レーティング:バルセロナ 2-1 バレンシア《リーガエスパニョーラ》2018.04.15 01:13 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 テア・シュテーゲン 6.0
PKストップならず。自作自演もあったが、安定したゴールセービングで相手攻撃陣の前に立ちはだかった

DF
20 セルジ・ロベルト 6.0
チームのボールの失い方が悪く前半はゲデスに前を向かれて仕掛けられる場面が目立った。それでも、後半はきっちり盛り返す

(→N・セメド -)

3 ピケ 6.0
早い時間帯にカードをもらったことで、我慢の対応を強いられた。それでも、後半立ち上がりに見事なゴールカバーでチームを救った

23 ユムティティ 6.5
後半立ち上がりの痛恨スリップなどやや疲労の色が見えたが、決勝点となる今季初ゴールを記録

18 ジョルディ・アルバ 6.5
古巣相手に積極的な攻撃参加でチャンスに絡む。被カウンター時も快足を生かして味方を助けた

MF
14 コウチーニョ 6.5
絶妙なパスで2点をアシスト。不得手な右サイドでの起用もアタッキングサードでアイデアを見せた

(→デンベレ -)
痛恨のPK献上

15 パウリーニョ 5.5
球際の強さを見せていたが、ややポジショニングに難がありプレッシャーをかけ切れない場面も

5 ブスケッツ 6.0
満身創痍の中でも堅実なプレーを攻守に披露。後半は攻撃面でも良い絡みを見せた

8 イニエスタ 6.5
アルバとの連係から幾度か良い崩しを見せた。交代時にはスタンディングオベーションを受けた

(→デニス・スアレス -)

FW
10 メッシ 6.5
前半は重さを感じさせたが、後半は圧巻のボレーやドリブルシュートでスタンドを沸かせた

9 スアレス 6.5
良い時間帯に先制点を奪取。相手DFとの駆け引きで優位に立った

監督
バルベルデ 6.0
効率よい戦いぶりで難敵撃破。CL敗退ショックを振り払うリーガ無敗記録樹立となった

▽バレンシア採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 ネト 5.5
1失点目はノーチャンスも、2失点目は何とかしたかった。それでも、後半に2度のビッグセーブで意地は見せた

DF
3 ヴェゾ 5.0
守備専門でのプレーだったが、ポジショニングや判断で甘さが散見

5 ガブリエウ 5.5
失点場面で背後を許したものの、それ以外の場面では無理の利く守備で奮闘

24 ガライ 5.5
相手の攻撃に揺さぶられる場面が多かったが、中央の危険なエリアを冷静にケア

14 ガヤ 5.5
PK奪取など良い攻撃参加も見せたが、守備では簡単にスペースを使わせてしまった

MF
18 ソレール 5.5
攻守にハードワークを見せたが、攻撃面でもっとアクセントになりたい

10 パレホ 6.0
PKで1ゴール。中盤で無難に捌き、守備ではバイタルエリアをきっちりケア

16 コンドグビア 5.5
球際で強さを見せたが、あわや2枚目のカードで退場という場面を作るなど守備時は我慢を強いられた

7 ゴンサロ・ゲデス 5.5
前半は鋭い仕掛けやシュートで存在感も後半はトーンダウン

(→アンドレアス・ペレイラ 5.0)
因縁のセルジ・ロベルトとマッチアップも見せ場は作れず

FW
19 ロドリゴ・モレノ 5.0
2度のビッグチャンスを逃がして6戦連発とはならず

(→ザザ -)

22 サンティ・ミナ 5.5
幾つか決定機を演出したが、決定的な仕事はできなかった

(→ビエット 5.0)
指揮官の起用に応えるような好プレーはほとんどなかった

監督
マルセリーノ 5.0
コンディション面の利点を生かしたアグレッシブなパフォーマンスを見せられず。やや淡白な内容で連勝がストップ

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
コウチーニョ(バルセロナ)
▽傷心のチームを救う2アシストで勝利に大きく貢献。アシスト以外の場面でも質の高い仕掛けやパスで存在感を示した。

バルセロナ 2-1 バレンシア
【バルセロナ】
スアレス(前15)
ユムティティ(後6)
【バレンシア】
パレホ(後42[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

「望みがある限り殺す必要はない」イニエスタが素行不良のデンベレへに言及

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタは、素行が問題視されているバルセロナの後輩ウスマーヌ・デンベレについてコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>今シーズン、全公式戦20試合に出場して9ゴール5アシストを記録するなど才能の片鱗を見せるデンベレ。しかし、練習への遅刻や欠席などを連発しており、プレー面よりも素行面に大きな注目が集っている。先日チームメイトのジェラール・ピケやルイス・スアレスらからプロとしての姿勢に苦言を呈されていたが、それでも9日の練習にも寝坊が原因で2時間遅れで合流したという。<br><br>度重なる素行不良が伝えられる中、現在スペインへ帰国中のイニエスタは21歳FWを擁護している。<br><br>「僕はここにはもういないから、デンベレの状況を評価することはできない。順守しなければならない規則や責任があり、それに従うことができなければ、クラブやチームはこの状況を是正しなければならないね」<br><br>「ただ、彼はバルセロナにとってとても重要な選手だ。僕たちは彼を殺すのではなく、その間違いを直させなければならない。殺すことができるときは、手に負えなくなったときだけだ。彼の状況に望みがないとは思えない。僕からのアドバイスは、時間に間に合うように来ることだ」<br><br>また、ヴィッセル神戸の新たなチームメイトであるダビド・ビジャについても言及。「バルセロナに来る前の日に彼に会ったよ。僕たちは元チームメイトだった。彼のようなレベルの選手と一緒にプレーできることにとてもワクワクしている」と興奮気味に語った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

モラタがバルサに売り込み⁉

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)が、バルセロナに売り込みをかけているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が、スペインのラジオ局『RAC1』での放送を引用して伝えている。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のモラタは2010-12シーズンのサラゴサ戦でトップチームデビューを飾った。しかし、モラタの務めるセンターフォワードには元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインが在籍していたため、出場機会に恵まれずにユベントスに移籍。その後、一度はマドリー復帰を果たしたものの、その際もポジションを奪い切ることはできず、2017年夏に推定移籍金6500万ユーロ(現在のレートで約83億円)+ボーナスでチェルシーへ加入していた。 ▽加入初年度となった昨シーズンは、アントニオ・コンテ前監督のもと、公式戦48試合で11ゴールを記録。さらに、マウリツィオ・サッリ新監督になった今シーズンも、プレミアリーグ14試合で5ゴールとまずまずの数字を残している。しかし、大一番でスタメンから外されることもあり、絶対的な信頼は得られていない。 ▽今回伝えられるところによれば、モラタ側がウルグアイ代表FWルイス・スアレス(31)の後継者の獲得を目指しているバルセロナに売り込みをかけた模様。しかし、バルセロナは移籍市場でのフォワードの動向に注意を払っているものの、現時点でのモラタ獲得は最優先事項とならないことも伝えられている。 2018.12.12 20:48 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、主力温存のスパーズ戦で12年ぶり支配率下回る

▽バルセロナが、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで12年ぶりに支配率を下回ったようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽バルセロナは、11日にチャンピオンズリーグ(CL)グループB第6節でトッテナムと対戦。グループステージ首位突破が決まっていたバルセロナは、FWメッシやMFブスケッツら主力をベンチに置き、CLデビューとなったU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャ、U-19スペイン代表DFフアン・ミランダら若手選手を起用した。 ▽試合では、7分にバルセロナFWデンベレが個人技で打開し先制点を奪取。しかし、終了間際の85分にトッテナムFWルーカス・モウラに同点弾を浴び、試合は1-1で終了。バルセロナのボール支配率は、48.8%で相手を下回っていた。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によると、バルセロナがCLのグループステージで支配率を下回るのは、元ブラジル代表のロナウジーニョ氏らが在席していた2006-07シーズンのグループA第6節ブレーメン戦以来。この試合では、ロナウジーニョ氏と元アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセン氏のゴールで2-0の勝利を収めたが、支配率は42.9%と下回っていた。 2018.12.12 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「メッシは僕にとって最高の選手」イニエスタ、ペレの「マラドーナの方が優れている」発言に言及

▽ヴィッセル神戸に所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、今年のバロンドールについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は3日、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチがバロンドールに輝いたことを発表。11年ぶりにバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド以外の選手が受賞した中、モドリッチの受賞や両選手の選外に賛否が集まっている。 ▽最近ではサッカー界のレジェンドであるペレ氏は、バロンドールの投票で5位だったメッシが「片足しか使えず、スキルも一つしかない。ヘディングもうまくない」とコメント。元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏の方が優れていると主張していた。 ▽そんな中、現在母国・スペインに帰国中のイニエスタは、『Ariel』のプロモーションイベントに参加。今年のバロンドールや先日のペレ氏の発言について以下のように語った。 「僕はペレが言ったことについてとやかく言うつもりはないよ」 「ただ、メッシはこれまでの歴史においても最高の選手だ。彼は全てのものを勝ち得てきた。技術があってヘディングもでき、右でも左でもボールを蹴れる。こんな選手は彼以外で見たことがない。そして彼は毎年僕の予想を上回ってくる」 「バロンドールの投票で5位だったことは屈辱ではない。僕にとっては最高の選手だ」 「モドリッチの受賞が不当だということもない。彼は素晴らしいシーズンを送った」 2018.12.12 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 1-1 トッテナム《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第6節、バルセロナvsトッテナムが11日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 シレッセン 6.5 今季CL初出場。ソン・フンミンとの一対一を阻止やルーカスのヘディングシュートを止めるなど再三のビッグセーブを披露 DF 2 N・セメド 6.0 同サイドの守備の強度が低い中、守備面で奮闘を見せた 15 ラングレ 6.0 利き足とは逆の右CBでのプレーだったが、安定したビルドアップと粘り強い守備で急造バックラインをまとめた 24 ヴェルメーレン 5.5 ソン・フンミンのスピードに振り切られるなど、試合勘やコンディション面でやや厳しかった 27 ミランダ 6.0 18歳でCLデビュー。繋ぎや攻撃の局面でマシア出身らしさを見せたが、守備面ではさすがにキツかった MF 26 アレーニャ 5.5 CLデビュー。球際の争いで劣勢を強いられたが、マイボール時はシンプルな捌きでリズムを作った 4 ラキティッチ 5.5 アンカー起用で攻守に上々のプレー。惜しいミドルシュートも放った (→ブスケッツ 5.0) 周囲のレベルや連係の問題もあり相手の勢いを止めきれず 8 アルトゥール 5.5 負傷明けのためやや無理は利かなかったが、コウチーニョと共に左サイドで起点を作った FW 11 デンベレ 6.5 相手のミスを見逃さない抜け目なさと圧倒的な個人技で先制点を奪取。その後も鋭い仕掛けで相手の脅威も守備のルーズさは減点 (→デニス・スアレス -) 19 ムニル 5.5 利他的なプレーで味方を生かしたが、ストライカーとして怖さを見せられず (→メッシ 5.5) 幾度か見せ場は作ったが、かなりの省エネモードだった 7 コウチーニョ 6.0 ウォーカー=ピータース相手に優位性を保ちながら2度のポスト直撃のシュートなど決定機に絡んだ 監督 バルベルデ 5.5 積極的なターンオーバーを敷いた中で最低限の勝ち点1 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 失点はノーチャンス。防げるシュートはきっちり防ぎ背後のスペースを冷静にケア DF 16 ウォーカー=ピータース 5.0 CL初先発も痛恨のロストで失点に関与。それでも、後半に入ってからは積極的な仕掛けや決定的なシュートブロックで盛り返す (→ラメラ 6.0) 同点ゴールの起点となるなど、攻守に積極性が光った 4 アルデルヴァイレルト 6.0 早々の失点によって前がかりになったチームを後方からきっちり支えた 5 ヴェルトンゲン 5.5 攻守両面でそつなし。ムニルを全く苦にせず 3 ローズ 6.5 序盤はデンベレの対応に苦慮も後半はソリッドな守備を披露。その中でもチームに推進力を与える攻め上がりを幾度か見せた MF 17 ムサ・シソコ 6.5 豊富な運動量と球際の強さを武器に攻守両面で存在感。後半途中から右サイドバックでもプレー 20 デレ・アリ 5.5 エリクセンと共にライン間でボールを引き出し、局面を変えるプレーを見せた 8 ウィンクス 6.0 シンプルな捌きと機動力を生かした潰しで存在感を示した (→ジョレンテ -) 23 エリクセン 6.5 嫌らしいポジショニングと質の高いパスで再三の好機を演出 FW 7 ソン・フンミン 5.5 前半のGKとの一対一の決定機を逸するが、鋭い仕掛けと背後へのスプリントで相手の脅威となった (→ルーカス・モウラ 6.5) チームを決勝トーナメントに導くゴールを奪った 10 ケイン 6.5 相手センターバックとのフィジカル勝負で優位に。決勝点をアシストするなどエースの役目を果たした 監督 ポチェッティーノ 6.0 勝って自力での突破を逃すも攻撃的な采配で決勝トーナメント進出を決めた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルーカス・モウラ(トッテナム) ▽再三の好守で立ちはだかったシレッセンの活躍やローズ、ムサ・シソコの両サイドバックの活躍も見事だったが、チームを決勝トーナメントに導いたルーカスをMOMに選出。 バルセロナ 1-1 トッテナム 【バルセロナ】 デンベレ(前7) 【トッテナム】 ルーカス・モウラ(後40) 2018.12.12 07:48 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース