レーティング:バルセロナ 2-1 バレンシア《リーガエスパニョーラ》2018.04.15 01:13 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 テア・シュテーゲン 6.0
PKストップならず。自作自演もあったが、安定したゴールセービングで相手攻撃陣の前に立ちはだかった

DF
20 セルジ・ロベルト 6.0
チームのボールの失い方が悪く前半はゲデスに前を向かれて仕掛けられる場面が目立った。それでも、後半はきっちり盛り返す

(→N・セメド -)

3 ピケ 6.0
早い時間帯にカードをもらったことで、我慢の対応を強いられた。それでも、後半立ち上がりに見事なゴールカバーでチームを救った

23 ユムティティ 6.5
後半立ち上がりの痛恨スリップなどやや疲労の色が見えたが、決勝点となる今季初ゴールを記録

18 ジョルディ・アルバ 6.5
古巣相手に積極的な攻撃参加でチャンスに絡む。被カウンター時も快足を生かして味方を助けた

MF
14 コウチーニョ 6.5
絶妙なパスで2点をアシスト。不得手な右サイドでの起用もアタッキングサードでアイデアを見せた

(→デンベレ -)
痛恨のPK献上

15 パウリーニョ 5.5
球際の強さを見せていたが、ややポジショニングに難がありプレッシャーをかけ切れない場面も

5 ブスケッツ 6.0
満身創痍の中でも堅実なプレーを攻守に披露。後半は攻撃面でも良い絡みを見せた

8 イニエスタ 6.5
アルバとの連係から幾度か良い崩しを見せた。交代時にはスタンディングオベーションを受けた

(→デニス・スアレス -)

FW
10 メッシ 6.5
前半は重さを感じさせたが、後半は圧巻のボレーやドリブルシュートでスタンドを沸かせた

9 スアレス 6.5
良い時間帯に先制点を奪取。相手DFとの駆け引きで優位に立った

監督
バルベルデ 6.0
効率よい戦いぶりで難敵撃破。CL敗退ショックを振り払うリーガ無敗記録樹立となった

▽バレンシア採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 ネト 5.5
1失点目はノーチャンスも、2失点目は何とかしたかった。それでも、後半に2度のビッグセーブで意地は見せた

DF
3 ヴェゾ 5.0
守備専門でのプレーだったが、ポジショニングや判断で甘さが散見

5 ガブリエウ 5.5
失点場面で背後を許したものの、それ以外の場面では無理の利く守備で奮闘

24 ガライ 5.5
相手の攻撃に揺さぶられる場面が多かったが、中央の危険なエリアを冷静にケア

14 ガヤ 5.5
PK奪取など良い攻撃参加も見せたが、守備では簡単にスペースを使わせてしまった

MF
18 ソレール 5.5
攻守にハードワークを見せたが、攻撃面でもっとアクセントになりたい

10 パレホ 6.0
PKで1ゴール。中盤で無難に捌き、守備ではバイタルエリアをきっちりケア

16 コンドグビア 5.5
球際で強さを見せたが、あわや2枚目のカードで退場という場面を作るなど守備時は我慢を強いられた

7 ゴンサロ・ゲデス 5.5
前半は鋭い仕掛けやシュートで存在感も後半はトーンダウン

(→アンドレアス・ペレイラ 5.0)
因縁のセルジ・ロベルトとマッチアップも見せ場は作れず

FW
19 ロドリゴ・モレノ 5.0
2度のビッグチャンスを逃がして6戦連発とはならず

(→ザザ -)

22 サンティ・ミナ 5.5
幾つか決定機を演出したが、決定的な仕事はできなかった

(→ビエット 5.0)
指揮官の起用に応えるような好プレーはほとんどなかった

監督
マルセリーノ 5.0
コンディション面の利点を生かしたアグレッシブなパフォーマンスを見せられず。やや淡白な内容で連勝がストップ

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
コウチーニョ(バルセロナ)
▽傷心のチームを救う2アシストで勝利に大きく貢献。アシスト以外の場面でも質の高い仕掛けやパスで存在感を示した。

バルセロナ 2-1 バレンシア
【バルセロナ】
スアレス(前15)
ユムティティ(後6)
【バレンシア】
パレホ(後42[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

フレンキー・デ・ヨングってどんな子? 母がバルサ加入決定の息子を語る

アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの母が、息子の性格について明かした。スペイン『マルカ』がオランダ『Telegraaf』を引用して報じている。 2015年から名門アヤックスでプレーするF・デ・ヨング。中盤とセンターバックの複数ポジションをこなし、長短のパスセンスを兼備する将来を嘱望されているプレーヤーだ。今冬の移籍市場では幾多のビッグクラブから注目を集めた中、来シーズンのバルセロナ加入が決定している。 そんなF・デ・ヨングとはどんな人間なのか。同選手の母がエピソードを交えながら語り、息子を誇りに思っていることを明かした。 「バルセロナの選手になったとしても、彼は普通の少年で居続けると思うわ」 「フレンキーは落ち着いていて、思いやりのある子なの。私は息子を誇りに思っているわ。彼が何も考えずに決断するということはないの」 「お金のために決断することはしないわ。いつも何か一歩踏み出す時には数回考えてから決断するの」 「彼が良いフットボーラーであることは重要。でも、良い人間であることがより重要なの。私たちは彼を穏やかで謙虚な人になるよう育ててきたつもりだわ」 「多くの選手たちはタトゥーを入れてたりするわよね。私は息子に『中には年齢を重ねた時に、そのタトゥーが美しく見えないものもある』と言ったの。そしたら息子は笑って『どんなタトゥーも入れるつもりはないよ(笑)』と話していたわ」 2019.03.20 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマンに関心なし 西紙力説

スペイン『マルカ』がバルセロナのアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)獲得説を否定した。 昨夏にバルセロナ移籍の見方が強まったものの、最終的にアトレティコ・マドリー残留を決めたグリーズマン。その際に2023年6月30日までの新契約にサインも交わしたが、先日のフランス『レキップ』が報じたところによれば、バルセロナが昨夏に続き今夏の獲得に再び関心を抱いており、グリーズマン自身もチャンピオンズリーグ(CL)敗退のショックで移籍を考慮しているというのだ。 だが、『マルカ』はグリーズマンのバルセロナ移籍話を一蹴した。それはバルセロナが探すウルグアイ代表FWルイス・スアレス(32)の後継者として求めるタイプと異なるから。現有戦力と共存可能できるかどうかも見極め基準に掲げるなかで、フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)やセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)ら候補リストに、グリーズマンはいない模様だ。 また、バルセロナの選手陣においても、グリーズマンを歓迎する声があまり聞こえてこないという。そして、バルセロナはアトレティコ・マドリーに契約解除金として1億2000万ユーロ(約151億5000万円)を支払うのであれば、他の選手に投じたい意向。そのため、バルセロナのグリーズマンに対する熱は昨夏と比べると、冷めているとのことだ。 2019.03.19 18:35 Tue
twitterfacebook
thumb

名手チャビが断言「メッシは史上最高の選手」

かつてバルセロナでプレーし、現在はカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 17歳でトップチームデビューして以降、バルサ一筋を貫いてきたメッシ。ここまで公式戦674試合591得点238アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)を4度制した他、9度のリーガエスパニョーラ優勝、6度のコパ・デル・レイ優勝を果たすなど、数々のタイトルをクラブにもたらしてきた。 そんな中、長きに渡ってバルサの名手として活躍してきたチャビは、11シーズン共にプレーしたメッシを称賛。ついには「史上最高の選手」と言い切った。 「彼は毎日より良い選手になる。信じ難いほどにね。僕の意見では、彼が史上で最高の選手だよ。この瞬間だけではなく、歴史上においてだ」 「彼がしていることは素晴らしいことだ。全ての試合で違いを作る。12年前から毎試合そうなんだ。僕は彼と共にプレーしたけど、彼の技術…それはとてつもないものだ。私の中で、彼が史上最高の選手だということは揺るがない」 2019.03.19 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、CL展望を語る「優勝候補はバルセロナ。しかし…」

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の展望を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヨーロッパNO.1の座を争うCLもラウンド16が終わり、ベスト8が出揃った。4月9日から開催される準々決勝の対戦カードは、アヤックスvsユベントス、リバプールvsポルト、トッテナムvsマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドvsバルセロナに決定している。 そんな中、トッテナムのポチェッティーノ監督は優勝候補筆頭にバルセロナを挙げた。しかし、トッテナムが大会をかき乱す存在になることを期待している。 「優勝候補を挙げるとするならバルセロナだ。バルベルデは素晴らしい仕事をしている。それにバルセロナには驚異的な選手たちがいる。それに(リオネル・)メッシもいるからね」 「マンチェスター・シティやユベントスのようなチームにも常にチャンスはある。それを成し遂げるだけの力があるチームだ。ただ、CLには常にサプライズが起こる可能性がある。それがトッテナムであることを願っている」 「マンチェスター・ユナイテッドのここ数年の構築は、大きなことを成し遂げるためのものであったと思う。ただ、CLやプレミアリーグのような大きな大会は、常にディティールが分かれ目となる」 「もちろん彼らにもバルセロナを困難に陥れることができる選手たちがいる。しかし、バルセロナはユナイテッドより一個上にいると思っている」 2019.03.19 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

右足首を捻挫のスアレスは10〜15日間の離脱…ウルグアイ代表も辞退

バルセロナは18日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが10日〜15日間の離脱になると発表した。 スアレスは、17日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のレアル・ベティス戦で負傷。右足首を捻挫したと発表されていた。 18日に検査を行ったところ、見立て通り右足首の捻挫を確認。10〜15日間の離脱となり、ウルグアイ代表の招集も辞退することになると発表されている。 スアレスは、今シーズンのリーガエスパニョーラで27試合に出場し18ゴールを記録。これは29ゴールのリオネル・メッシに次いで、リーグ2番目の得点を記録している。 2019.03.18 22:21 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース