5連勝バレンシア撃破のバルサがCL敗退ショックを払拭! リーガ新記録の39戦連続無敗!《リーガエスパニョーラ》2018.04.15 01:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。

▽前節、レガネス相手にエースFWメッシのハットトリックの活躍で3-1の快勝を収めたバルセロナ(勝ち点79)はレアル・ソシエダに並ぶリーガ連続無敗記録(38試合)を達成。しかし、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのローマ戦では0-3でまさかの大敗。カンプ・ノウでの1stレグを4-1で勝利しながら、3点差をひっくり返されるクラブ史上初の失態を演じてベスト8での敗退を強いられた。痛すぎる敗戦からのバウンスバックとリーガ連続無敗記録更新が懸かるこの一戦に向けてはローマ戦から先発2人を変更。ネウソン・セメドに代わってコウチーニョ、右手骨折でベンチ外のラキティッチに代わってパウリーニョが起用された。

▽一方、前節のエスパニョール戦をFWロドリゴ・モレノの5試合連続ゴールで1-0の勝利を収めた3位のバレンシア(勝ち点65)は5連勝中で直近8勝1分けと絶好調だ。傷心の首位チーム相手に6連勝を目指すチームはエスパニョール戦からモントーヤ、ザザに代えてヴェゾ、サンティ・ミナを起用した。

▽ローマ戦の大敗を受けて重苦しい空気が漂う中でスタートしたカンプ・ノウでの上位対決。立ち上がりからコンディションの良さを窺わせるアウェイのバレンシアは4分、ボックス手前左でガヤからパスを受けたゴンサロ・ゲデスが強烈な右足のシュートを放つが、ここはGKテア・シュテーゲンがファインセーブで凌ぐ。

▽すると、直後の5分にはバルセロナに決定機。左サイド深くでジョルディ・アルバとパス交換したイニエスタがそのままボックス左ライン際まで持ち込んでマイナスにパス。これにスアレスが反応するがうまくボールをミートできない。続く13分にはスアレスのスルーパスに抜け出したジョルディ・アルバがボックス内でGKと一対一になるが、コースを消された中で放ったシュートはGKネトに防がれる。

▽それでも、徐々に良い流れを作り始めたバルセロナは15分、元リバプールのホットラインが開通する。右サイドのセルジ・ロベルトにサイドチェンジが通ると、セルジ・ロベルトはボックス手前のコウチーニョにマイナスのパス。これを受けたブラジル代表MFは中央からニアのスペースへ絶妙な飛び出しを見せたスアレスに丁寧なラストパスを通すと、スアレスは右足の素早い振り抜きでニアを破った。

▽相手の流れの中で我慢できなかったバレンシアだがすぐさま反撃を開始。20分、ボックス内でルーズボールに反応したゲデスが再び右足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。さらに24分にはGKテア・シュテーゲンのビルドアップのミスを奪ったソレールからゴール前でパスを受けたロドリゴに絶好の同点機。だが、至近距離から放った右足のシュートはテア・シュテーゲンに驚異的な反応で触られて惜しくもクロスバーを叩いた。

▽その後は互いにカウンターから決定機を作り合うオープンな展開が続く。この流れの中でバルセロナはゴール前に飛び込んだメッシが2度に渡ってヘディングシュートを試みるが、いずれも枠に飛ばすことができない。一方、バレンシアもゲデスのスピードを生かしたカウンターからフィニッシュまで持ち込むが、44分にロドリゴの放ったシュートが正面を突くなどややフィニッシュの甘さが目立った。

▽バルセロナの1点リードで迎えた後半もオープンな展開が続く。50分には自陣左サイドで足を滑らせたDFユムティティからボールを奪ったサンティ・ミナが2対1のショートカウンターからロドリゴにラストパス。ボックス左に持ち込んだロドリゴがGKをつり出してシュートを狙うが、これはゴールカバーに入っていたDFピケにクリアされる。

▽すると、ピンチを凌いだバルセロナは直後に先ほどミスを犯したユムティティが汚名返上の一発を決める。51分、右CKの場面でキッカーのコウチーニョがアウトスウィングのクロスを入れると、ニアでDFガブリエウに競り勝ったユムティティのヘディングシュートがGKネトの手を弾いてゴールネットに吸い込まれた。

▽前半に続いて効率よい攻めで追加点を手にしたバルセロナは気落ちするバレンシア相手に畳みかける攻めを見せる。59分にはスアレスとの連係からボックス付近でパスを受けたコウチーニョが惜しいシュートを放つと、65分にはブスケッツの左クロスをメッシが見事な左足ダイレクトボレー。70分にはメッシとのパス交換からボックス右でフリーのイニエスタが再びダイレクトボレーを放つが、いずれのファインフィニッシュも3点目とはならず。

▽一方、ロドリゴの立ち上がりのビッグチャンス以降、流れの中でチャンスを作れないバレンシアは67分にパレホの直接FKで相手ゴールを脅かすも、このシュートはわずかにクロスバーの上を越える。流れを変えたいマルセリーノ監督はゲデス、サンティ・ミナを下げてアンドレアス・ペレイラ、ビエットを続けて投入。だが、この交代策もうまく機能しない。

▽一方、3点目こそ奪えないものの余裕の試合運びを見せるバルセロナは79分にコウチーニョを下げてデンベレ、84分にイニエスタを下げてデニス・スアレスを投入して試合をクローズにかかる。だが、87分にはボックス内でクロスを上げたガヤをデンベレがアフターチャージで倒してしまい、痛恨のPK献上。キッカーのパレホが右を狙ったシュートはGKテア・シュテーゲンが完璧に読み切るもボールが脇の下を抜けてゴールネットに吸い込まれる。この失点で試合最終盤はバタバタした展開となるが、何とかリードを守り切って2-1の勝利。5連勝中の難敵バレンシアに競り勝ったバルセロナがCL敗退のショックを振り払い、リーガ新記録となる39試合連続無敗という偉大な記録を樹立した。

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジル代表MFコウチーニョ、ポルトガル国籍を取得

▽バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがポルトガル国籍を取得したことがわかった。ポルトガル『A Bola』が報じた。 ▽ブラジルが誇るスタープレーヤーの1人であるコウチーニョは、2年前にポルトガル人女性と入籍。その当時からポルトガル国籍取得の申請に動いていたという。 ▽結果、バルセロナはコウチーニョのEU選手登録が可能に。リーガエスパニョーラで定められた3つの外国人枠に空きが出た格好となる。 2018.07.20 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、ポルトガル国籍取得成功? 同国メディアが報道

▽バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)がポルトガル国籍を取得したようだ。ポルトガル『A BOLA』が伝えている。 ▽コウチーニョは2012年にポルトガル人女性アイネさんと結婚しており、すでに国籍取得に必要な日数3年以上が経過。今回伝えられるところによると、これまでポルトガル領事館で同国国籍取得の手続きをしていたコウチーニョは、無事にポルトガル国籍を取得したようだ。 ▽これによりコウチーニョはバルセロナでプレーする際に外国人枠ではなく、EU内選手としての登録が可能に。だとすれば、外国人枠が一つ空くことになり、バルセロナは外国人選手を一人獲得することができる。 ▽2018年1月にリバプールからバルセロナに加入したコウチーニョ。2017-18シーズンにはリーガエスパニョーラに18試合出場して8ゴール5アシストを記録していた。また、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)ではブラジル代表として出場。5試合2ゴール2アシストで準々決勝進出に貢献していた。 2018.07.19 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサがラビオ獲得に大きな前進! “タフな交渉人”の母親説得で個人間合意!

▽バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得に大きな前進を見せたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽10代後半頃からラビオに関心を示していたバルセロナは、先日にゼネラル・マネージャーのペップ・セグラ氏と強化担当のエリック・アビダル氏がPSG関係者と交渉を行い、今季限りでPSGと契約満了となる同選手に関して4000万ユーロ(約52億5000万円)前後での移籍成立に向けて大筋で合意に至ったという。 ▽また、“タフな交渉人”と知られるラビオの実母にして代理人のヴェロニク・ラビオ女史との間ではアビダル氏が交渉にあたり、個人間での合意を取り付けた模様だ。 ▽バルセロナのラビオ獲得オペレーションが順調に進んでいる一方、PSGのオーナーを務めるナセル・アル・ケラフィ氏は同選手との契約延長に未だ自信を示しているようだ。 2018.07.19 15:03 Thu
twitterfacebook
thumb

カッサーノ「ロナウドはナダルで、メッシはフェデラー」

▽元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、FWクリスティアーノ・ロナウドとFWリオネル・メッシを、テニス界のスーパースターに例えて比較した。イギリス『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。 ▽その突出した才能から度々比較対象にされるC・ロナウドとメッシ。おそらく一生この話題がピリオドを迎えることはないだろうが、カッサーノはテニス界のアイコンである、ラファエル・ナダルとロジャー・フェデラーに例えて、彼らを比較している。 「俺はメッシが大好きだ。クリスティアーノが嫌いというわけではない。だが俺の観点からすると、彼は常に世界のベストで、彼から受ける感情はユニークなものだ」 「合理化しなければならないならば、俺はメッシのように巧みにボールを扱い一貫してゴールを奪えるような選手を望む」 「クリスティアーノに欠けているものはなにもない。が、それは論点ではない。わかりやすくするなら、クリスティアーノはナダルだ。素晴らしいアスリートで才能に磨きをかけている。熱意も持っているしハードワークも欠かさない」 「メッシはフェデラーに似ている。彼は純粋な芸術的才能と上品さを備えている。彼らは異なるタイプの選手だ。メッシと一緒にいるとただ立っているだけで違いが見えてくる。かれにフィジカル的な強さは必要ないんだ。自分の2番目の息子には“リオネル”と名付けたよ」 ▽さらに、C・ロナウドについて述べたカッサーノはこうも語っている。 「彼は母なる大地からの贈り物を授かっているが、なによりメンタリティ、一貫したトレーニング、そしてプロ精神を持っている。それらはすべて俺が嫌いなものだ」 「彼の集中力にはいつも感心している。彼は偉人の1人として永遠に歴史に名を残すだろう。それは彼の才能のおかげでもあるが、とりわけハードワークの賜物なのさ」 2018.07.18 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナの収入が歴代最高を記録! 1200億円超え

▽バルセロナは、2017-18シーズンの収益を発表。クラブレコードとなる9億1400万ユーロ(約1205億円)の収入があったとのことだ。 ▽2017-18シーズンの収入は、ブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍にかかった契約解除金が大きく反映されている。収入は9億1400万ユーロに対し、費用は8億8200万ユーロ(約1162億円)。営業利益は3200万ユーロ(約42億2000万円)、純利益は1300万ユーロ(約17億1300万円)とのことだ。 ▽また、今回の収益は取締役会も高く評価しており、2021年にはクラブ戦略計画によって10億ユーロの収入を達成できる見込であると考えているようだ。 2018.07.17 19:55 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース