡みを見せた

8 イニエスタ 6.5
アルバとの連係から幾度か良い崩しを見せた。交代時にはスタンディングオベーションを受けた

(→デニス・スアレス -)

FW
10 メッシ 6.5
前半は重さを感じさせたが、後半は圧巻のボレーやドリブルシュートでスタンドを沸かせた

9 スアレス 6.5
良い時間帯に先制点を奪取。相手DFとの駆け引きで優位に立った

監督
バルベルデ 6.0
効率よい戦いぶりで難敵撃破。CL敗退ショックを振り払うリーガ無敗記録樹立となった

▽バレンシア採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 ネト 5.5
1失点目はノーチャンスも、2失点目は何とかしたかった。それでも、後半に2度のビッグセーブで意地は見せた

DF
3 ヴェゾ 5.0
守備専門でのプレーだったが、ポジショニングや判断で甘さが散見

5 ガブリエウ 5.5
失点場面で背後を許したものの、それ以外の場面では無理の利く守備で奮闘

24 ガライ 5.5
相手の攻撃に揺さぶられる場面が多かったが、中央の危険なエリアを冷静にケア

14 ガヤ 5.5
PK奪取など良い攻撃参加も見せたが、守備では簡単にスペースを使わせてしまった

MF
18 ソレール 5.5
攻守にハードワークを見せたが、攻撃面でもっとアクセントになりたい

10 パレホ 6.0
PKで1ゴール。中盤で無難に捌き、守備ではバイタルエリアをきっちりケア

16 コンドグビア 5.5
球際で強さを見せたが、あわや2枚目のカードで退場という場面を作るなど守備時は我慢を強いられた

7 ゴンサロ・ゲデス 5.5
前半は鋭い仕掛けやシュートで存在感も後半はトーンダウン

(→アンドレアス・ペレイラ 5.0)
因縁のセルジ・ロベルトとマッチアップも見せ場は作れず

FW
19 ロドリゴ・モレノ 5.0
2度のビッグチャンスを逃がして6戦連発とはならず

(→ザザ -)

22 サンティ・ミナ 5.5
幾つか決定機を演出したが、決定的な仕事はできなかった

(→ビエット 5.0)
指揮官の起用に応えるような好プレーはほとんどなかった

監督
マルセリーノ 5.0
コンディション面の利点を生かしたアグレッシブなパフォーマンスを見せられず。やや淡白な内容で連勝がストップ

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
コウチーニョ(バルセロナ)
▽傷心のチームを救う2アシストで勝利に大きく貢献。アシスト以外の場面でも質の高い仕掛けやパスで存在感を示した。

バルセロナ 2-1 バレンシア
【バルセロナ】
スアレス(前15)
ユムティティ(後6)
【バレンシア】
パレホ(後42[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

スペインサッカー連盟がバルサDFラングレのレッドカードへの異議申し立てを棄却! 26日レガネス戦の出場停止が確定

▽スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は25日、23日のジローナ戦でDFクレマン・ラングレに対して出されたレッドカードに対するバルセロナ側からの異議申し立てを棄却したことを発表した。これにより、ラングレは26日に行われるレガネス戦の出場停止が確定した。 ▽ラングレは、23日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のジローナ戦に先発出場。しかし、前半35分にレッドカードを提示され、退場処分となっていた。 ▽退場処分となったプレーは、自陣でMFペレ・ポンスに入れ替わられそうになったラングレがブロックを試みた際に肘を振り上げ、これがポンスの顔面を捉えてしまったもの。さらに、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、レッドカードが掲示されていた。 ▽なお、今回処分が確定したラングレは26日に行われるレガネス戦を欠場することになるが、今週末に行われるアスレティック・ビルバオ戦からプレー可能となる。 2018.09.26 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エレーラはユナイテッド残留を希望! …バルサから関心も

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)に、クラブを退団する意思はないようだ。大手『ESPN』が報じている。 ▽ユナイテッドとの契約を今シーズン限りとしているエレーラ。2014年夏にアスレティック・ビルバオからユナイテッド入りし、2016-17シーズンにはクラブの年間最優秀選手賞にも輝いたが、現在では出場機会を減らしており退団も噂されている状態だ。 ▽そういった状況にある同選手に関して、イギリス『サン』は先日、バルセロナが興味を示していると報道。現在バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督が、エレーラの在籍最終年にビルバオ指揮官を務めていたという縁もあり、来年夏のフリーでの獲得を狙っているという。 ▽しかし、今回の『ESPN』の情報によると、エレーラ当人はユナイテッド残留を望んでいる模様。とはいえ、今シーズンここまでプレミアリーグ2試合(先発は1度)という出場機会の少なさが契約延長を迷わせる要因になっているそうだが、ジョゼ・モウリーニョ監督はチャンスを与えるのだろうか。 2018.09.25 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、スアレスの後継者は誰に?

▽バルセロナはイングランド代表FWハリー・ケイン(25)かブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(26)どちらかの獲得に動くようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』の情報をもとに、スペイン『PasionFutbol』が伝えた。 ▽2014年に夏にリバプールから加入して以来、最前線に君臨し続けているウルグアイ代表FWルイス・スアレス。昨シーズンも公式戦51試合31ゴール18アシストを記録するなど、好パフォーマンスを維持しているが、31歳という年齢に差し掛かっておりバルセロナも後継者探しに動き出している。 ▽そこで、バルセロナが白羽の矢を立てたのが、ケインとフィルミノだ。しかし、両者共に、クラブでの地位を確立しているため獲得は難しいと『スカイ・スポーツ』は指摘している。 ▽ケインは、ロシア・ワールドカップ(W杯)前にトッテナムとの契約を2024年まで延長。また、フィルミノもリバプールとの契約を2023年まで延長しているため、どちらを獲得する際にも、高額な移籍金が必要となるだろう。 ▽どちらの獲得にも失敗した場合には、ライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)や、インテルのアルゼンチン代表マウロ・イカルディ(25)が候補に挙られている。 2018.09.25 20:11 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGに次ぎバルサも…チェルシー、カンテを守れるか?!

▽バルセロナが、チェルシー所属のフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)獲得を検討しているようだ。イタリア『Sport Mediaset』をもとにイギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍も囁かれていたカンテに対し、バルセロナも今冬の獲得を検討している模様。バルセロナは中盤の強化に着手したいと考えており、カンテに照準を定めたようだ。『Sport Mediaset』は、バルセロナとPSGがどちらも来年1月の移籍ウィンドウで動くと見ており、チェルシーにとって絶望的な状況だと伝えている。 ▽しかし、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督はチームの主力であるカンテ放出に、否定的な様子を示しているという。またカンテ本人も「チェルシーに居ることは自分にとっていいことだ」移籍に否定的なコメントを残していた。 ▽カンテは2015-16シーズンにレスターのプレミアリーグ初制覇の立役者の1人として活躍。その功績が認められ、チェルシーに引き抜かれた。今シーズンもここまでリーグ戦6試合に出場し、チームもその間5勝1分けと好調。欠かせない存在となっている。またフランス代表として臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)でも全7試合に出場し、20年ぶりの優勝に貢献していた。 2018.09.25 18:31 Tue
twitterfacebook
thumb

D・アウベス、メッシのザ・ベスト最終ノミネート漏れに苦言「アルゼンチン代表しか見ていない」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、ザ・ベストFIFAアワード2018の選考に疑問を呈した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽国際サッカー連盟(FIFA)は、24日にザ・ベストFIFAアワード2018の各受賞者を発表。注目を集めたFIFA男子最優秀選手賞には、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが輝き、最終候補にはユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(選考対象時期はマドリー)、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがノミネートされていた。 ▽各紙は、最終候補3名からバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが漏れていたことを大きく報道。また、元同僚のダニエウ・アウベスも、クラブでの業績が軽視されたことに不満を訴えている。 「メッシがザ・ベストにノミネートされなかったのは、不公平だ」 「彼がアルゼンチン代表でしたことだけを見ていて、バルセロナでしたことは見ていない」 ▽メッシは昨シーズン、ロシア・ワールドカップ(W杯)では母国を優勝に導くことはできずベスト16で姿を消したが、バルセロナでは公式戦54試合45ゴールの活躍でリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ制覇に貢献していた。 2018.09.25 15:45 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース