レーティング:バルセロナ 2-1 バレンシア《リーガエスパニョーラ》2018.04.15 01:13 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 テア・シュテーゲン 6.0
PKストップならず。自作自演もあったが、安定したゴールセービングで相手攻撃陣の前に立ちはだかった

DF
20 セルジ・ロベルト 6.0
チームのボールの失い方が悪く前半はゲデスに前を向かれて仕掛けられる場面が目立った。それでも、後半はきっちり盛り返す

(→N・セメド -)

3 ピケ 6.0
早い時間帯にカードをもらったことで、我慢の対応を強いられた。それでも、後半立ち上がりに見事なゴールカバーでチームを救った

23 ユムティティ 6.5
後半立ち上がりの痛恨スリップなどやや疲労の色が見えたが、決勝点となる今季初ゴールを記録

18 ジョルディ・アルバ 6.5
古巣相手に積極的な攻撃参加でチャンスに絡む。被カウンター時も快足を生かして味方を助けた

MF
14 コウチーニョ 6.5
絶妙なパスで2点をアシスト。不得手な右サイドでの起用もアタッキングサードでアイデアを見せた

(→デンベレ -)
痛恨のPK献上

15 パウリーニョ 5.5
球際の強さを見せていたが、ややポジショニングに難がありプレッシャーをかけ切れない場面も

5 ブスケッツ 6.0
満身創痍の中でも堅実なプレーを攻守に披露。後半は攻撃面でも良い絡みを見せた

8 イニエスタ 6.5
アルバとの連係から幾度か良い崩しを見せた。交代時にはスタンディングオベーションを受けた

(→デニス・スアレス -)

FW
10 メッシ 6.5
前半は重さを感じさせたが、後半は圧巻のボレーやドリブルシュートでスタンドを沸かせた

9 スアレス 6.5
良い時間帯に先制点を奪取。相手DFとの駆け引きで優位に立った

監督
バルベルデ 6.0
効率よい戦いぶりで難敵撃破。CL敗退ショックを振り払うリーガ無敗記録樹立となった

▽バレンシア採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 ネト 5.5
1失点目はノーチャンスも、2失点目は何とかしたかった。それでも、後半に2度のビッグセーブで意地は見せた

DF
3 ヴェゾ 5.0
守備専門でのプレーだったが、ポジショニングや判断で甘さが散見

5 ガブリエウ 5.5
失点場面で背後を許したものの、それ以外の場面では無理の利く守備で奮闘

24 ガライ 5.5
相手の攻撃に揺さぶられる場面が多かったが、中央の危険なエリアを冷静にケア

14 ガヤ 5.5
PK奪取など良い攻撃参加も見せたが、守備では簡単にスペースを使わせてしまった

MF
18 ソレール 5.5
攻守にハードワークを見せたが、攻撃面でもっとアクセントになりたい

10 パレホ 6.0
PKで1ゴール。中盤で無難に捌き、守備ではバイタルエリアをきっちりケア

16 コンドグビア 5.5
球際で強さを見せたが、あわや2枚目のカードで退場という場面を作るなど守備時は我慢を強いられた

7 ゴンサロ・ゲデス 5.5
前半は鋭い仕掛けやシュートで存在感も後半はトーンダウン

(→アンドレアス・ペレイラ 5.0)
因縁のセルジ・ロベルトとマッチアップも見せ場は作れず

FW
19 ロドリゴ・モレノ 5.0
2度のビッグチャンスを逃がして6戦連発とはならず

(→ザザ -)

22 サンティ・ミナ 5.5
幾つか決定機を演出したが、決定的な仕事はできなかった

(→ビエット 5.0)
指揮官の起用に応えるような好プレーはほとんどなかった

監督
マルセリーノ 5.0
コンディション面の利点を生かしたアグレッシブなパフォーマンスを見せられず。やや淡白な内容で連勝がストップ

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
コウチーニョ(バルセロナ)
▽傷心のチームを救う2アシストで勝利に大きく貢献。アシスト以外の場面でも質の高い仕掛けやパスで存在感を示した。

バルセロナ 2-1 バレンシア
【バルセロナ】
スアレス(前15)
ユムティティ(後6)
【バレンシア】
パレホ(後42[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

コパ決勝で涙を浮かべたバルサ退団濃厚のイニエスタ「僕の去就については、今週発表する」

▽バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、コパ・デル・レイ優勝への喜びと自身の去就についてコメントしている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽バルセロナは21日、コパ・デル・レイ決勝でセビージャと対戦。今季限りでバルセロナを退団し、中国移籍が濃厚とされているイニエスタは先発出場を果たし、試合を通して好パフォーマンスを見せた。52分にはメッシとのワンツーからボックス右に侵攻すると、GKをかわして角度のないところからゴールネットを揺らした。その後、イニエスタは88分に途中交代。両サポーターからは拍手が送られ、イニエスタは涙を浮かべながらピッチを後に。バルセロナは5-0で大勝して4年連続の優勝を果たした。 ▽イニエスタは試合後、自身6度目となるコパ・デル・レイ制覇に歓喜。また、自身の去就については「今週発表する」と明かした。 「全ての面で、チームとしても個人としても素晴らしい夜だ。あとはリーガのタイトルも取れたらいいね。良い終わり方をするためにもね」 「僕らはこのようなゲームをしなくてはいけないと思っていた。勇敢に戦うことができ、セビージャに可能性を与えなかった。チームもファンもパーフェクトに値する」 「多くの感情が生まれた日だった。とても幸せだよ」 「僕の去就については、今週発表する。それよりも今日のような日が幸せにさせる。僕はキャリアを通じて多くの人々に特別な感情を抱いているよ」 2018.04.22 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー寄りスペイン紙『辞めないでイニエスタ! 』『完璧なパフォーマンス』

▽レアル・マドリー寄りで知られるスペイン『マルカ』が、今シーズン限りでの中国移籍が濃厚とみられているバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)を引き留めている。 ▽これまでバルセロナ一筋を貫き、FWリオネル・メッシ、MFチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)らとともに同クラブの最高傑作と称されるイニエスタ。公式戦通算600試合以上に出場し、チャンピオンズリーグ4回、リーガエスパニョーラ8回の優勝を含む数々の栄光をバルセロナにもたらしてきた。 ▽21日には、コパ・デル・レイ決勝セビージャ戦に先発出場して1ゴールを記録。5-0での勝利に大きく貢献し、クラブに4連覇の偉業をもたらした。また、攻撃をけん引する圧巻のプレーに対して、88分に交代で退く際にはセビージャファンを含むスタジアム全体が大きく拍手。ベンチでは感極まった同選手が涙するようなシーンもみられた。 ▽バルセロナで通算31回目の戴冠を果たしたイニエスタ。かねてよりコパ・デル・レイ決勝終了後に中国への移籍が発表されるあろうと報じられており、バルセロナ退団を惜しむ『マルカ』は試合終了直後に『絶対に辞めないでイニエスタ!』と題した記事を掲載した。 ▽記事の中では、イニエスタがコパ決勝で自身のキャリアを象徴する完璧なパフォーマンスを披露したと評価。信じられないほど素晴らしいゴールを決めた、と手放しで称賛している。 2018.04.22 08:20 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 0-5 バルセロナ《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ決勝のセビージャvsバルセロナが21日にワンダ・メトロポリターノで行われ、5-0で勝利したバルセロナが4連覇を達成し通算30回目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180422_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 ソリア 5.0 幾度か好守を披露も守備陣の援護なく撃沈 DF 16 ヘスス・ナバス 5.5 攻撃面で好プレーも守備面ではイニエスタ&ジョルディ・アルバに完敗 25 メルカド 4.5 幾度となくスアレスのマークを外し失点の最大の要因に 5 ラングレ 5.0 スピード勝負に持ち込まれる前に止めたかったが… 18 エスクデロ 5.0 中央にエンゾンジが下りた際のマークの受け渡しに難 MF 11 コレア 5.0 千載一遇のチャンスで空振り (→ サンドロ・ラミレス 5.5) 前線を活性化も時すでに遅し 15 エンゾンジ 5.0 メッシを見失い3失点目に関与 22 フランコ・バスケス 5.5 前線でチャンスを作ったが、ボールを引き出す動きはできず (→ ノリート -) 10 バネガ 5.5 攻守に奮闘も及ばず 17 サラビア 5.5 的確な判断で好機に絡むも大勢に影響は与えられなかった (→ ラユン -) FW 20 ムリエル 5.0 相手の強固なディフェンダーに苦められた 監督 モンテッラ 5.0 ベストメンバーで臨んだが前半中に勝負が決することに。大会5得点でトップに立っていたイェデル起用のタイミングを逃した ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180422_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 シレッセン 6.5 見事なフィードで先制点の起点に DF 20 セルジ・ロベルト 6.0 ラキティッチの横にポジションを取りつつボール保持に寄与 3 ピケ 6.5 リーグでのプレーとは一味違った集中した守備を披露 23 ユムティティ 6.5 ムリエルのスピードを封じ込めた 18 ジョルディ・アルバ 6.5 引くべき場面と上がるべき場面を見極めてアシストも記録 MF 14 コウチーニョ 6.5 先制点をアシストし、自身が獲得したPKで得点。デコイになる動きも目立った (→ デンベレ -) 4 ラキティッチ 6.5 最終ラインと前線の繋ぎに徹して試合をオーガナイズ 5 ブスケッツ 6.5 イニエスタの空けた中盤左のスペースまで完璧にカバーし相乗効果を生む (→ パウリ―ニョ -) 8 イニエスタ 7.0 序盤から精力的に攻撃に絡み、自らの性能を発揮 (→ デニス・スアレス -) FW 10 メッシ 6.5 らしいプレーでセビージャのディフェンスラインを破壊 9 スアレス 7.5 精力的なプレスで自ら始点となり、自ら決め切る 監督 バルベルデ 7.0 直近のリーグ戦から大きくターンオーバーし、完全なモチベーションを持ってこの決勝へ。勝負が決した後も抜かりなく締める采配 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルイス・スアレス(バルセロナ) ▽90分間休みなくプレスを怠らず、マークを掻い潜り続け、2得点を記録。素晴らしい貢献度でチームを勝利に導いた セビージャ 0-5 バルセロナ 【バルセロナ】 スアレス(前14) メッシ(前31) スアレス(前40) イニエスタ(後7) コウチーニョ(後24[PK]) 2018.04.22 06:36 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナが4連覇達成で通算30回目の優勝! スアレス&メッシ&コウチーニョにイニエスタ弾で大爆発!《コパ・デル・レイ》

▽21日、コパ・デル・レイ決勝のセビージャvsバルセロナがワンダ・メトロポリターノで行われ、5-0でバルセロナが勝利。この結果、バルセロナが4連覇を達成し通算30回目となる優勝を果たした。 ▽準々決勝でアトレティコ・マドリーを、準決勝でレガネスを下して勝ち上がってきたセビージャは、0-0で引き分けた直近のリーガエスパニョーラ第33節デポルティボ戦からスタメンを6名変更。ラユン、カリーソ、ガイス、ピサーロ、カルロス・フェルナンデス、サンドロ・ラミレスに代えて、ラングレ、エスクデロ、エンゾンジ、サラビア、フランコ・バスケス、ムリエルを起用した。 ▽準々決勝でエスパニョールを、準決勝でバレンシアを下して勝ち上がった3連覇中の王者バルセロナは、2-2で引き分けた直近のリーガ第33節セルタ戦からコウチーニョ以外のスタメン10名を変更。GKにシレッセン、最終ラインに右からセルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、中盤にコウチーニョ、ラキティッチ、ブスケッツ、イニエスタ、2トップにメッシ、スアレスが入った。 ▽高いテンションで試合に入ったバルセロナが、序盤から主導権を握って試合を進行する。8分、フランコ・バスケスが自陣でバックパスを送ると、最前線のスアレスがディフェンスラインの背後からプレスをかけてボールを奪う。バネガが素早くカバーに入り事なきを得たが、ボックス手前右の危険なゾーンでFKを与えてしまう。 ▽直後のFKでキッカーを務めるのはメッシ。すると、左足から放たれたシュートがゴール右上隅を捉える。しかし、GKソリアが好守を披露してボールを弾き出した。 ▽セビージャが危機を脱したのも束の間、14分にもバルセロナがチャンスを作り出す。GKシレッセンの高い精度のゴールキックが、右サイドを駆け上がるコウチーニョにそのまま渡る。ボックス右まで侵攻したコウチーニョがGKソリアを引き付けて中央に折り返すと、スアレスが難なく蹴り込んで先制点とした。 ▽反撃に出るセビージャは16分に鋭いカウンターを繰り出す。メルカドが低い位置でボールを奪うと、バネガを経由して右サイドをオーバーラップするヘスス・ナバスにボールが渡る。しかし、ヘスス・ナバスのアーリークロスに反応したムリエルのヘディングシュートは、枠を捉えなかった。 ▽さらに23分、ボックス手前右でボールを持ったヘスス・ナバスが、縦に突破を図る。そのまま対面のジョルディ・アルバの股を抜くグラウンダーのクロスを供給したが、ボックス内に飛び込むエンゾンジにはわずかに合わない。 ▽ややセビージャの攻撃がうまく行き始めていた28分、バルセロナが再びGKソリアをヒヤリとさせる。ボックス手前でボールを持ったイニエスタが、左足でミドルシュートを狙う。シュートはバーに阻まれたが、セビージャゴールを脅かした。 ▽31分、セビージャ陣内中央でボールを持ったメッシが、イニエスタに縦パスを入れる。イニエスタとうまく連係してボックス左に侵攻したジョルディ・アルバが、ボックス左からヒールで中央に折り返す。エンゾンジのマークを外したメッシが左足で合わせ、追加点とした。 ▽さらに40分、最終ラインからのパスを前線で収めたスアレスが、後方のメッシに預けてディフェンスラインの裏に駆け上がる。メッシは右サイドでフリーになっているコウチーニョに身体を向けつつ、中央へのスルーパスを選択。これがスアレスに渡り、さらにセビージャを突き放した。 ▽バルセロナが3点のリードを得たところで試合は折り返しに。モンテッラ監督はハーフタイム中にコレアに代えてサンドロ・ラミレスを起用し、巻き返しを図っていく。 ▽すると49分、バルセロナ陣内中央でボールを持ったサンドロ・ラミレスが、左サイドのサラビアにボールを渡す。サラビアが素早く中央に折り返すと、ボックス手前中央のフランコ・バスケスが左足で合わせたが、シュートはジョルディ・アルバにブロックされた。 ▽52分、バルセロナがまたしても決定機を作り出す。セビージャ陣内でスアレスがバネガの後ろからプレスをかけ、ボールを奪い切る。スアレスからのパスを受けたイニエスタが、メッシとのワンツーでボックス右に侵攻。中央にコウチーニョが走り込んでいたが、イニエスタは自らシュートを狙い、角度のないところから決め切った。 ▽さらに55分、バルセロナはセビージャ陣内やや左の位置でFKを獲得。キッカーのメッシが合わせるボールを入れると、スアレスのヘディングシュートが枠を捉える。しかし、GKソリアが弾き出し、こぼれ球に詰めたDFユムティティのシュートもファインセーブで阻んだ。 ▽64分、前戦でボールを持ったサンドロ・ラミレスが、独力でボックス左に侵攻。しかし、GKシレッセンと一対一の状況で放ったシュートはセーブされ、得点に繋げることができない。 ▽69分、ラングレがボックス内でハンドを犯したとして、バルセロナがPKを獲得。キッカーのコウチーニョが冷静にGKソリアの逆を突き、リードを5点に広げた。 ▽大量リードを得ているバルセロナは、76分にブスケッツに代えてパウリ―ニョを投入する。ややハードな守備が目立つようになった中盤に、力強いプレーを得意とするカードをチョイスしていく。さらに、82分にコウチーニョに代えてデンベレを投入すると、セビージャはサラビアに代えて左サイドバックのラユンを送り出し、ヘスス・ナバスを一列挙げる采配を行った。 ▽しかし、モンテッラ監督の采配も虚しく、大勢に影響は与えることはできず。セビージャは一矢報いることもできずに、0-5のスコアで試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、バルセロナが1930年~1933年のビルバオ以来、85年ぶりとなる4連覇を達成し、通算優勝回数を30回にまで伸ばした。セビージャは、延長戦の末0-2で敗れた2016年のコパ・デル・レイ決勝の借りを返すことは叶わず、屈辱の大敗を喫することとなった。 2018.04.22 06:35 Sun
twitterfacebook
thumb

コパ決勝バルサ戦に臨むモンテッラ「メッシは宇宙人。地球には降り立たないでもらいたい」

現地時間21日、コパ・デル・レイ決勝バルセロナvsセビージャが行われる。この一戦を前に、セビージャのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がバルセロナのリオネル・メッシに対して警戒心を示した。<br><br>バルセロナにとってはすでにラ・リーガで優勝目前となっていることもあり、コパ・デル・レイで優勝すれば&ldquo;二冠&rdquo;に大きく近づくことになる。バルセロナとの大一番を前に、会見でモンテッラ監督は「すでにバルサとはリーグ戦で戦っているが、素晴らしいチームであることは承知している」と発言。<br><br>「彼らはピッチ上において、あらゆる面で相手を圧倒してしまう。だからこそ対戦相手はどう対処すべきか、常に頭を悩ませる」<br><br>モンテッラ監督は一方で、FWリオネル・メッシが「宇宙人」であるかとの問いに対して、次のように返答した。<br><br>「宇宙人だと思う。明日は地球に降り立たないでもらいたいね。彼がボールを持ったときに、そのプレーを打ち消すことは難しい。ボールが届かないようにしなければならない」<br><br>3月31日に行われた第30節バルセロナ戦でセビージャは2-2のドローで終えており、モンテッラ監督がカップ戦決勝の大一番でどのようなバルサ対策を見せるのか、その采配に注目が集まる。<br><br>コパ・デル・レイ決勝は日本時間22日未明、ワンダ・メトロポリターノで行われる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.21 21:58 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース