5連勝バレンシア撃破のバルサがCL敗退ショックを払拭! リーガ新記録の39戦連続無敗!《リーガエスパニョーラ》2018.04.15 01:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。▽前節、レガネス相手にエースFWメッシのハットトリックの活躍で3-1の快勝を収めたバルセロナ(勝ち点79)はレアル・ソシエダに並ぶリーガ連続無敗記録(38試合)を達成。しかし、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのローマ戦では0-3でまさかの大敗。カンプ・ノウでの1stレグを4-1で勝利しながら、3点差をひっくり返されるクラブ史上初の失態を演じてベスト8での敗退を強いられた。痛すぎる敗戦からのバウンスバックとリーガ連続無敗記録更新が懸かるこの一戦に向けてはローマ戦から先発2人を変更。ネウソン・セメドに代わってコウチーニョ、右手骨折でベンチ外のラキティッチに代わってパウリーニョが起用された。

▽一方、前節のエスパニョール戦をFWロドリゴ・モレノの5試合連続ゴールで1-0の勝利を収めた3位のバレンシア(勝ち点65)は5連勝中で直近8勝1分けと絶好調だ。傷心の首位チーム相手に6連勝を目指すチームはエスパニョール戦からモントーヤ、ザザに代えてヴェゾ、サンティ・ミナを起用した。

▽ローマ戦の大敗を受けて重苦しい空気が漂う中でスタートしたカンプ・ノウでの上位対決。立ち上がりからコンディションの良さを窺わせるアウェイのバレンシアは4分、ボックス手前左でガヤからパスを受けたゴンサロ・ゲデスが強烈な右足のシュートを放つが、ここはGKテア・シュテーゲンがファインセーブで凌ぐ。

▽すると、直後の5分にはバルセロナに決定機。左サイド深くでジョルディ・アルバとパス交換したイニエスタがそのままボックス左ライン際まで持ち込んでマイナスにパス。これにスアレスが反応するがうまくボールをミートできない。続く13分にはスアレスのスルーパスに抜け出したジョルディ・アルバがボックス内でGKと一対一になるが、コースを消された中で放ったシュートはGKネトに防がれる。

▽それでも、徐々に良い流れを作り始めたバルセロナは15分、元リバプールのホットラインが開通する。右サイドのセルジ・ロベルトにサイドチェンジが通ると、セルジ・ロベルトはボックス手前のコウチーニョにマイナスのパス。これを受けたブラジル代表MFは中央からニアのスペースへ絶妙な飛び出しを見せたスアレスに丁寧なラストパスを通すと、スアレスは右足の素早い振り抜きでニアを破った。

▽相手の流れの中で我慢できなかったバレンシアだがすぐさま反撃を開始。20分、ボックス内でルーズボールに反応したゲデスが再び右足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。さらに24分にはGKテア・シュテーゲンのビルドアップのミスを奪ったソレールからゴール前でパスを受けたロドリゴに絶好の同点機。だが、至近距離から放った右足のシュートはテア・シュテーゲンに驚異的な反応で触られて惜しくもクロスバーを叩いた。

▽その後は互いにカウンターから決定機を作り合うオープンな展開が続く。この流れの中でバルセロナはゴール前に飛び込んだメッシが2度に渡ってヘディングシュートを試みるが、いずれも枠に飛ばすことができない。一方、バレンシアもゲデスのスピードを生かしたカウンターからフィニッシュまで持ち込むが、44分にロドリゴの放ったシュートが正面を突くなどややフィニッシュの甘さが目立った。

▽バルセロナの1点リードで迎えた後半もオープンな展開が続く。50分には自陣左サイドで足を滑らせたDFユムティティからボールを奪ったサンティ・ミナが2対1のショートカウンターからロドリゴにラストパス。ボックス左に持ち込んだロドリゴがGKをつり出してシュートを狙うが、これはゴールカバーに入っていたDFピケにクリアされる。

▽すると、ピンチを凌いだバルセロナは直後に先ほどミスを犯したユムティティが汚名返上の一発を決める。51分、右CKの場面でキッカーのコウチーニョがアウトスウィングのクロスを入れると、ニアでDFガブリエウに競り勝ったユムティティのヘディングシュートがGKネトの手を弾いてゴールネットに吸い込まれた。

▽前半に続いて効率よい攻めで追加点を手にしたバルセロナは気落ちするバレンシア相手に畳みかける攻めを見せる。59分にはスアレスとの連係からボックス付近でパスを受けたコウチーニョが惜しいシュートを放つと、65分にはブスケッツの左クロスをメッシが見事な左足ダイレクトボレー。70分にはメッシとのパス交換からボックス右でフリーのイニエスタが再びダイレクトボレーを放つが、いずれのファインフィニッシュも3点目とはならず。

▽一方、ロドリゴの立ち上がりのビッグチャンス以降、流れの中でチャンスを作れないバレンシアは67分にパレホの直接FKで相手ゴールを脅かすも、このシュートはわずかにクロスバーの上を越える。流れを変えたいマルセリーノ監督はゲデス、サンティ・ミナを下げてアンドレアス・ペレイラ、ビエットを続けて投入。だが、この交代策もうまく機能しない。

▽一方、3点目こそ奪えないものの余裕の試合運びを見せるバルセロナは79分にコウチーニョを下げてデンベレ、84分にイニエスタを下げてデニス・スアレスを投入して試合をクローズにかかる。だが、87分にはボックス内でクロスを上げたガヤをデンベレがアフターチャージで倒してしまい、痛恨のPK献上。キッカーのパレホが右を狙ったシュートはGKテア・シュテーゲンが完璧に読み切るもボールが脇の下を抜けてゴールネットに吸い込まれる。この失点で試合最終盤はバタバタした展開となるが、何とかリードを守り切って2-1の勝利。5連勝中の難敵バレンシアに競り勝ったバルセロナがCL敗退のショックを振り払い、リーガ新記録となる39試合連続無敗という偉大な記録を樹立した。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナムに朗報? バルサ、CLトッテナム戦はスアレス欠場濃厚、メッシは…

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦に向けたコメントを残している。『フットボール・ロンドン』が伝えた。 ▽バルセロナは11日、CL・グループB最終節でホームにトッテナムを迎える。グループBではすでに決勝トーナメント進出を決めているバルセロナに続いて、トッテナムとインテルが同じ勝ち点で並んでおり、勝ち上がり残り一枠を懸けて最終節を戦う。当該成績でインテルを上回っているトッテナムは、バルセロナ戦に勝利すれば自力突破が決まる。 ▽そんな状況の中、バルベルデ監督はトッテナム戦に向けたヒントを残した。主力温存という見方もある中で、以下のようにコメントした。 「明日(11日)は変化があるだろう。ルイス・スアレスは2試合連続で出られるほどフィットできていない」 「ラインナップをみれば、(リオネル・)メッシがいるかどうかわかるだろう。だが重要なのはモチベーションを持ってフィールドに出るということだ」 「インテルは心配する必要はない。我々は勝利に集中している。だが、トッテナムに勝っていればこのような状況にならなかっただろうけどね」 ▽トッテナムにとって、メッシが出るか出ないかは試合の行方を左右し得る重要な要素。また、PSVと対戦するインテルからしてみても、バルセロナにはどうにか勝利してほしいところ。果たして、バルベルデ監督はどのような陣容で臨むのだろうか。 2018.12.11 03:49 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州ビッグクラブが獲得競争繰り広げるデ・ヨング、父親が「バルサ移籍が最良の選択」と発言

欧州のビッグクラブがこぞって獲得を目指すアヤックスMFフレンキー・デ・ヨングの父親が、バルセロナ移籍の可能性をほのめかしている。<br><br>パリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティなども獲得を狙うデ・ヨングだが、同選手の父親であるジョン氏はバルセロナに加わる可能性が高いことを示唆。オランダ『Voetbalprenium』で、次のようにコメントしている。<br><br>「決断を下さなければならない。彼はとても賢しい若者で、春に決断をするはずだ。アヤックスを退団する可能性は95%で、バルサ移籍が最良の選択となるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.10 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

不遇のヴェルメーレン、イングランド復帰も視野に

▽バルセロナのベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン(33)は、イングランド復帰も考慮しているようだ。ベルギー『Het Nieuwsblad』が伝えている。 ▽2014年夏にアーセナルからバルセロナに加入したヴェルメーレン。だが、度重なるケガの影響で出場機会を得られず、2016-17シーズンにローマにレンタル移籍したこともあり、加入から5年目を迎えたここまで、バルセロナでの公式戦出場は45試合に留まっている。 ▽そんなヴェルメーレンとバルセロナの契約は今シーズン限り。クラブは契約更新しないとの見方が強い中、「どんな扉も開いている」とベルギー代表DFは語る。 「すべての扉は開いているよ。イングランドに戻る可能性も否定しない。プレミアリーグには素晴らしい思い出があるし、とても楽しかった。アーセナルの試合は欠かさず見てたよ。ウナイ・エメリ監督は素晴らしい仕事をしているね」 ▽また、ここまでのバルセロナでの境遇に関してはこのように語っている。 「移籍は後悔していない。世界最高の選手たちとプレーするために来たんだ。スタメンになることは簡単なことじゃないけど、ここでハッピーだよ。リオネル・メッシみたいな選手と練習していると自分も成長できるんだ」 2018.12.10 23:19 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリアに来いよ! C・ロナウドがメッシにラブコール

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにラブコールを送った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽C・ロナウドは2009年夏、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに加入。メッシと共にリーガエスパニョーラ屈指の2大プレーヤーとして活躍したが、今夏にユベントス移籍を決断した。 ▽C・ロナウドは長らく凌ぎを削り合ってきたそのメッシについて、「恋しいか?」と問われると、次のように返答。将来的なセリエA参戦を願った。 「いや、彼の方が僕のことを恋しがっているんじゃないかな!」 「僕はこれまでイングランドやスペイン、イタリア、ポルトガル、そして代表チームでプレーしてきた」 「僕の人生は挑戦さ。それが好き。それに、人々を幸せにしたい」 「いつか彼がイタリアに来ることを願うよ。僕のように、チャレンジしてほしいね」 「でも、彼があの場所で幸せなら、僕はその決断を尊重する」 「彼は素晴らしい選手でナイスガイ。でも、僕は寂しくない。これは僕の新しい人生さ。幸せだよ」 2018.12.10 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アルバ、バロンドールに不満爆発「嘘っぱちだ。メッシが世界最高だとわかっているはずだ」

バルセロナDFジョルディ・アルバが、今年のバロンドールの結果に不満を述べている。<br><br>フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が開催する、その年最も活躍した選手へと送られるバロンドール。1956年に創設され、世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。<br><br>2018年度は、レアル・マドリーMFルカ・モドリッチが受賞。チャンピオンズリーグ優勝やロシア・ワールドカップ準優勝へ導いた活躍が評価され、キャリア初めて栄冠を手にしている。<br><br>しかし、アルバはこの結果に不満のようだ。リーガ第15節のエスパニョール戦(4-0)後、チームメイトのリオネル・メッシが選ばれなかったことに不満を爆発させている。<br><br>「バロンドールは嘘っぱちだ。多くのクラブやプレスのキャンペーンがある。もしクリスティアーノ(ロナウド)がレアル・マドリーにいたならば、彼が受賞していただろう。クリスティアーノが移籍したから&hellip;&hellip;モドリッチが手に入れたんだ」<br><br>「世界中の誰もが、メッシが世界最高の選手だということはわかっているはずだ」<br><br>歴代最多タイの5度のバロンドール受賞を誇るメッシだが、2018年度は5位に。バルセロナの同僚DFは、この結果に納得出来ないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.10 06:42 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース