5連勝バレンシア撃破のバルサがCL敗退ショックを払拭! リーガ新記録の39戦連続無敗!《リーガエスパニョーラ》2018.04.15 01:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。

▽前節、レガネス相手にエースFWメッシのハットトリックの活躍で3-1の快勝を収めたバルセロナ(勝ち点79)はレアル・ソシエダに並ぶリーガ連続無敗記録(38試合)を達成。しかし、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのローマ戦では0-3でまさかの大敗。カンプ・ノウでの1stレグを4-1で勝利しながら、3点差をひっくり返されるクラブ史上初の失態を演じてベスト8での敗退を強いられた。痛すぎる敗戦からのバウンスバックとリーガ連続無敗記録更新が懸かるこの一戦に向けてはローマ戦から先発2人を変更。ネウソン・セメドに代わってコウチーニョ、右手骨折でベンチ外のラキティッチに代わってパウリーニョが起用された。

▽一方、前節のエスパニョール戦をFWロドリゴ・モレノの5試合連続ゴールで1-0の勝利を収めた3位のバレンシア(勝ち点65)は5連勝中で直近8勝1分けと絶好調だ。傷心の首位チーム相手に6連勝を目指すチームはエスパニョール戦からモントーヤ、ザザに代えてヴェゾ、サンティ・ミナを起用した。

▽ローマ戦の大敗を受けて重苦しい空気が漂う中でスタートしたカンプ・ノウでの上位対決。立ち上がりからコンディションの良さを窺わせるアウェイのバレンシアは4分、ボックス手前左でガヤからパスを受けたゴンサロ・ゲデスが強烈な右足のシュートを放つが、ここはGKテア・シュテーゲンがファインセーブで凌ぐ。

▽すると、直後の5分にはバルセロナに決定機。左サイド深くでジョルディ・アルバとパス交換したイニエスタがそのままボックス左ライン際まで持ち込んでマイナスにパス。これにスアレスが反応するがうまくボールをミートできない。続く13分にはスアレスのスルーパスに抜け出したジョルディ・アルバがボックス内でGKと一対一になるが、コースを消された中で放ったシュートはGKネトに防がれる。

▽それでも、徐々に良い流れを作り始めたバルセロナは15分、元リバプールのホットラインが開通する。右サイドのセルジ・ロベルトにサイドチェンジが通ると、セルジ・ロベルトはボックス手前のコウチーニョにマイナスのパス。これを受けたブラジル代表MFは中央からニアのスペースへ絶妙な飛び出しを見せたスアレスに丁寧なラストパスを通すと、スアレスは右足の素早い振り抜きでニアを破った。

▽相手の流れの中で我慢できなかったバレンシアだがすぐさま反撃を開始。20分、ボックス内でルーズボールに反応したゲデスが再び右足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。さらに24分にはGKテア・シュテーゲンのビルドアップのミスを奪ったソレールからゴール前でパスを受けたロドリゴに絶好の同点機。だが、至近距離から放った右足のシュートはテア・シュテーゲンに驚異的な反応で触られて惜しくもクロスバーを叩いた。

▽その後は互いにカウンターから決定機を作り合うオープンな展開が続く。この流れの中でバルセロナはゴール前に飛び込んだメッシが2度に渡ってヘディングシュートを試みるが、いずれも枠に飛ばすことができない。一方、バレンシアもゲデスのスピードを生かしたカウンターからフィニッシュまで持ち込むが、44分にロドリゴの放ったシュートが正面を突くなどややフィニッシュの甘さが目立った。

▽バルセロナの1点リードで迎えた後半もオープンな展開が続く。50分には自陣左サイドで足を滑らせたDFユムティティからボールを奪ったサンティ・ミナが2対1のショートカウンターからロドリゴにラストパス。ボックス左に持ち込んだロドリゴがGKをつり出してシュートを狙うが、これはゴールカバーに入っていたDFピケにクリアされる。

▽すると、ピンチを凌いだバルセロナは直後に先ほどミスを犯したユムティティが汚名返上の一発を決める。51分、右CKの場面でキッカーのコウチーニョがアウトスウィングのクロスを入れると、ニアでDFガブリエウに競り勝ったユムティティのヘディングシュートがGKネトの手を弾いてゴールネットに吸い込まれた。

▽前半に続いて効率よい攻めで追加点を手にしたバルセロナは気落ちするバレンシア相手に畳みかける攻めを見せる。59分にはスアレスとの連係からボックス付近でパスを受けたコウチーニョが惜しいシュートを放つと、65分にはブスケッツの左クロスをメッシが見事な左足ダイレクトボレー。70分にはメッシとのパス交換からボックス右でフリーのイニエスタが再びダイレクトボレーを放つが、いずれのファインフィニッシュも3点目とはならず。

▽一方、ロドリゴの立ち上がりのビッグチャンス以降、流れの中でチャンスを作れないバレンシアは67分にパレホの直接FKで相手ゴールを脅かすも、このシュートはわずかにクロスバーの上を越える。流れを変えたいマルセリーノ監督はゲデス、サンティ・ミナを下げてアンドレアス・ペレイラ、ビエットを続けて投入。だが、この交代策もうまく機能しない。

▽一方、3点目こそ奪えないものの余裕の試合運びを見せるバルセロナは79分にコウチーニョを下げてデンベレ、84分にイニエスタを下げてデニス・スアレスを投入して試合をクローズにかかる。だが、87分にはボックス内でクロスを上げたガヤをデンベレがアフターチャージで倒してしまい、痛恨のPK献上。キッカーのパレホが右を狙ったシュートはGKテア・シュテーゲンが完璧に読み切るもボールが脇の下を抜けてゴールネットに吸い込まれる。この失点で試合最終盤はバタバタした展開となるが、何とかリードを守り切って2-1の勝利。5連勝中の難敵バレンシアに競り勝ったバルセロナがCL敗退のショックを振り払い、リーガ新記録となる39試合連続無敗という偉大な記録を樹立した。

コメント

関連ニュース

thumb

不振極めるバルサが監督解任…Bチームが3部降格の危機

▽バルセロナは、Bチームを率いていたジェラール・ロペス監督を解任した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽今シーズンはセグンダ(スペイン2部)を戦っているバルセロナBだが、ここ5試合は全敗。2月19日のルーゴ戦以来、9試合白星から見放されている状況だった。 ▽現在は21位に位置しており、降格圏内に位置。残り6試合で巻き返しが期待される。 ▽ジェラール・ロペス氏は、かつてバルセロナBを率いたことがあるジョゼップ・グアルディオラ監督(2007-08)、ルイス・エンリケ氏(2007-2011)とともに、バルセロナBを昇格に導いていた。 ▽なお、後任はフランシスコ・ハビエル・ガルシア・ピミエンタ氏が務めることとなる。 2018.04.25 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ダニ・アウベス、スペインメディアを痛烈批判...「さぞ僕を恋しく思っているだろう」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、スペインメディアを痛烈批判している。<br><br>D・アウベスは2016年夏にバルセロナからユベントスに移籍。その1年後、ユベントスに別れを告げPSGに加入した。スペインを離れて2年が経過したが、アウベスは自身のインスタグラムに次のように記している。<br><br>「みんな、落ち着いてくれ。僕のことを懐かしんでいるのは知っている。ゴッド・クレイジー(アウベスが自身に名付けたニックネーム)がいない中で暮らすのは難しいだろう...。(スペインのマドリッド系メディアである)『アス』や『マルカ』、酪農協同組合までもが僕を恋しく思っているかもしれないね」<br><br>「僕たちの歴史は素晴らしいものだった。でも、サッカーについては、もう終わったことだ。『バルサは僕の家だ。明日にでも戻ってくる』と言ったのは、単にクラブへの愛を示したかっただけ。そのテーマは過去のものだ」<br><br>D・アウベスは先日、『Globo TV』のインタビューで「バルセロナは僕の家」と発言していた。これに対してスペインの一部報道ではバルセロナ復帰の可能性が取りざたされた。D・アウベスはそういった報道に釘を刺したかったのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 21:58 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタにシティ移籍の可能性? ペップが接近か

▽マンチェスター・シティが、バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得を望んでいるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽今シーズン限りでのバルセロナ退団が濃厚となっているイニエスタは現在、中国移籍が噂されており、重慶当代力帆と天津権健が移籍先として浮上。イニエスタ自身は21日に行われたセビージャとのコパ・デル・レイ決勝後、「去就については、今週発表する」と明かしており、その動向に注目が集まっている。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、ここに来てシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が接近しているとのこと。セビージャ戦でハイパフォーマンスを披露した同選手がトップレベルでまだプレーできると判断しており、再タッグを望んでいるようだ。 ▽また、同メディアはパリ・サンジェルマン(PSG)も獲得へ動いているチームの一つと報道。さらに最近退任を発表したアーセン・ヴェンゲル監督の後任として浮上しているルイス・エンリケ氏が、アーセナルに就任した場合、同クラブも獲得に乗り出す可能性があると見解を示している。 2018.04.25 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月25日は“トータルフットボール”を体現したあのレジェンドのバースデー!

◆ヨハン・クライフ 【Profile】 出身:オランダ 誕生日:1947/4/25 ポジション:MF クラブ:アヤックス、バルセロナなど 身長:176㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月25日はアヤックスやバルセロナで活躍した“トータルフットボールの体現者”ヨハン・クライフ氏のバースデーだ。 ▽選手時代のクライフ氏はリヌス・ミケルス監督の志向したトータルフットボールを完全に体現。その類稀な戦術眼を生かしピッチ上で第2の監督として振る舞い、目まぐるしくポジションの入れ替わる戦術に欠かせない存在として君臨した。アヤックス時代には、UEFAチャンピオンズカップを3連覇し、バロンドールを3度受賞。オランダ代表でも“時計仕掛けのオレンジ”と称される精密な組織の中心となり、ワールドカップ準優勝に導いた。 ▽バルセロナでも選手時代に“救世主”と呼ばれたクライフ氏は、現役引退後に監督としてカタルーニャに帰還。現在まで脈々と続くポゼッションというフィロソフィーをバルセロナに植え付け、ジョゼップ・グアルディオラ少年を見出しトップチームに引き上げ、リーガエスパニョーラ4連覇などの圧倒的な成績を残した。その功績は計り知れないものであり、晩年の2015年3月24日、肺がんに臥した際にはベッケンバウアー氏らサッカー界のレジェンドをはじめ、オランダ国王までもが哀悼の意を示し、世界中が悲しみに包まれた。 ※誕生日が同じ主な著名人 デイビッド・モイーズ(サッカー監督/ウェストハム) ジウベルト・ダ・シウバ・メロ(元サッカー選手) ラファエル・ヴァラン(サッカー選手/レアル・マドリー) ライス・エンボリ(サッカー選手/アル・イテファク) 岡崎亮平(サッカー選手/湘南ベルマーレ) 森島司(サッカー選手/サンフレッチェ広島) アルバート・キング(ギタリスト) 鳥羽一郎(歌手) アル・パチーノ(俳優) 鈴木おさむ(放送作家) 2018.04.25 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタの移籍先は中国の重慶力帆か...会長が「入団会見を開けるはず」と自信

中国の重慶力帆で会長を務める蒋立章氏が、バルセロナMFアンドレス・イニエスタ獲得に自信をのぞかせている。<br><br>今季限りでのバルセロナ退団が濃厚とみられるイニエスタ。現時点で正式発表はないが、先のコパ・デル・レイ決勝ではベンチに下がったあと涙を浮かべ、試合後には「今週、自分の決断を発表する」と語り別れを示唆する言葉を残していた。<br><br>イニエスタに関しては、中国の複数クラブからオファーが届いている模様だ。スペイン代表MFを狙っているとされるクラブのひとつが重慶力帆 で、蒋立章氏の「私はイニエスタの入団会見を開けると確信している。素晴らしい活動になるだろう」とのコメントをスペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>12歳でバルセロナのカンテラ(下部組織)に入団したイニエスタは、2002年にトップデビューを飾り、その後バルセロナ一筋でプレーしてきた。昨季はルイス・エンリケ前監督の下で出場機会を確保できずに苦しんだが、今季はここまでリーガエスパニョーラ25試合に出場。エルネスト・バルベルデ監督にとって欠かせない選手となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.24 23:59 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース